Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 2826
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 処女と性交するのは、このときが初めてだった。
 というか、これ一回きりだったけどね。
 昔、エロ小説で読んだんだけど……。
 処女喪失のとき、痛みから逃れようとした女性が……。
 仰向けのまま、どんどん布団をあがっていってしまうという場面があった。
 女性の上体は、畳にまで乗り出していった。
 和室のシーンだったからね。
 妻とのときははベッドだったから、ヘッドボードで止まるだろうけど。
 いずれにしろ、動かないでいてくれるに越したことはない。
 両手の平で、がっしりと妻の肩を固定する。

「いい?」

 妻の瞳を覗きこむ。
 妻は、さすがに視線は合わせなかった。
 悪寒のように頷いて応えた。
 わたしは陰茎を鉛直に保ったまま、ゆっくりと腰を沈めた。

「あぅぅ」

 妻の顎が鋭角に突きあがった。
 陰核を刺激したときの仰け反り方とは、明らかに違っていた。
 眉間に皺が寄っている。
 わたしの陰茎は、すでに根元まで沈んでいた。
 一気に貫いた方が苦痛も短くて済むだろうと思ったからだ。
 もちろん、女性の感覚なんてわからないけどね。
 処女膜を貫いたという実感は、正直言って無かった。
 もちろん、妻が処女じゃなかったわけじゃない。
 後で見たバスタオルには、明確な証拠が印されていたしね。

 わたしは、しばらくその姿勢のまま動かなかった。
 ピストンを始めるつもりは、最初からない。
 さっき言った、トルコ嬢に習ったという方法を試すつもりだった。
 妻の顔を覗きこむ。
 妻はさっきから、目蓋を閉じたままだった。
 しかし、眉間の皺は消えていた。
 苦痛に苛まれ続けてる表情じゃなかった。

 そろそろ、腰を始動させようと思ったときだった。
 妻の目尻から、つーっと一筋、涙が流れた。
 細い流れが、耳の襞まで届いた。

「痛い?」

 妻は、目を閉じたまま小さく首を横振った。
由美と美弥子 2825目次由美と美弥子 2827

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2019/07/17 06:03
    • 今日は何の日
       7月17日は、『東京の日』。
       1868(慶応4)年7月17日(新暦9月3日/今から151年前)……。
       明治天皇の詔勅(『江戸ヲ称シテ東京ト為スノ詔書』)により、「江戸」が「東京(とうけい)」に改称されました。
       「西の京」京都に対して、「東の京」東京。
       初めは、「とうきょう」ではなく「とうけい」と発音してました。
       しかし、この年はまだ戊辰戦争の最中であり、公卿が遷都に反対するなどし……。
       東京が、名実ともに首都となったのは、廃藩置県が行われた1871(明治4)年のことでした。
       また、「江戸」から「東京府」、「東京市」と呼称が変わり……。
       「東京都」となったのは、太平洋戦争中の1943(昭和18)年のことでした。

       上記の記述は、こちら(https://zatsuneta.com/archives/107173.html)のページから転載させていただきました。

       しかしながら……。
       東京都のホームページには、何の記載もありませんでした。
       こういう固定の日の記念日に催し事をしようとすると……。
       休日に当たった場合、休日出勤しなければならない職員が出るからじゃないでしょうか。

       さて、その東京。
       今年は、記録的な日照不足のようです。
       日照時間が3時間未満の日が、7月16日までで20日連続となったそうです。
       これは、昭和63年の17日連続を抜き……。
       統計を取り始めてから最長となったとか。
       昭和63年のときは、関東から北海道にかけて農作物に被害が出たそうです。
       先日のNHKニュースでも……。
       ハウスのキュウリやナスが満足に育たず、捻れたみたいに曲がってる様子が映されてました。
       東京のスーパー、キュウリ1本、100円だそうです。
       5本で、500円ですよ。

       続きは次のコメントで。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2019/07/17 06:03
    • 今日は何の日(つづき)
       奇しくも、毎月17日は、『国産なす消費拡大の日』でもあります。
       冬春なすの主産6県(高知・福岡・熊本・岡山・佐賀・徳島)で構成する「冬春なす主産県協議会」が、2004(平成16)年に制定。
       4月17日の「なすび記念日」とともに、毎月17日をなすの消費を増やす日にすることが目的。
       記念日の4月17日は「4(よ)1(い)7(な)す」と読む語呂合わせと……(「す」がないではないか!)。
       なすびが好物であった徳川家康の命日【元和2(1616)年4月17日(新暦6月1日)】に因んだもの。
       「なすび記念日」「国産なす消費拡大の日」は……。
       『(社)日本記念日協会(https://www.kinenbi.gr.jp/)』により、認定・登録されてます。

       上記の記述は、こちら(https://zatsuneta.com/archives/101176.html)のページから転載させていただきました。

       徳川家康がナス好きだったとは、知りませんでした。
       かく言うわたしも、ナス好きです。
       特に、漬物には目がありません。
       子供のころは、おやつとして食べてました。
       ヘタのところから、中身をちゅうちゅう吸うんです。
       昆虫みたいですね。
       で、皮だけ残るわけですが……。
       もちろん、皮を捨てたりはしません。
       皮が一番美味しいんですから。
       鮭や鱒などと同じです。
       ナスの皮も、最後に残して、美味しくいただきます。

       続きはさらに次のコメントで。

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2019/07/17 06:04
    • 今日は何の日(つづきのつづき)
       あと、ナス料理で好きなのは、「麻婆茄子」ですね。
       東京にいたころ、これが美味しい中華料理屋さんがありました。
       これ、前にも書きましたね。
       「牡蠣フライ定食」も絶品でした。
       で、冬は「牡蠣フライ定食」を注文し……。
       牡蠣の出回らない季節は、「麻婆茄子定食」を食べてました。

       もちろん、天ぷらも好物です。
       焼き茄子は……。
       イマイチかな。
       やっぱり、歯触りがなくなるのが失点だと思います。
       天ぷらは、衣のカリカリ感がありますから。
       その点、ナス料理で、唯一いかんと思うのは……。
       煮びたしですね。
       歯触り、皆無です。
       歯が無くなってから食べることにします。

       ありゃ。
       そう云えば、「麻婆茄子」のナスも歯触りはありませんね。
       でもあれは、ほかの具材で歯触りを感じてたんだと思います。
       ピーマンかな?

       なお、外国人は……。
       歯触りとかの食べ物の質感(食感)を、「テクスチャー」と称するそうです。
       この観点から、今、外国人に人気なのが、日本の「焼き餃子」。
       カリッカリの皮と、もちもちでジューシーな具。
       この異なるテクスチャーが同時に味わえるのが、人気の秘密のようです。
       「水餃子」には、異なるテクスチャーがありませんからね。

       「焼き餃子」。
       わたしも、味は好きなんです。
       でも、後に残る臭いがねー。
       歯を磨いた後……。
       食べ物の気配には残ってほしくないです。

    • ––––––
      4. 手羽崎 鶏造
    • 2019/07/18 04:01

    • < 本篇より  >

      ワタシも、実はVirginとヤッタ経験は
      ありません。
      処女膜?アソコに膜は無いと思いますけどね。

    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2019/07/18 05:42
    • もちろん……
       全面を覆う膜が、あるはずありません。
       あったら、経血が出て来ませんから。
       でも、鋳物のバリみたいなのが、穴の周りにあるんでないの?
       新品なんですから。
       バリの大きさや形によって……。
       血が出たり出なかったりするのでは?
    コメントする   【由美と美弥子 2826】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
愛と官能の美学 未知の星 禁断の体験 エッチな告白集 官能文書わーるど
電脳女学園 ましゅまろくらぶ 官能的なエロ小説 Angel Pussy 週刊創作官能小説
おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 新・SM小説書庫2 羞恥の風 ちょっとHな小説
萌木ケイの官能小説 赤星直也のエロ小説 恥と屈辱の交差点 秘密のエッチ体験談まとめ
人妻の浮気話 艶みるく 女性のための官能小説 変態小説 Playing Archives

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
潤文学 アダルト検索一発サーチ 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 黒い教室
制服美少女快楽地獄 ぺたの横書き 女性のH体験告白集 性小説 潤文学ブログ
18's Summer 魔法の鍵 淫鬼の棲む地下室 空想地帯
恥ずかしがりたがり。 出羽健書蔵庫 漂浪の果てに 濠門長恭の過激SM小説
お姫様倶楽部.com HAKASEの第二読み物ブログ 女の陰影 平成な美少女ライトノベル
官能の本棚 [官能小説] 熟女の園 被虐願望 ひめ魅、ゴコロ。

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
渡硝子の性感快楽駆け込み寺 おしっこ我慢NAVI かめべや 妄想ココット
むね☆きゅんファンサイト 最低のオリ ライトHノベルの部屋 被支配中毒
riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための… 快感小説
レズ画像・きれいな画像倉庫 Japanese-wifeblog Eros'Entertainment SM~猟奇の性書~変態
緊縛新聞 性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス 被虐のハイパーヒロインズ

空想の泉~The Fountain of Daydream~ オシッコオモラシオムツシーン収集所 アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH
羞恥集 マルガリテの部屋 あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ
プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻!
wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉 ねっとりぐちょぐちょ
美里のオナニー日記 黒イ都 ひよこの家 エロショッカー軍団
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる セックス・ノベル・ネット
ライブドアブログ 官能小説アンテナ
人気ブログランキング アダルトブログランキング
にほんブログ村 Adult Novels Search
GL Search おたりんく

ランキング/画像・動画(11~30)
アダルト動画まとめ ネット小説ランキング 成人向けランキング Girls Love Search
アダルト検索BBJapan 正しいH小説の勧め ヌケルアダルト作品 十八禁恋愛私花集
萌駅 GAY ART NAVIGATION 創作系サイト検索・KAGOME 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top