Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 2776
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 毎日、工場にその車で通うようになり、運転にも慣れました。
 あ、そうそう。
 その運転免許を取るときなんですが……。
 注意力を持続させなければならない工場仕事をしてきたおかげか、比較的順調でした。
 教官にも、褒められたんです。
 とても堅実な運転だって。
 なんだかわたしの話、脱線ばっかりですね。
 何でしたっけ?
 あ、サトシを自分の部屋での食事に誘った日のことですよね。

 それからサトシと、工場から車で出て……。
 途中、スーパーに寄りました。
 サトシは、自分は車で待ってると言うので、わたしひとりで食材を選びました。
 食材といっても、料理を作るつもりはなかったので、出来合いの惣菜でしたけど。
 あと、ビールも買いました。

 部屋に招き入れたサトシは……。
 まさしく、借りてきた猫のようでした。
 ひょっとしたら、友達の部屋とかにも入ったことがないんじゃないでしょうか。
 部屋は、畳にカーペットを敷いて使ってました。
 壁際に、折りたたみのベッドを置いてます。
 その前の座卓で、食事なんかはしてました。
 いちおう、キッチンにテーブルはあるんですが……。
 そこには、テレビもありませんし。
 あ、宮高さんの部屋も同じなんだから、わかりますよね。

 で、取りあえず、ビールで乾杯して……。
 どうやって既成事実に持っていこうかと考えました。
 でも、考えるまでもありませんでした。
 ていうか、考え事をしてたから、そんなことになったのでしょう。
 工場でやったら、事故に繋がる危険な行いです。
 工場の壁にも貼ってあります。
 「注意一秒、怪我一生」って。

 キッチンのテーブルに置いたレジ袋から出した缶ビールを、座卓まで運んでるとき……。
 床に転がったテレビのリモコンを踏んだんです。
 あっと思って足を上げたら、バランスを崩しました。
 両手のビールを離さないまま、態勢を戻そうとして、もう一歩踏み出したところにあったのが、畳んだ新聞でした。
 踏んだ途端、ずるっと滑りました。
 身体が空中で捻られ、もんどり打って落ちました。
 座卓の前にあぐらをかいてたサトシの上でした。

 決して、狙ったわけではありません。
 今思えば、神様が背中を押してくれたんだと思います。
 気がつくと、サトシの膝の上で仰向いてました。
 見下ろすサトシと目が合いました。
 チャンスの前髪が見えました。
由美と美弥子 2775目次由美と美弥子 2777

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2019/05/08 05:53
    • 今日は何の日
       5月8日は、『松の日』。
       1989(平成元)年、『(社)日本の松の緑を守る会(ホームページは無いようです)』が制定。
       1981(昭和56)年5月8日(今から38年前)に……。
       『日本の松の緑を守る会』の全国大会が、初めて開催されたことに因みます。
       日本の代表的な樹木である松を、いつまでも大切に保護して行くことが目的。

       松の名前の由来は……。
       神が木に宿るのを「待つ」が転じてできたとする説があります。
       ほかにも、木に宿る神を「祀る」、冬を含めて長いあいだ緑を「保つ」が転じてできたとする説……。
       葉が「まつ毛」に似ていることに由来する説、葉が二股に分かれていることから「股(また)」が転じたとする説など、諸説あるようです。
       日本では古くから、神の宿る神聖な木とされてきました。
       また、冬でも青々とした葉を付けてることから、不老長寿の象徴であり……。
       おめでたい樹の「松竹梅」では、最上級とされます。
       正月に家の門に飾る門松には、年神を家に迎え入れるための依り代という意味合いがあります。

       上記の記述は、こちら(https://zatsuneta.com/archives/105084.html)のページから転載させていただきました。

       続きは次のコメントで。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2019/05/08 05:54
    • 今日は何の日(つづき)
       さて、松です。
       わが家にもあります。
       庭にある松ですから、自然樹形ではありません。
       枝を矯正され、竹で支えられてます。
       わたしは正直、こういう松が好みではありません。
       今の若い人は、もっとそうでしょう。
       新築の建売住宅に、こうした松が植えられてるのを見ることは、まずありません。
       こういう松の剪定が出来る職人さんも、どんどん減っていくでしょうね。
       残るのは、兼六園とかを管理する専門業者だけでしょう。
       町の植木屋さんは、消えて行く職業のひとつだと思います。

       新潟の沿岸では、古くから砂防林として松が植えられて来ました。
       冬期、季節風による飛砂から町を守るためです。
       新潟の西海岸公園なんかの松を見ると、季節風の厳しさが如実にわかります。
       松はことごとく、斜めってます。
       しかも、風の吹きつける側には、枝がありません。
       生えてる地盤は、栄養分の無い砂地です。
       よほど強健な樹木でなければ、砂防林には使えません。
       しかも、冬に葉を落とさない常緑樹である必要があるのです。
       砂防林の役目が出来るのは、松くらいしか無いんですよ。

       続きはさらに次のコメントで。

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2019/05/08 05:54
    • 今日は何の日(つづきのつづき)
       しかし、この強健な松が、今、次々と枯れています。
       原因は、松食い虫。
       松食い虫は、マツノザイセンチュウという線虫の俗称です。
       北米原産で、材木の中に潜んで入ってきました。
       これが松の樹幹で増殖すると、水の通る管が破壊され……。
       松は、水を葉まで届けることが出来なくなります。
       あっという間に枯死に至るというわけです。

       線虫は、自力では、ほかの松に移ることが出来ません。
       しかし、これを運ぶ昆虫がいるのです。
       マツノマダラカミキリ。
       こいつが、松から松へと飛び移りながら食害することにより……。
       線虫がばらまかれるわけです。
       で、枯れた松が増えると、マツノマダラカミキリも増えるんです。
       なぜなら、枯れた松には、卵が産めるからです。
       生きた松だと、産卵した穴を松ヤニが埋めてしまうんです。

       新潟の西海岸でも、薬剤散布などの防除作業は行われてるようです。
       しかし、いかんせん面積が広いうえに住宅地が隣接しており……。
       さらに、野鳥の営巣地でもあることから、いろいろと難しい問題があるようです。

       昔は、神聖な木として大切にされ……。
       家を新築すれば、必ず1本は立派な松が植えられてました。
       しかも、松食い虫もいない。
       松にとっては、今が一番厳しい時代なのかも知れません。

    • ––––––
      4. 手羽崎 鶏造
    • 2019/05/08 09:14
    • 無法松の一生 というのがありましたな。

    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2019/05/08 19:12
    • 無法松の本名は……
       富島松五郎(もちろん、小説上の名前です)。
       松竹梅の最上で、常磐木で目出度い「松」は……。
       当然、名前にもよく使われたわけですね。

    • ––––––
      6. 八十郎
    • 2019/05/10 18:39
    • 小倉~生ま~れ~で、玄かああい育ち~♪
      ・・・も荒いが(忘れました)、気も荒らああい~(^^♪

      パーライトの書き込みをしているうち、新緑の緑に北秋田が効こし召して参りました。

      失礼しました。

    • ––––––
      7. Mikiko
    • 2019/05/10 19:18
    • 荒いのは……
       “口"ですぞ。

       東北のお酒は、新潟とはかなり違うというイメージがあります。
       甘口のお酒が多いんじゃないですかね。
    コメントする   【由美と美弥子 2776】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
未知の星 禁断の体験 エッチな告白集 ましゅまろくらぶ 官能文書わーるど
官能の本棚 愛と官能の美学 電脳女学園 ちょっとHな小説
Angel Pussy 週刊創作官能小説 新・SM小説書庫2 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 萌木ケイの官能小説
羞恥の風 赤星直也のエロ小説 官能的なエロ小説 人妻の浮気話 艶みるく
Playing Archives 恥と屈辱の交差点 変態小説 HAKASEの第二読み物ブログ

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 性小説 潤文学ブログ 秘密のエッチ体験談まとめ アダルト検索一発サーチ
潤文学 女性のための官能小説 18's Summer 空想地帯
ぺたの横書き 淫鬼の棲む地下室 かめべや 魔法の鍵
櫻坂ゆかりの官能小説 女性のH体験告白集 濠門長恭の過激SM小説 平成な美少女ライトノベル
被虐のハイパーヒロインズ 女の陰影 お姫様倶楽部.com 出羽健書蔵庫
恥ずかしがりたがり。 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 最低のオリ むね☆きゅんファンサイト

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
黒い教室 ひめ魅、ゴコロ。 制服美少女快楽地獄 漂浪の果てに
[官能小説] 熟女の園 被虐願望 おしっこ我慢NAVI 妄想ココット
ライトHノベルの部屋 被支配中毒 riccia 調教倶楽部
ちょっとHなおとなのための… 快感小説 レズ画像・きれいな画像倉庫 Japanese-wifeblog
Eros'Entertainment SM~猟奇の性書~変態 緊縛新聞 性転換・TS・女体化劇場

エピソードセックス 空想の泉~The Fountain of Daydream~ オシッコオモラシオムツシーン収集所 アダルト官能小説快楽機姦研究所
渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋 あおいつぼみ 葵蕾
エロ体験談で抜けるコピペ プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉
ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都 ひよこの家
エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる ライブドアブログ
セックス・ノベル・ネット 人気ブログランキング
アダルトブログランキング にほんブログ村
官能小説アンテナ ネット小説ランキング
アダルト動画まとめ おたりんく

ランキング/画像・動画(11~30)
GL Search ヌケルアダルト作品 Girls Love Search 萌駅
Adult Novels Search ぱっくりんく 成人向けランキング 少女禁忌区域
妄想アンテナ 十八禁恋愛私花集 GAY ART NAVIGATION 卑猥図書館






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top