Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
単独旅行記Ⅵ(108)
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 ↓わたしが見てたのは、中央区側ということですね。
中央区側
↑「み」

 どうりで、年代物の建物が多いわけです。

 ↓これは何でしょう?
これは何でしょう?
↑「み」

 ↓思う間もなく、また橋です。
新大橋を潜る
↑「み」

 新大橋。
 ずいぶん、風情のない橋名です。
 ↓地上部は格好良いですね。
新大橋

 橋長、170.0メートル。
 架橋は、1977(昭和52)年と、格段に新しい橋です。
 通る道路は、東京都道「千葉県道50号東京市川線(新大橋通り)」。
 当然のことながら、管理者は東京都です。

 しかし、今調べたら……。
 「風情のない橋名」などと云うのは、とんでもない話でした。
新大橋銘板

 この橋が最初に架けられたのは、1694(元禄6)年。
 隅田川に架かった3番目の橋。
 そのとき、「大橋」と呼ばれてた両国橋に続く橋として……。
 「新大橋」と名づけられたのです。
 つまり、元禄時代からの橋名でした。
大はしあたけの夕立

 なんと、ゴッホが模写したという歌川広重の名作↑「大はしあたけの夕立」が、この新大橋でした。
ゴッホの模写
↑ゴッホの模写です。

 5代将軍・徳川綱吉の生母・桂昌院が……。
桂昌院
↑桂昌院。3代将軍家光の側室。京都の八百屋の娘でした。東洋のシンデレラとも呼ばれます。

 橋が少なくて不便を強いられていた江戸市民のために、架橋を綱吉に進言したと伝えられてます。
 この橋が架けられたころのことを、松尾芭蕉が句に詠んでました。

●初雪やかけかかりたる橋の上
●ありがたやいただいて踏むはしの霜

 返す返すも由緒のある橋でした。
 恐れ入りました。
単独旅行記Ⅵ(107)目次単独旅行記Ⅵ(109)

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2020/01/26 06:35
    • また橋の話
       どうも、本編が橋ばかり続くので、話題に窮します。
       先日は、わたしが毎日通勤で使う、信濃川に架かる柳都大橋について書きました。
       信濃川の橋は、頻繁に使います。
       柳都大橋は、通勤ですが……。
       業務で、橋向こうの銀行に行く用事があるからです。
       そのとき使うのは、萬代橋がほとんどです。
       昭和4年架橋の、国指定重要文化財です。
       ただこの橋、欄干が低くて怖いです。
       昔の人って、小柄だったんですね。
       水の怖いわたしなんか、とても欄干近くは歩けません。
       自転車のときは、比較的気分が楽です。
       歩道の内、自転車レーンは車道側なので。
       自転車なら、早く走り過ぎられますし。
       でも、徒歩のときはイヤな気分になります。
       歩行者レーンのうち、欄干から一番遠いあたりを歩きます。
       それでも心配です。
       暴走自転車に跳ねられたら、欄干を越えて放り出されそうです。
       欄干は、御影石です。
       おそらく、建設当時からのものなんでしょう。
       重要文化財だから、直せないんですかね。
       なんとか、嵩上げしてほしいものですが。

       もうひとつ使うのは、八千代橋です。
       萬代橋より、ひとつ上流に架かる橋。
       こちらも歩道が狭く、歩行者と自転車のすれ違いが大変です。
       特に、歩行者が傘を差してるときとか。
       新潟市街には、歩行者や自転車に優しい橋がないです。
       新潟みなとトンネルだけですね。
       ↓こちらは、広々とした自転車歩行者道がありますから。
      https://tabi-mag.jp/ng0409/

       さて。
       仕事関係で渡る橋は、これだけ。
       プライベートでは……。
       今は、まったく渡りませんね。
       車で跨線橋を越えるくらい。
       わたしの住む地域に、川はないんです。
       用排水路はありますが。

       続きは次のコメントで。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2020/01/26 06:35
    • また橋の話(つづき)
       昔、『Mikiko's Room』をやってないころ、土日はヒマでした。
       なのでよく、自転車で遠出をしてました。
       このころは、走り回っていろんな橋を渡ってました。
       関屋分水に架かる橋まで行ったこともあります。

       そうそう。
       ゴールデンウィークには、もっと遠出をしましたね。
       阿賀野川です。
       これは、デカい川です。
       信濃川は、大河津分水と関屋分水で、川が日本海に分流してます。
       なので、河口付近の川幅は、長さ日本一の川に似つかわしくないほど狭いです。
       でも、阿賀野川は違います。
       福島県の会津の奥から、日本海に向けて流れてきます。
       途中、海に近づく場所はありません。
       なので、全量が河口まで来ます。
       特に、雪解けのころの流量はすごいです。
       川幅は、信濃川の3倍近くあるんじゃないでしょうか。
       岸には波が打ち寄せます。
       中国からの留学生が阿賀野川を見て、故郷を思い出したそうです。
       それほど、日本離れした光景の川です。

       わたしが自転車で渡ってた橋は、横雲橋。
       橋長905.1メートル。
       車道は狭く、片側一車線。
       下流側に、歩道専用橋が付いてます。
       なので、ここを自転車で走ってても、車の怖さはありません。
       でも、それ以上に怖いです。
       真下の光景。
       雪解け水が、渦巻いてます。
       下が見れません。
       橋は長い。
       無我夢中で漕ぎます。
       安全なはずなんですが……。
       なぜかスリル満点。
       今年のゴールデンウィーク……。
       久々に、行ってみるかな。
       今年は、雪解け水も少なそうだし。

    • ––––––
      3. 手羽崎 鶏造
    • 2020/01/26 22:33
    • 桂昌院。5代将軍綱吉の生母です。
      3代将軍・家光の四男が綱吉、
      玉が名前であったので、「玉の輿」の
      語源といわれている人物です。
      (諸説あるようですが)

      大奥のレジェンド・春日局から側室教育を
      受けたと言われています。
      NHK大河ドラマが明智光秀モノなので、
      光秀の腹心・斎藤利三の娘である
      春日局にも、また脚光があたるのではと
      思います。
      ワタシんちも家紋が「桔梗」だったこともあり、
      子どもの頃(NHK大河・国盗り物語)から、
      明智びいきでした。
      大河では近藤正臣が光秀役でした。

      「本能寺の変」クーデターの謎は、戦国時代
      最大のミステリーといわれていますが、ワタシは
      明智憲三郎氏の説に、全面的ではないですが
      一定の説得力を感じています。
      (光秀は唐国侵略には賛成でなかった。家康との一定 の関係性。秀吉には細川ルートで情報漏洩?など)
      仇?の娘である春日局を家康があそこまで厚遇
      したのか、尋常でないものを禁じえません。







    • ––––––
      4. Mikiko
    • 2020/01/27 06:27
    • 詳しいですね
       まっちゃんみたいです。
       本能寺の変を特集した番組、録画してあるんですが……。
       まだ見てません。
       わたしの疑問は、なぜ信長が、あれほど無防備だったのかということです。

       側室がいなければ、直系の男子が繋がらないことは……。
       将軍家を見てもよくわかります。
       男系の男性天皇にこだわるなら……。
       皇室も、側室制度を復活させるしかないでしょう。
    コメントする   【単独旅行記Ⅵ(108)】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
ましゅまろくらぶ 禁断の体験 エッチな告白集 未知の星 官能文書わーるど
潤文学 新・SM小説書庫2 赤星直也のエロ小説 変態小説
愛と官能の美学 ちょっとHな小説 官能の本棚 羞恥の風
おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 官能的なエロ小説 人妻の浮気話 艶みるく 電脳女学園
[官能小説] 熟女の園 恥と屈辱の交差点 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ Angel Pussy 週刊創作官能小説

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
HAKASEの第二読み物ブログ アダルト検索一発サーチ 性小説 潤文学ブログ 女性のH体験告白集
ぺたの横書き 被虐願望 濠門長恭の過激SM小説 恥ずかしがりたがり。
黒い教室 女性のための官能小説 お姫様倶楽部.com 空想地帯
出羽健書蔵庫 魔法の鍵 女の陰影 平成な美少女ライトノベル
快感小説 むね☆きゅんファンサイト 制服美少女快楽地獄 Mikiko's Roomの仮設テント
ろま中男3 秘密のエッチ体験談まとめ かめべや 渡硝子の性感快楽駆け込み寺

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
SM・お仕置き小説ブログ 最低のオリ 18's Summer 淫鬼の棲む地下室
漂浪の果てに Playing Archives 西園寺京太郎のSM官能小説 被虐のハイパーヒロインズ
ひめ魅、ゴコロ。 おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋
被支配中毒 レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia 調教倶楽部
ちょっとHなおとなのための… 緊縛新聞 Japanese-wifeblog Eros'Entertainment

オシッコオモラシオムツシーン収集所 性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス マルガリテの部屋
アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 黒塚工房
あおいつぼみ 葵蕾 プライド 女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 黒イ都 羊頭狗肉
ひよこの家 美里のオナニー日記 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます!

★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる 官能小説アンテナ
人気ブログランキング アダルトブログランキング
にほんブログ村 ライブドアブログ
GL Search セックス・ノベル・ネット
Adult Novels Search ヌケルアダルト作品

ランキング/画像・動画(11~30)
Girls Love Search ネット小説ランキング 少女禁忌区域 おたりんく
成人向けランキング アダルト動画まとめ ぱっくりんく Cyber あまてらす
クリエイターコレクションR18 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top