Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 3050
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
「かんぱーい」

 3つの缶が、テーブルの上で交わされた。
 アルミのあたる鈍い音がした。

「あー。
 乾杯だけは、グラスの方が良かったわね」
「万里亜さん!
 今さら」
「さ、飲も飲も。
 味は一緒よ」

 万里亜は、缶を口元で大きく傾けた。
 白い喉が起伏する。
 エロチックだった。
 男性なら、この時点で飛びかかってるのではないか。

「あー、美味しい」
「すごいー。
 一気にぜんぶ開けちゃった」
「350だもの。
 やっぱ、500にすれば良かったか」
「お代わり、持ってきます」
「2本、お願い」

 缶ビールを両手に持って戻ると、万里亜がグラスを口に運んでいた。

「由美ちゃんの、もらっちゃった」

 由美が、自分の缶からビールを注いだのだろう。

「さ、食べましょう。
 ピザが冷めちゃうわ。
 このお重、ちょっと有名なのよ」
「いただきます」

 由美は、取り皿も用意してあった。
 テーブル中央に積んである。
 うっかりしているようで、案外気も回ることに感心した。
 でも、万里亜の前だからかも知れない。
 それを思うと、少し複雑だった。

 賑やかな宴は、時間を忘れた。
 テーブルの料理も、若い3人の胃にあらかた収まってしまった。

「あら、大変」
「どうしたんです?」
「ワイン飲むの、忘れてたわ。
 あんなに苦労して持って来たのに」
「用意します」
「お願い」
「ビールばっかりで、ちょっと涼しくなっちゃったわね」

 万里亜のワンピースは薄そうだった。
由美と美弥子 3049目次由美と美弥子 3051

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2020/05/29 05:50
    • 今日は何の日
       5月29日は、『呉服の日』。
       「全国呉服小売組合総連合会」が制定。
       また、着物の卸売業の国内ナンバーワンシェアを持つ『ウライ㈱(https://www.urai.co.jp/)/京都府京都市下京区』が制定。
       日付は、「ご(5)ふ(2)く(9)(呉服)」と読む語呂合せから。
       和服業界の振興と、より多くの人に和服の良さ知ってもらうことが目的。
       記念日は、ウライが制定した日として、2017(平成29)年に『(社)日本記念日協会(https://www.kinenbi.gr.jp/)』により認定、登録されました。

       上記の記述は、こちら(https://zatsuneta.com/archives/105291.html)のページから転載させていただきました。

       さらに同じページから、「呉服と呉服屋について」を引用させていただきます。

       呉服とは、和服用の織物の総称、または糸が太い綿織物や麻織物の太物(ふともの)に対して絹織物のことを意味しました。
       呉服の名前は、中国の三国時代の呉に由来し、呉の国から伝来した織物という意味です。
       江戸時代には、上等な絹織物を扱う呉服屋と、普段着の綿織物や麻織物を扱う太物屋がありました。
       明治時代以降、日常生活に洋服が用いられるようになり……。
       普段着として和服を着る人が少なくなったため、太物屋は廃れていきました。
       そして現在、呉服屋は、呉服や太物の区別なく、和服(着物)を扱うお店となってます。
       2月10日は、太物の「ふ(2)と(10)」と読む語呂合わせから「太物の日」に……。
       11月15日は、「七五三」に由来して「着物の日」となってます。

       以上、引用終わり。

       続きは次のコメントで。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2020/05/29 05:51
    • 今日は何の日(つづき)
       ↓の記述には、やや疑問があります。
      +++
       明治時代以降、日常生活に洋服が用いられるようになり……。
       普段着として和服を着る人が少なくなったため、太物屋は廃れていきました。
      +++

       和服が普段着として着られなくなっていったのは……。
       戦後、しかも昭和40年代以降じゃないでしょうか。
       昔の歌手が舞台で歌う動画なんか見ると、観客の女性の多くが着物です。
       ↓昭和41(1966)年の都はるみの舞台。
      https://www.youtube.com/watch?v=LjHt4siM6Wk

       あれは、晴れ着として着てたんですかね?
       しかし、都はるみ……。
       尋常ならざる上手さですね(当時まだ、18歳!)。

       男性の勤め人は、さすがに会社に行くときは背広だったでしょう。
       でも、家に帰ると、すぐに着物に着替えてたと思います。
       サザエさん家の波平さんがそうですよね。
       つまり当時の着物は、男性にとっては、寛ぐための服装だったわけです。
       女性と違って、帯をキリキリ巻いたりしませんしね。
       袂や懐など、収納も多く便利です。

       続きはさらに次のコメントで。

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2020/05/29 05:52
    • 今日は何の日(つづきのつづき)
       さて、わたしと着物。
       着たことありません。
       成人式も出ませんし、結婚式も他人のだけ。
       冬は綿入れ半纏を着ますが……。
       あれって、着物ですかね?
       あ、もし浴衣が着物なら、これだけはあります。
       旅館やビジホの備え付けのやつ。
       しかし、起きたとき、あまりにもだらしなくなってるのが困りものです。
       ひとりの部屋なら構わないんですけどね。
       社員旅行で、複数人と同部屋のときが、かなり問題。
       わたしは、イビキこそかかないと思いますが、寝相が悪いんです。
       特に、飲むとヒドくなります。
       畳に転がり出たりします。
       そのとき浴衣が、試合終了前の柔道着みたいにはだけてると問題大きいです。
       ま、寝るのはひとりに限ります。
       また、東京旅行、行きたいな。

       補足。
       呉服と言えば、越後屋。
       現在の三越です。
       今年の3月22日、新潟三越が閉店しました。
       でも、ギリギリ良い時期だったと思いますよ。
       緊急事態宣言が出される前。
       閉店の日は、多くの人に見送られてシャッターが下ろされました。
       なお、三越と言えば、ライオン。
       そのライオン像ですが、すぐ近くにもらい手が見つかりました。
       中央区役所なども入るNEXT21というビルです。
       道路から少し引っこんだ場所に静かに鎮座してます。
       台座がずいぶんと低くなりましたが、
       ま、引退の地には、最適だと思います。

    • ––––––
      4. 手羽崎 鶏造
    • 2020/05/29 22:10
    • 「水戸黄門」シリーズによく
      出てきそうな1シーン
      互いに酒を交わしながら、
      「越後屋、そちも悪(わる)だのう」
      「いえいえ、お代官ほどでは」
      ガハハと笑いあう悪党二人。

      そのこと?

    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2020/05/30 06:38
    • 越後屋の由来
       越後屋創設者の先祖は武士で……。
       三井越後守(みついえちごのかみ)を名乗ってました。
       ここから取って、越後屋となったんですね。
       もちろん、三越の「三」は、「三井」から来てます。
       で、越後守ですが……。
       当時は、その土地と関係なくても、「守(かみ)」や「介(すけ):上野介(こうずけのすけ)など」を名乗れました。
       早い話、三井家は、新潟県とは縁もゆかりもない家系なんです。
    コメントする   【由美と美弥子 3050】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
未知の星 禁断の体験 エッチな告白集 ましゅまろくらぶ ちょっとHな小説
新・SM小説書庫2 官能文書わーるど 変態小説 電脳女学園
おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 赤星直也のエロ小説 人妻の浮気話 艶みるく 羞恥の風
愛と官能の美学 潤文学 官能的なエロ小説 秘密のエッチ体験談まとめ
性小説 潤文学ブログ 官能の本棚 恥と屈辱の交差点 [官能小説] 熟女の園

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
魔法の鍵 Angel Pussy 週刊創作官能小説 濠門長恭の過激SM小説 ぺたの横書き
恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 女の陰影 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 出羽健書蔵庫
HAKASEの第二読み物ブログ 18's Summer 女性のH体験告白集 空想地帯
淫鬼の棲む地下室 むね☆きゅんファンサイト 平成な美少女ライトノベル 女性のための官能小説
黒い教室 恥ずかしがりたがり。 制服美少女快楽地獄 漂浪の果てに
アダルト検索一発サーチ Playing Archives 最低のオリ 西園寺京太郎のSM官能小説

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
かめべや お姫様倶楽部.com 被虐願望 被虐のハイパーヒロインズ
快感小説 Mikiko's Roomの仮設テント 櫻坂ゆかりの官能小説 ひめ魅、ゴコロ。
おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋 被支配中毒
レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための…
緊縛新聞 Japanese-wifeblog Eros'Entertainment SM~猟奇の性書~変態

オシッコオモラシオムツシーン収集所 性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス 空想の泉~The Fountain of Daydream~
マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集
黒塚工房 あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ プライド
女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説
黒イ都 羊頭狗肉 ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記
ひよこの家 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる 人気ブログランキング
アダルトブログランキング 官能小説アンテナ
ライブドアブログ GL Search
Girls Love Search ネット小説ランキング
Adult Novels Search アダルト動画まとめ

ランキング/画像・動画(11~30)
にほんブログ村 おたりんく ヌケルアダルト作品 成人向けランキング
セックス・ノベル・ネット 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!







<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top