Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
東北に行こう!(125)
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
婆「途中で冷水を飲んだであろう。
 何杯飲んだ?」
み「大盛り2杯」
大盛り2杯

婆「20年若返りますぞ。
 800円など安いものじゃ」
み「強弁ですな」
これは早弁
↑これは早弁。

婆「早く払いなされ」
み「へいへい。
 しかし、小中学生、200円だって。
 子供連れで来るやつがいるのかね?」
婆「亡くなった子の兄弟を連れて、お参りする人もおられるのじゃ」
み「兄さんは水子でしたとか?」
兄さんは水子でした

婆「そういうケースもあるじゃろな」
律「連れて来られた子は、記憶に残るでしょうね」
婆「よい経験です」
み「ところで、あなた、イタコですか?」
婆「そう見えるか?」
み「イタコの実物を見たことはないですが……。
 うちにあるフィギュアにそっくりです」
うちにあるフィギュアにそっくりです

婆「なんのことじゃ?
 わたしはスケートなどせんぞ」
み「わたしだって、想像したくないわい!」

↑ペアスケートで大技炸裂。

律「あんた、お弟子にしてもらったら。
 口調が似てるんだから」
婆「失格じゃ」
失格じゃ

み「即答すな!」
婆「煩悩のカタマリではないか」
煩悩のカタマリではないか

み「修業すれば、解脱できるだろ」
これは、幽体離脱
↑これは、幽体離脱。

婆「おぬしから煩悩を引いたら、何も残らんわ」
おぬしから煩悩を引いたら、何も残らん

み「し、失敬な!」
婆「大昔の漫才に、そういうツッコミがあったの。
 誰だったかいな?
 エンタツアチャコか?」
2人が並んで立って掛け合いをする『しゃべくり漫才』は、この人たちが発明した形式です
↑右が横山エンタツ。左が花菱アチャコ。2人が並んで掛け合いをする『しゃべくり漫才』は、この人たちが発明した形式です。

み「呼び出して、ここで漫才させてみればいいではないか」
婆「失敬なのは、おまえじゃ。
 それに、わたしはイタコではないわ」
み「それは意外な。
 それなら、何者ですか?
 宗教勧誘なら、お断りです」
最近、うちにも来るようになったので、ドアホンを付けました
↑最近、うちにも来るようになったので、ドアホンを付けました。

婆「わたしは、境内ガイドじゃ」
み「げ。
 そんなのがいるんですか。
 ひょっとして、ボランティア?」
婆「料金はいただく」
料金はいただく

み「取るんかい」
婆「正当な報酬じゃ。
 最近は、暇な老人が増えて、ボランディアばやりのようじゃが……」
もちろん、聞くのが好きな人たちもいるわけです
↑『江戸東京たてもの園』。もちろん、聞くのが好きな人たちもいるわけです。

み「ボランティアに批判的な姿勢は、共感でき申す」
婆「おぬしに共感されると、自説が揺らぐようじゃ」
自説が揺らぐ
↑イマイチ、加工が上手くいきませんでした。

み「なんでじゃ!」
婆「とにかく、人様がお金をいただいてやってる仕事は……。
 ぜったいに、タダでやってはいかん。
 その人の仕事を奪うことになるからじゃ」
律「おいくらなんです?」
婆「3,000円じゃな」
回転寿司屋ではありません
↑回転寿司屋ではありません。

み「所用時間は?」
婆「ほぼ1時間」
み「時給3,000円かよ。
 ボロい商売ではないか。
 で、観光客に声かけて、ガイドをするわけですか?
 キャッチセールスでんがな」
キャッチセールス

婆「馬鹿もん。
 そんな営業はしとらんわ。
 バスを降りたところに、ガイド事務所がある」
なぜか、ガイド事務所の画像が見当たりません
↑想像図。なぜか、ガイド事務所の画像が見当たりません。怪しい……。

婆「そこに申し込むのじゃ。
 事前予約が必要じゃ」
み「それじゃ、なぜに善良なわたしらに声を掛けたんじゃ?」
婆「こちらのオナゴさんは、立派な真人間じゃ」
律「わかる人にはわかるものね」
み「わたしは、真人間じゃないと云うのけ?」
婆「邪悪なオーラが、硫黄臭のように立ちのぼっておるわ」
邪悪なオーラ

律「そう言えば、さっきから臭いわね。
 卵が腐ったみたいな……」
婆「それは、このオナゴのハラワタが腐ってる臭いじゃ」
ハラワタが腐ってる臭い

み「なんでじゃ!」
婆「おぬしのような輩が、わけもわからず歩き回ったら……。
 お山の運気が乱れる。
 よって、わしが案内してやろうというのじゃ」
み「3,000円でか?
 積極的にお断りじゃ」
積極的にお断り

婆「有料ガイドは、事前予約制だと言ったろうが。
 今日は秋の例大祭で、みなさん早くから来られておる」
これぞ商魂
↑これぞ商魂。

婆「本日の予約客は、もう案内が終わっておるわ。
 で、早じまいして帰ろうと思ってたところに……。
 タダで総門をくぐろうとする、邪悪な輩が目に入った。
 で、声をかけたわけじゃ」
み「で、キャッチセールスを?」
キャッチセールス

婆「違うと言うておる。
 わからんオナゴじゃ。
 今日は特別、タダで案内してやろうと言うのじゃ」
み「怪しさ、100万馬力」
怪しさ、100万馬力

婆「なんじゃそれは?」
み「今、思いつき申した」
婆「その口調、なんとかならんか」
鹿児島の芋焼酎です
↑鹿児島の芋焼酎です。

み「おぬしも一緒だろ!」
律「お願いしましょうよ。
 あんたと歩いてて、ヘンなところに迷いこんだらイヤだわ」
婆「このオナゴは、必ずや地獄に迷いこむ」
必ずや地獄に迷いこむ
↑もちろん合成ですが、わたしが作ったものではありません。

み「やかましわ!」
婆「ほれ、行くぞ」
み「ほんまにタダなんだろうな。
 後で請求したりしたら、『アディーレ法律事務所』に相談するぞ」
後で請求したりしたら、アディーレ法律事務所に相談するぞ

婆「なんじゃ、それは?」
み「過払い金請求のCMで見た」
婆「それは、サラ金の利息の話ではないか。
 ほれ、いくぞ」
『総門』です
↑『総門』です。関係ありませんが、高橋克彦の『総門谷 (そうもんだに) 』は面白いです。

み「おー、立派な門を潜ったと思ったら……。
 先にまた門があるな」
先にまた門があるな

み「しかし、妙に新しいんでないの。
 色が派手だし」
あれが、『山門』じゃ

婆「あれが、『山門』じゃ。
 1989年に建立されておる」
み「さっき潜ったのは?」
婆「『総門』じゃ」
み「どうでもいいけど……。
 あんた、おならしました?」
あんた、おならしました?
↑スカッドミサイルではありません。

婆「山門前でそんなことをしたら、尻が腐るぞ」
尻が腐る
↑カルシウムが不足するとなるそうです。石灰で補いましょう。

み「怪しい臭いが立ちこめておる」
岩崎宏美『二重唱(デュエット)』
↑岩崎宏美『二重唱(デュエット)』

婆「これは、硫黄の臭いじゃ」
北海道『硫黄山(アトサヌプリ)』
↑北海道『硫黄山(アトサヌプリ)』

み「異様な臭い?」
婆「それは、おぬしの脳が腐った臭いじゃろ」
おぬしの脳が腐った臭い

み「好戦的ですな。
 北朝鮮ですか」
北朝鮮の国営メディアが放送した映像
↑北朝鮮の国営メディアが放送した映像。

婆「まず、基本的なことから教えねばならんようじゃ。
 よいか。
 恐山というのは、火山なんじゃ。
 この臭いは、火山ガスの臭いじゃ」
火山ガスの臭い

み「おぉ、火山は大好物ですじゃ」
『火山のしくみ (しかけえほん)』
↑『火山のしくみ (しかけえほん)』

み「しかし、恐山が火山だったとは知らなんだ」
婆「周りを見てみなされ。
 山に囲まれておるじゃろ。
 大好物なら、こういう山を何というか、わかるか?」
み「もちのろん。
 豊山じゃ」
初代『豊山(大関)』
↑初代『豊山(大関)』。長身で美男、大卒。女性に圧倒的人気だったそうです。

婆「アホか」
み「冗談じゃ。
 いちおう、ボケておかんとな」
いちおう、ボケておかんとな

婆「なんで、そんな必要があるんじゃ?」
み「行稼ぎでんがな」
婆「言ってることがさっぱりわからん。
 こういう山のことを……」
み「待てい」
魔帝

み「これからわたしが答えるんではないか」
手をあげる

婆「まさか、“山”のつく相撲取りを全部あげるつもりじゃなかろうな?」
黒姫山
↑新潟県出身。最高位は関脇。輪島に7勝、北の湖に8勝、三重ノ海に13勝、貴ノ花に16勝。三賞受賞8回。金星6個。

み「そんなもん調べてたら、行稼ぎより時間がかかってしまうわ」
婆「言うてることが、さっぱりわからん。
 このオナゴ、大丈夫かの?」
このオナゴ、大丈夫かの?

律「いちおう人語は解しますし、凶暴性もありません」
凶暴性もありません
↑猿と思われます。

み「いらんこと言わんでもいい。
 このように、中央部の窪地を取り巻いて並ぶ山は、まさしく外輪山ではないか」
まさしく外輪山
↑『恐山菩提寺』とあるのが、今、3人がいる場所です。

婆「ほー。
 これは、意外千万じゃ。
 猿がしゃべったより驚いた」
猿がしゃべったより驚いた
↑犬もしゃべった。

み「やかましい。
 ついでに言えば、この外輪山に囲まれた窪地は……。
 まさしく、カルデラ」
まさしく、カルデラ

み「霊場恐山は、陥没カルデラのほとりにあるわけじゃな」
婆「ふむ。
 ただの猿ではないな」
ただの猿ではないな
↑映画『2001年宇宙の旅』。

み「人じゃ!
 見ればわかるじゃろ。
 おぬしの方が、よっぽど猿に近いわ。
 鏡を見たことが無いのか!」
イタコフィギュアのアップ
↑イタコフィギュアのアップです。

婆「戦闘的じゃな」
相手の人、ほっぺたが凹んでますよ
↑もちろん、マイクタイソンです。相手の人、ほっぺたが凹んでますよ。

み「だれのせいじゃ!
 本来は、平和をこよなく愛する一市民である」
麻雀の役名のようです
↑麻雀の役名のようです。さっぱりわかりません。

律「恐山って、どの山のことなんです?」
婆「恐山という名の山はない」
律「どうして?」
婆「この地は、もともと、アイヌの言葉で、“うしょろ”と呼ばれた。
 “窪んだところ”を意味する言葉じゃ。
 まさしく、この陥没カルデラを、そう呼んだわけじゃ。
 それがやがて“うそり”に転じ、漢字で『宇曾利』と表記された。
 その『宇曾利山(うそりやま)』が、下北訛りで変化し、“おそれやま”となり……。
 いつしか、漢字の表記も『恐山』となったわけじゃ」
み「異様に詳しいですな」
婆「ガイドだと言ったであろう。
 3,000円もいただいて、いい加減な案内は出来んわ。
 『ブラタモリ』が来るときは、案内人に立候補するつもりじゃ」
松田法子さん
↑『熱海編』に登場した松田法子さん(京都府立大学講師)は美人でした。

み「おー。
 そりは面白い。
 ぜったいにコルトレーンのネタが出るぞ」
ジョン・コルトレーン
↑ジョン・コルトレーン(1926~1967)。サックスプレーヤー。モダンジャズの巨人。

婆「なんじゃそりゃ?」
み「知らんのか?
 昔、ジャズミュージシャンが、恐山に遊びに来て……。
 イタコの口寄せを頼んだ。
 コルトレーンを呼び出してくれとな。
 イタコは承知し、やがてコルトレーンの霊が降りた。
 しかし……。
 なぜか、コルトレーンは青森弁をしゃべったのじゃ」
コルトレーンは青森弁をしゃべったのじゃ

み「ミュージシャンが、『なぜ青森弁をしゃべるのか』と聞くと……。
 コルトレーンの霊は、その場に泣き伏し、『聞くな!』と叫んだという」
婆「バチあたりめ」
み「ジャズミュージシャンなんてのは、そういうものです」
婆「何の話をしていたか忘れたではないか」
律「この人としゃべってると、いつもそうなんですよ」
婆「恐るべきやつ」
み「恐れ入ったか」
婆「褒めておらんわ!
 とにかく、総門を入ったところで、こんなに長々としゃべったのは初めてじゃ。
 この調子で言ったら、周り終わるころには、明日の朝になってしまう。
 ほれ、行きますぞ」
み「お!
 さっそく、怪しい人だかり……。
 もしかして。
 やっぱり、そうじゃ!」
律「すごい、わかりやすい看板ね」
やっぱり、そうじゃ!
↑まさか、これほどとは……。

み「午後なのに、まだこんなに並んでるぞ。
 夕方までに終わるのか?」
婆「終わらん場合もあるじゃろな。
 それもまた、縁(えにし)じゃ」
このフィギュア、持ってます
↑何度も書きましたが、このフィギュア、持ってます。わたしの寝てる頭上の鴨居におられます。

律「どんな人が並んでるのかしらね?」
婆「まさしく、様々じゃな」
み「1回、いくらなんです?」
婆「おぬしは、常に金の話じゃな。
 1人下ろすのに、5,000円じゃ」
イタコではありません
↑イタコではありません。

み「1人って……。
 何人も下ろす輩がいるのきゃ?」
何人も下ろす輩がいるのきゃ?

婆「めったに来れない人は、そういうこともあるじゃろ」
律「みんながみんな、納得して帰るのかしら?」
婆「そういうわけにはいかん。
 インチキだと騒ぎ出す客もおる。
 特に、欲が絡むとな」
律「どんなケースなんです?」
婆「相続問題じゃよ。
 遺言を残さずに、ぽっくり逝ってしまう人があるじゃろ。
 その子供が相続でもめて、兄弟姉妹揃ってやってくる」
その子供が相続でもめて、兄弟姉妹揃ってやってくる

律「ひょっとして、故人を呼び出して?」
婆「左様じゃ。
 故人に決めてもらおうと言うわけじゃ」
背後霊だそうです
↑背後霊だそうです。多過ぎます。

み「馬鹿馬鹿しい」
婆「本人たちは、いたって大真面目じゃ。
 話し合っても、ぜったいに解決しないからの」
み「裁判にすればいいのに」
トイレに行きたくなりそうです
↑トイレに行きたくなりそうです。

婆「金がかかるじゃろ。
 イタコなら5,000円じゃ」
み「納得しない方が、裁判にするんだな。
 てことは、5,000円は、納得した方が払うのか?」
婆「ま、そうするしかあるまい」
何かに包むべきでしょうか?
↑何かに包むべきでしょうか? でも、金額がわからなくちゃいけませんよね。

み「領収書、出るのか?」
北海道では、香典に領収書が出るそうです
↑北海道では、香典に領収書が出るそうです。受付で香典袋がバリバリと開けられ、金額を確認の上、その場で発行されるようです。

婆「出るわけなかろ」
み「イタコは、収入を申告してるのか?」
イタコは、収入を申告してるのか?

婆「お主は、税務署か?」
み「1日見張ってれば、何人、客が出入りしてるかわかる」
1日見張ってれば、何人客が出入りしてるかわかる

み「概算で収入ははじけるぞ」
律「1人で何人も下ろす人がいるんでしょ?」
み「下ろすって、中絶みたいではないか」
下ろすって、中絶みたいではないか
↑遺伝性疾患やハンセン病、精神障害などを理由に不妊手術や中絶を認めた法律。約16,500人が、同意なく不妊手術を施されました。1996(平成8年)年、『母体保護法』に改正され、優生手術の規定は廃止されました。

み「ま、そのあたりは、頭数の計算でいいんじゃないの。
 2人組なら、2人下ろすとかで」
婆「そんな計算して何になるんじゃ?」
み「適正な申告をしてるか、チェックするに決まっておる。
 税務署は、検分に来ないのか?」
これは、太閤検地
↑これは、太閤検地。ぜんぜん違いますね。

み「怠慢ではないか」
婆「そんな検分をしようと思ったら、納税者1人に税務署員1人が張りつかねばならんじゃろ」
み「かくして、納税を逃れる輩が後を絶たん。
 サラリーマンが、一番バカを見るのだ」
サラリーマンが、一番バカを見るのだ
↑ぜってー無理。

婆「お主も、誰か呼び出すのか?
 そうとう、待たにゃならんぞ」
み「肉親で、呼んでほしい者はおらんな。
 今更会っても、仕方なかろ。
 あ、小説の登場人物なら、いる。
 架空の人物でも、呼び出せるのかな?」
律「出せたらヘンでしょ」
み「ていうか、あんたも架空の人物でんがな」
律「誰を呼び出すのよ?」
み「女教師」
女教師
↑やや近いイメージ。

み「前半の主役と云ってもいい役割じゃったが……。
 とうとう、名前も付けなかった。
 で、あっさり交通事故死」
あっさり交通事故死
↑たぶん、こんな車。

律「恨んでるんじゃないの?」
ポルトガルのファチマ聖母像の写真
↑ポルトガルのファチマ聖母像の写真から、大量の血の涙が流れたとか。

み「逆恨みだろ!」
律「じゃ、なんで呼び出すのよ?」
み「ま、いちおう、礼をいいたいのがひとつじゃ。
 こやつのおかげで、小説が書けるようになったと云っても過言じゃないからな」
こやつのおかげで小説が書けるようになった

律「架空の人物なんか、断られるに決まってるわよ」
み「言わなきゃいいだろ。
 知り合いで、交通事故死した女教師を下ろしてくれって言えば」
婆「名前と命日を聞かれますぞ」
遺骨を肌身に(ペットのです)
↑遺骨を肌身に(ペットのです)。

み「あ、そうなの?」
律「当たり前でしょ。
 星占いでも聞かれるわよ」


↑あなたも占い師に!

み「星占いで命日を聞いてどうする!
 生きた人間が行けんではないか!
 星占いは、生年月日だろ」
婆「下らんこと言っとらんで、いったいどうするんじゃ?
 列に並ぶんなら、わしはここでお役御免じゃ。
 付き合ってたら、何時になるかわからんでな。
 早上がりして、一杯やるわ」
み「マムシ酒か?」
一番怖い生き物は、やっぱり人間
↑一番怖い生き物は、やっぱり人間だと思います。

婆「なんでじゃ?」
み「三途の川で取れるのであろう?
 看板で見たぞ」
三途の川で取れる

婆「何でわしが、三途の川で蛇取りをしなきゃならんのだ」
み「明らかに、マムシより強そうですが」
婆「やかましいわ。
 早く決めなされ。
 並ぶのか?」
並ぶのか?

み「ま、止めときましょう。
 列に並ぶのは、何よりも苦手じゃからな」
ランチの行列
↑ランチの行列。信じられません。昼休みが短くなってしまいます。

み「どうせ、当たり障りのない曖昧なことしか言わんのだろ?」
婆「そうとは限らんぞ。
 まったくの出まかせばっかりじゃったら……。
 そのうち誰も来なくなるはずじゃ。
 これだけの人が並び続けるということは……。
 それなりの口コミがあるからじゃろ」
川越市『喜多院(川越大師)』の五百羅漢
↑川越市『喜多院(川越大師)』の五百羅漢。

み「ほー。
 何か、事例を知ってそうじゃな?」
婆「そういう事例を喧伝する気はさらさらないが……。
 お主のような罰当たりを前にすると、少しばかり披瀝したい気にもなる」
み「聞き賃は払わんぞ」
こんなの着て、お店に入れんでしょう
↑実際、売ってます(こちら)。こんなの着て、お店に入れんでしょう。

婆「お主は、すぐ金の話になるな。
 もちろん、金など取らん。
 その代わり、そこら中で喋ったりするなよ」
律「大丈夫ですよ。
 この人、聞いた話なんか、右から左で忘れますから」

手ぬぐい 本染め(注染)【遊美】 馬耳東風
価格:1,296円(税込・送料別)




婆「それはそれで、喋り甲斐がないのぅ」
み「もったいぶってないで、早く喋れ!」
婆「以前、カナダ人の金持ちが、観光でここに立ち寄った」
み「いきなりうさんくさいな。
 なんで、いきなりカナダ人なんじゃ?
 ヘンじゃろ」


婆「ヘンも何も、事実じゃから仕方あるまい。
 これが、リアリズムというものじゃ」
『鯵ヶ沢(青森県)』の商人宿を舞台にした、つげ義春の名作
↑『鯵ヶ沢(青森県)』の商人宿を舞台にした、つげ義春の名作。

婆「黙って聞きなされ。
 女性通訳を引き連れた大名旅で、恐山までやって来た」

↑なぜか徒歩の大名。

婆「硫黄の臭いに鼻を摘まみながら……。
 通訳に向かって、『おまえ、何を食った?』などとからかいながら上機嫌じゃった」
おまえ、屁を垂れたな

み「とんでもないセクハラ親父ではないか」
婆「で、イタコの小屋を見つけたわけじゃ。
 いったい何の行列か通訳に尋ね、『死者の霊を呼び出す』と聞いた彼は……。
 自分もやってもらうと言い出し、列に並んだ」
黒服の人たちは何なんでしょう?
↑めげる風景です。黒服の人たちは何なんでしょう? 法事から直行ですかね?

婆「もちろん、『霊を呼び出す』などということを信じたわけではなく……。
 バカ話のネタになると思ってのことじゃ。
 3時間も待って、ようやくカナダ人の番になった。
 しかし、女性通訳はカナダ人で、日本語の標準語はできるが、下北弁はまったくわからん」
下北弁はまったくわからん

婆「急遽、並んでた1人の日本人女性に、『下北弁⇔標準語』の通訳をしてもらい、降霊が始まった。
 カナダ人はニヤニヤ笑いながら、自分の母親を下ろしてくれと告げた。
 しばらくして、降霊が終わった。
 小屋から出て来たカナダ人は……。
 号泣しておったそうじゃ」
号泣しておったそうじゃ

婆「『あのおばあさん(イタコ)は、ボクのママに違いない。
 ボクの生まれた家の間取りを知っていたんだ』」
ボクの生まれた家の間取りを知っていた

婆「『しかも、ボクとママが、家に2人だけでいたときに起きた出来事も知っていた』」
ボクとママが家に2人だけでいたとき
↑オードリー・ヘップバーンと息子のショーン。

婆「『ママ、ママ』。
 カナダ人は小屋の外の地面に座りこみ、しばらく泣き止まなかったと云う」
地面に座りこみ、しばらくは泣き止まなかった

婆「どうなされた?
 しーんとしてしまったの」
ホラー映画を鑑賞する猫
↑ホラー映画を鑑賞する猫だそうです。

律「……。
 ほんとの話なんですか?」
婆「聞いた話じゃ」
み「お主のネタではなかろうな?」
婆「聞いた話を、聞いたままに伝えておる。
 ほかにも、こんな話があるぞ」
み「今度は、アメリカ人か?」
婆「日本人じゃ。
 長年、姑さんの介護をして、前年にようやく看取った人がやって来た」
ようやく看取った人がやって来た
↑懐かしや、『Mikiko's Room』の仮設テント

婆「懸命に尽くしたつもりだったが……。
 ほんとうは、自分の介護をどう思っていたのか……。
 不満はなかったのか、知りたかったそうじゃ。
 というのも、姑さんの晩年は認知症が進んで……。
 介護するお嫁さんの顔も認識できなくなっておったからじゃ。
 最後のころは、朝から晩まで……。
 同じ歌の同じフレーズを、繰り返し口ずさみ続けておったと云う。
 壊れたレコードみたいにな」
壊れたレコードみたいにな

婆「しかも、その歌というのが、民謡でも懐メロでもない。
 そのとき流行ってた、アイドルの曲だったそうじゃ」
青い珊瑚礁
↑イメージです。この曲という意味ではありません(以下の画像も同じ)。

婆「お嫁さんは……。
 姑さんが亡くなった後も、そのフレーズが耳から離れなかったと云う」
フレーズが耳から離れなかった

婆「もちろんイタコには、そんな話はしなかった。
 で、降霊が始まった。
 イタコは、ゆっくりと身を揺らしながら、深いところへ潜っていった。
 『お母さん?』
 お嫁さんが呼びかける。
 『お母さんですか?』
 イタコの口がほころぶと……」
イタコの口がほころぶと……

婆「ゆっくりと、耳に馴染んだフレーズが、零れ出た。
 それはまさしく、姑が晩年、毎日口ずさんでいた、あのアイドルの曲じゃった。


婆「どうなされた?
 また、しーんとなってもうて」
しーんとなってもうて

律「ほんとうの話なんですか?」
婆「これも聞いた話じゃ。
 しかし、脚色はしておらんぞ。
 歌を一節歌い終わると、イタコは嫁さんを見てにっこりと笑い……。
 『ありがとう』と言ったそうじゃ。
 嫁さんは、身を揉みながら、その場に泣き伏したと云う」
その場に泣き伏したと云う

み「ネ、ネタじゃろ?」
婆「脚色はしておらんと言っておる」

 ここで注釈。
 カナダ人とアイドル曲の話。
 実は、パクりです。
 原典は、↓こちら。



 著者の南直哉(じきさい)さんは……。
 早稲田大学第一文学部卒業後、大手百貨店勤務を経て、1984(昭和59)年に曹洞宗で出家得度。
 永平寺で20年の修業の後、『恐山菩提寺』の院代(住職代理)となられた方です。
南直哉

 上記の『恐山 死者のいる場所』は、とても読みやすい文章で、大いに啓蒙されました。
 なお、わたしのパクリ文には、ちょっとばかり脚色があることをお断りしておきます。

婆「どうするんじゃ?
 並ぶのか、並ばんのか?」
み「やめ申す」
婆「即答じゃな」
み「死者と向き合う覚悟がない人間が……。
 興味本位でやるべきことではない」
真面目ネコ

婆「突然、まともなことを言うではないか」
律「早い話、怖くなったのよね」
婆「いらん道草を食ってしまった。
 ほれ、行くぞ」
そんな早歩きしなくてもいいでしょ

律「そんな早歩きしなくてもいいでしょ」
婆「一刻も早く、この場を立ち去りたいようじゃな」
「おー、また立派な門があるぞ。
 バカに新しいな」
1989年に建立された山門

婆「1989(平成元)年に建立された山門じゃ」
み「バブルの真っ盛りではないか。
 土地転がしで儲けたか?」
バブル崩壊で、3,000億円の借金を背負ったそうです
↑『歌う不動産王』と呼ばれましたが……。バブル崩壊で、3,000億円の借金を背負ったそうです。

婆「バカなことを言うではない。
 罰が当たりますぞ」
罰が当たりますぞ

み「さっき、金取られたのが総門で……。
 これが、山門か。
 どう違うんじゃ?」
婆「山門と云うのは、まさしく仏教寺院の正門じゃよ」
み「ここでも、金取るんじゃなかろうな?」
婆「取らんわい。
 仁王さまに叱られますぞ」
律「あ、左右の両端に立ってるのが仁王さまですね?」
左右の両端に立ってるのが仁王さまですね?

婆「左様じゃ。
 故に、仁王門とも呼ばれておる」
み「なるほど。
 そういう洒落か」
1本どころか、何千本も取られてますよ
↑1本どころか、何千本も取られてますよ。つるっぱげでんがな。

婆「何が洒落なんじゃ?」
み「さっきから、異様な臭いがしてるではないか」
婆「異様ではなく、硫黄の臭いじゃ」
硫黄の臭い

み「おなら、し放題じゃな。
 何発、スカしてもバレんよな」
おなら、し放題じゃな
↑こんなのをすれば、バレます。

婆「罰あたりめ。
 さっきのカナダ人と同レベルではないか」
み「すなわち、臭うから仁王門……」
臭うから仁王門

み「じゃろ?」
婆「そんなわけがあるか」
律「2階も立派ですね」
婆「あそこには、五百羅漢像が納められておる」
石見銀山(島根県大田市)の『羅漢寺』にある五百羅漢
↑石見銀山(島根県大田市)の『羅漢寺』にある五百羅漢。

み「登れるのか?」
婆「ダメじゃ」
み「なんじゃつまらん。
 ま、見てもしょうがないけどな。
 おー、一応、車椅子用のスロープもあるではないか」
車椅子用のスロープもあるではないか

み「デイサービスで、レクに来れるな」
律「洒落にならないんじゃないの」
み「ははは。
 それじゃ、潜らせてもらいまひょか。
 はいよ。
 ごめんなすって。
 ちょっくらごめんなすって」
カーリング選手に美人が多いのはなぜなんですかね?
↑誰だか不明。カーリング選手に美人が多いのはなぜなんですかね?

婆「一緒に歩いてると、恥ずかしくなってくるわ」
律「そうなんですよ、ほんとに」
婆「これじゃな?」
金井克子の『他人の関係』
東北に行こう!(124)目次東北に行こう!(126)

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ
    コメントする   【東北に行こう!(125)】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
愛と官能の美学 未知の星 禁断の体験 エッチな告白集 官能文書わーるど
Angel Pussy 週刊創作官能小説 ましゅまろくらぶ 電脳女学園 萌木ケイの官能小説
官能的なエロ小説 新・SM小説書庫2 羞恥の風 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき
変態小説 秘密のエッチ体験談まとめ 恥と屈辱の交差点 赤星直也のエロ小説
ちょっとHな小説 人妻の浮気話 艶みるく HAKASEの第二読み物ブログ 潤文学

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
[官能小説] 熟女の園 ぺたの横書き 空想地帯 Playing Archives
黒い教室 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 女性のための官能小説 アダルト検索一発サーチ
riccia 18's Summer 女性のH体験告白集 出羽健書蔵庫
調教倶楽部 濠門長恭の過激SM小説 妄想ココット かめべや
魔法の鍵 淫鬼の棲む地下室 ライトHノベルの部屋 むね☆きゅんファンサイト
制服美少女快楽地獄 ひめ魅、ゴコロ。 ちょっとHなおとなのための… 性小説 潤文学ブログ

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
女の陰影 最低のオリ 快感小説 お姫様倶楽部.com
レズ画像・きれいな画像倉庫 恥ずかしがりたがり。 Japanese-wifeblog Eros'Entertainment
SM~猟奇の性書~変態 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 緊縛新聞 性転換・TS・女体化劇場
エピソードセックス 被支配中毒 漂浪の果てに 被虐のハイパーヒロインズ
空想の泉~The Fountain of Daydream~ オシッコオモラシオムツシーン収集所 アダルト官能小説快楽機姦研究所 被虐願望

渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋 あおいつぼみ 葵蕾
エロ体験談で抜けるコピペ プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉
おしっこ我慢NAVI ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都
ひよこの家 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
厳選2chまとめ おかず動画アンテナ
エログちゃんねる 人気ブログランキング
にほんブログ村 ライブドアブログ
アダルトブログランキング 小説の匣
ネット小説ランキング 官能小説アンテナ

ランキング/画像・動画(11~30)
おたりんく 正しいH小説の勧め GL Search Girls Love Search
アダルト動画まとめ セックス・ノベル・ネット アダルト検索BBJapan GAY ART NAVIGATION
ヌケルアダルト作品 EPISODE SEX Adult Novels Search ぱっくりんく
萌駅 Cyber あまてらす アダルトなび2 少女禁忌区域





<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top