Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 2494
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
「う」

 浅井さんの骨張った尻たぶに、腱の筋が走った。

「スローダウン」

 万里亜の指が始動する。
 揃えた指先が、注射痕を揉みこむように、小さなオーバルを描いた。
 見た目は地味な動作だが、最も効果的な攻め手であることは、浅井さんの反応に現れていた。

「ひぃぃぃ」

 喜悦が喉笛となって噴きあげた。
 踏ん張った膝が、カタカタと笑い出す。

「ほら。
 気持ちよくなってないで、おしっこでしょ。
 おしっこ」

 そう言いながら、万里亜の指先は、浅井さんの恥丘への深度を増した。
 指の脇に、潰れた恥丘の肉がはみ出ていた。

「みんなに見られながら、おしっこするのよ。
 ほら」

 黒谷さんの顔上に仁王立ちしたときの浅井さんは、明らかに加虐的な表情だった。
 黒谷さんに対する、一種の攻撃性をあからさまにしていた。
 しかし今や、そのベクトルは消失してしまったようだ。
 むしろ、衆人環視のもと、排尿をしようとしている自分に溺れているかに見えた。
 万里亜はおそらく、その性癖を見抜いていたのだろう。

「い、いく……」
「ダメー」

 万里亜の指が、浅井さんの恥部から離れた。
 剥き出されたそこは、まさしく“恥部”以外の何ものでもなかった。
 指の腹に潰されていた小陰唇の襞が捲れ、大陰唇にひしゃげて貼りついていた。
 そして、その歪んだ襞の収斂する位置には、皮を脱ぎ落とした陰核が、三角豆のように尖っていた。
 まさに、イク寸前だったのだろう、ビクビクと鼓動さえしていた。

「いゃあぁぁぁ」
「何がイヤなの?」
「い、いじって」
「イッちゃったら、肝心のおしっこを忘れちゃうでしょ」
由美と美弥子 2493目次由美と美弥子 2495

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2018/04/08 08:43
    • 今日は何の日①-1
       『忠犬ハチ公の日』。
       ハチ公については、説明するまでも無いでしょう。
       で、不思議なのは、なぜ4月8日が『忠犬ハチ公の日』なのかと云うこと。

       ハチは、1923(大正12)年11月10日、秋田県大館市(当時は北秋田郡二井田村)に生まれます。
       東京帝大の上野教授宅(現・渋谷区松濤)に貰われて来たのが、1924(大正13)年1月14日。
       生後、2ヶ月ですね。
       幸せな犬生が約束されてたはずですが……。
       1925年(大正14年)5月21日、上野教授は大学で脳溢血を起こし、そのまま亡くなってしまいます(享年52)。
       上野と暮らせたのは、わずか、1年と4ヶ月です。
       上野が亡くなった後も、ハチは、毎日渋谷駅に上野を迎えに行ったわけです。
       そのハチが亡くなったのは、1935(昭和10)年3月8日早朝。
       渋谷川に架かる稲荷橋近くの路地の入口で、死んでいるのが発見されました。

       続きは次のコメントで。


    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2018/04/08 08:44
    • 今日は何の日①-2
       さて。
       これまで出て来た日付に、4月8日はありません。
       それではなぜ、4月8日が『忠犬ハチ公の日』なのでしょう?

       ハチ公の銅像が建てられたのが4月8日と書いてるサイトさんもあります。
       でも、これは違うようです。
       初代の銅像は、1934年(昭和9年)4月21日に設置されました。
       ハチ公が亡くなる1年前です。
       除幕式には、ハチ公本人も出席したそうです。
       しかしその銅像は、太平洋戦争の金属供出で失われてしまいます。
       銅像まで鋳つぶして戦争を続けようとした軍部には、憎しみさえ覚えます。
       現在の銅像が設置されたのは、1948年(昭和23)年8月15日。
       いずれの銅像も、4月8日とは関係ありません。

       毎年4月8日の『忠犬ハチ公の日』には、『忠犬ハチ公慰霊祭』が行われてます。
       この慰霊祭の第1回が行われたのが、1936(昭和11)年4月8日。
       ではなぜ、命日の1ヶ月後が選ばれたかですが……。
       単に、サクラの季節に行いたいということだったようです。
       82年前の東京は、今ごろがサクラの季節だったんですね。

    コメントする   【由美と美弥子 2494】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
未知の星 愛と官能の美学 禁断の体験 エッチな告白集 レズ画像・きれいな画像倉庫
官能文書わーるど Angel Pussy 週刊創作官能小説 秘密のエッチ体験談まとめ 官能的なエロ小説
ましゅまろくらぶ 萌木ケイの官能小説 ちょっとHな小説 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき
電脳女学園 羞恥の風 赤星直也のエロ小説 新・SM小説書庫2
恥と屈辱の交差点 Japanese-wifeblog 潤文学 人妻の浮気話 艶みるく

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
[官能小説] 熟女の園 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 黒い教室 アダルト検索一発サーチ
Playing Archives 変態小説 性小説 潤文学ブログ 濠門長恭の過激SM小説
空想地帯 18's Summer 女の陰影 出羽健書蔵庫
HAKASEの第二読み物ブログ 制服美少女快楽地獄 淫鬼の棲む地下室 Eros'Entertainment
女性のH体験告白集 ぺたの横書き 妄想ココット ライトHノベルの部屋
ひめ魅、ゴコロ。 快感小説 恥ずかしがりたがり。 魔法の鍵

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
女性のための官能小説 最低のオリ かめべや SM~猟奇の性書~変態
むね☆きゅんファンサイト 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 ちょっとHなおとなのための… お姫様倶楽部.com
riccia 調教倶楽部 緊縛新聞 性転換・TS・女体化劇場
エピソードセックス 被支配中毒 漂浪の果てに 被虐のハイパーヒロインズ
空想の泉~The Fountain of Daydream~ オシッコオモラシオムツシーン収集所 アダルト官能小説快楽機姦研究所 被虐願望

渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋 あおいつぼみ 葵蕾
エロ体験談で抜けるコピペ プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉
おしっこ我慢NAVI ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都
ひよこの家 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
おかず動画アンテナ 厳選2chまとめ
エログちゃんねる にほんブログ村
人気ブログランキング 小説の匣
GL Search アダルトブログランキング
官能小説アンテナ ライブドアブログ

ランキング/画像・動画(11~30)
正しいH小説の勧め ネット小説ランキング アダルト動画まとめ Girls Love Search
おたりんく 萌駅 セックス・ノベル・ネット アダルト検索BBJapan
ぱっくりんく アダルトなび2 GAY ART NAVIGATION 【携帯】GL狂愛Rank
少女禁忌区域 Adult Novels Search ヌケルアダルト作品 相互リンク、募集してます!





<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top