Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 2873
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
「綺麗?」
「もちろんさ。
 まるで人形だ。
 でも、ぜったいに人形なんかじゃない。
 人形には無いものが備わっているから」
「何?」
「生殖器だよ」
「そうね。
 でももう、生殖器じゃないわ。
 子供が産めないもの」
「じゃ、性器だ。
 いや、おまんこだ。
 子供を作るためじゃなく……。
 セックスするためにだけある道具だ」
「酷いこと言うのね」
「でも、昂奮してるだろ」
「ええ」
「おれもだよ」
「証拠を見せて。
 全部脱いで……。
 勃起した陰茎を見せて」

 妻の目は据わっていた。
 こんな台詞を、自分から吐く女じゃなかった。
 顔が変わって、心まで変わったのだろうか。
 いや。
 本心が現れるようになったのかも知れない。
 ほんとうの顔のときは、ほんとうの心が隠れていた。
 顔が偽物になることで、ほんとうの心が表面に出て来たんだ。

 わたしは、妻の目を見返しながら、着ているものをかなぐり捨てていった。
 靴下を裏返して脱ぎ、トランクスひとつになる。
 股間部が、円錐状に突き出ている。
 わたしは一気にトランクスを下げた。
 ウェストのゴムで跳ねた陰茎が、下腹部を叩いた。

「ほら、こんなに勃ってる。
 きみも裸になって」

 妻は、わたしの陰茎に目を据えながら、着ているものを脱ぎ落としていった。
 見知らぬ美貌の女性のストリップを見ているようだった。
 妻は、最後の1枚のパンティを足首から抜くと、それを自らの目の前で広げた。

「不思議なものね。
 もう、子供を作れないのに……。
 こんなに濡らしている。
 男性器を受け入れる準備だけは出来てるのよ」

 妻の頬を、一筋の涙が伝った。
 何と言っていいかわからなかった。
 妻は、何かを振り切るように、パンティを放り捨てた。

「オナニーして」
「え?」
「わたしの顔を見ながら……。
 射精してほしいの」
由美と美弥子 2872目次由美と美弥子 2874

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2019/09/21 06:43
    • 今日は何の日
       9月21日は、『熊本ばってん下戸だモンの日』。
       熊本市の「熊本下戸の会」が制定。
       日付は、同会が発足して第1回目の「下戸の会」を開催したのが、2016(平成28)年9月21日だったから。
       同会は、お酒が飲めない人(下戸)や、出来ればお酒を交わさずに異業種交流を図りたいとの想いを抱く人たちの会で……。
       その認知度を高めることが目的。
       同会では、9月21日を中心に、お酒を交わさずに行う異業種交流会を開催してるそうです。
       記念日は、2017(平成29)年に、『(社)日本記念日協会』により認定、登録されました。

       上記の記述は、こちら(https://zatsuneta.com/archives/109218.html)のページから転載させていただきました。

       ↓このページで、「下戸」についての解説がありましたので、続けて転載させていただきます。
      +++
      『下戸について』
       下戸の対義語は上戸である。
       「戸」とは律令制における課税単位のことで、課税額によって、大戸・上戸・中戸・下戸の4つの等級に分けられていた。
       この等級に従って婚礼時の酒量が決められ、上戸の家では8瓶、下戸の家では2瓶であった。
       そこから転じて酒を良く飲む人を上戸、余り飲めない人を下戸と呼んだとされている。
      +++

       うーむ。
       でも、大戸の量は決められてなかったのでしょうか。
       大戸は、無制限なんですかね?
       大戸になりたい。

       続きは次のコメントで。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2019/09/21 06:44
    • 今日は何の日(つづき)
       しかし、瓶が、どういう単位なのかわかりません。
       1人あたり?
       あ、そうか。
       瓶(びん)ではなく、瓶(かめ)ですよ。
       それなら、婚礼全体の量でしょう。
       でも、大勢集まると、一人頭が少なくなりますね。
       あんまり呼びたくないものです。
       でもこれ、婚礼のときだけなんでしょ?
       普段は、いくら飲んでも良かったんですかね。

       ↓「下戸」について、Wikiの記述です(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8B%E6%88%B8)。
      +++
       下戸とはあくまでもアルコールを体質的に受け付けない人のことであり、同じ酒を飲めない人でも疾病を理由に医師に飲酒を止められている人のことは下戸とはいわない。
       また、宗教上の理由や個人的な信条によって体質は兎も角として酒類を口にしない人のことは下戸とはいわない。
       一般に僅かばかりの酒でも飲むとすぐに酔ってしまう人や、少量の酒で悪酔いして気分が悪くなるなど、飲酒に対して耐性が無い様子を表している。
      +++

       体質的に飲めない人に無理強いするのは、殺人に近いです。
       ぜったいに止めましょう。
       新歓コンパでの悲劇は、もう繰り返してほしくないものです。
       新入生なんか、自分が飲める酒量がわかりませんからね。
       危険極まりないです。

       しかし、『熊本ばってん下戸だモンの日』。
       これが、「くまモン」のもじりだと云うことは、容易にわかりますが……。
       その冗談めかした名称から、逆に日ごろの苦労が偲ばれます。
       熊本でお酒が飲めないというのは、きっと苦労するんでしょうね。
       「酒が飲めなきゃ男じゃねーモン」という気風が想像できます。
       飲めない人だけで集まりたい気持ち、大いに理解できます。

       続きはさらに次のコメントで。

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2019/09/21 06:44
    • 今日は何の日(つづきのつづき)
       さて。
       幸か不幸か、わたしは下戸ではありません。
       お酒は、1年365日の内、363日飲みます。
       飲まないのは、胃カメラと職場健診の前日だけ。
       日曜日には、昼から飲みます。
       わたしは、自分の老後が不安です。
       何が不安かと云うと……。
       朝から飲んでしまわないかということ。
       だって、会社に行かなくていいんですよ。
       誰かが来たって、居留守を使えばいいし……。
       電話なんて、留守電にしておけばいいんです。
       朝から酔っ払ってても、誰に見咎められる心配もない。

       特に心配なのが、冬ね。
       外は雪。
       買物にも出たくない。
       食事はいっこうに困りません。
       カップ麺に缶詰で十分。
       お米があれば、レトルトカレーも食べられます。
       レトルトのおでんもありますよね。
       心配なのは、青物ですけど。
       アスパラの缶詰は……。
       グリーンじゃなくて、ホワイトか。
       ま、青汁もあるじゃないですか。

       つまり、外に出なくていいんですよ。
       ていうか、出たくないです。
       雪で自転車も乗れないし。
       車は運転が怖いです。
       たぶん、老後は手放してますし。
       となると、リュックを背負って買い出しですよ。
       そんなこと、毎日できますか。
       週一の買いだめで済ませます。

       とすると……。
       あとの6日は、終日蟄居。
       となれば……。
       「小人閑居して不善をなす」。
       飲まないでいられるとは思えないんですよね。
       やっぱり、働いた方がいいですかね。
       でも、フルタイムは嫌です。
       10時から4時くらいまで。
       かといって、ババアをレジ打ちなんかで雇わないでしょうし。
       何か、ありませんかね。
       廃品回収の助手とか。
    コメントする   【由美と美弥子 2873】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
未知の星 禁断の体験 エッチな告白集 ましゅまろくらぶ 官能文書わーるど
官能の本棚 愛と官能の美学 電脳女学園 ちょっとHな小説
Angel Pussy 週刊創作官能小説 新・SM小説書庫2 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 萌木ケイの官能小説
羞恥の風 赤星直也のエロ小説 官能的なエロ小説 人妻の浮気話 艶みるく
Playing Archives 恥と屈辱の交差点 変態小説 HAKASEの第二読み物ブログ

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 性小説 潤文学ブログ 秘密のエッチ体験談まとめ アダルト検索一発サーチ
潤文学 女性のための官能小説 18's Summer 空想地帯
ぺたの横書き 淫鬼の棲む地下室 かめべや 魔法の鍵
櫻坂ゆかりの官能小説 女性のH体験告白集 濠門長恭の過激SM小説 平成な美少女ライトノベル
被虐のハイパーヒロインズ 女の陰影 お姫様倶楽部.com 出羽健書蔵庫
恥ずかしがりたがり。 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 最低のオリ むね☆きゅんファンサイト

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
黒い教室 ひめ魅、ゴコロ。 制服美少女快楽地獄 漂浪の果てに
[官能小説] 熟女の園 被虐願望 おしっこ我慢NAVI 妄想ココット
ライトHノベルの部屋 被支配中毒 riccia 調教倶楽部
ちょっとHなおとなのための… 快感小説 レズ画像・きれいな画像倉庫 Japanese-wifeblog
Eros'Entertainment SM~猟奇の性書~変態 緊縛新聞 性転換・TS・女体化劇場

エピソードセックス 空想の泉~The Fountain of Daydream~ オシッコオモラシオムツシーン収集所 アダルト官能小説快楽機姦研究所
渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋 あおいつぼみ 葵蕾
エロ体験談で抜けるコピペ プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉
ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都 ひよこの家
エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる ライブドアブログ
セックス・ノベル・ネット 人気ブログランキング
アダルトブログランキング にほんブログ村
官能小説アンテナ ネット小説ランキング
アダルト動画まとめ おたりんく

ランキング/画像・動画(11~30)
GL Search ヌケルアダルト作品 Girls Love Search 萌駅
Adult Novels Search ぱっくりんく 成人向けランキング 少女禁忌区域
妄想アンテナ 十八禁恋愛私花集 GAY ART NAVIGATION 卑猥図書館






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top