Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
単独旅行記Ⅵ(42)
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 どこにしますかね。
 北千住や赤羽も、すでに穴場感が薄れかけてるかも知れません。
北千住や赤羽

 錦糸町かな。
 新小岩とか。
 平井あたりもいいかも知れません。
平井あたりもいいかも

 でも……。
 あのあたりは、やっぱり津波や洪水が心配です。
 マンションは、5階以上がいいでしょうが……。
 停電になると、上り下りが辛いですね。

 また、話がズレました。
 ↓東急目黒線のホーム。
都心までこれ1本
↑「み」。クリックすると、大きい画像が見られます。

 都心まで、これ1本で行けるんですね。
 なるほど、人気が出るはずだわ。
 でも、時間はけっこうかかりますね。
 大手町まで、急行で31分。
 ぎゅう詰め電車だと、我慢できるギリギリでしょうか。
頑張れ、お父さん!
↑頑張れ、お父さん!

 わたしならたぶん、数ヶ月で挫折だと思います。

 ↓東急線の路線図。
東急線の路線図
↑「み」。クリックすると、大きい画像が見られます。

 東急線だけで、こんなに複雑なんですね。
 大したものです。

 ↓降り立ちました。
降り立ちました
↑「み」

 ここは、武蔵小杉駅からわずか2駅。
 多摩川駅です。
多摩川駅

 実はこの駅、わたしが東京に初めて住んだときの最寄り駅なんです。
 当時は、多摩川園駅でした。
 昔はここに、多摩川園という遊園地があったそうです。
多摩川園という遊園地があった

 でも、わたしが住んだときにはもうありませんでした。
 それでも、駅名は変えなかったんですね。
単独旅行記Ⅵ(41)目次単独旅行記Ⅵ(43)

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2019/09/29 06:31
    • 多摩川園
       ↓Wiki『多摩川園(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%9A%E6%91%A9%E5%B7%9D%E5%9C%92)』の記述です。
      +++
       1925年(大正14年)12月23日に「温泉遊園地 多摩川園」としてオープン。
       同年には丸子多摩川花火大会も開始されている。
       園内には、飛行塔、お化け屋敷、メリーゴーランドの遊戯施設があり、菊人形展でも多くの客で賑わった。
       また多摩川駅の反対側の台地にも、付属施設として展望塔や「松の茶屋」が設けられた。
       入場者数の減少等により、1979年(昭和54年)6月3日に閉園。
      +++

       営業期間は、53年半。
       結構長く続きましたね。
       しかし、「温泉遊園地」という肩書きが気になります。
       調べてみましたが……。
       イマイチ、はっきりしません。
       どうも、多摩川園の敷地内に豊富な湧水があり……。
       それを利用したもののようです。
       湧かしたんですかね?
       でもこれ、インチキでもなんでもないんです。
       「温泉」の定義に、水温の規定がないからです。

       続きは次のコメントで。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2019/09/29 06:31
    • 多摩川園(つづき)
       ↓Wiki『温泉(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%A9%E6%B3%89#%E6%B8%A9%E6%B3%89%E3%81%AE%E5%AE%9A%E7%BE%A9)』の記述です。
      +++
       日本の温泉法の定義では、必ずしも水の温度が高くなくても、普通の水とは異なる天然の特殊な水(鉱水)やガスが湧出する場合に温泉とされる。
      +++

       熱い源泉を水でうめるより……。
       冷泉を湧かした方が、成分そのままだから効能的にはいいかも知れません。
       しかし、「普通の水」というのも曖昧ですね。
       湧水であれば、どこかしら、ほかの場所とは成分が異なるでしょう。
       どこの湧水も、「普通の水とは異なる天然の特殊な水」だとも云えるわけです。

       ま、いいことにしましょう。
       で、なんでここに「温泉遊園地」を作ったのでしょう。
       ↓また、さきほどのWiki『多摩川園』からの抜き書きです。
      +++
       元々は、東急の始祖である田園都市株式会社が分譲目的で用地買収を行った際に抱き合わせで購入させられた土地で、低地の雑種地であり地名も字「いかり」と住宅地向けでは無かったため、やむなく遊園地を開いたとのことである。
      +++

       「いかり」ってのは、「碇」ですかね?
       なんでカタカナなんでしょう?
       「碇」なら、別に格好悪くないです。

       続きはさらに次のコメントで。

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2019/09/29 06:32
    • 多摩川園(つづきのつづき)
       ひょっとして、「五十里」でしょうか。
       日光に、『五十里(いかり)ダム』というのがあります。
       さすがに関係ないのでしょうが。
       「五十里」という地名は、日光のほか……。
       富山県高岡市、富山県下新川郡入善町、石川県鳳珠郡能登町にあるようです。
       日光のほかは、北陸ですね。
       新潟では、聞いたことがないです。
       「五十嵐」ならたくさんいますが。
       新潟の「五十嵐」は、“いからし"と濁らない方が多いです。
       「五十里」に通じるんでしょうか。

       そもそも、「五十」とはなんでしょう?
       その前に、なぜ「五十」で“イカ"なのか?
       調べましたが、怪しい説しか見つかりませんでした。
       旧字の「伍(ご)」。
       この字が、「イカ」に見えるからだとか(見える?)。
       そんなら、「十」はどこから来たんでしょう?
       それは……。
       「イカ」の足が十本だからだそうです。
       いんちきくさー。

       さらに探索して……。
       ようやく正しい情報に行きあたりました。
       しかし、内容は怖いものでした。
       「イカリ」は文字どおり、「怒り」なんだとか。
       つまり、自然が怒ること。
       「イカる」は「水が溢れる」という意味の方言だそうです。
       実際、「川が怒る」などと使われてるようです。
       そう云えば、平成16(2004)年7月の三条豪雨で溢れたのが……。
       まさしく、「五十嵐川」でした。
       “いがらしがわ"ではなく、“いからしがわ"です。
       まさに、「怒る」川だったんですね。

       で、多摩川園の「いかり」。
       もちろん、「怒る」のは、すぐそばを流れる多摩川に違いありません。
       怖い土地だったわけです。

    • ––––––
      4. 手羽崎 鶏造
    • 2019/09/29 10:42
    • 単独旅行記 (40)の続きです。

      首都圏で地価も人気も急上昇の
      武蔵小杉(川崎市中原区)。
      サッカーJ1・フロンターレの本拠地
      でもあります。(SHISHAMOも縁が深い)
      駅が混み合うのは、インフラが
      追いついていないからです。
      JR南武線は6両編成(東急東横線は
      10両)で、しかも沿線駅のホームを伸ばせる
      余地・余力がありません。
      地元小学校も膨張しています。

      土地・家屋を持つ高齢者宅には遺産相続税のことを
      持ち出してマンション・住宅業者が狙い撃ち
      で押しかけているのです。
      存命のうちに土地を売れと持ち掛け、その後の
      住まいは販売しているマンションを紹介するわけです。
      売った土地は賃貸(分譲)マンションとして儲けの
      材料にします。
      こうして、都心に通える距離の街は、田畑も
      どんどんなくなっていきます。




    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2019/09/29 11:22
    • なるほど
       駅のホームを伸ばせないので……。
       いくら混んでも、車両数を増やせないわけですね。
       通勤時間帯に、座席のない車両を走らせるということは出来ないんですかね?
       座席がなければ、収容人数はかなり増やせると思いますが。

       バブル時代は……。
       地上げ対象は、商業地だった気がします。
       今はそれが、住宅地に移ってるわけですね。
       こちらでも、古い家が、レオパレスみたいなアパートにだいぶ変わりました。

       とにかく!
       都心部に会社があるのが、諸悪の根源です。
       以前にも書きましたが……。
       東京23区の法人住民税を、10倍くらいにすべきです。
    コメントする   【単独旅行記Ⅵ(42)】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
未知の星 禁断の体験 エッチな告白集 ましゅまろくらぶ ちょっとHな小説
新・SM小説書庫2 官能文書わーるど 変態小説 電脳女学園
おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 赤星直也のエロ小説 人妻の浮気話 艶みるく 羞恥の風
愛と官能の美学 潤文学 官能的なエロ小説 秘密のエッチ体験談まとめ
性小説 潤文学ブログ 官能の本棚 恥と屈辱の交差点 [官能小説] 熟女の園

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
魔法の鍵 Angel Pussy 週刊創作官能小説 濠門長恭の過激SM小説 ぺたの横書き
恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 女の陰影 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 出羽健書蔵庫
HAKASEの第二読み物ブログ 18's Summer 女性のH体験告白集 空想地帯
淫鬼の棲む地下室 むね☆きゅんファンサイト 平成な美少女ライトノベル 女性のための官能小説
黒い教室 恥ずかしがりたがり。 制服美少女快楽地獄 漂浪の果てに
アダルト検索一発サーチ Playing Archives 最低のオリ 西園寺京太郎のSM官能小説

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
かめべや お姫様倶楽部.com 被虐願望 被虐のハイパーヒロインズ
快感小説 Mikiko's Roomの仮設テント 櫻坂ゆかりの官能小説 ひめ魅、ゴコロ。
おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋 被支配中毒
レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための…
緊縛新聞 Japanese-wifeblog Eros'Entertainment SM~猟奇の性書~変態

オシッコオモラシオムツシーン収集所 性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス 空想の泉~The Fountain of Daydream~
マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集
黒塚工房 あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ プライド
女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説
黒イ都 羊頭狗肉 ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記
ひよこの家 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる 人気ブログランキング
アダルトブログランキング 官能小説アンテナ
ライブドアブログ GL Search
Girls Love Search ネット小説ランキング
Adult Novels Search アダルト動画まとめ

ランキング/画像・動画(11~30)
にほんブログ村 おたりんく ヌケルアダルト作品 成人向けランキング
セックス・ノベル・ネット 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!







<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top