Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 2716
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 女子工員の顔を見やります。
 少し上を向いた鼻の穴が、ヒクヒクと動いてました。
 メガネの中から、細い目が真っ直ぐにわたしの手元を見てます。
 わたしの指先は、注視に応えるように始動しました。
 まっすぐ、女子工員のジーンズに伸びます。
 この日は、ジーンズ柄のレギンスではなく、本物のジーンズでした。
 それでも、スキニーって云うんですか、スゴく細いやつです。
 あんなの楽じゃないと思うんですがね。
 機能性より、見た目が大事な年ごろなんでしょう。

 そんなジーンズなので、脱がすのに手間取りました。
 女子工員が抵抗していれば、脱がせなかったかも知れません。
 しかし、彼女は協力的でした。
 尻を捲りあげるときは腰を浮かせ、布地を引っ張るときは脚を真っ直ぐに伸ばしてくれました。
 足首で苦戦しましたが、ようやく抜き取ることが出来ました。
 後で聞きましたが……。
 彼氏と一緒のときは、こんなジーンズは穿かないそうです。
 もちろん、脱ぎにくいからとのこと。
 それで、ベランダプレイの日は、レギンスだったんでしょう。

 さて。
 残るは、パンティ一枚です。
 わたしは、頬の緩みを抑えることが出来ませんでした。
 わたしの視線は、レーザーのように一点を灼いてました。
 もちろん、パンティの股間部です。
 薄い布地は、陰毛が透けるほど濡れていたのです。
 完全にオッケーなんだと、改めて噛みしめました。
 まさしくこれが、据え膳です。
 いただかないわけにはいきません。

 わたしの手がパンティにかかる前に、女子工員は腰を浮かせました。
 薄い布地を捲り下ろします。
 平坦な尻は、何の抵抗もなく布地を滑らせました。
 前面の布地が捲れると、女性器が露出しました。
 もちろん女子工員の性器は、これまでに幾度も見てきています。
 しかし、そこに陰茎を突っこむことはありませんでした。
 これからそれをしようとして見る女性器は、まったく違うものにさえ思えました。
 上付きの志津子とは対照的に、かなり下方に向いた性器でした。
 さすがに年齢の違いは如実に現れてます。
 陰唇には色素の沈着もなく、赤みが勝った色合いでした。
由美と美弥子 2715目次由美と美弥子 2717

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2019/02/13 06:43
    • 今日は何の日
       2月13日は、『苗字制定記念日』。
       1875(明治8)年2月13日(今から144年前)……。
       明治政府が、「平民苗字必称義務令」という太政官布告を出し、すべての国民に姓を名乗ることを義務附けました。
       江戸時代、苗字を使っていたのは貴族と武士だけでしたが……。
       1870(明治3)年に出された「平民苗字許可令」により、平民も苗字を持つことが許されました。
       しかし、当時の国民は明治新政府を信用しておらず……。
       苗字を附けたら、それだけ税金を課せられるのではないかと警戒し、なかなか苗字を名乗ろうとしませんでした。
       そこで明治政府は、1874(明治7)年の佐賀の乱を力で鎮圧するなど、強権政府であることを誇示した上で……。
       翌年の苗字の義務化を断行したのです。
       以上の記述は、こちらのページ(http://www.nnh.to/02/13.html)から転載させていただきました。

       それではなぜ、明治政府は平民に苗字を付けさせたがったのか?
       もちろん、税金を多く取るためではありません。
       しかし、もっと恐るべき目的があったのです。
       それは、「徴兵」です。
       それまでの兵隊は、白米で釣ったりして集めてました。
       でもそれでは、食い詰め者の集まりにしかなりません。
       まともな人材を兵隊にするには、徴兵するしかないのです。
       「徴兵制度」を確立するためには……。
       戸籍の整備が欠かせなかったというわけです。

       続きは次のコメントで。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2019/02/13 06:44
    • 今日は何の日(つづき)
       さて、現在、多い苗字は何でしょう?
       ↓ランキングです(こちらから転載→https://myoji-yurai.net/prefectureRanking.htm?prefecture=%E5%85%A8%E5%9B%BD&page=0)。
      1位  佐藤
      2位  鈴木
      3位  高橋
      4位  田中
      5位  伊藤
      6位  渡辺
      7位  山本
      8位  中村
      9位  小林
      10位  加藤

       なぜ、佐藤や鈴木が多いかというと……。
       苗字を義務化した際、苗字の例としてあげられたのが「佐藤」や「鈴木」だったとのことです。
       といっても、日本の人口に占める割合で云えば……。
       「佐藤」でも、1.5%程度。
       それだけ苗字には多様性があるということです。
       しかし……。
       先日、『日本人のおなまえっ!』で、福島県南会津郡檜枝岐村が取りあげられてました。
       奥会津の豪雪地帯。
       人口、571人。
       ここには、苗字が、ほぼ3つしか無いそうです。
       今でこそ、教員などでの赴任者が定住したりして、別の苗字もありますが……。
       昔はほんとに、3つだけだったとか。
       「星」「平野」「橘」。
       落人の里だったらしいです。

       続きはさらに次のコメントで。

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2019/02/13 06:44
    • 今日は何の日(つづきのつづき)
       「星」は、1200年前の奈良時代、朝廷の権力争いに敗れ、都落ちしてきた人たちだそうです。
       元の苗字は「藤原」。
       「平野」は、その苗字からも連想できますが、平家の落人です。
       「橘」は、楠木正成の子孫の橘氏が信長に追われて逃げてきたそうです。
       おそらく、人のいない奥地に分け入ってたどり着いたのでしょう。
       「星」さんが住んで400年後、「平野」さんの先祖がやってくるわけです。
       ではなぜ、「星」さんは「平野」さんを追い払わなかったのか。
       山峡にわずかに平地があるような土地ですよ。
       さらに400年後、「橘」さんが逃げてきます。
       しかし、「星」さん「平野」さんは追い払わなかった。
       はっきりしたことはわからないようです。
       「星」さんは、400年の間、山の中で、ほかの地域と交流せずに生きてきたわけです。
       おそらく、技術革新なども行われず……。
       400年前の暮らしをしていたのでしょう。
       「平野」さんは、当時の最先端の農業技術を持っており……。
       それを「星」さんに伝えたと云われてます。
       当時の「星」さんは、異常気象による食糧難に苦しんでたそうです。
       「橘」さんは、最初は、隣接する谷間に暮らしてたそうですが……。
       雪崩で住めなくなった。
       それを、「平野」さんが自分の居住地に招き入れたんだとか。
       「星」さんに受け入れてもらった先祖の思いを、忘れなかったのかも知れませんね。

    • ––––––
      4. 手羽崎 鶏造
    • 2019/02/13 15:40
    • 安倍首相は今国会予算委員会で
      「自衛官募集のDMを送るために名簿を出せ
      と言っておるのに市町村の6割が協力しない」
      という趣旨の答弁をしています。
      徴兵制の話で思い出しました。
      そんなDM、我が家に送って欲しくありませんけど。

    • ––––––
      5. 手羽崎 鶏造
    • 2019/02/13 15:49
    • 本篇について。
      初めてのパンティ(ショーツ)って、
      ワタシはとても興味があります。
      口でどうおっしゃっても、初めてカラダを人に
      許す時、どんな勝負下着かで、その奥さんの
      本気度、期待度が分かるものです。
      デザイン、色あいなど。
      当然、ブラとはセットのものを着用されて
      います。
      人に見せるものでないので、下着(姿)を
      誉めてさしあげるのはマナーだと思います。
      いきなり脱がしにかかるのはNGだと思っています。
      失礼しました。

    • ––––––
      6. Mikiko
    • 2019/02/13 19:47
    • 自衛官
       この人手不足時代に、なかなかなり手はないでしょう。
       定年が早いですしね。

       そういう下着は、店頭では買いづらいですね。
       通販で買うんでしょうね。
    コメントする   【由美と美弥子 2716】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
愛と官能の美学 禁断の体験 エッチな告白集 未知の星 ましゅまろくらぶ
官能文書わーるど Angel Pussy 週刊創作官能小説 萌木ケイの官能小説 官能的なエロ小説
赤星直也のエロ小説 潤文学 ちょっとHな小説 電脳女学園
秘密のエッチ体験談まとめ おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 新・SM小説書庫2 羞恥の風
恥と屈辱の交差点 Playing Archives 人妻の浮気話 艶みるく [官能小説] 熟女の園

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
女性のための官能小説 女性のH体験告白集 変態小説 恥ずかしがりたがり。
アダルト検索一発サーチ 空想地帯 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ HAKASEの第二読み物ブログ
18's Summer かめべや 性小説 潤文学ブログ 魔法の鍵
ぺたの横書き 出羽健書蔵庫 妄想ココット 濠門長恭の過激SM小説
制服美少女快楽地獄 お姫様倶楽部.com おしっこ我慢NAVI むね☆きゅんファンサイト
淫鬼の棲む地下室 黒い教室 最低のオリ ライトHノベルの部屋

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
女の陰影 被支配中毒 riccia 調教倶楽部
ひめ魅、ゴコロ。 ちょっとHなおとなのための… 快感小説 レズ画像・きれいな画像倉庫
Japanese-wifeblog Eros'Entertainment SM~猟奇の性書~変態 渡硝子の性感快楽駆け込み寺
緊縛新聞 性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス 漂浪の果てに
被虐のハイパーヒロインズ 空想の泉~The Fountain of Daydream~ オシッコオモラシオムツシーン収集所 アダルト官能小説快楽機姦研究所

被虐願望 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋
あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ プライド 黒塚工房
官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 女性作家専門官能小説
羊頭狗肉 ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都
ひよこの家 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる 官能小説アンテナ
人気ブログランキング にほんブログ村
ライブドアブログ GL Search
アダルトブログランキング おたりんく
小説の匣 正しいH小説の勧め

ランキング/画像・動画(11~30)
Girls Love Search セックス・ノベル・ネット ネット小説ランキング Adult Novels Search
アダルト動画まとめ 萌駅 EPISODE SEX Cyber あまてらす
GAY ART NAVIGATION アダルト検索BBJapan 少女禁忌区域 ヌケルアダルト作品
ぱっくりんく 創作系サイト検索・KAGOME 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!





<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top