Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
ありさ 鰻責め地獄(第二話)
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
『ありさ 鰻責め地獄(SM小説)』 作:Shyrock

《登場人物紹介》


第二話:恐怖の入浴


 まもなく土間の中央に木製の浴槽が備え付けられ、水が浴槽の中程まで注ぎこまれた。さらに浴槽の下には釜がありさらにその下には薪までが用意されていた。
 意図を知らない源五郎は首をかしげ小菅に尋ねた。

「旦那。もしかしてこの女を釜茹にでもするつもりですかい?」

 小菅は失笑した。

「ばかやろう。五右衛門じゃあるまいに、そんなことしたら死んじまうじゃねえか」
「まあ、それはそうですが……」

 源五郎は頭を掻いた。
 そこへ黒山が口を開いた。

「知りたいか?」
「へえ、そりゃあ、もう~」
「じゃあ、教えてやろう。この女には今から風呂に浸かってもらう」
「はぁ? 風呂……ですかい? はて……?」

 美女の入浴を見るのもまたとない機会だが、それよりももっと過酷な拷問を期待していた源五郎は拍子抜けしたような顔をした。
 小菅は含み笑いを浮かべている。


 まもなく黒山が合図を送った。

「おい!」

 黒山の合図とともに奥から二人の下男が飛び出してきた。
 二人は無言のまま、ありさの両脇から挑みかかり、衣服を剥ぎ取りにかかった。

「きゃぁ~~~! 何をするんですか! やめてください!」

 ありさは悲鳴をあげ、身をよじって抵抗したが、町娘の衣服を剥ぎ取ることに大した手数は掛からなかった。
 下男たちの動きはとても俊敏で、さほどの時間もかけず、ありさは腰巻もろとも全ての衣類を剥ぎ取られてしまった。

「は、恥ずかしい……お願いです! 着物を返してください!」

 すがるように哀願するありさの両腕を背中に廻し後手に縛りあげると、下男が竹の棒を取り出した。ありさを押さえつけ、むりやり座らせ、開脚姿勢でありさの両足首を竹の棒にくくりつけてしまった。
 下男たちがありさをかつぎ上げ、浴槽へと運んでいく。

 竹の棒の長さは浴槽の幅と比べわずかに短く、浴槽にすっぽりと填まり込んでしまった。両腕を後手に縛られているため、このような体勢になるとありさは自力で立ち上がることができない。
 ちゃぷっ、ちゃぷっと水音を立てて身体を揺するのが精一杯だ。
 強制的に両立て膝にされたため膝頭が水面から顔を出し、Mの字型にされ閉じることのできない両足の付け根の黒い茂みが水中でゆらゆらと揺れていた。

「私をどうしようと言うのですか!? お願いです! ここから出してください!」

 何をされるのかは分からない。しかし自分の身に良くないことが降り掛かってくることはありさにも予測がついた。

「白状するまではそこから出さないぞ。さあ、今のうちだ。俊吉とは情を交わした仲だと正直に吐くんだ」
「本当です! 俊吉とは関わりありません!」

 半泣きになって容疑を否認するありさに黒山は冷たい視線を返し、下男たちに合図を送った。下男たちは土間に置かれていた大きなたらいを両側から持ち上げ、傾けて中身を浴槽の中に放り込んだ。
 その瞬間、ありさは「きゃっ!」と驚きの声をあげた。

「な、何? これは何っ!?」

 ありさは放り込まれたものに目を見張り、見る見るうちに顔色が変わっていった。

「きゃぁ~~~~~~~~~~!!」

 盥に放り込まれたものは鰻で優に三十匹は超えていた。
 数匹の鰻ならさほどでもないが、無数の鰻が狭い場所でとぐろを巻いている光景は蛇を彷彿させ実におぞましいものであった。所狭しと動き回る鰻はありさの身体にぬるぬるとまとわりついた。まるで複数の男性に肌を撫で廻されているようなものだ。

「ひゃぁぁぁぁぁ~~~~~~~!!」

「こりゃすげえ」

 驚いたのはありさばかりではなかった。小菅の横で眺めていた源五郎たちが大袈裟に仰天した。

 太股や腰、腹などに黒光りした鰻の胴体が擦りつけられるたびにありさが身をよじって喘ぐ。下半分が水に没した乳房がふるふると震え、そこに巻きつくように鰻がまとわりついてきた。
 鰻は触れるたびに、その気味悪さからありさは「きゃぁ! きゃぁ!」と悲鳴をあげた。
 その奇抜でかつ淫靡な光景に、思わず男たちが口元をほころばせた
ありさ 鰻責め地獄【第一話:密通の嫌疑】目次【読者の部屋】日本酒を飲もう!(Ⅰ)

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2018/11/03 07:41

    •  鰻はもちろん、食べたことはあります。
       ただし、スーパーでパックされて売られてるやつだけです。
       お店で食べたことは、一度もありません。
       拒絶しているわけではありません。
       誰もおごってくれなかっただけです。
       もちろん、自腹で食べる気はさらさらありません。
       値段がメンチカツと同じくらいであれば、1ヶ月に1回くらいは食べてもいいです。
       でも、今の値段では、年に1回ですね。
       スーパーのパックでもです。
       そもそも、大好物というわけではありません。
       脂っこい魚は、嫌いじゃないんですよ。
       問題は、タレです。
       当然、甘いです。
       わたしは、あの甘いタレが好きじゃないんです。
       鰻だけではなく、焼き鳥などもそうです。
       焼き鳥は、塩しか食べません。
       お店では、鰻の白焼きというのが食べられるようですが……。
       スーパーでは、売ってませんよね。
       今日、もう一度よく探してみましょう。

       さて、その鰻。
       昨今は、資源量が激減してるというニュースをよく聞きます。
       代替品として、近畿大学がウナギ味のナマズを開発したとか。
       イオンで販売してるようですが……。
       一部店舗での限定販売にとどまってるようです。
       食べてみたい気はするんですが……。
       列に並んだり、遠くの店まで行く気にはなれません。
       近所のスーパーで手軽に買えるようになる日が、はたして来るんでしょうか。

       続きは次のコメントで。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2018/11/03 07:41
    • 鰻(つづき)
       しかし、これから問題になるのは……。
       ウナギ店の跡継ぎ問題ですよね。
       ウナギのお店は、専門店がほとんどのように思います。
       これは、なぜなんですかね?
       ウナギを捌いたりするのに技術が要るのはわかりますが……。
       ウナギが捌けるなら、ほかの魚を捌けないわけないはずです。
       ウナギのほかにも、いろんなメニューを出したらいいと思うのですが。
       それなら、もしウナギが流通しなくなっても……。
       「料理屋」としては生き残れるはず。
       ウナギ専門店じゃ、店を閉めるしかないですよね。
       それじゃ、なぜ鰻屋はウナギ専門店なのか?
       早い話……。
       ウナギ屋は儲かるということじゃないんですか?
       客単価が、ラーメン屋なんかとは桁違いですから。
       馬鹿馬鹿しくて、餃子なんか出してられないでしょう。
       親父さんと奥さんだけで出来ますから、人件費だってかかりません。
       ウナギ料理を安く出そうとすれば出来るんじゃないでしょうか。
       でも、それをしたら、業態自体が崩壊する。
       そんなこと始めた鰻屋は……。
       下手すれば、暗殺されかねません。
       でも今後は、どんどん仕入れ値が上がり……。
       うま味が無くなったら、もう子供にも後は継がせられないでしょう。
       自分の代で終わりでいいと思ってる親父さん、たくさんいるんじゃないでしょうか。

    • ––––––
      3. Shy
    • 2018/11/03 10:25
    • Mikiko様

       掲載ありがとうございます。
       Mikiko様はあの鰻の甘いたれが苦手なんですか?あれが好きで鰻を食べる人が多いのになあ。でも、味の好みは人それぞれ、仕方のないことかと思います。
       話はころりと変わりますが、Mikiko様は、関西(主に大阪)で「鰻丼」「うな重」等うなぎ料理のことを「まむし」というのはご存知でしょうか?ただし最近では幟や看板に「まむし」ではなく平凡に「うなぎ」と表示している店が多くなりましたが、一昔前までは「まむし」が多かったように記憶しています。
       ちなみに「まむし」はうなぎを蒸して油を抜く「真蒸す」の転語節もあれば、蒲焼きを切ってご飯に「まぶす」からだとも言われています。
       この言葉を毒蛇の「まむし」と勘違いする人もきっといるでしょうし、「まむしを食べに行こう」と誘われて足が竦む人もきっといると思います。そんな理由から最近「まむし」と呼ばなくなったのかも知れませんね。最近マスコミやネットの影響で方言が薄れ、日本全体が標準語化する傾向があるので「まむし」と言う呼称も薄れてきたのかも知れませんね。

    • ––––––
      4. Mikiko
    • 2018/11/03 13:02
    • 先ほど……
       スーパーで見てきましたが、やはり白焼き状態では売られてませんでした。
       残念ながら白焼きは、鰻屋で食べるほかなさそうですね。
       資源保護のため、ウナギが食べられなくなりそうになったら……。
       1度、行ってみますかね。

       「まむし」と呼ぶのは、知りませんでした。
       「真蒸す」も「まぶす」も、後付けっぽいですね。
       やはり、滋養強壮効果においてマムシに匹敵するということから……。
       そう呼ばれるようになったんじゃないですか。
       細長ところや頭の形も似てますしね。
    コメントする   【ありさ 鰻責め地獄(第二話)】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
未知の星 愛と官能の美学 禁断の体験 エッチな告白集 レズ画像・きれいな画像倉庫
官能文書わーるど Angel Pussy 週刊創作官能小説 秘密のエッチ体験談まとめ 官能的なエロ小説
ましゅまろくらぶ 萌木ケイの官能小説 ちょっとHな小説 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき
電脳女学園 羞恥の風 赤星直也のエロ小説 新・SM小説書庫2
恥と屈辱の交差点 Japanese-wifeblog 潤文学 人妻の浮気話 艶みるく

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
[官能小説] 熟女の園 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 黒い教室 アダルト検索一発サーチ
Playing Archives 変態小説 性小説 潤文学ブログ 濠門長恭の過激SM小説
空想地帯 18's Summer 女の陰影 出羽健書蔵庫
HAKASEの第二読み物ブログ 制服美少女快楽地獄 淫鬼の棲む地下室 Eros'Entertainment
女性のH体験告白集 ぺたの横書き 妄想ココット ライトHノベルの部屋
ひめ魅、ゴコロ。 快感小説 恥ずかしがりたがり。 魔法の鍵

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
女性のための官能小説 最低のオリ かめべや SM~猟奇の性書~変態
むね☆きゅんファンサイト 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 ちょっとHなおとなのための… お姫様倶楽部.com
riccia 調教倶楽部 緊縛新聞 性転換・TS・女体化劇場
エピソードセックス 被支配中毒 漂浪の果てに 被虐のハイパーヒロインズ
空想の泉~The Fountain of Daydream~ オシッコオモラシオムツシーン収集所 アダルト官能小説快楽機姦研究所 被虐願望

渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋 あおいつぼみ 葵蕾
エロ体験談で抜けるコピペ プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉
おしっこ我慢NAVI ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都
ひよこの家 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
おかず動画アンテナ 厳選2chまとめ
エログちゃんねる にほんブログ村
人気ブログランキング 小説の匣
GL Search アダルトブログランキング
官能小説アンテナ ライブドアブログ

ランキング/画像・動画(11~30)
正しいH小説の勧め ネット小説ランキング アダルト動画まとめ Girls Love Search
おたりんく 萌駅 セックス・ノベル・ネット アダルト検索BBJapan
ぱっくりんく アダルトなび2 GAY ART NAVIGATION 【携帯】GL狂愛Rank
少女禁忌区域 Adult Novels Search ヌケルアダルト作品 相互リンク、募集してます!





<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top