Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
センセイのリュック/幕間 アイリスの匣 #133
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
戯曲『センセイのリュック』作:ハーレクイン



幕間(小説形式)アイリスの匣#133



 ひと月近くが経ち九月に入っていたが、京の季節はまだ夏の気配であった。
 あやめは、一心不乱に洗い物を行っていた。
 あの、宝田の椀物の一件以来、あやめは包丁を禁じられていた。あやめはそのことについて、言い訳や抗弁をすることは一切なかった。「花よ志」調理場でのあやめの立場は未だに追い回しである。そういうことでは、あやめは通常の仕事を行っていることになる。
 しかし……。

 碗方の田辺銀二は「花よ志」を辞めていた。他の店に移ったらしいが、あやめは詳しいことは聞かされていなかった。
 焼方の平野良雄は、いつの間にか店に顔を出さなくなっていた。こちらは辞めたとも聞いていない。
 つまり、「花よ志」の厨房は現在、関目源蔵と幸介、それにあやめの、わずか三人の戦力になっていた。

 それでも源蔵は、あやめに包丁を持たせようとしなかった。実質、幸介と二人だけで「花よ志」の厨房を切り回していた。「花よ志」は、数室の座敷を持つ料亭である。いかに小さな店とはいえ、これは考えられない事であった。
 幸介は、毎夜厨房を上がる頃には、ぼろきれの様に疲れ切っていた。日夜、源蔵に命じられるまま、口を開く余裕もないほど、厨房内を駆けずり回っていた。あやめを気に掛ける、そんな余裕も、今の幸介にはなかった。

 源蔵の働きはそれ以上であった。この状態でも料理の質はいささかも落とさなかった。いやむしろ、めっきり少なくなった客の間では「近頃、美味(うも)なった」という評判であった。中には「この世のものやないような美味さや」「鬼気迫る、ゆ(云)うかのう」などという声もあった。源蔵の働きはもはや人のものではなく、鬼神か阿修羅を思わせるものであった。
 それでも源蔵は、あやめに包丁を持たせなかった。あやめは追い回しとして、調理以外の厨房の下働きを一手に引き受けていた。決して手を抜くことはしなかった。
 料亭「花よ志」の厨房は今、三人の鬼が支えていた。


 九月の一夜、「花よ志」女将の志摩子と立て板の源蔵は、いつもの様に志摩子の自室で酒を酌んでいた。
 源蔵は畳の上に直に座し、大胡坐を掻いていた。もろ肌脱ぎである。手にした木の一合桝の酒を、放り込むように口にした。京都伏見の銘酒「筺姫(はこひめ)」である。酒薫混じりの吐息を軽く吐いた。
 志摩子は源蔵と同様、畳に座し源蔵に侍っていた。こちらは横坐り、襦袢一枚を肩に引っ掛けていた。その体の前面は剥き出しである。豊かな双の乳房が時折軽く揺れた。
 源蔵は志摩子に声を掛けた。

「殺(や)るんは簡単やけど、ほれはあかんねやろ(駄目なんだろう)」
「せや(そうだ)。あっさり楽にさしたるかい。あの子、あやめにはたっぷり地獄を見てもらわんとなあ。いや、あの子だけやない。兄貴の健三もや。二人揃(そろ)て地獄送りにしたる」
「おいおい」

 源蔵はさすがに苦笑した。
 志摩子は声を継ぐ。

「ほんま(本当)やったらあの二人の二親も、その親らも地獄見さしたるとこなんやけんど、もうとっくにいてもとるわ(死んでしまっている)。残念なこっちゃが、これはしゃあないわ。その分、あやめと健三にはたっぷり、地獄の底の底まで見したる(見せてやる)」
「しやけど(しかし)……おまん(お前)もおっとろしい(恐ろしい)おなごやのう」
「何ゆ(言)うてんのん、源ちゃん。あんた、知らんわけやないやろ、うちの恨み」
「まあ、そらそやが。健三と……包丁持っとるやつには何の責任もないやないかい」
「何ゆうてんねん。親があって子が育つんやないかい。あの二人も、同罪や」
「親が憎けりゃ、かい」
「ふん」

 志摩子は、源蔵の持つ木桝を取り上げた。桝の酒を、源蔵に倣うように口に放り込む。
 源蔵は、志摩子の仕草を眺めながら語り掛けた。

「そういやあいつはもう、包丁持っとるやつ、やないなあ」
「ほほ、ほな、包丁持ってへんやつ、かいな」
「はは、まあそういうこっちゃが、あないな(あのような)えげつない(酷い)椀物作ったやつや。ほれ(それ)も当然やろ」
「源ちゃん、あんたの方がえげつないで。あの椀はあやめのせいやないやろが」
「何ゆ(言)うとんねん。あれはみいんな(全部)おまん(お前)が企んだことやろが」
「ほほ、せやったなあ。まあ、あれは運んだ花世のお手柄や。塩やらなんやら椀に放り込んでなあ。うま(上手)いことやりよったわ。なんぞ褒美やらんとなあ」

 志摩子は口の端を釣り上げた。笑ったようにも、牙を剥いたようにも見えた。慈母観音と夜叉と、二つが同居する志摩子であった。

「ほれにしてもお志麻。店の客足、落ちる一方やないかい。まあ、当然のことかもしれんが、宝田のおっさんの影響力、大きいゆ(云)うことかのう」
「ふん。いっとき落ちてもどってことないわい。味は落ちてぇへんやろが、源ちゃん」
「ほら当たり前や。調理してんのは儂、狂犬源蔵やぞ。『気も狂うほどの美味さ』じゃ」
「まあ、たといこの店潰れても、ほかにも店ある。ちょっとした小料理屋もな。いよいよとなりゃ源ちゃん、そっちに移りゃええがな」
「みいんな(全部)おまはん(あなた)が乗っ取った店やろが。えげつない(酷い)手口でのう」
「ふふん」

 志摩子は、今度は上唇と小鼻を蠢かせた。単に笑ったようにも、自慢をしているようにも見えた。瓜子姫と天邪鬼とが同居する志摩子であった。

「まあ源ちゃん。しばらく人手が足りんで大変やろけど、ほ(そ)のあたりはちゃんと考えてる。頼むで」
「まかしとかんかい」

 源蔵は、どことなく生き生きとしていた。料理に没頭しながら人を甚振る(いたぶる;いじめる)。源蔵にしかわからない、この上ない愉しみであった。源蔵は、今の日常に酔っていた。

「ほんで? あやめと健三を殺(や)ったとして、潔子はどないすんねん」
「潔子かいな。あの子は呼び戻して、またどこぞに送り込みゃええがな。潰す相手の店なり家(うち)なりにな。
 あの子もちょう(少し)薹(とう)立ってきたけんど、その分、色気が増した。そこらのスケベ男やったら見ただけで洩らしよるやろ。まあ、男、垂らし込むんはあの子の趣味みたいなもんやし」
「ふん」

 源蔵は、志摩子の膝前の四合瓶を掴み上げた。桝に注ぐことなく、口飲みにする。
 源蔵は、伏見の銘酒「匣姫」を一気に喉に流し込んだ。その様は「きょうき」を呑むようであった。凶器が狂気を呑むように……。
 志摩子が源蔵に撓垂(しなだ)れ掛かった。

「源ちゃあん。うち(私)にも飲ましてえな」

 源蔵は、志摩子の腰を抱え込んだ。
 志摩子は、源蔵に顔を寄せた。
 二人の唇がぬらりと合わさる。
 源蔵は、口内に残った酒を志摩子の口に注ぎ込んだ。続けて舌を送り込む。

「ぐぶ」

 志摩子の、いや二人の合わさった口元から、酒混じりの唾液が垂れた。

「かはあああ」

 志摩子は唇を外して大きく仰け反った。天を仰ぐ。志摩子の目は、自室の天井も「花よ志」の屋根も貫き、暗黒の京の夜空を睨んだ。睨み付けた。京の闇夜を行く妖(あやかし)を糾弾するように、いや、誘(いざな)うように睨み付けた。
 その目が不意に閉じた。仰け反った志摩子の剥き出しの喉元に、源蔵が唇を当てたのだ。それは肉食獣が、捕らえた獲物の喉笛を喰い切ろうとするような激しさだった。
 志摩子は、自らを捧げるように、挑むように、さらに大きく仰け反った。志摩子の喉元は肉食獣の咢に曝(さら)された。

(喰べて、源ちゃん)
(喰べて)
(うちを喰べてえや、源ちゃん)
(源ちゃん)

「源ちゃぁん」

 志摩子は、悲鳴交じりに源蔵に呼びかけた。

「お志摩っ」

 肉食獣の源蔵は口を開き、志摩子の喉元に歯を当てた。喰らいつく。
 いや、志摩子も肉食獣だった。源蔵を迎え撃つように、牙を剥くように口を開いた。志摩子の白い前歯が、室内の仄暗い灯りを照り返した。
センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #132】目次センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #134】

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. 菊と包丁ハーレクイン
    • 2016/01/26 16:52
    • 始まりました、あやめの受難
       その1はなんと「包丁禁止」
       まったくの濡れ衣の椀物一件が原因ですが、あやめは唯々諾々と命に従います。
       その心のうちは、まだわかりません。
       このまま禁止されっぱなしだと、「花よ志」にいる意味自体無くなるわけですが……。
       あやめの受難。今後も続きます。

       田辺銀二と平野良雄がバックレちゃいました。「花よ志」に見切りをつけたのでしょうか。平野は、料理人自体に見切りをつけたのかもしれません。

       で、志摩子・源蔵極悪コンビ。
       悪だくみはまだまだ続きそうですがそれはともかく、今回の二人の媾合。狂気のまぐわい、という感もあります。一体この二人、どうなってるんでしょうか。
       吾(あれ)、汝(いまし)にまぐわいせむと欲(おも)ふはいかに(古事記[上];イザナキノミコト)。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2016/01/26 19:53
    • 料理人の世界
       あまりにも前近代的で、わたしなら1日も持ちませんね。

       職人の世界が、今どうなってるのかわかりませんが……。
       まだ、「見て盗め」とかやってるんでしょうかね。
       もしそうなら、そう遠くないうちに、日本の技術は失われてしまうでしょう。
       日本の技術の後継者は、むしろ外国人かも知れませんね。
       元魁皇の浅香山親方が、日本人力士のだらしなさについて語ってました。
       稽古総見かなんかのとき……。
       怪我をしてる日本人力士は、痛そうな顔だけ出して、浴衣も脱がずに帰ってしまうそうです。
       外国人力士は、相撲を取れない怪我を負ってても、土俵の周りで身体をどこか動かしてるとか。


    • ––––––
      3. のこったのこったHQ
    • 2016/01/26 20:23
    • テレビの……
       料理番組や京都ものを見ていますと、それほど前近代的とも思えませんが、まあ、テレビですからね。
       「花よ志」は、これ以上ない前近代的、というより魑魅魍魎の跋扈する料亭ですが、まあこれはお話ですから。

       相撲の世界は、使い古された言い回しですが「ハングリー」な力士がのし上がるんでしょうね。初代若乃花(だと思うんだけど)の警句「土俵の中には金も名誉も埋まっている」。いい得て妙、ですね。
       ただ、これは日本人、外国人は関係ないと思います。日本人にもハングリーな力士はいるし、外国人にもちゃらんぽらん力士はいるでしょう。逸ノ城なんてその最たるもの。この人の稽古嫌いは有名だそうです。今場所は散々でしたが、これで目が覚めなければもう引退だな。

    • ––––––
      4. Mikiko
    • 2016/01/27 07:31
    • 有名な店長が……
       店員の腹を蹴ったりしてたじゃないですか。
       権力を握ると、人の本性が出ますよね。

       今の日本の若者に、ハングリーな人間なんておるの?
       相撲に入門する若者なんか、みんなデブですよ。
       ハングリーな生活で、あんなに太れるわけないでしょ。
       精神的なハングリーさ、という考え方もあるでしょうが……。
       肉体的なものより、遥かに難しいでしょうね。

    • ––––––
      5. 太っちょハーレクイン
    • 2016/01/27 12:22
    • みんなデブ
       そないな失礼な。
       幕下上位に面白い力士がいます。往年の舞の海か智ノ花か、というところです。今場所もう1勝していれば来場所はお関取だったのになあ。まあ、頑張っとくんなはれ。
       え? 四股名でっか? 知りまへん(おい!)。

       力士が太るのは仕事です。ハングリーさに欠けるわけではありません。
       まあ、何を言おうが、「結果がすべて」の世界ですが。

    • ––––––
      6. Mikiko
    • 2016/01/27 19:50
    • 白鵬は……
       入門時、62kgだったそうです。
       大鵬も、解説の北の富士さんも、ガリガリだったとか。
       肉が付いていくと共に強くなっていったわけです。
       これが、自然でしょ。
       最初からデブなら手っ取り早いというのは、大間違い。
       不摂生して付いた肉など、害悪以外の何ものでもありません。
       そういうデブは、まず、80kgくらいまで絞ることから始めるべき。
       それで音を上げるような輩は、『みのりフーズ』に売り飛ばすべし。

    • ––––––
      7. どすこいハーレクイン
    • 2016/01/27 21:23
    • デブに……
      えらく反感をお持ちのようだが、太る体質というのはあるわけで、それだけで批判される筋合いではなかろう。
      肉も武器です。

    • ––––––
      8. Mikiko
    • 2016/01/28 07:22
    • 相撲は……
       土俵の外に出れば敗けです。
       しかも、体重制限が無い。
       となれば、体重が重い方が有利なことは確かです。
       でも、体重を増すことは、両刃の剣でもあります。
       最近の土俵を見ればわかるとおり……。
       非常に、脚のケガが目立ちます。
       しかも、ほとんどの場合、重症化してます。
       これも、体重増加による大きな弊害のひとつでしょう。
       それにしても、ケガをしてながら出場するってのは、どういう了見なんでしょうかね。
       きっちり休んで、治療に集中すべきです。
       遠藤など、もうこれでお終いでしょう。

    • ––––––
      9. 協会理事長代行HQ
    • 2016/01/28 08:34
    • >ケガをしてながら出場するってのは、どういう了見
       まったく同感です。
       やはり、番付を下げたくない一心なんでしょうか。

       悪役遠藤くんには頑張って出直してほしいものです。
       それにしても逸ノ城はほんとに腹立たしい。どこも悪くないはずなのに今場所の体たらく。こちらにこそ引退勧告を出したいよ。

    • ––––––
      10. Mikiko
    • 2016/01/28 19:52
    • 逸ノ城
       わたしは、1804回(http://mikikosroom.com/archives/2673613.html)のコメントで、この力士は大成しないと予言しております。
       まさしく、そのとおりになりつつありますね。

       とにかく、分厚いサポーターは、見苦しい以外の何ものでもありません。
       国技は、まず美しくなければなりません。
       サポーター類は、全面的に禁止すべきです。
       しなきゃ出られないのなら、休めばいいのです。
       休むとサボるは大違い。
       休んだ方が有意義な時間を過ごせることは多々あります。
       月曜日のわたしが、良い例です。

    • ––––––
      11. 向こう正面解説HQ
    • 2016/01/28 21:00
    • 1804回
       昨年、2015年7月20の掲載ですね。『由美美弥』は、宮本夫人と農協男の絡みです。
       で、『東北』がコメに掲載されています。なるほど。
       しかし、これを全部やったのか。ようまあひと月ほどでできたね。大変だったろ、というのも愚かだな。


       で、逸ノ城一件。↓こう書いとられますな。

      >横綱と対戦しながら、負けそうになって力を抜くなど、もってのほか
      >わたしは、逸ノ城は大成しないと思います

       なるほど。
       で、ついでに。
       この回のコメで、わたしは琴奨菊をぼろくそに書いてました。
       すまぬ、菊ちゃん。

    • ––––––
      12. Mikiko
    • 2016/01/29 07:33
    • 移行作業
       1ヶ月前の今ごろは、まさにその佳境にありました。
       12月30日が山場でしたね。
       でも、事前にいろいろ調べ、手順書を作って作業したので……。
       手戻りもなく、順調に移行できたと自負しております。

       琴奨菊。
       亡くなった先代の佐渡ヶ嶽親方は……。
       元横綱の琴櫻。
       この人も、ダメ大関と言われ続けました。
       横綱になるとは、誰も思ってなかったようです。
       昭和47年。
       1月、3月は、10勝5敗でしたが……。
       5月は、1勝2敗12休。
       7月は、8勝7敗。
       9月が、9勝6敗。
       ところが、11月に突如、14勝1敗で優勝。
       翌年1月場所も、14勝1敗で連続優勝。
       2場所連続優勝という文句なしの推挙条件で、横綱に昇進してます。
       このとき、32歳2ヶ月。
       「姥桜の狂い咲き」と揶揄する人もいたそうです。
       横綱在位は、わずか8場所でしたが、もう1度優勝してます。
       まさに、遅咲きの大輪を咲かせたと云うことですね。
       琴奨菊にも、花の名前が入ってます。
       なにか、縁を感じますよね。

    • ––––––
      13. ボロエロ書きHQ
    • 2016/01/29 09:52
    • 順調に移行できたと自負
       あんたはエラい!
       わたしなら、さっさと投げ出してるな。

       琴奨菊の菊。
       本名の菊次一弘(きくつぎかずひろ)から取ったそうです。
       一時「ボロ奨菊」なんて揶揄されましたが、もうそんな失礼なことを言う人はいないでしょう。勝てば官軍。

       琴奨菊。
       もし横綱を掴めば「師匠の衣鉢を継ぐ男」となるんでしょうか。

    • ––––––
      14. Mikiko
    • 2016/01/29 19:59
    • 投げたらあかん(ピッチャーを除く)
       「衣鉢を継ぐ」。
       こういう字を書くんですね。
       打ち間違えおってと、ツッコミかけました。
       調べて良かった。
       ずっと「遺髪を継ぐ」だと思ってました。

    • ––––––
      15. 不肖の弟子HQ
    • 2016/01/29 22:25
    • 衣鉢
       僧侶の話なんだよね。
       衣は衣(ころも)、袈裟ですね。
       鉢は托鉢(たくはつ)用の容器。
       つまり、衣鉢は僧侶のシンボル。衣鉢を継ぐ、とは師匠からその教えを受け継ぐということですね。

       遺髪って……僧侶に髪はないぞ。あ、一般人の話か。 
    コメントする   【センセイのリュック/幕間 アイリスの匣 #133】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
レズ画像・きれいな画像倉庫 未知の星 ひとみの内緒話 愛と官能の美学
ましゅまろくらぶ 官能的なエロ小説 禁断の体験 エッチな告白集 官能文書わーるど
新・SM小説書庫2 秘密のエッチ体験談まとめ 潤文学 ちょっとHな小説
萌木ケイの官能小説 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 恥と屈辱の交差点 赤星直也のエロ小説
羞恥の風 人妻の浮気話 艶みるく 変態小説 淫鬼の棲む地下室

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
緊縛新聞 SM~猟奇の性書~変態 空想の泉~The Fountain of Daydream~ 性転換・TS・女体化劇場
快感小説 Playing Archives 恥ずかしがりたがり。 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~
HAKASEの第二読み物ブログ 18's Summer かめべや ぺたの横書き
黒い教室 女性のための官能小説 調教倶楽部 魔法の鍵
女の陰影 妄想ココット お姫様倶楽部.com エピソードセックス
女性のH体験告白集 被支配中毒 ひめ魅、ゴコロ。 [官能小説] 熟女の園

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
ちょっとHなおとなのための… 漂浪の果てに riccia Eros'Entertainment
渡硝子の性感快楽駆け込み寺 性小説 潤文学ブログ 最低のオリ アダルト検索一発サーチ
むね☆きゅんファンサイト 出羽健書蔵庫 ライトHノベルの部屋 制服美少女快楽地獄
オシッコオモラシオムツシーン収集所 空想地帯 被虐のハイパーヒロインズ アダルト官能小説快楽機姦研究所
被虐願望 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋

あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ プライド 黒塚工房
官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 女性作家専門官能小説
羊頭狗肉 おしっこ我慢NAVI ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記
黒イ都 ひよこの家 エロショッカー軍団 エッチな体験談・告白
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
厳選2chまとめ おかず動画アンテナ
エログちゃんねる 人気ブログランキング
正しいH小説の勧め 小説の匣
官能小説アンテナ にほんブログ村
Girls Love Search ライブドアブログ

ランキング/画像・動画(11~30)
GL Search 萌駅 アダルトブログランキング おたりんく
アダルト動画まとめ ネット小説ランキング セックス・ノベル・ネット 【携帯】GL狂愛Rank
Adult Novels Search 少女禁忌区域 Cyber あまてらす クリエイターコレクションR18
GAY ART NAVIGATION ヌケルアダルト作品 アダルト検索BBJapan ぱっくりんく





<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top