Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 2829
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ


「ずいぶんと、話が脱線してしまったな。
 退屈したんじゃないか?」

 わたしは、女子工員の顔を、脇から覗きこみました。

 わたしのアパートの浴槽で、女子工員を後ろ抱きしながら、話を続けていたのです。
 前に回して手で、女子工員の性器を触りながら……。
 妻と初めて交わった日に、同じ姿勢で妻の性器を責めたことを思い出したのがきっかけでした。
 その話に思わず興が乗って、ずいぶんと長くなってしまいました。
 退屈したかというわたしの問いに、女子工員は首を振って応えました。

「スゴく良かったです。
 わたしも、前の工場で強姦されてなければ……。
 ぜったいに、今も処女だったはずです。
 ひょっとしたら、その先も、ずっとそうだったかも知れません。
 だから、30前で処女だった奥さんの気持ち、スゴくよくわかるんです。
 運命の人と出会うことを夢見ながら……。
 オナニーに耽る毎日。
 奥さん、スタイルが良かったんですよね。
 ぜったい、鏡を見ながらやってたはずです」
「付き合うようになってから、どうやってたか白状させたんだ。
 まさしく、その通りだった。
 妻の部屋に、テレビ枕って云うのかな……。
 凭れてテレビを見るための、クッションみたいなのがあったんだ。
 妻のきちんとした立ち居振る舞いに、寝転んでテレビを見るという姿勢は、似つかわしくなかった。
 わたしといるときももちろん、そのテレビ枕でテレビを見ることなんてなかった。
 ていうか、2人でいるとき、その枕を使うことがなかったんだ。

 で、聞いてみた。
 この枕は、何に使うんだって。
 妻は答えをはぐらかしてたけど……。
 “もう必要なくなったから、捨てようかな"と言った。
 だから何に使ってたんだって重ねて聞いたら、何だか表情が変わった。
 怒ったわけじゃない。
 目蓋がうっすらと赤く発色したんだ。
 発情したときの顔だった。
 ピンと来た。
 ぜったいに、隠微なことが関係していると。
 妻は、わたしと出会うまで処女だった。
 とすれば、答えはひとつだ。
 オナニーのときに使ってたんだ。
 わたしと性交するようになったから、“もう必要なくなった"わけだ。
 でも、何でテレビ枕で?

 そのとき妻の視線が、ちらりとウォークインクローゼットを向くのが見えた。
 それで、すべてが腑に落ちた。
 このテレビ枕は、テレビを見るためのものじゃなかったんだ。
 鏡を見るためのものだ。
 クローゼットの扉の裏側には、大きな鏡が造りつけられていた。
 妻が、この鏡を見ながらオナニーしていることは、初めての日に告白していた。
 でもまさか、テレビ枕を使ってたとは、夢にも思わなかった。
 妻は毎夜、クローゼットの扉を開き……。
 鏡の前にテレビ枕を据え、そしてオナニーしてたんだ。
 鏡を凝視しながら。
 間違いなく、全裸で。

『やってみせて』

 わたしの要求に、妻は力なく顔を横振った」
由美と美弥子 2828目次由美と美弥子 2830

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2019/07/21 06:38
    • 今日は何の日
       7月21日は、『破防法公布記念日』『公安調査庁設置記念日』。
       1952(昭和27)年7月21日(今から67年前)……。
       『破壊活動防止法(破防法)』が公布、施行され、同時に『公安調査庁』が設置されました。
       『破防法』は、暴力主義的破壊活動を行う恐れのある団体に対する規制措置を定め……。
       また、その活動に関する刑罰規定を補正した法律です。

       上記の記述は、こちら(https://zatsuneta.com/archives/107214.html)のページから転載させていただきました。

       『公安調査庁』は……。
       オウム真理教などのカルト団体、国際テロ組織などに関する情報の収集、分析を行う機関です。
       法務省の外局です。
       警察ではないんです。
       ちなみに、テレビの刑事物などに出てくる「公安」は、この『公安調査庁』のことではありません。
       「公安警察」と呼ばれる警察内の組織です。
       警察庁と都道府県警察の公安部門を指す俗称ですね。
       正式には警備警察の一部門。
       警備警察は、公共の安全と秩序の維持を目的とする部門の総称。
       その中の公安部門は……。
       極左集団、右翼団体、外国諜報機関、国際テロリズムなどに対しての捜査、情報収集を行います。
       なんだか、『公安調査庁』と同じっぽいですよね。
       でも、大きく違います。
       『公安調査庁』には、逮捕や家宅捜索などの司法警察権が与えられていません。
       もちろん、拳銃さえ持てません。
       考えてみれば、怖い任務ですよね。

       続きは次のコメントで。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2019/07/21 06:39
    • 今日は何の日(つづき)
       さて、わたしと公安。
       ……。
       もちろん、何もありません。
       終わり。

       なので、もう一題いきます。
       7月21日は、『神前結婚記念日』。
       1900(明治33)年7月21日(今から119年前)……。
       東京の『東京日比谷大神宮(現・東京大神宮)』が神前結婚式のPRを始めました。
       それまで結婚式は、新郎の自宅で行うのが普通でした。
       この年の5月10日に『皇室御婚令』が発布され……。
       皇太子(後の大正天皇)の御婚儀が、初めて宮中賢所大前で行われました。
       これにより、国民の間に、神前で結婚式をしたいという気運が高まっていたのです。
       それを受けて『東京日比谷大神宮』は……。
       神前結婚式を世に広めるために、新聞記者や大臣らを招いて模擬結婚式を行うなど、PR活動を行ったわけです。
       現在の神前結婚式の原型は、『東京日比谷大神宮』の宮司が、宮中婚礼を参考にして作ったものであると言われてます。

       上記の記述は、こちら(http://www.nnh.to/07/21.html)のページから転載させていただきました。

       商才に長けた宮司がいたものです。
       頭がいいですね。
       この人、株をやったら儲けられたかも知れません。

       しかし……。
       『東京大神宮(http://www.tokyodaijingu.or.jp/)』というのは知りませんでした。
       住所は、東京都千代田区富士見二丁目。
       最寄り駅は、『飯田橋』。
       1880(明治13)年4月17日、有楽町の大隈重信邸跡に落成した『皇大神宮遙拝殿』が起源だそうです。
       明治になってから出来た神社なわけです。

       続きはさらに次のコメントで。

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2019/07/21 06:39
    • 今日は何の日(つづきのつづき)
       ここでひとつ疑問。
       神宮と神社はどう違うのか。
       ↓『神社本庁』の見解。
      https://www.jinjahoncho.or.jp/omairi/jinja_no_namae/name

       第二次世界大戦終戦までは……。
       新たに「神宮」の社号を名乗るためには、勅許(天皇の許可)が必要でした。
       戦後は、神社の国家管理は廃止されたため……。
       「神宮」号を名乗る際に勅許は不要となりました。
       しかし現在でも、『神社本庁』傘下において「神宮」を公式な社号として名乗る神社は、特別の由緒を持つものに限られてます。
       てことは、『神社本庁』の傘下でなければ、名乗れるわけだ。
       由緒ある神社でも、『神社本庁』から離脱したところが少なくないようです。
       東京の『富岡八幡宮』や大分の『宇佐神宮』にも離脱の動きがあるとか。
       まぁ、ねー。
       権限のあるところには、必ず利権が生じますからね。

      P.S.
       本日は、第25回参議院議員通常選挙の投票日です。
       20時から開票速報があります。
       わたしはこれを、遅くまで見るつもりです。
       そのために、明日は休みを取ってあります。
       なので、明日の朝は寝坊します。
       ということで、明日の投稿は遅くなります。
       午前中にはするつもりですが。
       朝の通勤時間に読んでおられる方(いないか)には、申し訳ありませんが……。
       よろしくお願いいたします。

    • ––––––
      4. 手羽崎 鶏造
    • 2019/07/21 10:10
    • 朝の通勤時間に、ケータイで
      読むことが時々あります。
      隣の乗客に覗きこまれるのが、
      ちと恥ずかしいですが。

    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2019/07/21 12:07
    • スマホでは……
       でかでかとエロ広告が表示されてしまいます。
       あれは、わたしが貼ってるわけではないのです。
       ライブドアが勝手に表示してます。
       もちろん、広告収入は、すべてライブドアの懐に入ります。
       スマホ版の広告で儲けてるので……。
       ブログはタダで、PC版には広告も表示されません。
    コメントする   【由美と美弥子 2829】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
愛と官能の美学 未知の星 禁断の体験 エッチな告白集 官能文書わーるど
電脳女学園 ましゅまろくらぶ 官能的なエロ小説 Angel Pussy 週刊創作官能小説
おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 新・SM小説書庫2 羞恥の風 ちょっとHな小説
萌木ケイの官能小説 赤星直也のエロ小説 恥と屈辱の交差点 秘密のエッチ体験談まとめ
人妻の浮気話 艶みるく 女性のための官能小説 変態小説 Playing Archives

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
潤文学 アダルト検索一発サーチ 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 黒い教室
制服美少女快楽地獄 ぺたの横書き 女性のH体験告白集 性小説 潤文学ブログ
18's Summer 魔法の鍵 淫鬼の棲む地下室 空想地帯
恥ずかしがりたがり。 出羽健書蔵庫 漂浪の果てに 濠門長恭の過激SM小説
お姫様倶楽部.com HAKASEの第二読み物ブログ 女の陰影 平成な美少女ライトノベル
官能の本棚 [官能小説] 熟女の園 被虐願望 ひめ魅、ゴコロ。

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
渡硝子の性感快楽駆け込み寺 おしっこ我慢NAVI かめべや 妄想ココット
むね☆きゅんファンサイト 最低のオリ ライトHノベルの部屋 被支配中毒
riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための… 快感小説
レズ画像・きれいな画像倉庫 Japanese-wifeblog Eros'Entertainment SM~猟奇の性書~変態
緊縛新聞 性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス 被虐のハイパーヒロインズ

空想の泉~The Fountain of Daydream~ オシッコオモラシオムツシーン収集所 アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH
羞恥集 マルガリテの部屋 あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ
プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻!
wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉 ねっとりぐちょぐちょ
美里のオナニー日記 黒イ都 ひよこの家 エロショッカー軍団
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる セックス・ノベル・ネット
ライブドアブログ 官能小説アンテナ
人気ブログランキング アダルトブログランキング
にほんブログ村 Adult Novels Search
GL Search おたりんく

ランキング/画像・動画(11~30)
アダルト動画まとめ ネット小説ランキング 成人向けランキング Girls Love Search
アダルト検索BBJapan 正しいH小説の勧め ヌケルアダルト作品 十八禁恋愛私花集
萌駅 GAY ART NAVIGATION 創作系サイト検索・KAGOME 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top