Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 2713
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 女子工員は、毅然とした顔で頷きました。
 はっきり言ってブスですが……。
 綺麗な指をした若い女性であることだけは確かです。
 この若い身体を抱ける……。
 そう思った瞬間、わたしの陰茎はむくむくと勃ちあがりました。
 トランクスの中での収まりが悪かったらしく……。
 陰茎はすんなりと伸びきれず、亀頭がトランクスの裏地を突きあげて捻れました。
 思わず腰を動かしたところを、女子工員は見逃しませんでした。
 わたしたちはテーブルの角を挟んで直角に座ってたので、女子工員からもわたしの股間が見えたのです。
 ほんとに男は不利だと思いますよ。
 昂奮してることが、ズボンの上からでも丸わかりになっちゃうんですから。
 その点女性は、いくら濡らしてても、澄ました顔をしてればわかりませんよね。

 女子工員は椅子を後ろに引くと、床に膝を着きました。
 止める間もなく、両手がわたしのズボンにかかります。
 ズボンの膨らみを、綺麗な手が包みました。
 ほんとに、ハンドクリームのCMに出られそうな端整な指でした。
 今さら、どう体裁を繕ってもウソになります。
 勃起してることが、はっきりと知られてるんですから。
 わたしはされるがままに、飴細工のような指先が、ズボンのジッパーを下げるのを見てました。
 器用な指先が、前立てに潜りこみます。
 わたしは、トランクスの前ボタンを留めないんです。
 指は、生き物みたいに布地を分け入って来ました。
 冷たい指の感触を、陰茎に感じました。
 冷たく感じたのは、それだけわたしの陰茎が熱を持ってたからでしょう。
 指は一瞬で、陰茎を外に連れ出しました。

 張り詰めた亀頭を見つめた女子工員が、わたしの顔を振り仰ぎました。

「嬉しいです」
「?」
「わたしと2人っきりなのに、勃ってくれて。
 これって、わたしを女と見てくれてるってことですよね」

 わたしは、何か言葉を発すれば声が掠れそうな気がして、ただ小さく頷きました。
 女子工員の頬に、安心したような微笑みが浮かびました。
 そしてその顔は、そのまま前に倒れました。
 陰茎を、生暖かい感触が包みました。
 咥えられたのです。
由美と美弥子 2712目次由美と美弥子 2714

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2019/02/09 07:55
    • 今日は何の日
       2月9日は、『漫画の日』。
       漫画専門古書店『まんだらけ』が制定。
       手塚治虫の命日であることから(1989年没・享年60)。
       ちなみに、11月3日は『まんがの日』です。
       『日本漫画家協会』と出版社5社が、2002(平成14)年に制定。
       「漫画を文化として認知してもらいたい」ということから、文化の日を記念日としたとか。
       この日は、手塚治虫の誕生日でもあります(1928年)。
       上記の記述は、こちら(http://www.nnh.to/02/09.html)とこちら(http://www.nnh.to/11/03.html#anniversary)のページから転載させていただきました。

       『まんだらけ』が『漫画の日』を制定したのがいつなのか、どこにも見あたりませんでした。
       ていうか、『まんだらけ』では、『マンガの日』と称してるようです。

       さっぱりわかりません。
       ちなみに、『漫画の日』はもうひとつあります。
       7月17日。
       1841年7月17日、イギリスで絵入り週刊誌『パンチ・ロンドン・シャリヴァリ』が創刊されたからとのこと。
       ただしこの『漫画の日』は、誰がいつ制定したのか、定かではないようです。
       世界的に「漫画」が生まれた日ということでしょうか?
       でも、日本には『北斎漫画』がありますし……。
       それより遙か昔に、『鳥獣人物戯画』なんてのもありますよね。
       ただ、吹き出しでセリフが付くのが「漫画」だとすれば、ちょっと違います。
       でも、イギリスの『パンチ』にも、吹き出しは付いてなかったようです。

       さて、わたしと漫画。
       わたしは、のめりこむほどの漫画オタクではありませんでした。
       自分で買って読んだのは……。
       高橋留美子とさくらももこくらいですかね。

       続きは次のコメントで。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2019/02/09 07:55
    • 今日は何の日(つづき)
       高橋さんは、新潟市出身という身近さもありました。
       引きこまれたのは、セリフの面白さでした。
       さくらさんもそうでしょうかね。
       『ちびまる子ちゃん』。
       確か第1話だったと思いますが、夏休み前に……。
       学校に置いてある朝顔の鉢や図工の道具などを、家に持ち帰る話。
       要領の良い子は、毎日少しずつ持ち帰るのですが……。
       まる子ちゃんは、終業式の日に、汗だくで大荷物を担いで帰ってました。
       記憶に残ってるのは、まる子が自分と似てたからではありません。
       わたしはむしろ逆で、要領の良い方でした。
       終業式には、通知表を入れて帰る紙製のケースだけ持って行ってたと思います。
       わたしが感心したのは、こういう身近な話題でも漫画に出来るんだということです。

       身近なことがネタになるということについては……。
       長めのコメントを毎日書くようになって、改めて感じてます。
       「今日は何の日」など、その由来を調べて書こうとすると、けっこう時間がかかるんです。
       なにしろコメントは、週に9~10本書かなきゃなりませんから……。
       けっこう、時間との闘いです。
       1本1本、丹念に調べて書いてたらとても間に合わない。
       その点、身近なこと、例えば最近では「洗濯記」とかだと……。
       調べなくても書けるわけです。
       自分をネタに書いた方が楽なんですよね。
       ということで最近の「今日は何の日」では……。
       冒頭にネタ元からのコピペを載せて、その後に自分の身に引きつけた話を書くようになって来てます。
       その方がわたしも楽だし、読者のみなさんも面白いんじゃないかと思ってます。
       ネタ元からのコピペだけなら、ネット上に溢れてますから。
       自分の話を絡めることで、オリジナリティが多少は出せてるんじゃないでしょうか。

    • ––––––
      3. 手羽崎 鶏造
    • 2019/02/09 10:24
    • 本篇について。
       志津子さんが工員の男性とやっちまった。
      これは、アキオさんが愛人を工員男性に寝取られた
      (NTR)ともいえます。
      アキオさんは事前に了解・合意していないからです。
       今度は、アキオさんが工員女性を相手に
      寝取る(NTR)番です。
      結婚を考えている工員男性の了解・合意を
      得ていません。
       さて、スワッピングというのは状況が異なります。
      これから、どう展開していくのかは、乞う、お愉しみに。

    • ––––––
      4. Mikiko
    • 2019/02/09 13:02
    • なるほど
       まったく意識せず、NTRを書いてたわけですね。
       このまま、お互いに不倫相手の方が好きになれば……。
       カップル交換ということになるんでしょうか。
       でも、もともとの相手も捨てがたいという場合は、どうするのでしょう。
       毎日入れ替わるとかなら理想でしょうが……。
       なかなか現実には、そう上手くはいかないのでしょうね。

    • ––––––
      5. 手羽崎 鶏造
    • 2019/02/09 15:37
    • スワッピングというのは、元のお相手を
      捨てるつもりの方は、足を踏みいれないと
      思います。



    • ––––––
      6. Mikiko
    • 2019/02/09 18:15
    • スワッピングに進めるのは……
       よほど仲が良いか、あるいは相方を圧倒的に支配してるかでしょうね。

       わたしは、もっと広まっていい文化だと思ってます。
       ホームパーティーを開く程度の付き合いから……。
       一歩踏みこんでほしいものです。
       子供のいない夫婦の集まりなら、可能性大じゃないでしょうか。
    コメントする   【由美と美弥子 2713】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
ましゅまろくらぶ 禁断の体験 エッチな告白集 未知の星 新・SM小説書庫2
潤文学 官能文書わーるど ちょっとHな小説 変態小説
赤星直也のエロ小説 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 羞恥の風 秘密のエッチ体験談まとめ
官能的なエロ小説 Playing Archives 官能の本棚 女性のための官能小説
Angel Pussy 週刊創作官能小説 愛と官能の美学 [官能小説] 熟女の園 電脳女学園

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
性小説 潤文学ブログ 恥と屈辱の交差点 女性のH体験告白集 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~
人妻の浮気話 艶みるく 黒い教室 HAKASEの第二読み物ブログ 18's Summer
恥ずかしがりたがり。 空想地帯 アダルト検索一発サーチ むね☆きゅんファンサイト
ぺたの横書き 魔法の鍵 制服美少女快楽地獄 濠門長恭の過激SM小説
西園寺京太郎のSM官能小説 お姫様倶楽部.com かめべや 女の陰影
渡硝子の性感快楽駆け込み寺 出羽健書蔵庫 淫鬼の棲む地下室 最低のオリ

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
被虐願望 被虐のハイパーヒロインズ 平成な美少女ライトノベル 快感小説
漂浪の果てに Mikiko's Roomの仮設テント 櫻坂ゆかりの官能小説 ひめ魅、ゴコロ。
おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋 被支配中毒
レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための…
緊縛新聞 Japanese-wifeblog Eros'Entertainment SM~猟奇の性書~変態

オシッコオモラシオムツシーン収集所 性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス 空想の泉~The Fountain of Daydream~
マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集
黒塚工房 あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ プライド
女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説
黒イ都 羊頭狗肉 ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記
ひよこの家 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる アダルトブログランキング
人気ブログランキング 官能小説アンテナ
ライブドアブログ Adult Novels Search
GL Search ネット小説ランキング
Girls Love Search おたりんく

ランキング/画像・動画(11~30)
セックス・ノベル・ネット にほんブログ村 ヌケルアダルト作品 正しいH小説の勧め
成人向けランキング アダルト動画まとめ アダルト検索BBJapan 十八禁恋愛私花集
GAY ART NAVIGATION 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top