Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
単独旅行記Ⅵ・総集編(5)
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 洗足池は、池の跡地かと思ってたら、違いました。
 ちゃんと今も池があります。
 洗足池公園になってました。
洗足池公園案内図
↑クリックすると、大きい画像が見られます。

 Mapionで標高を表示させてみました。
 洗足池の標高は、26メートル。
洗足池の標高

 思った以上に高いですね。
 ちなみに、目と鼻の先の洗足池駅は、21メートルでした。
洗足池駅の標高

 池が駅より、5メートルも高いわけです。
 ほんとですかね?

 さらに奇怪なことに……。
 石川台駅の標高は、17メートルでした。
石川台駅の標高

 理屈に合っとらん!
 いろいろしらべたら……。
 元々は、「石川」だったようです。
 すぐ近くを呑川(のみかわ)が流れてますが……。
すぐ近くに呑川が流れてます

 このあたりでは、石川と呼ばれてたとか。
 それなら、「台」は、住宅開発のときに付けたのかと思いました。
 「ナントカ台」って住宅地、よくありますよね。
「ナントカ台」って住宅地

 と思ったら、さらに違ってました。
 石川(呑川)の河岸段丘で、高くなってたから石川台なんだとか。
 しかし、Mapionで調べたところ……。
 高くなってるのは、石川台よりむしろ洗足池方向でした。
 南千束3丁目という、何だか吉原のような地名がありましたが……。
吉原
↑吉原の方です。

 ここらの標高が、30メートルありました。
南千束3丁目の標高

 あまり深入りすると話が進まないので、ここらで撤収します。

 ↓さて、雨バージョンの目的地に降り立ちました。
雨バージョンの目的地に降り立ちました
↑「み」

 ここは、東急大井町線の等々力です。
 東急池上線の雪が谷大塚から……。
 旗の台で大井町線に乗り換え、7駅目。
東急大井町線の等々力

 けっこう乗りましたね。
 といっても、旗の台から等々力までにかかった時間は……。
 わずか、11分。
 新潟で7駅も乗ったら、半分旅行ですよ。
 ちなみに、新潟から信越本線で7駅目は、矢代田。
新潟から信越本線で7駅目は、矢代田

 あれ?
 まだ、新潟市でしたね。
 矢代田は、新潟市秋葉区にあります。
 でも、各駅停車で、27分。
矢代田まで、各駅停車で、27分

 営業距離は、21.5㎞。
 旗の台から等々力は、わずか5.1㎞です。
 新潟から5.1㎞だと、1駅目の越後石山を過ぎたあたりです。
 そこまでに、7駅もあるんですからね。
 バス停並みですよ。

 ↓何の意図があって撮ったか不明。
何の意図があって撮った?
↑「み」

 ↓ますますもって意図不明。
ますますもって意図不明
↑「み」

 「ポイ捨て禁止」の貼り紙を撮りたかったんでしょうか。
 東京で、ゴミが落ちてるところは、1度も見なかったと思います。
 区の貼り紙ですから……。
 この施設、世田谷区のものなんですかね。
 そうは見えませんけど。

 ↓やっと、場所の特定できる写真が出て来ました。
スーパーバリュー等々力
↑「み」

 ↓ここですね。
スーパーバリュー等々力の地図

 東京で羨ましいのは……。
 徒歩や自転車で行ける場所に、必ずこういうスーパーがあることです。
 そうそう。
 東京で、印象的だったのは。
 子供乗せ電動アシスト自転車。
子供乗せ電動アシスト自転車

 ↓ここにもありますね。
ここにもあります
↑「み」

 車だと、持ち家でなければ、駐車場を借りなくてはなりません。
 その料金の高いこと。
駐車場が高い
↑月極料金。新潟ならアパートが借りられます。

 もうひとつは、自転車で行ける範囲で何でも用が済むこと。

 ではなぜ電動アシストなのかと云うと……。
 東京は、坂が多いんですよ。

↑持ってます。名著です。

 子供を乗せたら、自力では漕ぎあがれないような坂がありますから。
世田谷区岡本にある「富士見坂」
↑世田谷区岡本にある「富士見坂」。斜度22%だそうです(10メートル横に移動する間に、高さが2.2メートル上がります)。

 車の維持費を考えれば、電動アシスト自転車なんて安いものです。

↑車検、1回分ですよ。

 そうそう。
 わたしは北口を出ましたが……。
 反対側の南口から、さらに南に下ったところには、思いがけない名所があります。
 渓谷です。
 その名も、等々力渓谷。
等々力渓谷
↑世田谷区ですよ。

 武蔵野台地を、崖線から湧き出す湧水が削って出来た渓谷だとか。
湧水が削って出来た渓谷

 この渓谷が出来たのは、有史以前で……。
 渓谷崖では、古墳なども発見されてます。

 東京都区部では唯一の自然の渓谷ということで……。
 1999(平成11)年、東京都指定名勝に指定されました。
 東京都指定名勝には、等々力渓谷のほかでは……。
 清澄庭園(江東区)と薬師池公園(町田市)だけが指定されてます。

 現在は、その環境が保全されるとともに、渓谷沿いに散策道が整備された「等々力渓谷公園」になってます。


 わたしも確か、1度だけ行ったと思いますが……。
 すべて、忘却の彼方です。
 あ、少しだけ思い出しました。
 2駅となりの九品仏にも一緒に行きましたね。
 ↓「お面かぶり(二十五菩薩来迎会)」で有名な九品仏浄真寺に行ったんだと思います。


 なお、この行事は見てません。
 現在は、3年に1度、5月に行われてるそうですが……。
 2014年までは、8月だったとか。
 月を移したのは、ひとえに暑さ対策のようです。
 菩薩さまが熱中症で倒れたら、洒落になりませんから。
これはまだ、洒落になります
↑これはまだ、洒落になります。亡くなったら洒落になりませんが。

 なお、地名の等々力は……。
 渓谷の水音が「轟く」ことから付いたとのことです。

 ↓遅かりし由良之助(表現が古すぎ)。
バスが、バス停に着いてしまいました
↑「み」

 わたしが乗るつもりのバスが、バス停に着いてしまいました。
 停留所は、「等々力操車所」。
等々力操車所

 始発の停留所です。
 でも、写真の場所が、等々力操車所ではありません。
 操車所から出て来たバスが、このバス停に停まるんです。

 写真のバスは、14時13分発。
 手を上げて気づいてもらえれば、おそらく待ってくれたと思います。
 でも、わたしはそういうことが出来ないタチなんです。
手を上げて気づいてもらえれば……

 最終バスなら、恥も外聞もありませんけど……。
 わたしの乗る路線は、1時間に3本走ってます。
 ということで、まったくバスなど乗るつもりのない態度でのんびり歩きました。
 バスは時間どおりに発車し、わたしの前を静かに去って行きました。
 走ったりしたら、重いリュックで腰を痛めたかも知れないと、自分を慰めます。
腰を痛めたかも知れない

 ま、そんなに落ちこんでません。
 次のバスは、14:33分。
 20分後です。
 家で作って来た予定表では、その次の14:54分に乗るはずだったんです。
 川崎大師での貯金が、まだ十分に効いてます。

 ということで、等々力操車所を見に行って来ることにしました。
 バス停からは、歩いてすぐのところです。

 ↓まずは、さっきバスが停まってたバス停を確認。
バス停を確認
↑「み」

 歩道が狭いです。
 朝なんか、こんなところに行列が出来たら……。
 通り抜ける人は大変なんじゃないでしょうか。
 自転車は通れません。
 無理矢理通る人がいそうな気もしますが。
 東京の自転車マナーは、はっきり言って良くないです。
東京の自転車マナー

 ↓空き地発見。
空き地発見
↑「み」

 けっこう広いです。
 いったい、いくらくらいになるんでしょう。
 おそらく、目玉が飛び出て、座り小便するくらいだと思います。
「小」の場合も、パンツまで?
↑「小」の場合も、パンツまで下ろすんですか?

 ↓等々力操車所です。
等々力操車所です
↑「み」

 撮影時刻は、バス停を撮った写真から、2分後でした。

 ↓しつこくもう1枚。
しつこくもう1枚
↑「み」

 発車まで、まだ20分近くあります。
 もう少しあたりを探索しましょう。

 ↓洒落た植栽。
洒落た植栽
↑「み」

 植栽されてる場所は、歩道ではありません。
 歩道の内側の私有地部分です。
 その私有地に植栽し、公共に供してるわけです。
 その精神が、まさしく洒落てます。
 植えられてるのはおそらく、ハイビャクシンだと思います。
 「ハイ」は、“High"ではなく、「這い」です。
 つまり、「這い柏槇」。
 乾燥に強いので、こうした場所の植栽には向いてると思います。
 でも、新潟では、滅多に見かけません。

 新潟は、梨の産地です。
新潟は、梨の産地

 ハイビャクシンは、梨の病害である『赤星病』の中間宿主となるのです。
梨の病害である『赤星病』

 庭にうっかり植えてたりすると、梨農家から苦情を言われる可能性もあります。

 ↓ライム色の綺麗な笹です。
ライム色の綺麗な笹
↑「み」

 オカメザサでしょうか。
オカメザサでしょうか

 普通のオカメザサより、いっそう色が薄い気がします。

 ↓小学校です。
世田谷の小学校
↑「み」

 わたしが世田谷の小学校なんかに通ってたら……。
 いったい、どんな人生になったでしょうか。
 なぜだか切なくなりました。

 ↓校門に向かう坂道。
校門に向かう坂道
↑「み」

 通ってた人には、心に焼きついてる光景でしょう。
 やはり、坂道が多いです。
 この街でも、電動アシスト自転車に乗ったママさんを見かけました。
 必需品なんでしょうね。

 ↓そろそろ引き返さなければ。
そろそろ引き返さなければ
↑「み」

 ↓再び、等々力操作所に戻りました。
等々力操作所に戻りました
↑「み」

 ↓バスのアップ。
バスのアップ
↑「み」

 左の車両の方が、新しいっぽいですね。

 バス停まで戻り、操作所から出てくるバスを待ちます。
 発車6分前。

 待つことしばし。
 ↓出た!
出た!
↑「み」

 ↓来た来た!
来た来た!
↑「み」

 運転手さんに、全力の目力で乗る意思を伝えます。
全力の目力
↑こんな顔。

 無事、乗りこめました。

 あ、そうだ。
 まだ、雨バージョンの目的地を言ってませんでしたね。
 目的地は、今日、泊まる宿です。
 すなわち目的は、このバスに乗ること自体なんです。

 このバス、どこ行きだと思います?
 ちょっと驚きますよ。
 系統番号は、「東98」。
 なんと終点は、「東京駅丸の内南口」です。
 世田谷区の等々力から、東京駅行きのバスが出てるわけです。
 等々力操作所を14:33分に出て……。
 東京駅丸の内南口に着くのは、15:45分。
1時間12分の長距離バス

 1時間12分の長距離バスです。
 新潟で、こんな長時間バスに乗ったら……。
 1,000円近く取られるんじゃないでしょうか?
 でも、この東急バスは、終点まで乗っても、220円です。
 なお、2019年10月からは、消費税増税で、値上げはされなかったようです。
 でもこれは、現金だけ。
 ICカードでは、216円が、220円になりました。
 216÷108×110=220円で、ぴったり消費税分の値上げです。

 では、なぜ現金が据え置きだったのか。
 増税による税込価格を計算し直すと……。
 220円÷108×110=224円。
 現金で端数が出ると面倒です。
 かといって、230円にしたら……。
 6円が、便乗値上げになってしまいます。
 というわけで、泣く泣く見送ったのでしょう。
 でも、消費税増税は、もうしばらくは出来ません。
 わたしはもちろん、Suicaで乗りましたので……。
 このときは、216円で乗れたわけです。

 なお、残念ですが、わたしは終点の東京駅までは乗りません。
 そんなところの宿なんか取れませんよ。
このくらい高い
↑このくらい高いと思います。

 なので、もう少し手前で降ります。

 ↓ここからはもう、バスの車窓からの画像です。
バスの車内からの画像
↑「み」

 建築現場のバリケードですね。
 ↓マンションではなく、小ホールのようです。
マンションではなく、小ホール
↑「み」

 ↓目線が高いです。
目線が高い
↑「み」

 右側の一番後ろの座席に座ってます。
 残念だったのは、窓が汚かったこと。
 洗車機を通すだけで、窓の手洗いはしてないのでしょう。
洗車機を通すだけ
↑これは、京成バスのですが。

 人手が足りないんでしょうね。
 手洗いは、かなり重労働な気もしますし。
手洗いは、かなり重労働
↑ぜったいに腕があがらなくなると思います。

 そんなことさせて、辞められたら元も子もないというところでしょうか。
 窓洗いだけのバイトって、募集できないものですかね。

 ↓昭和レトロなマンション。
昭和レトロなマンション
↑「み」

 ベランダに曲線があるところがいいです。
 バルコニーって感じですかね。
 でも、耐震性は、大丈夫なんでしょうか?

 ↓「亀屋万年堂」発見。
亀屋万年堂
↑「み」

 でも調べたら、ここが本店ではありませんでした。
 本店は、自由が丘にありました。
 どら焼きを洋風に仕立てた「ナボナ」というお菓子が有名。
ナボナ
↑食べたことがあるような気がしてきました。

 なんで有名になったかというと……。
 テレビコマーシャルで、巨人軍の王選手を起用したこと。
 王選手のセリフ「ナボナはお菓子のホームラン王です!」が一世を風靡したとか。


 自由が丘や世田谷に店舗があるので、案外新しいお店かと思いましたが……。
 創業は、1938(昭和13)年でした。
 それにしても、「亀屋万年堂」……。
 強烈な店名です。
 なお、亀屋万年堂の一番弟子だった人が暖簾分けして……。
 横浜に、「鶴屋千年堂」を開いたそうです。
 でも残念ながら、放火による火事で焼失し閉店してしまったとか。

 ↓ミキサー車がいます。
ミキサー車
↑「み」

 コンクリートプラントですね。
 ここでミキサー車に生コンクリートを積みこみ、建設現場に向かうわけです。
ミキサー車に生コンクリート

 しかし……。
 この土地を売ったら、いったいいくらになるんでしょう。
 わたしが跡を継いだら、ぜったいに売ってます(継がせんわな)。

 ↓なんだか、中国的な雰囲気です。
なんだか、中国的
↑「み」

 ↓東急バスの営業所でしょうか?
東急バスの営業所?
↑「み」

 ↓何の意図で撮ったか不明。
何の意図で撮ったか不明
↑「み」

 ↓ひょっとしたら、この落書き?
この落書き?
↑「み」

 ↓消防署発見。
消防署発見
↑「み」

 調べたら、目黒消防署でした。
目黒消防署

 所在地は、東京都目黒区下目黒6-1-22。
 もう世田谷区を出て、目黒区に入ってたんですね。
 しかもなんと!
 ↓晴れの日の目的地、「林試の森公園」の真裏でした。
「林試の森公園」の真裏

 こういう行き方もあったというわけです。

 ↓すでにこんなに都会です。
すでにこんなに都会
↑「み」

 ↓「ホテルミッドイン目黒駅前」という文字が読めました。
ホテルミッドイン目黒駅前

 山手線の目黒駅のあたりです。
山手線の目黒駅のあたり

 ↓4ヶ月以上経つと、まったく撮った意図が掴めません。
まったく撮った意図が掴めません
↑「み」

 あんたは、何が撮りたかったんだ?
 4ヶ月前の自分は、ほぼ赤の他人ということです。
赤い他人
↑これは、赤い他人。

 ↓久々に昭和レトロ。
久々に昭和レトロ
↑「み」

 ↓こちらは、現代的だと思うのですが。
こちらは、現代的
↑「み」

 ↓デンソーの建物。
デンソーの建物
↑「み」

 本社にしては古めかしいと思ったら……。
 「自動車部品会館」とあります。
自動車部品会館
↑「み」

 自動車部品のショールームのようです。
 デンソーだけでなく、たくさんの企業が出品してます(こちら)。

 ↓これは再び、昭和レトロです。
これは再び、昭和レトロ
↑「み」

 タイル貼りがお洒落ですが……。
タイル貼りがお洒落
↑「み」

 耐震性は大丈夫なのでしょうか。

 ↓港区の高輪地区総合支所がありました。
港区の高輪地区総合支所
↑「み」

 調べたところ……。
 港区の総合支所は、芝地区、麻布地区、赤坂地区、高輪地区、芝浦港南地区の5地区にありました。
 各総合誌所の管轄地区については、こちらをご覧下さい。
 ちなみに、高輪地区総合支所の管轄は……。
 三田4・5丁目、高輪、白金、白金台でした。
 シロガネーゼが出入りしてるわけですね。
シロガネーゼが出入り

 なぜだか腹立たしいです。

 ↓またもや意図不明。
またもや意図不明
↑「み」

 タクシーを撮りたかったわけじゃないと思います。
 ↓ひょっとしたら、このプラタナスですかね。
ひょっとしたら、このプラタナス
↑「み」

 新しく植えられたものですね。
 古いプラタナスの並木は、よく見ます。
 プラタナスが出てくる有名な歌に、シューベルツの『風』があります。

↑2番に出て来ます。

 和名は、「鈴懸(すずかけ)」。
 まさしく、鈴のようなまん丸の実を成らせます。
鈴のようなまん丸の実

 でも、葉っぱが大きく、落葉したときの落ち葉の処理が大変。

↑ワンコの大きさと比べてみてください。

 さらに、アメシロはたかるしで……。
 なかなか、管理にお金のかかる木です。
 自治体としては、新しく植えたくないと思いますが。
 港区、お金あるからでしょうか。

 ↓ビルの谷間に取り残された民家。
ビルの谷間に取り残された民家
↑「み」

 どうして売らないんですかね。
 大きなお世話でしょうけど。
 庭に死体でも埋まってるんでしょうか(失礼)。
 でも、家の前にダンプが止まってますから……。
 いよいよ解体が始まるんですかね。

 ↓この道路は、「都道415号」でした。
「東京都道415号高輪麻布線」
↑「み」

 正式名称は、「東京都道415号高輪麻布線」。
 この一部が、通称「麻布通り」だとか。
通称「麻布通り」
↑「み」の繋がった印は港区のマーク。思いのほか垢抜けませんね。

 返す返すもお洒落で、腹立たしいです。

 ↓お墓が見えます。
お墓が見えます
↑「み」

 檀家が代替わりしていくと……。
 なかなか、お寺の改修費などの寄付が集められないと聞きます。
 ものすごく高い土地に建ちながら……。
 収入はどんどん先細り。
 どうなるんですかね。
 マンションにして、屋上をお墓にしますか。
 問題は、そういうマンションが売れるかどうかですが。

 ↓ここもお寺っぽいです。
ここもお寺っぽい
↑「み」

 そう云えば、高輪といえば「泉岳寺」ですよね。
赤穂浪士のお墓
↑赤穂浪士のお墓。

 高輪は、お寺の多い街のようです。
 調べれば由来があるのでしょうが……。
 先に進みましょう。

 ↓ペンシルビル発見。
ペンシルビル発見
↑「み」

 わたしなら、こんなビルは建てず……。
 どちらかの隣に、土地を売ってしまいますけどね。
 そのお金で、郊外にもっと大きいビルが建てられるじゃないですか。
 なんでこんなビルを建てるのか、理解できません。
 この地に執着するほど、魅力ある地域とも思えないのですが。

 ↓神社もありました。
神社もありました
↑「み」

 ↓「伏見三寶稲荷神社」でしょう。
伏見三寶稲荷神社
↑「み」

 住所は、港区芝三丁目でした。
 もちろん、京都の伏見稲荷神社からの分祠です。
 ところで、三寶(宝)とは何でしょう?
 仏教ならわかります。
 鳥も鳴いてます。
 「仏・法・僧」です。

↑なんと! 「ブッポウソウ」と鳴いてたのは、コノハズクでした!

 神道で「三宝」を調べたら……。
 どうやら、「神饌をのせて神前に供するための台」のようです。
三宝

 稲荷神社の「三宝」には、やっぱり油揚げを供えるんですかね?
千代保稲荷神社
↑ありました! 千代保稲荷神社(岐阜県)。

 ↓広々した交差点に出ました。
広々した交差点
↑「み」

 交差点を撮ったんだと思いますが……。
 ひょっとしたら、黒のハイラックスサーフですかね。
黒のハイラックスサーフ
↑「み」

 わたしが乗りたかった車のひとつ。
 トヨタの4WDでは、プラドよりずっと好きでした。
ツートンカラーが好き
↑このツートンカラーが好きでした。

 こんな車に乗ってたら、煽られたりすることもないでしょう。
 これからは、車高の高い4WDが、また売れる時代になるんじゃないでしょうか。
 先の洪水がいい教訓でした。
 エンジンが止まって動けなくなった車が続出。
エンジンが止まって動けなくなった車

 最低地上高の高い4WDなら、少しは時間的に余裕が出来るでしょう。

↑川を渡るランクル。もちろん、特別仕様車でしょう。

 あと、外でエアバッグが膨らんで、車が浮けば最高ですよね。

 ↓ホテルのようです。
ホテルのよう
↑「み」

 ↓バスの窓が汚くて、文字がはっきり見えません。
バスの窓が汚くて文字が見えません
↑「み」

 『PRINCE HOTEL』とも読めます。
 でも、このホテルの画像が、ネットでなかなか見つからないんです。
 ↓やっと探し当てました。
やっと探し当てました

 『東京プリンスホテル』です。
 でも、側面のイメージが違います。
 わたしの撮った画像は、改装工事中のバリケードでしょうか?
 言わずと知れた、西武グループのホテルです。
プリンスホテル
↑硬式野球部が、都市対抗野球で活躍したこともあります(優勝1回・2000年解散)。

 ↓わたしが東京で最後に勤めた会社が、このあたりにありました。
最後に勤めた会社が、このあたり
↑「み」

 ↓港区芝公園三丁目。
港区芝公園三丁目
↑「み」

 緑が多かった印象が残ってます。

 ↓またまた意図不明の画像。
またまた意図不明
↑「み」

 でも、さっきのプラタナスからの繋がりを考えると……。
 どうやら、意図が解けました。
 街路樹を撮ってたんですね。
 ↓これは、ユリノキだと思います。
ユリノキだと思います
↑「み」

 昨年行った『東京国立博物館』の本館前に巨木が聳えてました。
『東京国立博物館』の本館前に巨木
↑「み」。昨年撮った画像です。

 あと、皇居周りの街路樹も、直径が1メートル近くになってます。
皇居周りの街路樹も直径が1メートル
↑歩行者と幹の太さを比べてみてください。

 ユリノキは、北米原産の落葉高木。
 別名、ハンテンボク。
 葉っぱが、半纏の形をしてるんです。
葉っぱが、半纏の形

 英名は、チューリップツリー。
 ↓チューリップに似た花が咲きます。
チューリップに似た花が咲きます

 この和名が、なぜ「百合(ゆり)の木」になったかと云うと……。
 昔の日本では、チューリップが一般的ではなかったからです。
ユリです
↑ユリです。明らかに、チューリップの方が似てます。

 ↓これまた意図不明。
これまた意図不明
↑「み」

 マンションは、昭和レトロじゃありません。
 手前の街路樹は、さっきと同じユリノキです。
 わざわざ撮りたい樹形でもありません。
 ↓画像をアップしたら、交差点名に目がとまりました。
愛宕神社前
↑「み」

 「愛宕神社前」。
 標高25.7メートルの愛宕山の上に建ちます。
 東京23区最高峰に建つ神社です。
 ↓この石段です。
愛宕神社石段

 「出世の石段」と呼ばれてます。
出世の石段

 江戸初期に、曲垣平九郎という馬の名手がいました。
 3代将軍家光が、芝の増上寺に参った帰り……。
 この愛宕山の前で、「誰か、騎馬で山上の梅の花を折ってくる者はいないか」と問いました。
 それに応えたのが曲垣平九郎。
 馬にまたがるや、一気に石段を駆けあがり……。
馬にまたがるや一気に石段を駆けあがる

 紅梅と白梅、一枝ずつを折り取って、家光の元に届けました。
 家光は、「日本一の馬の名手だ」と褒め、名刀一振りを与えたそうです。
 後に尾張藩で900石を得る出世を遂げた、まさにそのきっかけとなったエピソード。
後に尾張藩で900石を得る出世を遂げた
↑講談にもなってます。
単独旅行記Ⅵ・総集編(4)目次北海道に行こう!

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ
    コメントする   【単独旅行記Ⅵ・総集編(5)】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
未知の星 禁断の体験 エッチな告白集 官能文書わーるど ましゅまろくらぶ
官能の本棚 愛と官能の美学 官能的なエロ小説 電脳女学園
Angel Pussy 週刊創作官能小説 Playing Archives 萌木ケイの官能小説 ちょっとHな小説
新・SM小説書庫2 羞恥の風 赤星直也のエロ小説 [官能小説] 熟女の園
おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 秘密のエッチ体験談まとめ 人妻の浮気話 艶みるく 変態小説

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
恥と屈辱の交差点 アダルト検索一発サーチ 空想地帯 HAKASEの第二読み物ブログ
ぺたの横書き 潤文学 黒い教室 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~
むね☆きゅんファンサイト 濠門長恭の過激SM小説 女性のための官能小説 出羽健書蔵庫
恥ずかしがりたがり。 18's Summer 性小説 潤文学ブログ 漂浪の果てに
かめべや 櫻坂ゆかりの官能小説 魔法の鍵 女性のH体験告白集
女の陰影 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 快感小説 お姫様倶楽部.com

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
制服美少女快楽地獄 Mikiko's Roomの仮設テント 最低のオリ 淫鬼の棲む地下室
被虐のハイパーヒロインズ 平成な美少女ライトノベル ひめ魅、ゴコロ。 被虐願望
おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋 被支配中毒
riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための… レズ画像・きれいな画像倉庫
Japanese-wifeblog Eros'Entertainment SM~猟奇の性書~変態 緊縛新聞

性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス 空想の泉~The Fountain of Daydream~ オシッコオモラシオムツシーン収集所
アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋
あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ プライド 黒塚工房
官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 女性作家専門官能小説
羊頭狗肉 ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都
ひよこの家 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる セックス・ノベル・ネット
アダルトブログランキング 官能小説アンテナ
人気ブログランキング Girls Love Search
にほんブログ村 おたりんく
GL Search ネット小説ランキング

ランキング/画像・動画(11~30)
成人向けランキング アダルト動画まとめ ライブドアブログ Adult Novels Search
Cyber あまてらす ヌケルアダルト作品 正しいH小説の勧め 萌駅
アダルトなび2 GAY ART NAVIGATION 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top