Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
東北に行こう!(1416)
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
婆「誰が寿命じゃ。
 あと、50年は生きるわい」
み「欲張りすぎだろ。
 130歳は」
婆「誰が80じゃ。
 まだ、70になったばかりじゃ」
沢田研二(ジュリー)です
↑沢田研二(ジュリー)です。今年70歳。いい歳の取り方じゃないでしょうか。

み「大して違わんではないか」
婆「無礼者。
 大違いじゃわ。
 さて、次に行きますぞ」
み「どうも『無間地獄』に『賽の河原』と続いちゃ……。
 辛気くさくて敵わん。
 もうちょっと、ぱーっと愉快なところはないの?
 『秘宝館』とか」
別府温泉『秘宝館』
↑別府温泉『秘宝館』。なんと、館内写真撮影オッケーだそうです。『単独旅行記』なら、ここだけでそうとう引っ張れます。

婆「恐山にそんなものがあるか!
 しかし、地獄があれば、極楽もある。
 こっちじゃ」
宇曾利山湖

律「まぁー。
 綺麗な湖ですね」
婆「『宇曾利山湖』じゃ。
 そしてこの白い砂浜を『極楽浜』と云う」
この白い砂浜を『極楽浜』と云う

み「典型的なカルデラ湖ですな」
湖は、綺麗なハート型
↑湖は、綺麗なハート型です。ハートの上の窪みに、霊場恐山があるわけです。

み「深さはどれくらい?」
婆「最深部で、23.5メートルじゃ」
み「カルデラ湖にしては、あんまり深くないすね。
 流入河川がないのかな?」
婆「外輪山からは、数十本の河川が流れこんでおる。
 流出河川は、正津川1本じゃ。
 来るときに見んかったかな?
 赤い太鼓橋が掛かっておったじゃろう」
橋下の杭みたいなのは、水力発電所があったころの導水柵
↑橋下の杭みたいなのは、水力発電所があったころの導水柵だそうです。

み「三途の川か!」
律「ほんとに綺麗な水ですね」
綺麗な水

婆「透明度は、13メートルある」
東北に行こう!(1415)目次東北に行こう!(1417)

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2018/04/20 07:32
    • 今日は何の日
       『百閒忌』。
       1971(昭和46)年4月20日。
       小説家で随筆家の内田百閒が亡くなりました。
       享年81。
       岡山県出身。
       旧制第六高等学校(現・岡山大)を経て、東京帝国大学文学部卒。
       東大在学中に、夏目漱石の門弟になりました。

       わたしが、明確に文章の影響を受けた作家が2人います。
       ひとりは、『半七捕物帳』で知られる岡本綺堂。
       もうひとりが、この内田百閒です。
       『冥土』『東京日記』など、夢の雰囲気を前面に出した小説は圧倒的です。
       “夢もの”という分野では、島尾敏雄と双璧だと思います。
       『サラサーテの盤』は、鈴木清順により『ツィゴイネルワイゼン』として映画化されました。
       これもまた印象的な映画でした。
       大谷直子が綺麗でしたね。
       男性陣の原田芳雄、藤田敏八は、共に故人となられました。
       百閒関係の映画では、もうひとつ『まあだだよ』があります。
       1993(平成5)年公開。
       監督は黒澤明です。
       こちらは実は、見ていません。
       百閒の小説を映画化したものではなく……。
       法政大学教授を退いた後の、百閒の晩年を描いた作品です。
       百閒は松村達雄(『男はつらいよ』の2代目おいちゃん)が演じました。
       所ジョージも出てましたね。

       随筆では、『阿房列車』のシリーズが有名。
       ↓書き出しです。
      『阿房と云ふのは、人の思はくに調子を合はせてさう云ふだけの話で、自分で勿論阿房だなどと考へてはゑない。用事がなければどこへも行つてはいけないと云ふわけはない。何にも用事がないけれど、汽車に乗つて大阪へ行つてこようと思ふ。』

       しかも、借金までして、一等列車に乗ります。
       乗り鉄エッセイの嚆矢でしょう。
       そうそう。
       百閒を読むなら、やはり旧仮名がいいです。
       口調がよく伝わるんですよ。
       もっと知られていい作家だと思います。

    • ––––––
      2. 手羽崎 鶏造
    • 2018/04/21 09:32
    • 筆名は、「百聞は一見にしかず」
      から来ているのではないのですよね。

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2018/04/21 12:34
    • 内田百閒
       故郷岡山を流れる百間川から取ったものだそうです。
       江戸時代初期に造られた人工の河川です。
       堤防を含めた幅が百間(180メートル)もあったため、その名が付いたそうです。
       “閒”は、“間”の旧字だそうです。
       これは、今、知りました。
    コメントする   【東北に行こう!(1416)】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
愛と官能の美学 未知の星 禁断の体験 エッチな告白集 官能文書わーるど
Angel Pussy 週刊創作官能小説 ましゅまろくらぶ 電脳女学園 萌木ケイの官能小説
官能的なエロ小説 新・SM小説書庫2 羞恥の風 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき
変態小説 秘密のエッチ体験談まとめ 恥と屈辱の交差点 赤星直也のエロ小説
ちょっとHな小説 人妻の浮気話 艶みるく HAKASEの第二読み物ブログ 潤文学

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
[官能小説] 熟女の園 ぺたの横書き 空想地帯 Playing Archives
黒い教室 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 女性のための官能小説 アダルト検索一発サーチ
riccia 18's Summer 女性のH体験告白集 出羽健書蔵庫
調教倶楽部 濠門長恭の過激SM小説 妄想ココット かめべや
魔法の鍵 淫鬼の棲む地下室 ライトHノベルの部屋 むね☆きゅんファンサイト
制服美少女快楽地獄 ひめ魅、ゴコロ。 ちょっとHなおとなのための… 性小説 潤文学ブログ

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
女の陰影 最低のオリ 快感小説 お姫様倶楽部.com
レズ画像・きれいな画像倉庫 恥ずかしがりたがり。 Japanese-wifeblog Eros'Entertainment
SM~猟奇の性書~変態 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 緊縛新聞 性転換・TS・女体化劇場
エピソードセックス 被支配中毒 漂浪の果てに 被虐のハイパーヒロインズ
空想の泉~The Fountain of Daydream~ オシッコオモラシオムツシーン収集所 アダルト官能小説快楽機姦研究所 被虐願望

渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋 あおいつぼみ 葵蕾
エロ体験談で抜けるコピペ プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉
おしっこ我慢NAVI ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都
ひよこの家 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
厳選2chまとめ おかず動画アンテナ
エログちゃんねる 人気ブログランキング
にほんブログ村 ライブドアブログ
アダルトブログランキング 小説の匣
ネット小説ランキング 官能小説アンテナ

ランキング/画像・動画(11~30)
おたりんく 正しいH小説の勧め GL Search Girls Love Search
アダルト動画まとめ セックス・ノベル・ネット アダルト検索BBJapan GAY ART NAVIGATION
ヌケルアダルト作品 EPISODE SEX Adult Novels Search ぱっくりんく
萌駅 Cyber あまてらす アダルトなび2 少女禁忌区域





<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top