Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
センセイのリュック/幕間 アイリスの匣 #132
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
戯曲『センセイのリュック』作:ハーレクイン



幕間(小説形式)アイリスの匣#132



 ♪月はおぼろに東山
 霞む夜毎のかがり火に
 夢もいざよう紅桜
 しのぶ思いを振袖に
 祇園恋しや だらりの帯よ


 京都祇園きっての呉服商、宝田晋(すすむ)の座敷であった。
 場所は京都・先斗町沿いの料亭「花よ志」の二階。
 宝田の座敷に音曲(おんぎょく)が入るのは珍しいことである。まして『祇園小唄』のような俗曲は、宝田の趣味から外れていた。
 それが何故……。
 それは宝田自身にも分からないことであった。
 気まぐれ、としか言いようがない。
 宝田は、軽く手を振って三味奏者を下がらせた。盃を取り上げる。
 侍る志摩子女将が、すかさず銚子を手にした。

「どうぞ、旦さん」
「うむ」

 短く応じた宝田は、注がれた酒を飲み干す。
 軽く短く、酒薫混じりの息をついた。

「のう、女将」
「へえ、旦さん」
「この店も、ちょいご無沙汰やったが……」
「ほんまでっせ、旦さん。せいだいご贔屓に」
「どないや、あいつは元気か」
「あいつて、旦さん……」

 宝田は、志摩子を見やることなく言葉を継いだ。

「この店であいつ、ゆ(言)うたら、あいつしかおらんがな」
「ほほ、説明になってまへんがな、旦さん。あやめのことでっしゃろ」

 宝田は、軽く唇を歪めた。苦笑交じりに志摩子に返答する。

「せや。女子高生料理人、あやめやがな。お、もう今さら女子高生でもないか」
「ほほ、そうですなあ。あの子もえーと、もういくつになりましたかいなあ」
「大学出たんが……この春か。誕生日、来とったら……23ゆうことやの」
「ほない(そう)なりますか」

 宝田晋は、盃を志摩子に突き出した。
 志摩子は、手にした銚子ですかさず酌をする。

「23か……一昔前やったら、もう中年増(ちゅうどしま)ゆうとこやが、今時(いまどき)はのう。花の盛り、とでもなるんかのう」
「なんですのん、旦さん。そないに(そんなに)あやめの歳、気にしやはるて(お気になさるとは)……」

 宝田は、注がれた盃の酒を、喉を湿す程度に軽く口に含んだ。

「いやあ、なんとのう(何と無く)、な」
「あやめに、結婚話、とか」
「はは、そんな事でもないけんど」

 廊下に声があり、座敷の襖が引き開けられた。
 盆を手にした花世が歩み入り、宝田の前に座す。捧げるように、盆の上の椀を宝田の膳に置いた。

「お椀どす」

 ひと声掛ける花世に、宝田は問いかけた。

「この椀、誰や」
「へえ、あやめどす」
「ふむ」

 宝田は椀の蓋を取り、掲げた椀に口を付けた。一口、口にする。
 宝田は、叩きつけるように椀を膳に置き、立ち上がった。

「女将、帰るわ」
「へ、旦さん。どないしやはったん(どう、されたのですか)……旦さん!」

 宝田は、引き留めようとする志摩子には答えず、後も見ずに座敷を出て行った。
 見送る志摩子は、花世と顔を見合わせた。




 その夜遅く、宝田晋(すすむ)とその姪、明子は、座敷に座して向かい合っていた。京都祇園の呉服商「宝月」の家族用の居間である。宝田が明子に語り掛けた。

「いやあ、ほらあ、えげつない(酷い)味やったで」
「ほ(そ)んな、おじさま……」

 宝田明子は、文字通り目を剥いた。先ほど「花よ志」で出された椀物の味を語る伯父、晋に対して、である。

「あのあやめさんが、そないな椀物作るわけ、おへん(無い)やないですか!」

 血相を変えて伯父に詰め寄る明子に、宝田も少し声を大きくした。

「むろん儂かて、あのあやめが、あないな(あのような)しくじり(失敗)やらかした(仕出かした)とは考えとらん。なんぞの間違いか、ほやなかったら(そうでなければ)……」
「ほ(そ)れはいったい……」

 明子は、全く理解できないという風に伯父、晋(すすむ)を見やった。

「まあ待て、明子。実は、こないなことは初めてやないんや。もう半月以上も前になるか、いっぺん(一度)おかし(訝し)な椀物が出たことあった。あやめの調理でな。
 まあほの時は、今回ほどはひどい(酷い)味やなかったし、儂も、まあこないなこともあるか思て、なん(何)も言わんかったんや。
 しかし、今回はほんま(本当)に無茶苦茶な味やった。どない考えても、うっかりとか、失敗とかゆう(云う)ようなもん(物)やない。明らかに、何ぞの(何かの)企みとしか思えん、ひどいもんやったわ」
「せやったら(それなら)おじさま!」

 なおも言い募る明子を、宝田晋は軽く手を上げて制した。

「おそらく……店の評判とか、ほないなもん(そのようなもの)を度外視した企みやろ。ほ(そ)の目的は、あやめとしか考えられん。あやめを貶める。ほのための企み、ゆう(云う)ことやろ」
「ほ(そ)れやったら、おじ様!」

 明子の、晋への声掛けは、ほとんど悲鳴であった。

「まあ、落ち着かんかい、明子。
 今度の件、あやめに何の落ち度も無いにしてもや。こないな(この様な)事が起こるゆう(と云う)ことは、あの店、『花よ志』に今、なんぞ(何か)の事情がある、ゆう(云う)ことや。尋常やないなんかが起こっとる、ゆう(云う)ことや。
 ほれ(それ)にもし儂らが巻き込まれる、ゆう(と云う)ようなことになったら、下手したらうちの暖簾に傷がつく。祇園の老舗『宝月』にな。ほ(そ)れだけは絶対にあってはならん。わかるか、明子」
「へえ(はい)。しやけど(だけど)……」

 宝田は深く両腕を組んだ。

「さっきもゆうたように、今度のことはおそらく誰ぞ(誰か)の企みや。あやめを貶めよゆう(云う)な。何のために、ほないな(そのような)ことすんのかはわからんが……。
 で、や(それで)。その企みに載せられるんも業腹な話やが、あこ(あそこ)までのことやられては、黙ってはおれんがな。席立って帰る。もう「花よ志」とは縁切りや、ゆう(云う)態度示さんとなあ」

 明子は、全く釈然としない、という風に伯父に詰め寄った。

「それはそうどすやろけど、しやけど(だけど)おじ様……」
「しやけど、やない! ええか、明子。これはきつう(厳しく)ゆうとく(言っておく)。今後、あやめに会うことはもちろん、『花よ志』に近づくこと一切ならん(近づいてはいけない)。ええな、わかったな」
「そんな……」




 ♪夏は河原の夕涼み
 白い襟あしぼんぼりに
 かくす涙の口紅も
 燃えて身をやく大文字
 祇園恋しや だらりの帯よ
センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #131】目次センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #133】

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. 包丁人ハーレクイン
    • 2016/01/19 10:30
    • ♪祇園小唄♬

      >宝田の趣味から外れていた

       ではなぜ、宝田晋はやらせたのか。
       それはもちろん、作者がやりたかったからですね。


       まあそれはともかく、いよいよ始まりました、志摩子・源蔵、極悪コンビの悪だくみ。花世、道代も巻き込んでのその目的は、あやめ。あやめの評判を地に落とすこと、にあったようです。
       いったいなんのために。そんなことをして何の得があるのか。「花よ志」の評判まで悪くなるのでは……などと考えてしまいますが、そこは今後のお楽しみ。

       一気に緊迫する『アイリス』。匣の開くその時目指し、ひたすら駆け抜ける所存です。
       今後の展開を、乞う!ご期待。


      ♪鴨の河原の水やせて
       咽ぶ瀬音に鐘の声
       枯れた柳に秋風が
       泣くよ今宵も夜もすがら
       祇園恋しや だらりの帯よ

      ♪雪はしとしとまる窓に
       つもる逢うせの差向(さしむか)い
       灯影(ほかげ)つめたく小夜(さよ)ふけて
       もやい枕に川千鳥
       祇園恋しや だらりの帯よ

                (結局、最後までやっちまったぜ、祇園小唄)

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2016/01/19 19:52
    • いったいなんのために
       お手並み拝見ですね。

       『祇園小唄』の作詞は、長田幹彦だそうです(知らん)。
       小説家みたいです。
       初期には、谷崎潤一郎や吉井勇と並び称されたとか。
       今、この人の名を知る人は少ないんじゃないでしょうか。
       それで連想するのは、佐藤春男ですね。
       全盛期、その名声は谷崎、芥川を凌いだそうです。
       わたしは、この人の詩歌に、高校時代はまりました。

    • ––––––
      3. こまったちゃんHQ
    • 2016/01/19 22:39
    • >お手並み拝見

       実は……前コメで「そこは今後のお楽しみ」何ぞと書きましたが、実は苦慮しております。当初の予定では、この「悪だくみの目的」については、とぼけてさらっと流すつもりだったのです。そして、一気呵成に「開けゴマ! Open Sesame!」で匣を開けるところまで雪崩れ込むところだったのです。もう、ストーリーは出来上がっているのです(まだ書いてはいませんが)。
       ほんとに、源蔵・志摩子の悪だくみが始まってから、筆がすいすい進むのです。現に、次回分はもう書き上げているのです。

       ところが! 管理人さんから「あやめの評判を落としたいという理由」を書け、という、嫌がらせ!とも思えるお達しが。さあ、困った。何とかその理由を捻りださねばならなくなりました。うーん。どうすんべ。

       いくつか腹案はあるのですが、下手したら「匣が開くとき」が大幅に遅れる、という可能性も出てきました。こまった困った困ったぞ、と。次回の投稿までに、何とか道筋だけでもつけねばなりません。
       引っ張りにかかる、という手もあるんですがねえ。


       ということでそれどころではないのですが(おい)長田幹彦、わたしも知りません。これだけ人口に膾炙した歌なのにねえ。
       まあ、作品はともかく、作者名というのはそんなものかも知れません。小説だってねえ、作品は知ってても書いたのは誰? というケースは多いもんね。ある意味、それでいいんじゃないですかね。

    • ––––––
      4. Mikiko
    • 2016/01/20 07:36
    • 当然です
       店の信用や得意客と引き換えにしてまで、あやめの評判を落とそうとするわけですからね。
       ヘタすりゃ、店が潰れます。
       そうとうな理由が無ければなりません。
       これを考えずに書き進めるという蛮勇には驚きました。
       わたしは、その場で理由を思いついたシチュしか書きません。

    • ––––––
      5. 思案投げ首HQ
    • 2016/01/20 12:58
    • いや、だから……
       その「そうとうな理由」については、読者の想像に任せようと、そういうつもりだったのですよ。
       「花よ志」が潰れる問題については、遣り手の志摩子女将の事ですから、うまく立ち回る……と。万一潰れたとしても、まだほかに、乗っ取った店持ってますからなあ、志摩子女将。

    • ––––––
      6. Mikiko
    • 2016/01/20 19:50
    • あほですか
       推理小説で、犯行動機を読者の想像に任せるようなものではないか。
       ほかにも店を持ってるなんて、1度も読んだ覚えないぞ。

    • ––––––
      7. 支店長ハーレクイン
    • 2016/01/20 22:06
    • ほかにも支店
       まあ、支店というわけではないが、いろいろ持ってるということだ。食べ物関係とは限らんぞ。
       詳しくは、京都中京署での捜査会議場面を読み返したまへ。

      >犯行動機を読者の想像に任せる
       倒叙もの、というやつだな(ちがう違う)。


    • ––––––
      8. Mikiko
    • 2016/01/21 07:19
    • 『花よ志』はすでに……
       人に売ってしまってたというのはどうだ?
       手放すとなったら惜しくなり……。
       いっそ、評判を落としてしまおうと思ったとか。

    • ––––––
      9. 泥縄ハーレクイン
    • 2016/01/21 16:37
    • 志摩子・源蔵は……
       極悪コンビですから、そんなセコいことはやりません。
       彼らの動機と手法については、現在検討中です(今頃かい!)。

    • ––––––
      10. Mikiko
    • 2016/01/21 19:46
    • ほー
       大きく出ましたね。
       せっかく、簡単に片付けられる言い訳を考えてやったのに。
       それでは、お手並み拝見といきましょうか。

    • ––––––
      11. 地取り捜査HQ
    • 2016/01/21 20:51
    • お手並み拝見2
       いうにや及ぶ、ですわ(『アイリス』#92;京都中京署 山科源太巡査部長)
    コメントする   【センセイのリュック/幕間 アイリスの匣 #132】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
ひとみの内緒話 レズ画像・きれいな画像倉庫 愛と官能の美学 未知の星
おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 新・SM小説書庫2 官能文書わーるど 潤文学
萌木ケイの官能小説 ましゅまろくらぶ 赤星直也のエロ小説 恥と屈辱の交差点
禁断の体験 エッチな告白集 羞恥の風 緊縛新聞/杉浦則夫写真事務所 官能的なエロ小説
ちょっとHな小説 HAKASEの第二読み物ブログ 快感小説 秘密のエッチ体験談まとめ

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
性転換・TS・女体化劇場 黒い教室 恥ずかしがりたがり。 性小説 潤文学ブログ
お姫様倶楽部.com 被支配中毒 制服美少女快楽地獄 女の陰影
出羽健書蔵庫 変態小説 かめべや 淫鬼の棲む地下室
Playing Archives 18's Summer [官能小説] 熟女の園 ぺたの横書き
人妻の浮気話 艶みるく むね☆きゅんファンサイト ひめ魅、ゴコロ。 アダルト検索一発サーチ
Eros'Entertainment 女性のための官能小説 最低のオリ 魔法の鍵

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
妄想ココット 女性のH体験告白集 ちょっとHなおとなのための… ライトHノベルの部屋
SM~猟奇の性書~変態 空想地帯 空想の泉~The Fountain of Daydream~ 渡硝子の性感快楽駆け込み寺
オシッコオモラシオムツシーン収集所 エピソードセックス 被虐のハイパーヒロインズ riccia
調教倶楽部 漂浪の果てに アダルト官能小説快楽機姦研究所 被虐願望
渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋 あおいつぼみ 葵蕾

エロ体験談で抜けるコピペ プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉
おしっこ我慢NAVI ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都
ひよこの家 エロショッカー軍団 エッチな体験談・告白 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
厳選2chまとめ 人気ブログランキング
エログちゃんねる アダルト動画まとめ
にほんブログ村 正しいH小説の勧め
Girls Love Search 小説の匣
ネット小説ランキング 官能小説アンテナ

ランキング/画像・動画(11~30)
ライブドアブログ GL Search アダルトブログランキング 絵描きさん.NET
おたりんく Adult Novels Search セックス・ノベル・ネット 少女禁忌区域
ぱっくりんく Cyber あまてらす 【携帯】GL狂愛Rank 萌駅
アダルト検索BBJapan 創作系サイト検索・KAGOME GAY ART NAVIGATION 十八禁恋愛私花集
【携帯】Lovely Venus 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!

ランキング/画像・動画(31~50)