Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 2774
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 教習所通いだけじゃ、半分遊んでるみたいなので……。
 年内遅くに試験のある資格を探し、「危険物取扱者」の勉強をしました。
 勉強は、決して好きではありませんでしたが……。
 このときだけは、集中して没頭できました。
 勉強している間は、いろいろなことを忘れられたからです。
 図書館の学習室に通うのが楽しかったくらいです。
 幸いなことに、無事、合格することが出来ました。

 で、年が替わり、前職の源泉徴収票が要らなくなってから、就職活動を始めました。
 運の良いことに、「危険物取扱者」の資格が生きる職が見つかったんです。
 それが、今の工場でした。
 手先が器用なおかげで、仕事にもすぐに慣れました。
 サトシとも出会えました。

 わたしは、イケメンのサトシに一目惚れでした。
 でもサトシは、足が悪いことにコンプレックスを持ってて、ものすごく暗い子でした。
 顔の周りに、澱んだベールがかかってるみたいで……。
 話しかけるのでさえ、ためらわれるオーラが出てました。

 でも、前の職場であんな経験をしたせいでしょう……。
 わたしは、すっかり変わってました。
 もちろん、明るくなったわけじゃありません。
 何の怖さも感じないみたいになってたんです。
 告白して振られても、それが何なのって感じですかね。

 昔のわたしなら、告白すること自体、無理でしたし……。
 もし告って振られたりしたら、死にはしないまでも、少なくとも会社は辞めてたかも知れません。
 でも、3人の男に輪姦され続け……。
 姪には、性器まで舐めさせられてました。
 失う物なんて、何もなかったんです。

 そうそう。
 一番心配したのが、妊娠でした。
 もちろん、妊娠がわかったら、堕ろすつもりでした。
 でも、大丈夫でした。
 ちゃんと、生理が来たんです。
 ずっと不安だったので、ほんとにホッとしました。

 サトシとは持ち場が隣同士で、最初のころはシフトも一緒でした。
 サトシは、あまり器用な方ではありませんでしたが、仕事は一生懸命でした。
 いっさい手を抜かないので、班長にも信頼されてました。
 わたしは、わかってる作業でも、いろいろとサトシに聞きました。
 サトシは口下手でしたが、手振りを交えて熱心に教えてくれました。
由美と美弥子 2773目次由美と美弥子 2775

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2019/05/05 07:38
    • 今日は何の日
       5月5日は、『こどもの日』。
       「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」国民の祝日。
       1948(昭和23)年7月施行の『祝日法』によって制定されました。

       ちなみに、このとき制定された祝日は……。
       『元日(1月1日)』『成人の日(1月15日)』『春分の日(春分日)』『天皇誕生日(4月29日)』『憲法記念日(5月3日)』『こどもの日(5月5日)』『秋分の日(秋分日)』『文化の日(11月3日)』『勤労感謝の日(11月23日)』。

       このうち、戦前からある祝日が、名前を変えたものは……。
       『春季皇霊祭(春分日)→ 春分の日』『天長節(4月29日)→ 天皇誕生日(昭和天皇)』『秋季皇霊祭(秋分日)→ 秋分の日』『明治節(11月3日・明治天皇の誕生日)→ 文化の日』『新嘗祭(にいなめさい・11月23日)→ 勤労感謝の日』。

       すなわち、新たに制定されたのは……。
       『元日(1月1日)』『成人の日(1月15日)』『憲法記念日(5月3日)』『こどもの日(5月5日)』。
       4つだけでした。

       さて、『こどもの日』です。
       5月5日は、唐突に選ばれたわけではありません。
       古来から、『端午の節句』として、男子の健やかな成長を願う行事が行われてました。
       別名、『菖蒲の節句』。
       邪気を払う為、菖蒲や蓬を(よもぎ)軒に挿し、粽(ちまき)や柏餅を食べて祝いました。

       「端」は物のはし、つまり「始まり」という意味です。
       「端緒」という言葉もありますね。
       なので「端午」は元々、月の初めの「丑の日」のことでした。
       やがて、「午」が「五」の意味に転じ……。
       月の始めの五の日のことになりました。
       それが次第に、「丑の月」でもある5月の5日だけを、「端午の節句」と呼ぶようになったわけです。

       続きは次のコメントで。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2019/05/05 07:38
    • 今日は何の日(つづき)
       元々、日本ではこの日……。
       男性は戸外に出払い、女性だけが家の中に閉じ蘢って田植えの前に身を清める神聖な儀式の日だったそうです。
       しかし、「菖蒲」が「尚武」と同じ読みであることから、鎌倉時代ごろから、男の子の節句とされ……。
       甲胄や武者人形などを飾り、庭前に鯉のぼりを立てて男の子の成長を祝うようになりました。

       上記の記述は、こちら(http://www.nnh.to/05/05.html)のページから転載させていただきました。

       田植えの前に身を清める日というのは、初めて知りました。
       ちなみに、旧暦の5月5日を新暦にすると……。
       2019年では、6月7日になります。
       5月2日(新暦6月4日)が「八十八夜」ですから、その3日後。
       「八十八夜の別れ霜」も過ぎ……。
       本格的に田んぼの作業が始まるころだったのでしょう。

       しかし、現在の新潟では、まさしくゴールデンウィークの今が、田植えの真っ最中。
       作付けされるのは、ほとんどが「コシヒカリ」。
       早稲なので、田植えが早いんです。
       でもほんとうは、ゴールデンウィークでは、ちょっと早すぎ。
       まだ田んぼに入れられる水も冷たく、これから寒の戻りもあるからです。

       でも、ゴールデンウィークに田植えをやらなくちゃならない理由があるんです。

       続きはさらに次のコメントで。

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2019/05/05 07:39
    • 今日は何の日(つづきのつづき)
       それは、手伝いの人手を調達しやすいこと。
       現在の稲作は機械化され、省力化が進んでますが……。
       その中で、最も重労働で人手を要する作業が、田植えです。
       田植機があるじゃないかと思われるかもしれません。
       でも、田植機に苗をセットするまでが重労働なんです。

       まず、苗は、苗代(なわしろ)というところで育てられてます。
       苗代は、田んぼとは離れた、自分の敷地などのビニールハウスの中です。
       細やかな管理が必要なので、家の近くになければなりません。
       当然、田んぼとは離れてます。
       苗代の中では、苗箱というプラスチックのケースで育てられてます。
       これをすべて、軽トラに乗せ、田んぼまで運ぶんです。
       軽トラへの積み卸しが、大変な重労働。
       老夫婦だけでは、厳しいです。
       そこで求められるのが、助っ人です。
       東京などに出てる子供夫婦が……。
       ゴールデンウィークには、孫を連れて帰ってきます。
       で、田植えを手伝うわけです。
       都会の子供たちに農業体験をさせられる貴重な機会でもあります。
       なので、ゴールデンウィークに田植えをするわけです。

       逆にほかに時期は、老夫婦だけでも作業は出来てしまいます。
       専業でやるのは、2人で十分。
       人が余ってしまいます。
       ということで、田植えのときだけ、人手が必要。
       この状況が続く限り、ゴールデンウィークの田植えは無くならないでしょう。
    コメントする   【由美と美弥子 2774】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
愛と官能の美学 未知の星 禁断の体験 エッチな告白集 官能文書わーるど
電脳女学園 ましゅまろくらぶ 官能的なエロ小説 Angel Pussy 週刊創作官能小説
おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 新・SM小説書庫2 羞恥の風 ちょっとHな小説
萌木ケイの官能小説 赤星直也のエロ小説 恥と屈辱の交差点 秘密のエッチ体験談まとめ
人妻の浮気話 艶みるく 女性のための官能小説 変態小説 Playing Archives

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
潤文学 アダルト検索一発サーチ 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 黒い教室
制服美少女快楽地獄 ぺたの横書き 女性のH体験告白集 性小説 潤文学ブログ
18's Summer 魔法の鍵 淫鬼の棲む地下室 空想地帯
恥ずかしがりたがり。 出羽健書蔵庫 漂浪の果てに 濠門長恭の過激SM小説
お姫様倶楽部.com HAKASEの第二読み物ブログ 女の陰影 平成な美少女ライトノベル
官能の本棚 [官能小説] 熟女の園 被虐願望 ひめ魅、ゴコロ。

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
渡硝子の性感快楽駆け込み寺 おしっこ我慢NAVI かめべや 妄想ココット
むね☆きゅんファンサイト 最低のオリ ライトHノベルの部屋 被支配中毒
riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための… 快感小説
レズ画像・きれいな画像倉庫 Japanese-wifeblog Eros'Entertainment SM~猟奇の性書~変態
緊縛新聞 性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス 被虐のハイパーヒロインズ

空想の泉~The Fountain of Daydream~ オシッコオモラシオムツシーン収集所 アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH
羞恥集 マルガリテの部屋 あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ
プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻!
wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉 ねっとりぐちょぐちょ
美里のオナニー日記 黒イ都 ひよこの家 エロショッカー軍団
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる セックス・ノベル・ネット
ライブドアブログ 官能小説アンテナ
人気ブログランキング アダルトブログランキング
にほんブログ村 Adult Novels Search
GL Search おたりんく

ランキング/画像・動画(11~30)
アダルト動画まとめ ネット小説ランキング 成人向けランキング Girls Love Search
アダルト検索BBJapan 正しいH小説の勧め ヌケルアダルト作品 十八禁恋愛私花集
萌駅 GAY ART NAVIGATION 創作系サイト検索・KAGOME 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top