Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
ありさ姫 地獄槍(第一話)
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
『ありさ姫 地獄槍(SM小説)』 作:Shyrock


第一話:裏切り


 時は天正七年(西暦1579年)三月、絶望の中、白装束をまとい磔台に拘束されたありさ姫は遠い山並をぼんやりと見つめていた。
 山並の向こうにはありさ姫が生まれ育ったふるさと野々宮がある。
 だけど野々宮には父であり城主の野々宮新八郎も大好きな母ももういない。
 死を目前にしたありさ姫ではあったが涙は流さなかった。
 たとえ戦に破れても誉れ高き野々宮城主の子女として、潔く戦乱の世に散ろうとしていた。
 野々宮はわずか十万石の小国ではあったが、君主野々宮新八郎の長女として生まれたありさ姫は十八才になる今日まで、新八郎の手腕もあって国が戦火に見舞われることもなく日々平穏に暮らしていた。
 しかしそんなありさ姫の身に突然不幸が襲った。

 以前から野々宮氏は北に位置する黒岡氏と敵対していたが、野々宮氏の東隣国下川氏と同盟を結んでいたために黒岡氏を牽制していた。
 ところが下川氏の先代当主下川信英が病死し、その後継者として嫡子の下川信孝が城主となった頃から野々宮氏に暗雲が立ち込めた。
 というのもこの下川信孝という人物は実に腹黒い男で、城主になるや否やすぐさま黒岡氏と密約を結び、こっそりと野々宮氏を攻める手筈を整えていた。

 最初に動いたのは黒岡軍であった。
 国境附近に黒岡軍兵一千が攻め入ったため、野々宮軍はそれを迎撃するため新八郎は兵千五百を引きつれ出陣した。
 しかしどういう訳か黒岡軍は川向いに陣取ったまま動こうとはしない。
 両軍は対峙したまま一昼夜が経過した。
 黒岡軍の動向を訝しく思った新八郎は危険を感じ取り、急遽兵を引き返そうとしたが時はすでに遅かった。
 野々宮軍の背後から下川軍二千が猛攻を仕掛け、同時に川向いの黒岡軍が一気に押し寄せてきたため、野々宮軍は両方から挟み撃ちをされる形になってしまった。
 勇猛果敢で名を馳せた野々宮軍ではあったが、両方から攻撃をされては堪らない。
 またたく間に野々宮軍は壊滅し、君主野々宮新八郎は無念の最期を遂げた。
 まもなく新八郎討死との知らせが野々宮城に届いた。
 思いがけない君主討死の報に残された兵の多くは戦意を喪失し、城の明け渡しを余儀なくされた。

 母はまだ十五才の嫡男景勝と長女のありさ姫を呼び寄せ、「そち達は死んではなりませぬ。必ず生き延びるように」と涙ながらに告げた。
 ありさ姫と景勝は母とともに自刃して果てることを望んだが、母はそれを許さず、ありさ姫達はわずかの配下の者とともに泣く泣く山中に落ちていった。
 ありさ姫たちが無事に城を脱出するのを見届けた母は、側近の武将とともに自害して果てた。

 景勝たちが峠に差し掛かったとき、少しでも目立たないようにとの思惑から、景勝とありさ姫は峠で一旦別れそれぞれの道を進むことになった。景勝は東の道を、ありさは西の道を……
 しかしこれが姉と弟ふたりの今生の別れとなろうとは果たして誰が想像しただろうか。

 西の山道を歩くありさ姫とわずかな家臣たち、あと二里ほど進めば父と親交のある喜多氏の領内に逃げ込めるというところまで差し掛かったとき……
 ついに天運尽きたか、ありさ姫は敵方に発見され捕縛されてしまった。

 暗い牢獄に閉じ込められたありさ姫は「景勝の居所を吐け」と脅迫され、連日連夜、容赦のない拷問が加えられた。
 他人に指ひとつ触れられたことのない柔肌は哀れにも傷だらけになってしまった。
 それでもありさ姫は景勝の行方には一切口をつぐんだ。
 縛られてうな垂れるありさ姫のそばで、憎き親のかたき黒岡源内がつぶやいた。

「いくら拷問しても白状せぬようだな。このまま喋らなければ明日死ぬことになるが…良きや? 今のうちに吐かば命のみは助けてやってもよいぞ」
「ううっ…知らざるものは知らず! さあ早く殺すべし!」
「ふむ、そうか。いかにすれども吐かじな。仕方がなし。では気の毒なるが明日処刑を執行することになるぞ。ありさ姫、余を恨むでないぞ。これも戦国の世の習いというものじゃ。がっはっはっはっは~!」
「くっ! この卑怯者め! 下川と組みおって! 地獄に落つべしな!」
「ふん、ほざけ。地獄に落ちるのはうぬの方じゃ。ありさ姫、さらばじゃ」



 翌朝、城の近くの小高い丘に穴が掘られ、磔台の柱がゆっくりと差し込まれた。
 基礎部分に土が埋められ磔台がしっかりと自立していく。
 磔台にはすでにありさ姫が白装束を着せられ緊縛されている。
 どこから聞きつけたのか、早くも多くの観衆が刑場へ詰めかけていた。

「あのあねさまが野々宮氏の姫様なのか。ほほう、さすが気品があってきれいだね。姫様なんておらぁ見たことがねぇからのそくさ拝ませてもらおう」
「お姫様だけあって堂々とした振る舞い、さすがだねぇ」
「あんなかわいいあねさまっ子が処刑されるのか? ふびんだね。南無阿弥陀仏……南無阿弥陀仏……」
「何でも下川が裏切っておれたちの殿様と組んだとか聞いたが?」
「これ、滅多なことを口にするんじゃないぞ」

 ありさ姫は静かに瞳を閉じて、幼い頃、弟景勝と遊んだ野々宮城内の紅葉林を思い浮かべていた。
屈辱の身体検査【第5話】目次ありさ姫 地獄槍【第二話】

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2019/06/15 06:32

    •  まず、最初にひとこと。
       終盤に、↓のセリフがあります。
      +++
      「あのあねさまが野々宮氏の姫様なのか。ほほう、さすが気品があってきれいだね。姫様なんておらぁ見たことがねぇからのそくさ拝ませてもらおう」
      +++

       この「のそくさ」がわからず、ひょっとしたら誤記ではないかと思い、ネットで検索しました。
       どうやら、福島県の方言のようです。
       「ゆっくり」というような意味。
       平井呈一の訳文にもありました。
       ↓ジョン・ディクスン・カーの『黒死荘殺人事件』の一節。
       「こっちはもたつく少佐、あわてるテッド、のさくさいいなりにうろうろしているジョセフをあとに、さっさと先へ動きだしていた」

       平井呈一は日本橋育ちですが……。
       新潟県小千谷市に疎開してたことがあるそうです。
       ひょっとしたら、小千谷の人も使ったのかも知れません。
       平井呈一は、寡作ですが小説も書きました。
       ↓『真夜中の檻』は絶品です。
      https://www.amazon.co.jp/gp/product/4488585019/ref=as_li_qf_asin_il_tl?ie=UTF8&tag=ryokuikan-22&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=4488585019&linkId=08681f03a7569d9358d2f936d6b28f64

       さて、話を本編に戻します。
       磔のシーンは、はっきりとイメージできます。
       映画『大魔神』で見ました。
       印象に残るシーンでした。

       『大魔神』は、1965(昭和40)年から1966(昭和41)年にかけて、3部製作されてます。

       続きは次のコメントで。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2019/06/15 06:32
    • 磔(つづき)
       わたしが見たのは、もちろん映画館ではありません。
       テレビでの放映か、ビデオを借りたのか忘れましたが。
       でも、悪者の武士たちが踏み潰されて血反吐を吐くシーンは、はっきり覚えてます。

       磔台であわやとなったのは、高田美和さんだと思ったのですが……。
       ↓この動画では男ですね。
      https://www.youtube.com/watch?v=fTF-DuiiEWU

       でも美和さん、さすがの美貌です。
       美和さんが出たのは、この第1作だけのようです。

       いろいろ調べたら……。
       ヒロインが磔にされかけるシーンは……。
       ↓第2作『大魔神怒る』のようです。
      https://www.youtube.com/watch?v=6Z9zvPsPv5o&t=729s
      ↑1:04くらいから。見物人がいるところも、本編と似てますね。

       なお、火あぶりにされかけてるのは、藤村志保さん。
       こちらもまた、もの凄い美人です。

       わたしはぜひ、『大魔神』のリメイクが見たいです。
       テレビでは、『大魔神カノン(http://www.dm-kanon.com/)』というのがあったようです。
       でも、現代ものでした。
       わたしはぜったい、時代もので見たいんです。
       今の特撮技術で撮ったら、息つく暇もないほどの画が撮れるはず。
       なんで、出来ないんですかね。
       お金がかかるのはわかりますが……。
       『ゴジラ』は撮れてるわけですよね。
       確かに、清楚で気高いヒロイン役は……。
       なかなか見つからない気もしますが。
       佐々木主浩さんを、ぜひゲスト出演させていただきたいです。
    コメントする   【ありさ姫 地獄槍(第一話)】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
未知の星 禁断の体験 エッチな告白集 ましゅまろくらぶ 官能文書わーるど
愛と官能の美学 官能の本棚 官能的なエロ小説 萌木ケイの官能小説
羞恥の風 電脳女学園 ちょっとHな小説 新・SM小説書庫2
Angel Pussy 週刊創作官能小説 Playing Archives おとなの淫文ファイル エッチのあとさき [官能小説] 熟女の園
赤星直也のエロ小説 恥と屈辱の交差点 秘密のエッチ体験談まとめ 人妻の浮気話 艶みるく

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
HAKASEの第二読み物ブログ 女性のための官能小説 変態小説 ぺたの横書き
アダルト検索一発サーチ 女性のH体験告白集 むね☆きゅんファンサイト 出羽健書蔵庫
恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 濠門長恭の過激SM小説 18's Summer 魔法の鍵
空想地帯 黒い教室 女の陰影 お姫様倶楽部.com
潤文学 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 かめべや 快感小説
制服美少女快楽地獄 性小説 潤文学ブログ Mikiko's Roomの仮設テント 恥ずかしがりたがり。

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
最低のオリ 淫鬼の棲む地下室 被虐のハイパーヒロインズ 櫻坂ゆかりの官能小説
平成な美少女ライトノベル ひめ魅、ゴコロ。 漂浪の果てに 被虐願望
おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋 被支配中毒
riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための… レズ画像・きれいな画像倉庫
Japanese-wifeblog Eros'Entertainment SM~猟奇の性書~変態 緊縛新聞

性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス 空想の泉~The Fountain of Daydream~ オシッコオモラシオムツシーン収集所
アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋
あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ プライド 黒塚工房
官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 女性作家専門官能小説
羊頭狗肉 ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都
ひよこの家 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる 人気ブログランキング
セックス・ノベル・ネット 官能小説アンテナ
アダルトブログランキング GL Search
ネット小説ランキング Girls Love Search
にほんブログ村 ライブドアブログ

ランキング/画像・動画(11~30)
アダルト動画まとめ おたりんく 成人向けランキング 萌駅
正しいH小説の勧め ヌケルアダルト作品 Adult Novels Search アダルトなび2
GAY ART NAVIGATION ぱっくりんく 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top