Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 3005
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 こんな形で他人の性行為を覗いていることに、激しい昂奮を覚えた。
 女教授の店でも、似たようなシチュエーションは体験していたが……。
 あそこはあくまで、覗かせるのが目的の店だ。
 しかし今、覗いているのは、ありふれた日常に開く裂け目だった。
 秘められるべきシーンだ。
 我慢できなかった。
 スカートを掬いあげた美弥子の両手が、ショーツを捲り下ろす。
 白桃のような巨大な相臀が剥き出た感触を、はっきりと自覚した。
 裸の尻に、湿気の籠もる大気を感じた。

 美弥子は、片手で陰核を押さえた。
 陰核は、触覚のごとく突きあがっていた。
 大きさも形も、幼児の陰茎ほどもあるだろう。
 熱かった。
 美弥子は、その熱い肉芽に手の平を添えると、下腹部に押しつけた。
 冷えた皮膚の感触が心地よかった。
 それ以上に、圧迫感が堪らない。
 もう、抑え切れない。

 美弥子は陰核を押しつけながら、恥骨で転がし始める。
 声が出そうだった。
 懸命に歯を食いしばった。
 板塀の隙間を凝視する。
 学生のオナニーも、明らかに佳境に入っていた。
 オーバルを描く指先が、輪郭を消していた。
 被さった学生の手の指も、輪郭を消していた。
 乳首を弾き続けているのだ。

「イク!」

 学生が宣言した。

 ゴン。

 学生の後頭部が、建屋の壁を打った。
 学生の上体が跳ねた。
 電気ショックを受けたようだった。
 股間の手の平は、輪郭を取り戻していた。
 それでも、陰核を押しつけ続けている。
 学生の身体は、悦楽の余韻を欲しいままに痙攣を貪っていた。
 その跳ね踊る手脚から、法悦の深さが容易に想像できた。
 自分もそこに飛びこみたい。
 美弥子は歯を食いしばり、陰核を練り転がした。
 イ……。
 イク。

 そのときだった。
 まずいと思った。
 由美に公園で調教を受けて以来、クセになってしまっていたことだ。
 けっして、室内では起こらないのだが……。
 久々の野外での昂奮で、習慣が蘇ってしまったようだ。
 すなわち、便意だ。
由美と美弥子 3004目次由美と美弥子 3006

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2020/03/27 05:51
    • 今日は何の日
       毎月27日は、『仏壇の日』。
       『全日本宗教用具協同組合(全宗協)https://www.zenshukyo.or.jp/day.html/東京都千代田区神田司町』が制定。
       西暦685年(天武天皇14年:当時元号なし)3月27日(旧暦)……。
       天武天皇が、「諸國(くにぐに)の家毎に佛舎(ほとけのみや)を作り、即ち佛像と経とを置きて礼拝供養せよ」との詔(みことのり:天子の命令)を出しました。
       これは、奈良時代に成立した日本最古の歴史書『日本書紀』に記述されており……。
       以来、「仏壇」を拝むようになったとされます。
       この出来事に由来して、新暦3月27日が「仏壇の日」となり、その後、毎月27日に拡大されました。
       「お仏壇の日」との表記も見られます。

       上記の記述は、こちら(https://zatsuneta.com/archives/101278.html)のページから転載させていただきました。

       さらに同じページから、「仏壇について」を引用させていただきます。

       仏壇とは、仏教において「仏」を祀る「壇」全般を指します。
       寺院の仏堂において仏像を安置する壇(須弥壇:しゅみだん)も、仏壇に含まれます。
       家庭内の仏壇ですが、日本仏教では宗派ごとに指定された様式により……。
       木製の箱(仏壇)の内部に、本尊や脇侍の像、掛軸、供物などに加え、先祖供養のための位牌や過去帳、法名軸などを祀ります。
       その内部は、仏教各宗派の本山寺院の仏堂を模した豪華な作りになってます。
       大きく分類する場合は、金仏壇または塗仏壇、唐木仏壇、家具調仏壇または都市型仏壇に分けられます。

       続きは次のコメントで。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2020/03/27 05:51
    • 今日は何の日(つづき)
       引用を続けます。

       古代インドでは、土を積み上げて「壇」を作り、そこを神聖な場所として「神」を祀ってました。
       やがて、風雨をしのぐために土壇の上に屋根が設けられました。
       これが寺院の原型です。
       それを受け継いでいるので、仏壇の「壇」は土偏なのです。
       また、仏壇には扉が付いてますが……。
       これは、寺院の山門を見立てたものと言われてます。

       以上、引用終わり。

       古代インド。
       「神」を祀ったんですね。
       それが、「仏壇」だと。
       「神棚」じゃなくて。
       あ、そうか。
       地面に土で造ったのが、「仏壇」。
       屋内の高いところに木で造ったのが、「神棚」。
       土偏と木偏の違いは、素材の違いだったんですね。
       しかし、「仏」と「神」。
       「神壇」や「仏棚」はないわけだ。
       このあたり、調べれば面白そうです。
       でも、残念ながら、時間がありません。
       仕事をリタイヤしたら……。
       こんなことを調べながら、のんびりと書けるかも知れませんね。
       楽しみです。

       続きはさらに次のコメントで。

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2020/03/27 05:52
    • 今日は何の日(つづきのつづき)
       さて、わたしと仏壇。
       もちろん、わが家にもあります。
       いつごろからあるのかわかりません。
       わが家は分家で、家を建てたのは父です。
       なので、先祖伝来の仏壇ではありません。
       大きさも大したことないです。
       どのくらいだろう。
       今、ちょっと仏間まで降りていく時間がないので……。
       記憶で書きますが、たぶん幅は90㎝くらいですかね。
       畳の短辺と同じくらい。
       高さは、180㎝くらいじゃないですか。
       やっぱり気になるので、計ってきました。
       幅は65㎝、高さは160㎝でした。
       思ってたより小さかったです。

       ここに入ってるのは、祖父母と父です。
       わたしが今、お参りするのは……。
       盆と正月だけですね。
       昔は命日にもお参りしてましたが……。
       正直、今、3人とも命日を忘れてしまいました。
       月なら覚えてますが、日にちはちょっと思い出せません。

       そう云えば、あの仏壇、掃除は母がしてるんでしょうか?
       わたしは、1度もしたことがありません。
       お盆には、お坊さんがお経を読みに来ますが……。
       ついでに掃除をしていくとは思えないです。
       ま、薄暗いから気にならないのか。
       でも、線香や蝋燭のすすは、着いてるはずですよね。

       神棚は、わたしが毎年、大晦日に掃除をしてます。
       注連縄とお札を入れ替え……。
       あと、いろんなガラクタが載ってるので、それを空拭きします。
       所要時間、10分。
       高いところにあるせいか、ほとんど汚れてませんから。

       しかし、家を壊すときって……。
       仏壇、どうするんですかね?
       一緒に壊してしまうんでしょうか?

    • ––––––
      4. 手羽崎 鶏造
    • 2020/03/29 00:23
    • 仏壇は性根(魂)をお坊さんに
      抜いてもらえればいいのです。
      仏壇の引っ越しもカンタンです。
      お布施が要るだけです。
      ワタシは先祖の位牌だけ、
      関西から、今の自宅のマンション向け
      家具タイプ仏壇に移しました。

    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2020/03/29 06:27
    • なにごとにも……
       お金がいるわけね。
       わが家も現在……。
       お寺には護持会費とか、いろいろ収めてるようです。
       どこかに移住したい理由のひとつです。
    コメントする   【由美と美弥子 3005】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
ましゅまろくらぶ 禁断の体験 エッチな告白集 未知の星 ちょっとHな小説
官能文書わーるど 新・SM小説書庫2 変態小説 羞恥の風
赤星直也のエロ小説 愛と官能の美学 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 電脳女学園
官能的なエロ小説 人妻の浮気話 艶みるく 秘密のエッチ体験談まとめ 官能の本棚
[官能小説] 熟女の園 恥と屈辱の交差点 性小説 潤文学ブログ 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
潤文学 ぺたの横書き 女性のH体験告白集 魔法の鍵
HAKASEの第二読み物ブログ 恥ずかしがりたがり。 黒い教室 空想地帯
女の陰影 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 18's Summer Angel Pussy 週刊創作官能小説
むね☆きゅんファンサイト お姫様倶楽部.com 出羽健書蔵庫 SM・お仕置き小説ブログ
平成な美少女ライトノベル 淫鬼の棲む地下室 ろま中男3 濠門長恭の過激SM小説
女性のための官能小説 制服美少女快楽地獄 漂浪の果てに アダルト検索一発サーチ

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
Playing Archives 最低のオリ 西園寺京太郎のSM官能小説 かめべや
被虐願望 被虐のハイパーヒロインズ Mikiko's Roomの仮設テント ひめ魅、ゴコロ。
おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋 被支配中毒
レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための…
緊縛新聞 Japanese-wifeblog Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所

性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所
渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 黒塚工房 あおいつぼみ 葵蕾
プライド 女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻!
wombatの官能小説 黒イ都 羊頭狗肉 ひよこの家
美里のオナニー日記 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!

★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる 人気ブログランキング
官能小説アンテナ アダルトブログランキング
ライブドアブログ Adult Novels Search
Girls Love Search にほんブログ村
セックス・ノベル・ネット GL Search

ランキング/画像・動画(11~30)
ネット小説ランキング おたりんく アダルト動画まとめ 成人向けランキング
ヌケルアダルト作品 Cyber あまてらす 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!







<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top