Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
単独旅行記Ⅴ(175)
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 さて、このムクノキです。
 歩道の真ん中に立ってます。
歩道の真ん中に立ってます
↑「み」

 舗装は新しいようです。
 おそらくは、古い舗装を剥いで舗装し直すとき……。
 「DOパイプ」の施工が行われたんじゃないでしょうか。
 舗装をするには、車道ほどではなくても、地表面を固める必要があります。
 ふかふかの土の上に舗装を敷いたら、後で凸凹になってしまうでしょうから。

 しかし、土を固めると、土中の空隙が失われ……。
 透水性、通気性が悪くなってしまいます。
 その対策として、「DOパイプ」が使われたわけです。
 おそらく「DOパイプ」は土中を、ムクノキの根の広がる先まで伸びてるんだと思います。
 で、その空気の取り入れ口が、ムクノキの根元なんです。
 大木の根元は、人に踏まれたりする可能性が少ないでしょうから。
、既存の地盤に土盛りする場合
↑これは、既存の地盤に土盛りする場合の施工例。

 空気の取り入れ口を一箇所に集めれば、後々のメンテナンスもしやすいと思います。
 で、「DOパイプ」が地表に出るところに被せるのが、「DOキャップ」です。
被せるのが、「DOキャップ」

 「DOパイプ」が剥き出しで出てたらみっともないですし……。
「DOパイプ」が剥き出しで出てたら

 流れこんだ土に埋まってしまう心配もあります。
 それを防ぐための保護材が、「DOキャップ」というわけです。
 さすが『東京国立博物館』。
 こういう予算が付けられるんですね。
 こんなところにも、地方と東京の格差を感じてしまいます。

 ↓空洞があります。
空洞があります
↑「み」

 もっと高いところであれば、鳥や小動物の巣になりますが……。
樹洞(じゅどう)
↑「樹洞(じゅどう)」と云うようです。

 このムクノキの高さじゃ、入居希望者はいないでしょう。

 でも、どうして塞がないんですかね?
 木肌を伝った雨が、ここから入りこめば……。
 空洞の内部が腐りかねません。
空洞の内部が腐りかねません

 「DOパイプ」を入れる予算があるのに……。
 空洞を塞ぐ予算がないわけはありません。
空洞を塞ぐ
↑「DOパイプ」の施工よりは、ずっと安価に出来るはずです。
単独旅行記Ⅴ(174)目次単独旅行記Ⅴ(176)

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2019/05/12 06:34
    • 木の洞
       これを「樹洞」と云うのは、初めて知りました。

       わたしは、木の洞が出てくる物語を、小さいときに読んだ記憶があるんです。
       「デーケドン」という怪物が出てくる物語。
       ところが今、この語句で検索しても、まったくヒットしません。
       実はこのネタ、以前にも書いてます。
       以前と云うのも憚られるほど昔です。
       『由美と美弥子 198回(http://mikikosroom.com/archives/2671444.html)』のこと。
       投稿はなんと、2009年5月24日。
       今からちょうど、10年前です。
       今さらながら、『Mikiko's Room』の歴史を感じてしまいます。

       ↓そのまま引用します。
      +++
       わたしには、幼いころ読んだ絵本で、いまだに忘れられない一冊があります。
       だいたいのあらすじはこうです。

       深い森の中に1匹の怪物が住んでました。
       森を通る旅人があると、その前に立ちふさがり、自分の名前を当ててみろと言うのです。

      「チャンスは3回だ」

       でも、見知らぬ森に住む怪物の名前など、旅人に判るはずがありません。
       旅人はみな、3回とも間違った名前を言ってしまいます。
       そして……。
       3回目を言い間違ったとたん、旅人はカエルの姿に変えられてしまうのです。

       あるとき、ひとりの旅人が森で雨に遭い、大きな木のうろで雨宿りをしてました。
       すると、森の上空から声が聞こえてきます。
       うろを出て空を見上げると、悪魔みたいな長い尾を引いた怪物が、森の上を旋回してます。
       怪物はこう歌ってました。

      「おれの名前はデーケドン。
       おれの名前はデーケドン」
      +++

       続きは次のコメントで。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2019/05/12 06:35
    • 木の洞(つづき)
      +++
       雨が止み、旅人が再び小道を歩みだしたとき、当の怪物が行く手に立ちはだかりました。

      「おれの名前を当ててみろ。2度までは間違ってもいいが、3度目は許さんぞ」

       旅人は、2度までデタラメな名前を言います。
       怪物はニヤリと笑います。
       3度目、旅人は大きな声で叫びました。

      「おまえの名前は、デーケドン!」

       そのとたん、怪物の姿は1匹の小さなカエルに変わってしまいました。

       だいたいこんな話です。
       もう一度読みたいと思ってるのですが、「デーケドン」でネット検索しても全くヒットしません。
       名前を覚え違えてるのか……。
       それとも、こんな絵本自体、存在しなかったんでしょうか……。
       だれか、ご存じありませんか?
      +++

       書き口調に若々しい感があり、ちと面はゆいです。

       でも確かに、読んだ記憶があるんですよね。
       もしテレビアニメだったら、絵本以上に検索で引っかかるはずです。
       名前を覚え間違えてるんでしょうかね。
       その可能性は大いにあります。
       わたしは元々、思いこみの強い方でしたから。
       ↓怪物のイメージは、こんな感じです。
      http://sow.ggnet.co.jp/works.htm?id=87

       ほんとにこんなトカゲがいるのかと思いましたが……。
       『幻想標本博物館(http://sow.ggnet.co.jp/)』というサイトさんでした。

       ほんとにどなたか、ご存じありませんかね?

    • ––––––
      3. 手羽崎 鶏造
    • 2019/05/12 08:48
    • オレさまの名前を当ててみろ。
      そんな話があったように思いますが
      題名は知りません。

      なまえは?そう あだ名ならあるわ♪
      東京ららばい 唄 中原理恵

    • ––––––
      4. Mikiko
    • 2019/05/12 12:22
    • 『昔の名前で出ています』
       この歌の歌詞に、ギモンがあります。
       「お店の勤めは初めて」なのに……。
       ここまで書いて、歌詞をネットでさがしました。
       するとなんと、『昔の名前で出ています』ではなかったことが判明。
       『そんな女のひとりごと』でした。
       もう一度。
       「お店の勤めは初めて」なのに……。
       なんで、「遊び慣れてる人みたい」なことが、「ボトルの名前でわかる」んでしょう?

    • ––––––
      5. 手羽崎  鶏造
    • 2019/05/14 09:36
    • 管理人さま。
      いえ、星野哲郎作詞の名曲?
      「昔の名前で出ています」とは
      別唄だと思います。
      ♬ 京都にいるときゃしのぶと呼ばれたの
      神戸じゃ渚と名乗ったの ♫

      ちなみに この主人公の昔の名前とは?
      正解は ひろみさんでした。

    • ––––––
      6. Mikiko
    • 2019/05/14 21:18
    • ですから……
       『そんな女のひとりごと』ですって。
       最後まで読みなはれ。
       麻酔山ではなく……。
       増位山が歌ってたようです。
    コメントする   【単独旅行記Ⅴ(175)】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
ましゅまろくらぶ 禁断の体験 エッチな告白集 未知の星 新・SM小説書庫2
潤文学 官能文書わーるど ちょっとHな小説 変態小説
赤星直也のエロ小説 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 羞恥の風 秘密のエッチ体験談まとめ
官能的なエロ小説 Playing Archives 官能の本棚 女性のための官能小説
Angel Pussy 週刊創作官能小説 愛と官能の美学 [官能小説] 熟女の園 電脳女学園

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
性小説 潤文学ブログ 恥と屈辱の交差点 女性のH体験告白集 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~
人妻の浮気話 艶みるく 黒い教室 HAKASEの第二読み物ブログ 18's Summer
恥ずかしがりたがり。 空想地帯 アダルト検索一発サーチ むね☆きゅんファンサイト
ぺたの横書き 魔法の鍵 制服美少女快楽地獄 濠門長恭の過激SM小説
西園寺京太郎のSM官能小説 お姫様倶楽部.com かめべや 女の陰影
渡硝子の性感快楽駆け込み寺 出羽健書蔵庫 淫鬼の棲む地下室 最低のオリ

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
被虐願望 被虐のハイパーヒロインズ 平成な美少女ライトノベル 快感小説
漂浪の果てに Mikiko's Roomの仮設テント 櫻坂ゆかりの官能小説 ひめ魅、ゴコロ。
おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋 被支配中毒
レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための…
緊縛新聞 Japanese-wifeblog Eros'Entertainment SM~猟奇の性書~変態

オシッコオモラシオムツシーン収集所 性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス 空想の泉~The Fountain of Daydream~
マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集
黒塚工房 あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ プライド
女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説
黒イ都 羊頭狗肉 ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記
ひよこの家 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる アダルトブログランキング
人気ブログランキング 官能小説アンテナ
ライブドアブログ Adult Novels Search
GL Search ネット小説ランキング
Girls Love Search おたりんく

ランキング/画像・動画(11~30)
セックス・ノベル・ネット にほんブログ村 ヌケルアダルト作品 正しいH小説の勧め
成人向けランキング アダルト動画まとめ アダルト検索BBJapan 十八禁恋愛私花集
GAY ART NAVIGATION 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top