Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
東北に行こう!(1412)
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
み「列車が進むにつれて、どんどんサクラの花びらが枝に戻ってきて……。
 仙台あたりで満開になり、岩手で咲き始め、青森では蕾とかさ」
岩手で咲き始め……

み「まるで、映像を逆回転するみたいに、季節が戻っていく感じがするんじゃないかな」
律「なるほど。
 新幹線は速いから、いっそうそんな感じがするかもね」
み「いつか乗ってみたいな。
 その季節の東北新幹線。
 4月の中旬くらいかな」
遠い目
↑遠い目

婆「さて。
 よろしいか」
み「おー、待たせたの」
婆「何を偉そうに」
み「次はどこじゃ?」
婆「まだ、ここの説明をしておらんがな」
み「見ればわかりますよ。
 『賽の河原』であんしょ」
『賽の河原』

み「説明も、さっき聞きましたがな。
 親に先立って亡くなった子供が、償いのために小石を積むわけでしょ。
 でも、イケズな鬼が、その石を崩すわけだ。
 納得いきませんな」
納得いきませんな

婆「何がじゃ?」
み「子供は、自ら死を選んだわけじゃないじゃないの。
 死にたくなんかなかったはずですよ。
 なんで、死んでまでそんな報いを受けなければならないわけ?」
婆「反抗的じゃな」
反抗的じゃな

婆「親不孝の罪は、それだけ重いということじゃ」
み「だから、本人に責任はないじゃないすか。
 そもそも、少年法で罰せられないはず」
少年法で罰せられないはず

婆「地獄に少年法があるか」
み「だいたいやねー」
竹村健一
↑髪型がまともなら、いい男だったんじゃないでしょうか?

婆「なんでいきなり、竹村健一になるんじゃ。
 古すぎじゃろ」

↑タモリによる、竹村健一のマネ。
東北に行こう!(1411)目次東北に行こう!(1413)

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2018/04/13 07:29
    • 今日は何の日
       『決闘の日』。
       1612(慶長17)年4月13日(新暦では5月13日/今から406年前)。
       美作(みまさか/今の岡山県北東部)の浪人・宮本武蔵と、細川家指南役・佐々木小次郎の決闘が……。
       豊前小倉沖の無人島・巌流島において行われました。
       しかし、今、武蔵の生年を確認して驚きました。
       1584年です。
       決闘の時は、まだ28歳。
       対する小次郎ですが……。
       こちらは、生年が不明のようです。
       しかし、巌流島で決闘したときは……。
       60代だったと云われてるとか。
       映像などで見た記憶のある決闘のシーンでは……。
       武蔵は壮年、小次郎は美青年のイメージです。
       血気にはやる小次郎に、武蔵が焦らし作戦を取ったと思ってました。
       でも、まったく違ってましたね。
       気が短くなってた老人に癇癪を起こさせる作戦だったわけです。
       きっと小次郎老人は、何時間も前から来て待ってたんでしょうね。

       ところで、小次郎と云えば、刀を背中に担いだスタイルで知られます。
       しかし、時代劇などでは、間違った担ぎ方が見られるようです。
       刀の柄が右肩から出てるのです。
       あれでは、右手で刀を抜くことは出来ません。
       正しくは、柄は左肩の上です。
       ↓居合術家の町井勲さんも書いておられます。
      https://ameblo.jp/isaom/entry-10349247385.html

       でも、小次郎が左利きだったら……。
       と考える方もおられるかも知れません。
       でも昔は、利き手などに関係なく、柄は右手で握るというのが作法だったのではないでしょうか?

    • ––––––
      2. 手羽崎 鶏造
    • 2018/04/15 01:12
    • 武蔵と小次郎。決闘の理由がまだ、よく
      分かりません。何だったのでしょう。

      ところで宮本伊織って、明石の町並みを
      設計した有能な人だったようです。

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2018/04/15 07:42
    • 諸説ありのようです
       武芸論争から決闘にまで発展したとか……。
       決闘で勝った方が、豊前国細川家に指南役として招かれることになってたとか。

       宮本伊織は、武蔵の養子ですね。
       15歳の時、武蔵の推挙により、播州明石藩主・小笠原忠政の近習に出仕し……。
       弱冠20歳で、執政職(家老)に就いたそうです。
       親の七光りなどではなく、武蔵が自信を持って推挙した俊才だったのでしょう。
    コメントする   【東北に行こう!(1412)】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
レズ画像・きれいな画像倉庫 未知の星 ひとみの内緒話 愛と官能の美学
ましゅまろくらぶ 官能的なエロ小説 禁断の体験 エッチな告白集 官能文書わーるど
新・SM小説書庫2 秘密のエッチ体験談まとめ 潤文学 ちょっとHな小説
萌木ケイの官能小説 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 恥と屈辱の交差点 赤星直也のエロ小説
羞恥の風 人妻の浮気話 艶みるく 変態小説 淫鬼の棲む地下室

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
緊縛新聞 SM~猟奇の性書~変態 空想の泉~The Fountain of Daydream~ 性転換・TS・女体化劇場
快感小説 Playing Archives 恥ずかしがりたがり。 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~
HAKASEの第二読み物ブログ 18's Summer かめべや ぺたの横書き
黒い教室 女性のための官能小説 調教倶楽部 魔法の鍵
女の陰影 妄想ココット お姫様倶楽部.com エピソードセックス
女性のH体験告白集 被支配中毒 ひめ魅、ゴコロ。 [官能小説] 熟女の園

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
ちょっとHなおとなのための… 漂浪の果てに riccia Eros'Entertainment
渡硝子の性感快楽駆け込み寺 性小説 潤文学ブログ 最低のオリ アダルト検索一発サーチ
むね☆きゅんファンサイト 出羽健書蔵庫 ライトHノベルの部屋 制服美少女快楽地獄
オシッコオモラシオムツシーン収集所 空想地帯 被虐のハイパーヒロインズ アダルト官能小説快楽機姦研究所
被虐願望 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋

あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ プライド 黒塚工房
官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 女性作家専門官能小説
羊頭狗肉 おしっこ我慢NAVI ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記
黒イ都 ひよこの家 エロショッカー軍団 エッチな体験談・告白
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
厳選2chまとめ おかず動画アンテナ
エログちゃんねる 人気ブログランキング
正しいH小説の勧め 小説の匣
官能小説アンテナ にほんブログ村
Girls Love Search ライブドアブログ

ランキング/画像・動画(11~30)
GL Search 萌駅 アダルトブログランキング おたりんく
アダルト動画まとめ ネット小説ランキング セックス・ノベル・ネット 【携帯】GL狂愛Rank
Adult Novels Search 少女禁忌区域 Cyber あまてらす クリエイターコレクションR18
GAY ART NAVIGATION ヌケルアダルト作品 アダルト検索BBJapan ぱっくりんく





<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top