Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 2783
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 更衣室で小男に言われて知ったことでしたが……。
 わたしの性器は、「下付き」なんだそうです。
 あ、やっぱりそうですか?
 そう。
 下の方というか、お尻の穴に近い場所に付いてるんです。
 なので、普通に仰向いただけだと、膣道が水平か、ひょっとしたらまだ少し下を向くくらいの角度だと思います。
 なので、両脚を持ちあげました。

 頭を上げると……。
 貧弱に潰れた乳房、皺の寄った下腹、そして縮れた陰毛が見えました。
 陰毛の向こうには、仰向いたサトシの亡骸。
 そう。
 まさしくそれは、亡骸に見えました。
 股間の陰茎もすでにうなだれ、死んだ兵士のように腹に突っ伏してました。

 サトシの精液に塗れた自分の性器を見たいと思いました。
 でも、下付きの悲しさで、陰毛しか見えません。
 せめてと思い、指先を伸ばしました。

「あうぅ」

 頭が仰け反りました。
 指先が恥丘を越え、クリまで届いてました。
 恥丘を引きあげるつもりだった指は、たちまちクリを蹂躙する指に変わりました。
 もう、後は止まりませんでした。
 両脚を持ちあげたまま、指先でクリを揉み潰します。
 首を擡げ、サトシの死に顔を凝視します。

「い……。
 いぐ」

 全身をうねらせ、絶頂の予兆に溺れます。
 そして、それは一瞬で訪れました。

「ぅきゃ。
 ぅきゃきゃ。
 きっ」

 空中に、脚が一直線に立ちあがります。
 太腿から脹ら脛の筋肉が筋立って、まるで人体標本のように見えました。
 しかし、それも一瞬でした。

「あが。
 あがが」

 視界から両脚が消えました。
 瞳が、上目蓋まで迫りあがったんです。

 ゴン!

 後頭部が、カーペットを打ちました。
 視界が揺れます。

 ドサ!

 おそらく、わたしの脚がカーペットに落ちた音でしょう。
 でも、意識が保ったのは、そこまででした。
 わたしの魂は一瞬で、イカの骨のように抜かれていきました。
由美と美弥子 2782目次由美と美弥子 2784

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2019/05/18 07:58
    • 今日は何の日
       5月18日は、『18リットル缶の日』。
       『全国18リットル缶工業組合連合会(http://www.can18.or.jp/)』が制定。
       18リットル缶(一斗缶)は、以前は「5ガロン缶」と呼ばれてました。
       それが、「18リットル缶」に統一されたことから……。
       5ガロンの「5」と、18リットルの「18」より、5月18日が記念日とされました。

       上記の記述は、こちら(http://www.nnh.to/05/18.html)のページから転載させていただきました。

       まずは、単位の確認から。
       「斗」とは?
       「斗」は、尺貫法における体積(容積)の単位です。
       10升で1斗、10斗で1石。
       明治時代に、「1升=約1.8039リットル」と定められたので……。
       「1斗=約18.039リットル」となります。

       続いて、「ガロン」とは?
       「ガロン(gallon)」は、ヤード・ポンド法における体積(容積)の単位です。
       「1ガロン=3.785412リットル」。
       すなわち、「5ガロン=18.92706リットル」。
       これはちと、18リットルとは誤差が大きいですね。
       ほぼ19リットルになります。

       わたしは、この誤差の大きさから……。
       日本で誕生した缶じゃないかと思いました。
       でも、違うみたいです。
       こちら(http://www.canhouse.co.jp/about18_01.html)のページを見ると……。
       「1883年(明治16年)、輸入缶が米の貯蔵用として初めて使用される」とあります。
       どこから輸入されたかは、書かれてません。
       アメリカなんでしょうね。
       ヨーロッパでは、あんな無粋な容器は使われない気がします。

       続きは次のコメントで。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2019/05/18 07:58
    • 今日は何の日(つづき)
       でも、アメリカでは、5ガロン缶とは呼ばれてなかったんじゃないでしょうか。
       だって、換算すると、4.765ガロンになります。
       誤差が、かなりありますよね。
       アメリカ人はアバウトだから、これでも5ガロンってことなんですかね?

       どうやら、5ガロン缶と呼ばれたのは、戦後の一時期みたいなんです。
       ということは、「5ガロン缶」と名付けたのは、日本人ということなんでしょうか。
       「一斗缶」じゃ格好悪いということですかね。

       さて、『全国18リットル缶工業組合連合会』さんに戻ります。
       「5つのなぜ」というページがありました(http://www.can18.or.jp/18ltr/01.html)。
       失礼して、転載させていただきます。

      +++
      ●なぜ容量が18リットルなのか?
      人が運べる最大容量だから。
      容器自体軽く丈夫なので18リットルまで入ります。
      運搬が容易な機能性とたくさん入る経済性を兼備。

      ●なぜ安価なの?
      大量生産・技術革新の結果です。
      製缶・鉄鋼の両メーカーの企業努力により合理化。
      高速生産しつつ安定した品質を実現。

      ●なぜ丈夫か?
      材質がスチールの為。
      衝撃に強く輸送中や荷役中の破損は皆無です。
      また強固な為10段以上の積み上げも可能です。

      ●なぜ何でも入れられるのか?
      スチール+内面コーティングで全種の内容物に対応。
      スチールにより密封性に優れ、光も一切入れません。
      食品から化学物質まで完璧に保護します。

      ●なぜ四角なのか?
      隙間無く積み上げ可能の為。
      容倉庫や荷台の省スペース化で保管・輸送コスト削減。
      ロットや荷扱いしやすく作業効率もUP。
      +++

       続きはさらに次のコメントで。

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2019/05/18 07:59
    • 今日は何の日(つづきのつづき)
       最初の「なぜ」に、ちょっとギモン。
       「人が運べる最大容量だから」という点。
       最初は、輸入品だったんですよね。
       同じ「人」と云っても、明治時代のアメリカ人と日本人では……。
       大人と子供ほどの体格差があったはず。
       当時の日本人に運べたのなら……。
       アメリカ人には軽すぎるくらいだったのでは?
       アメリカ人は、両手に提げてたということですかね?

       水などを一杯に入れた「18リットル缶」。
       18kgです。
       どのくらいの重さなんしょう?
       5歳の男の子と同じくらいのようです。
       片手で下げるには、重いだろうという気はしますが……。
       体感したことがないのでわかりません。

       この缶自体は、見たことがあります。
       昔、祖母ちゃんの部屋にありました。
       入ってたのは、せんべいです。
       製造過程で割れてしまったせんべいが……。
       一斗缶に詰められて、安価に売られてたんだと思います。
       上部はもちろん、パカッと開く蓋に加工されてました。
       中に、厚めのビニール袋に、大量の醤油せんべいが入ってたのです。
       ↓なんとこのせんべい、今でも売ってました。
      https://item.rakuten.co.jp/kakimochi/2028/

       せんべいより、一斗缶がほしい気がしますね。
       やってみたいのは……。
       誰かの頭を、これで思い切り叩くこと。
       昔、テレビのコントでありましたよね。
       といっても、叩ける相手がいないので……。
       自分の頭で試すしかないのですが。

    • ––––––
      4. 手羽崎 鶏造
    • 2019/05/18 09:15
    • よく女子プロレスで、悪役(ヒール)レスラー
      が一斗缶持ち出して、相手役レスラーの頭を叩くシーン。
      やられた方は大袈裟に痛がります。
      よく観ると、角ではゼッタイ叩きません。
      音が出る、へっこむ平面で叩くのがこの業界のルール。
      場外戦、折り畳み椅子で叩く場面も、
      相手を座面で打つことが多いのも業界のルール。
      安価なパイプ椅子は軽くて壊れやすい
      から乱闘用にちょうど良いのです。
      痛いように見せるのもプロの為せるワザなのでしょう。






    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2019/05/18 12:22
    • 一斗缶
       プロレスでも使われてたんですか。
       音は派手ですが、痛くはないと思います。
       コントで使ってたんですから。

       ↓蓋付きの一斗缶、売ってました。
      https://item.rakuten.co.jp/nanbahc/4970925692214/

       それ自体の値段は、1,000円ほどですが……。
       当然のことながら、送料が同じほどかかります。
    コメントする   【由美と美弥子 2783】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
愛と官能の美学 未知の星 禁断の体験 エッチな告白集 官能文書わーるど
電脳女学園 ましゅまろくらぶ 官能的なエロ小説 Angel Pussy 週刊創作官能小説
おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 新・SM小説書庫2 羞恥の風 ちょっとHな小説
萌木ケイの官能小説 赤星直也のエロ小説 恥と屈辱の交差点 秘密のエッチ体験談まとめ
人妻の浮気話 艶みるく 女性のための官能小説 変態小説 Playing Archives

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
潤文学 アダルト検索一発サーチ 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 黒い教室
制服美少女快楽地獄 ぺたの横書き 女性のH体験告白集 性小説 潤文学ブログ
18's Summer 魔法の鍵 淫鬼の棲む地下室 空想地帯
恥ずかしがりたがり。 出羽健書蔵庫 漂浪の果てに 濠門長恭の過激SM小説
お姫様倶楽部.com HAKASEの第二読み物ブログ 女の陰影 平成な美少女ライトノベル
官能の本棚 [官能小説] 熟女の園 被虐願望 ひめ魅、ゴコロ。

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
渡硝子の性感快楽駆け込み寺 おしっこ我慢NAVI かめべや 妄想ココット
むね☆きゅんファンサイト 最低のオリ ライトHノベルの部屋 被支配中毒
riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための… 快感小説
レズ画像・きれいな画像倉庫 Japanese-wifeblog Eros'Entertainment SM~猟奇の性書~変態
緊縛新聞 性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス 被虐のハイパーヒロインズ

空想の泉~The Fountain of Daydream~ オシッコオモラシオムツシーン収集所 アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH
羞恥集 マルガリテの部屋 あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ
プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻!
wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉 ねっとりぐちょぐちょ
美里のオナニー日記 黒イ都 ひよこの家 エロショッカー軍団
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる セックス・ノベル・ネット
ライブドアブログ 官能小説アンテナ
人気ブログランキング アダルトブログランキング
にほんブログ村 Adult Novels Search
GL Search おたりんく

ランキング/画像・動画(11~30)
アダルト動画まとめ ネット小説ランキング 成人向けランキング Girls Love Search
アダルト検索BBJapan 正しいH小説の勧め ヌケルアダルト作品 十八禁恋愛私花集
萌駅 GAY ART NAVIGATION 創作系サイト検索・KAGOME 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top