Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 2845
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
「いい。
 自分で脱ぐから」

 妻はいつも、パンストだけは脱がされるのを嫌い、自分で脱いでいた。
 理由はわからない。
 脱皮した抜け殻みたいに見えるからかな。
 え?
 そうか。
 乱暴に扱われて、伝線させるのが嫌なのか。

 妻は、わたしに背中を向けた。
 形良く張り出した尻から、パンストが剥けた。
 真っ白いパンティが目に染みるほどだった。

 ストッキングを脱ぎ終えた妻は、パンティに手をかけた。

「ストップ。
 おれに脱がさせて」

 妻は素直に手をどけた。
 薄い布地に手を掛け、ゆで卵の薄皮を剥くように捲り下ろす。
 見事な相臀が現れる。
 そのまま顔を埋めたかったが……。
 必死に衝動を抑えた。
 そんなことをしたら、そのまま性交に傾れこんでしまうだろう。
 マスクを着けさせるという、本来の目的を果たせなくなる。

 出来るだけ事務的な所作で、パンティを引き下ろす。
 わたしは再び、内心でニヤリとした。
 パンティの股間にあたってた部分が、明らかに色を変えていた。
 濡らしているのだ。
 もちろん、そんなことは指摘せず、気づかないふりでパンティを抜き去った。

 わたしは、ローテーブルに置いたマスクを取りあげ、起ちあがった。

「こっち向いて」

 紐を緩め、妻の頭上に翳す。
 小顔の妻の頭は、猫に紙袋を被せるように易々とマスクを通した。
 全裸にマスクだけした女が、目の前に立っている。
 このまま扱いて、射精したいほどだった。
 もちろん、堪えた。

「紐を締める前に、サングラスした方がいいな。
 そこにいて」

 わたしは、洋箪笥の一番上からサングラスを持ち出すと、妻の元に戻った。
 両目の穴は卵形に吊りあがり、眉毛も覗いている。
 この穴の大きさなら、十分、ツルが通るはずだ。
 わたしがツルを近づけると、妻は目を瞑った。
 慎重にツル先を近づける。
 案ずるまでもなかった。
 ツルは、何の障害もなく目の穴を潜り、妻のこめかみに滑りこんだ。
由美と美弥子 2844目次由美と美弥子 2846

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2019/08/12 06:31
    • 今日は何の日
       8月12日は、『君が代記念日』。
       1893(明治26)年8月12日(今から126年前)……。
       文部省が、訓令「小学校儀式唱歌用歌詞並楽譜」を布告しました。
       小学校の祝日と大祭日の唱歌として、『君が代』『一月一日』『紀元節』など8曲が定められました。
       『君が代』は、『古今集』の読み人知らずの和歌に……。
       イギリスの軍楽隊長フェントンが来日中に曲を作り、歌われてました。
       しかし、メロディーと歌詞が一致してないということなどにより……。
       それを、宮内庁雅楽課の林広守が現在の曲に作り替えました。
       その後、1999(平成11)年8月9日(今から20年前)……。
       「国旗及び国歌に関する法」により正式に国歌として法制化され、8月13日に公布、施行されました。

       上記の記述は、こちら(https://zatsuneta.com/archives/108121.html)のページから転載させていただきました。

       さて、8曲の唱歌の残りの5曲が、↓です。
       『勅語奉答』『元始祭』『神嘗祭』『天長節』『新嘗祭』。
       歌詞は、↓のページをご覧ください。
      https://ja.wikisource.org/wiki/%E7%A5%9D%E6%97%A5%E5%A4%A7%E7%A5%AD%E6%97%A5%E6%AD%8C%E8%A9%9E%E4%B8%A6%E6%A5%BD%E8%AD%9C

       見事に、まったく知らない歌ばかりでした。
       今も歌われてるのは、『君が代』のほかは……。
       『一月一日』だけですね。

       ↓フェントン作曲の『君が代』です。
      https://www.youtube.com/watch?v=nwro06_tLZw

       続きは次のコメントで。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2019/08/12 06:31
    • 今日は何の日(つづき)
       メロディは違いますが……。
       聞き慣れないだけで、曲の雰囲気は現在の『君が代』と似てると思いました。
       「メロディーと歌詞が一致していない」とは感じませんでしたね。
       てっきり、もっとアップテンポな曲かと思ってました。
       フェントンが作曲したのは、1870(明治3)年のことだそうです。
       林広守の作曲は、ちょうどその10年後、1880(明治13)年だとか。

       『君が代』は元々、祝い歌だったようです。
       すなわち「君」は、祝われる人のこと。
       「君」が天皇のことになったのは、後の世です。

       しかし、わたしは歌詞にはギモンを持ってます。
       政治的なものではありません。
       地学的なもの。
       「さざれ石のいわおとなりて」の部分。
       逆じゃね?
       「いわお」が風化して「さざれ石」になるんでないの。
       もしこれが、地下深くで「いわお」が形成される過程を歌ったのなら……。
       「苔がむす」わけがありません。
       地下なんですから。
       ふむ。
       ひょっとしたら、地下で岩となった部分が地表に露出して……。
       苔がむすということでしょうか。
       しかし、岩になるまでが、何億年かわかりませんが……。
       苔がむすなんて、一瞬じゃないですか?
       高温多湿の日本なら、せいぜい数年でしょう。

       苔もそうですが、とにかく日本は、雑草が元気すぎです。
       毎日暑くて雨が降らないので……。
       毎日、庭の水やりをしてます。
       それで大喜びなのが、地表近くに根を張る雑草です。
       おかげで、7月に刈った庭がまた雑草だらけになってしまい……。
       お盆前の昨日、もう1度草刈りをしました。
       15時過ぎからやったのですが、まだまだ十分暑かったので……。
       30分で切りあげました。
       遠目には綺麗になりました。
       お盆に帰ってくるご先祖さまも、許してくれるでしょう。
       あれ以上続けたら……。
       自分もご先祖さまになりそうでした。

    • ––––––
      3. 手羽崎 鶏造
    • 2019/08/12 18:03
    • 「君が代」の歌詞。
      ワタシも同感で、正確には
      「さざれ石に 巖がなりて」
      という歌詞でないと国際的に
      恥ずかしいと思っています。

    • ––––––
      4. Mikiko
    • 2019/08/13 07:36
    • 作者は……
       「よみ人しらず」。
       まさか、自分の詠んだ歌が……。
       日本国国歌になるとは思いもしなかったでしょう。

       今日は、朝食前に墓参りに行って来ました。
       駐車場が混むので、自転車です。
       前と後ろに籠の付いたママチャリなので……。
       墓掃除の道具も楽々積めます。
       しかし……。
       墓参りの人たち。
       狭い通路ですれ違うときも、挨拶ひとつしようとしないんですよ。
       わたしが「おはようございます」というと、返してくれるんですけどね。
       わたしから言わない限り、まったく無言です。
       なんか……。
       日本という国が、滅びつつあるように思いました。
    コメントする   【由美と美弥子 2845】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
未知の星 禁断の体験 エッチな告白集 ましゅまろくらぶ 官能文書わーるど
愛と官能の美学 官能の本棚 官能的なエロ小説 電脳女学園
ちょっとHな小説 萌木ケイの官能小説 Angel Pussy 週刊創作官能小説 Playing Archives
新・SM小説書庫2 羞恥の風 [官能小説] 熟女の園 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき
赤星直也のエロ小説 秘密のエッチ体験談まとめ 人妻の浮気話 艶みるく アダルト検索一発サーチ

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
変態小説 ぺたの横書き 恥と屈辱の交差点 HAKASEの第二読み物ブログ
空想地帯 女性のH体験告白集 潤文学 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~
濠門長恭の過激SM小説 18's Summer 恥ずかしがりたがり。 黒い教室
女性のための官能小説 出羽健書蔵庫 むね☆きゅんファンサイト 女の陰影
魔法の鍵 櫻坂ゆかりの官能小説 かめべや 快感小説
性小説 潤文学ブログ お姫様倶楽部.com 制服美少女快楽地獄 渡硝子の性感快楽駆け込み寺

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
Mikiko's Roomの仮設テント 最低のオリ 淫鬼の棲む地下室 被虐のハイパーヒロインズ
平成な美少女ライトノベル ひめ魅、ゴコロ。 漂浪の果てに 被虐願望
おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋 被支配中毒
riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための… レズ画像・きれいな画像倉庫
Japanese-wifeblog Eros'Entertainment SM~猟奇の性書~変態 緊縛新聞

性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス 空想の泉~The Fountain of Daydream~ オシッコオモラシオムツシーン収集所
アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋
あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ プライド 黒塚工房
官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 女性作家専門官能小説
羊頭狗肉 ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都
ひよこの家 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる アダルトブログランキング
セックス・ノベル・ネット 人気ブログランキング
ネット小説ランキング にほんブログ村
官能小説アンテナ Girls Love Search
おたりんく アダルト動画まとめ

ランキング/画像・動画(11~30)
GL Search ライブドアブログ 成人向けランキング 萌駅
正しいH小説の勧め Adult Novels Search ぱっくりんく ヌケルアダルト作品
Cyber あまてらす アダルトなび2 GAY ART NAVIGATION 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top