Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
東北に行こう!(116)
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
み「あ、止まりますね」
客「『有戸』です。
 でも、言われませんか?」
み「は?
 何をです?」
客「何で結婚しないのかって」
み「さすがに今は、言われませんね。
 ほぼセクハラですから」
ほぼセクハラですから
↑議員って、ほんとにバカがいますよね。

み「昔はよく言われましたけど」
律「言われなくなったのは、セクハラに敏感になったからじゃないわよ」
言われなくなったのは、セクハラに敏感になったからじゃないわよ

み「じゃ、何ですか?」
律「気軽に聞くには、差し障りのある年齢になったからでしょ」
文京区大塚にあった女性専用の同潤会アパート
↑文京区大塚にあった女性専用の同潤会アパート。2003年に取り壊されました。戸川昌子の第8回江戸川乱歩賞受賞作『大いなる幻影』の舞台は、このアパートがモデル。戸川さんは、実際に住んでらしたそうです。

み「お互いさまです」
律「ふん」
み「この話題は、取りやめにしましょう」
客「じゃ、しばらく景色でも見ますか。
 この先で、国道と鉄道が交差し……。
 鉄道が海側に出るんです」
鉄道が海側に出るんです

客「その後、4キロくらいですが……。
 まるで、砂浜に線路が敷かれたみたいな景色になります。
 窓から手を出せば、渚に届きそうなくらいですよ」
窓から手を出せば、渚に届きそうなくらいですよ

み「それは、オーバーでしょう。
 手長足長じゃあるまいし」
客「なんです、それ?」
み「妖怪です。
 手足がむやみに長い」
手足がむやみに長い
↑キモいですねー。

客「それって、外人だったんじゃないですか?」
み「あぁ、そうかも知れませんね。
 天狗もそうですよね」
客「そうそう。
 背が高く、赤ら顔で、異様に鼻が高い。
 まさしく、西洋人そのものですよ」
天狗の元祖と云われる猿田彦命。身長7尺(2メートル10センチ)。
↑天狗の元祖と云われる猿田彦命。身長7尺(2メートル10センチ)。

 ここで、ひとこと。
 妖怪漫画の第一人者、水木しげるさんが、2015年11月30日に亡くなられました。
 93歳だったそうです。
 また、昭和の一時代が去って行きますね。
こちら、水木しげるさんの結婚写真。奥さん、綺麗ですね。
↑こちら、結婚写真。奥さん、綺麗ですね。

 さて、先を続けましょう。
 列車は、『有戸駅』を過ぎ……。
 国道と入れ替わり、鉄道が海側に出ます。

↑怖いような景色です。

み「おー、スゴい。
 ほんとに海の際ですね。
 でも、これじゃ、冬は止まるわな」
列車は、『有戸駅』を過ぎ……
↑これは車窓からの写真なので、運行されてたということです。切ないけど、懐かしさを感じる景色です。

客「実際、窓ガラスが潮で真っ白になったこともあります。
 風が強いときは、波をかぶるかも知れません」
み「そういうときは、事前に止めるんでしょ」
朝、駅に行ってこれを見たら、萎えますよね
↑朝、駅に行ってこれを見たら、萎えますよね。わたしなら、そのまま帰っちゃうかも。

客「風速20メートル以上で、時速25キロの徐行になります」

↑時速26キロで走る四足歩行ロボット。けっこう速いではないか。後ろ向きに走ってるように見えますが。

客「その速度で運転すると、『野辺地駅』と『大湊駅』間は、40分延着することになります」
み「あ、鉄道だと1時間で、バスで1時間半でしたよね」
大湊線の代行バス。こっちの方が、断然乗り心地良さそうです。
↑代行バス。こっちの方が、断然乗り心地良さそうです。

客「そうです」
み「徐行運転になったら、バスの方が早いんだ」
客「そういうことですね。
 だから、風速20メートル以上になりそうなときは……。
 代行バスに切り替わるんです」
み「冬は、風速20メートルの風なんて、珍しくないでしょ」
風速46メートル
↑これは、風速46メートル。飛ばされてる生徒は、高跳びで跳びあがったところを飛ばされたんでしょうか? 間違いなく、世界新記録だったと思います。

客「ないでしょうな」
み「高校生なら、ほかに手段がなければ、遅れるのも仕方ないかも知れませんが……。
 会社員は、そうはいきませんよね」
客「連日遅れたら、顰蹙でしょうね」
連日遅れたら、顰蹙でしょうね
↑わたしは高校のとき、電車を乗り過ごして遅刻したことがあります。寝てたわけではありません。ただ、ボーッと乗り過ごしてしまったのです。

み「バス代行を見越して、もっと早く出ろってことになるよな。
 そりゃムリだわな。
 毎朝、30分も早く出るなんて」
カツラにすれば簡単なのに
↑カツラにすれば簡単なのに。

み「猫も杓子も自動車通勤になるでしょ」
猫も杓子も自動車通勤になるでしょ

客「そうかもしれませんね。
 でも、横風がヒドいとき、走れるのかな?」
み「道路は、封鎖されないんでしょ。
 それに、風は海からなんだから、海に落っこちることはないんじゃない?」
客「ま、そりゃそうでしょうけど……。
 でも、波しぶきが吹き付けたら、前が見えないかも知れませんよ」
波しぶきが吹き付けたら、前が見えないかも知れませんよ
↑これは雨のようです。わたしも、2度ほど、高速で豪雨にあい、肝を冷やしました。雨だと、ライトを点けても前が見えないんですよね。

み「それはあり得るか」
客「それに……。
 車はそうとうダメージを受けるんじゃないですか?
 潮で」
み「あ、それはあるかもね。
 錆びちゃいますよね」
錆びちゃいますよね
↑これは、沖縄のようです。

客「でしょうな。
 あ、右手に広がるのが、牧場です」
右手に広がるのが、牧場です
↑見る地図ごとに、牧場の名称が違います。あんまり上手くいってないんですかね。

客「そのさらに向うに、六ケ所村の原燃施設があります」
そのさらに向うに、六ケ所村の原燃施設があります
↑こんなのが、下北半島の何にもないところに、いきなりあるんですからね。まさに、SFでしょう。

客「見えませんけど」
み「片側が海……。
 反対側が、牧場。
 この上もなくのどかで平和な風景だけど……。
 その向うには、原子燃料のリサイクル施設があるわけだね」
客「そういうことです」
み「あー、また道路が海側になっちゃった」
客「もうすぐ、『吹越(ふっこし)』です」
俳優の吹越(ふきこし)満。“吹越”は、本名のようですが……。なんと、青森県立野辺地高等学校卒業でした。
↑俳優の吹越(ふきこし)満。“吹越”は、本名のようですが……。なんと、青森県立野辺地高等学校卒業でした。

み「もう?
 確か、駅間が長かったんじゃないですか?」
客「13.4キロです」

み「ふむ。
 歩くと、3時間かかるね。
 東京だと、3時間くらい歩いても平気だけど……」
東京だと、3時間くらい歩いても平気だけど……

み「ここらは、辛いわな」
律「なんで、東京だと平気なのよ?
 疲れるのは一緒でしょ」
疲れるのは一緒でしょ

み「東京は、退屈しないんです。
 ずーっと、街が続くからね」
四谷付近の新宿通り
↑四谷付近の新宿通り。ずっとこんな町並みが続きます。

み「二日酔いの朝なんか、歩いて会社に行ったものです。
 西新宿のマンションから虎ノ門まで」
西新宿のマンションから虎ノ門まで
↑『中野坂上』が最寄り駅でした。

み「3時間かかりましたね」
客「二日酔いなのに、よくそんなに早起き出来ますね」
朝まで無事だったんですかね
↑朝まで無事だったんですかね。

み「早起きなんかしませんよ。
 フレックスタイム制でしたから」
客「あぁ、そうか。
 二日酔いの朝に歩くのは、酔い醒ましですか?」
み「それもありますけど……。
 それ以前に、満員電車に乗る気になれないからです」
毎日これは、辛すぎます
↑毎日これは、辛すぎます。

客「なるほど。
 気持ち悪くなっちゃいますね」
み「それ以前に、自分から酒の臭いがするでしょ。
 間違いなく、『こいつ、酒臭さっ』って思われますから」
くっさー
↑くっさー。

客「なるほど。
 満員電車では、どうしようもありませんな」
み「しかし、どうしてあんなに混むんですかね?」
客「人が多いからでしょうな」
人身事故のあった品川駅
↑人身事故のあった品川駅。流れてるうちはいいのですが、一旦滞ると、たちまちこんなありさまです。怖いですよね。

み「東京の冬なんか、天気がいいんだから、自転車で行けばいいんですよ」
いいですね。ちょっと怪しいけど。
↑いいですね。ちょっと怪しいけど。

客「なるほど。
 でも、あなたはそうしなかったわけでしょ?」
み「そう言えばそうですね。
 1度も、自転車を買おうと思ったことがないです。
 駅もコンビニもスーパーも、すべて徒歩圏にありましたからね」
わたしが、毎日のように通ってたスーパー『都立家政丸正』ですが……。なんと、閉店してました。
↑わたしが、毎日のように通ってたスーパー『都立家政丸正』ですが……。なんと、閉店してました(参照)。わたしは、いい時代の東京に住んでたようです。

み「とにかく、徒歩天国でしたよ」
『都立家政』の駅前から続く商店街。わたしが住んでたころは、もっと賑やかだった気がする。
↑『都立家政』の駅前から続く商店街。わたしが住んでたころは、もっと賑やかだった気がする。

律「歩行者天国じゃないの?」
秋葉原の歩行者天国。わたしは、1度も行ったことがないと思います。
↑秋葉原の歩行者天国。わたしは、1度も行ったことがないと思います。

み「それは、意味が違うでしょ。
 金曜の夜は、マンションまで歩いて帰ったりしたものです」
律「二日酔いで?」
み「金曜の夜に二日酔いって、どんな生活だよ」
金曜の夜に二日酔いって、どんな生活だよ

み「きっちり素面です。
 でも、夜の東京を3時間も歩いていると……。
 なんだか、酔っ払ってくるみたいだった。
 マンションが近くなって、西新宿の高層ビルが間近に見えてくると……」
マンションが近くなって、西新宿の高層ビルが間近に見えると……

み「ウォークマンで、『What a wonderful world』を聞きながら歩いたものです」
客「サッチモですね」


み「まるで、ドラマの場面みたいでしたよ。
 今、思い返すと……。
 あのときが、わたしの人生で、最良の瞬間だったのかも」
客「『大湊線』の車窓も、負けてないと思いますが」
『大湊線』の車窓も、負けてないと思いますが

み「この風景でサッチモは、ムリがあるでしょ。
 やっぱ、高橋竹山ですよ。
 初代の方の」
やっぱ、高橋竹山ですよ

み「あー、やっぱり、きのう、聞けば良かったな。
 津軽三味線」

↑実際に門付けで生活してた人の演奏です。

客「てことは……。
 昨日は、金木の斜陽館に行かれましたな」
『斜陽館』こういう玄関灯、いいですよね。
↑こういう玄関灯、いいですよね。

み「げ。
 なんで分かるんです!
 やっぱり、公儀隠密」
やっぱり、公儀隠密
↑もちろん、現代劇ではありません。

み「恐るべし、徳川」
恐るべし、徳川

客「簡単な推理ですよ。
 金木に、『津軽三味線会館』がありますから」
金木に、『津軽三味線会館』がありますから
↑なぜに、ここまで股を開く?

客「これまでの話で、文学に造形が深いご様子でしたから。
 それで、青森となれば、太宰治でしょ」
それで、青森となれば、太宰治でしょ

客「きっと、斜陽館で時間を使いすぎて、三味線会館のライブを聞く時間が無くなったと思ったんです」
み「ほー。
 シャーロック・ホームズみたいですな」
シャーロック・ホームズ。中学生のころ、ハマりました。
↑中学生のころ、ハマりました。

客「それほどでも」
み「でも、ハズレです」
客「ありゃ。
 そうなんですか」
み「三味線を聞きそびれたのは……。
 『リゾートしらかみ』です」
客「あ、そうか。
 車中で、津軽三味線のライブをやるんですよね」
車中で、津軽三味線のライブをやるんですよね

客「確か、五所川原を過ぎてからだ。
 だからか。
 金木に行くために、五所川原で降りたから、津軽三味線が聞けなかった。
 これは、読みが一歩甘かったな。
 不覚です」
み「隠密にしくじりは許されません。
 切腹を命じます」
切腹を命じます

客「そんなぁ」
み「安心しなせい。
 介錯は引き受けます」
介錯は引き受けます

客「あなたに剣の心得があるとは、思えませんが」

み「隠密同心、心得の条」
客「おぉ。
 懐かしい。
 『大江戸捜査網』ですな」
『大江戸捜査網』ですな
↑題字がヘタすぎないか?

客「昔の時代劇は、面白かったですよね。
 わたしは、井坂十蔵のファンでした」
わたしは、井坂十蔵のファンでした

客「心得の条も暗唱しております」
み「冥土の土産に聞きましょう」
メイド違いですが。ホワイトチョコ入りのクッキーだそうです。
↑メイド違いですが。ホワイトチョコ入りのクッキーのようです。

客「隠密同心、心得の条。
 我が命、我が物と思わず……。
 武門の儀、あくまで陰にて……。
 己の器量伏し、ご下命いかにても果すべし」
隠密同心、心得の条

客「なお、死して屍拾う者なし。
 死して屍、拾う者なーし」
死して屍拾う者なし

み「歌いあげましたな。
 これでもう、心残りは無いでしょう」
これでもう、心残りは無いでしょう

客「あります。
 桃太郎侍の口上もやらせてください」
桃太郎侍の口上もやらせてください

み「贅沢な」
客「ひと~つ」
ひと~つ
↑パチンコのようです(以下同じ)。

み「始めるな!」
客「人の世の生き血をすすり」
人の世の生き血をすすり

み「顔マネはしなくていいです」
客「ふたつ、不埒な悪行三昧」
ふたつ、不埒な悪行三昧

み「正解は?」
客「越後製菓!」
越後製菓!

み「あなた、高橋英樹マニアですか?」
客「み~つ」
み「出たホイの良さホイのホイ」
ヨサホイ節

客「茶化さんでください。
 もとい。
 み~つ。
 醜い浮世の鬼を……」
醜い浮世の鬼を……

客「退治てくれよう、桃太郎」
退治てくれよう、桃太郎

み「あなた、思いのほか、バカでしたね」
客「失礼つかまつった。
 それでは、成敗いたす」
それでは、成敗いたす

み「なんであんたが成敗するんです。
 切腹でしょ。
 介錯してやりますから、とっとと腹を切りなはれ」
江戸時代末期の切腹の様子
↑江戸時代末期の切腹の様子

客「あなたの腕じゃ、死に切れません」
み「それは切ってからのお楽しみ」
客「実際の切腹では、腹は切らなかったそうです」
実際の切腹では、腹は切らなかったそうです

み「なんでです?」
客「戦国時代までは、自ら十文字に腹を切り裂き……。
 内臓を掴み出したりしたそうですが」
いらっしゃ~い
↑いらっしゃ~い。

み「ひぇ~」
客「江戸時代に入って平和が続くと、そんなことが出来る強者はいなくなります」
み「当然です」
客「実際には、三方に置いた短刀に手を伸ばして、頭が下がった瞬間……」
三方に置いた短刀に手を伸ばして、頭が下がった瞬間……

客「介錯人が、首を切り落としてたとか」
み「で、首が空を飛んで行く」
客「将門じゃあるまいし」
将門じゃあるまいし

客「首を完全に切り離してしまうのは、介錯人の恥になります」
映画『切腹』より。介錯人役は丹波哲郎。
↑映画『切腹』より。介錯人役は丹波哲郎。

み「なんでじゃ?」
客「上手い介錯人は、首の皮一枚を残すんです。
 で、首は、だらんと胸の前に下がる。
 これを、“抱き首”と云います」
これを、“抱き首”と云います

客「で、首の重みで、上体が前のめりに倒れる。
 前のめりに死ぬのが武士道ですからね」
相撲取り最強説が消えた瞬間
↑相撲取り最強説が消えた瞬間。

客「首が切り離されたら、後ろにひっくり返ってしまいます」
後ろにひっくり返ってしまいます

み「ほんとにそんなに上手くいったんですか?」
客「名人がいたそうですね」
み「日本刀って、ほんとにそんなに切れるんでしょうか?」
客「切れ味には、恐ろしいものがあります」

↑生卵も一刀両断。

客「幕末、日本に来た外国人で、朋輩が斬り殺されたところを見た人なんか……。
 本国に向けて、日本刀の切れ味の恐ろしさを、縷縷綴ってます」
生麦事件

客「でも、腕がなければ切れない道具でもあります」

↑腕があれば、この通り。小学生女子による試し切り。

み「素人が介錯しようとしたら?」
客「まず、まともに切れません。
 実際、三島由紀夫が切腹したとき、『楯の会』のメンバーの森田必勝が介錯したんですが……」
三島由紀夫(右)と森田必勝(左)
↑三島由紀夫(右)と森田必勝(左)

客「3度失敗し、刀身がSの字に曲がってしまったそうです」
この刀は、コスプレアイテムのようです
↑もちろん、こういう曲がり方ではありません。この刀は、コスプレアイテムのようです(ヨシトミ製作所)。

み「なまくら刀だったんでしょうか?」
客「介錯にそんな刀を使うはずありませんよ。
 日本刀は、刃の向きと、振り下ろす角度が少しでもズレると、まったく切れないんです」
王貞治選手が、日本刀で素振りをしてたことは有名
↑王貞治選手が、日本刀で素振りをしてたことは有名。写真の軌道のとおり、ダウンスイングだったそうです。

客「棒で叩くみたいになっちゃう。
 首の皮一枚残して切り落とすなんていうのは、尋常な技術じゃありません」

↑こちらは、リアクションが可愛い居合い斬り。海外でも人気だそうです。

み「三島は、実際に刀を腹に突き立てたんですか?」
客「同日、牛込署内で検死が行われました」
『牛込署』想像図
↑『牛込署』想像図。

客「見事だったそうです。
 へソ下4㎝ぐらいのところを、左から右へ真一文字に、13㎝も引き切ってた。
 深さは約5㎝あり、腸が飛び出てたそうです」
腸が飛び出てたそうです

み「ひょえー。
 でも、5㎝って、浅くありません?」
5㎝って、浅くありません?

客「それ以上深く突き立てたら、横には引けませんよ。
 その後、森田必勝も続いて切腹したのですが……。
 腹の傷は、ほとんど出血も見られないほど浅かったそうです」
衆道切腹
↑どうしても、こういう図を連想してしまいます。

み「じゃ、生き残ったわけですか?」
客「いえ。
 介錯で、首を落とされてます」
首を切り離してしまうのは、下手くそな介錯
↑首を切り離してしまうのは、下手くそな介錯。

客「古賀浩靖という有段者が、切り落としたんです。
 三島の首も、森田に代わって古賀が落としてます。
 どちらも見事に、首の皮一枚残してたそうです」
古賀浩靖は切腹せず、投降してます
↑古賀浩靖は切腹せず、投降してます。結果的に、2人を殺したわけですが……。判決は、懲役4年だったそうです。なぜじゃ?

み「ほんまかいな。
 そんなこと、そうとう練習してなきゃ出来ないでしょ?」
真剣白刃取り失敗。たぶん、ネタですね。
↑真剣白刃取り失敗。たぶん、ネタですね。

み「どうやって練習したんですか?」
客「そこまでは知りません。
 でも、出来るんじゃないですか。
 達人の域に達してれば」
柳生新陰流の始祖・柳生石舟斎が斬り割ったと云われる『一刀石』
↑柳生新陰流の始祖・柳生石舟斎が斬り割ったと云われる『一刀石』。実際には、石ではなく、巨岩です。

み「その古賀という人は、いくつだったんです?」
客「たしか、23くらいだったと思います」
み「その歳で、ほんとにそこまで熟達した人だったら……。
 どうしてあんな暴挙に加わったんですかね?」
どうしてあんな暴挙に加わったんですかね?

客「確かに」
み「森田必勝という人は、いくつだったんです?」
客「25だったと思います」
み「三島は?」
客「45でした」
三島と森田

律「25歳の人を道連れってのは許せないわね」
客「三島は腹を切る前、介錯のため背後に立った森田に『君はやめろ』と言ったそうです」
み「森田は、三島が腹を切った後、続いたわけね」
客「そうです」
み「でも、一緒に行動したら、そういう結果になることは……。
 当然、予想できたはず」
律「そうよね」
み「とにかく、何かを訴えるために、命を引き換えにするってのはね。
 とうてい、共感を得られませんよ。
 一種の自爆テロじゃないの」
客「他人を傷つけなかったというのが、唯一、評価できるところですかな。
 戦前の二・二六事件では……。
 政治家4名と、警備の警官5名、計9名の命が失われました」
二・二六事件

み「暗鬱な事件です。
 救いがない。
 あー、嫌になった」
客「それじゃ、景色の方を眺めますか」
み「あれ、いつの間にか、また道路が海側になった」
客「もうすぐ、『吹越』に到着です。
 この先、『有畑』を過ぎると、線路の方が再び海側になります。
 以後、ずーっとそのままです」
み「おー。
 じゃ、さっきみたいな景色が、ずーっと続くわけだ」
有戸-吹越

客「でも、あんなに海際を走るのは、あそこだけですよ」
み「なーんだ」
律「あれがずーっと続いたら、怖いわよ。
 海が荒れてるときなんか」

↑イギリスのダウリッシュ。台風の中、波を被りながら走行する列車。なんで止めないんでしょう?

み「でも、湾だから、そんなに荒れないんじゃない?」
穏やかに凪いだ陸奥湾
↑穏やかに凪いだ陸奥湾。湖のようです。

客「ま、外洋のようなうねりは無いでしょうが……。
 風がスゴいですからね。
 波はかなり立つでしょうな」
み「そんなときは、代行バスね」
大湊線代行バス
↑『陸奥横浜駅』付近のようです。

客「ですな」
み「いっそ、バスも定期運行にしたらいいのに」
客「それをやったら、鉄道を存続させるタテマエが無くなってしまいます」
み「存続させる必要があるのか?」
客「声が高いですぞ。
 地元の方も乗っておられます」
『リゾートあすなろ』ほっかむり行商隊
↑怪しすぎる2人組は、『リゾートあすなろ』に乗車する“ほっかむり行商隊”。

み「おー、危ない。
 死して屍拾う者なし」
骸骨
↑けっこーなお値段(こちら)。

み「隠密同心心得の条を忘れるところだった」
律「あんたみたいなオッチョコチョイが、隠密なんかになれますか」
大瀬康一主演『隠密剣士』
↑大瀬康一主演『隠密剣士』。中央の牧冬吉さんは、子供向け時代劇になくてはならぬ人だったようです。

み「オッチョコチョイくらいがいいんですよ。
 逆に怪しまれなくて」
広島の飲み屋のようです
↑広島の飲み屋のようです。

律「それじゃ、任務も務まらないでしょ」
み「あにょな。
 根本的に誤解しとるな。
 隠密とか忍者の、もっとも重大な仕事はなんじゃ?」
律「暗殺とか、破壊活動じゃないの?」
忍者の、もっとも重大な仕事はなんじゃ?

み「ISじゃあるまいし。
 そんなことばっかりしてたら、命がいくつあっても足りんわい」
律「じゃ、何するのよ?」
み「情報収集ですよ。
 その土地の情報は、その土地の人からしか聞き出せません」
江戸時代ジオラマ

み「テレビの忍者みたいに、暗鬱な顔して歩きまわってたら……。
 気味悪がられて、誰からも話なんか聞けませんよ」
仮面の忍者 赤影
↑怪しすぎ。左端はもちろん、牧冬吉。

み「だから、忍者や隠密は、物売りや芸人に扮したりするわけ」
七味唐辛子売り
↑七味唐辛子売り。売り声は、“とんとんとん、とうがらし、ひりりとからいはさんしょのこ”。

み「初めて見る顔でも、そういう職業なら、怪しまれないでしょ。
 時間をかけて馴染んでいくヒマなんてないのよ。
 出会った途端、情報を引き出さなきゃならない。
 つまり、人の懐に一瞬で飛びこめるようなキャラじゃなきゃ出来ないわけ」

↑猫だましから懐に飛びこむ『舞の海』(対『水戸泉』戦)。

み「人に警戒されないキャラね。
 で、何より聞き上手でなきゃ」
何より聞き上手でなきゃ

み「つまり、コミュニケーション能力が、一番大事なんですよ」
客「なるほどね。
 諸藩の内情を探索する公儀隠密は……。
 身分がバレたら、殺されたそうですからね」
身分がバレたら、殺されたそうですからね

律「公儀隠密って、徳川幕府の人なんでしょ?」
江戸城天守
↑NPO法人『江戸城天守を再建する会』より。

み「さよでんな」
律「そんな人を殺したら、幕府が黙ってないんじゃないの?」
み「黙ってるんですな」
黙ってるんですな

律「どうしてよ?」
み「表立って諸藩の内情を探るわけにはいかんでしょ。
 だからこその隠密なんです。
 つまり幕府は、たとえ隠密が殺されても……。
 『そんな人間は知らん』という立場なわけです」
虚無僧姿の隠密もありがちです。こちら、天知茂さん。
↑虚無僧姿の隠密もありがちです。こちら、天知茂さん。

律「まぁ、ヒドい。
 2階級特進とかにならないわけね」
み「“死して屍拾う者なし”です。
 そもそも、隠密なんて、正式な役職じゃなかったでしょ」
客「ですね。
 8代将軍の吉宗が紀州から連れてきた、御庭番が有名です」
8代将軍の吉宗が紀州から連れてきた、御庭番が有名です

客「表向きは、江戸城の奥庭を管理する役職です」
表向きは、江戸城の奥庭を管理する役職です

み「おー、時代劇でありますな。
 将軍が、庭を散歩しながら……。
 手入れをしてる庭師を呼び止める」
手入れをしてる庭師を呼び止める
↑兼六園です。

み「で、将軍の『行ってまいれ』の一言で……。
 その場から、直ちに諸藩に向けて旅立って行ったわけだ」
その場から、直ちに諸藩に向けて旅立って行ったわけだ
↑“大富豪同心”ってなんですかね? ひょっとして筒井康隆『富豪刑事』のパロ?

律「ほんとかしら」
客「ま、役目はそんなものでしょうが……。
 いくらなんでも、命令を受けて、その場から出立はムリでしょう。
 お金も無いでしょうし」
お金も持ってないですし

み「将軍が、その場でくれるんでないの?」
このパソ、欲しいですね
↑このパソ、欲しいですね。

客「将軍はお金なんか持ってませんよ。
 必要ありませんから」
み「じゃ、どうしたのよ?
 自腹で行ったわけじゃないでしょ」
自腹で行ったわけじゃないでしょ

客「当然、支度金は下されますが……。
 事前に、見積書を提出したそうです」
事前に、見積書を提出したそうです

み「隠密が見積書、書くのか!」
客「そうだったらしいです」
み「いくらくらい貰えるのけ?」
客「大体、2人1組で行動したそうです」
大体、2人1組で行動したそうです

み「漫才師に売ってつけだな」
漫才師に売ってつけだな

客「1人だと、殺されたらそれでお終いですからね。
 それまで調べたことも、伝わらなくなってしまいます」
み「どのくらいの期間、行ってたの?」
客「まず、隠密には、2職種ありましてね。
 ひとつは、幕府の諸役人が不正を働いていないかを内偵・調査する『江戸向き地廻り御用』」
2015年1月に、特番として作成され、放映されたようです
↑2015年1月に、特番として作成され、放映されたようです。

客「この隠密はたぶん、江戸城のお庭になんかいないで、常時江戸市中を回ってたんでしょうね。
 そしてもうひとつの職種が、諸大名家の動向や評判などを調査する『遠国御用』です」
テレビ東京系列で、1988年10月~1989年3月に放映されたテレビ時代劇だそうです
↑テレビ東京系列で、1988年10月~1989年3月に放映されたテレビ時代劇だそうです。新潟では、放映されなかったんだろうな。

客「これが、将軍などの命によって、地方に旅立って行ったわけですね」
み「それそれ」
客「任務期間は、数ヶ月に及ぶこともあったそうで……。
 だいたい、2人で1日あたり、1両の経費が見積もられてたそうです」
江戸時代の貨幣制度は、複雑怪奇
↑江戸時代の貨幣制度は、複雑怪奇。バカでは暮らせません。

み「2人で1両!
 それって、けっこうな値段なんでないの?」
み「10両盗めば首が飛んだわけでしょ」
10両盗めば首が飛んだわけでしょ

み「日当の10日分じゃん。
 3ヶ月の見積もり出したら、90両だよ。
 わたしなら、そのまま持ち逃げするけど」
わたしなら、そのまま持ち逃げするけど

律「そういう人が、隠密になれるわけないでしょ」
み「はは。
 それで思い出した。
 前に、会社の同僚たちと、『相棒』の話をしてたときのこと」
当時は、薫ちゃんの時代でした。やっぱ、一番良かったよね。
↑当時は、薫ちゃんの時代でした。やっぱ、一番良かったよね。

み「ほら、『公安』ってのが、ときどき出てくるじゃない」
『相棒 season3』新春2時間スペシャル『潜入捜査~私の彼を捜して!(2005年1月5日)』より
↑『相棒 season3』新春2時間スペシャル『潜入捜査~私の彼を捜して!(2005年1月5日)』より。中央の2人が公安役。

律「あ、出るわね。
 陰の組織っぽい集団よね」
陰の組織っぽい集団よね

律「実在の組織なの?」
み「もちろん、いるわよ。
 法務省の組織じゃなかった?」
客「それは、公安調査庁ですね」
公安調査庁・採用パンフレットの表紙だそうです
↑採用パンフレットの表紙だそうです。時代は変わりました。

客「ときどき混同されますが……。
 彼らは当然、警察ではありません」
東北に行こう!(115)目次東北に行こう!(117)

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ
    コメントする   【東北に行こう!(116)】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
ひとみの内緒話 レズ画像・きれいな画像倉庫 愛と官能の美学 未知の星
おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 新・SM小説書庫2 官能文書わーるど 潤文学
萌木ケイの官能小説 ましゅまろくらぶ 赤星直也のエロ小説 恥と屈辱の交差点
禁断の体験 エッチな告白集 羞恥の風 緊縛新聞/杉浦則夫写真事務所 官能的なエロ小説
ちょっとHな小説 HAKASEの第二読み物ブログ 快感小説 秘密のエッチ体験談まとめ

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
性転換・TS・女体化劇場 黒い教室 恥ずかしがりたがり。 性小説 潤文学ブログ
お姫様倶楽部.com 被支配中毒 制服美少女快楽地獄 女の陰影
出羽健書蔵庫 変態小説 かめべや 淫鬼の棲む地下室
Playing Archives 18's Summer [官能小説] 熟女の園 ぺたの横書き
人妻の浮気話 艶みるく むね☆きゅんファンサイト ひめ魅、ゴコロ。 アダルト検索一発サーチ
Eros'Entertainment 女性のための官能小説 最低のオリ 魔法の鍵

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
妄想ココット 女性のH体験告白集 ちょっとHなおとなのための… ライトHノベルの部屋
SM~猟奇の性書~変態 空想地帯 空想の泉~The Fountain of Daydream~ 渡硝子の性感快楽駆け込み寺
オシッコオモラシオムツシーン収集所 エピソードセックス 被虐のハイパーヒロインズ riccia
調教倶楽部 漂浪の果てに アダルト官能小説快楽機姦研究所 被虐願望
渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋 あおいつぼみ 葵蕾

エロ体験談で抜けるコピペ プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉
おしっこ我慢NAVI ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都
ひよこの家 エロショッカー軍団 エッチな体験談・告白 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
厳選2chまとめ 人気ブログランキング
エログちゃんねる アダルト動画まとめ
にほんブログ村 正しいH小説の勧め
Girls Love Search 小説の匣
ネット小説ランキング 官能小説アンテナ

ランキング/画像・動画(11~30)
ライブドアブログ GL Search アダルトブログランキング 絵描きさん.NET
おたりんく Adult Novels Search セックス・ノベル・ネット 少女禁忌区域
ぱっくりんく Cyber あまてらす 【携帯】GL狂愛Rank 萌駅
アダルト検索BBJapan 創作系サイト検索・KAGOME GAY ART NAVIGATION 十八禁恋愛私花集
【携帯】Lovely Venus 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!

ランキング/画像・動画(31~50)