Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
単独旅行記Ⅴ(162)
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 また、話がズレました。
 解説を続けます。

 ↓ズレた後は、見事に大ブレ。
見事に大ブレ
↑「み」

 アル中が撮っても、ここまではブレないと思うのですが。
ここまでブレない
↑この人ならブレます。

 家のようですが、埴輪ではないみたいですね。

 こういうことがあるから……。
 ほんとうは、2枚ずつ撮っておいた方がいいのでしょう。
 枚数のメモリ容量は、十分余ってます。
 でも、バッテリーは保たないでしょう。
 予備バッテリーを持って行けばいいだけですが。
予備バッテリー

 ↓ご丁寧に、説明書きまでブレてます。
説明書きまでブレてます
↑「み」。科捜研でも解析不可能。

 発作でも起こしてたんですかね。
 しゃっくりでも出たんでしょうか。
人差し指を耳に入れてると、1分で止まる
↑人差し指を耳に入れてじっとしてると、1分で止まるそうです。ほんまか?

 でも、ブレたという自覚があれば、撮り直してたはずです。
 さっぱりわかりません。

 ↓最初は、文字を記した石板かと思いました。
敷石
↑「み」

 でも、かろうじて読めた説明書きによると……。
肉眼でも解読可能
↑「み」。こちらは肉眼でも解読可能でした。

 「敷石」でした。
 古墳時代から造られてたんですね。
 筋目に沿って、真っ直ぐ割れる石はありますからね。
頁岩(けつがん)
↑頁岩(けつがん)と読むようです。語感がイマイチです。“シェール"の方がいいですね。

 敷石のように四角い板状にするというのが、もっとも簡単な石の加工法かも知れません。

 ↓敷石と云っても、道路に使われたものではありませんでした。
道路に使われたものではありません
↑「み」
単独旅行記Ⅴ(161)目次単独旅行記Ⅴ(163)

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2019/04/19 05:56
    • 敷石
       この言葉で思いつくのは……。
       最近書いてた記憶があるので後ろめたいのですが、三好達治『甃のうへ』。
       記憶があるのも当然、1ヶ月前でした。
       2019年3月15日の『単独旅行記Ⅴ(142)http://mikikosroom.com/archives/36754549.html』のコメント。
       このときは、東京国立博物館での「銅鐸」から……。
       「風鐸(ふうたく)のすがたしづかなれば」という一節をこじつけたものでした。
       今日はまた、「敷石」から「わが身の影をあゆまする甃(いし)のうへ」を連想してしまいました。
       つくずく、わたしの細胞に滲みてる詩なんだなと思います。
       ↓思いついでに、再掲します。

      +++
      ●甃のうへ/三好達治

      あはれ花びらながれ
      をみなごに花びらながれ
      をみなごしめやかに語らひあゆみ
      うららかの跫音(あしおと)空にながれ
      をりふしに瞳をあげて
      翳りなきみ寺の春をすぎゆくなり
      み寺の甍(いらか)みどりにうるほひ
      廂々(ひさしひさし)に
      風鐸(ふうたく)のすがたしづかなれば
      ひとりなる
      わが身の影をあゆまする甃(いし)のうへ
      +++

       うーむ。
       いい詩じゃ。
       連想するのは、やはり今の季節とあってるからもあるでしょう。
       「をみなごに花びらながれ」。
       まさに今、新潟のサクラは、満開を過ぎ散り始めたころです。

       続きは次のコメントで。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2019/04/19 05:57
    • 敷石(つづき)
       さて、敷石です。
       古墳時代からあったとは思いませんでした。
       石で思いつくのは、まず石垣ですね。
       石垣と云えば、お城。
       港町の新潟では、古い石垣はまったく見られません。
       東京に行くと、皇居界隈で江戸城の石垣が見られます。
       関東大震災では、倒壊の被害を受けたようですが……。
       石垣の場合、積み直せば元に戻るという特性があります。

       で、江戸の町で不思議なのは……。
       長屋のドブ板です。
       火災をあれほど恐れてた町なのに……。
       なぜ、ドブ板だったのでしょう。
       実際、火事が起きると、ドブ板が導火線になって……。
       火が、建物から建物に移って行ったわけです。
       お城の石垣を積む技術があるのですから……。
       ドブ板を、石の蓋に替える技術がないわけはありません。
       お金の問題なんですかね。
       「庶民は石を使ってはならん」なんて、幕府がお触れを出してたのでしょうか。
       それはないと思います。
       町民地から火事が広がれば……。
       武家地はもちろん、江戸城にも広がる恐れがあるからです。
       実際、「明暦の大火」で江戸城の天守が焼け落ちてます。

       しかも、このドブ板。
       明らかに第二次世界大戦後まで存在してました。
       なぜなら、「ドブ板選挙」という用語が残ってるほどですから。
       これは、田中角栄が得意とした選挙手法。
       路地の奥まで、ドブ板を踏みながら入りこみ……。
       ひとりひとりと握手して回る選挙運動です。
       田中角栄は……。
       「歩いた家の数しか票は出ない。手を握った数しか票は出ない」と言ってたそうです。

       統一地方選挙。
       後半戦は、あさってが投票日。
       地方の議会では、立候補者が定員に満たないところもあったようです。
       日本の未来、どうなっちゃうんでしょうね。

    • ––––––
      3. 手羽崎 鶏造
    • 2019/04/20 10:18
    • 子どもの頃の記憶には、ドブというものが
      存在します。昭和の記憶。
      下水管がすべて地中埋設ではありませんでした。
      また、田んぼがまだ有りましたから、用水路
      というのも走ってました。
      毎年、小さな子どもが落ちる事例は
      起きていたのではないでしょうか。
      雨の少ない地域でしたから溜め池も多く、
      それが事故になっていないのは、
      今思えば知らない大人にでも、すぐ助けを
      呼べる、助けに応じる環境があったように思います。

    • ––––––
      4. Mikiko
    • 2019/04/20 10:49
    • 溜め池
       以前、移住候補地として、明石市の地図をネットで見たことがあるのですが……。
       溜め池の多いのには驚きました。
       兵庫県は、全国でダントツに溜め池が多い県だそうです。
       もちろん、作られた目的は、農業用水の確保でしょう。
       それだけ晴れが多いわけですから、うらやましい限りです。
       でも最近は、溜め池の周りまで、住宅が建つようになってるみたいです。
       洪水で決壊したりしないんですかね?

    • ––––––
      5. 手羽崎 鶏造
    • 2019/04/20 18:09
    • 河川の洪水ですか?
      今までも無かったし、無いと思います。
      瀬戸内海沿岸は雨が少ない地域ですから。
      水田がなくなって、宅地等に変わった分、
      水を貯める力はなくなっていると思います。
      そもそもこの国は。

    • ––––––
      6. Mikiko
    • 2019/04/21 06:23
    • なんだか……
       途中で終わってるようなコメですね。

       溜め池は、稲作が始まった弥生時代から造られてきたそうです。
       でも、ずっと決壊が無かったわけじゃありません。
       決壊は、頻繁に繰り返されてきたようです。
       その度に、築き直されてきたわけです。
       決壊のないことを祈り……。
       若い娘を人柱にしたこともあったとか。
    コメントする   【単独旅行記Ⅴ(162)】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
ましゅまろくらぶ 禁断の体験 エッチな告白集 未知の星 新・SM小説書庫2
官能文書わーるど 潤文学 変態小説 赤星直也のエロ小説
おとなの淫文ファイル エッチのあとさき ちょっとHな小説 羞恥の風 官能的なエロ小説
秘密のエッチ体験談まとめ 愛と官能の美学 女性のための官能小説 Angel Pussy 週刊創作官能小説
[官能小説] 熟女の園 恥と屈辱の交差点 電脳女学園 官能の本棚

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
性小説 潤文学ブログ HAKASEの第二読み物ブログ 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 恥ずかしがりたがり。
黒い教室 女性のH体験告白集 Playing Archives 人妻の浮気話 艶みるく
18's Summer 濠門長恭の過激SM小説 アダルト検索一発サーチ 制服美少女快楽地獄
空想地帯 むね☆きゅんファンサイト 魔法の鍵 渡硝子の性感快楽駆け込み寺
漂浪の果てに ぺたの横書き 最低のオリ 女の陰影
西園寺京太郎のSM官能小説 かめべや 出羽健書蔵庫 お姫様倶楽部.com

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
淫鬼の棲む地下室 被虐願望 被虐のハイパーヒロインズ 平成な美少女ライトノベル
快感小説 Mikiko's Roomの仮設テント 櫻坂ゆかりの官能小説 ひめ魅、ゴコロ。
おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋 被支配中毒
レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための…
緊縛新聞 Japanese-wifeblog Eros'Entertainment SM~猟奇の性書~変態

オシッコオモラシオムツシーン収集所 性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス 空想の泉~The Fountain of Daydream~
マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集
黒塚工房 あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ プライド
女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説
黒イ都 羊頭狗肉 ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記
ひよこの家 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる アダルトブログランキング
人気ブログランキング ライブドアブログ
官能小説アンテナ GL Search
ネット小説ランキング Adult Novels Search
おたりんく Girls Love Search

ランキング/画像・動画(11~30)
成人向けランキング 正しいH小説の勧め にほんブログ村 セックス・ノベル・ネット
ヌケルアダルト作品 GAY ART NAVIGATION アダルト動画まとめ アダルト検索BBJapan
十八禁恋愛私花集 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top