Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
単独旅行記Ⅵ・総集編(10)
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 ↓カエデでしょうか。
カエデでしょうか
↑「み」

 トウカエデの葉に似てます。
トウカエデの葉に似てます
↑「み」

 調べたら、やはりトウカエデでした。
 しかも、とんでもない由緒がある木でした。
 なんと!
 享保6(1721)年、八代将軍・徳川吉宗が……。
ご存じ、暴れん坊将軍!
↑ご存じ、暴れん坊将軍!

 当時の清国(しんこく)から贈られた6本のうちの5本を、「お手植え」したものだそうです。
 となれば、ほぼ樹齢300年。
 知ってたら、拝んでおいたのですが。

 ↓地際の様子。
地際の様子
↑「み」

 これは、2本を並べて植えたんですかね。

 トウカエデ(唐楓)は、その名のとおり、中国原産。
 といっても、日本では、決して珍しい樹木ではありません。
 それどころか、街路樹などで、普通に見られます。
街路樹などで、普通に見られます
↑紅葉も綺麗です。

 排気ガスなどに強いので、高度成長期には好んで植えられました。
 ↓大きくなると樹皮が剥がれてくるので、比較的簡単に見分けられます。
大きくなると樹皮が剥がれてくる
↑決して病気ではありません。

 ↓奇怪千万な芝貼り。
奇怪千万な芝貼り
↑「み」

 なんでここだけ、こんな形に芝を貼ったのでしょう?
 ↓西洋芝みたいですが。
西洋芝みたい
↑「み」

 ははぁ。
 ひょっとして、試し貼りじゃないでしょうか。
 周りのハゲチョロビンの一帯を、芝で覆う案が出てるのかも。
 全面をやって失敗したら、お金をドブに捨てるようなものなので……。
 試し貼りしたんじゃないですか。
 ほかの場所とは違い、海水の池の近くですからね。
 見たところ、今のところは成功のようです。
 でも、潮の影響が、今後どう出るかですね。

 ↓水路に架かる小さな橋を渡ります。
水路に架かる小さな橋
↑「み」

 なんだか、山の中にいるようです。
 ↓この水路を流れるのが海水とは、とても思えません。
この水路を流れるのが海水とは
↑「み」

 ↓笹と雑草。
笹と雑草
↑「み」

 笹は、クマザサでしょうか。
クマザサでしょうか?
↑「み」

 チシマザサにも見えますが。
 いずれにしろ、こういうところは……。
 雑草と同居の、この程度の管理で十分だと思います。
 広い庭園ですから……。
 場所によって予算にメリハリを付けないと、とても維持していけません。

 ↓奥の方は、笹の天下です。
奥の方は、笹の天下
↑「み」

 陽が当たらないので、雑草が生えないのでしょう。
 ↓奥に、斑入りが見えます。
奥に、斑入り
↑「み」

 やっぱり、クマザサですね。
 植えられた当初は、全面が斑入りの園芸品種だったんじゃないでしょうか?
当初は、全面が園芸品種の斑入り

 それが、手前の陽のあたる方では野生化して先祖返りし、斑が消えたんだと思います。
先祖返りして斑が消えた
↑「み」。わたしは、こっちの方が好きです。

 ↓復元された建物。
復元された建物
↑「み」

 ↓説明書き。
継承される職人の技術
↑「み」。↑クリックすると、大きい画像が見られます。

 建物の名前が書いてありませんね。
 ネットで調べたら、「燕の御茶屋」のようです。
 2015年の復元。
 残念ながら、中には入れません。
 「燕の釘隠金具」が使われてるんですね。
 燕はもちろん、新潟県燕市です。
新潟県燕市

 隣の三条市と共に、金物の街として有名です。
 と、思ってたら……。
 ぜんぜん違ってました。
 ↓「燕の釘隠金具」は、鳥のツバメの形をした釘隠金具のことでした。
燕の釘隠金具

 あー、びっくりした。
 大恥をかくとこだったわい。

 こんな説明書きが無ければ、掘っ立て小屋にしか見えませんが……。
 復元費用は、どれくらいかかったんですかね?
 内部の写真がないので、中には入れなかったんだと思います。
 そんなお金を掛けた内部を、なんで公開しないんでしょう?

 ↓ちゃんと建物名が書いてありました。
燕の御茶屋
↑「み」。↑クリックすると、大きい画像が見られます。

 ↓こちらはなんか、豪農の屋敷めいた造りです。
豪農の屋敷めいた造り
↑「み」

 ↓なぜか続いて、「お伝い橋」の説明書き。
「お伝い橋」の説明書き
↑「み」

 総檜造りなわけですね。
 鳩に糞をされたら困るわけです。

 ↓橋の上のアーチに繁ってるのは、藤でしょう。
繁ってるのは、藤
↑「み」

 こういう橋には、藤があしらわれる場合が多いようです。
 有名な亀戸天神の藤もそうですし……。
亀戸天神の藤

 新潟市の白山公園にもあります。
白山公園の白藤
↑こちらは白藤です。わたしは、白藤の方が好きです。昔、わが家にもあったので。

 ↓さっきの建物の側面です。
さっきの建物の側面
↑「み」

 この建物は、「お伝い橋」のたもとに建ってるわけです。

 ↓「鷹の御茶屋」でした。
「鷹の御茶屋」の案内板
↑「み」。↑クリックすると、大きい画像が見られます。

 この日は月曜日。
 残念ながら、内部は見れませんでした。
 うーむ。
 月曜じゃない日に、もう一度行きたくなりました。
 わたしの人生に、はたして2度目の探訪の日は訪れるでしょうか。

 ↓「鷹の御茶屋」の説明書き。
「鷹の御茶屋」の説明書き
↑「み」。↑クリックすると、大きい画像が見られます。

 立派なのも当然です。
 鷹狩りをする将軍の休憩所だったわけです。

 ↓伸び放題の笹とガクアジサイ。
伸び放題の笹とガクアジサイ
↑「み」

 何を撮りたかったのかわかりません。

 ↓浜離宮の説明書き。
浜離宮の説明書き
↑「み」。↑クリックすると、大きい画像が見られます。

 もちろん、読みませんでした。
 博物館などでは、こういう展示品の説明書きを丹念に読んでる方がおられます。
 わたしは、まったく読みません。
 とりあえず、写真だけは撮っておきますが。
 結局これも、改めて読みませんでした。

 ↓これも御茶屋でしょうか?
松の御茶屋
↑「み」

 この建物は、説明書きを撮ってませんでした。
 無かったんですかね?
 ネットで調べたら、「松の御茶屋」でした。
 復元されたのは、2010(平成22)年12月。
 前面はガラス張りの縁側みたいですね。
 でも、江戸時代からじゃないでしょう?
 内部は公開されてないようです。
 このガラスは、ちょっと危なそうですからね。

 ↓刈りこまれた芝生。
刈りこまれた芝生
↑「み」

 野芝みたいですね。
 でも、芝を撮ったわけではありません。
 花です。
 ↓ネジバナ。
ネジバナ
↑「み」

 花穂が捻れて咲く花です。
 ↓わたしの写真ではわかりにくいので、拝借画像でどうぞ。
花穂が捻れて咲く花

 別に珍しい花ではありません。
 わが家のベランダのプランターにも、勝手に生えてきてます。

 ↓これは、オカメザサのようです。
オカメザサ
↑「み」

 成長に伴って稈から鞘が脱落してしまう種であるため……。
 植物学上では、ササではなくタケに分類されるとか。
 日本原産ですが、野生種の発見は難しいそうです。
 ↓クマザサなどと比べて、葉の幅が広いです。
クマザサなどと比べて、葉の幅が広い
↑「み」

 ↓「潮入りの池」説明書き。
「潮入りの池」説明書き
↑「み」。↑クリックすると、大きい画像が見られます。

 ↓アカガシです。
アカガシ
↑「み」

 見たことのない木でした。
 なのに、なんで樹名がわかったかと云うと……。
 幹に、樹名板が付けられてました。
幹に、樹名板
↑「み」

 これまでの木で、樹名板を見た記憶はありません。
 新しい樹名板のようですね。
 整備され始めたのでしょうか。
 でも、ひと言、樹木の説明がほしいところです。
新しい樹名板
↑こういうやつ。こちらは、QRコードまで付いてます。

 アカガシは、新潟ではまず見かけない常緑樹です。
 主に、西日本に分布するようです。
 新潟で育たないこともないみたいですが……。
 わざわざ植える用途もありませんしね。

 ↓執念深く水溜まりを撮ってます。
執念深く水溜まりを撮ってます
↑「み」

 しかし、水勾配とか取らなかったんですかね。
 周りは芝なんですから、そっちに少し勾配を付ければ良かったのに。

 ↓この水飲みは、本物の石でしょうか。
の水飲みは、本物の石?
↑「み」

 特注品なんでしょうね。
 上部と土台は、別の石のようですが……。
上部と土台は、別の石のよう
↑「み」

 かなりの値段だと思います。
 これ1基付ける予算で、何㎡の園路が直せるでしょう(しつこい)。

 ↓広い園路に出ました。
広い園路に出ました
↑「み」

 それにしても、人がいません。
 撮影するには、雨の日がチャンスですね。

 ↓像がありました。
「可美真手命」の像
↑「み」

 ↓神話っぽいです。
神話っぽい
↑「み」

 ↓説明書きがありました。
「可美真手命」説明書き
↑「み」

 読みにくいですが、「可美真手命」と書いてあるようです。
 読みは、「うましまでのみこと」。
 調べたら……。
 神武天皇の大和平定物語のなかに出てくる人物で、物部(もののべ)氏の祖だそうです。
物部(もののべ)氏
↑蘇我氏と対立し、滅ぼされました。

 なんでこの像が浜離宮にあるか、調べればわかるでしょうが……。
 今は先を急ぎましょう。

 ↓と思ったら、ちゃんと説明書きのアップも撮ってありました。
説明書きのアップ
↑「み」。↑クリックすると、大きい画像が見られます。

 ↓これもタブノキですかね?
これもタブノキですかね?
↑「み」

 敷地が広いので、目一杯枝を広げられます。
 幸せな木です。

 ↓「芳梅亭」とあります。
「芳梅亭」
↑「み」

 ↓利用できるみたいです。
利用できるようです
↑「み」

 ↓有料でした。
有料でした

 句会、勉強会、お茶会などに使えるようです。
 詳しくは、こちらのページをご覧下さい。
 AV撮影は不可だと思われますが、黙ってやればバレないのでは(一棟貸し切りですから)。
亭内の様子
↑亭内の様子。十畳一間と六畳二間。旅館のシーンとか出来そうです。

 声は低く抑えましょう。

 ↓欲しいままに枝を広げた木。
欲しいままに枝を広げた木
↑「み」

 王の風格です。
 これもタブノキでしょうか。

 ↓広々とした庭園の背後に聳える高層ビル。
庭園の背後に聳える高層ビル
↑「み」

 案外、お互い引き立て合って、いいんじゃないでしょうか。

 ↓これも別の木みたいですね。
これも別の木みたいです
↑「み」

 遠目では、樹種はわかりません。
 もっと寄って、葉や幹を撮ってくればよかったですね。

 ↓説明書きが立ってました。
九年母説明書き
↑「み」。↑クリックすると、大きい画像が見られます。

 柑橘が植えられてるんですね。
 新潟で育つのは、柚子くらいです。
 やっぱり羨ましいです。

 しかし、この説明書き、鳥の糞が載ってるのはいいとして……。
 大事な記述がなされてないではないか。
 すなわち、「九年母」の語源です。
 また、わたしが調べにゃならん。
 ということで、一手間掛けて、調べてみました。
 どうやら、沖縄方言で、ミカン類は「クニブ」と呼ぶようです。
 これに「九年母」の漢字が当てられたみたいなんです。
九年母
↑見た目は、普通にミカンです。

 ↓確かに成ってます。
確かに成ってます
↑「み」

 ↓園内マップがありました。
園内マップ
↑「み」。↑クリックすると、大きい画像が見られます。

 現在位置が書いてないようです。
 移動式のマップじゃあるまいし、何でですかね?
 ↓あ、違う違う、ありました。
中央の赤いテープみたいなところ
↑「み」。中央の赤いテープみたいなところです。

 ↓猫、発見。
猫、発見
↑「み」

 周りに民家などないと思いますが。
 野良でしょうか。
 案外、観覧者から餌をもらえるのかも知れません。
 わたしには近づいて来ませんでしたが。
 何も持ってないのがわかったんですかね。

 ↓すたこらと去る猫。
すたこらと去る猫
↑「み」

 冬は、どうしているんでしょう。
 東京は暖かくなったとは云え、朝方は放射冷却で寒いはずです。
 潜りこめる縁の下とかがあるんですかね。

 ↓再び佇む猫。
再び佇む猫
↑「み」

 人相、いや猫相が悪いです。
 わたしを睨んでるんでしょうか。

 ↓どうやら浜離宮の猫は、複数匹いるようです。
浜離宮の猫は、複数匹いる

 池で魚を獲ってるんですかね?
池で魚を獲ってるんですかね?

 ↓ここは、さっきのマップにあった「しょうぶ田」だと思います。
しょうぶ田
↑「み」

 ↓よく見ると、花が残ってます。
花が残ってます
↑「み」

 ちなみに、ハナショウブと云うと湿地のイメージですが……。
 水の無いところでも生育できます。
 水が無いとダメなのが、カキツバタ。
カキツバタの自生地
↑カキツバタの自生地。

 逆にアヤメは、畑のような乾燥地で育ちます。
畑のアヤメ
↑畑のアヤメ。

 ジャーマンアイリス(ドイツアヤメ)となると、むしろ湿気を嫌います。


 ↓これもタブノキでしょうか。
これもタブノキ?
↑「み」

 樹冠の赤く見えるのは、新芽だと思います。
 ↓タブの新芽は真っ赤で、遠目で見ると花が咲いてるようです。
タブの新芽は真っ赤

 でも、6月下旬に新芽?
 梅雨の雨で、2度目の芽が出たのでしょうか。
 ↓と思ったら、違いました。
赤く見えたのは、花茎
↑「み」

 ちゃんと、アップを撮ってました。
 赤く見えたのは、花茎でした。

 ↓これもタブノキです。
これもタブノキ
↑「み」

 同じ木ですかね?

 ↓これもそうかも?
これもタブノキかも?
↑「み」

 どうしてこんなにタブノキが多いんでしょう?
 タブノキ(クスノキ科)の別名は、イヌグス。
タブノキの別名は、イヌグス
↑各地に巨木があります。

 クスノキに似てるけど、クスノキより劣るという意味でしょう。
 失敬な名前です。
 でも東京なら、十分、クスノキが育つんです。
 なんでわざわざ、タブノキを植えたんでしょう?
 やっぱり、海に近いという理由なんですかね?
 でも、耐潮性という面なら、クスノキも十分強いと思うのですが。

 ↓何かの門。
何かの門
↑「み」

 出口ではなかったはず。

 ↓こういうのは、初めて見ました。
こういうのは、初めて見ました
↑「み」

 人の行き来で地面がヘコみ、水溜まりが出来たりするのを防ぐためでしょうか?

 ↓入園料の表示。
入園料の表示
↑「み」

 65歳以上は、150円なんですね。
 でも、子供料金が書いてありません。
 調べたら、小学生以下、及び都内在住在学の中学生は無料だそうです。
 つまり、都外の中学生以上と、すべての高校生以上は大人料金ということですか。
 修学旅行で儲けようという魂胆でしょうか。
 団体は、2割引ですが。
 でも、1人240円取れます。
 100人いれば、24,000円。
 なんだ、たいしたことないじゃん。

 ↓門です。
浜離宮の門です
↑「み」

 普通は、この門から入るわけです。
 つまり、わたしはもう、門を出てるということ。

 ↓浜離宮は、こちら側も水路で隔てられてます。
浜離宮は、水路で隔てられてます
↑「み」

 これも、海水なんでしょうね。
 右手が、浜離宮。

 ↓わざわざ、反対側も撮ってます。
反対側も撮ってます
↑「み」

 左手が、浜離宮。

 ↓さらに欄干まで近づいて撮影。
さらに欄干まで近づいて撮影
↑「み」

 ↓上を通る道路は、都心環状線。
上を通る道路は、都心環状線
↑「み」

 下道は、通称「海岸通り」という都道のようです。
下道は、通称「海岸通り」
↑クリックすると、大きい画像が見られます。

 ↓これは、別に新潟でも珍しいものではありません。
押しボタン
↑「み」

 でも、外国語の説明書きがあるのは、さすが東京です。
外国語の説明書き
↑「み」

 ↓「海岸通り」を横断します。
「海岸通り」を横断します
↑「み」

 ↓オートバイ専用の駐車場がありました。
オートバイ専用の駐車場
↑「み」

 東京の道路では、車より便利なのかも知れません。

 ↓雨もあがったようです。
雨もあがったようです
↑「み」

 この写真の撮影時刻は、お昼の12:04分。
 サラリーマンはお昼に出る時間ですが……。
 このあたりには、飲食店などはないようです。
 閑散としてます。

 ↓案内図がありました。
案内図がありました
↑「み」。↑クリックすると、大きい画像が見られます。

 ↓デジカメのバッテリーが切れたので、予備のと交換しました。
デジカメのバッテリーが切れた
↑「み」

 雨が上がってて良かったです。

 ↓ヘデラカナリエンシス。
ヘデラカナリエンシス
↑「み」

 強健です。
 わが家の裏庭は、これに席巻されました。
 わたしはそのままでもいいと思ってたのですが……。
 母が、植木屋を呼んで、すべて刈り取らせてしまいました。
 この母とは、庭に対する姿勢がまったく異なり……。
 わかり合えることはありません。
 ま、そう長くない先に、わたしの天下になるのです。
 それまでは、我慢我慢。

 ↓ここにも、ヘデラカナリエンシス。
ここにも、ヘデラカナリエンシス
↑「み」

 ずっと、こんな状態で大人しくしてると思ったら大間違い。
 蔓を伸ばし、道路に這い出して来ます。
 ここは、植えて間もないのか、管理が行き届いているのか……。
 たいへん綺麗な状態に保たれてます。

 何ごともそうですが、小まめにやるのが、結局は一番楽なんです。
 草取りも、気づいたときに、ちょいちょいと抜いておく。
 これで、綺麗に保てます。
 ところが、それがなかなか出来ないんですよね。
 結局、ボーボーになるまで放ったらかしてしまいます。
 そうなってからの草取りは……。
 半日を費やす一大イベントになってしまいます。

↑わたしが使ってる草刈り機の後継機種です。わたしのは5年くらい前のですかね。でも、まだまだ全然、現役ですよ。

 ↓非常に綺麗に保たれた街路樹。
綺麗に保たれた街路樹
↑「み」

 ↓高木は、常緑のクロガネモチでした。
高木は、常緑のクロガネモチ
↑「み」

 新潟では、庭木以外では使われない樹種です。
 新潟の街路に植えたら、冬場痛むでしょう。
 自然生息地は、「福井・茨城」以西のようです。
 名前の「ガネモチ」の部分が、「金持ち」に通じることから……。
 縁起木として庭木に好まれる地域もあるそうです。
 ↓「クロガネ」の由来は、枝が黒っぽいからとのこと(実際には紫色に近いようです)。
「クロガネ」の由来は、枝が黒っぽい
↑実も綺麗です。

 ↓なぜか撮影。
「大東京」と「信用組合」
↑「み」

 たぶん、「大東京」と「信用組合」の対比が面白かったからだと思います。
 でも、「大東京」の名は、ダテではありませんでした。
 こちらの店舗一覧を見ると……。
 多摩から東京東部の下町まで、広く店舗網を有してます。
 40店舗以上ありますね。
 本店は、港区東新橋。
その名も「大東京ビル」
↑その名も「大東京ビル」。自社ビルですね。

 「大東京」に恥じない信用組合さんでした。
 失礼いたしました。

 ↓カプセルホテル発見。
カプセルホテル発見
↑「み」

 わたしは、豪華なカプセルより……。
 貧相なシングルルームの方がいいです。
窓の外がトタン屋根だったアパホテル
↑「み」。窓の外がトタン屋根だったアパホテル。でも、室内は十分な設備でした。

 ↓イチョウのひこばえ。
イチョウのひこばえ
↑「み」

 「蘖(ひこばえ)」とは、樹木の切り株や根元から生えてくる若芽のことです。
 切り株じゃない木から生える場合……。
 主幹が弱ってることもあります。
 でも、この木は、そうは見えません。

 林の中では、株元まで陽があたりません。
林の中では、株元まで陽があたりません

 なので、ひこばえが出ないんだと思います。
 それに対し、街路樹では、根元まで陽があたります。
街路樹では、根元まで陽があたります

 ということで、ひこばえが出る。
 樹木も、根に近い部分に葉がある方が楽なんですよ。
 しかし、こんなひこばえを放っておくのは、管理不行き届きです。
 このままひこばえが育てば、主幹に回る栄養が削がれます。
 早いこと刈り取るべきです。
 第一、見た目がよくありません。

 ↓これはちと、意図不明。
管理がなっちょらんと言いたかった?
↑「み」

 手前は、ひこばえじゃなくて雑草みたいですね。
 管理がなっちょらんと言いたかったのでしょうか。

 ↓ようやく繁華な場所に出ました。
ようやく繁華な場所に出ました
↑「み」

 ここは、都営大江戸線の「大門駅」のあたりだと思います。
都営大江戸線の「大門駅」のあたり

 JRでは、「浜松町駅」の近くです。

 ↓「港区指定喫煙場所」。
港区指定喫煙場所
↑「み」

 傘を差しての喫煙です。
傘を差しての喫煙
↑「み」

 虐げられてますね。
 こういうのを見ると、禁煙できてほんとに良かったと思います。
 もし出来てなかったら……。
 「単独旅行記」中、こういう場所ばかり探して歩いてたかも知れません。

 ↓悪の紋章。
悪の紋章
↑「み」

 なんの意味があるんでしょう?
 蝶ですよね。
 石の左右が持ち上がってるので、石の断面が蝶に見えないこともありません。
 しかしこれ、どうやって座るんでしょう?
 真ん中にひとりですかね。
 それとも、左右に背を向けて2人でしょうか。
 まさか、向かい合わせはないですよね。
 ていうか、そもそもこれ必要ですか?
 こんなのでもきっと、たまげるような値段ですよ。

 ↓目的地が見えてきました。
目的地が見えてきました
↑「み」

 ↓芝の増上寺の「大門」です。
増上寺「大門」
↑「み」

 なお、これを“おおもん"と読んではいけません。
 “だいもん"です。
大門部長刑事
↑部長刑事って……。階級、巡査部長だったんですか。

 “おおもん"と読むのは、吉原です。
“おおもん

 参道の入口の門ですね。
 昭和12年に造られた、鉄筋コンクリートの門だそうです。
 わたしは、こういうのをコンクリートで復元することに賛成です。
 森林資源を使わなくていいですから。
 沖縄の首里城も、コンクリートで復元すべきだと思ってます。

 ↓こちらが「三解脱門」。
増上寺「三解脱門」
↑「み」

 こちらは、元和8(1622)年に再建された木造建築です(国の重要文化財)。
 「三解脱門」とは、三つの煩悩「むさぼり、いかり、おろかさ」を解脱する門のことだとか。
 潜るだけで解脱できるのなら、こんなありがたいことはありません。
 実際には、それを解脱するための修行の門ということでしょう。

 ここまでに至る参道の写真がありませんでした。
 通行人がたくさんいて、撮れなかったんでしょう。
 撮影時刻は、12時半。
 サラリーマンがランチに出てる時間です。
単独旅行記Ⅵ・総集編(9)目次単独旅行記Ⅵ・総集編(11)

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ
    コメントする   【単独旅行記Ⅵ・総集編(10)】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
ましゅまろくらぶ 禁断の体験 エッチな告白集 未知の星 新・SM小説書庫2
潤文学 官能文書わーるど ちょっとHな小説 変態小説
赤星直也のエロ小説 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 羞恥の風 秘密のエッチ体験談まとめ
官能的なエロ小説 Playing Archives 官能の本棚 女性のための官能小説
Angel Pussy 週刊創作官能小説 愛と官能の美学 [官能小説] 熟女の園 電脳女学園

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
性小説 潤文学ブログ 恥と屈辱の交差点 女性のH体験告白集 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~
人妻の浮気話 艶みるく 黒い教室 HAKASEの第二読み物ブログ 18's Summer
恥ずかしがりたがり。 空想地帯 アダルト検索一発サーチ むね☆きゅんファンサイト
ぺたの横書き 魔法の鍵 制服美少女快楽地獄 濠門長恭の過激SM小説
西園寺京太郎のSM官能小説 お姫様倶楽部.com かめべや 女の陰影
渡硝子の性感快楽駆け込み寺 出羽健書蔵庫 淫鬼の棲む地下室 最低のオリ

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
被虐願望 被虐のハイパーヒロインズ 平成な美少女ライトノベル 快感小説
漂浪の果てに Mikiko's Roomの仮設テント 櫻坂ゆかりの官能小説 ひめ魅、ゴコロ。
おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋 被支配中毒
レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための…
緊縛新聞 Japanese-wifeblog Eros'Entertainment SM~猟奇の性書~変態

オシッコオモラシオムツシーン収集所 性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス 空想の泉~The Fountain of Daydream~
マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集
黒塚工房 あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ プライド
女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説
黒イ都 羊頭狗肉 ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記
ひよこの家 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる アダルトブログランキング
人気ブログランキング 官能小説アンテナ
ライブドアブログ Adult Novels Search
GL Search ネット小説ランキング
Girls Love Search おたりんく

ランキング/画像・動画(11~30)
セックス・ノベル・ネット にほんブログ村 ヌケルアダルト作品 正しいH小説の勧め
成人向けランキング アダルト動画まとめ アダルト検索BBJapan 十八禁恋愛私花集
GAY ART NAVIGATION 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top