Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
ありさ姫 地獄槍(第五話)
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
『ありさ姫 地獄槍(SM小説)』 作:Shyrock


第五話:紅き御印


 槍の穂先からはどろりとした琥珀色の液体がしたたり落ちる。
 静かに瞳を閉じて覚悟を決めていたありさ姫であったが、槍の先端の異変に気づき思わず目を見開いた。
 鋭く尖った金属で出来ているはずの槍の穂先が、どういう訳かまるで亀の頭のような奇妙な形に変わっているではないか。
 生まれて此の方十八年、男女の営みを知らないばかりか、いまだかつて一度も男根を目にしたことがないありさ姫にとって、目前の物体がどれほど女体を歓喜狂乱させる性具かということなど知る由もなかった。
 しかしその奇妙な穂先が、まもなく我が身に何らかの禍をもたらすであろうことは、世間知らずのありさ姫でも容易に想像がついた。

 槍の穂先が尋常でないことをいち早く気づいたのはむしろ観衆であった。

「な、なんと! 穂先がでっかい張形に変わってるではねえべか!?」
「張形って何か? 女を責めるときに使うあれのことか!?」
「まさか、あの穂先でお姫様の女陰をこねまわすつもりではねえずら?」
「いや、そのまさかではねえか!?」
「す、す、すごいことになりそうらぞ!」
「本物の槍で突き刺すよりこりゃ見ものだぞ~!」
「あのきれいなお姫様のお姿をみちっと目に焼きつけておけば、この一年せんずりねたには困らんべい」

 血気に逸る男衆や脂ぎった男衆はいつの間にか最前列に陣取り「やいのやいの」の大騒ぎとなっていた。
 中にはあまりの興奮に股間をもっこりと膨らませる若者の姿もちらほらと。
 一方婦人や子供たちの大部分は目の毒とばかりに、いつの間にか刑場から姿を消していた。

「ではお覚悟を!」

 次の瞬間、あろうことか執行役人はありさ姫の股間に向けて槍を構えた。
 磔刑は脇腹を狙うのが常道とされている。
 武将でなかろうとも一国一城の姫君であればそれぐらいのことは分かる。
 穂先があらぬ方向を向いていることに気づいたありさ姫は思わず表情をこわばらせた。

「いったいどちらに穂先を向けておるのじゃ!?」

 執行役人がにやりと笑って答えた。

「穂先の向きをご覧になればお分かりではござらざるや? ふっふっふ、姫の女陰でござる」
「な、なんと無体な! それは絶対に許し申さぬぞ!!」
「親方様の命令でござる。諦めなされ!」
「くっ! 黒岡め~~~!! 私をいづこまで辱めれば気が済むのじゃ~~~っ!!」

 黒岡は目を吊り上げて震怒するありさ姫に目をやることもなく、扇子を仰ぎ薄笑いを浮かべているだけであった。

「親方様、あの姫かなりの悪態をついておりますが、あのままにしておいてもよろしいのでござりましょうや?」
「ふむ、放っておけ。さような無駄口を叩いておれるのももうわずかじゃからのぅ。ぐふふ……」

 ふたたび執行役人が狙いをさだめる。
 武将たちや観衆はうら若き姫君が前代未聞の淫靡な刑に処せられる様子を固唾を呑んで見守った。

「ではご免!!」

 執行役人の声が高らかに轟き、飴色の穂先がきらりと光った。
 次の瞬間、桃の割れ目のような秘裂に張形の先端が挿し込まれた。

「あっ、ひっ、ひい~~~~~っ!! 無念じゃぁ~~~~~!!」

 執行役人が握る槍に力を込める。
 穂先がさらに食い込む。

「ぎゃぁ~~~~~~~~~~~~~っ!!!!!」

 身を切られるような破瓜の痛みがありさ姫を襲った。
 歯を食いしばり顔をゆがめるありさ姫。
 しかし秘裂にはまだ飴色の先端が一寸ほど入ったに過ぎない。

「ううむ、さすがに処女の女陰は窮屈じゃのぅ」

 執行役人は唇を真一文字に結びながら、わずかに食込んだ張形をさらに奥へとねじ込んだ。

「うぐっ!! む、無体なる~~~~~~~~~~~!!」

 破瓜の紅き印が秘裂からしたたり、雪のように白い太股を染めあげた。
 観衆からどよめきが巻き起こった。
 一国の姫君がよもや敵の張形槍によって処女を奪われるとは、果たして誰が想像しただろうか。

「うわぁ! お姫様おばこだったんだ!」
「そりゃ当たり前でねえか」
「男も知らないまま気の毒にねえ」
「これは見てらんにゃいね……かわいそうになあ……」
「いやいや、こんな刑罰はめったに見らんにゃいから、よく見ておかないと損ずら」

 執行役人はいったん槍を抜きとり媚薬の壷に穂先を浸けてかき混ぜる。
 どろりとした液体を滴らせながら再び穂先は秘裂を襲った。

「ううっ……お、おのれぇ……口惜しや……」
「ふふふ、先程より滑らかになったようじゃのぅ」

 執行役人はひとりつぶやき穂先を秘裂にぐいぐいと押し込んでいく。

「うううっ……なりませぬ、やめて、やめてたも、いやっ! あうう~っ!」

 太い張形を咥え込んだ花弁はあわれにもぱんぱんに膨れあがっている。
ありさ姫 地獄槍【第四話】目次ありさ姫 地獄槍【第六話】

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2019/08/10 06:44
    • 破瓜
       もちろん、ラグビーのニュージーランド代表の踊りではありません。
      https://www.youtube.com/watch?v=27w6XZGTwok

       「破」は、わかります。
       文字どおりですから。
       しかし、なぜ「瓜」なのでしょう。

       いろいろ調べてみましたが……。
       よくわかりません。
       まず、「瓜」には、女性の16歳という意味があるようです。
       これは「瓜」の字を縦に割ると、「八八」に見えるからということらしいですが……。
       苦しくないすか?
       また足さずに掛けて、男性の64の意味にもなるとか。
       なんで女性は足して、男性は掛けるのか?
       引いて0と、割って1もあると思うのですが。

       ま、女性の16歳とするなら……。
       「破瓜」は、「16歳の女を破る」という意味にもなります。
       これは、わからんでもありませんね。
       昔は、この年ごろで結婚したんでしょうから。

       あと、今回調べてて初めて知ったことに……。
       「瓜二つ」という例えがあります。
       当然、区別が付かないほど似てることです。
       でもこれ、2つの瓜が似てるという意味じゃなかったんですよ。
       ひとつの瓜を、縦に2つに割った場合……。
       切り口がそっくりということらしいです。
       しかし……。
       ほかの果物も、そうじゃありませんか?
       リンゴとか。

       続きは次のコメントで。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2019/08/10 06:45
    • 破瓜(つづき)
       瓜がほかの果物と違うのは……。
       細長いことですかね。
       でも、キュウリみたいに細すぎない。
       適度の膨らみがありながら、縦に長い形。
       なんとなく、幼い女性のあそこの膨らみに似てる気がします。
       硬いというのも、若さを思わせます。
       つまり、それを破るわけです。
       包丁で真っ二つ。
       すると中には、柔らかい綿が詰まってる。
       なんとなく似てます。
       包丁は、男性の象徴なわけです。

       しかし……。
       改めて考えると、瓜ってほとんど食べません。
       ほかの地方は違うんですかね?
       やっぱり、メロンになってしまうんじゃないですか?
       ↓Wikiの解説です(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%AA)。
      +++
      メロン(Cucumis melo L.)の東方に伝わった品種群のこと。
      +++

       そうなんだ。
       しかも、伝わったのは、とんでもない昔のようです。
       縄文時代の貝塚から、瓜の種が出るそうです。
       ほんとに誰かが、伝えたんですか?
       あ、鳥か。
       鳥が運んだのが発芽したわけです。
       それなら、伝わったというより、大昔からあったと言った方がいいのでは?
       縄文時代に初めて、鳥が飛んできたわけじゃないでしょう。

       久しぶりに、瓜が食べたくなりました。
       漬物も美味しそうです。
       もちろん、値段が問題。
       そう云えば、ちょっと前、キュウリがスゴく高かったですよね。
       それなら、瓜はもっと高そうな気もします。
       今はどうなんだろう?
       安かったら、買って来ましょう。
       あれ?
       瓜って、野菜でしたっけ?

    • ––––––
      3. Shy
    • 2019/08/10 12:11
    • 更新ありがとうございます。

      これはあくまで私見ですが、
      個人差はありますが女性器って一般的に、恥丘や大陰唇がこんもりと小高くなっていて
      真ん中に縦に美しいスリットがあって、見ようによれば「瓜」が割れたようじゃないですか。
      パイパンならそれがはっきりと確認できます。
      女性から女性器を見る機会は通常少ないと思いますが、
      男性の場合、女性よりも見る機会が多いと思います。(これも個人差がありますが)
      よって「瓜」のように見えたから……というのもありだと思うのです。

    • ––––––
      4. Mikiko
    • 2019/08/10 19:11
    • ふーむ
       瓜に見えますかねー。
       それならむしろ、アケビはどうでしょう。
       あれは、瓜よりずっとそれらしいと思うのですが。
       でも、動物なら、もっと似たものがあります。
       アワビとか。
       そのものズバリ、ニタリガイというのもあります。
       これだと、「破貝」ですかね。
       男性からすると……。
       殻が怖いのかも知れません。
    コメントする   【ありさ姫 地獄槍(第五話)】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
未知の星 禁断の体験 エッチな告白集 ましゅまろくらぶ 官能文書わーるど
官能の本棚 愛と官能の美学 電脳女学園 ちょっとHな小説
Angel Pussy 週刊創作官能小説 新・SM小説書庫2 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 萌木ケイの官能小説
羞恥の風 赤星直也のエロ小説 官能的なエロ小説 人妻の浮気話 艶みるく
Playing Archives 恥と屈辱の交差点 変態小説 HAKASEの第二読み物ブログ

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 性小説 潤文学ブログ 秘密のエッチ体験談まとめ アダルト検索一発サーチ
潤文学 女性のための官能小説 18's Summer 空想地帯
ぺたの横書き 淫鬼の棲む地下室 かめべや 魔法の鍵
櫻坂ゆかりの官能小説 女性のH体験告白集 濠門長恭の過激SM小説 平成な美少女ライトノベル
被虐のハイパーヒロインズ 女の陰影 お姫様倶楽部.com 出羽健書蔵庫
恥ずかしがりたがり。 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 最低のオリ むね☆きゅんファンサイト

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
黒い教室 ひめ魅、ゴコロ。 制服美少女快楽地獄 漂浪の果てに
[官能小説] 熟女の園 被虐願望 おしっこ我慢NAVI 妄想ココット
ライトHノベルの部屋 被支配中毒 riccia 調教倶楽部
ちょっとHなおとなのための… 快感小説 レズ画像・きれいな画像倉庫 Japanese-wifeblog
Eros'Entertainment SM~猟奇の性書~変態 緊縛新聞 性転換・TS・女体化劇場

エピソードセックス 空想の泉~The Fountain of Daydream~ オシッコオモラシオムツシーン収集所 アダルト官能小説快楽機姦研究所
渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋 あおいつぼみ 葵蕾
エロ体験談で抜けるコピペ プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉
ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都 ひよこの家
エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる ライブドアブログ
セックス・ノベル・ネット 人気ブログランキング
アダルトブログランキング にほんブログ村
官能小説アンテナ ネット小説ランキング
アダルト動画まとめ おたりんく

ランキング/画像・動画(11~30)
GL Search ヌケルアダルト作品 Girls Love Search 萌駅
Adult Novels Search ぱっくりんく 成人向けランキング 少女禁忌区域
妄想アンテナ 十八禁恋愛私花集 GAY ART NAVIGATION 卑猥図書館






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top