Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 2919
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
「ひぎっ」

 陰核を吸われた。
 リズミカルに吸い立てられる。
 仔牛のように力強い吸引だった。

「ひぎぃぃぃぃぃぃ」

 視界がスタジオを巡る。
 浅井さんが、薫の胸に顔を落とし、うつ伏せに潰れていた。
 左右に膝で折れた両脚が、パンタグラフのようだった。

「はんが」

 林さんの吸引には容赦がなかった。
 この調子で吸われたら、男性は堪えようがないだろう。
 もう、断崖が覗いていた。
 スタジオの景色が、コマ落としのように動いて見えた。
 一コマごとに、万里亜の姿勢が少しずつ変わる。
 薫の肛門から、ディルドゥを抜いた。
 ゆっくりと起ちあがった。
 ほどよく脂肪の載った腹が、ねらねらと光っている。
 薫の精液が、まだ乾いていないのだ。
 コマ落としの万里亜が、こちらに近づいて来る。

「ぎぃぃ」

 林さんは、近づく万里亜に気づかないようだ。
 一心に美弥子の陰核を吸引している。
 その背後に、万里亜が身を沈めた。
 視線が下に落ちた。

「はがが」

 美弥子の上体が前傾した。
 意識したものではなかった。
 もう、まともに立っていられないのだ。
 おそらく顎が、不様に垂れているだろう。
 しかし、顔が突き出たせいで、林さんの背中が見えた。
 そしてその下方で、可愛く引き締まった尻を狙っているものがあった。
 万里亜のディルドゥだった。
 後ろから挿入しようとしているのだろうか?
 しかしそれは、直前まで薫の腸内にあったものだ。
 それを膣内に入れようというのか?
 万里亜は、慎重に位置を定めているようだった。
 いや、違う。
 ディルドゥの切っ先の向きからすると……。
 狙いは、林さんの膣ではないようだ。
 肛門だ。
 薫の肛門から抜いたディルドゥを、今度は林さんの肛門に突き立てようとしているのだ。
由美と美弥子 2918目次由美と美弥子 2920

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2019/11/24 06:41
    • 今日は何の日
       11月24日は、『進化の日』。
       1859年11月24日(今から160年前)……。
       イギリスの自然科学者「チャールズ・ダーウィン(1809~1882)」の『種の起源(On the Origin of Species)』が刊行されました。
       英語表記は、「Evolution Day」。
       ダーウィンは自然選択によって、生物は常に環境に適応するように変化し……。
       種が分岐して多様な種が生じると主張しました。
       そしてこの過程を生存競争、適者生存などのフレーズを用いて説明したのです。
       『種の起源』は非専門家向けに読みやすく書かれており、幅広い関心を集めました。
       当時の生物学の根本をなす宗教的信念を否定したため……。
       科学的だけでなく、宗教的、哲学的論争も引き起こしました。

       上記の記述は、こちら(https://zatsuneta.com/archives/111244.html)のページから転載させていただきました。

       さらに同ページから引用を続けさせていただきます。

       ダーウィンは、『種の起源』の中で……。
       「evolution」ではなく、「descent with modification(変化を伴った由来)」という用語を使ってます。
       「進化」という意味で「evolution」を最初に用いたのは、イギリスの哲学者ハーバート・スペンサー(1820~1903)です。
       ダーウィンも、第6版で用いてるそうです。
       ダーウィンの唱えた自然選択説は……。
       適応進化の要因として、現在も科学的に認められたモデルとなってます。

       以上、引用終わり。

       続きは次のコメントで。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2019/11/24 06:41
    • 今日は何の日(つづき)
       自然選択説、よくわかります。
       例えば、キリンの首がなぜ長くなったのか。
       長くしようという意思が凝って、だんだん長くなっていったというわけではないのです。
       首の長い個体の方が、ほかの個体が届かない高い枝の葉を食べらます。
       そのため、生き残る確率が高まります。
       とうぜん、子孫を残せる確率も高くなる。
       そのため、首の長い遺伝子が、だんだん濃くなっていって……。
       やがて、すべての個体が首の長いキリンになったと云うわけです。
       首を長くしたのは目的からではなく……。
       自然淘汰の結果なんです。

       話としてはわかりますが……。
       そこまでになる膨大な時間を考えると、呆然とします。
       今の科学は、その時間を飛び越えて、遺伝子操作をしようとしてるわけです。
       一種のタイムマシンですかね。

       さて。
       わたしとダーウィン。
       残念ながら、著書を読んだことはありません。
       難しいのは無理なので……。
       子供向けの解説書でも読んでみましょうかね。
       でも、なかなか読書の時間が取れないのよ。

       現在、一番身近なダーウィンは……。
       NHK『ダーウィンが来た!』ですね。
       といっても、毎週見てるわけではありません。
       基本的に、外国が舞台なのは見ません。
       特に、アフリカと北極。
       アフリカの生存競争は、あまりにも過酷で……。
       ちょっと見るに堪えません。
       北極は、あまりにも寒そうで見れません。
       日本が舞台の回は、まず必ず見ます。
       里山が舞台だったりすると、特に興味津々です。
       日本は、住んでる動物が穏やかですよね。
       間違っても、ハイエナみたいなのは出て来ません。

       続きはさらに次のコメントで。

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2019/11/24 06:41
    • 今日は何の日(つづきのつづき)
       あ、でも、例外的に見ない動物がありました。
       猿です。
       日本猿。
       あれはいけません。
       顔がまず、奥目で狡猾的。
       目がつぶらすぎるところも不気味。
       猛獣ですよ。
       牙を見ればわかります。
       鳥の雛なんか、バリバリ食べるんですから。
       猿知恵が働くところが、いっそう憎たらしいですね。

       あ、そうそう。
       近年では、穏やかなんて言ってられない地域もあります。
       農作物被害。
       猿はもちろんですが……。
       猪や鹿。
       蝶(冗談です)。
       耕作意欲が失せるほどの被害だそうです。
       ますます耕作放棄地が増えてしまいます。
       小規模農家に、防護柵を設置する余裕なんか、あるわけありません。
       あったとしても、とても回収できないでしょう。

       あと、農作物が被害に遭うだけじゃありません。
       最近は、人が直接被害に遭ってます。
       熊。
       今年は特にブナの実が不作で、人里に下りてきてるとか。
       どうすりゃいいんですか。
       マタギ、養成しますか?
       しかし、生活の保障がなければ、なり手もないでしょう。
       いっそ、公務員として働いてもらいますか。
       基本的に月給制です。
       あと、獲物によって歩合を付ける。
       これからはますます……。
       役所がなんでもやらなければならない時代が来ると思います。

    • ––––––
      4. 手羽崎 鶏造
    • 2019/11/24 22:46
    • 害獣駆除業者は色々ありますが、
      「ゴルゴ13」の害獣版のような専門家は
      まだ事業化されていないのではないでしょうか。
      農家の作物を狙うシカ、イノシシを一発で仕留める。

      管理人さま、起業してみてはいかがでしょう。


    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2019/11/25 06:32
    • 小規模農家に……
       依頼料を払う余裕はないと思います。
       役所が発注してくれるかどうかですね。
    コメントする   【由美と美弥子 2919】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
ましゅまろくらぶ 禁断の体験 エッチな告白集 未知の星 新・SM小説書庫2
官能文書わーるど 潤文学 変態小説 赤星直也のエロ小説
おとなの淫文ファイル エッチのあとさき ちょっとHな小説 羞恥の風 官能的なエロ小説
秘密のエッチ体験談まとめ 愛と官能の美学 女性のための官能小説 Angel Pussy 週刊創作官能小説
[官能小説] 熟女の園 恥と屈辱の交差点 電脳女学園 官能の本棚

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
性小説 潤文学ブログ HAKASEの第二読み物ブログ 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 恥ずかしがりたがり。
黒い教室 女性のH体験告白集 Playing Archives 人妻の浮気話 艶みるく
18's Summer 濠門長恭の過激SM小説 アダルト検索一発サーチ 制服美少女快楽地獄
空想地帯 むね☆きゅんファンサイト 魔法の鍵 渡硝子の性感快楽駆け込み寺
漂浪の果てに ぺたの横書き 最低のオリ 女の陰影
西園寺京太郎のSM官能小説 かめべや 出羽健書蔵庫 お姫様倶楽部.com

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
淫鬼の棲む地下室 被虐願望 被虐のハイパーヒロインズ 平成な美少女ライトノベル
快感小説 Mikiko's Roomの仮設テント 櫻坂ゆかりの官能小説 ひめ魅、ゴコロ。
おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋 被支配中毒
レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための…
緊縛新聞 Japanese-wifeblog Eros'Entertainment SM~猟奇の性書~変態

オシッコオモラシオムツシーン収集所 性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス 空想の泉~The Fountain of Daydream~
マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集
黒塚工房 あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ プライド
女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説
黒イ都 羊頭狗肉 ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記
ひよこの家 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる アダルトブログランキング
人気ブログランキング ライブドアブログ
官能小説アンテナ GL Search
ネット小説ランキング Adult Novels Search
おたりんく Girls Love Search

ランキング/画像・動画(11~30)
成人向けランキング 正しいH小説の勧め にほんブログ村 セックス・ノベル・ネット
ヌケルアダルト作品 GAY ART NAVIGATION アダルト動画まとめ アダルト検索BBJapan
十八禁恋愛私花集 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top