Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
コメントログ19(491~525)
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
由美と美弥子 491
★Mikiko
07/09/2010 07:21:20
□大分に行こう!(ⅩⅩⅩⅩⅩⅦ)
「Mikikoさん。
 Mikikoさん」
「ん……。
 何?
 今、何時?」
「朝です。
 もう9時を回ってます」
「しまった!
 また、やっちまった。
 くそー。
 最後の夜だったのにぃ。
 また、何も出来んかった。
 わたしの夜を返して」
「あれだけ飲んで食べたんだから、十分でしょ」
「うぅ。
 夜が帰らないんなら……。
 朝でもいいや。
 今、ここでしよう!」
「もう!
 シャワーも無いとこで、しません」
「げ!
 シャワーがあったら出来たのか?」
「そういうわけじゃ無いけど……。
 それより、Mikikoさん、大変なこと忘れてましたよ」
「なに?」
「朝食買い忘れてました」
「なんだ……。
 それがタイヘンなことなのか?」
「わたし、朝、食べないと力が出ないんです」
「旅行に来て、力出す用も無いだろ」
「そうですけど……。
 1日の始まりは、朝食からですよ」
「なんか、公共広告みたいだな。
 きのうのオカズ、残ってない?」
「みんな食べちゃいました」
「美味かったもんな。
 『Mikikoちゃん焼き』」
「ですね~。
 でも、ご飯もの食べなかったから……。
 お腹が持たなくて」
「それじゃ、チェックアウトしようか。
 最後の1日だからね。
 グダグダしてないで、思いっ切り楽しまなきゃ。
 若女将に、朝食食べれるお店、聞いてみよう」

 荷物をまとめ、新館へ。
 今朝も、若女将の笑顔が迎えてくれました。
 思いがけない、楽しい1夜をありがとう。
 心からのお礼を言って、とくなが荘を後にします。
 なお、若女将の顔写真が、下のサイトに出てましたよ。
「とくなが荘」若女将

 さて、駅前まで戻りましょう。
 とくなが荘からは、歩いて10分もかかりませんでした。

「今日は、どんな予定なんですか?」
「由布院駅から、電車に乗る」
「何時発?」
「12時02分」
「え~。
 そんなに先なんですか?
 まだ、10時前ですよ」
「朝食だけじゃ、間が持たないよね」
「お散歩でもしますか?」
「昨日、いっぱい歩いたからなぁ」
「じゃ、また人力車?」
「1区画じゃ、あっと言う間だよ。
 1時間くらいヒマ潰さなきゃならないからね。
 1時間の貸し切りコースだと、確か2人で15,000円だったよな。
 完全に予算オーバー」

 思案するわたしたちの耳に……。
 聞き慣れない音が。

 ぱっか、ぱっか、ぱっか。

 目の前を、白いお馬さんに引かれた車が通り過ぎて行きました。
お馬さんに引かれた車

「あれって、馬車?]
「そうみたいですね」
「わたしらでも、乗れるのかな?」
「乗ってる人、観光客みたいでしたよ」
「次の便、いつだろ?」
「駅前の方から来ましたから……。
 駅から出てるんじゃないんですか?」
「行ってみよう」

 続きは、次回。
-----
☆フェムリバ
07/09/2010 20:48:31
□さすが年長者ですね!
気遣いが出来るって、素敵♪


あは~
美弥子ちゃん、ナイスです♪

確か・・・
美弥子ちゃん家は、夜は質素でしたもんね(ロシア系の体質のせいで)。
で、そのかわりに朝食ガッツリなわけですな。
私は美弥子ちゃんとは逆で、朝とお昼は食べなくっても平気なタイプかな。
晩はガッツリいきますけど。
(肥えやすいのは一緒なのに・・・このままではマズイかも)

しっかし・・・
若女将の笑顔、良すぎる!
きっと、太陽のような女性なんでしょうね♪
若女将といい、車夫のあんちゃんといい、旅で出会う人はいい味出てますな~

わぁ~~
白馬の馬車!!
乗りたい乗りたい乗りた~い♪
ミキコ様、コレ絶対乗りましょうね!
-----
★Mikiko
07/09/2010 21:39:27
□律子おばさんの本質は……
 奉仕するタイプなんでしょうね。

 わたしは、お昼を抜いて、朝と夜ガッツリ食べます。
 明らかに、夜は食べすぎだと思う。
 でも、お昼抜いてるから、止まらないんだよね。
 不思議と太らないのは……。
 うんこをたくさんするからだと思う。
 ほとんど素通りしてるんじゃなかろうか。

 みなさん、由布院に行ったら、ぜひとも“とくなが荘”に泊まりましょう。
 レポートお待ちしてます。
 ネットをいくら探しても、“離れ”の内部がまったく不明なんです。
 たぶんコンロは、キッチンみたいなとこに固定されてて……。
 コメントで書いたように、焼きながら食べることは出来ないと思うんだ。
 ま、情報が少ないから、自由に書けるわけなんだけどね。

 馬車は、もちろん乗ります。
 正真正銘の一馬力。
 乗り物の基本だよね。

由美と美弥子 492
★Mikiko
07/10/2010 06:33:46
□大分に行こう!(ⅩⅩⅩⅩⅩⅧ-1/2)
 由布院駅に入ります。
由布院駅

 きのうはバスで由布院に来たので、駅舎に入るのは初めてです。
 構内に、「由布院温泉観光案内所」という窓口がありました。
「由布院温泉観光案内所」窓口

「あそこで聞いてみようか」
「そうですね」

「あの~。
 駅の前で、馬車を見かけたんですけど……。
 あれって、乗れるんですか?」
「はい、乗れます」
「お~。
 どこから出るんですか?」
「駅前からです」
「ナ~イス。
 美弥、大当たりだよ。
 で、次の便は、いつ出ます?」
「次は、10時ですけど……。
 予約でいっぱいです」

 そう言いながら、窓口のおばさんが指さした先には……。
 「辻馬車乗車券売場」の文字が……。
辻馬車乗車券売場

「へ~。
 けっこう出てるんだね。
 30分おきじゃん。
 じゃ、10時の次は、10時半か。
 10時半のには、乗れますか?」
「これも、いっぱいですね」
「あちゃ~。
 じゃ、11時は?」
「ちょうど、2名分空席があります」
「やた!
 ラッキー。
 それ、乗ります。
 最後は、駅に戻るんですよね?」
「戻ります」
「よしよし。
 ところで、30分おきってことは……。
 11時に出たら……。
 11時半前には帰って来ちゃうってことですか?」
「いいえ。
 馬車は3両あって、交代で出てます。
 全行程は、50分になってます」
「てことは……。
 駅に戻るのが、11時50分。
 電車が、12時2分発だから……。
 最高のタイミングだよ」

 ↑の看板にあるとおり、料金は1,500円のようです。
 50分乗って1,500円なら、人力車のほぼ10分の1。
 タクシーより安いじゃん。
-----
★Mikiko
07/10/2010 06:34:25
□大分に行こう!(ⅩⅩⅩⅩⅩⅧ-2/2)
 さてこれで、電車に乗るまでの予定も入りましたので……。
 若女将に教えられた、朝食が取れるお店に向かいます。
 向かうと言っても、ほぼ駅前。
 目の前にありました。
由布院駅前「佳舎」

 若女将は、“けいしゃ”さんと呼んでました。
 喫茶店みたいですね。
 でも、ちょっと引いてみると……。
「佳舎」入口

 ちょっと、違うような……。
 “やせうま”って何だ?

「ひょとして……。
 馬車でこき使って痩せた馬を……。
 ここで食っちゃうのか?」
「そんなわけないでしょ!
 でも、“だんご汁”とか……。
 普通の喫茶店じゃありませんね」
「侮れん店じゃ」

 されに、引いてみると……。
「佳舎」垂れ幕メニュー

「ぎょうざ定食?」
「名物・ざるそば?」
「なんじゃ……、この店」
「でも、コーヒーセットとかもありますよ。
 コーヒーとケーキのセットみたい」
「“ぎょうざ定食”食ってる隣で、ケーキ食べるの?」
「そうみたいですね」
「ま、朝から“ぎょうざ定食”食ってるヤツもいないだろ。
 とにかく、2階に上がってみよう。
 お座敷もありますって」
「佳舎」看板メニュー

 続きは、次回。
-----
☆淡雪
07/10/2010 14:22:08
□ううむ
めずらしい、メニューがいっぱい。

取り合わせが、ユニークですわ。

ハンバーグにかぼちゃが入ってるんですね。
-----
☆フェムリバ
07/10/2010 20:46:45
□美弥子ちゃん、凄く気持ち良さそう・・・
律子さんも大満足な初体験になったみたいだし・・・
良かった良かった♪


わぁ~い♪
馬車の予約取れた~♪
ふふ
た・の・し・み♪

「佳舎」・・・
不思議な名前。
そしてメニューも不思議。

う~ん。
愛知県民としては、大分の「モーニング」を拝見したいところですが・・・
喫茶店には不釣合いな「だんご汁」ってのも捨てがたい。
しかし
不思議メニュー、「やせうま」も気になる。
あ~でもでも
玉子好きとしては、普通に「オムライス」も食べたい・・・
だぁーーーーーいっそ全部食べた~い!!

候補にはあげませんでしたが、そのカボチャ入りハンバーグってどんな感じなんでしょ?
甘みがあって、舌触りがまったりとかですかね?
-----
★Mikiko
07/10/2010 21:50:26
□淡雪さん&フェムリバさん
> 淡雪さん

 どうやら……。
 “かぼちゃハンバーグ”というレシピは、世間に存在するようです。
 でも、なんで“かぼちゃ”を入れるんでしょうね?
 ツナギには……。
 ならないよな。
 フェムちゃんの言うように、甘み付けかな?


> フェムリバさん

 あの辻馬車は、実際すごい人気で、なかなか予約が取れないようです。
 予約は、当日しか受け付けてないとか。
 馬の体調によって、運休になる場合があるからだそうです。

 お腹空かせてこの店に入ったら、迷うだろうな。
 さすがに、ラーメン類だけは無いようだけど。

 “やせうま”の正体は、次回、明らかになります。

 メニューも面白そうだが……。
 わたしとしては、どんな客層が入ってるのか興味津々。
 “るるぶ”持った女性客は……。
 いないだろうなぁ。
-----
☆淡雪
07/11/2010 10:37:29
□ハンバーグには
我が家では、レンコンをいれて、ブラックペッパーをたくさんいれて焼くようにしています。

おろしポン酢によく合います。
-----
★Mikiko
07/11/2010 12:30:48
□レンコンは……
 潰しちゃわないで、歯触りが感じられるくらいの大きさを残した方が、美味しそうだね。
 ポン酢で食べる歯触りハンバーグ、夏には良さげですな。

由美と美弥子 493
★Mikiko
07/11/2010 07:23:21
□大分に行こう!(ⅩⅩⅩⅩⅩⅨ)
 階段を上って2階にあがると……。
 ちゃんとお座敷がありました。
「佳舎」お座敷

 佐伯の“レストランフェリー”を思い出しますね。
 レストランを名乗りながら、上がり座敷がありました。
佐伯の「レストランフェリー」上がり座敷

「たぶん……。
 おしゃれになる前の由布院って、どこもこんな感じだったんだろうね。
 せっかくだから、お座敷に上がろう」

 和食の朝定食もあるみたいですが……。
 あえて、モーニングセットを注文します。
 お座敷でモーニング食べることなんて、滅多に出来ませんから。

 モーニングセットを注文した後、お店の人に“やせうま”のことを聞いてみました。
 大分名物だとか。
 お八つとして食べるようです。
 だんご汁のだんごに、きな粉と砂糖をまぶしてあるそうです。
やせうま

 お店の人から、“やせうま”の語源が聞けました。
 それによると……。
 話は、平安時代に遡ります。
 豊後の国に都落ちしてきた貴族がありました。
 幼い若君には、乳母が付いて来ました。
 乳母は、ときおり若君に、茹でた小麦粉にきな粉をまぶしたものを食べさせてました。
 乳母は、京都の八瀬の出身で、若君からは、“八瀬”と呼ばれてました。
 で、乳母にこの食べ物をねだるとき、若君は……。
 「八瀬、ウマ(“美味しいもの”の幼児語)」と言ってたとか。
 つまり、“痩せ”でも“馬”でも無かったわけですね。
 ほんとかしらん?

 さて、程なくモーニングの登場です。
「佳舎」モーニング

 パンに、オムレツ、ミニサラダ。
 あとはコーヒー。
 フツーでしたね。
 “やせうま”でも付いてくるかと思ってたけど。

 さて、お腹を満たしたら、駅に戻りましょう。

「10時半の便は、出た後みたいだね」
「やっぱり、11時にして良かったんですよ」

 でも、出発までは、30分近くあります。

「なんだあのオンボロ車?」
「オンボロなんじゃありませんよ。
 クラシックカーじゃないですか」

 歴史物の海外ドラマでしか見ないような、レトロ調の乗り合いバスです。
スカーボロ

 バスと云っても、乗車定員は、馬車と同じくらいみたいですね。
 どうやらこれも、観光用の乗り物らしいです。

「ほら、この名前。
 やっぱりボロだったじゃないか」

 停留所に出てた名称は、スカーボロ。
 料金は、50分で1,200円。
 馬車より、300円安いですね。
 やっぱり、生きた馬の方が、維持費がかかるんでしょうかね?

 そうこうするうちに、またあの音が聞こえてきました。

 ぱっか、ぱっか、ぱっか。

 11時には間がありますが、どうやらわたしたちの乗る便のようです。
 同じ便に乗るらしい人たちからは、かすかなどよめきが起こりました。
 小さな子供なんか、うれしくてしょうがない様子。
 子供にとっては、普通のバスもスカーボロも変わりないんじゃないかな?
 そこへいくと、やっぱり馬車は、ぜんぜん別物ですよね。
 300円高くても、子供連れの方は、馬車を選ぶでしょうね。

 続きは、次回。
-----
★Mikiko
07/11/2010 08:41:57
□久々に新しいお客さまです
 「【特選】相互リンクのお部屋」に……。
 「【レズ画像】きれいな画像倉庫」さんをお招きしました。
 新しいお客さまは、3ヶ月ぶりくらいですね。
 みなさま、ぜひぜひご訪問しましょ~。
-----
☆淡雪
07/11/2010 10:40:21
□こんなバスがはしってるのね。
冷房のききが悪そうなので、真夏はNGですね。

ほんとうに、湯布院いっちゃおうかな。
-----
★Mikiko
07/11/2010 12:31:27
□うーむ
 そもそも、冷房というものが付いてるのか、はなはだギモンですね。
 由布院は盆地だから、夏は暑いのかな?
 でも、標高500メートルくらいのとこだから、朝晩は凌ぎやすいかも。

 由布院、ぜひ行ってみてください。
 “とくなが荘”に泊まれとは言いません。
 御三家のどこかで、レポート頼んます。
-----
☆フェムリバ
07/11/2010 16:26:28
□律子さんの気持ちは・・・
私にはよく分からなかったけど、めでたしめでたしですね!
律子さん、良かったね♪


オシャレな雰囲気も好きだけど・・・
オシャレじゃない雰囲気も、好き!

おぉ~
「やせうま」の正体は、この八橋系生菓子だったのですか~
このままでも美味しそうですけど、きな粉の上からメープルシロップかけたいな♪

でもって
なるへそ、これが大分のモーニング!
う~ん・・・
値段のわりには、確かにパッとしませんねぇ。
まぁ、このパンとミニオムレツが手作りかどうかによりますけど(美味しかったら納得)。

わぉ♪
クラシックカーもいいですな~
でも
今回は、断然お馬さん!
早く乗りたぁ~い♪
-----
★Mikiko
07/11/2010 19:55:55
□律子叔母ちゃんの章は……
 今回で終了。
 次回から、新たな章が始まります。
 律子叔母ちゃんは、また別の章で登場します。

 “ぎょうざ定食”出してる店で……。
 パンを手作りしてるわけないと思うぞ。
 確かに、あれで650円は高けーよな。
 たぶん、競合店が無いからだと思う。
 泊まり客は、旅館で朝食べるだろうし……。
 日帰り客は、そんなに早く来ないだろうから。
-----
★Mikiko
07/11/2010 20:00:03
□間もなく開票速報
 いよいよ開票速報が始まりますね。
 前にも書いたと思うけど……。
 わたしは、開票速報が大好きなんです。
 今回も、昨日の土曜、半日出勤して仕事をこなし……。
 明日の月曜は、有給を取りました。
 夜遅くまで、開票速報に付き合うためです。
 なので今日は、コメレスが出来ません。
 ご了承ください。

由美と美弥子 494
★Mikiko
07/12/2010 08:21:21
□大分に行こう!(ⅩⅩⅩⅩⅩⅩ)
 発車時刻前ですが、どうやら乗っていいようです。
 お客さんは、続々と乗り込みます。
 それを尻目に、お馬さんは悠然と給油中です。
お馬さんは悠然と給油中

 馬の傍らに立つ方が、御者のようです。
 人力車のあんちゃんほどではありませんが……。
 けっこう若い方です。

 さっそく、取材してみましょう。

「こんにちは~。
 今日は、よろしくお願いします」
「はい、こんちはー。
 楽しんでってくだっせ(すみません。大分弁がわかりません)」
「お馬さんは3頭いるって聞いたんですけど……。
 これって、由布市の持ち馬なんですか?」
「うんにゃ(この口調じゃ、『福島へ行こう!』の運ちゃんと一緒だよな……)。
 馬は、馬車屋の持ち物ですっちゃ」
「なるほど~。
 それじゃお兄さんは、由布市の職員さんじゃないってことですね」
「馬車屋です」
「馬が3頭もいるってことは……。
 やっぱり、会社組織なんですか?」
「うんにゃ、そうでねえっちゃ。
 馬は、3人の御者がそれぞれ持っちょります」
「3人は、独立した馬車屋さんってことですか?」
「そげんです。
 観光協会の下で、馬車組合を作っちょります」
「なるほど~。
 なんとなくわかりました。
 馬車歴は長いんですか?」
「長い人から……。
 ほんの数年って人もおります」
「みなさん、家業を継がれたんですか?」
「由布院で馬車が走り出したのは、三十数年前ですけん。
 昔からの家業って人は、おりましぇん。
 Uターンで戻って来て、馬車屋を始めた人もおります。
 そん人は、馬車屋になって初めて、馬に触ったそうです」
「へ~。
 面白い経歴ですね」
「そろそろ出発しますけん、乗ってくらっしゃい」
「は~い」

 馬車の中では、子供たちが待ちくたびれた顔をしてました。
 中には、わたしたちの顔を恨めしげに見る子も……。
 わたしが御者の人と話してたから、出発できないとでも思ったのかな?
 違うんだからね!

 車両に、窓はありません。
 なので、冬季は運行してません。
 1月の第1日曜が終わると、2月末まで運休になるそうです。
 3月も末とはいえ、今もまだ肌寒い季節。
 座席には、毛布が用意されてました。
辻馬車・座席の毛布

 駅前に出てた看板では、馬車の定員は10名。
 馬車には、3人掛けの客席が、3列あります。
 3×3で、9名ですよね。
 あとの1人はどこに乗るの?
 ってことですが……。
 客席のさらに前にも、座席があるんですね。
 御者が座る席です。
 で、御者の左隣に、1人座れるんですね。
 タクシーだって、運転席の横に1人座れますからね。
 あれと同じなんでしょう。

 タクシーに乗り合わせる場合、あんまり偉くない人が、運転手の隣に座るようですが……。
 この馬車では、御者の隣は特等席です。
 お馬さんの背中が、間近に見えます。
 今、その席には、子供が座ってます。
辻馬車・御者席

 確かに、子供は最前列じゃないと、前が見えませんからね。
 子供優先席なんでしょう。
 ほんとは、わたしが座りたいんだけど……。
 今日は我慢しましょう。

 続きは、次回。
-----
☆淡雪
07/12/2010 13:02:41
□がまんがまん
そうです。
子供と最前列を争うようなことは、やっぱりしちゃいけません。

ウチの主人はモノレールの最前列を死守します。

こどもがうらやましそに、そばに立っても、よけいに意地になって譲りません。

とくに私がついてると、もうほとんど駄々っ子です。

はずかしーーー。
-----
★Mikiko
07/12/2010 13:07:53
□スゴい……
 ご主人ですね。
 ある意味、うらやましい人かも。
 わたしも、最前列までは欲張りませんが……。
 窓際は死守します。

 今日は、強い雨。
 有給取って大正解♪
-----
☆フェムリバ
07/12/2010 20:02:42
□ででででで出たぁーーーーーー!!
ミサちゃんの極悪姉!!
心配してるフリして、ミサちゃんをイジメに来たな?
由美ちゃん!その人は悪い人だよ~
ミサちゃんを守ってあげて(泣)

というか
香純さんがいなくてちょっと安心しました♪
(香純さん、ゴメンね・・・でも、やる事が怖すぎるんです。)


お馬さん、ナデナデしたい♪
しかし
「そうでねえっちゃ」とか・・・
大分弁て可愛いかも♪

やっぱり子供が優先かぁ・・・
いいなぁ・・・
私も、淡雪さんの旦那様のように自分を突き通せたらなぁ・・・
まぁでも
後ろの席でも、きっと楽しいでしょうね♪
-----
★Mikiko
07/12/2010 20:56:56
□またひとり……
 恐怖の女子高メンバーが登場しましたね。
 当然のことながら……。
 美弥ちゃんとも絡んでくるはず。
 さて、どういう展開になりますか……。

 あの大分弁は、デタラメです。
 大分の人はイカッてるかと思いますが……。
 アクセス解析を見ると……。
 本日、大分県からのアクセスは、3人なので……。
 たぶん、黙っててくれるでしょう。

 淡雪さんの旦那さんの振る舞いは……。
 天稟です。
 われわれ素人が、付け焼き刃で真似ても、見苦しいだけでしょう。
-----
☆フェムリバ
07/13/2010 20:24:13
□そ、そういえば・・・
この極悪姉、女教師の携帯から美弥子ちゃんの写真を盗んでましたよね?
ガクガクぶるぶる・・・
美弥子ちゃん・・・(泣)


アクセス解析って、凄いな~

う~ん
自分を通すには、周りに文句を言わせない貫禄と言うかオーラがいりますもんね。
なので、これからも大人しくしておきます・・・
-----
★Mikiko
07/13/2010 20:32:14
□悪いオンナは……
 書きやすいし、書いてて楽しい。
 でも、由美美弥は勧善懲悪に立っておるので……。
 悪は、必ず敗れます(たぶん)。

 人にはそれぞれ、持って生まれた“分”というものがあるんじゃないかな。
 背伸びしても、身につかないし……。
 続かないよ。

由美と美弥子 495
★Mikiko
07/14/2010 07:24:04
□大分に行こう!(ⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅠ-1/2)
 御者のお兄さんが手綱を引き、馬車が動き出しました。
 お客さんからは、「おぉ~」と歓声が。
 子供たちは、嬉しくてたまらない様子。

 駅前通りの歩道を、たくさんの観光客が歩いてます。
 蹄の音に振り返る人。
 こちらを指さして、何か言ってる子供。
 すごい注目の的で……。
 晴れがましいような、気恥ずかしいような……。
辻馬車・注目の的

 すぐに、五差路にさしかかりました。
 なんと、この五差路、信号がありません。
 そのまま真っ直ぐ進む通りが、きのう歩いた「由布見通り」ですね。
 馬車は、右手10時の方向に分岐する細道に折れました。
 大きな鳥居を潜ります。
由布院駅前・五差路

「こん鳥居は、今日これから行く『宇奈岐日女神社』の“一の鳥居”になっちょります」
「ウナギ姫?
 ウナギの女神さまなんですか?」
「そうとも云われとります。
 大昔、由布院盆地は、大きな湖だったらしいですけん」
「その名残が、金鱗湖なんですよね」
「よく、ご存じですなぁ」
「えっへん」
-----
★Mikiko
07/14/2010 07:24:48
□大分に行こう!(ⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅠ-2/2)
 しばらく進むと、道は上り坂になるようです。
 御者のお兄さんが立ち上がり、手綱を繰りました。
辻馬車・手綱を繰る御者

 お馬さんが走り出しました。
 勢いをつけて、坂を上るようです。
 乗客からは、喚声があがります。

 お馬さんが駆け上がったところは、橋の上でした。
 橋の間近で、2本の川が合流してます。
2本の川が合流する橋

 なんか、見覚えがありますね。

「Mikikoさん、ここ『城橋』ですよ」
由布院『城橋』

「あ、そうか!
 昨日、人力車降りた場所だ」

 夜、グルメシティに行くときにも渡りましたが……。
 あのときは、もう真っ暗でしたから。

 由布岳が見事です。
 カメラを向けてるお客さんもいます。
 絶好の撮影ポイントなんでしょう。
 御者のお兄さんも、橋の上は、馬車をゆっくりと進めてました。

 橋を渡って、しばらくは温泉旅館が目立ちましたが……。
 やがてあたりは、静かな田舎道になりました。
由布院・静かな田舎道を行く馬車

 田んぼが広がってます。
 青い稲穂がなびくころは、きっと風が気持ちがいいでしょうね。

 狭い道が続きますが、自動車もスピードを落として擦れ違ってくれます。
辻馬車・クルマとすれ違う

 細い川が見えてきました。

「こん川は、さっき『城橋』で渡った大分川の上流にあたります。
 『城橋』からの道は、ほとんど真っ直ぐやったですけど……。
 その間、川は大きく蛇行してますけん、けっこう上流になります」

 それで、こんなに細くなってるんですね。
 川に向かって、馬車はスピードを上げました。

 続きは、次回。
-----
☆イネ
07/14/2010 09:28:44
□いつものお節介ですが・・・
お久しぶり(^^)/~~~
毎回、旅行記は楽しみにしているのです。
それにしても今回の「大分に行こう!」は、すごい連載ですね。ふと気がつくと、60回超えてるし・・・

ところでローマ数字の40はXL、50がL、60はLXですぜ。
ま、どうでもいいことですけどネ。

この際、いっそ90回超えを目指してくださいな。(100はCでっせ^^)
-----
☆あおい
07/14/2010 18:49:11
□お節介者-2
ご参考まで・・・
http://netablog.net/2008/09/post.html
-----
★Mikiko
07/14/2010 20:04:50
□イネさん&あおいさん
> イネさん

 にゃにぃ~。
 なんで、40回のときに言ってくれなかったんだよ-。
 20回以上も、恥をさらしてきたことになるじゃないか!
 くっそー。
 今さら、遡って直す気にもなれんし……。
 こういうのを、“いけずぅ”と云うんじゃないか?

 いくらなんでも、90回は行きまっせん。
 あとはもう、帰るだけだからね。
 終わりごろになって言いおって……。
 返す返すも無念じゃ。


> あおいさん

 おのれ……。
 傷口に塩を塗り込むようなことを。
 わたしも、“Ⅹ”がたくさんあって、数えにくいなとは思っていたんだ。
 まさか十の位にも、こんな表記法があったとは……。
-----
☆フェムリバ
07/14/2010 20:43:48
□妹の友達になんてことを(汗)
でもミサちゃん、極悪姉と連絡とってたんですね。


そんなに注目されちゃ、恥ずかしいですね(笑)
でも、けっこう気分良いかも?

ウナギの女神さま・・・
色んな神様がいらっしゃるんですねぇ~
確か・・・
どこかの地方にはウナギ信仰があって、ウナギを食べる事を禁じているそうですけど・・・
由布院は禁じてませんよね?


あ!!
イネさんにあおいさん♪
お久しブリッジです!

な~るほど
ローマ数字って、こんなふうに表記するんですね。
私も全然知らなかった・・・
-----
☆あおい
07/14/2010 20:53:53
□っ、つみません!
ご無沙汰²なもんで・・・

そこまで見てなかった・・・

このところyahooの検索エンジンから遠く飛ばされてしまって・・
ようやく見つけたのがTopページにリンク切れが・・・
mikikoさんも携帯同様リンクチェックされてはいかが?

PCでも読み込みが早くなるそうです。
でも、じゃまくさいか?これだけ数あると
-----
★Mikiko
07/14/2010 21:00:47
□フェムリバさん&あおいさん
> フェムリバさん

 姉の方で……
 一方的に連絡取ってたのかね?
 書かない部分の設定は、ぜんぜん考えてないので……。
 作者にもわかりませーん。

 今年の土用の丑の日は……
 26日のようです。
 ウナギは……。
 奢られれば、喜んで食べるが……。
 自腹切ってまで食べたいとは思わん。

 ローマ数字の件。
 頼りにならんやつ……。
 ま、女性は、こんなもんでしょうね。
 オトコは、みんな笑ってたのか!
 腹立つ……。


> あおいさん

 ふん!
 今さら、謝らんでもいいわい。

 Yahoo!は、自分で使ってないので、ぜんぜんチェックしてない。

 携帯サイトは……。
 SoftBankで目次ページが表示されないのが、憂鬱です。
 ほかの携帯では、表示されてるんだろうか?
-----
☆淡雪
07/14/2010 22:34:36
□携帯サイト
auでは、最新の「495回☆投稿しました」をクリックすると
目次がでてきます。
でも、わたしは意味がわからないのですが、回数の番号の後にもれなく&nbspがついてきてます。

みんなそんなに気にしてないんじゃないでしょうか。
-----
★Mikiko
07/15/2010 07:56:17
□なるほどー
 auでは、いちおう表示はされるわけですね。
 SoftBankは、「レスポンスが不正です」ってエラーが出て、表示されません。
 しかし……。
 失礼なメッセージだよね。
 “不正”ってのは、何事!
 “不正”を辞書で引くと、「正直でないこと。また、そのさま(大辞泉)」。
 SoftBankを使ってると、こういう無神経さに、そこここで出会います。

 “&nbsp”は、htmlの特殊文字で、半角スペースを表します。
 ちょっと、目次のソースを書きかえてみました。
 もう一度、試してみてください。
-----
☆あおい
07/15/2010 18:18:45
□追伸
docomoでもauと同じようです。

でもレスポンスが不正って・・・レスポンス?
時間がかかるってことなのか?

docomoでも&nbspはありました。
「現在の閲覧者」の上に4つ並んでいます。

ソースを書き換えた後なので番号の後ろに&nbspの表示はありません。

お疲れ様。

そういえば最近PCの表示が軽くなったね。
なんかしたの?

以前、無理やりスクロールしたらクラッシュしたことあったけど、この軽さなら問題ないね。
-----
☆あおい
07/15/2010 18:23:46
□遅ればせながら
フェムリバさん、こんちゃ[絵文字:v-222]

フェムさんは中京だったけ?
関西はこのところ土砂降りの[絵文字:v-279]です。
-----
★Mikiko
07/15/2010 19:59:31
□情報ありがとうございました
 “&nbsp”がそのまま表示されてたのは……。
 わたしの無知によるものでした。
 正確には、半角スペースを表す特殊文字は、“ ”だったんです。
 “;”が抜けてたわけね。
 ブラウザによっては、大目に見てくれて、半角スペースを表示してくれてたみたいです。
 docomoは、厳格だったんだね。
 SoftBankは、半角スペースを表示してくれてたので、気づきませんでした。
 いいとこもあるじゃん、SoftBank。
 昨日は、目次ページだけ直したんだけど……。
 テンプレートにも、いくつか残ってました。
 さっき、それも直したので、もう大丈夫だと思います。

 こういった、わたしが持ってない機種での不具合情報は、ほんとにありがたいです。
 これからも、どしどし指摘してくださると嬉しいです。

 PC表示が軽くなった件は、心当たりがありません。
 なんにもいじってないはず。
 FC2自体の表示が速くなったのか……。
 あるいは、サイドバーのi2iランキングが速くなったのかも?
 わたし自身は、軽くなった感じはなかったなぁ。

 「レスポンスが不正です」の件は、まったくわかりません。
 ひょっとして、リンクが多すぎるせいかな?
-----
☆フェムリバ
07/15/2010 20:39:39
□頼りにならず・・・
ごめんくさい(泣)

携帯はまだちょっと重たい感じですけど、確かにPCの方は軽くなったかも?


あぁ、湿気湿気で気持ち悪いわ・・・
梅雨は嫌いじゃないんですけど、ベタつくのが嫌なんですよね~


>あおいさん
そうです、私は中京です!
こっちも土砂降りお天気で、洗濯物が乾かなくて困ってます(泣)
-----
★Mikiko
07/15/2010 20:46:36
□どうも……
 うちのサイトの女性陣は、機械系に弱いようだねー。

 うーん。
 PC、軽くなったかなぁ?
 あんまり感じないんだけど。

 どうやら、週末には梅雨も明けそうだね。
 また、あの暑い夏がやってくるのか……。
-----
☆あおい
07/15/2010 20:46:56
□推測ですが
「現在の人数」を調べるソフトが邪魔をしていたような気がします。
使ったことがないのでわかりませんが、ある一定時間ごとに画面がリセットされるような感じになります。
気になるといえば気になるし、どうでもええと思ったらそうやし。

検索エンジンの話で一つ気になったこと・・
まず自分のことから。
最近はリンクで人を引っ張ってくるより検索キーワードでなんとか人を呼び込もうとしています。

一番可能性が高いのは「官能小説」ですよね。
googleやyahooで検索すればおなじみのサイトがオンパレード。
ここの上位に表示させたくって頑張って最高24位まで行ったんですが今は100位まで探しても見当たらず・・

まぁそんな話はどうでもいいとしてmikikoさんのmetaタグkeywordsは自分で入れられました?

言葉が半角スペースで区切られているような?
http://enchanting.cside.com/hp/seo_meta.html
「カンマ」なんでよろしく!

イネさんよろしくお節介かもしれませんが「スカトロ」と「レズ」は分けたほうが良いように思うのですが・・・

検索キーワードで何が一番よく来られてますか?
-----
★Mikiko
07/15/2010 20:59:27
□さっそく
 おせっかい、ありがとうございます。

 閲覧者数の表示は、本来PC用なので……。
 携帯サイトに付けたのは、ムリがあったかもね。
 でも、リアルタイムな雰囲気が出るので、とりあえずはこのままにしておこうかと……。

 検索キーワードは、ずばり「Mikiko's Room」か「由美と美弥子」がほとんど。
 あとは、レズビアン小説とかかな。
 もともと、検索エンジンからの訪問者は多くないんだよ。
 1日、50人から100人くらい。

 キーワードは、直接入れた。
 スペースで区切って。
 そうか、カンマだったのか。
 どうりで、検索サイトからのお客さんが来ないはずだよ。

 そう言えば……。
 最近、スカトロが出てこないよな。
 もう少し、書いた方がいいのかなぁ。
-----
☆あおい
07/15/2010 21:37:56
□それにしてもすごいなぁ
ユニークユーザーで50~100ですか?
それ自身凄いよなぁ~

検索キーワードがブログタイトルそのものだからココを目指してきてるわけで、その他のキーワードで来るようになったらもっとスゲ~ことになる。

うちのキーワードでも“レズ”“レズビアン”は結構ヒットしてます。

meta keywordsはあくまでおまけみたいにしか考えていませんが、それでもないよりあった方がいいかもね。

やはり筆者として小説で勝負!
って偉そうなことが言えないあおいですが。。

そういえば再来週位からマエ~に言ってた妖怪編が始まります。
これがまた中途半端な妖怪なんですが、ひとつ危惧することが・・・
全体としてHシーンが少ない。
また読者離れるな・・・
-----
★Mikiko
07/16/2010 07:24:24
□ヒット数はそこそこかも知れないけど……
 内訳はねー。
 “mikiko'sroom”“mikikosroom”“Mikiko'sRoom”“mikikoroom”“MIKIKOSルーム”なんてのがズラーッと並んでます。
 うちを目指してって云うか……。
 エロサイトを、ブックマークしたくないだけじゃないかな。
 うちを知らずに検索エンジンから来たって人は、そんなに多くないと思う。
 でも、『紙上旅行倶楽部』のおかげで……。
 そっち方面からのヒットが、けっこうあります。
 固有名詞がたくさん出てくるから、当たりやすいみたいです。

 Hシーンが少ないってのは、ストーリーを書くのが楽しかったからじゃないかな?
 きっと、面白いに違いない。

由美と美弥子 496
★Mikiko
07/16/2010 07:28:51
□大分に行こう!(ⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅡ-1/2)
 『城橋』では、勢いをつけて坂を上るためにスピードを上げたんですが……。
 ここは、逆です。
 川に向かって下り坂になってるので……。
 自然とスピードが出るようです。
 橋が見えてきました。
 欄干の無い、低い橋です。
由布院・沈み橋

「こん橋は、『沈み橋』と云います。
 その名のとおり、大水の時は水の中に沈む橋です」

 沈下橋というやつですね。
 以前にも書いたと思うけど……。
 わたしは、橋が苦手なんです。
 欄干の近くには寄れない。
 特に、欄干の隙間から見える水面には、恐怖を覚えます。
 ましてや……。
 欄干のない橋なんて、とうてい渡れません。
 実は、高知の四万十川の見所のひとつに……。
 沈下橋があったんですが……。
四万十川・沈下橋

 怖いのでパスしました。
 まさか、こんなとこで、沈下橋が待ち受けてるとは……。
 でも……。
 飛び越せそうな狭い川に掛かる橋は短く……。
 恐怖を感じる間もなく渡り切ってしまいました。
由布院「沈み橋」を渡る><br>
<br>
 程なく、第一の立ち寄り場所、仏山寺に着きました。<br>
<img src=

「降りてもらう前に、馬車の向きを変えますけん、少々お待ちください」

 お馬さんが、ゆっくりと回り始めました。
由布院・辻馬車の転回

 狭い道幅ですが、毎回ここでUターンしてるんでしょう。
 ウマいもんです。
 やり直すこともなく、馬車は石垣に沿って反対を向きました。
-----
★Mikiko
07/16/2010 07:29:56
□大分に行こう!(ⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅡ-2/2)
 お客さんは、ひとまず下車し、仏山寺の見学です。
 見学時間は10分。
 子供たちは、お寺より馬の方に興味があるらしく……。
 馬の顔近くまで寄って、熱心に見てます。
 わたしたちは大人なので……。
 とりあえず、お寺を見てきましょうか。
由布院・仏山寺山門

 臨済宗のお寺のようです。
 山門は古そうで、古刹の雰囲気を期待したんですが……。
 本堂は、新築間もないようでした。
由布院・仏山寺本堂

 馬車に戻りましょう。
 子供たちは待ちきれない様子で、すでに座席に座ってました。
 中には、座席から立ち上がって、わたしたちを恨めしげに迎える子も……。
 まだ10分経ってないからね!

 さて、出発進行です。
 お馬さんは、石垣沿いに左側を歩みます。
由布院・石垣沿いを歩む馬

 狭い道ですが、これならクルマともすれ違えますね。
 かと言って、寄りすぎたら、馬車が石垣を擦っちゃいます。
 馬車は、石垣と絶妙な間隔を保って進みます。
 偉いもんです。

 もと来た道を戻ります。
 また、『沈み橋』が見えて来ました。
 馬車のスピードが上がります。
 さっきは、下り坂で自然にスピードが上がるのかと思ってましたが……。
 よく考えたら、橋を境に、今度は上り坂になるわけですから……。
 そのために勢いを付けているようです。

 橋を渡りきったところで、道がY字に分かれてます。
 先ほどは右の道から来たんですが……。
 お馬さんは、迷うことなく左の道を選びました。
由布院「沈み橋」袂のY字路

 続きは、次回。
-----
☆フェムリバ
07/16/2010 20:34:36
□由美ちゃん、いい人だなぁ♪
こんな高圧的な人だと、私なら疲れを理由に断っちゃうな(汗)
角が立たないようにやんわりですけどね。
あと
断りの最後に「許してください・・・」を使えば、しつこい方でも必ず引き下がってくれちゃいます♪


こういう小川みたいな所の橋でも駄目とは・・・
筋金入りの橋恐怖症ですな。
しかし
「沈下橋」・・・欄干が無い!!
ちょっと危ないな(汗)

お寺はけっこう好きですけど・・・
今回は、子供達に混じってお馬さんに張り付いちゃうかもー
でも
お馬さん、馬車の横幅を認識してるのでしょうか?
賢いですねぇ(驚)
-----
★Mikiko
07/16/2010 20:56:30
□日本人で……
 角が立たないように断れる人は、なかなかいないと思うよ。
 うらやましいです。
 わたしなんか、断れずに引き受けて……。
 結局、潰れちゃうタイプだな。

 欄干があると、水の抵抗や漂着物で、橋が流されちゃうからね。
 でも、欄干が無いのは、吊橋より怖いよな。
 夜なんか、どうやって渡るんだろ?
 匍匐前進か?

 ほんまに、賢いお馬です。
 人間でも……。
 自分の横幅を認識してないオバハンとか、いるのにね。

由美と美弥子 497
★Mikiko
07/17/2010 07:39:28
□大分に行こう!(ⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅢ-1/2)
 辻馬車は、田園風景の中、一路、宇奈岐日女神社へと向かいます。
由布院・田園風景を走る辻馬車

「これから参ります宇奈岐日女神社は、六所宮とも呼ばれちょります。
 6柱の神さんが祀られておるからです。
 ばってん、そん神さんの中に、宇奈岐日女さまはおらんとです」
「どうしてですか?」
「ようわからんとです。
 山岳信仰なんかが隆盛する過程で……。
 昔からの女神伝説が抹消されていったとか云われとりますが」
「でも、なんで、名前だけが残ってるの?」
「謎ですなぁ。
 ひょっとしたら、外から来た人間が……。
 宇奈岐日女さまの名前を消して、ほかの名前を付けたけれど……。
 由布院の人が、頑として宇奈岐日女さまと呼び続けたからかも知れませんのう」
「地元の人に愛された女神さまなんですね」
「由布院盆地を作った神さまですけん」
「え?
 由布院が湖だったころ、湖の主だった方ですよね。
 なんでその女神さまが、由布院盆地を作ったんです」
「由布院の人たちが、山肌に張り付くようにして耕作してる姿を見て……。
 この湖が干上がれば、人々は、平らな広い耕地を得ることが出来る……。
 そうなれば、みんなの暮らしも楽になる。
 そう思われましてな。
 家来の力持ちに命じ……。
 山を蹴破らせたんですわ。
 湖の水は一気に流れだし、湖底だったところが、由布院盆地になりました」
「スゴい女神さまですね。
 自分の住み家を破壊して、人々に耕地を与えたわけですね」
「そげんです」
「由布院の人たちが、女神さまの名前を決して忘れようとしなかったわけ……。
 よくわかりました」

 うぅ。
 聞いてて、涙が出そうになりました。
 今、こんなことが出来る政治家って、いる?

 宇奈岐日女さまのお話に引きこまれてるうち、馬車は神社へと到着したようです。
宇奈岐日女神社

 ここでも、10分休憩です。
 いい話を聞いたので、真面目に見る気満々です。
 でも、涙腺が緩んだら、下の蛇口も刺激されたようです。
 おしっこがしたくなりました。
 しばし、トイレタイム。
 綺麗な公衆トイレがありました。
宇奈岐日女神社の公衆トイレ

 たぶん、馬車に揺られると、催す方が多いんでしょうね。

 それでは、駆け足で見ていきましょう。
 社殿は大きくはありませんが、それなりに厳かです。
宇奈岐日女神社・社殿

 狛犬がいました。
 なんじゃ、この顔?
宇奈岐日女神社・狛犬
-----
★Mikiko
07/17/2010 07:40:19
□大分に行こう!(ⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅢ-2/2)
 この神社、一番の見所は、これでした。
宇奈岐日女神社・切り株

 説明板が掲げられてました。
宇奈岐日女神社・切り株の説明板

 台風で倒れたんですね。
宇奈岐日女神社・切り株のアップ

 これだけ大きくなるまで、木が倒れるほどの台風は無かったってことですよね。
 つまり、何百年に1度という台風だったってこと。
 ↓目がはっきりわかりますね。
宇奈岐日女神社を襲った台風19号

 進路は、下のようになってます。
宇奈岐日女神社を襲った台風19号の進路

 台風ってのは、進路の右側で被害が大きくなりますから……。
 日本にとって、最悪のコースを通ったってことです。

 ここ由布院だけでなく、九州の山林では、大規模な倒木が発生したそうです。
 九州全体の36%に当たる210万戸で停電。
 博多湾では貨物船が沈没。
 日本全土での死者は、62名。
 保険金支払額は、史上最高の5,679億円だったそうです。
 九州は、気候的には魅力的だけど……。
 やっぱり……、台風が怖いよね。

 続きは、次回。
-----
☆フェムリバ
07/17/2010 09:47:15
□たかが姉妹(兄弟)に・・・
知る権利なんてないゾ(怒)

やっぱり、由美ちゃんがしらを切るのは無理だったか・・・
美弥子ちゃんと対面してしまうのも、時間の問題ですね・・・
うぅ、怖い~(泣)
しかし
この姉、心理的に追い詰めるのが上手いな。


ウナギヒメ様・・・
時の権力者が、どれほど歴史を塗り替えても愛され続けるなんて・・・
きっと、これこそが本当の「神様への信仰」なのかもしれませんね。
とても素敵な神様です♪

大きい切り株!
ほぁ~、九州凄い・・・
愛知県にはよく台風が来ますけど、大きいのは伊勢湾台風くらいで、普段のは意外と軽く済んじゃうんですよ。
-----
☆しく
07/17/2010 09:58:22

ぉはょぅデスo(^-^o)(o^-^)o
もぅちょぃで…500ですね☆(感激)
がんばッてくださぃp(^-^)q
-----
★Mikiko
07/17/2010 12:38:08
□フェムリバさん&しくさん
> フェムリバさん

 ピキピキ反応してくれて、とっても嬉しいです。
 性悪女を書いてると、ほんと楽しいんだよ。
 書きやすいし。
 たぶん、地に近いせいじゃないかな。

 宇奈岐日女神社についての見解は……。
 わたしの勝手な想像です。
 たぶん、真説は別にあると思います。
 でも、わたしの説、ロマ~ンがあっていいでしょ。

 伊勢湾台風とは、古いのを持ち出してきたね。
 昭和34年だよ。
 死者4,697人を出した、超大型台風。
 新潟は、台風進路の左側になることがほとんどなので……。
 台風による被害は、あまり受けることがありません。

> しくさん

 久しぶり!
 元気にやっとるか?
 来週、いよいよ500回です。
 コツコツやってたら、いつの間にか、とんでも無い数字になってた。
 まさに、継続は力です。
 あまり先を見ずに、一歩一歩あゆんで行きましょう!
-----
☆イネ
07/18/2010 03:56:42
□面白いページ見つけた
ページランクチェッカー(↓)、なんだってさ。

http://pagerank.bookstudio.com/

ページランクって、要するに「Webページの重要度」ってコトみたいですね。
それでみきちゃのページ、結構ランク高いのね。
ナルホド、ナルホド……

それと、メールありがと。
でも普通にアクセスできるみたいです(←他の方には意味不明)。
-----
★Mikiko
07/18/2010 07:29:20
□今朝また……
 アクセスできなくなってたけど……。
 ご飯食べてるうちに、直ってた。
 アクセス出来てないかどうかは……。
 「チャットのお部屋」の参加者表示アプリがおかしくなるので、すぐわかるんです。

 ページランクチェッカー、試してみました。
 わが「Mikiko's Room」のランクは、4でしたね。
 ランクを表示する棒の長さから見ると、最高ランクは10みたいですね。
 そのうちの4ってのが、いったいどのくらいのレベルなのか、サッパリわかりません。
 今、Googleを試してみたら、ランク8でした。
 10なんてサイトは、存在しないのかな?

由美と美弥子 498
★Mikiko
07/18/2010 07:42:08
□大分に行こう!(ⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅣ-1/2)
 さて、10分は、あっという間です。
 急がないと、またあの子に恨まれるからね。

 出発進行!
 馬車は、田園風景の中を、終点の由布院駅へと向かいます。
田園風景の中、由布院駅へと向かう辻馬車

 『城橋』が見えて来ました。
 御者のお兄さんが起ち上がり、手綱を繰ります。
御者のお兄さんが起ち上がり、手綱を繰ります

 『城橋』を渡る観光客が、こちらを見てます。
 中には、口を開いてる子も。
 乗りたいんだろうな。
辻馬車を見送る城橋の観光客

 川面が、春の光に輝いてました。
城橋から見る川面の光
-----
★Mikiko
07/18/2010 07:42:55
□大分に行こう!(ⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅣ-2/2)
 程なく、宇奈岐日女神社の一の鳥居に差しかかり……。
宇奈岐日女神社の一の鳥居

 お馬さんが、鳥居を左折しました。
宇奈岐日女神社の一の鳥居を左折

 車両が道を曲がるときは、フワーっと体が浮くようです。

 由布院駅が見えて来ました。
由布院駅が見えて来ました

 う~ん。
 まだずーっと乗ってたいんだけど、もう終点なんだね。

「はい、お疲れ様でした」

 とうとう着いちゃいました。
 お客さんたちは、名残を惜しむように、お馬さんと記念撮影。
辻馬車・お馬さんと記念撮影

 わたしたちも、名残を惜しみたいけど……。
 残念ながら、電車の時間が近づいてます。
 後ろ髪を引かれながらも、駅舎に向かいます。

「面白かったね~」
「ほんとに。
 人気なのもわかりますね」
「だよな。
 でも、あの馬車屋の兄ちゃん、どれくらい儲かるんだろ?」
「また始まった~。
 経理のサガですね」
「朝の9時30分から、夕方の16時30分まで、15便あるわけだ。
 馬車屋は3人だから、1人あたり、5便を担当する」
「はいはい」
「とりあえず、大人料金で計算するけど……。
 1,500円だったよね」
「あれだけ楽しいんだから、妥当ですよね」
「でも、この1,500円が、丸々馬車屋の懐に入るはずはない。
 乗車券を販売してる観光協会が、手数料を取るはず」
「ですよね」
「どのくらい取るのかな?
 ま、良心的にみて、5%としよう。
 てことは、馬車屋の懐には、1人あたり1,425円が入る計算になる」
「けっこう残りますね」
「満席だとして、定員10名だから……。
 1便あたりの手取りは、1,425円×10名で、14,250円。
 これが1日5便だから……。
 71,250円!
 1ヶ月にどのくらい稼働するんだろうね?」
「休みなしじゃ、お馬さんが可哀想ですよね」
「あんな重い客車を引いてるんだからね。
 あれだけ調教した馬が潰れちゃったら、元も子もなくなる。
 ま、2勤1休で、1ヶ月20日くらいかな」
「ですね」
「てことは、71,250円×20日で……。
 1,425,000円!
 月収だよ」
「すご……」
「1月と2月は休みだから……。
 年に10ヶ月稼働するわけだ。
 てことは……。
 1,425,000円×10ヶ月で……。
 14,250,000円!!
 どひゃー。
 年収、せんよんひゃくまーんんんんんんんん」
「Mikikoさん、固まっちゃってますよ」
「わたし……。
 馬車屋になろうかな」
「また、そういう短絡的な結論を……。
 経費をぜんぜん考えてないじゃありませんか」
「経費ったって、馬の餌だけだろ?」
「たくさん食べるんじゃないんですか?」
「たくさんたって、豊後牛を食べるわけじゃないぞ。
 ワラだろ。
 せいぜい、人参とかリンゴだよ」
「きっと、そんなにウマくはいかないんですよ。
 そうじゃなきゃ、馬車屋さんだらけになっちゃいますよ」
「だよなぁ」

 続きは、次回。
-----
☆イネ
07/18/2010 09:24:06
□ども、心配おかけして・・・
WEBサーバなんて、結構イイカゲンなもんですから、一時的にアクセスできない、なんて日常茶飯事ですわ。
ウチも最近、休日は20000pv超えもありますし、直リンされてるバナーなんか、10万回/日まで呼び出されることも・・・

参加者表示のところ、おかしければ、その上で右クリックして、「このフレーム」→「フレームの再読み込み」を試してくださいませ。
たいていは繋がるはずです。

ところで・・・生き物を飼う経費って、馬鹿になりませんぜ。
馬1頭、どのくらい掛かるか知りませんが、まぁ年1千万で済めば御の字じゃないのかな。
-----
☆フェムリバ
07/18/2010 12:18:13
□うぅ・・・(泣)
美弥子ちゃん、由美ちゃん・・・
え~い!
こうなったら、姉も血祭りです!
姉妹共々口封じしちゃえ!


あ~あ・・・
終わっちゃいましたか。
もっともっと乗っていたかったですね・・・
由布院、とっても良いところでした(泣)

あはは
経理のサガ、凄いです♪
でも
私もイネさんと同じで、馬には凄くお金がかかると思いますよ(汗)
家の小型ワンコでさえも、お薬だ~ご飯だ~美容院だ~って、月に5万くらいは吹っ飛んでましたもん。
なのに、こんな大きな体・・・
きっと、ご飯はムシャムシャ、メンテナンスも必須、見栄えのために美容にも力を入れてるかもしれません。
しかも、寿命も20年と短く、世代交代の費用もバカにならない。
あまりウハウハ生活とは行かないかもしれませんね・・・
-----
★Mikiko
07/18/2010 13:35:25
□イネさん&フェムリバさん
> イネさん

 20,000はスゴいですね。
 わたしんとこは、一番多いときで12,000くらいでした。
 今、また表示されてないぞ。
 アクセスが多いせいで繋がらないの?

 経費が1千万も掛かったら……。
 手元に400万しか残らん。
 うーむ。
 ボロい商売ではなかったのか。


> フェムリバさん

 案外……、怖いオンナだね。

 由布院は、近かったら、ほんとに行ってみたいよ。

 月に5万!
 わたしが飼えるじゃないか!

 馬って、いくらくらいするんでしょうね?
 20年で元取らなきゃならないんだから、けっこうシビアかもね。
 その点、人力車はいいよな。
 求人広告出すだけでいいんだから。
 やっぱ、馬車屋は止めて、人力車にしよう。
-----
☆淡雪
07/18/2010 17:29:03
□湯布院
来年じゅうには行きたい!

もう、ほんとに行ってやる!
-----
★Mikiko
07/18/2010 20:56:26
□なんだ~
 来年なのか?
 今年にすればいいのに。
 秋の由布院、ぜったい良いと思うぞ。
 伊丹から大分空港に、1日6便も出てるでないの。
 大分まで、1時間だよ。
 大分空港から由布院までは、車で1時間弱。
 計2時間で、由布院に着いちゃいます。
 家で朝ご飯食べてから出かけても、午前中には着くってこと。
-----
☆淡雪
07/19/2010 20:08:28
□いや、なかなか・・・
主婦は単独(笑)では出られないのよ。
-----
★Mikiko
07/19/2010 20:48:31
□そんなら……
 主婦仲間で出かけたらいいんでないの?
 ナニワのセレブ集団なら、怖い物なしだろ。
 馬車が動くかどうかが、問題だけどな。

由美と美弥子 499
★Mikiko
07/19/2010 08:10:14
□大分に行こう!(ⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅤ-1/2)
 なお、前回までの辻馬車道中記事は……。
 「愉快に由布院ドッとコム!」さんの、「辻馬車に乗って」というページを参考にさせていただきました。
 参考にさせていただいたと云うより……。
 ほとんどパクリです。
 写真もたくさん使わせていただきました。
 マズいかな~とも思ったんですが……。
 「このサイトについて」を開くと……。
 下のような、ありがたい一文がありました。

『このサイトに掲載している写真は当サイト運営者が撮影編集したものです。必要であれば転載使用してください。連絡は無用です。湯布院を大いに宣伝してください。できましたら当サイトをリンクしていただけますとありがたいです』

 ほんとは、お礼メールをしたいところなんですけど……。
 こんなサイトに載ってしまうのは、迷惑だと思いますので……。
 黙って使わせていただくことにしました。
 「愉快に由布院ドッとこむ!」さん、ほんとにありがとう!
 しかし、ここの掲示板、スパムに荒らされ放題だな……。

 さて、時間がないので、すぐに改札を抜けましょう。
 ホームには、すでに、わたしたちの乗る「ゆふいんの森」2号が待ってました。
「ゆふいんの森」2号

 博多を9時16分に出た「ゆふいんの森」1号が、11時28分に由布院に着きます。
 この折り返しが、12時2分初の「ゆふいんの森」2号となります。
 当然、行き先は博多です。

 どうです、格好良い車両でしょ?
「ゆふいんの森」2号・近影

 見るからに豪華そう。
-----
★Mikiko
07/19/2010 08:14:21
□大分に行こう!(ⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅤ-2/2)
 エンブレムも、金!
「ゆふいんの森」・エンブレム

 九州旅行では、豪華列車に乗れるという楽しみがあります。
 JR九州の特急は、豪華なんですよ。
 特に、この「ゆふいんの森」は、人気抜群。
 今日は、連休終了後の週半ばの平日ということで、切符が取れましたが……。
 お休みの日の切符を手に入れるのは、とても困難のようです。
 全席指定で、自由席はありませんので、並んでも乗れません。

 では、どこが豪華なのか。
 まず、ビュッフェが備えられてること。
 ビュッフェというのは、簡易な食堂車のことです。
 JR列車の中で、夜行の食堂車以外で、ビュッフェがあるのは……。
 「ゆふいんの森」と、同じくJR九州の「SL人吉」だけです。

 次に、キャビンアテンダント(客室乗務員・女性)が乗務してます。
 云ってみれば、ボイのいた一等車の雰囲気ですね。

 車内の装備も豪華で、ヨーロッパの特急列車のようです。
「ゆふいんの森」・車内の装備

 先頭車両は、ハイデッカーという構造になっています。
「ゆふいんの森」・ハイデッカー構造

 なんか、哲学者の名前みたいですが……。
 “High Decker”のことです。
 高いデッキ、すなわち床が高くなってるんですね。
 客席からの眺めは、地上を見下ろす感じになります。
 これも、気分がいい。
 新幹線なんかには、2階建て車両がありますが……。
 なーんか、身分制度みたいですよね。
 1階なんて……。
 駅では、体がほとんど、ホームの下になります。
2階建ての新幹線

 穴蔵から地上を見上げる感じ。
 ま、運良くミニスカの女の子が近くを通ると、良いことがあるかも知れないけど……。
 ちなみに、2階建て車両のことは、ダブルデッカーと云います。

 カースト制のようなダブルデッカーに対し……。
 ハイデッカーは、乗ってる人に身分関係が無く……。
 全員がアッパークラスって感じ。
 上流社会のサロンにいるみたいな気分になれます。
 こんなとこも、「ゆふいんの森」の人気のひとつじゃないでしゃうか。

 なお、「ゆふいんの森」に乗ろうとして、実際に旅行を計画する場合、注意する点があります。
 「ゆふいんの森」は、時々、長期間運休するんです。
 ちなみに今年、「ゆふいんの森」2号は、6月19日~7月8日まで運休になります。
 なぜ、こんなに長期間休むのかと云うと……。
 早い話、車両のオーバーホールです。
 「ゆふいんの森」用の豪華車両は、3編成しかありません。
 それが、1日1往復ずつ、計3往復してます。
 予備の車両がありませんから、オーバーホールのときは、運休するしかないわけです。
 もちろん、3編成同時に休むわけではなく、交代になります。
 でも、別に豪華列車でなくても、移動さえできればいいって人なら、安心してください。
 「ゆふいんの森」運休のときは、同じダイヤで、「ゆふ」もしくは「ゆふDX」という特急が走ってます。
 これらは、まあ、ふつうの特急です(ゆふ↓)。
特急「ゆふ」

 豪華装備はありません。
 運休についての情報は、時刻表を見ればわかります。
 ネットの情報は、あてになりません。
 必ず、冊子の時刻表で確認してください。
 ただ、女性の中には、時刻表がまったく読めないという方がおられるようです。
 そういう時刻表に不自由な方は……。
 「ゆふいんの森」が載ってる久大本線のページを開くことすらできないと思います。
 そういう方には、「ゆふいんの森」乗車を組み込んだパック旅行がありますので、こちらをお勧めします。
 これなら、切符が取れて大喜びしてたら……。
 ホームに入ってきたのは「ゆふ」だった、などという悲劇を味あわずにすみます。

 続きは、次回。
-----
★Mikiko
07/19/2010 11:53:47
□携帯からご覧のみなさまへ
 最近……。
 「Mikiko's Room」に表示される広告が、えげつなくなったと思われてるんじゃないでしょうか?
 実は、わたしもちょっと辟易しておりまして……。
 わたしの趣味だと思われるのは本意で無いので、ひとことお断りさせていただきます。
 あれは、「Mikiko's Room」が載っかってる「FC2ブログ」が、表示しているものです。
 無料でブログスペースを使わせてもらってる代わり、広告が表示されるわけです。
 取っ払うことはできません。

 で、最近、その広告が、えげつなくなったわけですが……。
 ブログのジャンルが、“アダルト”に変えられちゃったんです。
 わたしがそれまで登録してたのは、“小説・文学”でした。
 一度、“アダルト”に変えられると、ほかのジャンルに戻せなくなります。
 この変更は、使われてる語彙などをもとに、自動で行われてるようです。
 なので、性の悩みなんかを取り扱うマジメなサイトが、勝手に“アダルト”に変更され……。
 カンカンに怒ってたりします。
 そういうサイトは、FC2に文句を言うと、元に戻してくれるようです。
 しかし、うちの場合……。
 文句を言ったら、ヤブヘビになる怖れが大なので……。
 何も言えません。

 てなわけで、“アダルト”指定のブログには……。
 それなりの広告が表示されることになるわけ。
 たぶん、アダルト広告の方が、実入りがいいんじゃないでしょうかね。
 それで、怪しいサイトは片っ端から“アダルト”にしちゃってるんでしょう。

 そういうわけで!
 あんなバカな広告は、絶対にクリックしないように!
 クリックしてもらっても、わたしには1円も入りません。
 FC2の懐が肥えるだけです。

 携帯の読者のみなさん……。
 お見苦しいでしょうが、どうかお許しください。
 電車の中とかでは、開きにくいよね。
 人目を離れて、物陰で見てください。
 みなさんを日陰者にしてしまって、申し訳ないです。
-----
☆フェムリバ
07/19/2010 12:40:30
□こんな風に・・・
コソコソせず、堂々とチャイムを鳴らせばいいのに。
姉め、騙まし討ちとは卑怯だゾ!

あ、も、もしかして・・・
この姉まで美弥子さんを好きだったりして・・・?


お~
太っ腹なサイトさん♪
この方、本当に由布院を愛してらっしゃるのですね。
では私からも・・・
ミキコ様に素敵な写真と情報を提供していたただき、ありがとうございました。

「ゆふいんの森」、カッコイーー!!
しかも、びゅっふぇ!
おしゃれだなぁ♪
新幹線のグリーン席とは違った高級感がありますね♪
昼食は、もちろんココのびゅっふぇですよね?

そういえば・・・
時刻表の苦手な方っていますね。
数字がビッシリで、考える前に尻込みしてしまうのでしょうか?
-----
☆フェムリバ
07/19/2010 12:46:36
□あ、本当だ・・・
えげつない(笑)
ま、広告なんて無視無視♪
ミキコ様の書いたものだけ読みましょー
-----
★Mikiko
07/19/2010 13:01:52
□ヒキョーな行動が……
 自然に取れる人って、いますよね。
 わたしは、自意識過剰気味だから出来んけど……。
 ちょっとうらやましく思うこともあります。

 「愉快に由布院ドッとコム!」さんには、今回の連載中、ほんとにお世話になりました。
 小説を書く身でありながら、著作権を軽視したくはないんだけど……。
 写真は、すべて無断で、山のように転用させていただいてます。
 多少は、後ろめたさも感じてるんだよ。
 こういうサイトさんの言葉を聞くと、ほんとにホッとします。

 「ゆふいんの森」、カッコいいだろ~。
 わたしが造ったわけじゃないが……。

 ほんと、驚くほど時刻表を読めないオンナっていますよね。
 昔、ちょっと調べてって、時刻表渡したら……。
 しばらくボーゼンとした後……。
 1ページ目から繰り始めたオンナがいた。
 男性から見ると、こういうのも可愛いのかね?
-----
☆lesbro
07/19/2010 14:22:41
□気の強い
お姉さん、どきどきします。すごいことやらかしてくれそう。逆に、由美と美弥子に嬲られても面白いなあ。あ、女だけだから「女女女」か。
-----
★Mikiko
07/19/2010 20:50:15
□おひさです
 気の強い女性って……。
 そのまんまSでも、ドンデン返しでMになっても、両方イケますよね。

 この章は、4人のシーンになるので、難しいです。
 「匣の中のヴィーナス」や「ツインピークス」も4人だったけど……。
 あのときの美弥子は、視点の役目だけでしたからね。
-----
☆もんぷち
07/20/2010 14:51:26
□おひさです
いよいよ明日は500回ですね(^O^)

連投お疲れ様です!

暑いさ中のお昼休み、Mikiko's roomを覗くのが何より楽しみです!!

Mikikoさまは夏期のお昼休みも外出されるんですか(@_@)?
-----
☆淡雪
07/20/2010 20:12:09
□悪いやつほど
崩れ落ちたときが悲壮で、そそられるわね。

さとちゃんの姉貴、ヒイヒイ言わせてやって。
-----
☆フェムリバ
07/20/2010 20:28:42
□頼りない女の子の方が・・・
男性は好きみたいですけど・・・
私は、ちゃんと時刻表の読める女性が好きですね。


>もんぷちお姉ちゃん!!
お久しブリッジです♪

お仕事、大変でしょうけど頑張ってください!
(でも、無理のしすぎは駄目ですよ?)
私も頑張ります!
-----
☆あおい
07/20/2010 20:44:51
□またまたですが・・
『携帯からご覧のみなさまへ』ですが、携帯サイトに貼られてはどうですか?

本当にこのところの広告にはえげつない。
-----
★Mikiko
07/20/2010 20:51:24
□もんぷちさん&淡雪さん&フェムリバさん&あおいさん
> もんぷちさん

 お~。
 頑張ってるみたいだね。
 ひさびさに、声が聞けて嬉しいです。

 もちろん、今日の昼休みも外出しましたよ。
 人間は、1日1回はお日さまを浴びなくてはいけません。
 睡眠障害は、昼間、お日さまを浴びないと起きるようです。
 それに、いくら暑くたって、外に出たほうが気分転換になるからね。
 35度を超えるようだと、考えるけど……。


> 淡雪さん

 難波屋……。
 お主も、なかなかの、悪じゃのぅ。

 ご期待に添えるよう、由美美弥には頑張ってもらいましょう。


> フェムリバさん

 時刻表は、ときどき大判のを買います。
 いろいろひっくり返してると、時間を忘れるよね。
 最近は、鉄子がブームで……。
 お仲間も増えてるみたいです。
 ま、わたしの場合、“紙上”だけどね……。


> あおいさん

 ほんまにね~。
 あの広告見ただけで帰っちゃう女の子、けっこういるんじゃないかな?
 FC2ブログでは、有料で広告無しって選択ができないからね。
 月300円くらいなら、払う気あるんだけど……。
-----
☆イネ
07/20/2010 21:50:42
□500回、オメデトウ♪
明日は出張なので、一足お先に言わせていただきました。

んで・・・

> 月300円くらいなら
それだけ出せば、スペース貸してくれるサーバはあるんですけどね。。。
問題はスペースじゃなくて、ブログツールも、何にも無いってコト。
みきちゃ、全部自分でする気ある?
あるなら紹介するけど・・・
-----
☆もんぷち
07/20/2010 21:52:52

日々ドンパチしながら、なんとかやってます(汗)

もういい歳だし入退社は繰り返したくないですしね。
しかし5年後、10年後このままでいいのか葛藤中…

今を頑張れば結果は後からついてくるんですかね。

なんかこのブログに似合わないコメントですね

フェムちゃん久しぶり~(^O^)
-----
★Mikiko
07/21/2010 04:52:17
□イネさん&もんぷちさん
> イネさん

 ありがとうございます!
 とうとう、ここまで来てしまいました。
 でも、プロ野球のバッターでも……。
 500本安打なんて、まだまだ駆け出しですからね。
 取りあえずは、1,000本に向けて精進します。

 ぜんぶ自分でするのは……。
 とうていムリです。
 ブログの良いとこは、いろんなツールが最初から備わってることですよね。
 PCと携帯で、表示も変えてくれるし……。
 業腹ですけど、スケベー広告の件は、我慢するしかないみたいです。


> もんぷちさん

 職場移動の話を聞いたのは、サクラの咲くころだったよね。
 あれから3ヶ月。
 まだ頑張り続けてるとは、大したもんです。

 20代半ばは、まだまだリセットが利くと思うが……。
 今のご時世では、新職が決まってからじゃないと辞められないよね。
 努力が報われない時代でもありますが……。
 見る人は見てると思う。
 ひょっとしたら、引き抜きとかもあるかも?

由美と美弥子 500
★Mikiko
07/21/2010 07:34:02
□★゚・*:.。.:*・゜☆500回☆ありがとうございます ゚・*:.。.:*・゚★
 みなさん!
 本日の投稿で……。
 とうとう「由美と美弥子」が、連載500回に到達しましたっ。

 これって、ほんとうに自分がやったことなのだろうかって……。
 スゴく不思議な気がします。
 とにかく飽きっぽい性格で、物事が長続きしないのが悩みの種だったんですから。
 これだけ続けられたのは、やっぱりエロ小説だったからだと思います。
 スケべーを飽きることは無い、ってことなんでしょうね。

 続けて来られたもうひとつの理由は……。
 ひとえに、良い読者に恵まれたこと。
 みなさんのコメントが、わたしをずっと支えてくださいました。
 ほんとにありがとうございます。

 今思えば、1話1話に作者のコメントを付けるようにしたのが、大正解でしたね。
 連載を始めるにあたって、とにかく読者の反応が知りたくて……。
 なんとかコメントを書いてもらう方法は無いものかと、知恵を絞ったんです。
 で、自分のコメントを真っ先に書きこむことで……。
 読者のみなさんも、コメントしやすくなるんじゃないかと考えました。
 でも最初のころ、作者コメントは、ほんの数行だったんです。
 ちなみに、第1回のコメントは、以下のようなものでした。

☆------------------------------------------------------------
■001■はじめまして
 みなさん、はじめまして。
 Mikikoといいます。
 今日から、自作小説「由美と美弥子」を連載することにしました。
 ↑にも書いてありますが、18禁のレズビアン小説(しかも変態系)ですので、お気を付けください。
 でも、エッチ場面が出てくるのは、もうちょっと先になる予定です。
 エッチ場面になるときは、事前に予告しますね。
☆------------------------------------------------------------

 ほとんど、事務連絡ですね。
 しばらくは、ずっとこんな調子で、分量も数行でした。
 初めて読者からのコメントが入ったのは、第28回。
 2008年7月25日。
 “堕天使ニーチェ”さんからでした。

☆------------------------------------------------------------
素敵なレズシーン、期待してます。今までの展開にもすごくドキドキさせられました。
☆------------------------------------------------------------

 これが、どれほど嬉しかったかことか……。
 「期待してます」とあるとおり、まだレズシーンは出てきてませんでした。
 わたしのレスは、次のようなもの。

☆------------------------------------------------------------
【Mikiko】初コメント、ありがとうございます
 堕天使ニーチェさん、コメントありがとうございます。
 読者の方から、初めてのコメントを頂きました。
 とっても嬉しいです。
 「由美と美弥子」も、次回(7/27)投稿のあたりから、ようやく、レズシーン近しの気配が漂い始めます。
 でもたぶんこの小説のレズシーンは、ことごとくが「変態な」レズシーンになってしまいそうです。
 堕天使ニーチェさんがそれをお読みになって、「素敵な」レズシーンと感じてくだされば嬉しいです。
 またコメントくださいね。
☆------------------------------------------------------------

 こちらも初々しいですね-。
 このころはまさか、コメントで旅行記を連載するようになるとは……。
 想像だにしてませんでした。

 さて、もう一度初心を振り返ってみたいと思います。
 二周年のコメント(454回)でも引用したんですが……。
 一周年のときのコメント(193回)を、もう一度再掲させていただきます。

☆------------------------------------------------------------
『赤い花、青い花。
 黄色い花。
 ピンクにオレンジ。
 そして白。
 様々な色彩の花が、地面を覆い尽くしていた。』

 この文章は、会社の帰り、通勤電車の窓から外を眺めてたとき浮かんできたものです。
 まだ早春のころでした。
 窓の外はもう真っ暗。
 車内灯の明かりが窓ガラスに貼りついて、その中に、くたびれたOLの姿が映ってました。
 そのころはまだ、ブログを始めようなんて考えてなかった。
 ましてや、こんなにたくさんの読者に囲まれて、楽しいおしゃべりが出来るようになるなんて、思ってもいませんでした。
☆------------------------------------------------------------

 今でも、鮮明に覚えてます。
 電車の窓からは、繭玉のように点る街灯や、瞬き始めたネオンサインが見えてました。
 さまざまな色彩の光。
 ひとつひとつが、命の花のようでした。
 傘の花のイメージが、自然と浮かんでました。
 思えば、その瞬間、“Mikiko”が誕生したのかも知れません。
 そして……。
 みなさんに育てられ、ここまで歩いて来れました。
 もう一度言わせてください。
 読者のみなさん、ほんとにありあがとう。

 さて……。
 次なる目標は、1,000回です。
 今はまだ、雲の上、はるか高みの数字ですが……。
 このまま、1歩1歩あゆんでいけば……。
 2年後、2012年6月には到達できる場所です。
 モチベーションは、まったく落ちてませんからね。
 もっともっとスケベーなシーンを書きたくて、仕方ありません。
 これからは、野外にも挑戦しようかなと思っています。

 2010年7月21日。
 わたしは、この日を忘れません。
 そして……。
 「由美美弥」は、これからも、みなさんの股間の友であり続けます。
 今後とも、「Mikiko's Room」に、「由美と美弥子」に、そしてMikikoに……。
 変わらぬご支援、ご愛顧を、お願い申しあげます。m(_ _)m
-----
☆lesbro
07/21/2010 12:20:34
□祝500回
おめでとうございます!!!

>もっともっとスケベーなシーンを書きたくて、仕方ありません。

着いていけないくらい強烈なのをお願いします。mikikoさんの想像力はどこまで拡がるのでしょうか?
-----
☆あおい
07/21/2010 19:50:25
□おめでとうございます
一言に500と言う数字はなかなか達成できるものではありません。

これからも末永くご活躍頂けるよう祈念申し上げます。
-----
☆フェムリバ
07/21/2010 20:13:48
□500回、おめでとうございます♪
ふふ
初々しいミキコ様も好きだけど、今のミキコ様も大好き♪
なので・・・
ずーっとずーっとコメントしますからね?
一歩一歩、ゆっくり歩いていきましょう。

これからも、よろしくお願い致しますね・・・
-----
★Mikiko
07/21/2010 20:19:51
□lesbroさん&あおいさんフェムリバさん
> lesbroさん

 ありがとうございます!

 しかし……。
 誰もついて来れず……。
 読者が一人もいなくなったら、困るではないか。
 「ツインピークス」では、少しやり過ぎたと反省し……。
 以来、あまり強烈な描写は控えております。
 が……。
 そろそろ、リミッターを外してみようかな?


> あおいさん

 ありがとうございます!

 500という数字に、一番驚いてるのはわたしかも知れません。
 牛のように歩んできたら、いつの間にか、こんなとこまで来てました。
 これからも、目の前の一歩一歩を、着実に踏んで行きたいと思います。
 どうか、変わらぬお付きあいを、お願いいたします。


> フェムリバさん

 わはは。
 初々しくなくなって、すまんのぅ。
 次第に地金が出るのは致し方あるまい。
 でもコメントは、ずっと面白くなったでしょ?

 こちらこそ、よろしくね。
 読者からのコメントが、わたしの最大の推進力です。
-----
☆バニラ
07/21/2010 21:44:43
□おめでとうございます
500回、おめでとうございます[絵文字:v-315]

数字にするとさすがにすごいですね!

確かに長いお話ですけども、
引き込まれる内容なので、
最初このサイトにたどり着いた頃は、
読み始めると夢中になっちゃって、
気が付けば3時間くらい過ぎてたり・・・・

これからもガンガン更新頑張ってください[絵文字:v-345]

1ファンとして、激しく応援しています[絵文字:v-345]
-----
☆shiku
07/21/2010 22:43:03
□ぉめでとぅゴザィマス!!o(^-^o)(o^-^)o
スゴィっす!!p(^-^)q

Mikikoさんにっぃてきて、ょかったデス♪(^-^)v

なんだか、自分のコトでもなぃのに、泣けてきますッ(>_<)照

またこれからも宜しくお願いします☆q(^-^q)
-----
☆タゴバ
07/22/2010 03:30:05
□祝500回☆!!!!!!!
夜中に失礼しまーす・・・
mikikoさん500回おめでとうございます!!!この前の2周年を逃してしまい、500回を待っていました。すごい回数です。これを不定期ではなくて、曜日決めて投稿し続けているのが本当にすごいと思います。まさに連載ですね[i:63948]あと、コメントのしやすさもすばらしいと思います(笑)[i:63892]

今小説の展開、すごいところですね。どうなるんでしょう・・・・・。スケベーに構えときます(笑)。股間の友!!いいですね!!
(あの、前のコメントから間が開いてしまったのですが・・・フィ、フィスト?・・・って何ですか(笑)?何だろうなぁ~って気になってしまって(笑)[i:63916])
-----
★Mikiko
07/22/2010 07:30:40
□バニラさん&shikuさん&タゴバさん
 みんな、ありがとう!

> バニラさん

 嬉しいこと、言ってくださいますね~。
 3時間も使わせちゃったとは、なんか申し訳ないです……。
 さすがにこの回数まで来ると、一気には読み切れなくなりましたよね。
 一度、最初から通読して……。
 表現の揺れとかを修正する作業をしたいんだけど……。
 今のとこ、出来るメドはありません。

 激しく応援され、スゴく幸せな作者です。
 これからも、応援に負けないくらい、激しく書いていきます。


> shikuさん

 shikuちゃんの初コメは、128回のときでした。
 2009年の1月23日だから、ちょうど1年半前。
 キビダンゴもあげないのに、ずっとついてきてくれてありがとう。
 しかも、わがことのように喜んでくれるとは(泣)。
 ほんとうに、いい読者に恵まれました。

 これからも、ず~っと一緒に、旅をしていきましょう。
 間抜けな桃太郎だけど、見捨てないでついてきてちょーだい!


> タゴバさん

 相変わらず、“夜更かしあんぽんたん”を続けとるな……。
 コメントのしやすさがすばらしかったら、もっとせんかいっ!

 これからの展開ですが……。
 もちろん、前のめりでスケベーに構えててください。

 フィスト、ほんとに知らんのか?
 “Fist”とは、“拳”のこと。
 早い話、アソコに手首まで突っこむ行為を云います。
フィスト

 “拳”と言っても、入れるときは、指を伸ばして入れるんだぞ。
 最初から“グー”で入れるのは、ムリだと思う。
 中で、拳を握ったりするようです。
 わたしも、やってみたことはありまっせん。
 ぜひ試してみて、感想を聞かせてちょーだい。
-----
☆イネ
07/22/2010 12:58:37
□改めて、おめでとう♪
素直に、すごい数字だなぁと、感服しています。

ところで・・・
月5000~6000円くらいの「お小遣い稼ぎ」する気ある?
何にもしなくても、勝手にお金になるんだけどさ。
(↑アブナイ話じゃないよ)

興味あるなら・・・って、ここじゃマズイ?
ここでも、メールでもいいから、連絡してネ。
-----
★Mikiko
07/22/2010 19:44:55
□ありがとうございます
 500回と云っても……。
 1回の投稿量が少ないですからね。
 でもひょっとして……。
 これだけのページを作って、ことごとくリンクで繋げたことが……。
 ページランクの高評価として返ってるのかな、などと愚考しております。

 話変わっての件。
 興味無いわけないでしょーが。
 月5,000円は、デカい。
 1.8リットル入りの紙パックワイン(680円)が、7本も買えるでないの。
 12.6リットルだよ。
 でも……。
 それって、わたしの手元に5,000円残るってことでしょうね?
 5,000円入るけど、経費が10,000円とかいう話じゃないだろうな。
 ほんとに何にもしなくていいのか?
 布団で大の字に寝てれば、オトコが勝手に済まして5,000円置いてく、とかの話だとヤだぞ。
 うーむ。
 怪しすぎるが、魅力的すぎる。
 もっと詳しく教えてちょ~。
-----
☆イネ
07/22/2010 20:22:30
□わたしが言うだから・・・
怪しい話じゃないよ~・・・って、だから信用できないってか?
経費だって一銭もかからないし~♪

ま、最初に1回だけ30分か1時間くらい作業する必要はあるけどね。

後でメールするね。
-----
★Mikiko
07/22/2010 20:29:39
□ふむふむ
 広告貼るだけじゃ、5,000円ももらえないだろうしな~。
 何やるんだろ。
 興味津々。
-----
☆淡雪
07/23/2010 06:46:53
□おめでとうございます。
楽しみに読ませていただいております。

これからもずっと・・・。

頑張ってくださいね。
-----
★Mikiko
07/23/2010 07:34:55
□うれしいです
 ずっと来てくれて、ありがとうございます。

 面白いものを書きますので……。
 これからも、変わらず来てくださいね。

由美と美弥子 501
★Mikiko
07/23/2010 07:41:23
□大分に行こう!(ⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅥ-1/2)
 「大分に行こう!」、再開します。

 さて、前置きが長くなりました。
 さっそく、「ゆふいんの森」に乗り込みましょう。
 入り口は、こんな感じ。
「ゆふいんの森」

 ハイデッカーの意味がおわかりになると思います。

「美弥、荷物お願い」

 まるで飛行機みたいな荷物棚です。
「ゆふいんの森」飛行機みたいな荷物棚

 背の高い道連れがいると、楽ですね。
-----
★Mikiko
07/23/2010 07:42:11
□大分に行こう!(ⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅥ-2/2)
「とりあえず、荷物だけ置いたら、ビュッフェに行くぞ」
「そこでお昼食べるんですか?」
「うんにゃ」
「Mikikoさん……。
 まだ、辻馬車の影響が残ってますよ」
「わたしは、音感が繊細だから……。
 すぐ影響されるんだよ。
 そんなことより、売り切れるといけないから、急ごう」
「なに買うんですか?」
「駅弁だよ。
 限定品の駅弁を、ビュッフェで売ってるんだけど……。
 下手すると売り切れる。
 特にこの『ゆふいんの森』2号は、お昼どきの発車だからね」

 ビュッフェは、3号車にあります。
 ちなみに、博多行きの上りは、号車番号が進行方向と逆になります。
 4号車が先頭で、1号車が最後尾。
 私たちの座席は2号車なので、3号車は前方にあたります。

 3号車との連結部に来ました。
 ハイデッカー車両の連結部分は、こんなふうになってます。
「ゆふいんの森」ハイデッカー車両の連結部分

 渡り廊下みたいですね。
 昔の「ゆふいんの森」車両では、この渡り廊下が無く……。
 連結部は、扉と同じ高さになってました。
 つまり、車両を移る場合……。
 階段を下りて、また上らなきゃならなかったわけ。
 そのため、車内販売が出来ませんでした。
 今は、この渡り廊下のおかげで、車内販売も回ってきます。
 だから、温和しく座ってれば、席でも買えるんですけどね。
 こんな列車に乗ったら、嬉しくてじっとしてられませんよ。

 なお、本格的な食堂車とは違い、1両丸々をビュッフェが占めてるわけじゃありません。
 3号車の前方(4号車寄り)が区切られて、ビュッフェになってるんですね。

「え?
 ビュッフェって、こんな感じなんですか?」
「ゆふいんの森」ビュッフェ

「ま、寝台特急の食堂車をイメージしてると、肩すかしを食うだろうね」

 「ゆふいんの森」のビュッフェは、基本的に売店です。
 座席はありません。
 でも、売店で買ったものを、ビュッフェで食べようと思えば、食べれます。
 ただし、立ち食い。
 これです。
「ゆふいんの森」ビュッフェで立ち食い

 「ゆふいんの森」は、全席指定だから、席がない人はいません。
 わざわざ、ここで立って食べる人なんて、いるんでしょうかね?

 ビュッフェでは、駅弁のほか、軽食類も売ってます。
 でも、温かい料理は、“あんかけ焼きそば”くらいみたいですね。

「よかった。
 まだ売り切れてなかった」

 わたしのお目当ては、これでした。
「ゆふいんの森弁当」

 その名も、「ゆふいんの森弁当」。
 そのまんまの名前ですが……。
 評判が高いです。
 ま、値段も高いけどね。
 1,200円。
 これを2つ買うことも出来たけど……。
 後から来る人に残してあげましょう。
 楽しみは、みんなで分かちあわなきゃね。
 もうひとつは、「香草物語」というお弁当を買いました。
「香草物語」

 パッケージが綺麗だったので、即決。
 たぶん、女性をターゲットにした商品でしょうね。
 値段は少し安くて、850円。
 例によって、誰がどっちを食べるってわけじゃなく……。
 2人で、半分ずつ分けあうつもり。

 続きは、次回。
-----
☆やみげん
07/23/2010 14:31:35
□宴はつづく
お祝いが遅くなりました;

「由美と美弥子」、500回達成おめでとうございます!
更なる高美に向かって踏み出された501回にも祝福を!

宴はつづいている。
いくつもの女体が複雑に絡み合い、さながら奇妙なオブジェのように見えた。
柔肌が柔肌に喰らいつき、相手を飲み込もうとしている異様は、それがヒトであることを忘れさせる。
体液と体臭を溶け合わせながら、滑りは艶を帯びていく。
すでに彼女たちの心は一つとなっていたが、互いを分かつ肉体をも同化させたいと強く願っていた。

Mikiko様の更なる変態世界に期待いたします。
-----
★Mikiko
07/23/2010 20:52:12
□ありがとうございます
 素敵なはお言葉をありがとうございます。
 「互いを分かつ肉体をも同化させたいと強く願っていた」。
 わたしの書きたいのは、まさに、そういう世界かも知れません。
 そのお言葉を餞に、1,000回への旅に出たいと思います。

 「黒い病室」さんへの寄稿は、とても刺激的な経験でした。
 また何かイベントがありましたら、呼んでください。
-----
☆フェムリバ
07/23/2010 21:37:36
□むっはー!!
姉よ、やれるものならやってみよ!
本はと言えば、ミサちゃんのせいなんだゾ!


ははは
音感が繊細って♪

おぉ~
やっぱりオシャレな列車ですねぇ♪
お弁当は、まだ中身が秘密なので決めかねますが・・・
「香草物語」にしようかな?
青菜ご飯だといいなぁ~♪
でも
アンパンマン弁当はないみたいですね(笑)
-----
★Mikiko
07/23/2010 21:57:43
□姉は……
 調子こいてますね-。
 怖ろしい展開が、待ち受けてるとも知らずに……。

 青菜ご飯、いいね~。
 こう暑いと、歯触りのあるもの食べたいよね。
 新潟は、茄子漬けかな。
 硬めの皮で、食い千切ると汁が飛び散るようなやつ。
 子供のころ、夏のお八つは、祖母ちゃんの茄子漬けでした。
-----
☆フェムリバ
07/23/2010 22:36:02
□と言うことは!!
姉は懲らしめられるんですね?
ミサちゃんの長年の鬱憤、どうか晴らしてあげてください!
むしし♪


お祖母ちゃんの手作り茄子漬!
茄子漬は、きゅきゅ!って音がするのがいいんですよねぇ♪
想像したら、お口が潤ってきちゃいます・・・ゴクリ
-----
★Mikiko
07/23/2010 22:45:14
□うちのモットーは……
 勧善懲悪(ほんとか?)。
 悪は必ず敗れます。

 そうそう。
 皮が、キュルキュル音を立てるヤツ。
 夏の味がするよね。
-----
☆あおい
07/23/2010 22:51:54
□輝かしき・・
ページランキング4ですね。

さすが! ご立派です。
-----
★Mikiko
07/23/2010 23:01:47
□なんで……
 うちのページランクは、こんなに高いんだ?
 一番不思議に思ってるのは、わたしです。
 ランキングサイトより高いんだからね。
 ページランクを上げるために、何かしたってこともないしな。
 そもそも、ページランクという概念を知ったのも、ほんの最近です。

由美と美弥子 502
★Mikiko
07/24/2010 07:31:50
□大分に行こう!(ⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅦ)
「おぉ。
 もう走り出したね」
「とうとう、由布院とお別れなんですね」
車窓から見る由布院

「寂しいこと言わないの。
 博多までは、『ゆふいんの森』に乗ってるんだからさ。
 まだお別れじゃ無いよ」
「そうですね」
「それじゃ、座席に戻ってお弁当食べよう」
「はい」

 ビュッフェの扉を抜けます。
 連休後の、週の真ん中の平日とあって……。
 座席には、少し空席もあるようです。

「げ。
 セミコンパートメントが、ひとつ空いてるじゃん」
「?」
「ここのことだよ。
 ほら、テーブルを挟んで、座席が向かい合わせになってるでしょ」
「ゆふいんの森」セミコンパートメント

「コンパートメント(個室)まではいかないけど……。
 区画が、ガラスで仕切られてて……。
 これを、セミコンパートメントっていうわけ。
 3号車のビュッフェ寄りに、4区画しか無いんだよ」
「テーブルがあるってのは、お弁当食べるのにいいですね」
「だろ。
 ただし、この席、3名以上じゃないと予約できないんだ」
「なんだー。
 2人じゃ、座れないんですか」
「空いてれば別だよ。
 席を変えてくれるはず。
 さっき見た、スッチーみたいな車掌さん捜して来よう。
 あ、美弥は、ここ座って席取っといて」
「なんでです?」
「わたしと同じこと考えるヤツが、きっといるからだよ。
 スッチー捜してる間に居座られたら、面倒だろ」
「切符も持ってないのに……。
 なんか、心細いです」
「でっかい図体して、情けないこと言うなよ。
 美弥が堂々と座ってたら、誰も切符持ってないなんて思わないって」
「そうでしょうか……」
「でも、ずうずうしいヤツもいるからな。
 もし、そんなヤローが座り込もうとしたら……。
 必殺の呪文がある」
「どんな呪文ですか?」
「トットットー」
「何です、それ?
 ニワトリの真似?」
「ちがーう。
 いきなりニワトリの真似してどうする。
 これはだな……。
 “この座席は、わたくしが確保しております”という意味の、九州弁だ。
 昔、テレビで武田鉄矢が言ってた。
 九州で、座席の確保宣言をするときは、必ず使わなきゃならんらしい。
 たぶん、九州の法律で決まってると思う」
「そんな、バカな……」
「練習してみるか?
 言ってごらん。
 テーブルを抱え込んで、上目遣いで……。
 トットットー」
「わたし……、言えません」
「簡単じゃないの。
 トットットー」
「わたしが、車掌さん捜してきますから。
 Mikikoさんが残ってください」

 美弥ちゃんは、風のように去っていきました。
 くっそー。
 逃げられたぜ……。
 押し出しに迫力ある方が、ずっと座席確保の役目に向いてるんだけどな。
 早く帰ってきてよね。
 たぶんわたしも……。
 いざとなったら、“トットットー”は、言えないと思うから。

 ほどなく、スッチーを伴った美弥ちゃんが戻ってきました。
 両肩に、わたしたちの荷物をかけてます。
 てことは……。
 美弥ちゃんは、にっこり笑ってオッケーマークを出しました。
 やた!

 大ラッキーですね。
 2人で、セミコンパートメント独占だよ。
 もちろん、割増料金もありません。

 さっそく、畳まれていたテーブルを開きましょう。
「ゆふいんの森」セミコンパートメントのテーブルを開く

 続きは、次回。
-----
☆フェムリバ
07/24/2010 20:35:34
□あらら~
ミサちゃん、始めちゃいましたねぇ(汗)
ふふふ・・・
姉よ、この空間を支配していると思ったら大間違いよ。
もうすぐ恥ずかしいカッコで支配されて、ミサちゃんにも意地悪出来なくなっちゃうんですからね!
覚悟しなさい!(怒)


セミコンパートメント・・・
初めて見ました!
ガラスではありますが、仕切りがあるか無いかで凄く違いますよね~
ここなら、気を遣わずにゆったり出来る♪

「トットットー」の「トット」は、「取っとる」て三河弁でも使いますけど・・・
最後の「トー」が、大分の方言なんでしょうね。
なんか可愛いかも♪
-----
★Mikiko
07/24/2010 21:01:26
□最近……
 あまりにも、嬉しい反応をしてくれるので……。
 ついつい、ネタバレが過ぎるようです。
 少し反省。
 姉がどうなるかは、言わないほうがよかったかな~。

 武田鉄矢は、もうひとつ……。
 「スッスッスー」というフレーズも紹介してました。
 これは、“少々肌寒く感じます”という意味だそうです。
-----
☆フェムリバ
07/24/2010 23:00:19
□私の場合・・・
かなり心配性なので、ネタバレするくらいがいいです♪
ていうか
ミキコ様が悪いんじゃなくて、私が聞いたのがいけないんですよ~
反省すべきなのは私です(汗)
反省しまッス!


「スッスッスー」の「スッス」は、「スースーする」ですよね?
「スースー」って、全国共通だったとは・・・
-----
★Mikiko
07/24/2010 23:25:14
□読者に……
 先のストーリーを聞かれるほど嬉しいことは無いので……。
 ついつい、口が軽くなってしまうようです。
 結末を自分だけが知ってるという、優越感みたいなのもあるかも。
 なので、反省するのは、やっぱりわたしです。

 新潟でも、“スースーする”くらいは言うかも。
 “スッスッスー”は、さすがに言わんが。
-----
☆タゴバ
07/25/2010 05:42:37
□(あ、朝だ・・・)
すみません・・・。どーも連続でコメントできません[i:63916][i:63916]いかんせん、1日の生活を送る前に1日が終わってしまうので・・・。

私mikikoさんの文章、今回で言う、あねさんや美沙子ちゃんのやり取りでも安心して読めるんですよ[i:63903]本当に今姉さんはどうなるのかと・・・(笑)

(あの・・・私春先まで体の構造を間違えて覚えてた人間ですよ?指1本入れたこともないのに、そんな、手首だなんて(笑)[i:63915]そうか、入るんですね~。えぇー、普通に知ってるもんなんですか?(笑)[i:63915][i:63915]拳かぁ~(笑)[i:63916]あ、ちなみに画像は見れませんでした(汗)すみません[i:63916])
-----
★Mikiko
07/25/2010 07:56:08
□徹夜ハイだな……
> 私mikikoさんの文章、今回で言う、あねさんや美沙子ちゃんのやり取りでも安心して読めるんですよ本当に今姉さんはどうなるのかと・・・(笑)

 半分、意味がわからん。
 美沙子じゃないし……。

 docomoは、PNGが見れないのか?
 形式変換して再掲しようかと思ったが……。
 止めときます。
 電車の中とかで、うっかりあの画像開くと……。
 携帯取り落とすかも知れないから。

 この暑いのに、昼間寝れるのか?

由美と美弥子 503
★Mikiko
07/25/2010 08:01:08
□大分に行こう!(ⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅧ)
「さっそく、食べよう。
 朝遅かったけど、お腹空いたよね」
「馬車に揺られたせいでしょうね」
「それじゃまず、“ゆふいんの森弁当”から……」
「ゆふいんの森弁当」

「おぉ~」
「豪華~」

 お品書きまで付いてました。
「ゆふいんの森弁当」お品書き

 書き出してみます。

『ゆふいん産農家米白ご飯
 鶏味噌添え

 ほうれん草胡麻おひたし
 梅干土佐煮・大根カボス漬
 大根もち照り焼き
 しいたけカレーフライ
 ししとう塩煮
 竹の子土佐煮
 鰻巻き
 こんにゃくステーキ
 胡麻豆腐
 人参うま煮
 ぜんまいうま煮
 金時豆
 茄子の南蛮漬け
 葱焼き ナンプラー風味
 鮭の西京焼き
 きんぴら牛蒡
 南瓜うま煮
 大学いも

 おはぎ
 牛乳豆腐(ブルーベリーソース)』

「スゴ……。
 これで1,200円なら、ぜったい安いって。
 料理屋でこんなメニュー食ったら、いったい幾ら取られるんだ?」
「買えて良かったですね」
「だろ~。
 のんびり車内販売なんか待ってたら、ぜったい売り切れだよ」
「もうひとつのも開けてみましょう」
「“香草物語”か。
 可愛らしいパッケージだね」
「箱に、千代紙が貼られてるんですね」
「香草物語」パッケージ

「箱だけでも売れるぜ。
 さっそく開けてみよう」
「うわ~。
 可愛いぃ」
「香草物語」中身

 美弥ちゃん、すっかり瞳がハートになってます。

「パッケージも綺麗だけど……。
 中身もまた、色合いが鮮やかだね」
「食材だけで、こんなに彩りが表せるなんて……」

 ご飯は、おかずと同じ大きさの区画に、3箇所入ってますが……。
 男性なら、一口で食べられちゃうほど。
 これは、完全に女性向きですね。
 目で味わうお弁当。
 このパッケージに、この中身で……。
 850円。
 安い!

 “ゆふいんの森弁当”は、ひとつずつ、お品書きと確かめながら口に運びます。
 ひとつのおかずを、2つに分けて。
 “香草物語”も、一区画を分け合って食べましょう。
 由布院、最後の思い出を噛み締めます。

 続きは、次回。
-----
☆フェムリバ
07/25/2010 12:38:04
□見ただけでバージンではないと見抜くとは・・・
姉、凄い!


うわぁ~、どっちも綺麗!
両方買って正解でしたね♪
お弁当は1人で食べるより、分けあって突いて食べるほうが絶対に美味しいですよね。

香草物語のご飯、四隅に入ってるから四箇所なのかな。
香草って言ってるくらいだから、どのおかずも風味がいいんでしょうね~
うぅ~、お腹がグーグーしちゃいます・・・
-----
★Mikiko
07/25/2010 13:06:00
□この章が始まって……
 10回。
 ようやく、エロっぽくなってきました。
 これから、姉のコーフン度に比例して、一気に行くのであろうか?

 香草物語。
 なるほど、よく見ると4隅がご飯みたいだね。
 3箇所って書いてたブログがあったんで、そのまま載せちゃいました。
 この850円は、お買い得だと思います。
-----
☆lesbro
07/25/2010 14:04:35
□むちゃやってください、
こういう姉には。

乳首とかクリとか吸引して肥大させるとか、
クリピあけるとか、
おしりの穴のまわりにタトゥー入れるとか。

個人的にはこういう女の人好きなんですけど、堕ちていくのを見るのもまた一興。
-----
★Mikiko
07/25/2010 20:52:27
□あなた……
 そんなこと、由美美弥が出来るはずないでしょ。
 キャラ変わっちゃうし。
 わたしは、痛いのに弱いから……。
 そういう系統の描写はムリだね~。
 クリピアスなんて、画像見ただけで卒倒しそうになる。

 しかし……。
 ケツメドの周りにタトゥって……。
 なんの意味があるんだ?
-----
★Mikiko
07/25/2010 21:52:39
□再び携帯からご覧のみなさまへ
 見苦しい広告が、一見、見えなくなりました。
 でも、消したわけじゃありません。
 下に持ってっただけです。
 広告を消すことはできないけど……。
 場所を移すことはできるってことに、さっき気づきました(遅すぎ)。
 これで、一番下までスクロールしない限り、広告は表示されません。
 電車の中でも、また読めるよ~。
-----
☆lesbro
07/25/2010 23:23:46
□ごめんなさい。。。
作品に合わないですよね。ごめんなさい。

>ケツメドの周りにタトゥって……。
 なんの意味があるんだ?

意味はわからないですけど、やってる人見たことあります。アドレナリンという女優さん。

http://theoneandonlyadrenalynn.com/blog/?page_id=708
-----
☆ドリー軍曹
07/25/2010 23:50:47
□500話突破おめでとうございます!!
Mikiko様

500話突破おめでとうこざいます。
素晴らしい記録だと思います。

これからも御サイトのますますのご発展をお祈り申し上げます。
-----
★Mikiko
07/26/2010 06:20:53
□lesbroさん&ドリー軍曹さん
> lesbroさん

 な~に。
 わたしに度胸が無いだけです。
 尖端恐怖症気味なのかも。

 ケツメド周りのタトゥって、どういう恰好でするんだろうね?
 やっぱ……。
 仰向けで大股開きなんだろうな。


> ドリー軍曹さん

 ありがとうございます。

 500話と言っても……。
 細切れの投稿なので。
 でも、細切れ投稿で更新頻度を上げたことが……。
 ページランクのアップに役立ったようです。

 「被虐のハイパーヒロインズ」さんの、ますますのご繁栄をお祈りいたします。
 またやみげんさんのとこで、競演したいですね~。

由美と美弥子 504
★Mikiko
07/26/2010 06:28:35
□大分に行こう!(ⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅨ)
 そうこうするうち、「ゆふいんの森」は、最初の停車駅に着きました。
 豊後森(ぶんごもり)、12時33分。
 玖珠郡玖珠町(くすぐんくすまち)にある駅です。

 この駅には、鉄ちゃんが喜びそうな施設があります。
 「豊後森機関庫」と云います。
「豊後森機関庫」

 扇形機関庫と転車台を備えてます。
 完成は、1934年(昭和9年)。
 最盛時には、蒸気機関車21台が所属する、大規模な機関庫でした。
 “でした”と言うとおり、今は使われてません。

 ところで、こんな大がかりな施設が、なぜ必要だったんでしょう?
 蒸気機関車から、ディーゼル機関車に移行したとき、一番大きな違いは、何だったと思います?
 それは、車両に前後の区別が無くなったことです。
 ディーゼル機関車は、頭と尻尾に運転台があります。
 方向を変えるときは、運転士が乗り換えればいいだけです。
 その点、蒸気機関車の頭はひとつです。
 方向転換する場合は、転車台を使って、車両の方向を変える必要があったんですね。

 蒸気機関車が無くなると、こういう施設は不要になり……。
 豊後森機関庫も、1970年(昭和45年)に廃止されました。
 その後は、ほぼ廃墟状態のまま放置されてたようですが……。
廃墟状態の「豊後森機関庫」

 2001年(平成13年)、地元有志による保存委員会が結成され、保存活動が始まりました。
 2006年(平成18年)には、玖珠町が、機関庫と敷地10,200㎡をJR九州から購入。
 3,466万円だったそうです。
 機関庫や転車台はタダとして、土地は、1㎡あたり3,400円の計算。
 JR九州も、サービスしたんでしょうね。
 将来は、鉄道記念公園として整備される予定だそうです。
 それに先立って、2009年2月……。
 扇形機関庫と転車台が、経済産業省により“近代化産業遺産”に認定されました。
神殿のような「豊後森機関庫」

 なんか……。
 神殿みたいですよね。

 今思いついたけど、「“近代化産業遺産”を巡る旅」ってのも面白そうだね。
 富岡製糸場とか、琵琶湖疏水とかさ。

 なお、この豊後森機関庫の壁面には、弾痕が残ってます。
 太平洋戦争中の、米軍機の機銃掃射による傷跡。
 この銃撃により、3名の職員が命を落としたそうです。

 鉄道に興味がある人なら、きっと降りて見てみたいでしょうね。
 でも、「ゆふいんの森」を途中下車するわけにはいきません。
 鉄道記念公園が出来た暁には……。
 鈍行列車に乗って見に来たいです。

 さて、再び「ゆふいんの森」は走り出しました。
 書き忘れてましたけど、今走ってる路線は、久大(きゅうだい)本線と云います。
 福岡県の久留米と大分県の大分を結ぶ路線なので、“久大”本線。
 あんまりおしゃれな名称じゃありませんね。
 でも、この路線には、愛称があるんです。
 「ゆふ高原線」。
 これなら、十分おしゃれです。
 愛称どおり、高原を走る気持ちのいい路線です。

「あ~、美味しかった」
「Mikikoさん、お願いがあります」
「なに?」
「“香草物語”の箱、わたしがもらっていいですか?」
「綺麗だもんね。
 いいよ。
 何に使うの?
 あ、そうか。
 あのディルドゥ入れるのか?」
「入れません!」
「厚みがちょっとな~」
「ですよね~。
 ぜったいフタが閉まりませんよ。
 って、入れませんって!」
「おぉ。
 ノリツッコミ、覚えたじゃない」

 続きは、次回。
-----
☆フェムリバ
07/26/2010 20:16:20
□確かに・・・
とんでもないマリアさまでした!
しかし
どんな風にオモチャになったのでしょうか・・・
き、気になる・・・


くすぐぅん、くすぅ・・・まち・・・
わぁあああ~綺麗に言えない!
(私、早口言葉系が苦手なんです・・・)

わお♪
コロッセウムみたい!
でも
悲しい歴史も背負ってるんですね・・・

う~ん・・・
美弥子ちゃん、お弁当の箱を何に使うのでしょう?
検討もつきません(汗)
-----
★Mikiko
07/26/2010 20:31:20
□学園でのエピソードは……
 興奮した姉が、ぺ~らぺらしゃべってくれます。

 “玖珠郡玖珠町”程度で噛むとは……。
 どんな舌してるんだ?

 豊後森機関庫、映画のロケとかで使えそうだよね。
 無国籍アクションとかさ。

 香草物語の箱は……。
 ほんとに小物入れとかにする女性がいるようです。
-----
☆淡雪
07/27/2010 19:02:40
□マリアさまは見てる。。。かも。
ぺ~らぺらと、洗いざらい種明かししたら、どすぐろいオンナの園の内情が明るみになりますね。

楽しみだわ。

ゆふいんの森、乗りたいなあ。
-----
★Mikiko
07/27/2010 20:03:16
□見てるかもね~
 女子高時代のエピソードは、今後も小出しにしていくつもり。
 万里亜さまや英語教師は、ひょっとして現実世界でも再登場するかも?

 「ゆふいんの森」、いいよね。
 福岡空港は、博多駅のすぐそばにあります(地下鉄で2駅・5分)。
 伊丹発7:35の便に乗れば……。
 福岡空港には、8:45に着きます。
 9:16博多発の「ゆふいんの森」1号に、なんとか間に合うと思う。
 由布院着が、11:28。
 由布院に、お昼前に着いちゃう。
 乗り継ぎが心配なら……。
 伊丹発8:00の便。
 福岡着が、9:15。
 10:17初の「ゆふいんの森」3号に、大余裕で間に合う。
 由布院着は、12:26。
 由布院でお昼食べるには、ちょうどいいかも。
-----
☆フェムリバ
07/27/2010 20:45:58
□にゃんと!
マリア様と英語教師に、また会えるんですか?!
わくわく♪


私は、舌もかなりドンくさいみたいで、ちょっと悩みのタネなんです・・・(泣)
恥ずかしい・・・

小物入れに出来るということは、画像で見るよりもずっとしっかりした作りになってるんですね。
-----
★Mikiko
07/27/2010 20:56:36
□まだ書いてないから……
 わからんけどね。
 姉はミサ繋がりで出せたけど……。
 あの2人は、どういうシチュで出したらいいのか……。

 いっそ、メロンかパイン食べて、舌を痺れさせるか?
 あ、酒飲めばいいんじゃないか?
 舌足らずの酔っ払い、可愛いぞ~。

 小物入れにする場合、最大の問題は……。
 お弁当の匂いが残らないか、という点だよな。
 洗うわけにはいかないんだし。

由美と美弥子 505
★Mikiko
07/28/2010 07:34:54
□大分に行こう!(ⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩ)
 さて、アホな話をしてるうちに……。
 電車は、次の駅、天ヶ瀬に着きました。
 12時46分。

 ここには、天ヶ瀬温泉があります。
「天ヶ瀬温泉」

 別府や由布院のように、名前は知られてませんが……。
 別府、由布院、天ヶ瀬が、豊後三大温泉なんですよ。

 ところで、天ヶ瀬というのは、どこかで聞いたことがあるぞ、と思ったオトーサン。
 たぶん、勘違いです。
 オトーサンの脳裏に浮かんだのは……。
 美川憲一の演歌じゃないですか?
 でもあれは、「柳ヶ瀬ブルース」です。
「柳ヶ瀬ブルース」

 天ヶ瀬とは、ぜんぜん関係ありませんね。
 柳ヶ瀬は、岐阜市にある歓楽街です。

 さて、冗談はさておき……。
 ここ天ヶ瀬は、古い温泉地なんです。
 奈良時代初期に編纂された「豊後国風土記」に、その名が出てきます。
 別府の“血の池地獄”と一緒ですね。

 「豊後国風土記」では……。
 天武天皇時代の大地震で、熱湯が湧いたと記載されてるそうです。
 天武天皇は、天智天皇の弟。
 天智天皇は、知ってますよね。
 “大化の改新”を起こした人です。
 日本史の授業では、1学期早々に出て来ます。
 ちょっとおさらいしておきましょう。
 ときは、645年。
 中大兄皇子(なかのおおえのおうじ・後の天智天皇)は、中臣鎌足(なかとみのかまたり・後の藤原鎌足)と謀り……。
 クーデターを決行。
 政権を掌握していた蘇我入鹿(そがのいるか)・蝦夷(えみし)親子を暗殺し、政権を奪取したんです。

 で、天武天皇は、その天智天皇の弟。
 天武天皇の在位は、673年~686年です。
 7世紀、飛鳥時代のころですね。
 今から、1,300年以上も前のこと。
 こんな昔に湧いた温泉が、今でも豊富な湯量を誇っているんですから……。
 火山の力って、ほんとにスゴいですよね。

 天ヶ瀬温泉、古さでは、別府や由布院に負けませんが……。
 温泉街の規模としては、やはり少し劣ります。
 玖珠川沿いに、20件ほどの旅館やホテルがひしめくように建ってますが……。
明かりの灯る「天ヶ瀬温泉」

 豊後三大温泉のひとつとしては、ちょっと寂しい感じ。
 黒川温泉なんかの方が、有名になっちゃいましたからね。
 でも、昔は栄えてたそうです。
 筑豊炭坑の全盛期は、歓楽温泉地として賑わったとか。

 今の名物は、玖珠川沿いに点在する共同露天風呂。
「天ヶ瀬温泉」共同露天風呂

 河川敷にあって、お湯と川の水面が同じ高さなので……。
 まるで川に浸かっているようです。
 昔は、河原のどこを掘ってもお湯が湧いたそうです。

 さて、その共同露天風呂ですが……。
 まったく囲いのない所もあります。
 周りの旅館から、丸見えです。
丸見えの「天ヶ瀬温泉」共同露天風呂

 もちろん、混浴。
 てことは……。
 合法的露出が出来るってことです。
 混浴のお風呂なんですから……。
 見知らぬ異性の前で真っ裸になっても、誰に咎められることもありません。
 周りから丸見えだって、そういう構造のお風呂なんですからね。
 見る方が悪いってなもんですよ。
 文句言われる筋合いありません。
 入湯料は、たったの100円!
 100円で、思うさま露出が出来る!
 全国の変態さん、今すぐ天ヶ瀬に集いましょう!

 こんな宣伝したら、天ヶ瀬温泉、大迷惑だろうなぁ。
-----
☆フェムリバ
07/28/2010 20:24:10
□橋田壽賀子並みのセリフ!!
そしてヴェルサーチの首輪!!
す、凄い!!

スカートもいいですけど・・・
振袖着てペニバン着けた時は、燃えたなぁ~


う~ん
意外と、寂れた温泉街も嫌いじゃないかも?
ゆっくり出来そうですし♪
(しかも歴史もある!)

しかし
危険な激安共同露天風呂ですね(汗)
ま、たぶん若い女性は水着着て入るんでしょうけども。
-----
★Mikiko
07/28/2010 20:36:29
□橋田壽賀子って……
 でも、悪女のセリフって、書きやすいんだよ。
 登場人物を対立させると、ほんとハカが行きます。

 ほんまに、ヴェルサーチの首輪なんてあるのかね?
 適当に書いちまったが……。

 ひなびた温泉で、ゆっくりしたいよね。
 年金暮らしにならなきゃ、ムリだろうけど。

 あの露天風呂……。
 けっこうカップルが、全裸で入ってるようです。
-----
☆しく
07/29/2010 20:16:52
□湯布院
ぃきたぃ[i:63903]
-----
☆フェムリバ
07/29/2010 20:19:37
□ヴェルサーチじゃないですけど・・・
http://www.salada-bowl.com/gucci/dog/m_f/gc027632_cf01s_svmc.htm
グッチの首輪を発見しました(汗)


まったく、けしからんカップルですな。
そんな所で裸になったら、盗撮されてAVで販売されたり、ネットで流されちゃいますよ・・・
やっぱり、貸切露天風呂や部屋付き露天風呂の方が、2人でしっぽり出来てムードがあっていいなぁ♪
-----
★Mikiko
07/29/2010 20:35:40
□しくさん&フェムリバさん
> しくさん

 わたしも……。
 行きたい!
 でも、九州は遠いのぅ。
 お金があれば、飛行機で行くんだけど。


> フェムリバさん

 おぉ~。
 これか。
グッチの首輪

 かっちょいぃね。
 まさに猫に小判だが……。

 そういうカップルは……。
 むしろ、見られたいんじゃないの?

 そりゃ、部屋付き露天風呂はいいに決まっとるが……。
 共同露天風呂と、部屋付き露天風呂じゃ……。
 100円と数万円の違いがある。

由美と美弥子 506
★Mikiko
07/30/2010 07:25:34
□大分に行こう!(ⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅠ-1/2)
 前回、天ヶ瀬温泉を、露出のメッカみたいに宣伝しましたので……。
 ちょっと反省し、真面目に褒めることにします。

 良いとこは、温泉以外、ほぼ何もないこと(褒めてるのか?)。
 だから、気を散らさずに、温泉三昧にひたれます。
 こういう温泉地に連泊したら……。
 わたしにも、「城の崎にて」みたいな小説が書けるかも?
「城の崎にて」

 なんとな~く、物語が生まれそうな温泉です。
 「男はつらいよ」のロケ地にもなったそうです(第43作「寅次郎の休日」)。
 観光客の溢れる、別府や由布院はちょっと……。
 という人は、ぜひチェックしてみてください。

 さて、次なる停車駅は……。
 日田です。
 なお、さっき停車した天ヶ瀬も、日田市にあります。
 ここも、平成の大合併で大きくなった市です。
 カメルーンのキャンプ地で有名になった中津江村も、日田市に編入されました。
 隣はもう、福岡県。
日田市の位置

 大分県では結局……。
 別府と由布院に泊まっただけでしたが……。
 気になる場所は、ほかにもありました。
 滝廉太郎が少年期を過ごした、竹田とか……。
 「昭和の町」が残る、豊後高田とか。

 中でも、もっとも心残りだったのが、日田でした。
 日程が許せば、ここでもう1泊したかったくらい。
 今回は、車窓から眺めるしかできませんが……。
 いつかまた、大分に来るときがあれば、必ず下りて楽しみたい町です。

 せっかくなので、日田の魅力を書きだしてみますね。
 周囲を山に囲まれた日田盆地に、町があります。
 三隅川(みくまがわ)や花月川など、清流が流れる水郷の町。
 小京都と呼ばれる町のひとつ。
小京都・日田
-----
★Mikiko
07/30/2010 07:26:17
□大分に行こう!(ⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅠ-1/2)
 日田駅の北にある豆田町は……。
 江戸時代の町割りがそのまま残っており、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されてます。
日田市豆田町

 駅の南側は、温泉街。
 三隅川のほとりに、旅館やホテルが並んでます。
日田市・三隅川

 川のほとりから、温泉が湧くんですね。

 この三隅川では、夏場、鵜飼も行われます。
 旅館に泊まって鵜飼を見る、という夜の楽しみ方もありますね。
 わたしはちょっと、あの鵜飼ってヤツは……。
 可哀想な気がしてアレなんですが……。
 でも、映像はきっと胸に残るでしょうね。
日田市・三隅川の鵜飼

 あ、そうだ。
 3月の今なら、おもしろいイベントをやってます。
 「天領日田おひなまつり」。
天領日田おひなまつり

 江戸時代、日田は天領(幕府直轄地)でした。
 「天領日田おひなまつり」では……。
 その天領時代から受け継がれてきた雛人形が、旧家など、市内の各所で公開されてるんです。

 江戸時代の日田では、代官により“掛屋(かけや)”に指定された商人が、莫大な利益を得てました。
 この“掛屋”とは何ぞや、ということですが……。
 マイペディア(百科事典)によると……。

『江戸時代、大坂で諸藩の蔵屋敷に属して領主の蔵物の売却、代金の収納・保管・送金等に当たった町人。領主は蔵物の処理一切を掛屋にまかせ資金面の援助をうけたから、掛屋は藩の財政・金融面に勢力を振るい、士分待遇をうけた』

 よーわかりませんね。
 でも、ボロ儲けできそうということだけは、なんとなーくわかります。
 日田の掛屋は、こうして儲けたお金を、九州の諸大名などに、さらに高利で貸し付けました。
 これを、日田金(ひたがね)と云ったそうです。
 まさに江戸時代の日田は、金が金を生む、一大金融都市だったわけです。

 続きは、次回。
-----
☆フェムリバ
07/30/2010 21:38:24
□姉の名前は・・・
「美影」ちゃん、て言うんですね。


三隅川!
素敵なところですね・・・
昔の「金曜ロードショー」を思い出しました♪

おひなまつり・・・
人形恐怖症(ラブドールは除く)の私には、ちょっと勇気のいるイベントですな(汗)
-----
★Mikiko
07/30/2010 22:18:30
□美影と美里なら……
 姉妹っぽいでしょ?

 お~。
 そう言えば、「金曜ロードショー」のオープニングに……。
 あんな雰囲気の画像が出てきたような?

 確かに、お雛さまには、独特の凄みがあるよね。
 夜、ひとりでは見れないかも……。

由美と美弥子 507
★Mikiko
07/31/2010 07:27:49
□大分に行こう!(ⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅡ-1/2)
 で、儲かって仕方がない日田の掛屋たちは……。
 京や大阪で、絢爛豪華な雛人形や雛道具を買い集めてたんですね。
 金に糸目はつけないってやつでしょうね。
 その雛人形が、今も商家に残ってるってわけ。
日田市・雛人形

 これは、一見の価値がありそうでしょ。

 なお、天領時代の日田をもっと知りたければ……。
 豆田町のメインストリート「御幸通り」に、「天領日田資料館」があります。
「天領日田資料館」

 資料館に寄られる場合は……。
 「御幸通り」を挟んだはす向かいにある、「日田土鈴 東光堂」というお店が面白そうです。
「日田土鈴 東光堂」

 魔除けのお守りとされている土鈴の専門店。
 全部手作業で作られてるそうです。
 まん丸なお雛さまの土鈴(墨絵ひな土鈴・2,000円)が可愛い。
墨絵ひな土鈴

 土鈴に和紙を貼り、墨で絵付けしたものだとか。
 もっと安い、干支土鈴(250円)なんかもあるようです。
 魔除けのお守りをお土産にしたら、きっと喜ばれると思いますよ。
-----
★Mikiko
07/31/2010 07:29:57
□大分に行こう!(ⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅡ-2/2)
 さて、もう一つ、天領とは違う一面を見てみましょう。
 日田には、変わった名物があるんです。
 食べ物。
 もちろん、懐石料理とか、天領らしい食べ物屋さんも多いです。
 でも、あえてお昼は、ラーメン屋さんにしましょう。
 と言っても、ラーメンは注文しません。
 お目当ては、「日田焼きそば」。
日田焼きそば

 いわゆるB級グルメとして、人気の一品です。
 これを食べるためだけに、県外から来るファンもいるそうです。

 「日田焼きそば」の起源は古く、昭和30年代に遡ります。
 茹でたラーメンの麺を鉄板で焼く、という焼きそばがメニューに登場し……。
 やがて、町中に広がっていきました。
 具は、オーソドックスな豚コマとモヤシ。
 お店によっては、長ネギやキャベツも入るようです。
 味付けは、ウスターソースが基本ですが、店ごとに秘伝があるようです。

 焦げ目が付くほど焼いたバリバリの麺と、しゃきしゃきしたモヤシの食感。
 歯触りで食べる焼きそばですね。
 うーむ。
 マジで食いたい!

 ここでまた脱線しますが……。
 ロングセラーのカップ焼きそばに、「ペヤング ソースやきそば」ってありますよね。
ペヤング ソースやきそば

 上京したころ……。
 よく、夜食にあれ食べてました。
 夜中まで起きて本読んでると、小腹が空きます。
 と言って、夜中に料理なんか作る気にはならんので……(昼間もならんが)。
 買いおきのカップ麺のたぐいで、小腹を満たすわけね。
 でも、カップラーメンをスープまで飲んじゃうと、夜食としては腹応えが良すぎます。
 その点、スープの無い“やきそば”は、ちょうど良い。
ペヤング ソースやきそば

 お湯で茹でるのに、なぜに“やきそば”かというギモンが残りますが……。
 ウマいことだけは、確かでした。
 ま、若い胃は、何食っても美味しく感じたんでしょうけどね。

 ソースをフタの上に載せて、3分間待つワクワク感。
 思い出すなぁ。
 でもあれ、お湯を切るとき、たま~に失敗するんですよね。
 フタを良く押さえてないと……。
 容器とフタの間から、麺がドバドバこぼれちゃうんです。
ペヤング ソースやきそば・大惨事

 大惨事……。
 もちろん、拾ってぜんぶ食いましたが。
 茹でキャベツの食感は、今も覚えてます。

 う~ん。
 食いたくなってきた。
 今度の休日のお昼は、ペヤングにしようかな。

 続きは、次回。
-----
☆淡雪
07/31/2010 08:48:57
□3分待たない
わたしは、硬めの湯茹で加減が好きなので、結構早めにお湯切りします。

カップめんは、すぐに伸びてしまうので、早目がおすすめ。
-----
★Mikiko
07/31/2010 09:04:35
□「3分待たない」っての……
 一瞬、「3分持たない」と読んでしまった。
 殿方にご不満なのかと思ったぞ。

 「3分待たない」の件。
 のんびりしてるようで、けっこう“いらち”なとこも、ありますね。
 セレブでも、カップ麺食べるんだな。

 確かにカップヌードルとかは、麺の縮れが解けないくらいの方が、美味しいよね。
-----
☆淡雪
07/31/2010 09:08:42
□殿は・・・
歯をくいしばって、半泣きになりながら、我慢なさってます。

先週も・・・。

そんなに耐えなくてもよろしいのに。。。おほほ

カップめん、ほとんど食べませんが、数年前に食べたきりでしょうか。

美味しくなりましたよね。

今はもっと進化してるんでしょうか。
-----
☆フェムリバ
07/31/2010 10:09:18
□鶉のゆで卵・・・
うんうん。
潰したら、絶対気持ち良いはず!


このお雛様達、夜中に会話してたりするのでしょうか?
三代目の持ち主は良かったとか、五代目の持ち主はぞんざいに扱うので没落させてやったとか・・・
これだけ歴史のあるお人形・・・きっと何か憑いてる!

お~
焼きそば!
私も大好きです♪
インスタントも好きですけど、一番は、自分で「細麺」ともやしを炒めたヤツですね。
で、ソースと辛子マヨをぶっ掛ける!
最高ですよ♪

あ、歯ごたえがもっと良いやつならば・・・
http://www.082.oyatsu.co.jp/lineup/shohin.html
コレですかね?
(お好み焼き味、美味しかったですよ~)
-----
☆フェムリバ
07/31/2010 10:13:55
□あ!
お好み焼き味じゃなくって、焼きそば味でした!
間違えてすみません(汗)
-----
★Mikiko
07/31/2010 10:33:31
□淡雪さん&フェムリバさん
> 淡雪さん

 殿方泣かせの名器をお持ちのようで……。
 でも、あまり我慢させると、血管切れて“腹上死”の怖れがありますから……。
 自ら腰を使って、昇天させてあげましょう。

 カップ麺。
 わたしも、好きなことは好きなんだが……。
 あれを、会社の机で食べてるヤツは、許せん!
 どんな匂い、させてると思ってんだ。


> フェムリバさん

 あの、お雛さま。
 寝ずの番をしたら……。
 ぜったいに囁きが聞こえるはずです。

 お~。
 ベビースターラーメン。
 子供のころ、学校帰りに買い食いしたなぁ。
ベビースターラーメン

 カレー味もあったような……。
-----
☆イネ
07/31/2010 11:27:09
□3分待たなくとも・・・
カップ麺(カップヌードル系のこと、赤いタヌキや緑のキツネは別)は、2分もすれば食べられますよ。
あの手は、上の方が早く煮えるように、また下の方は少し固めに揚げてあるので、下の方に到着する頃ちょうど良くなるのです。
こんな細かい芸当が、いかにも日本のメーカーらしいトコロですね。

で、あっちは・・・私も3分持たぬかも・・・
-----
★Mikiko
07/31/2010 12:40:21
□ほー
 麺の上と下で揚げ加減が違うとは、初めて知りました。
 妙に詳しいなぁ。
 ひょっとして日本電々、カップ麺市場に進出か?

 3分持たないウルトラマン一族の方は、「Mikikoのクリクリ講座」を読もう!
-----
☆イネ
08/01/2010 10:00:04
□連載100回☆
これ(大分に行こう!)って、高知からの続編ですよね。
あっちが確か28回まで続いていたから、今回が通算で連載100回目になるんですな。
おめでとうございます。

いつも思うのですが、継続は力なり、ですね。
なかなか出来ることじゃありません。特にワタシャ飽きっぽいから無理だな。

これからも楽しみにしておりますネ。
-----
★Mikiko
08/01/2010 13:05:47
□なるほど~
 そういう数え方もあるんだね。
 「高知に行こう!」が始まったのが……。
 3月5日の第401回。
 もうすぐ、5ヶ月。
 100回にもなるわな。
 うさぎ年生まれながら……。
 性格は、カメのようで。

由美と美弥子 508
★Mikiko
08/01/2010 07:44:14
□大分に行こう!(ⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅢ-1/2)
 さて、「ゆふいんの森」2号は……。
 12:58、1分停車で日田を出ました。

 間もなく、福岡県との県境です。
 大分県に残る駅は、あと2つですが……。
 「ゆふいんの森」は、停車せずに通過して行きます。
 その2つ目、大分県最後となる駅名が、非常に印象的です。
 “夜明”と云います。
夜明駅

 文字通り、読みは“よあけ”。
 縁起のいい駅名のひとつに数えられてます。
 名前は縁起がいいんですが……。
 少し前までは、どう見ても縁起がいいとは思えない、年季の入った木造駅舎でした。
 昭和7年の開業当時からの建物。
夜明駅・旧駅舎

 けっこう、強烈でしょ?
 こんな駅で一晩過ごすことになったら、怖いだろうな。
 夜明けが来たら、ホッとする駅って感じですね。
 でも、この3月、ようやく新駅舎が竣工したんです。
夜明駅・新駅舎

 なんか……。
 公衆トイレみたいになっちゃいましたね。
 もちろん、完全な無人駅です。
-----
★Mikiko
08/01/2010 07:45:10
□大分に行こう!(ⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅢ-2/2)
 駅名の“夜明”は、別に狙って付けられた名称ではありません。
 開設当時、日田郡夜明村にある駅だったからです(現在は、日田市夜明中町)。
 焼畑開墾地だった村は、最初は夜焼(よやけ)と呼ばれてたそうです。
 でも、“焼”が縁起が悪いということから、「夜開→夜明」と改名されたとか。

 “夜明”からは、日田彦山線が分岐してます。
日田彦山線

 ここからまっすぐ北上し、北九州へ向かう路線です。
 昔は、久大本線と日田彦山線は、この“夜明”で乗り換えたんですが……。
 日田彦山線の電車が、すべて日田まで乗り入れることになり……。
 “夜明”で乗り換える人はほとんどいなくなりました。
 そんなことから、無人駅になったんですね。

 余談ですが……。
 この“夜明”を、夜明けに通る列車は無いものか……。
 探してみました。
 夏期の夜明けは早すぎてムリですが……。
 今の時期なら、夜明けに間に合う列車がありました。
 本日、3月24日の大分県の日の出は、6:12。
 久留米方面行きの列車が、6:04、“夜明”に停車します。
 その時にぴったりのバックミュージックがありました。


 さて、“夜明”を出た「ゆふいんの森」2号は……。
 そのまま久大本線を西進し、久留米へと向かいますが……。
 日田を過ぎたあたりからは、九州一の大河、筑後川に沿って走ります。
 日田はむしろ、筑後川水系という点で、古くから福岡県の筑後地方と結びつきが深かった町です。
 そのため日田弁も、肥筑方言の特徴を持っているとか。

 “夜明”を過ぎると、筑後川の川幅がどんどん広がります。
筑後川

 ここには、“夜明ダム”という発電専用ダムがあるからです。
夜明ダム

 ダムを過ぎ、トンネルを抜けると、もう福岡県です。

「とうとう、大分県ともお別れか……」
「Mikikoさん、さっき、『ゆふいんの森』に乗ってるんだから……。
 博多までは、まだ由布院とお別れじゃないって言ってたじゃないですか」
「ははは、そうだった。
 福岡県に入ったけど……。
 なぜか、『大分に行こう!』は続くのであった」

 夜明ダムを境に、筑後川は中流域となります。
 流れも緩やかになり、川幅も広がってきました。
 福岡県に入ると、もうトンネルはありません。

 続きは、次回。
-----
☆フェムリバ
08/01/2010 11:18:39
□いいものって・・・
当時、携帯で撮った・・・
由美ちゃんにとってもショックでしょうね(泣)
本当に極悪姉!(怒)


あは~
確かに公衆トイレみたいですね。
(旧駅舎は怖すぎです。
夜中に行ったら幽霊出そう・・・)
あと
「夜明」って聞くと、渡瀬恒彦のタクシードライバー事件簿?(2時間ドラマ)を思い出します。

はぁ・・・
もう大分を出ちゃったんですね・・・
まだ「ゆふいんの森」には乗ってられますけど、やっぱり寂しいです(泣)
-----
★Mikiko
08/01/2010 13:04:29
□相変わらず、勘がいいね~
 タクシードライバー、昔はよく見たな。
 週末、録画した2時間ドラマを、2本ずつ見てた時期があったからね。
 あのシリーズ、まだ続いてるのかな?
 2時間ドラマは、観光地が舞台になることが多いので……。
 ちょっとした旅行気分が味わえます。
 名取裕子の添乗員シリーズとか、面白かったな。

 どんな楽しいことにも、必ず終わりはあります。
 前にも書いたと思うけど……。
 新しい楽しみを見つければいいんだよ。
-----
☆しくのすけ。
08/01/2010 17:39:34
□ぁとちょぃ。。
ぁとちょぃだぁ[i:63994]
実家がぁるょ[i:63684][i:63903]よってね[i:63890]8(・・#)8[i:63890]
-----
★Mikiko
08/01/2010 20:55:47
□おぉ~
 福岡は、しくのすけの実家であったな。
 どのへんだ?
 キョロキョロ@@。

由美と美弥子 509
★Mikiko
08/02/2010 06:12:13
□大分に行こう!(ⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅣ-1/2)
 停車駅ではありませんが、久留米までの途中に、思い出深い駅名があります。
 “田主丸(たぬしまる)”。
田主丸

 中学に入学して間もないころ……。
 友達もなかなか出来ず……。
 新しい地図帳を、休み時間にひっくり返して見てました。
 そのとき見つけた地名。
 すぐ近くの席に、タヌキと呼ばれてる男子生徒がいました。
 陸上部で、4月なのにもう真っ黒。
 タヌキと言うより、アナグマみたいな感じでしたが。
 この駅名のこと、誰かに教えたかったんですが……。
 そんなことで笑いあえる友達は、まだいませんでした。

 さて、この先、「ゆふいんの森」の停車駅は、3つ。

 久留米、13:38。
 久大本線は、久留米が終点。
 ここから博多までは、鹿児島本線になります。

 久留米は、焼き鳥の町です。
 人口に対する焼き鳥店の数が、日本一とのこと。
 内臓系の、ディープな串が豊富です。
 鳥のほかにも、「豚のダルム(腸)」とか、「馬のヘルツ(心臓)」とか……。
久留米・焼き鳥

 続いて、鳥栖。
 13:45。
 鳥栖は、佐賀県になります。
 「焼麦(シャオマイ)弁当」(中央軒)という名物駅弁があります。
焼麦(シャオマイ)弁当

 “焼麦(シャオマイ)”とは、シューマイのこと。
 「東の崎陽軒、西の中央軒」と呼ばれるほど、有名なお店だそうです。

 再び福岡県に戻り……。
 二日市、13:57。
 太宰府天満宮への最寄り駅です。
 時間が許せば……。
 「東風吹かば……」の“飛梅”を見に行きたいところですが……。
太宰府天満宮・飛梅

 今回は、諦めましょう。

 そして、終点。
 「ゆふいんの森」2号は……。
 14:09、滑るように博多駅ホームに入りました。
博多駅に入る「ゆふいんの森」
-----
★Mikiko
08/02/2010 06:13:12
□大分に行こう!(ⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅣ-2/2)
「あ~ぁ。
 とうとう着いちゃったね」
「ですね。
 Mikikoさん、飛行機で帰るんでしょ」
「うん。
 高いけどね。
 さすがに、ここから電車で帰る気にはならんわな」
「福岡空港って、駅から近いんですか?」
「それが、たまげるほど近いんだよ。
 とかく地方空港ってのは、JRの駅からアクセスが悪いじゃない。
 新潟もそうだったろ。
 エアポートリムジンなんて、大層な名前の直行バスが走ってたけど……。
 あれは、アクセスの悪さの裏返しだもんな。
 ところが福岡は……。
 驚くべきことに……。
 地下鉄で2駅。
 所要時間5分だよ。
 地下鉄が乗り入れてる空港は、全国でここだけなんだ」
地下鉄が乗り入れる福岡空港

「便利ですね」
「空港がこんだけ近けりゃ、飛行機にも乗る気になるよ。
 新潟との直行便もあるし、大助かり。
 でも、新潟との路線は、廃止になるかも知れないんだ」
「え~。
 何でですか?」
「客が少ないからに決まってるだろ。
 だいたい、福岡から新潟に行く用事のある人なんて……。
 1日何人いるんだよ?」
「言われてみれば……」
「だろ。
 新潟県なんかが、路線存続を働きかけてるみたいだけどさ。
 路線を維持するだけの需要は……。
 新潟人のわたしから見ても、あるとは思えない」
「1日に何便出てるんですか?」
「たった1便の1往復。
 1日1便じゃ、時間を限られちゃうから……。
 とても使いづらい。
 新潟行きの福岡空港発は、16:15だよ。
 新潟着が、17:45分。
 こんな時間に着いたって、何も出来ないじゃん」

 続きは、次回。
-----
☆しく太郎。
08/02/2010 15:12:42
□ぁぅ。
帰っちゃぅのね。。(((・・;)
またょってねん♪q(^-^q)
-----
☆淡雪
08/02/2010 16:57:10
□お帰りはコチラ
お疲れ~~。

なんだか、由布院~北九州を、流浪の旅してきたように、月日が流れましたね。

いろいろと下調べが出来て、わたしの由布院への夢が、こおおおんなに膨れあがってしまいましたよ。

次の目標は、ここね。
-----
★Mikiko
08/02/2010 19:53:42
□しく太郎。さん&淡雪さん
> しく太郎。さん

 最近、やたら改名するのぅ。
 一瞬、すし太郎かと思ったぞ。

 九州は、ほんまに帰るのが惜しい……。
 火山もあるし。
 阿蘇には、寄りたかったなぁ。
 必ず、また来るぞ!


> 淡雪さん

 北九州ってのは、北部九州って意味だよね?
 九州には、「北九州市」という都市もあるので……。
 ちょっと混線します。

 わたしの文章読んで、行ってみたいという思いを膨らませてくれたとしたら……。
 これ以上の喜びはありません。
 ぜひ由布院、行ってみてください。
 写真も寄せてくれると、嬉しいな。
-----
☆フェムリバ
08/02/2010 20:36:21
□くっそーーーー!!
極悪姉よ、美弥子ちゃんをイジメるな!(怒)
し・か・も!
他の子にもやってたとは・・・許せん!!(怒)


タヌキにアナグマ・・・
その男子生徒が、どれ程の黒さなのかが想像出来ちゃいますね(汗)


やっぱり、しくちゃんの実家には寄りませんか~(残念)


焼き鳥大好き♪
レバー食べたいなぁ♪

ほぁ~、「焼麦弁当」・・・
初めて聞きました!
これも美味しそうですね♪

旅は、楽しいことや美味しいものに沢山出会えますよね♪
さぁ、次の楽しい事へ、レッツゴー!
-----
★Mikiko
08/02/2010 20:50:44
□そう言えば……
 ミサも最初、携帯画像で脅したんだよね。
 やっぱ、姉妹ってことだね。
 おごれる平家は久しからず、です。

 レバーは、もさもさしてあんまり得意じゃないけど……。
 あれ食べてると、なぜか力が湧く気がする。

 旅はもう、新潟に帰るだけだけど……。
 最後に、もう1騒ぎあるかも?
-----
☆フェムリバ
08/03/2010 19:49:12
□何故かは分からないんですけど・・・
香純さんと美影ちゃんには、ビシバシ説教したくなるんですけど・・・
ミサちゃんは憎めないんです♪
根っからの意地悪ではないからでしょうか?
あ、でも
女教師も憎めない・・・
何ででしょうね?(苦笑)


ミキコ様・・・
モサモサしたレバーなんてレバーじゃありません!
本当に美味しいレバーは、プリプリしてるもんなんです!
う~ん、行き付けの焼き鳥屋に連れてってあげたい・・・

やった、もう一騒ぎ!
まだ続いてくれるんですね、嬉しい♪
-----
★Mikiko
08/03/2010 21:06:43
□ミサには……
 虐められた過去があるし……。
 女教師は、死んじゃったしね。
 そういう2人を憎めないのは……。
 やっぱり、フェムちゃんが優しいからだと思う。

 お~。
 そういうレバーなら、ぜひ食べてみたいです。
 しかし……。
 行きつけの焼き鳥屋があるなんて……。
 ツウだのぅ。

 ほんの一騒ぎだけど、もう少し楽しもう!

由美と美弥子 510
★Mikiko
08/04/2010 07:35:15
□大分に行こう!(ⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅤ)
「じゃ、新潟行きの便まで、まだ2時間あるんですね」
「そうなんだ。
 せっかく、空港が近いのになー」
「羽田行きは、何時かな?」
「羽田経由で新潟行くっての?
 そんなことするんなら、ここで2時間待つ方が早いよ」
「え?
 なんで羽田から新潟行くんです?
 わたしは、羽田からマンションに帰りますよ」
「ちょっと待て!
 まさかだけど……。
 自分だけ、羽田行きに乗ろうって魂胆じゃないでしょうね?」
「魂胆って……。
 わたしは東京に住んでるんですから、羽田行きに乗るのが普通じゃないですか?」
「ヒ、ヒドい!
 わたしを福岡に置いてこうっての!」
「だって、仕方ないでしょ。
 方向が違うんですから」
「やだ!
 ぜったい、やだ~。
 まだ旅は終わってないんだぞ。
 新潟から出発したんだから……。
 新潟に帰るまでが旅じゃないのよ!
 こんな、西の果てで別れるなんて、絶対にイヤ!」
「だって……。
 明日の授業の予習もしなきゃならないし」
「授業休めば、予習要らないでしょ」
「そんな!
 2日も休んでるんですよ」
「わたしだって、会社2日休んでるよ。
 2日も3日も一緒じゃないか」
「かなり違うと思います」
「やだ~。
 やだ~。
 ここでお別れなんて、絶対にやだ~」
「ちょっと……。
 こんなとこで、しがみつかないでくださいって」
「やだよ~。
 行っちゃやだ~。
 うぇぇぇぇ~ん。
 うぇぇぇぇ~ん。
 だっこ~。
 おんぶ~」
「もう!
 駄々っ子なんだから。
 みんな、笑って見てますよ。
 分かりました。
 新潟までお供します」
「ほんと?
 でもまさか……。
 新潟駅から、新幹線乗るつもりじゃないでしょうね」
「ダメですか?」
「ダメー!
 もう1泊して!」
「でも、明日の授業が……」
「朝1番の新幹線に乗れば、東京には8時に着くよ。
 マンション寄ってから大学行ったって……。
 2限目くらいから出れるでしょ」
「でも、予習が……。
 けっこう、当てられるんですよ」
「予習が心配なら、授業出なきゃいいの」
「もう。
 強引なんだから。
 わかりました。
 じゃ、またお家に泊めてくれます?」
「もちろん!
 何泊でもしていいよ」
「1泊しかしません。
 ほんとに泣くんだから、信じられない」
「ここに置いてかれると思ったら、涙が噴き出した」
「じゃ、空港行きますか」
「は~い。
 とは、言ったものの……。
 出発まで、2時間もあるからな。
 今から空港行っても、時間持てあますよなぁ」
「じゃ、どうします?」
「う~ん。
 微妙な時間だね。
 搭乗まで30分余裕を見るとして……。
 残り、1時間半か。
 遠出は出来ないなぁ」
「そうですね。
 どうします?」

 続きは、次回。
-----
☆淡雪
08/04/2010 10:34:52
□うえ~~ん、うえ~ん
楽しい時間の後のお別れはいつも悲しいものなのです。

お気持ち、大変わかります。

わたくしも、だだをこねたい!いつも。
-----
☆フェムリバ
08/04/2010 19:45:54
□由美ちゃんの気持ちを思うと・・・
それに美弥子ちゃんも・・・うぅ・・・


ふふ♪
ミキコ様、か~わいい♪
もう、すーぱーきゅーと♪
こういう駄々っ子、大好き♪

おぉ、ミキコ様のお家でもう一泊ですか?
やったぁ~~~
これで、もうちょっとだけミキコ様と美弥子ちゃんのかけ合い漫才が見られる!
小説がシリアスな分、コメントで美弥子ちゃんが元気だと、凄くホッとするんです。


淡雪さんに駄々をこねられたら・・・
ギャップにズキュンときて、男性はイチコロでしょうね♪
-----
★Mikiko
08/04/2010 20:11:43
□淡雪さん&フェムリバさん
> 淡雪さん

 どうやら、そちらのお別れは……。
 殿御との衣衣(きぬぎぬ)のようですね。
 イマイチ、共感できん……。


> フェムリバさん

 力道山の時代から……。
 前半は、悪役が主導権を握るものです。

 旅の終わりが近づくにつれ……。
 別れたくない思いが、いっそう募ります。
 駄々っ子と言われても……。
 一緒にいたい思いは、抑えられません。
 仮想旅行でも、こんなに別れが辛いのに……。
 ほんとの旅行だったら、どんなに切ないことでしょう。
 淡雪さん、「共感できん」なんて書いて、ゴメンね。
-----
☆フェムリバ
08/05/2010 19:46:25
□別れ際は辛いですけど・・・
駄々っ子になられると、より一層愛おしさが増して、次の逢瀬が楽しみになるのです・・・
駄々っ子、本気で可愛い・・・
-----
★Mikiko
08/05/2010 20:11:01
□わたしは……
 我が儘をエスカレートさせるタチなので……。
 要ご用心。

 そう言えば昔……。
 “ダダイズム”の“ダダ”を……。
 “駄々っ子”の“駄々”と思ってたヤツがいたな(わたしではないぞ)。

由美と美弥子 511
★Mikiko
08/06/2010 07:42:32
□大分に行こう!(ⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅥ-1/2)
「ひとつの案としては……。
 名島橋を見に行くって手があるんだけど……」
「それって、有名な橋なんですか?
 九重みたいな吊り橋?」
「博多に吊り橋があるかい!
 名島橋は、普通のコンクリート橋だよ。
 それに、全国的に有名な橋ってわけじゃない」
「じゃぁ、どうして?」
「新潟市に、萬代橋って橋があるんだけど……。
 名島橋は、その萬代橋と兄弟橋なんだよ」
「へ~。
 橋に兄弟なんて、あるんですか?
 兄弟ってことは、親が同じってこと?」
「橋の親って、なんだよ?」
「設計者が同じだとか?」
「なるほど、考えたね。
 でも、設計者が同じなんて聞かないな。
 役所の技術者が設計したんじゃないの?」
「じゃ、親は何なんですか?」
「親にこだわらない!
 親はなくても、兄弟なの。
 ほら、あるでしょ?
 『親の血を引く~』ってやつだよ。
 そうそう、義兄弟」
義兄弟


「その橋……。
 ヤクザなんですか?」
「違う!
 でも、固めの杯を交わしたことは確かだな。
 1994年(平成6年)、兄弟橋の締結調印式が行われてるからね。
 この2橋が兄弟になったのは……。
 驚くほど似てるからなんだよ」
萬代橋と名島橋
-----
★Mikiko
08/06/2010 07:43:53
□大分に行こう!(ⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅥ-1/2)
「萬代橋は昭和4年の竣工、名島橋は昭和8年竣工。
 だから、萬代橋がお兄さんだね」
「へ~。
 じゃ、Mikikoさん見たいでしょ?
 行きましょうよ、名島橋。
 遠いんですか?」
「こっからなら、30分くらいじゃないかな」
「それなら、往復に1時間で、橋の周辺で30分。
 ちょうど1時間半じゃないですか」
「そうだけどさ~。
 美弥は、別に興味ないでしょ?」
「いいですよ。
 つきあいます」
「なんか、申し訳ないなぁ。
 じゃ、どうやって行くのか、ちょっと地図見てみるね」
名島橋付近の地図

「貝塚って駅が、最寄り駅だね。
 地下鉄箱崎線が、ここから西鉄に乗り入れてるんだな。
 でも、博多駅から出る地下鉄は、空港線だから……。
 中洲川端駅で乗り換えになるね」
福岡市・地下鉄路線図

「なるほど」
「でも……。
 地図見ると、福岡ってスゴい大都会だよね」
博多駅周辺の地図

「東京と変わりませんよ」
「新潟とは、大違いだ。
 『大都会』、歌いたくなっちゃったな」
クリスタルキング「大都会」


「お願いですから、歌わないでくださいね」
「わはは。
 わたしの音程が、地の果てまで外れるってのを……。
 ご存じのようで」
「だいたい予想がつきます」
「失敬なヤツ。
 でも、ちょっと街に出てみたくなったな。
 地下鉄、一駅だけ歩こうか?」
「それもいいですね。
 今日は、馬車と電車で、ぜんぜん歩いてませんもん」
「そのくせ、お弁当は残さないで食べちゃったよね」
「美味しかったから。
 綺麗だったし」
「だよね。
 あ、美弥、いいこと思いついた」
「なんです?」
「腹ごなししよう」
「歩くんでしょ?」
「歩いたくらいじゃ、お腹こなれないよ。
 運動、運動。
 ここ、見てみ」

 続きは、次回。

P.S.
 今日は、新潟まつりの“民謡流し”に参加します。
 なので、コメレスは明日になるかも知れません。
 お近くの方は、ぜひ“民謡流し”、見に来てくださいね。
 Mikikoを見つけられるかもよ?
 でも、行列の総延長が3キロくらいあって、踊り手の数は1万4千人。
 なかなかタイヘンですがね。
-----
☆淡雪
08/06/2010 10:38:42
□民謡ながし
今から新潟いっちゃおうかな?
ねえ、イネさん、いきませんこと?
Mikikoさんに、会いに・・・。
-----
☆イネ
08/06/2010 11:49:17
□re:民謡ながし
今からだと・・・東京発1412→新潟着1620、か。
ちょうどいい時間だな。

どこで待ち合わせます?
-----
☆フェムリバ
08/06/2010 19:56:10
□姉、ブログやってたのですか!
もの凄く意外!(驚)


そういえば
以前、掲示板に、ブルーベリーさんが柳都大橋の兄弟橋を貼ってくださいましたよね♪

でも
運動って・・・
どんな運動なんでしょう?


淡雪さんとイネさん・・・
今頃、民謡流しを楽しんでるのかな?
いーなぁー

でもって
ミキコ様~、頑張ってくださいね♪
-----
★Mikiko
08/06/2010 22:46:37
□淡雪さん、イネさん、フェムリバさん、そしてみなさん、ただいま帰りました!
 あづかったです。

 淡雪さんとイネさんは……。
 ほんとに来たわけじゃないでしょうが……。
 こんな日はやっぱり……。
 冷房の効いた部屋で、枝豆食ってるほうがいいです。
 踊ってる方は、あきらめもつくけど……。
 見てるだけで汗だくってのは、バカらしいよ。

 普段は、人通りも疎らな古町が……。
 人で溢れ返るのは、新潟まつりくらいしかありません。
 萬代橋を渡る踊りの列、壮観ですよ。
新潟まつり・萬代橋を渡る踊りの列

 フェムリバさん。
 わたしがブログをやってることを、周りの人が知ったら……。
 「もの凄く意外!」、に感じると思います。
-----
☆フェムリバ
08/06/2010 23:18:09
□おかえりさ~い♪
でもって
お疲れ様でした♪
熱中症や脱水症にならなくって、本当に良かったです!


ブログは・・・
ミキコ様はいいの~♪
ギャップが可愛いから♪
-----
★Mikiko
08/06/2010 23:47:56
□やっぱり
 お日さまが無いと、ぜんぜん違う。
 昼間やったら、倒れる人続出だろうね。
 でも、明日はもう立秋です。
 季節は、確実に進んでる。

 明日からの姉には……。
 過酷な運命が待ち構えてます。
 少し、同情してやってね。

由美と美弥子 512
★Mikiko
08/07/2010 09:22:26
□大分に行こう!(ⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅦ-1/2)
「『博多スターレーン』?」
「博多スターレーン」地図

「スターレーンって、ボウリング場?
 ボウリングするんですか?」
「ピンポ~ン」
「でも、ボウリングなんてしてたら……。
 名島橋、見に行けないですよ」
「名島橋は、どうしても見なきゃならないってもんじゃないからさ。
 ネットで写真も見れるし。
 それよか、旅行の最後に……。
 美弥と楽しく遊びたいな」
「Mikikoさんさえ良ければ……。
 わたしは別に構いませんけど」
「よし決まり!
 レ~ッツ、ボウリング!」
レ~ッツ、ボウリング!
-----
★Mikiko
08/07/2010 09:23:12
□大分に行こう!(ⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅦ-2/2)
 博多駅の東側、筑紫口を出ます。
 博多駅の表玄関は、西側の博多口です。
博多駅・出口

 筑紫口は、表玄関じゃないといっても、十分に大都会ですね。
博多駅・筑紫口を出たあたり

 ここから、徒歩3分。
 ありました、「博多スターレーン」。
博多スターレーン

 ボウリング場なんて、久しぶりです。
「博多スターレーン」入口

 前に行ったのがいつだったか、忘れちゃいましたが……。
 東京時代だったと思います。
 新潟に帰ってきてからは、1度も行ってないから。
 といっても、東京で行ったのは、せいぜい1~2回だと思う。
 どこに誰と行ったのか、ほとんど記憶がありません。

 逆に、高校生のとき行ったボウリング場の方が覚えてる。
 新潟アイスリンクという施設が、新潟駅裏にありました。
 冬はスケートリンク、夏はプールとして営業してました。
 で、この施設にボウリング場が併設されてたんです。
 今はもう、スケートリンクは無くなりましたが……。
 ボウリング場は、今もやってるんじゃないかな?

 確か、男女3人くらいずつで行ったんだよな。
 まだ、“グループ交際”などという言葉が、かすかに残ってた時代。
 携帯なんか、誰一人持ってなかったころです。
 男が、2人のはずが3人来ることになったとかで、わたしは数合わせで誘われたんです。
 男なんぞに興味は無かったんですが……。
 誘ってくれた女子に、ちょっと引かれてたんですね。
 無論、その子は、完全なノンケでしたけど。

 2レーン使ってゲームを始めました。
 で、指の汗を乾かす送風口みたいなとこがあるでしょ?
ボウリング場で、指の汗を乾かす送風口みたいなとこ

 そこに、ついと手を出したら、隣のレーンの男が一緒に出してね。
 指先がぶつかりました。
 あのころは、そんなことでもドギマギしたものです。
 今時の高校生には、信じられないだろうね。
 今の子なんか、平気で手つないでるからな。
 それどころか、新潟でも、キスしてるカップルまでいる。
 2人とも制服着てるんだよ。
 あんなのは即刻補導して、鞭打ち千回くらいの刑にすべきじゃないか。
 そうしないと、そのうち……。
 路上で、犬みたいに番うヤツまで出てきかねんぞ。

 話が、ずれてしまった。
 で、そのグループボウリングの感想は、男ってタイヘンだなってことでした。
 女は、ヘタクソでも、それなりに愛嬌だけどね。
 男はやっぱ、100ピンとかだと、かっちょ悪いよね。
 その日の男どもは、確か120ピン前後だったと思いますが……。
 女3人が、1人として100ピンに届かないというレベルだったので……。
 120ピンでも、面目が立ったようです。

 ちなみに、このボウリング場の思い出に、後日談はありません。
 その日、1日ボウリングしただけ。
 手がぶつかった男とも、以後、口を利くことさえありませんでした。

 続きは、次回。
-----
☆フェムリバ
08/07/2010 10:53:07
□美弥子ちゃん、ナイス♪
むっしっし
姉よ、場合によっては同情してあげなくもないけど・・・
今はお仕置きされちゃいなさい!


はは~ん、ボーリングだったんですか♪
でも
小さい頃に行ったきりで、どういう仕組みなのかも知らないんですよね・・・
物知らずでお恥ずかしい(恥)

手がぶつかるといえば・・・
高校生の時、ある人(クラスの男の子)と手がぶつかって、その人の汗が手に付いてしまったんですね。
で、私は愛してない他人の体液が鳥肌立つくらい苦手なので、すぐにその場を離れて、周りも見ずに手を洗ってしまったんです。
そしたら・・・
その人が、遠くから切ない顔してこっち見てた(泣)
その人には、いつも優しく良くしてもらってたのに、私はとんでもなく失礼な人間です・・・
思い出すたび、苦悩します・・・
-----
★Mikiko
08/07/2010 12:20:58
□力道山の時代から……
 これが悪役の末路です。

 その男の子は……。
 きっとフェムちゃんのことが好きだったんだね。
 罪なオナゴよのぅ。
 でも、その男の子がマゾだったら……。
 至上の喜びを感じてたかも?
 いずれにしろ、復讐されずに良かったです。

-----
★Mikiko
08/07/2010 12:44:56
□「黒い教室」やみげんさまから……
 素敵な『暑中お見舞い』が届きました。
 「賜り物展示場」に掲示しましたので、ぜひご覧くださいネ。
-----
☆バニラ
08/07/2010 14:35:31
□やったぁああぁ
美弥ちゃん最高!!!

てかもう 美弥子様[絵文字:e-266] って感じです[絵文字:v-346]

毎回毎回、ひとつの展開が終わる度寂しく感じるのに、
なぜか次のもまたそれとして、引き込まれるんですよね[絵文字:v-353]

変かもしれないけど、私はもはや
「エロ」とか「レズ」ってカテゴリでこの作品を読んでません。

本当に素晴らしい作品だと思ってます[絵文字:e-267]

名ばかりプロの半端な作品より、正直全然良いです!
-----
★Mikiko
08/07/2010 21:11:34
□バニラちゃんも……
 ずいぶんと鬱憤が溜まってたみたいですね~。
 読者をヤキモキさせるのは、けっこう快感でした。
 美弥ちゃんのおかげで、えらく褒められちゃいましたけど……。
 女性に楽しんでもらえてると思うと、ほんとに嬉しいです。
 もっともっと、ワクワク、ハラハラなシーンを書いていきたいです。
 乞うご期待!
-----
☆フェムリバ
08/07/2010 21:11:45
□ははは~
マゾって展開は、考えた事もありませんでした(笑)

あの男の子は、普通にいい人だっただけだと思いますよ~
それに、ビアンの私には関係の無いことですしね。
でも
人を傷つけるって、とても怖いことですね・・・


「暑中お見舞い」!
またまた綺麗な絵♪
目の保養♪目の保養♪
やみげん様、ありがとうございました!


バニラさん・・・
今日は、とっても熱い思いを爆発させてますね♪
でも
私も同感です。
ミキコ様の文章は、他の追随を許さないほどに、本当に素敵・・・
胸の中にスーッと入って来て、心地よく溶けていく・・・
こんな風に、自分にぴったり合う文章って普通無いです。
だから、毎日来てしまうんですね♪
-----
★Mikiko
08/07/2010 22:06:32
□後になって……
 自分の言動が、相手を傷つけたかも知れないって気づくと……。
 けっこう痛いもんですよね。
 でも、痛みを感じるのは、まともに生きてる証拠!
 これからも、何度もあるだろうけど……。
 めげずに行こう!

 本日、立秋にアップしてしまった、やみげんさんの暑中お見舞いですが……。
 届いたのは、立秋前のこと。
 やみげんさん、暑中にアップできなくて、すみませんでした!

 お~。
 フェムちゃんも、ずいぶんと褒めてくれますね。
 気持ち良かです。
 ほかのみんなも、そう思ってくれてるといいんだけど。
 でも、趣味に合わない人は、来なくなるだけだろうしね。
 わたしは、来てくれる人のために、書いてればいいんだよな。
 これからも、頑張ります!
-----
☆バニラ
08/07/2010 22:30:32
□フェムリバさん
そうなんです。引き込まれすぎてて、
更新お休みの日も覗いてしまいますねww

由美と美弥子 513
★Mikiko
08/08/2010 07:34:41
□大分に行こう!(ⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅧ-1/2)
 さて、『博多スターレーン』に、戻りましょう。

 平日の真っ昼間とあって、そんなに混んでませんね。
ボウリング場の中

 母の話だと……。
 昭和40年代、ブームのころのボウリング場は……。
美しきチャレンジャー

 プレー出来るまで、3時間待ちくらいはザラだったそうです。

 久々に、ボウリングシューズを履きました。
ボウリングシューズ

「美弥のサイズなんか、ある?」
「失礼ですね。
 25.5センチなんですから、無いわけないでしょ」
「へ~。
 案外、デカくないんだな。
 無理してるんじゃないの?」
「してませんっ。
 このバッシュ買うとき、見てたでしょ?」
「あ、そうか。
 あのね、うちの会社の取引先の女で、すげー大足がいるんだよ。
 背は、美弥より低いんだけどね。
 全体に骨太でさ。
 あの女、遺骨になると、骨壺に収まらないんじゃないか?
 でさ、うちの会社って、土足禁止なんだよ。
 来客には、スリッパに履き代えてもらうわけ。
 で、そいつのパンプスが、通用口に脱いであるの見ると……。
 ギョッとするよ。
 空母が乗り上げたみたいなんだから」
大きなパンプス
-----
★Mikiko
08/08/2010 07:35:25
□大分に行こう!(ⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅧ-2/2)
「ヒドいですね。
 その人、きっと気にしてますよ。
 靴脱がなきゃならないとこなんて、行きたくないだろうな」
「ま、そう思うから……。
 誰も口には出さないけどね。
 でもわたし、どうしても我慢できなくて……。
 1度だけ、足入れてみたことがあるんだ。
 誰もいないとき。
 もう、子供が大人の靴、突っかけたみたいでさ。
 カカトんとこ、ゲンコが入りそうなほど空いてんだよ。
 そのまま会社飛び出して……。
 物陰に隠れて、10分くらい笑ったね。
 ハラワタが千切れるかと思った」
「ほんとに、ヒドいんだから」

 さて、バカ話してないで、次はボールですね。
ボウリングのボール

「美弥は、何ポンドにするの?」
「久しぶりだから、14ポンドくらいにしようかな?」
「げ。
 よくそんなの持てるな。
 足に落としたら、大変だぜ」
「落とさなきゃいいでしょ」
「わたしは、握力が弱いの。
 指も細いから、すっぽ抜けちゃうんだよ」
「何ポンドにするんですか?」
「8ポンドかな」
8ポンドのボール

 さ~て。
 ジャンケンして、ゲーム開始です。
 美弥ちゃんが先攻。
 レーンに立つ後ろ姿は、ほれぼれするほど格好いいです。

 流れるようなフォームで、第1投。
 ところが……。
 ボールはピンに向かわず、大きくそれて行きいます。

「やった!
 いきなりガーター!」

 と、喜んだのもつかの間。
 なんと!
 生意気にも、ボールが急角度でフックしました。
 そのまま、まっすぐストライクポケットへ。
ストライクポケット

 続きは、次回。
-----
★Mikiko
08/08/2010 08:06:35
□「Hな縁側」イーグル豊さまから……
 素敵な『暑中お見舞い』が届きました。
 「賜り物展示場」に掲示しましたので、ぜひご覧くださいネ。
-----
★Mikiko
08/08/2010 09:32:41
□「被虐のハイパーヒロインズ」ドリセミ・カンパニーさまから……
 素敵な『残暑お見舞い』が届きました。
 「賜り物展示場」に掲示しましたので、ぜひご覧くださいネ。
-----
☆ドリー軍曹
08/08/2010 11:33:16

Mikiko様

暑いですねぇ~~~~

ご掲載くださりありがとうこざいます。

暑さに負けず、1000回目指して頑張ってください。
-----
★Mikiko
08/08/2010 12:21:29
□まさに今年の残暑は……
 お見舞いが必要ですよね。
 暑中の疲れが溜まってますから、いっそう身に応えそうです。

 1,000回は、まだまだ遠い目標ですが……。
 黙々とやっていきます。

 クリスマスカード、お待ちしてます(早すぎ?)。
-----
☆フェムリバ
08/08/2010 20:00:17
□バトルシーン!
こういうのは初めてですよね?
ミサちゃんの時は、一撃で終わりましたし。
しっかし
美弥子ちゃんに負けず劣らず、由美ちゃんもカッコイイなぁ♪


私の足のサイズは23.5センチですけど・・・
足の大きい人って、本当に悩んじゃうそうですね~
でも
「馬鹿の大足、小足のたわけ、ちょうどいいのはクソたわけ」
って言いますからね。
無責任かもしれませんけど、足の大きさなんて気にしなくってもいいんですよ。
これは、普通の人付き合いでも恋愛でも言えることですけど、外見より中身が合う人でないと長続きさせるのは不可能なんです。
まして生涯のパートナー、親友なんて、とてもとても・・・
だから、堂々としてればいいんです。
合う人とは、ちゃんとめぐり逢うんですから・・・
な~んて、エラそーにすみまっせ~ん(汗)

へ~
ボーリングって、ボールも選べるんですね~
て、みんな体格が違うんだから、当たり前ですね(汗)
ていうか
美弥子ちゃん、ウマ~~~~!!
私だったら、ガーターでしたっけ?それ連発ですよ・・・(泣)


おお♪
連続「残暑お見舞い」!
のほほ~ん系もパンチ系も、頑張ろう!って元気が出ますね♪
素敵な絵、ありがとうございました!
-----
★Mikiko
08/08/2010 21:38:06
□東京にいたころ……
 よく通ったコインランドリーに、格闘マンガが置いてありました。
 バトルシーンの知識は、そこから仕入れたもの。
 記憶だけで書いてるので……。
 正確じゃないかも知れん。
 ま、本筋じゃないから、いいよね?

「馬鹿の大足、小足のたわけ、ちょうどいいのはクソたわけ」

 初めて聞いた。
 新潟じゃ、言わないなぁ。

 足の大きさを気にしないようにしても……。
 現実、デカいサイズは、デザインも限られるだろうからね。
 でも、輸入物なら、大きいのもあるのかな?

 あんまり背伸びして付き合っても、疲れるだけ。
 身の丈にあった相手が、一番だよ。

 最近は、ガーターのないレーンもあるようだね。
 ピンボールみたいになるのかな?
-----
☆ドリー軍曹
08/11/2010 23:29:56
□今日は楽しいクリスマス♪って、早っ!!
Mikiko様

私は文才も絵のセンスもなく、サイトの更新しかできないのです。

ですのでイラスト陣が作成したら、絶対にお送りいたしますね。
-----
★Mikiko
08/12/2010 07:31:06
□なにをおっしゃいます!
 「被虐のハイパーヒロインズ」は、ドリー軍曹さまで持っているのです!
 でも、イラスト専門の人がいるなんて……。
 うらやましいです。

 クリスマスカード、お待ちしております!
-----
☆淡雪
08/13/2010 18:21:12
□バカの大足
こちらでは
バカの大足、間抜けの小足、中途半端のろくでなし
と言います。

どれも、悪いやんね。

どうなりゃいいのよ。
-----
★Mikiko
08/13/2010 21:05:25
□足のない幽霊が……
 人間をやっかんで言った言葉でしょうかね?
 ま、足の大きさに、いいも悪いもないってことでしょう。
 ジャイアント馬場くらいになると、不便は感じるだろうけど……。

由美と美弥子 514
★Mikiko
08/09/2010 06:14:00
□大分に行こう!(ⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅨ)
『ガッシャ~ン!』

 破裂音を響かせ、全ピンが一瞬で吹き飛びました。
ボウリング・ストライク

 ストライクです。
 美弥ちゃんは、控えめなガッツポーズを取ると……。
 得意げな顔で引き上げてきます。

「や、やるじゃないの……」
「さ、Mikikoさんも続いてくださいよ」
「よ~し。
 よっこらせ」

 8ポンドでも、十分重たいわい。
 7ポンドにすりゃ良かったかな。

 必ず落っことすので、バックスイングなんて出来ません。
 ボールを抱えたまま、ファールラインまでよろめいて行きます。
 そのまんま、ボールを放り出すように離すと……。

『ガン!』

 レーンに大穴が空きそうな音を立てて、ボールが着地。
 なんとか、転がって行きました。
 蝿が止まりそうな速度ですが……。
 ピンに近づいて行きます。

「おぉ、いい線いってる」

 と思ったのもつかの間。
 ボールは、ピン手前で大きくスライスし……。

『ガッタン』

 ガーター溝に落ちてしまいました。

「くっそー。
 ままならぬボールじゃ」
「Mikikoさん、ピン見ないで、スパット狙って投げるといいですよ」
「なに?
 スパッツ?
 わたしゃ、穿いてないぞ」
「スパッツじゃなくて、スパット!
 ほら、レーンの途中に三角の目印が並んでるでしょ」
ボウリング・スパット

「で、ボールがまっすぐ転がることを前提に話しますけど……。
 ボールを離す位置と、狙ったピンを一直線で結ぶと……。
 どのスパットを通るかわかるでしょ?
 そしたら、投げるときは、そのスパットめがけて投げるんです。
 目標が近い方が、コントロールしやすいですからね」
ボウリング・スパット理論

「なるほど。
 そういうインチキ技を使っておったのか」
「インチキじゃありませんって。
 そのためにスパットがあるんです」
「よし。
 じゃ、第2投は、そうしてみる」

 ボールを落っことすあたりと、ピンの真ん中を目で結び……。
 どのスパットを通るか見定めるわけだな。
 で、そのスパットを睨みながら……。
 ボールを抱えて、よろめいて行きます。

『ガン!』

 大きな音を立ててボールが落ち……。
 いい具合にスパットの方に転がっていきます。

「おぉっ」

 なんと、目指すスパットの真上を通過しました。
 こんどこそ、ストライクかっ?(2投目だから、スペアだけど)

 続きは、次回。
-----
☆フェムリバ
08/09/2010 20:12:00
□ミサちゃん!
わお、予想外の展開!
ミサちゃん、やっと日ごろの鬱憤を晴らせる時が来たんだね・・・(じーん)


ふふ
私も、たぶんミキコ様と同じ投げ方になると思います(苦笑)
まぁ、どんな投げ方だろうと、ピンを倒せばいいんですもんね~

なるほど。
スパッツ、じゃなかったスパット!
こういう救済措置?も、ちゃんとあるのですね♪
-----
★Mikiko
08/09/2010 20:19:51
□しばらく……
 ミサをほっといちゃったからね。
 そもそも……。
 ミサのことを相談するために、律子おばさんのとこに行ったんだよな。

 スパットは……。
 上手な人は、必ず使ってるようです(もちろんプロも)。
 ピン目掛けて投げてるうちは、決して上達しないとか。
-----
☆フェムリバ
08/10/2010 20:25:28
□あ!もしかするともしかすると~
ミサちゃんは、もうすぐ良くなってくれるのでしょうか?
私、ミサちゃんには幸せになってもらいたいんです。


へ~
スパットは、ヘタッぴの人のためにあるわけじゃないんですね。
(今後、恥かかないために、メモメモ・・・)
-----
★Mikiko
08/10/2010 20:49:40
□ミサちゃんは……
 このまま、放っておくわけにいかんからのぅ。
 ちょっと、新展開を作らんと……。

 スパットは、ある程度上手な人のためにある。
 思い通りの方向に投げられなきゃ、意味ないからね。

由美と美弥子 515
★Mikiko
08/11/2010 07:30:10
□大分に行こう!(ⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩ)
 こんどこそ、ストライクかっ?
 ……と、喜んだのもつかの間。
 ボールは、ピンの手前まで来ると……。
 まるで立ち並ぶピンに怖じ気づいたように、大きく左に逸れていきました。
ガーターに落ちるボール

『カッタン』

 悲しい音を残し、ボールはガーター溝を去っていきます。

「くっそ~。
 なぜに、あそこで曲がるのか……」
「魔球ですね」

 続いて、美弥ちゃんの第2フレーム。
 大きなストライド、高いバックスイング。
 格好いいです。
 豪快なフォームから繰り出されるボールは、威力十分。
 ピンの手前で、食い込むように曲がります。

『ガッシャ~ン』
再びストライク

 快音を残し、ピンが弾け飛びました。
 美弥ちゃんは、意気揚々と引き上げて来ます。

『パチパチパチパチ』

 真後ろから、拍手が聞こえました。
 近くのレーンで、投球した人はいないので……。
 この拍手は、どう考えても美弥ちゃんに対してです。
 怪訝に思い、振り向くと……。
 高校生くらいでしょうかね。
 2人組の女が、ハウスボールのラックの後ろから、拍手を送ってました。
 平日の真っ昼間に堂々とボウリング場来てるとは、太てーヤツら。
 ……と思ったけど、よく考えたら春休みでした。
 2人組の視線の先は、明らかに美弥ちゃんです。

「知り合い?」
「そんなわけないでしょ。
 福岡に知り合いなんて、いるわけないです」
「いきなりファンが出来たってこと?」
「そうかも。
 昔は、こういうのが、スゴくイヤだったんです。
 でも今は、けっこう平気みたい。
 Mikikoさんと一緒だからですね」
「そんなら、仲いいとこ、見せつけてやろうか?
 ここで、キスするとか?」
「そんな仲じゃないでしょ」
「いけずぅ。
 あの視線、腹立つんだよ。
 わたしを見るときの目が、あからさまに冷たいんだから」
「気にしない。
 ほら、Mikikoさんの番ですよ」

 後ろ髪を引かれつつ、レーンにあがります。
 ボールを抱え、斜めになりながら、よろめいて行きます。

『ガッタン』

 派手なバウンド音を響かせ、8ポンドのヘロヘロ玉が転げていきます。
 またピン手前で、ヘタレましたが……。
 2人組に対する怒りのパワーが乗り移っていたのか……。
 溝に落ちる手前で、ピンにあたりました。

『カタ、カタ、カタ』

 3ピン、ゲットです!
 派手なアッパーカットガッツポーズを作り、振り向きます。
 美弥ちゃんは、微妙な顔ながら、拍手を送ってくれました。
 対して!
 後ろの2人組からは、拍手が聞こえませんでした。
 睨み付けると、2人してペチャペチャくっちゃべってて……。
 わたしのことなんか、見てもいない!
 ほんのこつ、腹ん立つ……。

 続きは、次回。
-----
★Mikiko
08/11/2010 08:06:18
□相互リンクについて
 最近、相互リンクの依頼が増えてます。
 たいへん嬉しいことなので、出来るだけ応えたいとは思うんですが……。
 気にくわない点がいくつかあるので、書かせてもらいます。

 まず、「こちらではリンクを済ませております」と書いてあるサイトに行ってみると……。
 どこにもリンクがない。
 これが、2つくらいありました。
 こーゆーのは、問題外ですね。

 あと、確かにリンクは貼ってあるんだけど……。
 そこからのアクセスが、まったく無いというサイト。
 これって、自分でもクリックしてないってことだよね。
 ほんとに相互リンクしてほしいんなら……。
 相手がリンクしてくれるまでは、毎日クリックするもんなんじゃないの?
 ということで、こういうとこは経過観察。
 その後もクリックが無いようなら、リンク話は消滅です。

 もうひとつ。
 こちらからもリンクを貼り、連絡メールを送ったにもかかわらず……。
 返答が無いサイト。
 普通、人に頼み事をして、それに相手が応えてくれた場合……。
 お礼を言うものでしょ。
 少なくとも、わたしはそうしてきました。
 こういうサイトについては、そのときの虫の居所によっては、リンクを外す場合があります。

 今後の応接について。
 こちらからのリンクは、アクセスを確認してからになります。
 アクセスを積み上げてから相互リンク依頼をしてもらえば、即応します。

 以上。
 エラソーに、と思われるかも知れませんが……。
 はっきり言って、わたしのサイトは、ある程度エラくなっちゃったようです。
 そろそろ管理人には、リンクサイト選別の責務が生じてると思います。
 どんなサイトとも際限なくリンクしていては……。
 優良なリンクサイトさんへのアクセスを減らすことにもなりかねませんので。

 あと、もう一点。
 既設のリンクサイトさんでも、最終更新日から数ヶ月以上空白のあるサイトさんにつきましては……。
 リンクの撤去を考慮中です。
 わたしとしては、一生懸命今を頑張ってる、“同志”のサイトさんとリンクしたいので。
-----
☆フェムリバ
08/11/2010 17:14:28
□きっと・・・
美影姉にとって、人生でもっとも屈辱的な事になるのでしょうね・・・
南無南無南無南無・・・


あは~♪
美弥子ちゃん、ファンを増殖させてますね~
ではでは
ミキコ様は私が・・・
「きゃあ~~~♪
ミキコ様素敵ぃ♪
投げる姿が天使♪妖精♪
もう最高♪
びゅーてぃふぉ♪」
パチパチパチパチパチパパチパチ♪


ここはミキコ様の創った世界。
ミキコ様が選択して決める・・・
いいんじゃないでしょうか。
私は、ずっとミキコ様に付いて行きますよ。
-----
☆あおい
08/11/2010 19:38:37
□リンクについて
お気持ち、お察し申し上げます。

たまにリンク切れなんかがあったもんには最低最悪
こっちの評価が下がっちゃうもんね。

グーグル評価「4」はたいしたものです。
ステータスを上げるためにも選別は必要でしょうね。

これからも頑張ってください。
-----
★Mikiko
08/11/2010 20:21:58
□フェムリバさん&あおいさん
> フェムリバさん

 さて、美影姉の運命は……。
 乞うご期待。

 あのな……。
 3ピン倒しただけで、そんな声援もらったら……。
 改めて恥ずかしくなるだろ。

 わたしの世界ではありますが……。
 やはりこの世は、持ちつ持たれつ。
 共存共栄を心がけないとね。


> あおいさん

 一生懸命、相互リンクの依頼をしてた時期を思い出すと……。
 無下には断れないんだけど……。
 もはや一定の基準を設けないと、収拾がつかなくなる怖れが出てきました。

 うちのサイトが、なぜにこんなにページランクが高いのか……。
 わたし自身、よくわかりません。
 ページランクを上げるために、努力した覚えは無いんです。
 そもそも、ページランクが高いことは……。
 イネさんの指摘で、初めて知ったくらいですから。
 細切れ投稿でページ数を増やしたことが、良かったのかな?
 ページランクのわりには……。
 アクセス供給量は、そんなに多くないんだけどね。
-----
☆あおい
08/11/2010 21:11:58
□リンクについて その2
mikikoさんは一生懸命やってたからリンクのお願いをしていたんでしょ。
ただ自分のサイトをSEO的に上げる為にリンクをお願いしていたんじゃないでしょ。
そこがmikikoさんの偉いところ!
同士が集う、いいじゃないですか。

ページランクが高いのは、表紙がサイトマップみたいになってること(これかなり有効)、リンクが豊富で記事内容も一辺倒でなく、多岐にわたり話題が豊富等々、理由を挙げれば書ききれませんし、イネさんの方がもっと詳しいでしょうね。あっ、当然ページ数も関係オオアリです。
自分ところのサイトだけでも500以上のものがTopページにリンクが集中している。すげぇ~なぁ!

究極でいうと『閲覧者に対し分かりやすく表示し、内容が豊富であること』だそです。

まさしくmikikoさんのサイトじゃないですか。ねっ!

mikikoさんのマネッコで携帯広告位置を下げました。
SM路線のmikikoさんと比べ甘々のあおいにとって最近の広告には本当にヘキヘキしてました。
でも空いた分、なにか自分の身入りになるような広告貼るか?

たら、また!
-----
★Mikiko
08/12/2010 07:32:55
□うむうむ
 今の相互リンクのうち……。
 相手から誘われたのは、1割に満たないんじゃないかな。
 9割以上が、わたしの方からお願いしたもの。
 快く相互リンクを受けてくださったサイトさま、ほんとうにありがとうございました。

 ページランクの件。
 なるほど。
 わたしは、読者にとってわかりやすいサイトにしようと心がけて来ました。
 結果的にそれが、Google神の評価となったってことなのか。
 知らず知らず、神の御心に沿ったサイト作りをしてたってわけだな。
 まとめると……。
 サイトトップを目次ページにして、全ページから目次に戻るリンクを貼ったこと。
 記事を細切れにして、ページ数を増やしたこと。
 ってことかな。
 あと、ひょっとしたら……。
 記事に必ず長文コメントが付くってのも、あるのか?

 携帯の件。
 あおいさんのブログも、ジャンルを“アダルト”にされた?
 でも、広告位置を動かせるってのは、目から鱗でしたよね。
 広告は外せないってことだけが頭にあったせいか……。
 表示位置が変えられることに、気が付かなかった。
 スクロールしないで表示される位置に、広告が入ってるかどうかは、大違いだと思う。
 女性読者は、あの広告見ただけで逃げちゃう人もいるだろうからね。
-----
☆フェムリバ
08/12/2010 19:06:08
□「Mikiko's room」は分かりやすい!
と言っても、私は他のところにはあまり行った事ないし、ブログにも詳しくないのですけど(汗)
でも
文字も大きくて、文章の横幅が10cm以内なので、見やすくて読み疲れになったことが無い。
章題ずつに纏められてて、あのシーンは何処だったかな?って時に探しやすい。
それに、コメントも気さくで賑やか!
とっても素敵なブログだと思いますよ♪

・・・て、二番煎じになってるな(苦笑)
-----
★Mikiko
08/12/2010 20:37:19
□ブログはねぇ……
 ほんまに、読みづらいとこが多いのよ。
 過去記事に、どうしてもたどり着けないところさえある。
 ま、ブログのお仕着せ機能だけでは、限界もあるからな。
 ある程度、HTMLの知識が無いと、リンクを張り巡らすのは難しいかも。
 でも、労を厭わずにそれをやれば……。
 ブログでも、ページランク4までは来れるってことだよね。
 ブロガーのみなさん!
 ユーザビリティを高めることこそが、SEOのキモですぞ。

由美と美弥子 516
★Mikiko
08/13/2010 07:28:38
□大分に行こう!(ⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅠ)
 ボールが、帰ってきました。
 さらに怒りのパワーを注入し……。
 果敢にスペアを取りに行きます。

 しかし……。
 ボールは、またもやピン手前でひねくれ……。
 それでも、反対側の3ピンを倒しました。
 まずまずの収穫です。
 10ピン中、6ピンも取ったんだから……。
 良しとしましょう。
 打率6割。
 イチローより、はるかに上じゃ。

 さて、その後のプレーですが……。
 美弥ちゃんは、後ろの2人組が過剰に反応するので、集中できないらしく……。
 途中、オープンフレームも作りましたが……。
 最後は、パンチアウトで締めくくりました。
 スコアは……。
 172ピン!

「なんか、インチキしたろ?」
「してませんって。
 隣で見てたでしょ」
「じゃ、計算間違いか?」
「計算は、機械がするんですから……。
 間違いっこありません。
 172くらい出す人、ざらにいますよ。
 それより……。
 Mikikoさんの点数の方がスゴいです。
 34ピンって……。
 どうやったら、こんな点が出せるんです?」
「やかましい。
 完全にボールが悪い。
 次は、7ポンドにする」
「次って……。
 まだやる気なんですか?」
「あたりまえだろ。
 勝ち逃げは許さん。
 次は、勝ってやる」
「勝つ気……、なんですか?
 怖い人……。
 そうだ。
 ハンデあげますよ」
「バカにすな!
 そんなの、いらんわい」
「わたし実は、子供のころから、ボウリングやってたんです。
 父に連れられて。
 父は、上手かったんですよ。
 アベレージ、200越えてたんじゃないかな?
 その父に習ってたんですからね。
 高校時代は、よく1人でボウリング場行ってました。
 250くらい出したこともあります」
「セミプロじゃないの!
 そんなら、ハンデもらっても恥じゃないな」
「何ピン、あげます?」
「う~ん、そうだな……。
 300ピン、くれる?」
「あげません。
 今の点差にしましょう。
 172引く34で……。
 138ピンか。
 よし、オマケして、140ピン」
「もう、一声!」
「う~ん。
 145ピン」
「案外、セコいな。
 こういうのは、100ピン単位で括ってよ。
 200ピン」
「ダメ!
 わかりました。
 じゃ、150ピンね。
 これ以上は、絶対にダメです」
「けち」
「けちで結構。
 じゃ、始めますよ。
 早く、7ポンドのボールに換えてきてください」
「なんか……。
 急に怖くなったんですけど……」
「当たり前でしょ。
 150ピンもハンデあげたら……。
 アドレナリンが、全身をかけ巡り始めました」
アドレナリン

 続きは、次回。
-----
☆フェムリバ
08/13/2010 11:36:24
□美影姉・・・
もうボッコボコ・・・(汗)
ミサちゃんは、声出るようになって良かったね♪
トラウマを乗り越えるには、その対象を自分なりに倒すしかないのです!
ミサちゃん頑張って!
でも
次回からは、ついにエッチなお仕置き開始ですかな?
ちょっとは改心してくれるといいな~


なんと!
美弥子ちゃんは、お父様にボーリング習ってたのですか~
そういえば
美影姉を吹っ飛ばす程のあのビンタ、凄かったですもんね!
う~ん、納得♪

ふふ
ミキコ様、けっこう負けず嫌いなんですねぇ♪
か~わいぃ♪
-----
★Mikiko
08/13/2010 12:50:51
□美影姉……
 1対3になっちゃいましたね。
 これから、どんな目に遭うんでしょうか……。

 美弥ちゃんがボウリングやってたとは……。
 わたしも意外!
 思いつきで書いてると、作者もビックリの新事実が出てくるものじゃ。

 新潟明訓、初戦突破です。
 もうひとつ勝てば、ベスト8。
 図らずも、次の対戦相手は……。
 今、コメントで滞在中の福岡代表。
 果たして、去年の再現がなるのでしょうか……。
-----
☆淡雪
08/13/2010 18:27:33
□ミサ
懲らしめてやりなさい。

極悪姉を![絵文字:v-114]

いてまえ。
-----
★Mikiko
08/13/2010 21:06:47
□奥さま……
 過激ですわよ。

 今回、みなさんの美影姉に対するお言葉を聞き……。
 ひとつ、得心したことがあります。
 主人公に感情移入してもらうためには……。
 カタキ役の存在が、いかに大切かってこと。
 ま、スポ根ものとかでは常道ですけどね。
 改めて再確認した次第です。

由美と美弥子 517
★Mikiko
08/14/2010 07:31:04
□大分に行こう!(ⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅡ-1/2)
 そして、第2ゲームの結果は……。
 美弥ちゃん、188ピン。
 Mikiko、28ピン。

「くっそー。
 160ピン差か……。
 ハンデの150ピンを引くと、10ピン差。
 僅差で破れてしまった。
 よーし、次は6ポンドのボールで……」
「Mikikoさん!
 いいかげん急がないと!
 1便しかない飛行機、乗り遅れちゃいますよ」
「何時だ?」
「もう、3時半になります」
「どひゃー。
 急げ~」

 大慌てで精算してたら、さっきの2人組が近寄ってきました。
 こいつら……。
 美弥ちゃんに、話しかけるつもりだな。
 させるかっ!
 これ見よがしに美弥ちゃんの腕を抱えると……。
 2人組、あからさまにムッとした顔。
 頭の上に、吹き出しが出て見えます。

『こんな綺麗な人に、なんであんたみたいな小猿が付いてるの!』
『あんたじゃ、吊り合わないのよ!』

 そんなこたぁ、わかっとるわい!
 でも、これが創造主の特権なんじゃい!
 2人組に向かって、思い切りアッカンベーをしてやりました。

「美弥、急ごう」

 スターレーン入り口の階段を駆け降ります。
「博多スターレーン」入口階段

 なんか、時間に追われるシンデレラみたいですね。
 あるいは、略奪した花嫁と、手に手を取っての逃亡劇?
映画「卒業」

 博多駅筑紫口が見えてきました。
博多駅筑紫口

 どうやら、2人組は付いて来れなかったようです。
-----
★Mikiko
08/14/2010 07:31:42
□大分に行こう!(ⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅡ-2/2)
 地下鉄の改札を抜け……。
博多駅・地下鉄改札

 地下鉄ホームに降りると、ちょうど電車が入ってきました。
博多駅・地下鉄ホーム

 飛び乗ります。
 15:42。
 でも、ここまで来ればもう大丈夫。

 息を整える間もなく、15:47、福岡空港駅に着きました。
地下鉄・福岡空港駅

 新潟行きの出発まで、30分弱。
 これに乗り遅れたら、電車乗り継いで帰らにゃならんとこでした。

 搭乗口に向かいます。
福岡空港・搭乗口

 飛行機のシートに身を投げ出し、ホッと安心。
福岡空港・機内

「やでやで」

 ほんとうに、この旅が終わってしまうんですね。
 また、感傷的な思いがこみ上げて来て……。
 美弥ちゃんの手を握りしめました。
 わたしの思いが伝わったのでしょう。
 美弥ちゃんも、握り返してくれます。

 続きは、次回。
-----
☆イネ
08/14/2010 08:12:01
□あと8回で・・・
念願の90回到達。

こうなりゃ、帰りの飛行機の中で、もう一波乱?
それともお家に帰ってから美弥ちゃんと・・・(以下、自粛)
-----
☆淡雪
08/14/2010 08:44:11
□ふぅ・・・やでやで
まったく、どきどきさせやがるぜ。

無事の帰宅をお祈りしております。
-----
☆フェムリバ
08/14/2010 20:14:10
□SとMは・・・
紙一重。
美影姉もそうなのかな?


あちゃ~
やっぱり負けちゃいましたか(汗)
でも
楽しかったから、勝ち負けはいいですよね♪

ほっ
間に合ったぁ~
これで、本当に帰宅ですね・・・
でもでも
まだ、ミキコ様のお家でのお泊りが残ってますもんね!
(美弥子ちゃん、ガード崩しちゃ駄目よ~)


て!
淡雪さん!(笑)
意外性抜群のセリフが◎♪
-----
★Mikiko
08/14/2010 21:04:01
□イネさん&淡雪さん&フェムリバさん
> イネさん

 何ごとも……
 引き際が肝心(すでに逸してる気はするが……)。
 高知、大分への、あまりにも長かった旅は、ようやく終わりを告げます。
 5ヶ月半近く連載してきましたからね。

 しかし……。
 こんだけ書けるなら……。
 1年中、旅行記連載も可能だなって思えてきました。
 今のペースでやってると、一生かかっても全国を回り切れんのだし……。
 通年営業にしちゃおうかな?
 ほかのコメント思いついたら、ときどき中断すればいいんだし。
 なんか……。
 スゴくいいアイデアに思えてきた。
 みなさん、どう思います?


> 淡雪さん

 長旅にお付きあいくださり、ありがとうございます。
 今度は……。
 淡雪さんの、本物の由布院旅行記が読みたいな。
 うちで、連載してみません?


> フェムリバさん

 SMほど、想像力を駆使したプレイはないんではなかろうか?
 Sは、Mの心理を読みながら、次々とシチュを展開していくわけです。
 もし、Mの心理など顧みず、ただただ嗜虐心の満足を求めるだけなら……。
 それは、虐めでしかありません。
 子供や動物に対する虐待と一緒ですね。
 責めながらも、責められてる相手の心理にシンクロ出来る人。
 責めつつも、責められてる悦楽を、自分のものとして感じ取れる人。
 それが、本物のSではなかろうか。
 もちろん、Mにも想像力は必要です。
 ていうか、想像力がなきゃ、Mなんかにはなれんのです。
 痛みを快感に転換できるのは、まさにその人の想像力だから。
 虐められてる自分ってのを、客観的に眺める自分がいてこそ……。
 被虐の悦楽は、得られるのです。
 つまりSMってのは、非常に高度な心理プレイなのです。
 バカじゃできんのだよ。
 というわけで、「由美美弥」の登場人物が、Sになったり、Mになったりするのは……。
 みーんな、想像力の豊かな、高度な精神を持っておるからに他ならん!

 コメレスから、だいぶずれてしまった。
 すまぬ。
-----
☆フェムリバ
08/14/2010 21:33:29
□確か・・・
SMの第一人者みたいな方が、SはMの奉仕者だと言ってました。
精神的成熟度が高くないと駄目っての、頷けます。


1年中、旅行記連載の件・・・
私は大賛成です!!
-----
★Mikiko
08/14/2010 22:07:17
□おー
 さすが、第一人者。
 確かに、Sには、究極のサービス精神が必要だと思います。

 旅行記の通年連載に1票、ありがとうございます。
-----
☆海苔ピー
08/15/2010 01:55:15
□はじめまして
連載498回前後から読ませて頂いてます。
130回まで読むのに、そんなに時間が掛からずに読めたので1週間もあれば連載に、すぐに追いつくと思っていた。
とんでもなく日増しに増えるコメントの数の多さ&長さに翻弄されました。
本日やっとの連載に追いつき、こうしてコメント出来て嬉しいです。

スカトロ系=汚い描写
と、言う偏見を持っていました。
汚ければ読むのを途中で止めればすむ事なので、軽い気持ちとこの連載の長さの凄さに興味を持ち読み出しました。
今まで読んだスカトロ有りの官能小説にない綺麗な描写に驚きハマってしまいました。
Mikikoさんの描写センスに惚れてしまいました。
-----
★Mikiko
08/15/2010 07:36:49
□ありがとうございます
 ひさびさに、新規のお客さまですね。
 コメントまで通読していただいたようで、ほんとにうれしいです。
 しかも、本編とコメントを全部読み切ってから、コメントくださるとは……。
 その妙に律儀なとこ、わたしと似てるかも?

 実はわたし、スカトロ描写のある小説、ほとんど読んだことありません。
 だから、自分の描写が、ほかの小説とどう違うのか、よくわからんのです。
 ほめていただき、すごく嬉しいです。
 客観描写を心がけてますが、特に綺麗に書こうとは意識してないです。
 やっぱり、心根の綺麗さが、文章にも表れるのかのぅ。
 最近、スカトロシーンが少ないようなので……。
 ちょっと反省しております。

由美と美弥子 518
★Mikiko
08/15/2010 07:56:20
□大分に行こう!(ⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅢ-1/2)
 新潟行き、全日空323便は……。
 定刻の16時15分、福岡空港を離陸しました。
福岡空港を離陸する全日空機

 さようなら……。
 楽しかった九州。
 わたしはこの旅を、決して忘れません。
 また来るからね、九州!
博多上空

 地面が見えなくなるまで、窓の外を見送ると……。
雲海の上

 急に眠気が……。
 さすがに、ボウリング2ゲームが効いたようです。
 たちまち、夢の中に引きこまれていきました。

 夢の中のわたしは……。
 8ポンドのボールに乗って、必死に球転がしをしてました。
球転がし

 美弥ちゃんの声が、遠くから呼んでます。
 一生懸命、声の方に転がそうとするんですが……。
 球は、右へ左へ、ままなりません。
 振り向くと……。
 例の2人組が、追いかけてきます。

「Mikiko、さ~ん……」
「美弥ちゃん!
 どこー?」

 2人組の足音が、近づいてきます。
 追いつかれる!
 スピードを上げようと、前のめりになった途端……。
 足元が滑りました。

「あっ」

 落ちる!
 と思った途端、跳ね起きました。

「あぁ、美弥ちゃん……。
 ここにいたの?」
「何の夢見てたんです?
 子供みたいに、びっくんびっくんしてましたよ」
「ここどこ?」
「もう、新潟の上空みたいですよ」
新潟の上空
-----
★Mikiko
08/15/2010 07:58:46
□大分に行こう!(ⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅢ-2/2)
 17:45。
 新潟空港、着陸。
新潟空港、着陸

 ここから伊丹空港に向けて飛び立ったのが、わずか4日前だったんですね。
 なんか、信じられない気分。
 4日ぶりに、懐かしき故郷の大地を踏みます。

「新潟のみなさん、Mikiko、ただいま帰って参りました!」
「タラップで立ち止まらないでください」
「はいはい」

 早春の九州を旅して来たので……。
 やっぱり、空気が少し冷たい。
 季節を遡った感じですね。

 来たときと同じ、エアポートリムジンに乗りこみます。
新潟空港・エアポートリムジン

 春の夕暮れは早く、もうあたりは真っ暗。
 新潟の街は、何事も無かったように、灯を点してます。
夕暮れはの新潟の街

「Mikikoさん……。
 どうしたんです」
「わたしがこの世からいなくなっても……。
 この町には、何の変わりもなく、新しい日々が巡って来るんだね」
「ずいぶんと感傷的になってますね」
「楽しいことの終わりって、どうしてこう悲しいんだろうね」
「楽しいことの終わりは……。
 もっと楽しいことの始まりですよ」
「そうか~。
 いいこと言うね」

 新潟の街を、バスで走ってるってのが、まだ信じられない気分。
 ほんの3時間前は、博多でボウリングしてたんだよ。

 エアポートリムジンが、新潟駅南口に着きました。
新潟駅南口

 美弥ちゃんの手を取って、歩き出します。

「ちょっと、Mikikoさん。
 駅は反対側ですよ」
「いいの、こっちで!
 こっちには、ボウリング場があるんだから!」
「ちょっと、まさか、Mikikoさん……」
「レ~ッツ、ボウリング!」
レッツ、ボウリング

 長い間、お付きあいくださいまして、ほんとうにありがとうございました。
 「高知に行こう!」および「大分に行こう!」……。
 これにて終了です。
 連載開始が、3月5日……。
 途中、何度か中断もありましたが、5ヶ月半に渡る長旅を、今、ようやく終えることができました。
 一緒に旅をしてくれたみなさん、ほんとうにありがとう!
 最後の方は、旅を終わらせたくなくて……。
 ボウリングまでしちゃったけどね。
 この後、普通のコメントが書けるか、ちょっと不安になってます。

 でも、その前に!
 恒例の旅費精算が待ってます。
 もう一度、「高知に行こう!」から、旅をおさらいしましょうね。

 続きは、次回!
-----
☆イネ
08/15/2010 10:13:26
□ハードディスクがクラッシュ!
実は先週火曜日、ハードディスクがクラッシュ、PCが使えなくなったのです。
PCはネットショップで水曜日に発注、木曜日に納品されましたが、、、
問題は保存していたデータ。

まぁサイト用のデータはメモリスティックにバックアップしてあったので、取り敢えず更新はできましたけどネ。
それ以外のデータは・・・専門会社に依頼して、クラッシュしたディスクから取り出してもらえました。
その作業に7万円も請求された(泣

今日になって、やっと全面復旧(まだメールは復活してないけど)。
今まで格闘してました。トホホ

ということで、バックアップは必要ですね。
ったく、天災(あれは天災なのか?)は忘れた頃にやってくる・・・
-----
★Mikiko
08/15/2010 12:54:39
□おぉ
 シンクロでしたね。
 実はわたしも、8月10日火曜日の朝、モニタが壊れたんです。
 ぷしゅ~って感じで画面が消えて、以後反応無し。
 幸い、昔使ってた15インチのモニタを捨てずにおいたので……。
 それに切り替えて、作業は続けられました。
 でも、ものスゴく見づらいので、19インチモニタ(中古)を買いました。
 9,500円くらいだった。
 在庫がはけて大喜びだったのか、翌日には着荷。
 ただ、発色はイマイチでしたね。
 白が、ものすごくまぶしいので……。
 コントラストを最低にして使ってます。
 白は、ほとんど灰色に見えます。

 モニタはサブがあるものの……。
 PCは、1台しかありません。
 これがイカれたら、お手上げ。
 更新も執筆も出来ない。
 いちおうデータは、メモリスティックとネット上にバックアップしてるんだけど……。
 PCが無けりゃ、どうしようも無い。
 7万円払っても、復旧できて良かったですよ。
 でも、エロデータばっかりだったんじゃないの?
 専門業者は……。
 「こんなの復旧するために7万円も払うのか、このオヤジは!」
 と思ってるかも?

 なお、「Mikiko's Room」が唯一アクセストップを守ってた「れずびあんさーち」さんが、全データを消失されたそうです。
 人ごとじゃありませんね。

 サブに、ノートパソコンを買おうか、思案中。
-----
☆フェムリバ
08/15/2010 18:00:23
□ミサちゃん・・・
女王様になってる♪

美影姉、こんな粗相しちゃってまあ・・・
ミサちゃん、お尻ペンペンしてあげなさい♪


ははは
変な夢~♪
私も、今日は変テコな夢を見ましたよ。
最初は、ピラミッドのような遺跡を自転車で駆け下りて、大きな翼竜から逃げるアドベンチャーだっだのに・・・
逃げ込んだ先が中華飯店で、いつの間にか山盛りチャーハンと桃饅頭をモグモグしてました(汗)
でも、とっても美味しい夢でした♪


はぁ・・・
とうとう終わっちゃいましたか・・・(涙)
しかし
またまたボーリング!
ミキコ様、ハマッちゃいましたね♪

でもって
今回の旅費。
どんなもんだったんでしょ?
けっこう控えめですかね。
-----
☆淡雪
08/15/2010 20:15:58
□わたしのPCも
調子わるいんですよねーーー。

リカバリ。もう怖くなくなっちゃった。
-----
★Mikiko
08/15/2010 21:20:37
□フェムリバさん&淡雪さん
> フェムリバさん

 なんか、千と千尋みたいな夢だな。
 小説に出来そうじゃない。
 チャーハンと桃饅頭じゃ、ぜったい胸焼けするぞ。

 旅費を計算するといつも……。
 「こんな旅行できん」って、がっかりするんだよな。
 新聞広告に入ってるようなパック旅行には、とうてい適わない。


> 淡雪さん

 比較的最近、壊れたんじゃありませんでした?
 また、ヘンなサイトを覗いたんじゃないの?

 データは、メモリスティックとかに入れて……。
 パソコンには何にも保存しないってのが、一番気楽かもね。
 ネットとメールしかしないんなら、ネットブックで十分だよ。

由美と美弥子 519
★Mikiko
08/16/2010 08:41:35
□高知に行こう!(ⅩⅩⅨ-1/3)
 それでは、恒例の旅費精算を始めます。
 まずは、「高知に行こう!」から。
 例によって、始点と終点はJR新潟駅としますね。


◆3月20日(土曜日)【1日目】------------コメント401~418

 新潟空港への連絡バス、エアポートリムジンに乗車。
エアポートリムジン

 7:30「新潟駅」発→7:55「新潟空港」着(25分)。
 400円。
 2人で、800円。

 新潟空港から、大阪空港行きの「JAL2240便」に搭乗。
大阪空港行きJAL

 8:20「新潟空港」発→9:30「大阪空港」着(1時間10分)。
 29,000円。
 2人で、58,000円。

 大阪空港の「レストラン つばさ」にて、遅い朝食。
 和定食 500円
「レストラン つばさ」和定食

 2人で、1,000円。

 大阪空港から、高知空港行き「ANA1605便」に登場。
高知空港行きANA

 10:55「大阪空港」発→11:40「高知空港」着(45分)。
 17,500円。
 2人で、35,000円。
-----
★Mikiko
08/16/2010 08:42:59
□高知に行こう!(ⅩⅩⅨ-2/3)
 高知空港の1階総合案内所で、「MY遊バス」のチケットを購入。
高知・MY遊バス

 900円。
 2人で、1,800円。

 高知空港から、タクシーで「絵金蔵」へ向かいます。
 11:50「高知空港」発→12:00「絵金蔵」着(10分)。
 1,200円(くらい)。

 「絵金蔵」を見学。
絵金蔵

 本来500円の入館料が、「MY遊バス」の割引で、450円になりました。
 2人で、900円。

 帰りは、土佐くろしお鉄道、「あかおか」駅まで歩き……。
 「ごめん・なはり線」に乗車します。
 「後免」駅まで。
後免

 13:02「あかおか」発→13:17「後免」着(15分)。
 390円。
 2人で、780円。
-----
★Mikiko
08/16/2010 08:43:50
□高知に行こう!(ⅩⅩⅨ-3/3)
 「後免」駅からは、JR四国の特急「南風」7号に乗車。
 行き先は、高知駅。
特急「南風」

 本編を書いてるときは、気づきませんでしたが……。
 特急「南風」は、「アンパンマン列車」なんですね。
 子供は喜びそうですよね。
 でも、乗っちゃったらイラストも見えないし、フツーの列車と一緒じゃないの?
 と思ったら……。
 シートも、こんなでした。
アンパンマン列車のシート

 でも……。
 オヤジの一人旅とかで乗っちゃうと……。
 ちっと、恥ずかしいよな。

 13:33「後免」発→13:41「高知」着(8分)。
 乗車券が、260円。
 特急券が、310円。
 計、570円。
 2人で、1,140円。

 続きは、次回。
-----
☆フェムリバ
08/16/2010 09:29:37
□由美ちゃんの記憶には・・・
ロシアの娼婦の事は、微かにしか残ってないんですよね?
でも
たとえ明確に思い出したり知ったとしても、由美ちゃんは、そんな事で美弥子ちゃんを嫌いになったりは絶対にしませんもんね。
きちんと結んだ絆って言うのは、壊れないものです!


和定食にMY遊バスに絵金蔵に割引に「ごめん・なはり」・・・
どれもこれも懐かしい(涙)
そういえば
空港のラウンジは、ゴールドカード以上はタダって話もしてましたよね。

あら~
電車の外見はこんな感じだったのですか。
(アンパンマン弁当とかも出てきましたね♪)


しかし
やはり空の足は高いですね~
今回の出費は、これがダントツでしょうか?
でも
こんな遠方に電車でチマチマ行ってたら、行くだけでヘトヘトになってしまったことでしょう(汗)
飛行機は大正解ですね♪
-----
☆イネ
08/16/2010 10:44:54
□飛行機代は・・・
個人の旅行みたいに、1ヶ月以上前から予定が決まっている時は、早期予約割引があります。
正規料金の概ね半額以下、便によっては1/3くらいです。

うまく使えば、パック料金よりお得になりまっせ。

(この前ワタシが札幌に行ったとき、正規料金が約35,000円のところ、早割りで12,900円でした♪)
-----
★Mikiko
08/16/2010 12:39:40
□フェムリバさん&イネさん
> フェムリバさん

 美弥子が変貌したときは、由美も女教師になってたからね。

 今となっては、高知……。
 「何もかも皆懐かしい」の世界になっちゃいました。
 「絵金蔵」に行ったのは、3月14日のコメントでしたもんね。

 まさしく飛行機は、金で時間を買う乗り物ですよね。
 時間さえあれば、のんびりと船旅を楽しむんですが。


> イネさん

 なにー。
 そんな割引があるのか!
 知らなんだ。
 実はわたし、飛行機の切符、買ったことがないんです。
 これで旅行記を書くんだから、無謀っちゃ無謀だけど……。
 でも、早く予約すると、何でそんなに安くなるんだ?
 その値段で、ペイしてるってことなの?
-----
☆淡雪
08/16/2010 17:49:26
□からで飛ぶよりマシ
ってことなんじゃないの?
昨今、航空会社の懐事情は、想像できます。
-----
★Mikiko
08/16/2010 20:45:35
□なるほどね
 間近になって予約するヤツは、のっぴきならない用事があるんだから……。
 多少高くても乗るってことなんでしょうかね?

 最近、中国の格安航空機が話題ですが……。
 淡雪さんなら、ぜったい乗らないだろうね。
 さすがにわたしも……。
 命を預ける乗り物を、安さだけで選ぶ気にはならんのぅ。
-----
☆イネ
08/17/2010 15:50:35
□ちょっと調べたら・・・
JAL2240:新潟→大阪(伊丹)
 普通運賃29,000円vsスーパー早割15,000円
ANA1605:大阪(伊丹)→高知
 普通運賃17,500円vsスーパー旅割11,500円

う~む、この路線じゃ、半額より高いのか・・・

ちなみに帰りの飛行機は
ANA323:福岡→新潟
 普通運賃41,100円vsスーパー旅割23,800円

でも二人分じゃ、結構チガウよね~(笑
-----
★Mikiko
08/17/2010 19:50:21
□おのれ~
 今ごろになって、こんな大事なこと教えおって。
 ま、帰りは旅程が伸びたので、使えなかっただろうが……。
 行きは、利用できたよな。
 次に行くときは、ぜったい使ってやるぞ。
 それにしても……。
 こんなに値段が違うってのは、二重価格ではないのか!
-----
☆フェムリバ
08/17/2010 20:22:44
□日本も・・・
アメリカみたいに、飛行機が身近な乗り物になるんですかね?
でも
出来れば、新幹線の値段を下げて欲しいな・・・
割引されてても、まだまだ高い・・・(泣)
-----
★Mikiko
08/17/2010 20:35:27
□ほんまにね
 国は、高速道路の値段ばっかり下げて、どういうつもりかね。
 排気ガスを出さない乗り物の値段を、下げるべきじゃないのか?
 ま、電車だって、電気を作るために、CO2いっぱい出してるんだけどね。
 そんなら、人力車と辻馬車に補助すればいいんだよな。

由美と美弥子 520
★Mikiko
08/18/2010 07:37:27
□高知に行こう!(ⅩⅩⅩ-1/4)
 高知駅からは、空港でチケットを買った「MY遊バス」に乗車。
MY遊バス

 「牧野植物園」に向かいます。
 14:10「高知駅(南口)」発→14;59「牧野植物園正門前」着(49分)。

 「高知県立牧野植物園」を見学。
高知県立牧野植物園

 入園料、500円のところ、「MY遊バス」の割引で、400円になります。
 2人で800円。

 覚えてます、牧野富太郎博士?
牧野富太郎博士

 キョーレツな人でしたよね。
-----
★Mikiko
08/18/2010 07:38:02
□高知に行こう!(ⅩⅩⅩ-2/4)
 帰りも、「MY遊バス」に乗車。
 「桂浜」に向かいます。
 15:59「牧野植物園正門前」発→16:21「桂浜」着(22分)。
 「MY遊バス」チケットは、1日乗り降り自由なので、新たな支払いは発生しません。

 桂浜では、「桂浜水族館」を見学。
桂浜水族館

 入館料1,100円のところ、「MY遊バス」の割引で、900円。
 2人で、1,800円。
 これプラス、カメのエサ代、100円。
「桂浜水族館」ウミガメ

 「絵金蔵」「牧野植物園」「桂浜水族館」、3つの施設で……。
 「MY遊バス」による割引の総額は、350円。
 チケット代は900円なので……。
 「高知駅→牧野植物園」と「牧野植物園→桂浜」のバス料金合計が、550円以下なら、元が取れるわけですね。
 ま、たぶん大丈夫でしょう。

 続いて、桂浜の散策。
桂浜

 これは、もちろん無料です。
-----
★Mikiko
08/18/2010 07:38:38
□高知に行こう!(ⅩⅩⅩ-3/4)
 さて、この日の宿は、「国民宿舎 桂浜荘」。
国民宿舎 桂浜荘

 部屋風呂ありの和室でしたね。
「国民宿舎 桂浜荘」部屋風呂ありの和室

 部屋代は、朝食込みで、1人8,085円。
 2人で、16,170円。

 夕食代は、別に計算しましょう。
 「桂浜ご膳」が、2,625円。
 「龍馬ご膳」が、4,725円。
「国民宿舎 桂浜荘」夕食メニュー

 合計、7,350円。

 問題は、飲み物ですね。
 こういう旅館でビールをガバガバ飲んだら、いったいいくら取られるのか……。
 さっぱりわかりません。
 2人で、3,000円くらいみてればいいかな?(甘い?)

 というわけで、初日の合計額は……。
 128,040円でした。
 いきなり10万越えだけど……。
 うち、93,000円が飛行機代ですからね。
-----
★Mikiko
08/18/2010 07:39:14
□高知に行こう!(ⅩⅩⅩ-4/4)
◆3月21日(日曜日)【2日目】------------コメント419~428

 さて、2日目。
 朝食は、部屋代に含んでます。
「国民宿舎 桂浜荘」朝食

 この日はまず、「国民宿舎 桂浜荘」のお隣にある、「高知県立坂本龍馬記念館」から。
高知県立坂本龍馬記念館

 入館料、500円。
 2人で、1,000円。

 ここも、「MY遊バス」の割引が効き、団体料金の400円で入れます……。
 が、残念ながら、「MY遊バス」の有効期間は1日だけ。
 なので、そのままの500円で入館。

 「龍馬記念館前」から、高知県交通バスに乗車。
高知県交通バス「龍馬記念館前」

 行き先は、高知駅。
 10:16「龍馬記念館前」発→10:52「高知駅前」着(36分)。
 料金は、700円。
 2人で、1,400円。

 しかし……。
 高いぞ、高知のバス!
 新潟でこの距離だったら、半額だぜ。
 観光スポットを結ぶ路線は、別料金なのか?
 ま、タクシーよりは安いだろうから……。
 乗るしかないけどね。
 これなら、昨日の「MY遊バス」は、ぜったい元取れてたな。
 でも、本日のバスはこれだけなので、「MY遊バス」チケットは買いませんでした。

 続きは、次回。
-----
☆海苔ピー
08/18/2010 09:06:08
□飛行機代高いぃ~!!
今回は飛行機代だけで小旅行へ行けそうですね!!
往復の飛行機代だけで20万ぐらい掛かりますから
キャ~総合計を考えると怖いです。

海外旅行も行ける金額になるんですね!


ミサさん
正気に戻って一安心です。
この後の展開がドキドキワクワクです。
-----
★Mikiko
08/18/2010 19:45:34
□新潟から……
 九州四国は、やっぱり遠い。
 飛行機を選べば、行った先で楽しむお金が減り……。
 ほかの交通機関を選べば、行った先で楽しむ時間が減っちゃう。
 今回もまた、30万コースかもね。

 ミサを、あのままにしておくわけにはいかなかったので……。
 わたしも、ホッとしてます。
 今後の展開、ご期待ください!
-----
☆フェムリバ
08/18/2010 20:27:36
□Mスイッチが入っちゃいましたね~
美影姉よ・・・
ミサちゃんの心の叫び、たっぷりとそのお尻に刻みつけなさい!


牧野植物園・・・
まさか、ちゃっかり花盗人してるとは思いませんでした(笑)

桂浜水族館も良かったですけど、桂浜では綺麗な石を拾いましたね♪

でもって「国民宿舎」!
ミキコ様と美弥子ちゃんの、お肉への執念が楽しかったです♪

ま、飛行機代は仕方ないですよ。
それ以外の所に注目していきましょー
でも
国民宿舎は、内容バッチリなのにリーズナブルだったなぁ~
-----
★Mikiko
08/18/2010 20:57:59
□牧野植物園の場面を書いてるときは……
 花盗人のことなぞ、考えてもいませんでした。
 思いついてたら、それらしい伏線シーンも入れたんだけどね。
 藪の中に、こそこそ入ってくシーンとかさ。

 国民宿舎は……。
 民間旅館みたいな、痒いところに手の届くサービスは無いでしょうが……。
 そういうサービスさえ期待しなければ、コストパフォーマンス的には十分満足できると思う。
 国民宿舎を巡る旅ってのも、面白そうだね。
-----
☆フェムリバ
08/19/2010 20:31:28
□次回の旅行では・・・
色んな伏線張ってくださいね♪
予想するのが楽しみです♪


国民宿舎を巡る旅!
面白そうじゃないですか♪
旅費も現実的に出来ますし、情報も多いんじゃないでしょうか?
なので、いいと思いま~す!
-----
★Mikiko
08/19/2010 20:42:48
□伏線張るのは……
 なかなか難しい。
 全編の構想が出来てから、書き出してるわけじゃないからね。
 小説もいっしょだけど。

 連続で旅に出ちゃおうかね~。
 とにかく暑いので……。
 北へ行きたい。
 北海道は、もう行ったので……。
 行くとしたら、東北だな。
 秋の東北。
 良さげだよね。

由美と美弥子 521
★Mikiko
08/20/2010 07:37:40
□高知に行こう!(ⅩⅩⅩⅠ-1/3)
 高知駅では、駅弁を買いました。
 「桂浜荘」で、遅めの朝食をガッツリといただいたうえ……。
 まだ、11時ということもあり……。
 お腹が空きません。
 ということで、「特製よさこい弁当」を、1つだけ購入。
 1,050円です。
特製よさこい弁当

 高知駅から、JR四国の特急「南風」3号に乗り込みます。
の特急「南風」

 この画像は、「アンパンマン列車」じゃ無かったですね。
 「南風」の全部が、「アンパンマン列車」ってわけじゃないのか?

 この電車は、途中「窪川」から、三セクの「土佐くろしお鉄道」に乗り入れます。
 行き先は、「中村」。
 11:34「高知」発→13:24「中村」着(1時間50分)。
 乗車券は、「中村」までの通しで、1,410円。
 特急券は別々で、「高知」から「窪川」までが1,150円、「窪川」から「中村」までが、400円です。
 計、2,960円。
 2人で、5,920円。

 中村駅から、「高知西南交通バス」に乗車。
高知西南交通バス

 「甲ヶ峰」まで。
 13:42「中村駅」発→13:50「甲ヶ峰」着(8分)。
 300円。
 2人で、600円。

 おいおいって感じですよね。
 たった8分の乗車で、300円……。
 なんで、高知のバスは高いのだ?
 それともこれが、全国平均なの?
 新潟では、8分の区間なら、200円ですよ。
 タクシー使った方がいいかも。
-----
★Mikiko
08/20/2010 07:38:23
□高知に行こう!(ⅩⅩⅩⅠ-2/3)
 「甲ヶ峰」を降りて、四万十川まで歩きます。
 「山路」という船着き場から、「四万十川観光開発」の定期遊覧船に乗船。
四万十川観光開発・定期遊覧船

 「山路」から出て「山路」へ戻る周遊船です。
 14:30「山路」発→15:20「山路」着(50分)。
 2,000円。
 2人で、4,000円。

 船着き場にある「アカメ館」で、「四万十川天然青のり(650円)」をお土産を買いましたが……。
アカメ館

 例によって、土産物は旅費から除外します。

 再び「甲ヶ峰」から「高知西南交通バス」に乗車。
 中村駅まで戻ります。
 16:15「甲ヶ峰」発→16:25「中村駅」着(10分)。
 300円。
 2人で、600円。

 なんで、帰りが2分余計にかかるのかは、わかりません。

 中村駅からは、同じ「高知西南交通バス」を乗り継ぎます。
 行き先は、宿毛駅。
 16:49「中村駅」発→17:45「宿毛駅」着(56分)。
 1,100円。
 2人で、2,200円。
-----
★Mikiko
08/20/2010 07:39:04
□高知に行こう!(ⅩⅩⅩⅠ-3/3)
 宿毛駅からは、宿の送迎バスで、本日のお宿へ。
 「国民宿舎 椰子」。
国民宿舎 椰子

 国民宿舎の連チャンでしたね。
 ここでは、洋室ツインのお部屋を取りました。
国民宿舎 椰子・洋室ツイン

 部屋代は、1人8,400円。
 2人で、16,800円です。

 夕食は、フランス料理のフルコースにしました。
国民宿舎 椰子・フランス料理のフルコース

 値段が、3,150円~8,400円となってたので……。
 中を取って、6,300円にしました。
 ほんとに、6,300円のコースがあるかどうかは、宿に確認してません。
 実際にフルコースを食べようって方は、ちゃんと電話で聞いてくださいね。
 食事代は、2人で12,600円。

 ここでも問題は、酒代ですね。
 当然、ワインを注文することになります。
 わたしは、赤ワインしか飲めないので……。
 肉だろうが魚だろうが、赤ワインを注文します。
赤ワイン

 問題は値段ですが……。
 レストランで飲む赤ワインが、どのくらいの値段なのか、さっぱりわかりません。
 飲んだこと無いんで。
 でも、国民宿舎なんだからね。
 安いワインだって置いてあるでしょ。
 てことで、2人で3,000円くらいか?

 というわけで、2日目の合計額は、49,170円でした。

 続きは、次回。
-----
☆イネ
08/20/2010 11:38:27
□ワタシも希望します☆
東北の旅、いいですねぇ。
山形・秋田、そして青森の日本海側(弘前とか・・・)。
温泉と自然を巡るローカル線の旅、ってジジムサイかな??

期待してますよ~♪
-----
☆lesbro
08/20/2010 13:14:15
□フェチ
>起ちあがった陰核が、包皮を三角錐に持ち上げている。

直撃の表現でした。クリトリス大きいの好きなのもあるけど、描写がエロい。自分がピクンとくるのがこういうところなのに気づきました。「表現フェチ」か。。。
-----
☆フェムリバ
08/20/2010 20:44:25
□美影姉・・・
けっこうキュートじゃないですか♪
このまま、ずっとこんな感じなら、ミサちゃんも苦労せずに済むのに(涙)


四国全体で、バス料金が高いのでしょうか?
もしや、お遍路さんから巻き上げようとしてるとか・・・
て、そんな訳ないですね(汗)

2日目のお夕食は、ちょっとリッチにしましたっけね~
そういえば・・・
ミキコ様に教えていただいた赤ワインの飲むヨーグルト割り、あれは美味しかった・・・
ジューサーでフルーツ入れたりして、最高でした♪
(バナナが、一番相性良かったかな?)
またやろっと♪
-----
★Mikiko
08/20/2010 22:30:33
□イネさん&lesbroさん&フェムリバさん
 今日は、飲み会であった。
 ホテルのビアガーデン。
 料理は、けっこう美味しかったんだけど……。
 ビールが、すぐ温くなるのが難点ですね。


> イネさん

 山形・秋田は、クルマでは行ったことがあるんだけど……。
 鉄道では、未踏です。
 温泉と自然を巡るロートル線の旅、いいんじゃないでしょうか。
 のんびりガタゴト、行ってきましょうかね。
 問題は、誰と行くかだよな……。


> lesbroさん

 嬉しいこと、行って下さいますね~。
 書き始めたころは、レトリックなんかにも、けっこう凝ったんです。
 最近は、ほとんど書き飛ばしちゃってますけど。
 常套句みたいになった表現も、かなり出てきましたよね。
 でも、書き慣れたのがかえって、Mikiko味を醸し出してるのかも?


> フェムリバさん

 美影姉、可愛くなっちゃいましたね。
 悪役を貫けないのは、わたしの限界かも。
 だから、敵役を次々に用意しなきゃならないんだよな。

 そう言えば、今年は……。
 歩き遍路で、熱中症で亡くなった方もいらっしゃるようです。
 ちょっとくらい高くても、バスに乗った方がいいかも。

 豆乳のバナナ割りは……。
 冬にお勧めです。
 夏場のドロドロ系は、ノド越しがイマイチだよなぁ。

由美と美弥子 522
★Mikiko
08/21/2010 08:15:22
□高知に行こう!(ⅩⅩⅩⅡ-1/3)
◆3月22日(月曜日)【3日目】------------コメント419~428

 さて、「国民宿舎 椰子」の朝食ですが……。
 これは、宿代に含まれてないんです。
 別途料金で、和定食、945円。
「国民宿舎 椰子」の朝食

 朝早く釣りに行くとかで、朝食摂らない人が多いんでしょうかね?
 そういう人には、朝食がオプションで、その分宿代が安い方が嬉しいよね。

 で、わたしたちは釣りには行きませんが……。
 レストランは、7時からしか開きません。
 フェリーの出航が、同じく7時なので……。
 宿で食べることは出来ないわけ。
 で、おにぎりを握っておいてもらうことにしました。
朝食・おにぎり

 果たして、こういうサービスが可能なのか、わかりません。
 民間旅館なら、大丈夫でしょうけど……。
 「国民宿舎」では、どうかな?
 ってとこですが、ここでは可能なこととして話を進めます。
 実際に7時のフェリーに乗ろうって方は、必ず確認してくださいね。
 で、そのお値段ですが……。
 たぶん、945円も取られないんじゃないかな?
 ていうか、945円分のお弁当作るとなると、タイヘンでしょ?
 値段は抑えて、その分簡単な作りにするんじゃないかと……。
 ということで……。
 朝食のお弁当のお値段ですが……。
 勝手に決めます。
 500円!
 2人で、1,000円ね。

 Mikikoが500円って言ってたとか、フロントで掛け合わないように!

 さて、フェリーまでは、また宿のマイクロバスで送ってもらいます。
 フェリー乗り場は、きのう迎えに来てもらった宿毛駅より、ずっと近くにあります。
 「国民宿舎 椰子」は、↓の大島にあります。
「国民宿舎 椰子」のある大島

 クルマなら、5分くらいの距離。
 なので、たぶん……。
 送ってくれるはずです。
-----
★Mikiko
08/21/2010 08:18:48
□高知に行こう!(ⅩⅩⅩⅡ-2/3)
 さて、いよいよ「宿毛フェリー」に乗船します。
宿毛フェリー

 この旅のそもそもの目的、覚えてますか?
 そう、「豊後水道を船で渡る」という目的があったんです。
 すなわち、「宿毛フェリー」は、この旅行のキモといっていいでしょう。
 とにもかくにも、もう一度聞いていただきましょうね。
 わたしの愛唱歌です。
------------------------------------------
【豊後水道】作詞:阿久悠/作曲:三木たかし


背のびした恋破れ
なぐさめる人もなく
信じていたのに
あなたはもう来ない
やせた女の旅路には
やさし過ぎるわ春の海
こぼれ散る紅椿
流れにひきこんで
何を急ぐか豊後水道
------------------------------------------
-----
★Mikiko
08/21/2010 08:24:52
□高知に行こう!(ⅩⅩⅩⅡ-3/3)
 さて、料金。
 料金の表示の仕方がわかりずらいということは、本文で書きました。
「宿毛フェリー」料金

 たぶん合ってると思うんですが……。
 カンペキな自信はありません。
 二等運賃が2,500円。
 2人で、5,000円。
 プラス、↓ファミリー室料が、別途5,000円。
「宿毛フェリー」ファミリー室

 合計、10,000円。

 フェリーは、ジャスト7時、宿毛を出港しました。
宿毛を出るフェリー

 目的地の大分県佐伯に着くのは、10:10になります。
「宿毛フェリー」航路

 7:00「宿毛」発→10:10「佐伯」着(3時間10分)。

 さて、2日目の途中ですが、「高知に行こう!」はここまで。
 フェリーを下りてからは、「大分に行こう!」に続きます。

 とりあえず、2日目のフェリー乗船までの料金は……。
 11,000円。

 ということで、「高知に行こう!」の料金合計をすると……。
 1日目、128,040円。
 2日目、49,170円。
 3日目(途中まで)、11,000円。
 合計、188,210円でした。
 ちょっと、たまげる金額ですね。
 でも、この半分の、93,000円が飛行機代なんです。

 続きは、次回。
-----
☆淡雪
08/21/2010 14:24:16
□全然関係ないことだけど、
楽天のショップが右側にぽつぽつ並んでるのはいつから?
今気づきました。
おもしろそうなので、順番に巡ってきます。
-----
★Mikiko
08/21/2010 20:37:51
□今ごろ気づいたのか……
 そうとう前から設置しとるぞ。
 道理で、クリックが少ないはずじゃ。
 1日のクリック数、5回くらいだもんな。
 あの広告バナーは……。
 サイドバーに、メニューだけがズラズラ~っと並んでると、見づらいと思い……。
 メニューの区切りとして入れたもの。
 だから、儲けようとして付けたんじゃないんです。
 儲かれば、なお嬉しいけど……。
-----
☆フェムリバ
08/21/2010 20:47:21
□ミサちゃん・・・
見ててあげるから、思う存分やっちゃいなさい!


そうそう!
このフェリーで、例の椿を投げたんですよね♪
でもって
商売をする気がないかのような、ややこしい料金表!

う~ん
飛行機代を除けば、至って普通の金額内ですね~

さて、次回からはついに大分編♪
棚田湯のあるホテルはいくらだったのでしょうか?
気になります・・・
-----
★Mikiko
08/21/2010 21:00:23
□ミサは……
 よく動いてくれるキャラなので……。
 復活してくれて、わたしも助かった。

 牧野植物園で花盗人をした椿でしたね。
 牧野博士、ゴメンなさい!

 今度飛行機に乗るときは、必ず「早割」を使ってやる……。

 「棚田湯」では無く……。
 「棚湯」じゃ。
-----
☆海苔ピー
08/21/2010 21:55:36
□そうそう・・・
ツバキて私には、なぜか冬の花てイメージが強くて・・・

花びらがハラハラと落ちて雪の上に落ちてゆく時のツバキのイメージしかなくて・・・

これてホントは寒椿でサザンカなんですよね!

子供の時の印象が強くて、今だに椿は冬の花のイメージが強すぎて、春先に咲いているのを見ても違和感がありすぎです。
-----
★Mikiko
08/21/2010 22:07:31
□お~
 椿とサザンカの違いを知っているとは、大したもんだ。
 花びらが、ハラハラと散るのはサザンカで……。
 椿は、花首ごと、ぼとりと落ちます。

 新潟の椿は、ほとんどサクラと同じころ咲くので……。
 影が薄い。
 南の方なら、もっと早いんだろうけど。

 冬の花は少ないから、サザンカは良く目立つよね。
 童謡「たきび」のイメージかな。
童謡「たきび」

由美と美弥子 523
★Mikiko
08/22/2010 07:30:11
□大分に行こう!(ⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅣ-1/4)
◆3月22日(月曜日)【3日目】------------コメント429~450

 さて、「大分に行こう!」の精算に掛かりましょう。
 旅程としては、「高知に行こう!」から続く、3日目になります。

 高知県の宿毛を発ったフェリーは、大分県の佐伯に入港。
佐伯港

 「大分に行こう!」での精算は、フェリーを下りてから。
 フェリーの佐伯着は、10:10。

 フェリーでは、船酔いした挙げ句……。
 せっかくの朝ご飯で、小間物屋を開店しちゃいました。
 で、下船早々、「レストラン・フェリー」で、早い昼食を摂ることに。
レストラン・フェリー

 変わったお店でしたよね。
 レストランを名乗りながら、「上がり座敷」がありました。
「レストラン・フェリー」上がり座敷

 でも、味の方は良好でした。
 ま、港町のシーフードチャンポンが、美味しくないわけありませんけど。
「レストラン・フェリー」シーフードチャンポン

 750円。
 2人で、1,500円。

 JRの佐伯駅までは歩きます。
 徒歩10分。
 腹ごなしにはちょうどいい。

 佐伯駅からは、JR九州の特急「にちりん」8号に乗車。
特急「にちりん」

 行き先は、湯の町「別府」です。
 11:14「佐伯」発→12:19「別府」着(1時間5分)。
 乗車券が、1,430円。
 特急券が、920円。
 計、2,350円。
 2人で、4,700円。
-----
★Mikiko
08/22/2010 07:30:43
□大分に行こう!(ⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅣ-2/4)
 別府駅からは、亀の井バスの「定期観光バス・別府地獄巡り」に乗車しました。
亀の井バス

 13:00「別府駅」発→15:30「別府駅」着(2時間30分)。
 3,600円。
 2人で、7,200円。

 地獄の巡り順は、以下のとおりになります。

海地獄
別府・海地獄

鬼石坊主地獄
別府・鬼石坊主地獄

山地獄
別府・山地獄

かまど地獄
別府・かまど地獄
-----
★Mikiko
08/22/2010 07:31:24
□大分に行こう!(ⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅣ-3/4)
鬼山地獄
別府・鬼山地獄

白池地獄
別府・白池地獄

血の池地獄
別府・血の池地獄

竜巻地獄
別府・竜巻地獄

 戻ってきた別府駅で、JR九州・日豊本線の普通電車に乗車。
 行き先は、ひとつ隣の「別府大学」。
 15:41「別府」発→15:45「別府大学」着(4分)。
 200円。
 2人で、400円。

 ここでは、“湯の町・別府”を満喫するため……。
 「別府海浜砂湯」に行きました。
別府海浜砂湯

 入浴料、1,000円。
 コインロッカー、100円。
 タオルは、手持ちのものを使いました(ここで買うと、250円です)。
 計、1,100円。
 2人で、2,200円。

 再び、「別府大学」から「別府」まで、日豊本線で戻ります。
 16:57「別府大学」発→17:01「別府」着(4分)。
 200円。
 2人で、400円。

 別府駅西口から、またまた亀の井バスに乗車です。
 といっても、観光バスではなく、路線バス。
 行き先は、「スギノイパレス」。
 17:10「別府駅西口」発→17:24「スギノイパレス」着(14分)。
 250円(くらい。亀の井バスのホームページでは、料金を検索できませんでした)。
 2人で500円。
-----
★Mikiko
08/22/2010 07:34:28
□大分に行こう!(ⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅣ-4/4)
 この日の宿は、アミューズメント施設「スギノイパレス」に隣接する「杉乃井ホテル」。
杉乃井ホテル

 「2名様で♪広~い和洋室プラン」というのを利用。
「杉乃井ホテル」2名様で♪広~い和洋室プラン

 バイキングの夕食と朝食が付いて、1人12,000。
 2人で、24,000円。

 レストラン「Seeds」があまりに広くて、迷子になっちゃいましたよね。
「杉乃井ホテル」・レストラン「Seeds」

 棚湯、面白かったな~。
 面白すぎて、のぼせちゃいましたけど。
「杉乃井ホテル」・棚湯

 さて、3日目の合計額は……。
 40,900円。
 おぉ、まずまずに収まったじゃない。
 と思ったら、前半の「高知に行こう!」分があったんですね。
 フェリー乗船までの前半は、11,000円。
 結局、3日目の合計は、51,900円。
 やっぱ、5万円コースになっちゃっいました。
 ま、「杉の井ホテル」奢ったんだから、仕方ないよね。

 続きは、次回。
-----
☆淡雪
08/22/2010 10:21:42
□旅行はたのし♪・・・でも・・・
ゆゆしき問題がおこりましたゆえ、しばしこちらから遠ざかるかも。

元気にしてるので、ご心配なく。

コメントはなかなかかなわないかもしれないけれど、携帯で本編は引き続きさせていただきます。
-----
☆フェムリバ
08/22/2010 11:01:12
□ノリノリミサちゃん♪
どんどん元気出してくれて、私、嬉しいです(涙)


かっこよく椿投げたけど、のげ~もしちゃってたんでしたね(苦笑)
庶民派レストランのシーフードチャンポン・・・
う~ん、懐かしい・・・

お、地獄巡り!
血の池軟膏ってのがありましたね。
そういえば
ここいらで、臨時ニュース?のアイスランドのお話を挟んだんでしたっけね~

杉の井ホテル♪
バイキングでは、酔ったミキコ様が子供に喧嘩売ったり迷子になったり、見かねた美弥子ちゃんに連行されたりと、楽しかったですね♪
でもって
棚田湯、じゃなくって棚湯♪
ミキコ様のワニの真似、最高でした♪
そして、マダ~ムの方々の厳しい視線も◎(笑)


>淡雪さん
うぅ、淡雪さんがいないと寂しいです・・・(泣)
落ち着いたら、絶対に戻ってきて下さいね?
皆、待ってますからね?
-----
★Mikiko
08/22/2010 11:48:05
□淡雪さん&フェムリバさん
> 淡雪さん

 うーむ。
 何事じゃ。
 パソで見れなくなると言うことは……。
 閲覧履歴が、ダンナにバレたとか?

 復活を、お待ちしております。


> フェムリバさん

 う~む。
 ずいぶんと覚えててくれて、ありがとう。
 懐かしかねー。
 読み返してみたいって方もおられるかも知れませんが……。
 「大分に行こう!」は、あまりにも長くなったので……。
 コメント欄で読み返すのって、タイヘンだよね。
 なので今、『紙上旅行倶楽部』としてまとめる作業を進めてます。
 それまで、もう少し、お待ちください。

由美と美弥子 524
★Mikiko
08/23/2010 06:43:41
□大分に行こう!(ⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅤ-1/4)
◆3月23日(火曜日)【4日目】------------コメント451~490

 「杉の井ホテル」での朝食は、宿代に込みです。

 チェックアウトし、亀の井バスで別府駅へ。
 8:05「スギノイパレス」発→8:19「別府駅西口」着(14分)。
 250円。
 2人で、500円。

 別府駅からは、またまた亀の井バスに乗ります。
 観光バスの「メルヘン号」。
 「日本一の大吊橋とくじゅう高原冬景色コース」。
「メルヘン号」日本一の大吊橋とくじゅう高原冬景色コース

 別府駅を発ち、別府駅に戻るコースですが……。
 帰りは、由布院で下車します。
 行程は、『九重“夢”大吊橋→花山酔→やまなみ牧場→湯布院』。
 8:55「別府駅」発→14:30「湯布院駅前バスセンター」着(5時間35分)。
 5,400円。
 2人で、10,800円。

 花山酔での昼食代も、バス料金に含まれてます。

 「九重“夢”大吊橋」、怖かった……。
九重“夢”大吊橋

 「やまなみハイウェイ」は、日本とは思えなかった。
やまなみハイウェイ

 「九重やまなみ牧場」の、ウサちゃんは、超キュ~ト。
「九重やまなみ牧場」ウサちゃんたち
-----
★Mikiko
08/23/2010 06:44:27
□大分に行こう!(ⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅤ-2/4)
 さて、早春の九重高原を満喫し、バスは由布院に着きました。

 ここでまず利用したのが、「由布院チッキ」。
由布院チッキ

 由布院駅前にあり、荷物を本日のお宿に届けてくれるサービスです。
 手ぶらで由布院の街を散策できるってわけですね。
 荷物は、個数で計算。
 1個だと、500円。
 わたしたちは、2個だったので……。
 800円でした。

 ちなみに、3個だと1,000円。
 4個以上なら、1個あたり300円になります。
 グループ旅行の方は、お得ですね。

 さて、身軽になったわたしたちは、「湯の坪街道」をのんびり散策。
由布院・湯の坪街道
-----
★Mikiko
08/23/2010 06:45:07
□大分に行こう!(ⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅤ-3/4)
 まず入ったのが、「由布院トリックアート迷宮館」。
由布院トリックアート迷宮館

 入館料は、700円。
 2人で、1,400円。

 この後、「藍づくし やす形」に寄り、ランチョンマットを購入(1,575円~)。
由布院「藍づくし やす形」

 さらに、「醤油屋本店」では、美弥ちゃんが「かぼす蜂蜜醤油(650円)」、わたしが「ゆずこしょう(450円)」を購入しました。
「醤油屋本店」かぼす蜂蜜醤油(650円)
「醤油屋本店」ゆずこしょう(450円)

 が、例によって、お土産は旅費から除外します。
-----
★Mikiko
08/23/2010 06:45:51
□大分に行こう!(ⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅤ-4/4)
 「湯の坪街道」の中程に、「湯の坪横丁」というテーマパークみたいな施設がありました。
湯の坪横丁

 ここで、ドクターフィッシュによる「フィッシュスパ」を初体験。
フィッシュスパ

 料金は、1,000円。
 2人で、2,000円。

 「金鱗湖」という、大層な名前の“池”を見たあと……。
由布院・金鱗湖

 「マルク・シャガール ゆふいん金鱗湖美術館」に寄ります。
マルク・シャガール ゆふいん金鱗湖美術館

 入館料、600円。
 2人で、1,200円。

 続きは、次回。
-----
★Mikiko
08/23/2010 19:39:21
□『紙上旅行倶楽部』、アップしました!
 「高知に行こう!」の精算編、「高知に行こう!(Ⅳ)」を……。
 「大分に行こう!」の本編、「大分に行こう!(Ⅰ~Ⅸ)」を、『紙上旅行倶楽部』としてアップしました。
 PCは、サイドバーおよび目次ページの下部から……。
 携帯は、トップページの下部から、それぞれリンクを貼りました。

 大騒動だったあの旅行を、もう一度楽しんでいただけたら嬉しいです。
 なお、「大分に行こう!」の精算編は、連載終了後にアップします。
-----
☆フェムリバ
08/23/2010 20:35:40
□ミキコ様の小説を読んでいると・・・
コレ、バカっぽくて凄く恥ずかしいんですけど・・・
私、何故か口がぽかんと開いてしまうんです(汗)
でも
それだけミキコ様の言葉の世界に、引き込まれてしまうって事なんでしょうね・・・


「九重“夢”大吊橋」、ミキコ様、怖すぎておしっこチビッちゃいましたもんね(苦笑)
でもでも
ウサちゃん並に超キュートでした♪

「トリックアート」も「湯の湯の坪横丁(ドクターフィッシュ、気持ち良さそうでしたね)」も「マルク・シャガール展」も、全部良かった♪
本気で二週間くらいおれそうです♪

「藍づくし やす形」では、美弥子ちゃんが由美ちゃんにお土産買ってましたね。
でもって
「醤油屋本店」でのお土産は、後から役に立つんですよねぇ~♪
-----
★Mikiko
08/23/2010 20:57:07
□ありがとぅ
 文章褒められると、とっても嬉しいわん!
 わたしは昔から、“文体”に興味がありました。
 小説読むときも……。
 中身よりむしろ、文章に引かれてたかも。
 岡本綺堂、内田百、中井英夫、などなど。
 身の内に溜めてきた素敵な文章が……。
 今、溢れてるのかも?
 それがエロ小説だってことが……。
 影響を受けた人たちには、申し訳ないが。

 「醤油屋本店」のお土産……。
 まさか、旅行中に使うことになるとは思わなんだ。
 行き当たりばったりで書いてると……。
 思いがけず場面が繋がって、面白いよ。
-----
☆フェムリバ
08/24/2010 20:32:16
□なるほど
ミキコ様の中に取り込まれた文豪達の言葉が、ミキコ様の中でろ過されて、分解されて・・・
そして、今、ミキコ様のオリジナルになって新しい世界を作ってるわけですね♪

「由美美弥」は・・・
そこいらの下品な小説じゃありません。
ですから、申し訳なく思う必要なんてないです。
もっと胸を張ってください♪
-----
★Mikiko
08/24/2010 20:40:32
□そんな大層なもんじゃ……
 でも、おっしゃるとおり、今までの人生は文章を醸す時間であった、と思いたいです。

 うむ。
 張るほどの胸がないのが悲しいが……。
 精一杯、張ってみようか。

由美と美弥子 525
★Mikiko
08/25/2010 07:38:30
□大分に行こう!(ⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅥ-1/4)
 その後、金鱗湖のほとりにある、「鍵屋」というお店に寄りました。
由布院・鍵屋

 由布院御三家のひとつ、「亀の井別荘」が営む土産物屋です。
 宿は、1泊1人5万円くらいするので、とっても泊まれません。
由布院・亀の井別荘

 泊まれない人でも、この「鍵屋」に寄れば、旅館で使われてるグッズなどを入手することができるんです。
 わたしは、乾癬に効くという「馬油石鹸」を購入(1,260円)しますが……。
由布院・鍵屋「馬油石鹸」

 例によって、旅費には含めません。
-----
★Mikiko
08/25/2010 07:39:03
□大分に行こう!(ⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅥ-2/4)
 宿は、由布院駅近くに取ってあり……。
 金鱗湖からは、少し距離があります。
 歩き疲れて思案するわたしたちの前に現れたのが……。
 シンデレラの馬車……ならぬ、人力車でした。
由布院・人力車

 「えびす屋」という、全国チェーンの会社組織が運営する車屋さん。
人力車・えびす屋

 料金は、区画ごとの計算。
 1区画は、約1キロ。
 1人2,000円。
 2人だと3,000円です。
 駅前まで行っちゃうと、1区画じゃ足が出ます。
 ケチって、1区画分だけ乗ることにしました。
 なので、3,000円ね。

 街道を外れた、春の道。
 菜の花が咲いてました。
由布院・菜の花の咲く道

 あのニイちゃん、おもろかったよね。
由布院・人力車のニイちゃん
-----
★Mikiko
08/25/2010 07:39:39
□大分に行こう!(ⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅥ-3/4)
 さ~て、本日のお宿ですが……。
 昨日の、大リゾート「杉の井ホテル」とは対極にある宿。
 なにしろ、とっくに帰ってるはずの旅程を伸ばしてるので……。
 極度に緊縮モードになってます。
 政府なら、国債発行するだけで、資金調達できるのになぁ。
 だれか、Mikiko債、買ってくれんかのぅ。

 さて、そのお宿は、「貸別荘 とくなが荘」。
由布院「貸別荘 とくなが荘」

 キャッチフレーズは、“ゆふいんで1番安い宿”。
「貸別荘 とくなが荘」“ゆふいんで1番安い宿”

 もう、ここしかないでしょ。

 外観を見て、さすがにビビりましたが……。
「貸別荘 とくなが荘」旧館玄関

 「ゆふいんチッキ」で荷物を送ってあるので……。
 回れ右するわけには行きません。
 意を決して入ってみると……。
 そこには、地獄の奪衣婆が……。
 と思いきや、元気な若女将に迎えられました。
-----
★Mikiko
08/25/2010 07:40:19
□大分に行こう!(ⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅥ-4/4)
 部屋の説明を聞くと……。
 一番安い部屋は、旧館にあり……。
 1泊3,100円だそうです。
「貸別荘 とくなが荘」旧館の部屋

 ほとんど、“ドヤ”の値段ですね。
 でも話を聞くと、女性にとっては、あまりにも過酷な環境でした。
 隣室との仕切りは、フスマ1枚。
 もちろん、鍵なんかありません。
 玄関にすら、鍵が掛からないんですから。
 ほとんど、“さぁ殺せ”状態。
 女将ですら、この部屋は女性には勧められないと言ってました。

 次に安い部屋は、新館で、1泊3,600円。
「貸別荘 とくなが荘」新館

 こっちは、部屋は独立してて、鍵は掛かるそうですけど……。
 玄関・トイレなどは共同。
 ま、昔の下宿屋みたいな感じでしょうね。

 結局、女将に勧められたのが、“離れ”でした。
「貸別荘 とくなが荘」離れ

 そんな部屋があるなら早く言ってくれよ、って感じでしたね。
 高いと脅されビビりましたが……。
 1泊、5,000円でした。
 1人5,000円じゃありませんよ。
 1棟で5,000円です。
 1人頭、2,500円だぜ。
 さすが、“ゆふいんで1番安い宿”。
 というわけで……。
 本日の宿代は、5,000円ポッキリ。

 続きは、次回。
-----
☆フェムリバ
08/25/2010 20:44:01
□ミサちゃん・・・
イイ子だ(泣)

美弥子ちゃん!
ぼ~っとしてないで、ミサちゃんが作ってくれたせっかくのチャンス、しっかりと受け取って~


旅費精算の方も、終盤に入ってきちゃいましたね。
「鍵屋」さんのあたりでは、楽しい!って感情が先行してて切なさは隠れてるんですけど・・・
「とくなが荘」の宴が終わった頃から、切なさが逆転しだすんですよ(涙)

でもでも!
次回の旅があるので、もう、しょんぼりはしませ~ん♪
-----
★Mikiko
08/25/2010 20:54:37
□悪役が……
 途中から、見方になるってパターンは、マンガなんかでも良くあるよね。
 あれって、作者が、悪役を好きになっちゃうからじゃないかな?

 旅行最後の日は……。
 休日最後の日曜日に似てるかも。
-----
☆海苔ピー
08/26/2010 04:48:51
□サイトの価格
何を基準に出てるのかな?
でも、すごい約1,500,000円なんて


美弥子ちゃん頑張って・・・
あれ・・・由美ちゃんはどうしてるのかな?
由美ちゃんでも良いから早くしないと・・・
ミサちゃんが作ってくれたチャンスが・・・
-----
★Mikiko
08/26/2010 07:27:34
□あの価格は……
 ほんとに何なんでしょうね?
 貼った初日は、78,400円だったんです。
 2日目が、800,800円。
 3日目は、メモするの忘れたけど、110万くらいだったと思う。
 で、今日が、1,488,800円。
 毎日増えるってことは、PVとかの累積数を使ってるのかな?
 ひょっとしたら、200万くらいまで行っちゃうかもよ。

 ハラハラしながら読んでくれて、超ウレシい。
 大丈夫。
 由美美弥はタッグチームですから。
-----
☆フェムリバ
08/26/2010 20:31:19
□ミサちゃんは・・・
根っからの悪じゃなかったですもんね♪
で、今度はこの姉がどう変化してくれるかですよね・・・
うぅ~、先が気になる!


サイト価格ランキング・・・
本当に、サイトを売ったり買ったりする人がいるのでしょうか?
表示価格の3%で買い取ってくれるみたいですけど・・・
アヤシイ・・・
なので
ランキングだけ楽しんでた方が良さそうですね(汗)
このまま行くと、高ランクにつけるでしょうし♪
-----
★Mikiko
08/26/2010 20:38:20
□うちの登場人物に……
 根っからの悪はいないと思います。
 ま、これは、作者の甘さとも言えるのだが……。

 うちのサイトを買おうという人はいないでしょう。
 小説やコメントを書き続けなきゃ、維持できないんだからね。
-----
☆フェムリバ
08/26/2010 21:44:27
□甘くていいじゃないですか♪
私、甘いの大好きです♪
というか
一片の優しさも持ってないないなんて、人間味なくてつまんないですよ~
猟奇犯罪のドキュメントものを読みたいわけじゃないんですもん。
私、ミキコ様の創った感情豊かな女の子が良いんです♪
(香純さんは、ちょっと罪深すぎるけど・・・
律子さんへの想いは本物でしたもんね。)
これからも、人間らしさをたっぷり持った女の子をいっぱい書いて下さい♪
甘党バンザ~イ!!


もし、「Mikiko's Room」を買い取りたい人が現れたら・・・
私、断固反対します!(むっはー)
ミキコ様以外の方の文章なんか、読みたくないです(泣)
ミキコ様~
たとえ買収を持ちかけられても、応じたら駄目ですからね?
ミキコ様でなければ嫌だぁ~
-----
☆海苔ピー
08/27/2010 03:07:03
□少し願いながら
フェムリバさんが書かれて思い出しましたが
何時の日か
香純さんと律子さんの思いが結ばれますようにと願う
海苔ピーです。



由美美弥はタッグチームですか?
わぁ~!楽しみ~!!
-----
★Mikiko
08/27/2010 07:29:17
□フェムリバさん&海苔ピーさん
> フェムリバさん

 素人作家のいい点は……。
 編集者に、ダメ出しされなくていいってこと。
 好きなように書ける。
 これからも、甘甘で行くぞ!

 はっきり言って……。
 わたしの文章まねて、わたしと同じように書ける人は……。
 めったにいるもんじゃないよ。
 だいたい、そんな苦労して乗っ取ったって……。
 見返りがなさ過ぎるぞ。
 ちなみに、アフィリエイトの収入は……。
 8月、47円です。


> 海苔ピーさん

 願いは、きっと叶うでしょう。
 それは、わたしの願いでもあるからね。
 「星に願いを」って曲、いいよね~。


 それでは、由美美弥タッグ、お楽しみください。
コメントログ18(456~490)目次コメントログ20(526~545)





コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ
↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
レズ画像・きれいな画像倉庫 未知の星 禁断の体験 エッチな告白集 ひとみの内緒話
愛と官能の美学 Angel Pussy 週刊創作官能小説 ちょっとHな小説 恥と屈辱の交差点
官能文書わーるど 電脳女学園 萌木ケイの官能小説 羞恥の風
官能的なエロ小説 秘密のエッチ体験談まとめ 赤星直也のエロ小説 恥ずかしがりたがり。
おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 新・SM小説書庫2 潤文学 ひめ魅、ゴコロ。

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
淫鬼の棲む地下室 ましゅまろくらぶ 空想地帯 Playing Archives
変態小説 人妻の浮気話 艶みるく 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ HAKASEの第二読み物ブログ
ぺたの横書き 18's Summer アダルト検索一発サーチ 濠門長恭の過激SM小説
SM~猟奇の性書~変態 女性のH体験告白集 Eros'Entertainment むね☆きゅんファンサイト
出羽健書蔵庫 快感小説 [官能小説] 熟女の園 女性のための官能小説
調教倶楽部 魔法の鍵 性小説 潤文学ブログ 妄想ココット

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
緊縛新聞 お姫様倶楽部.com 性転換・TS・女体化劇場 riccia
制服美少女快楽地獄 黒い教室 エピソードセックス 被支配中毒
女の陰影 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 かめべや 最低のオリ
ライトHノベルの部屋 漂浪の果てに 被虐のハイパーヒロインズ 空想の泉~The Fountain of Daydream~
ちょっとHなおとなのための… オシッコオモラシオムツシーン収集所 アダルト官能小説快楽機姦研究所 被虐願望

渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋 あおいつぼみ 葵蕾
エロ体験談で抜けるコピペ プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉
おしっこ我慢NAVI ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都
ひよこの家 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
厳選2chまとめ おかず動画アンテナ
エログちゃんねる 人気ブログランキング
にほんブログ村 官能小説アンテナ
正しいH小説の勧め 小説の匣
ライブドアブログ アダルトブログランキング

ランキング/画像・動画(11~30)
GL Search 萌駅 おたりんく ネット小説ランキング
アダルト動画まとめ セックス・ノベル・ネット Adult Novels Search Girls Love Search
少女禁忌区域 アダルト検索BBJapan 絵描きさん.NET 創作系サイト検索・KAGOME
Cyber あまてらす ヌケルアダルト作品 GAY ART NAVIGATION クリエイターコレクションR18
ぱっくりんく 【携帯】GL狂愛Rank 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!




<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top