Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 3042
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 万里亜が指定したのは、週末の夜だった。
 店が忙しい日なのではないかと思ったが……。
 近隣のガス工事で、一両日、お湯が出ないのだそうだ。
 シャワーも浴びられないから、休みにしたとのこと。
 久々の連休だそうだ。
 もっとも、エステスタジオの方は、今日の午後もやってくると言う。
 そのバイタリティには、つくずく感服するしかなかった。

 由美は、万里亜よりだいぶ早めに来ていた。
 万里亜からは、乾杯したいから夕食は摂らないでいてと言われていた。
 料理を用意しておいた方がいいかと思い、申し出たが、ピザだけ取っておいてほしいとの返答だった。
 差し出がましくあれこれするより、素直に従った方が良いだろう。
 それでも、ローストビーフだけは、冷蔵庫に寝かせておいた。

 宅配のピザが届くのと入れ替わりのように、ドアホンが鳴った。
 親機のテレビ画面には、万里亜がにっこりと笑っていた。
 玄関の電気錠を、リモコンで解錠する。

「どうぞ」
「悪いけど、ドア、開けてくれる?
 両手が塞がっちゃってるの」

 慌てて玄関のたたきに降り、ドアを押し開ける。
 両手に重そうな袋を提げた万里亜が立っていた。
 美弥子は一瞬、挨拶の言葉も出なかった。
 万里亜の格好が、思いがけないものだったからだ。
 といっても、決して驚くような姿だったわけではない。
 逆だ。
 フェミニンな白のワンピースだった。
 髪には、同色のカチューシャをつけていた。

 最近、万里亜を見たのは……。
 新店の舞台での、ヴェネツィアンマスクと股間のディルドゥを纏っただけの姿。
 その前は、女教授との契約の場での、颯爽としたベージュのスーツ姿。
 その前は、エステスタジオでのジャージ姿。
 思えば、プライベートな格好の万里亜を見るのは、故郷で再会した喫茶店以来だった。

「藤村さんも来てるみたいね」

 万里亜の視線は、たたきに揃えられたスニーカーに注がれていた。
 それが、美弥子の靴ではないことは、一目でわかるのだろう。
 サイズだ。
 美弥子は、由美の靴と自分の靴を並べるのが、何より嫌だった。
 自分の靴の方が、2周りも大きいからだ。
 このときも、自分の靴は、シューズボックスに仕舞ってあった。

 背後から、軽やかなスリッパの音が聞こえた。
 もちろん、小さなスニーカーの主、由美だった。
 こんなに小柄で可愛く生まれていたら、どんなにいいだろうか……。
 どこにいても目立つ、自らの大柄な身体を恨みたくもなる。
由美と美弥子 3041目次由美と美弥子 3043

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2020/05/17 06:27
    • 今日は何の日
       5月17日は、『お茶漬けの日』。
       江戸時代にお茶の製法を発明し、煎茶の普及に貢献した永谷宗七郎の子孫にあたる永谷嘉男が創業した『㈱永谷園(http://www.nagatanien.co.jp/brand/ochaduke/day.html)/東京都港区西新橋』が制定。
       日付は、永谷宗七郎の偉業をたたえ……。
       その命日である、1778(安永7/10代将軍・徳川家治の治世)年5月17日に由来します(新暦では6月11日)。
       記念日は、2012(平成24)年、『(社)日本記念日協会(https://www.kinenbi.gr.jp/)』により認定、登録されました。

       永谷園は、1952(昭和27)年に、画期的なインスタントのお茶漬け商品「お茶づけ海苔」を発売し……。
       お茶漬けを、さらに身近な食べ物とした「味ひとすじ」の理念を持つ食品メーカーです。
       「お茶づけ海苔」は、2012(平成24)年に発売60周年を迎えました。
       これを記念して、記念日を制定したとのこと。

       上記の記述は、こちら(https://zatsuneta.com/archives/105175.html)のページから転載させていただきました。

       続きは次のコメントで。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2020/05/17 06:28
    • 今日は何の日(つづき)
       さらに同じページから、「お茶づけ海苔について」を引用させていただきます。

       創業者・永谷嘉男(1923年~2005年)の「おいしいお茶づけを、家庭で手軽に楽しめたら」という思いから、「お茶づけ海苔」が誕生しました。
       同社の前身であるお茶屋で、数多くのアイディア商品を生み出してきた嘉男の父・武蔵との共同作業によって、生み出された商品です。
       「お茶づけ海苔」は、抹茶、塩、砂糖などの調味料に、あられ、海苔だけでシンプルに作られてます。
       発売当時から現在まで、ほとんど変わらない味で、60年以上という長きに渡り多くの人々に愛されてきました。
       発売当初は、「江戸風味 お茶づけ海苔」という名称でした。
       1956(昭和31)年、商標登録に伴い「永谷園のお茶づけ海苔」に変更して以来、大きなリニューアルなく現在に至ります。
       「お茶づけ海苔」のパッケージは、漢字やひら仮名のバランスにもこだわり……。
       デザインはお茶づけから連想した「江戸の情緒」をイメージし、歌舞伎の定式幕になぞらえた「黄・赤・黒・緑」の縞模様となってます。

       以上、引用終わり。

       このお茶づけ海苔のパッケージ、一番よく見るのは、大相撲です。
       取り組み前に土俵を回る懸賞旗。
       まさに、お茶づけ海苔のパッケージそのもの。
       あのパッケージのまんまの懸賞旗を出そうと考えたのは誰なんですかね。
       いずれにしろ、常にアイデアが生まれる社風のようです。

       続きは次のコメントで。

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2020/05/17 06:28
    • 今日は何の日(つづきのつづき)
       さて、わたしとお茶づけ海苔。
       子供のころは、良く食べました。
       なぜなら、お冷やご飯を食べる機会が多かったからだと思います。
       うちの炊飯器は、保温にしておくとご飯が臭くなったんです。
       なので、余ったご飯は冷えるに任せてました。
       子供のころは、レンジもありませんから……。
       冷えたご飯を食べるほかありません。
       一番好きだったのは、カレーをかけること。
       猫舌のわたしには、ご飯の冷たさが何より心地よかったです。
       で、カレーが無いときは、お茶づけ海苔でした。
       サッと一振り。
       お湯をかけていただきます。
       わたしは、お茶をかけたことはないですね。
       どんな味なんだろう。
       永谷園のお茶づけ海苔の特徴は、細長い“あられ”ですよね。
       この歯触りがなんともいいんです。
       今調べたら、餅米100%の焼きあられだそうです。

       最近、どうして食べなくなったんでしょう。
       まず、家族が2人になったこと。
       ちょうど食べきりの量がわかるので、ご飯が余らないこと。
       もし余ったとしても、今はレンジがあるので、それでチンできます。
       なので、食卓に冷や飯が上がることがなくなったんですね。
       でも今、これを書いてて、とても食べたくなってます。
       お夜食にもいいですよね。
       あ、テレワークの小腹抑えにもいいかもです。

    • ––––––
      4. 手羽崎 鶏造
    • 2020/05/17 09:11
    • 佐世保のホテルに泊まると、
      朝のバイキングに、鯛茶漬けの
      具材も準備されていました。
      お湯を掛けるのではなく、
      アゴ出汁(だし)で。
      地元の方に聞くと、ほぐし身で
      安価に買えるそうです。
      羨ましい。

    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2020/05/18 06:11
    • バイキング
       懐かしいですね。
       最後に食べたのは、いつだったでしょうか。
       身だしなみを整えてから行かなきゃならないのが億劫です。
       今は部屋で、前日に買ったおにぎりを食べてます。
       もちろん、浴衣のまんまで。

       でも、その鯛茶漬けは、ぜったいに美味しいでしょうね。
       夕食の締めにも良さそうです。
    コメントする   【由美と美弥子 3042】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
ましゅまろくらぶ 禁断の体験 エッチな告白集 未知の星 新・SM小説書庫2
潤文学 官能文書わーるど ちょっとHな小説 変態小説
赤星直也のエロ小説 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 羞恥の風 秘密のエッチ体験談まとめ
官能的なエロ小説 Playing Archives 官能の本棚 女性のための官能小説
Angel Pussy 週刊創作官能小説 愛と官能の美学 [官能小説] 熟女の園 電脳女学園

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
性小説 潤文学ブログ 恥と屈辱の交差点 女性のH体験告白集 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~
人妻の浮気話 艶みるく 黒い教室 HAKASEの第二読み物ブログ 18's Summer
恥ずかしがりたがり。 空想地帯 アダルト検索一発サーチ むね☆きゅんファンサイト
ぺたの横書き 魔法の鍵 制服美少女快楽地獄 濠門長恭の過激SM小説
西園寺京太郎のSM官能小説 お姫様倶楽部.com かめべや 女の陰影
渡硝子の性感快楽駆け込み寺 出羽健書蔵庫 淫鬼の棲む地下室 最低のオリ

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
被虐願望 被虐のハイパーヒロインズ 平成な美少女ライトノベル 快感小説
漂浪の果てに Mikiko's Roomの仮設テント 櫻坂ゆかりの官能小説 ひめ魅、ゴコロ。
おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋 被支配中毒
レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための…
緊縛新聞 Japanese-wifeblog Eros'Entertainment SM~猟奇の性書~変態

オシッコオモラシオムツシーン収集所 性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス 空想の泉~The Fountain of Daydream~
マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集
黒塚工房 あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ プライド
女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説
黒イ都 羊頭狗肉 ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記
ひよこの家 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる アダルトブログランキング
人気ブログランキング 官能小説アンテナ
ライブドアブログ Adult Novels Search
GL Search ネット小説ランキング
Girls Love Search おたりんく

ランキング/画像・動画(11~30)
セックス・ノベル・ネット にほんブログ村 ヌケルアダルト作品 正しいH小説の勧め
成人向けランキング アダルト動画まとめ アダルト検索BBJapan 十八禁恋愛私花集
GAY ART NAVIGATION 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top