Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
コメントログ03(051~075)
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
由美と美弥子 051
★Mikiko
09/10/2008 07:43:37
□美弥子ちゃんピンチ!
 美弥子ちゃん、またまた大ピーンチ!
 どうなる、次回?
 金曜の投稿を待て!
 昨日、番外編の「エロ本を拾った話」を投稿したので、今日で4日続けての投稿になりました。
 さすがに忙しい……。
 ところで、「エロ本を拾った話」、もう読んでいただけました?
 Mikikoの悲しいサガが書かれてありますよ。
 涙無くして読めません。
 目次ページの一番下、もしくはサイドバーの「最新の記事とコメント」からどうぞ!(番宣失礼しました)

 話は全然変わります。
 月曜の朝、天皇皇后両陛下が、会社近くを車で通りました。
 総務から動員がかかり、社員一同街頭でお見送りしました。
 天皇陛下は、車の窓を開けて手を振ってくださいました。
 わたしの側からは、皇后陛下は奥になってよく見えませんでした。
 実物の天皇陛下を見たのは生まれて初めてです。
 あたりまえのことですけど、普通のおじいさんでした。
-----
☆黒羊
09/11/2008 22:28:15
□陽落ちて
 おそらくこれを読む頃は、おはようございます。
 美弥子ちゃんピンチですね。浣腸の恐怖再び。。。
 実は浣腸やったことがあったり。括弧、風俗のお店のシャワールームにて。
 あれねぇ、激気持ち悪くてヤなんだけど。しかし全てを出し終われば、なんかすっきり爽快なんだよね。あ、そのときの浣腸は薬ではなくホースの水をおしりから腸に流し込みました。ぐぅ……出したい、いやでもここで出したら全て出ない。みたいな切迫感がなんともいえない? いやいや、朝っぱらから何言ってるんでちゅかね。あ、舌噛んだ。;;
 天皇陛下にナマであったことないです。羨ましい。。
 猊下の手の振り方、なんかこだわってるんですよね。実は毎日手の振り方を練習をしてるくらい、ただならぬ技術だとか。うーん凄い。
 皇居はよく通るんだけどなぁ。残念。
 ちなみに、Subjectは本文となんら関係ありません。
-----
★Mikiko
09/12/2008 07:46:18
□羨ましい……
 はいはい、おはようございます。
 って、ぬわにい、風俗のお店のシャワールームだとお!
 す、すると君は、風俗嬢か?
 しかも、浣腸プレイとくれば、SM系?
 いぃなあ。
 わたしは、心底風俗嬢に憧れておるのじゃ。
 生まれ変われたら、女性相手の風俗嬢になりたいとさえ思っておる。
 わたしはこう見えて(見えないか)、女性にご奉仕するのが大好きなのだ。
 あの女教師とは、本当は正反対。
 しかし、風俗のお店のシャワールームってことは、うんちするとこをそばで見られてたってことでしょ?
 どんなんだろ、人に見られながらうんちする気持ちって。
 Mikikoも、「臭い!」ってなじられながら、泣きながらうんちがしてみたい……。
 考えただけで疼きます。
 以前、コーヒーエネマの体験談を寄せてくれた子がいたけど、やっぱり実体験者の話は、すげーリアルでわくわくする。
 もっともっと聞かせて!

 天皇陛下は、手の振り方も見事でしたけど、何よりわたしが感心したのはその微笑み。
 わたしの前を通り過ぎたのはほんの一瞬だったけど、陛下はあの微笑みをずーっと続けてるわけだからね。
 凄絶なプロフェッショナルを見た、って感じがしました。

由美と美弥子 052
★Mikiko
09/12/2008 07:55:00
□こんどは液晶が壊れた!
 きのうの朝、PCを起ち上げたら、画面が映りません。
 液晶のインジケーターが灯らないのす。
 何度も電源ボタンを押すも応答無く、完璧に心停止。
 しばらく呆然としてましたが、ハッと思い出し、天袋の奥を探りました。
 そこから取り出したエロ本、じゃなかった、昔使ってた液晶を繋いだところ、何とか映ってくれました。
 ところが今度は、マウスが動かない。
 でもこっちはコネクタを差しなおしたら、あっけなく動きました。
 液晶を取り替えるときに、マウスのコネクタが緩んだみたいです。
 でも、よかった……。
 一瞬、今日の投稿が出来なくなるんじゃないかって、ヒヤヒヤしました。
 この騒動で、きのうは1枚も書けなかった……。
 しかも昔の液晶なので、これが気味の悪い色。
 テレビもPCも酷い色で悲しい。
 色盲になったみたいです。
 この部屋には色がない!、とMikikoは叫びました……。

由美と美弥子 053
★Mikiko
09/14/2008 07:35:04
□黒羊ちゃん登場!
 051の黒羊ちゃんのコメントに感激したので、今回は急きょ、黒羊ちゃんに登場してもらいました。
 でも安心してね。
 ちゃんと目元は線で消しといたから。
 051のコメントでも判ると思うけど、今回の場面、わたしが感情移入してるのは、女教師じゃなくて美弥子のほうです。
 つまり黒羊ちゃんは、わたしの涙と涎でべちょべちょになっちゃったってこと!

 しかし、汚い……ですね、この部屋。
 トイレの場面でも書いたことですが、いったい誰が掃除するんだ、ここ!
 てなわけで、とっちらかしたこのシーンはこれでお仕舞い。

 子供のころ、近くに従姉妹が住んでました。
 従姉妹は、よくわたしの家に遊びに来ました。
 近くといっても、子供一人で来れる距離ではなかったので、叔母と一緒です。
 叔母が母と話をしている間、従姉妹はわたしの部屋で過ごしました。
 従姉妹は、わたしのおもちゃ箱から、ひとつひとつおもちゃを取り出し、部屋中に広げていきます。
 絶対に遊ばないようなものまで引っぱり出して、部屋中にまきちらすのです。
 お片付けが苦手だったなわたしは、だんだん憂鬱になってきます。
 絶望的なほどおもちゃが広がったころ、叔母が従姉妹を迎えに来ます。
 従姉妹は、「ミキちゃん、またね」って手を振って、意気揚々と帰って行きました。
 部屋に残ったわたしは、ひとりおもちゃを片付けます。
 オレンジ色の夕陽が、転がった人形の片頬を染めていました。
 わたしは今、この人形と同じ顔をしてる、そう思いました。
 もちろん、人形みたいに綺麗な顔ってことじゃありませんよ。
 人形のように無表情ってことです。
 少しでも顔が歪んだら泣き出してしまいそうだったから、顔に表情が現れないようにしていたのです。

 ひょっとしたら、あれがトラウマになったのかなあ。
 この小説で、好きなだけとっちらかしてずらかる、という書き方をしてしまうのは……。

 ということで、次回からは女教師に視点を移します。
 この女教師が、悪行を働くようになっていった経緯を描いていきたいと思います。
 また遠回りかい!、って怒らないでね。
 わたしにはミョーに律儀なとこがあって、裏をきっちり書いとかないと落ち着かんのです……。
-----
☆黒羊
09/14/2008 11:25:04
□ クハっ。やってくれたなMikikoさん……
 それにしても、見事な**ですね。私こういうのはちょっとだけ苦手です。
 ただ、友人というかお姉さんが、こういうSMプレイをやっていて、放尿とか、**やっていました。それでお店のママさんに「あんた絶対Mでしょ」とか言われてましたね。本人は「え~、違うよ~」とか否定してましたけど。**やりたい人ってなんかMかも。MikikoさんもMかもですね。

>次回から
 また、女教師が悪行を働くようになった原因の過去とかなったりして。杞憂でしょうけど。
 そこはかとないサプライズ、嬉しかったです。頑張って下さい。
-----
★Mikiko
09/14/2008 11:53:06
□喜んでいただけました?
 今日はお休みなので、速攻でコメント返し。

 えー、でもそれじゃ、黒羊ちゃんがSM嬢ってわけじゃなかったの?
 風俗嬢姿で登場させちゃったのは、わたしの早とちりか……。
 でも、いいお姉さんがいて、うらやましい。

 もちろんわたしは、Mです。
 MikikoのMは、マゾのM!
 でも、鞭でぶたれたり、縛られてローソク垂らされたりするのはイヤです。
 そういう苛められ型のMじゃなくて、わたしの場合、ご奉仕型のM。
 延々と舐め続けたりするのが大好き(2時間くらい平気)。
 今はそういう相手がいないので時間が余って、こんなエロ小説を書いておるのじゃ。

 次回からの話は……、残念ながら杞憂ではありません。
 女教師の過去に遡っちゃいます。
 黒羊ちゃんはきっと、早く由美との場面に戻ってほしいんだろうけど……。
 そういう人、ほかにもいそうですね。
 でも、もう少し、つきあってね。
 Mikikoを捨てないで!
 絶対、面白く書くから。
-----
☆黒羊
09/14/2008 16:26:55
□さいほー
>えー、でもそれじゃ、黒羊ちゃんがSM嬢ってわけじゃなかったの?
 うーん、浣腸はアナルにアレをぶち込まれる為だったりする。。
 なんか穴が小さい(弱い?)らしく、よく血が出たりしたよ。痛いだけだったな。形が良いと、感じる事もあるけど(笑)。

>次回からの話は……、残念ながら杞憂ではありません。
>女教師の過去に遡っちゃいます。
 えーと、なんか勘違いさせてしまったみたい。ごめんなさい。
 その女教師の過去に遡った後、たとえば、その女教師をたぶらかした人物の過去とかに遡ったらヤだなって話でした。
 別に、自分の書きたいように書くのが一番だから。そんな急かしてる訳じゃないんだ。気張らないで好きなように書いて下さい。><
 ではでは、再訪失礼しました。
-----
★Mikiko
09/14/2008 17:12:41
□昼寝から覚めたら、またコメントがあって嬉しい!
 うぅ、優しいな黒羊ちゃん。
 大丈夫、そこまでは遡りません。
 基本的に男は書きたくないの。
 これからも一生懸命書くから、絶対読んでね。

 しかし……。
 黒羊ちゃんのアナルにアレが突っ込まれるってのは、凄いショック……。
 ひょっとして、デリヘルかなんか?
 そんでも、血が出るならやめたほうがいいよぉ。
 ヘンな病気になっちゃうよ。
 わたしが、流れる血を舐めてあげたい……。

由美と美弥子 054
★Mikiko
09/15/2008 07:35:39
□聞こえますか、わたしの声
 ゆうべ、サイドバーからメールくださった方。
 ご返事したいと思ってますが、メールアドレスが入ってませんでした。
 もう一度、メルアドだけ入れてください。

 わたしの文体は、かなり癖があると思ってます。
 すらすら読める文体じゃないよね。
 受け付けない人はまったくダメなんじゃないかな(エグいの一言で片づけられそうです)。
 でも、はまってくれる人は、少ないながらもいると思ってます(思ってなきゃ続けらんない)。
 わたしの文体にはまってくれるってことは、わたしに近い回路を持ってるってことですよね。
 だから、毎回「由美美弥」を読みに来てくれる人っていうのは、わたしにとっては懐かしい同志のような存在です。
 たぶんみんな、この地球は生きづらいって感じてるんじゃないかな?
 なんだか最近は、地球に紛れこんだ同志に向かって、わたしたちにしか通じない暗号メッセージを送ってる、そんな気がしてます。
-----
☆エテキチ
09/15/2008 22:24:54

レズSM小説最高です( ^ω^)
ネットで探してもレズ&百合作品は大抵が精神的というかピュアというか
心の繋がりというかぶっちゃけエロく無いんですよね。
レズだって肉欲オンリーでもいいじゃんね( ^ω^)

結構ここ、期待してます。
-----
★Mikiko
09/16/2008 07:23:25
□期待してください
 すげー率直なご意見をいただき、思わず吹き出しちゃいました。
 やっぱ、秘密の暗号メッセージが通じてるヤツがいた!
 実はわたし、ほかのレズ小説ってほとんど読んだことないんだよね。
 読む時間がないってのが一番なんだけど、もしほかのを読んで、自信なくして書けなくなったら怖いってのもあります。
 だから、こういう比較意見は大変ありがたいです。
 そうか、エロいレズ小説は少ないのか……。
 そこが、「由美美弥」の生きる道だな。
 レズだって肉欲オンリーでもいいじゃん!
 期待してね。

P.S.
 ハンドルが怪しすぎて、一瞬スパムかと思ってしまったぞ。

由美と美弥子 055
★Mikiko
09/17/2008 07:28:57
□ホストクラブ
 わたしは、ホストクラブに行ったことがありません。
 まあ、行きたいとも思いませんけど。
 しかし、女子高の先生たちが、二次会でホストクラブに行くかい?
 これは、ちょっと書きすぎだったかなって思ってます。

 エロ描写のない回が続きますが、ご容赦ください。
 ここはスタスタッと進みたいところなので、あえて描写は控え、説明的な文章で先を急ぎます。

由美と美弥子 056
★Mikiko
09/19/2008 07:34:03
□美マンの話
 わたしは、女性のあそこが大好きです。
 女のあそこは醜悪で、男の方がよっぽどかわいいなんて言う人もいるけど、わたしはそうは思わない。
 そんなにたくさんのを見てきたわけじゃないけど、どんなにキツい性格の子でも、あそこだけは文句なしにかわいかった。
 そんな中にひとり、ほれぼれするほど造形的な子がいました。
 本当に、スイーツみたいでした。
 あれを型に取ってコンクールに出したら、金賞間違いなしってほどでした。
 真ん中に鏡を立てたように対照形で、クリは真珠を飾ったように見えました。
 今は、自分のあそこ(並品)しか見れなくて悲しい。

 さて、女教師の初体験シーンは、あっさりカットね。
 男は書きたくないんで。
 先を急ぎましょう。

由美と美弥子 057
★Mikiko
09/21/2008 07:42:03
□剃毛
 この女教師は、由美みたいな無毛症ではありませんでした。
 剃毛してたってわけね。
 実はわたし、パイパンを見たことがありません(剃ったのも含めて)。
 すっごく憧れてます。
 見たいです。
 まあ、いざとなりゃ、自分のを剃れば見れるんですけど。
 でもわたしのは、大陰唇に色素が沈着しちゃってるから、剃ってもあんまし綺麗じゃないと思う(色素の沈着は使用頻度と関係ありません。体質と年齢です)。
 前回書いた美マンは、大陰唇まで真っ白でした(毛はあったけど)。
 今でも夢に出てきます。

 さてさて、足早大急ぎの説明的叙述も、ようやく終わりです。
 『濫觴(らんしょう)』シリーズが始まってから、4回続けて会話ゼロでした。
 ああ息が詰まった……。
 でも、ようやく足が止まりました。
 ここからは、じっくりと描写していきたいと思います。

 新潟は今、稲刈りの真っ最中です。
 きのう、車の窓空けて郊外を走ってたら、稲藁の匂いがプンプンしました。
-----
非公開コメント
-----
★Mikiko
09/21/2008 16:36:37
□お昼寝から醒めたら……
 どっひゃー!
 ついにご近所からコメントが来た!
 ゆ、油断ならん……。
 ひょっとして、どっかですれ違ってるんじゃ……。
 ええい、狼狽すな!
 同じ新潟市といっても、人口80万もおるんじゃ。
 そんなはずは……。

 しかし……。
 自分の認識の甘さを痛感しました。
 まさか、○○を営んでらっしゃる方に、わたしの読者がおられるとは……。
 新潟のエロ度は、わたしが思ってるよりか、ずっとずっと高かった……。
 でも、こういう方に読んでもらえてるんなら、新潟のローカルネタも書き甲斐があるというものです。
 これからもがんばります!
 読んでね!
-----
非公開コメント
-----
★Mikiko
09/22/2008 07:14:36
□農道が通学路……
 うーむ。
 生活環境が似ている……。
 どっかですれ違ってるぞ、やっぱり。
 ローカルネタへの突っ込み、期待してます。
 でも、わたししか読めないんじゃもったいないから、みんなにも見れるようにして!

由美と美弥子 058
★Mikiko
09/22/2008 07:20:20
□子宮癌検診を受けよう
 わたしもいい歳になりましたので、子宮癌検診は、会社の健康診断で毎年受けてます。
 さすがのわたしも、検診の最中、助平なことを考えることはありません。
 ヘンなこと考えてると、癌が見つかりそうで怖いですから。
 黙々と白い天井を見てるだけです。
 お腹にかかったカーテンの向こうで、先生も黙々と診察してらっしゃいます。
 ただ、二人のこの姿勢を、そのままプライベートな場に持ってったらすげーよなとは思います。
 おんなじ姿勢でも、シチュエーションが違えば気分も全然違うってことです。
 あたりまえですけど。
 子宮癌検診の効能は、癌が見つかるだけではありません。
 去年の検診で、同僚のひとり(既婚者)が、流産しかけてるのを発見されました(切迫流産)。
 このうかつな女は、妊娠してることにさえ気づいてなかったのです。
 その後、彼女の仕事がこっちに回ってきたりして大迷惑こきましたが、この夏彼女は無事女の子を出産しました。

 女生徒が、風邪気味で鼻を啜ってるってとこ、覚えておいてね。
 お楽しみを用意してありますから。

由美と美弥子 059
★Mikiko
09/24/2008 07:19:53
□不思議な現象
 これまで、由美や美弥子が便秘に苦しむというシチュエーションを何度か使いました。
 ですが、実はわたし、便秘の経験がないんです(したがって浣腸の経験もない)。
 ひょっとして、生まれてから今日まで、うんこをしなかった日は1日もないのでは……。
 下痢はしょっちゅうですけど。
 さらに、今年小説を書きだしてから、妙な現象が起こるようになりました。
 小説書いてると、うんこがしたくなるのです(オナニーしたくなるなら判るけど……)。
 これって、産みの苦しみってやつ?
 あぁ、今いいところなのにぃ、と我慢しようとするのですが、そんときはもう集中できなくなってますから、仕方なくトイレに行きます。
 1時間の執筆時間中に、最低2回うんこします。
 そのあと、朝食前と後にもするから、朝4回うんこします。
 息むことはありません。
 座った途端、どばどばと出ます。
 食べた量より増えてんじゃないかと思うほど、大量に出ます。
 うんこは朝だけで、あとは翌朝まで出ません(あんだけ出しゃ、あたりまえだわな)。
 小説書いて、うんこ4回して、あとオナニーも必ずするから(これは1回)、わたしの朝は本当に忙しい。

 しかし……。
 「エロ本を拾った話」を投稿してから、何を書いても恥ずかしくなくなったなぁ。

 この女生徒、ちょっとおデブちゃんですね。
 実はわたし、固太り系の子が大好きです。
 横から見たお腹が、恥骨の上から急角度でせり出してる子っていますよね。
 あれです。
 あれがいいのです。
 目が釘付けになってしまいます。
 オヤジの目をしてるって判ってながら、目をそらすことができません。

由美と美弥子 060
★Mikiko
09/26/2008 07:19:19
□チャーシュー党
 下腹部にできる、ハムを括ったようなくびれ!
 別名、焼き豚。
 固太り系の子には必ずできますよね。
 わたしゃ、これに目が無い。
 そこに濃いめの産毛が密生してたりすると、ほんと最高。
-----
☆黒羊
09/26/2008 21:50:42
□焼き豚など。
 お久しぶり(そうでもない?)です~ mikikoさん♪
 とうとう女教師がレズに目覚め、面白くなってきましたね。毎回楽しみに読んでいます。それにしても投稿期日を守っていて、なんて忍耐力のある人なんだと感心しております。語彙も豊富で、本をたくさん読まれてるんでしょうか。とくにエッチな語彙に関しては・・・。どこで仕入れることができるのか不思議で仕方ありません(w)冗談はともかく、こんなに書き続けることが出来るなんて、無意識下で四六時中小説のことを考えてるのかもしれませんね。しっかりとしたプロットがあるのかもしれませんが・・・。
 なにより、こういうエッチな小説を書くってとても勇気がいると思います。自分のやばい所をさらけ出すって、とても私にはできません。;; 自分で言うのもなんですが、シャイなので(どこが)。小説を書くというのは、つらいとは思います。私はこっそり応援してますからね。そこのところ宜しく(ぇ。
 関係ありませんが、私は(も?)どちらかというとポッチャリした子が好きです。ハムって、なんか美味しそうですね~。
 ではでは~、次は日曜日でしょうか。楽しみに待ってます~。
-----
★Mikiko
09/27/2008 09:13:52
□やっと来てくれた……
 うぅ……。
 黒羊ちゃん、本当に久しぶり。
 見捨てられたかと思ってた……。

 わたしが投稿期日を守ってられるのは、ひとつはストックがたくさんあるためです。
 特に最近は、調子がいいのか慣れたのか、1時間で4~5枚コンスタントに書けるようになりました。
 で、投稿が週4回に増えたのに、ストックは減るどころか逆に増えてます。
 すぐに投稿できる状態のストックが、50回分くらい貯まりました(原稿用紙150枚分くらい)。
 期日を守れるもうひとつの理由は、私生活が充実してないからです。
 プライベートが忙しかったら、こんな規則正しく投稿してられないよね。
 あともうひとつは、やっぱり性格かな。
 とにかく律儀なんです。
 約束はやぶれない。
 仕事では、この性格が評価されてます(たぶん、便利なヤツって思われてるだけだろうけど)。
 ところがこの性格、プライベートではあまり評価されません。
 自分ではそんなつもりないのに、だんだん相手は、無言で非難されてるように感じるらしいのです。
 最後は逆ギレされて終わりってのが、結構ありました。

 そんなにエッチな語彙、豊富かな?
 自分としては、同じ語句ばっかり使ってるなぁ、って思ってました。
 エロ小説なんかほとんど読んだことないし、いったいどっから仕入れたんでしょうね。
 そういえば中高生のころ、授業中、国語辞典でヤらしい語句ばっかり探してた覚えがあります。
 確か「陰核」という語もそれで知りました(雅語では「みほと」と言うそうです)。

 「由美美弥」を書き出したのは今年の1月でした。
 そのころは無意識下どころか、はっきりと意識下で小説のことばかり考えてました。
 てゆうか、エロシーンが四六時中頭に浮かんでくるのです。
 それをわたしは、実況中継のように頭の中で描写し続けてました。
 通勤の行き帰りにも、もちろん仕事中も……。
 さすがに今ではそんなことなくなりましたけど、きっと無意識下では考えてるのかな。
 ちなみに、プロットはまったく作ってません。
 わたしの場合、シーンが先にできていて、そのシーンをつなぐためにストーリーをつくっていきます。
 言ってみれば、最初はビーズ玉が散らばってるような状態。
 ビーズ玉のひとつひとつがシーンだとします。
 わたしの次の作業は、このビーズ玉をひとつひとつ拾って糸に通していくことです。
 つまり、この糸がストーリーです。
 唐突な感じじゃないように、必然性を持ってつないでいきたいので、いろいろと悩みます。
 そのビーズ玉の先端では、糸がだらんと下がってます。
 その先がどう伸びていくのか、わたしにもわかりません。

 「とても私にはできません」って、なんか、わたしがシャイじゃないみたいじゃない?
 わたしは、面と向かうとものすごくシャイなんです。
 その反動が、「由美美弥」を書かせてるって感じですね。
 でも最近、コメントの節操が無くなってきたようなんで、少し反省……。
 「こっそり応援」じゃなくて、あからさまに応援して!
 こういう小説を投稿し続けながら、何の反応もないってのは、やっぱりツラいです……。
-----
☆黒羊
09/27/2008 19:18:36
□無題
 こんにちは~。
 なんというか、何を話すべきか思い浮かばなかったというか。
 まあいっかで延び延びになってしまいました。
 小説の投稿をしていて何の反応も無いって空しいですよね。わかります!(わかっているなら感想くれ、という突っ込みはナシでw)
 それで今回、急に感想がしょぼーんとした感じになってたので、もしや落ち込んでるのでは? 感想書かねばと馳せ参じました。w
 なんか、その予感があたってたので少々罪悪感を感じたり。う~ん、ご免ね。
>原稿用紙150枚分くらい
 うわ~、すごおい! 何ヶ月もさぼっても大丈夫そうですね。かといってさぼると腕が鈍るかもですが。
>あともうひとつは、やっぱり性格かな。
>とにかく律儀なんです。
>約束はやぶれない。
 まじめなんですね。そういえば頭のいい子はエッチな子が多いってよくいうけど、エッチな子は頭がいいのかな? そもそもエッチな基準がわからないから何も言えないけど。私はどちらかというとエッチだねぇ~。頭悪いがな。
 やっぱりそういう性格は、損な役回りが多いのかな。でも、約束守れる人ってカッコいい。
>自分ではそんなつもりないのに、だんだん相手は、無言で非難されてるように感じるらしいのです。
 たぶん、自分はちゃんと守ってるのに・・・というのが顔に出ちゃってるのかな。むしろ全然気にしてませんという笑顔が怖いとか。相手が約束を守ろうが破ろうが気にしないってのは・・・・難しいよねぇ。
>てゆうか、エロシーンが四六時中頭に浮かんでくるのです。
>それをわたしは、実況中継のように頭の中で描写し続けてました。
>通勤の行き帰りにも、もちろん仕事中も……。
 それはそれは羨ましいというか、ご愁傷様というか。どちらにしても才能があるんでしょうね。官能小説を書く才能という名の魔物が心に住んでるのでしょうね。凄いな。一時間に四五枚とは、羨ましすぎです。
>「とても私にはできません」って、なんか、わたしがシャイじゃないみたいじゃない?
 これはただ謝るしかありません。ごめんなさい。思い至りませんでした。
 きっと普段はいたって普通に真面目な方なんでしょうね。そして真面目すぎるからこういうお話を自分の内にためこむのかもしれませんね。
> 「こっそり応援」じゃなくて、あからさまに応援して!
>こういう小説を投稿し続けながら、何の反応もないってのは、やっぱりツラいです……。
 ということで、堂々と応援する許可が出ました。w
 色々と傷つけてしまったかもしれませんが、これからも宜しくです~。
-----
★Mikiko
09/28/2008 08:36:12
□やっぱり優しい……
 すごく嬉しいです。
 落ちこんでるとこまで、お見とおしだったとは……。
 だって、以前コメントくださってた人たちが、ぜんぜん来てくれなくなって……。
 そのうえ大事な黒羊ちゃんまでいなくなっちゃったかと思って、ほんと切なかったです。
 ひょっとしてヘンなこと書いたのかなって、さかのぼって自分のコメントを何度も読み返しました。
 わたしは親しみを感じると、すぐになれなれしい口調になるので、それがいけなかったのかもとか、いろいろ考えました。
 誰か新しい人が来てくれるまで、またひとりで待ってなきゃいけないのかって、気持ちは半泣きでした。
 だから、ほんとに嬉しい。
 わたしはひどくホレっぽい女で、とくに優しくされるとダメなんです。
 もう、ほとんど惚れちゃいました。

 そうだよね……。
 やっぱり、わたしの顔に出てるんだよね。
 無償奉仕してますみたいな顔して、その実、見返りを求めてる……。
 だから、あいてがそれに反応してキレるんだよね。
 今度からもう、口ではっきり求めてやろうか。
 わたしはこんなにしてあげたんだから、あなたもこうして!、って。
 できん、だろうな……。

 黒羊ちゃんのお見とおしどおり、わたしは典型的なむっつり助平です。
 明るく下ネタなんてできない。
 会社では、わたしにはマンコなんてありません、って顔してます。
 まさかわたしが、毎朝エロ小説書いてオナニーしてから会社来てるとは、誰も思わんだろうな。
 わたしがこのブログやってることがバレたら、みんな唖然とすると思う。
 よくテレビで、殺人犯がつかまったあと、「とてもそんなことをする人には見えませんでした」って近所の人が驚いてるの見るけど、まさしくあれですね。

 でも黒羊ちゃん、あなたひょっとして小説書いてんじゃないの?
 原稿の分量とか、体感してるみたいだし……。
 しかも、「小説の投稿をしていて何の反応も無いって空しいですよね。わかります!」っての読むと、ご自分のページ持ってんじゃないの?
 だったら、アドレス教えてよ、読みに行くから。
 山のようにコメント入れてあげる、本文より長いくらいのやつ。

 今回は、ほんとうにありがとね。
 Mikikoは幸せものです。

由美と美弥子 061
★Mikiko
09/28/2008 08:43:30
□曼珠沙華
 先週の後半は、雨が続きました。
 庭の彼岸花が雨に濡れて、悲しいくらい綺麗でした。
 わたしの家からさほど遠くないところなんですが、田んぼの真ん中に、小さな砂山が一直線に連なってる場所があります。
 この砂山は、大昔、ここらが海岸線だったころに出来た砂丘の名残だそうです(砂丘からは、縄文時代の遺跡が出ます)。
 てっぺんに松林をいただいた、そんな小さな砂丘のひとつに、たくさんのお墓が張りついてる斜面があります。
 もちろん縄文時代のお墓ではありませんが、みんな古びてて、石の表の文字が読めなくなってるものもありますから、たぶん江戸時代くらいのはあるんじゃないでしょうか。
 ここらは低湿地なので、洪水のとき水につからないよう、お墓を砂丘に上げたのかも知れません。
 そういう古いお墓を見上げてると、昔の人たちがひっそりと立ってるようにも見えます。
 そしてこの季節、その斜面が、曼珠沙華の花で真っ赤に覆われるのです。
 一面の曼珠沙華の中に、点々と散らばる茶色いお墓。
 先週は、斜面を覆い尽くす曼珠沙華が雨に濡れて、凄かっただろうな。
 今年はたぶん、見に行けないと思います。
 心の弱ってるときに見ると、胸に灼きついてしまう景色です。
-----
☆黒羊
09/28/2008 10:53:56
□千年に一度とかいう優曇華も見てみたい
 ごきげんよう、黒羊です~。
 お庭に彼岸花が咲いてるんですか。ロマンティックですね。素敵。
 古来からお墓と彼岸花は相性が良いです。彼岸花が多く咲いてるお墓は、異界への入り口みたいでドキドキしますね(なんて子供なw)。
 確かに一面真っ赤だと、こころの奥底からよくないものが出てきそうですね。ぞわぞわ~とおぞましい感じ。心臓に悪そうだな。
 雨に濡れた彼岸花どころか、生の彼岸花なんて見たことない! 東京のどこかに咲いてないかな。みきこさんいいな、いいな。
-----
★Mikiko
09/28/2008 11:49:51
□ここで逢うたが百年目
 憂曇華の花といえば、敵討ちのセリフにあったね。
 「盲亀の浮木、憂曇華の花待ち得たる今日の対面」、とか言うんだったよね。

 しかし、彼岸花くらい東京にもあるでしょう?
 見たことないってのは、異常ですよ。
 皇居にありませんか?
 公園なんか、新潟よりずっと整備されてるんだから、絶対あるよ。
 日比谷公園とか。
 そういえば、芝公園近くの会社にいたころ、そのあたりで見たような気がするぞ。
 生育条件も、東京の方がずっと合ってると思うよ。
 だって、冬の間ずっと晴れてるから、光合成がいっぱいできるでしょ。
 新潟では、花後の葉がすぐに雪に埋もれてしまうから、あんまり元気じゃないんだよね。

 曼珠沙華の斜面は、結局今日行かなかったから、今年はもう見れません。
 来週じゃ、もう花は散ってしまってるはず。
-----
☆ブルーベリー
09/28/2008 18:02:54
□RE:彼岸花
こんにちわ。
久しぶりにレスします。

彼岸花の話題が出ていたので、コメントさせてもらいました。

私も今年は、やけに彼岸花が目に付く秋だなと感じていました。
うちも、庭や畑なんかにいっぱい咲いていますよ。
黒羊さんが見たことないと、仰っていたので写真を撮ったのですが、写真のUPはできないんでしょうか?

何か、いい方法があったら教えてほしいです。

うちも稲刈りが終わり、秋本番となってきましたね。
一気に寒きなってきたので、昨日ストーブを出してしまいました(汗)

最近寒暖の差が激しいので、皆さんも風邪には気をつけて下さいね。

また、時間があったらレス入れますね。
-----
★Mikiko
09/29/2008 07:21:25
□ブルーベリーさん、お久しぶりです
 みなさん、ブルーベリーさんをご紹介します。
 ブルーベリーさんは、057でコメントくださった、うちのご近所さんです。
 とても変態レズ小説のコメントとは思えない、ほんわかした文を書いてくださいます。
 わたしには、こーゆー人が変態レズ小説を読むということが信じられんのだが……。
 ブルーベリーさんは、新潟市で農業を営んでらっしゃいます。
 「うちも稲刈りが終わり」って書いてらっしゃるから、言っちゃっていいんですよね。

 ほんとうに最近、ちょうどいい気候の時期ってのが短くなりました。
 まだ扇風機出してるのに、もうストーブが恋しいんだから。

 わたしも見たいな、その彼岸花の写真。
 うちの彼岸花はブロック塀の際に咲いてて、写真撮ってもいまいち綺麗くないんだよね。
 UPの方法ですが、やはりわたしがお借りして掲載するしかないようです。
 わたしのメールアドレスを別便でお知らせしますので、よろしければそこに送ってください。
-----
★Mikiko
09/29/2008 15:01:57
□ブルーベリーさんから彼岸花の写真が届きました
 ブルーベリーさん、お写真ありがとうございました。
 さっそく掲載させていただきます。
 このお写真、ブルーベリーさんのおうちの畑だそうです。
 背景から、敷地の広大さが伝わってきますね。
 うちの庭とは大違いじゃ。
 いっこくも早くみなさんにお見せしたかったので、危険を冒して会社からUPしました。

 しかし、FC2ブログのコメント欄に画像を表示させるのは簡単ではなかった……。
 「IE」と「Google Chrome」でしか表示確認してません。
 表示されないブラウザがありましたら、お知らせください。

彼岸花
-----
☆黒羊
09/30/2008 05:49:33
□月光に照らされた曼珠沙華ってのも良いと思う。
 写真拝見させて頂きました。
 うわっ、きれ~。自然から浮いてるような、不自然な赤ですね。触ったら危ないような、毒々しい赤です~。
 ブルーベリーさんどうも黒羊めの為にありがとうございました。そして会社からUPするなんていう蛮勇、みきこさんにも感謝しております~。
 東京で彼岸花、きっとあるんでしょうね。でも見たことない。んー、なんでかなぁ(w)。公園とか昔はともかく蚊がいっぱいで近づかないから、かなぁ。
 ちなみに、ブログで小説はもうやらないと思う。批評、入りにくいしね。
-----
★Mikiko
09/30/2008 07:52:15
□なんと典雅な……
 ブルーベリーさん、黒羊ちゃんが喜んでくれましたよ。
 Mikikoも、危険を冒した甲斐があったというものです。
 しかし、会社でこのブログ開いてるときは、ゴルゴ13の心境でしたねえ。
 「おれの後ろに立つな!」

 でもさあ、やっぱ若い子って純真よねえ。
 わたしなんか、敷地の広さにばっかし目がいって……。
 しかしこのブログ、彼岸花の話でこんなに盛り上がるなんて、なんと典雅なブログになったんざましょ。
 とってもエロブログとは思えないざんす。

 ほーら、やっぱ小説書いてたな。
 だから、わたしが行ってあげるって。
 ひとりで扇子振って、賑やかし、したげるからさ。
-----
☆ブルーベリー
09/30/2008 14:26:42
□喜んでもらえて、嬉しいです。
こんにちわ。

早速反響を頂けて、写真をお送りして良かったです。

やっぱり、田舎に住んでいるだけあって、季節に敏感になれるのかな?
なんか、歳を取るに従って、自然に目が向いちゃうような気がします。

家の周りには自然がいっぱいだから、また機会があれば、季節感のある写真でも撮ってお送りしますね。

由美と美弥子 062
★Mikiko
09/29/2008 07:29:12
□秋ですねえ
 朝晩めっきりと涼しくなって、本格的な秋になりました。
 夏は大嫌いなんですが、本当に行ってしまうと名残惜しいような……。
 この秋がだんだん深まっていって、またあの冬が来ると思うと気が重くなります。
 東京に住んでたときは、冬が大好きでした。
 大学受験で東京に出てきたとき、毎日毎日空が晴れてるのに感動しました。
 受験で苦しい時だったのに、外に出ると気分が浮き立ちました。
 東京に住むようになってから、秋は楽しい季節になりました。
 あの大好きな冬を待つ季節になったからです。
 秋が深まって、窓を開けたときの風の匂いが変わると、「冬の匂いだ!」とひとりはしゃいだりしたものです。
 新潟に帰ってから、再び秋は憂鬱な季節に変わりました。
 あの冬が、ひとあしひとあし近づいてくるのを、うなだれて待つ季節に戻ったからです。
-----
★Mikiko
09/29/2008 15:08:47
□ブルーベリーさんから彼岸花の写真が届きました
 061のコメントに、ブルーベリーさんから送っていただいた彼岸花の写真を掲載いたしました。
 みなさまも、ぜひご覧になって、越路の秋を感じてくださいね。
 では、ごめんあそばせ。

由美と美弥子 063
★Mikiko
10/01/2008 07:35:16
□幹事です
 あさっては会社の飲み会。
 幹事はわたし。
 アミダで当たっちゃったんです。
 こういうの、本当に苦手です。
 社長まで来るって言うし……。
 当日のキャンセルは出来ませんって言ってても、どうせまたドタキャンするやつ、いるんだろうな。
 それでも連絡してくるのはまだマシで、何の連絡もせず来ないってやつもいる。
 携帯かけると、「あ、忘れてた。ごめん、今日無理だわ」。
 ……。
 ところが、こういう無責任男が幹事やると、何の支障もなく全員揃っちゃったりするんだよね。
 世の中、間違っとる……。

 今日は10月1日。
 週4回投稿になってから、1ヶ月経ちました。
 思えば1ヶ月前、9月1日は最初の月曜投稿日で、すげー張り切ってたのを思い出します(046のコメントを見よ)。
 続けられるかドキドキものだったんですが、今は週4回が余裕でこなせるようになりました。
-----
☆博多のミリ
10/02/2008 02:32:55
□初めまして。
いつも楽しみに週4日お邪魔しています。

いつもドキドキさせられて、
mikikoさんの文章力には感心しています。
私はレズの経験はないけど、
キョーミ出てきたりして。

ここに来た切欠は
この人気ランキングで私とmikikoさんとが、
並んでいたから。

私は私小説を書いてましたが、
途中でエネルギーがなくなり、今はオヤスミ中。
そのうち再開は予定してますが、
それに比べてmikikoさんのパワーはすごい!

おっと!もうこんな時間です。
ではオヤスミナサイ。
-----
★Mikiko
10/02/2008 07:47:25
□博多のミリさん、いらっしゃいませ!
 わーい、新しいお客さんだ。
 といっても、「週4日お邪魔しています」ってことは、前から来ていただいてるんですよね。
 でも、こうして声を聞かせてもらわないと、わたしにはそれがわからないんです。
 もっともっと、みなさんの声が聞きたいです。

 ところで、「この人気ランキング」ってどれのこと?
 「博多のミリ」さんで検索しても、どこもヒットしないよ……。
 それにしても、黒羊ちゃんといい、同業者が来てくれてるってのは、ほんとに嬉しいです。

 私小説でエネルギーを持続するのは、難しいと思うよ。
 でも、小説書けるほどの私生活がある人って、うらやましい……。
 わたしなんか、会社と家の往復だけですから。
 博多のミリさんには、エロ小説書くことをお薦めします。
 からだの奥からパワー湧いてくるよ。
 今朝なんか、朝飯前に7枚も書いたぞ。

 またコメントしてね。
 待ってます!

由美と美弥子 064
★Mikiko
10/03/2008 07:31:47
□男性サービスデー
 男性がレズビアン小説を読んで物足りなさを感じるとしたら、それは射精シーンが無いことじゃないでしょうか?
 やはりカタルシスという点で、レズ物は弱い。
 で、「由美美弥」の場合、失神という形でカタルシスを表現してるわけなんですが……。
 でもやっぱり、射精シーンも見たいたい、よね?
 てなわけで今回、疑似射精シーンをつくってみました。
 鼻汁ですけど。
 058のコメントで、「女生徒が、風邪気味で鼻を啜ってるってとこ、覚えておいてね。お楽しみを用意してありますから」って書いたのは、このシーンのことでした。
 いかがでした、旦那?
 すこしはカタルシス感じてくれた?
 鼻汁とヨダレで、顔射風景も表現してみましたけど。
 リクエストがあったら言ってね。
 「男を出せ」なんてのはダメだけど。
-----
☆ファン
10/03/2008 11:06:10
□お見事
保健室での、女生徒と美弥子との描き分け、巧いですね。
素因があって抗い続ける美弥子と、驚きながらも呑み込まれていく女生徒と。
女教師の行動も、手馴れた段取りで快感を貪る姿と、興奮のあまりボタンも外せない様子との描き分け。
心理的背景まで設定しているMikikoさんですから、今後も、この娘なら、こう反応するよねという、人物像の浮かび上がる展開・描写に期待してます。
-----
★Mikiko
10/04/2008 08:00:06
□またほめられちゃった♪
 お久しぶりです、ファンさん。
 ファンさんは、いつもおだててくださるので嬉しくなっちゃいます。
 ほんと言うと、意識して描き分けてたわけじゃなかったので、なんだかこそばゆいです。
 わたしがエロ場面を書いてるときは、そんなに冷静じゃないんです。
 モーソーのかたまりとなって、鼻の穴ふくらまして書いてます。
 エロ場面では、登場人物たちが勝手に動きだしちゃいます。
 書いてる本人は、それを興奮しながら実況中継してるって感じかな?
 エロくない場面では、ちゃんと冷静なんですけどねえ。
 ファンさんの期待を裏切らぬよう、これからもがんばります!

由美と美弥子 065
★Mikiko
10/05/2008 07:31:48
□『濫觴』のお終い
 はい、女教師の回想シーンはこれで終わりです。
 最後、女生徒の行動は意表つきましたねえ。
 あー、すっきりした。
 気が済みました。
 終わってから言うのもなんだけど、このシリーズのタイトルにした『濫觴(らんしょう)』ってのは、物事の始まりって意味です。
 次回からまた、美弥子と女教師のシーンに戻ります。
 視点の主は美弥子。
 えーっ、て声が聞こえてきそうですね。
 由美ちゃんの待つトイレに戻るのは、もう少し先になります。
 だってまだ、トイレで美弥子が「ごめんなさい、先生」って言ったわけ、書いてないもんね。
-----
☆黒羊
10/05/2008 11:31:32
□じらされ~
 おそくなりました~。
 幹事&話の区切り目お疲れさまです~。
 やっぱりアレですか? 幹事というのは出席者のリストを作ったり、お金を集めたり、色んな段取りをするんでしょうか。むぅ~、大変そう。。
 由美ちゃんの悲痛な叫びが聞こえてきそうですが、別に本に載せるわけではないので、いいんじゃないかな? 字数制限無いし。インターネットの利点ですよね♪
 執筆頑張って下さいませ~。
-----
★Mikiko
10/05/2008 17:13:18
□おかげさまで
 黒羊ちゃん、約束どおり来てくれてうれしい!

 おかげさまで幹事の勤めは、無事終えました。
 当日キャンセルが1人出ましたが、午前中に連絡が来たので支障なし。
 開始時間になっても席が半分以上空いてたときはドキドキしましたが、30分後にはすべて埋まりました。
 恐れていたドタキャンも無く、会は無事終了。
 終わっちまえばこっちのもんだと、二次会の誘いも断り速攻で帰ってきました。

 保健室のシーンから戻れなくなって、いちばん困惑してるのは、書いてる本人です。
 とにかく、次から次へとシーンが浮かんできて、キリがないんです。
 いい加減にせい!、と自分自身を怒ってます。
 実は、保健室の最終シーンはとっくの昔に書いてあるんです。
 あとは、いくつか穴ぼこを埋めて、お終いにしようと思ってます。
 といっても、最終シーンが投稿されるのは、だいぶ先になっちゃうなあ。

由美と美弥子 066
★Mikiko
10/06/2008 07:21:31
□ひとりのお昼
 先週の金曜日は、ぽかぽかと暖かくて、とても良いお天気でした。
 で、昼休み、ちょっと離れた公園まで、お昼を食べに行きました。
 実はわたし、普段は昼食をとりません。
 お昼食べると、何だか気持ち悪くなって、午後の能率が落ちるんです。
 でも、この日は飲み会があったので、お昼を食べることにしました。
 以前、空腹のまま飲み会に出たところ、ひどい酔い方したことがあったもんで。
 コンビニでパンを買って、公園の真ん中にある東屋へ。
 この東屋、二階建てなんです。
 螺旋階段で二階に上がります。
 真ん中に、屋根を支える太い柱が立ってて、その周りがベンチになってます。
 パンを食べてると、雀が寄ってきました。
 東屋には、「ハトにエサをやらないでください」という貼り紙がしてありました。
 でも、雀にやるなとは書いてないので、寄ってきた雀にパンくずを投げます。
 すごい大喜びで食べるので、ほんと楽しかった。
 食べ終えて、タバコを取り出し、一服。
 タバコはずっと止めてたんだけど、相手がいなくなってからまた吸うようになりました。
 ゆっくりと流れる煙を見てたら、中原中也の「帰郷」という詩の一節が浮かんできました。

「あゝ、おまへはなにをしてきたのだと……
 吹き来る風が私に云ふ」

 なんか、異様に物悲しい気分に襲われて、下を向いちゃいそうでした。
 やっぱ、寂しいんだろうね。
-----
☆黒羊
10/06/2008 12:03:58
□Made in Alice
 こんにちは、みきこさん。黒羊です~。
 お昼抜いてるんですね。良い体型してそう。ちょっと羨ましいかも。
 雀さんと昼食って、なんか絵になりますね。あのクリッとした目でちゅんちゅんと、可愛いです。手のひらの上に乗ってくれると良いのにな。
 それで、お相手が居なくて寂しい、ですか。お相手ってやっぱり女性かなぁ。なんか怪しげな匂いがしますねー。ふっふっふ。
 お相手が出来ると良いですね~。ではでは~。
-----
★Mikiko
10/07/2008 07:40:26
□「Made in Alice」って何?
 体型保つために抜いてるんじゃないんだけどねえ。
 ちなみに、体重だけは若いころと同じです。
 でも、体型はムリですねえ。
 もともとメリハリに乏しかったのが、多少は出てたとこが引っこんで、凹んでたところが出っぱって、全体的になだらか~になってしまいました。
 家の近くの砂丘みたいに、風化しつつあるって感じ。
 しばらく前までは、わたしも新しいお相手が出来たらいいなと思っていました。
 でも今は、そうなるのが怖い気持ちのほうが強くなってきてます。
 だって、もしそうなったら、確実に小説が書けなくなるでしょうから。

由美と美弥子 067
★Mikiko
10/08/2008 07:26:05
□秋ですねえ
 このごろ、紫色の花や実が目につくようになりました。
 家の近所の石垣には、ヤブランが一列に植えられていて、今花盛りです。
 ヤブランは、別名をサマームスカリと言いますが、春のムスカリよりも花色が薄くて、やっぱり秋の花だなあと感じます。
 でも秋が深まると、藍玉のような濃い色の実が鈴なりに成ります。
 駅近くの古い家には、かたむいた枝折り戸があって、その隙間からムラサキシキブの実が覗いてます。
 その名のとおり、紫色の実です。
 まだ少し緑がかってますが、枝先までびっしりとついてます。
 もっとも、今「ムラサキシキブ」と呼ばれてる木は、ほんとの名前はコムラサキというのだそうです。
 本物のムラサキシキブは、木が大きくなって実もびっしりとつかないので、小さな庭には不向きなんだそうです。
 隣の駅に電車が止まると、目の前に畑があるんですが、その真ん中で、シオンの花が満開です。
 もうもうと猛っていて、その名から想起されるような、たおやかさはありません。
 そう言えばうちの庭には、紫の秋の花がなんにも無いなあ。

由美と美弥子 068
★Mikiko
10/10/2008 07:31:31
□ごめんなさい
 えー、今回はあやまります。
 自分でも、丸ごと一編引用するつもりなんてなかったんですが……。
 好きな詩だったもんで、つい……。

 わたしがこの詩を初めて読んだのは、高校の現国の教科書でした。
 小説中でも、最初は「現国」と書いてました。
 でも、日本の教育制度はころころ変わるので、不安になってネットで検索すると、今の教科書は「現代文」と云うらしいです。
 あぶねー。

 中原中也は、わたしが好きになった数少ない男性の一人です。
 現国の教科書に載ってた、帽子を被った写真に一目惚れでした。
 通学鞄の中には、ずっと中也の詩集が入ってました。
 好きだったのは、この「一つのメルヘン」のほか、066のコメントで書いた「帰郷」とか、あと「サーカス」。
 そしてなにより、「汚れちまった悲しみに……」。
 中也の心はすべて判ると思ってました。
 大馬鹿だった、あのころのわたし……。
 タイムマシンで帰れたら、後ろから跳び蹴りしてやりたい。
 でもそのあとで、ぎゅっと抱き締めてあげる。
-----
☆黒羊
10/11/2008 10:47:38
□詩
 こんにちは。私詩とか明るくないです。けど、雰囲気は伝わります。なんというか、古めかしいのがいい味を出して、幻想的だなぁ。とか。
 中原さん好きなんですね。私にも好きな人がいます。まあ、太田順也さんですが。ちなみに現代文には出てきません(笑)。
 mikikoさんに触発されて、同じFC2ブログを作りました。けど、mikikoさんみたいに上手くトップページを作れません。スーパージャンプって、HTMLを勉強すれば出来るのでしょうか。ブログで小説って、色々と大変そうですね。mikikoさんは凄いなぁ、と感心するばかり。
-----
★Mikiko
10/11/2008 12:08:55
□「也」つながり
 太田順也さん……。
 し、知らん……。
 中原中也と「也」だけ合ってますね。
 ネットで検索してみたら、なんかゲーム系の人みたい。
 「上海アリス幻樂団」という同人サークルを運営してらっしゃるようです。
 わたしはまったくゲームをしないので、初めて聞くお名前でした。
 有名人なの?
 まあ、「Wikipedia」に載ってるんだから有名なんでしょうけど……。
 「同人サークル」というものがどういうものなのか、わたしにはさっぱりわかりません。
 でも前回のコメントの「Made in Alice」ってのも、これに関係してるみたいだね。
 なんとなく、黒羊ちゃんが由美ちゃんを好きなの、わかる気がしてきた。
 由美ちゃん、アニメ顔だもんね。

 黒羊ちゃんが作ったっていうブログのアドレス、教えてよ。
 見に行くから。
 相互リンクしようよ。
 ここのトップページって、あの目次のこと?
 特別な技術は使ってないと思うが……。
 わたしは、HTMLを体系的に勉強したことがありません。
 でも昔、C言語のプログラマをしてたことがあるので、なんとなくソースは読めます。
 わからないことは、ネットで検索すると、たいがい解決するよ。
 しかし……、「スーパージャンプ」って何?
 ネットで検索しても、漫画雑誌しかヒットしないぞ。
 わたしにできることであれば、お手伝いするからさ。
 同志ができたら、どんなに心強いか……。
-----
☆黒羊
10/11/2008 20:48:50
□プログラマ、mikikoさんがいきなり遠い人に・・・
 こんばんは。ZUNさんが検索に掛けられ、赤面しております。黒羊です。
 Made in Alice、未だに気にしていらしたとは……何だか申し訳ないですね~。別にその時の気分がそれだったというか、さっきまで書いていた短編のサブタイトルがそれだったというだけなのですよ。
 由美ちゃんがアニメ顔、それは鋭~い描写です! 凄い。
 確かにそう言われてみればそうですね。大好きです。アニメ見ませんが(笑)。
 ブログですが、正直恥ずかしい……。赤面(×100)。やばいぃ。。
 といっても、もうここまで言ってしまえば、どうしようもなく……ブログというよりも小説置き場と化してるし……
 ホント、お粗末なんで、期待しちゃダメなんだぜ!( http://blacksheep03lia.blog103.fc2.com/ )
 という事で、宜しくお願いいたします。相互リンク希望でございます。実は既に勝手にリンクしていたり。といっても、訪問数がかなりしょぼいので、アレなんですけどね。
 同士! 良い響き! どこまでもお供いたしますよ。
-----
☆まき
10/12/2008 01:10:07
□初めてコメントしちゃいます^^
今、私の秘密の楽しみの一番って
「由美と美弥子」読むことです。^^
でも更新されてるの知っててもすぐには読まないで
何話か読んでないお話、たまってから読むようにしてるんです。
我慢して読んでないお話がたまっていくのを
耐えるのも好きなのかも・・・・^^
私みたいにして読んでる子って他にもいっぱい
いると思うんです。
MIKIKOさん、これからも応援してます。
期待しちゃってますよ^^
ではまた
-----
★Mikiko
10/12/2008 08:30:37
□黒羊ちゃん、リンクしたよ
 右サイドバー、ど真ん中。
 「Mikiko's Room」の、記念すべき「初」相互リンクです。
 ブログ見ました。
 すっごい可愛いよ。
 なんか色合いが、「Mikiko's Room」の携帯用ページに似てて嬉しい。
 黒羊ちゃんって、プロフィールの画像みたいな人なの?
 やっぱり由美ちゃん系だね。
 浣腸してアナルセックスする子には、とっても見えないぜ。
 しかし、「Author:メリー」ってのは強烈ですね。
 メリーさんの羊……。
 内容はこれからじっくり読んで、そちらのブログにコメント入れます。
 同志よ!
 どこまでもお供いたしますって、本気か?
 Mikikoは、地獄まで行くかも知れんぞ。
-----
★Mikiko
10/12/2008 08:32:09
□まきちゃん、コメントありがとう!
 まきちゃんは、サイドバーからメールしてくれた子です。
 そのお返事で「コメントもしてね」ってお願いしたら、さっそく入れてくださいました。
 うちのお客さんて、どうしてこう良い子ばっかりなんでしょう。
 やっぱ、Mikikoの人徳?
 それに、コメントの文面読むと、絶対マゾだよね。
 管理人がマゾだと、マゾが集まってくるのかな。
 「類は友を呼ぶ」ってやつ?
 たまるまで待ってからなんて聞くと、また投稿日増やしたくなっちゃう……。
 まきちゃんの「秘密の楽しみ」第1位の地位を失わぬよう、これからも一生懸命書きます!
 期待しちゃって。
 こうしてコメントくださることが、一番の応援になります。
 ほんとにありがとう。

由美と美弥子 069
★Mikiko
10/12/2008 08:41:20
□乞う、ご意見
 今まで勢いのまま突っ走ってきましたが、最近少し迷いが出始めました。
 わたしは、自分の頭の中に映る映像を、できるだけそのままお伝えしたいと思ってきました。
 みなさんにも同じ映像が見えるようにと、そういう描写を心がけてきました。
 そのため、自分でもちょっとくどいかなと思う記述も多々あります。
 最近、はたしてこの方向でいいのか、と考えるようになってきたのです。
 わたしの書き方は、みなさんがイマジネーションする自由を限定してしまってるんじゃないでしょうか?
 もっとぼかして書いて、イマジネーションの余地を残す書き方のほうが良いのでしょうか?
 この部屋に「由美美弥」以外の小説が置いてないことからもおわかりと思いますが、この小説は、わたしが生まれて初めて書くエロ小説なんです(エロ以外の小説は書いたことがあります)。
 エロ小説を書いたことがないどころか、ほとんど読んだこともありません。
 読んだと言えるのは、友達の部屋にあったSM雑誌の小説くらい。
 でも、どの小説も、読み始めてすぐにやめました。
 男の人が女の人を苛めるってシチュエーションは、生理的に受けつけなかったからです。
 でも、挿絵だけは美しかった。
「加藤かほる」という挿絵画家の名は、そこで知りました。
 その雑誌のほかは、サイドバーにある「眼球譚」くらいかな(オーシュ卿、すみません。これをエロ小説と思って読むと後悔します)。
 あとは、「エロ本を拾った話」のエロ本に載ってた実話体の読み物くらい。
 ナントカ文庫みたいなのは、一冊も読んだことがない。
 ですから、迷い出すと、本当にどうしてよいやら判らないのです。
 みなさんのご意見を、お聞きしたいです。
-----
☆うな丼
10/12/2008 12:44:47

はじめましてm( )m
うな丼と申します。
 
いきなりでなんですが…僕は今の書き方が好きです。
くどいと感じるときもありましたが、くどいおかげで状況がわかりやすく感じた時もありました。
 
僕は今の書き方で良いと思います。 
 
連載頑張ってください。
応援してます(・∀・)
 
(伝わりにくくてスミマセン;;)
-----
☆ファン
10/12/2008 15:10:19
□鈍感な読者です
Mikikoさんの映像的な表現、私は好きです。
 
想像を促すような書き方って、どういう表現なのでしょうね。
たとえば、セミロングの娘が好きな読者にとって、ショートヘアと書かれてしまうと興醒めだという事でしょうか。
その場合、好きな髪形を想像させるには、どういう誘導をしてくれるのでしょうかね。
髪の質感とか状態を描写するのかな。
私は鈍感なので、何も書かれないと勝手に髪の像が浮かぶというようには読めなくて、何も書かれていない部分には何も浮かびません。
「ぼかして書いて」というのが、私の好き勝手な像が浮かぶように誘導してくれる表現であるなら興味津々ですけれど、私はMikikoさんの映像的描写が好きです。
 
「くどい」というのも、難しいですね。
私は細密描写が大好きです。
もっともっと細密に、毛の太さ長さから、指紋の形まで読みたいです。
長い描写も好きで、好きなシーンは限りなく続いて欲しいです。
つまらない小説を読んでいて「くどい」と感じる時は、単調・平板・同じ、と感じる時ですよね。
描写の付加が変化になっていないと、「くどい」のでは。
上昇にせよ落下にせよ、変化を読んでいる場合は、どれほど長い細密描写も、くどくないと思うのですけど。
 
もしかして、Mikikoさん、簡潔な表現とか考えています?
美味しいシーンは簡潔じゃつまらないですよ。
-----
☆ミリ
10/13/2008 02:16:02

「くどく」ないと思います。
くどければ、私なんてすぐに読むのが
面倒になってくるけれど、
「読みに行かなーくちゃあ♪」と思いますもん。

頑張って下さいね!

検索してくれてアリガトウ。
でもこのネームではないのです。
それに、年齢がわからないから、
若い子ぶってコメント入れたりするけど、
実はビートルズ世代なのです。

mikikoさんの小説は私のような世代でも楽しめますよー
-----
★Mikiko
10/13/2008 07:54:57
□うな丼さん、はじめまして
 よく考えると、くどいのはわたしの性格のせいもあるようです。
 私生活でのしゃべりでも、よく「くどい!」って言われますもん。
 自分の思ってることが、相手にほんとに伝わってるのか不安で、ついついくどくなっちゃうんです。
 「くどいおかげで状況がわかりやすく感じた」とのお言葉に、ホッとしました。
 くどい甲斐があったというものです。
 どう解釈するかは読者の自由なんだから、書く方は場面をポンと投げ出してやればいいんじゃないか、なんてことも考えたんです。
 でもその書き方じゃ、たぶん欲求不満が溜まっちゃうだろうなあ、って思ってました。
 「今の書き方で良い」というお言葉、心強いです。
 連載、がんばります!
 男性の視点から、この小説がどう見えるのか、すごく興味があります。
 コメントくださる方は圧倒的に女性が多いので、うな丼さんのような男性のご意見は貴重です。
 またコメントくださいね。
-----
★Mikiko
10/13/2008 07:55:46
□ファンさん、ありがとう
 長い描写、細かい描写を支持していただいて、ほんと嬉しいです。
 わたしが一番心配して他のは、そこなんです。
 書いててなかなか筆が止まらないときなんか、「まーだ続くのかよ」とか「そんなとこまで書かなくていいよ」みたいな声が、ときどき頭の中に聞こえてました。
 わたしの書き方って、たとえば演出家が女優に対し、指先の所作まで指示しちゃってるようなもんなんじゃないかって……。
 読者の中には、もっと自由に演じたい女優がいるんじゃないかと不安でした。
 小説を、譜面に例えた言葉を聞いたことがあります。
 その譜面を演奏するのは、読者なんだという言葉です。
 わたしの譜面はあまりにも細々とした指示が書いてあって、演奏しづらいんじゃないかって……。
 でも考えてみれば、そんなに簡単に書き方なんか変えられないよね。
 たぶん、わたしはファンさんに、「Mikikoさんの映像的描写が好きです」って言ってもらいたくて、あんなこと書いたんだと思う。
 手数の掛かる女でごめんなさい。
 ここの読者も大変ですよね。
 こんな情緒不安定な女を、おだてたり、すかしたりしながら書かせなきゃならんのだから……。
 ひょっとして、女流作家と編集者ってのもこんな関係なのかな、なんて思っちゃいました。
 これからも、みなさんに可愛がっていただきたいと思っています(可愛くないけどな)。
 Mikikoは、みなさんに育てていってもらいたいです。
 ひとりのバカ女を一人前のエロ文書きにするという、壮大なRPGをやってるつもりで、どうかお付き合いください。
-----
★Mikiko
10/13/2008 07:56:27
□ミリさん、失礼いたしました!
 そんな世代の方とはつゆ知らず、前回のコメントではタメ口利いちゃって、申し訳ありませんでした!
 しかもエラソーに、アドバイスするみたいな言い方までして……。
 小説のほうでも大先輩だったんですよね……。
 恥ずかしー。
 絶対年下だと思ってたんですよ。
 油断ならんな、ここの読者……。
 でも、そんなミリさんに「くどくない」と言ってもらえて、ほんと嬉しいです。
 Mikiko、がんばらせていただきます!

 話はぜんぜん変わりますけど、福岡市東区で多々良川に架かる名島橋と、新潟市中央区で信濃川に架かる萬代橋は、兄弟橋なんですよ。
 写真で見ると、ほんとそっくり。
 こないだ萬代橋を渡ってたら、遠い博多で小説を書いてらっしゃるミリさんのことを思い出しました。

由美と美弥子 070
★Mikiko
10/13/2008 08:01:15
□ザワワの先生
 この女教師も、やっぱり教師の一人でした。
 ヘタっぴいな美弥子を見てて、教育者魂がフツフツと湧きおこったようです。
 これから特別レッスンが始まります。

 中学校の時、印象的な先生に出会いました。
 確か、産休の先生の代わりに来た先生だったと思います。
 男の先生でした。
 その先生は、赴任初日、教壇に立つやいなや、「さとうきび畑」を歌い始めました。
 朗々とした良い声でした。
 わたしたち生徒は、あっけにとられて聞いていました。
 「ザワワ ザワワ ザワワ」というフレーズが、今でも耳に残っています。
 当然のごとく、この先生のあだ名は「ザワワ」となりました。

 昨日は、女子ゴルフで、新潟県加茂市出身の若林舞衣子選手が、見事初優勝しました。
 わたしはゴルフはしないけど、見るのは大好きなんです(039のコメント参照)。

 今朝、ゴミ捨てに出たら、隣家の金木犀の花が散って、道路がオレンジ色に染まってました。
 いよいよ寒い季節が始まるんだなあ。
-----
☆ブルーベリー
10/13/2008 09:49:31
□凄い・・・
 おはようございます。
今朝は、ホントに寒かったですね。
いよいよ、秋も深まってきた感じですね。

 萬代橋と名島橋の兄弟橋の事は、初めて教えて貰いました。
私は、土木設計の仕事もしているので、土木構造物を観るのが大好きなんです。
写真で見たら、本当にソックリなんですね。
完成したのも昭和初期、橋の雰囲気も然る事ながら、周りの雰囲気も瓜二つですね。見ていて鳥肌が立ってきました。

 昨日の若林選手の初優勝も、凄く感動しました。
最近よく上位に顔を出していて、私も優勝を待ち望んでいたので凄く嬉しかったです。
残念ながら、新潟ではテレビ中継がなかったのですが・・・(涙)
それに、スポーツニュースでも少ししか出なかったし・・・(涙涙)

 なんか、私のコメントは新潟のローカルネタに対してばかりですね・・・
もっと小説のコメントも書けよ!って、Mikikoさんに怒られそうですが、その辺は許して下さいね(謝)
-----
★Mikiko
10/13/2008 11:10:32
□土木設計!
 すげー。
 土木設計ってことは、コンサルタントかなにか?
 でも今、建設業はほんとたいへんそうですね。
 わたしの従兄弟で橋の設計してた人がいたけど、公共事業縮減ってやつでリストラされちゃいました。
 会社近くの建設会社もこの夏つぶれたし……。

 萬代橋……。
 実はわたし、この橋が苦手で、めったに渡りません。
 なぜなら、欄干が低くて怖いからです。
 確か、85㎝しか高さが無かったんじゃないかな。
 今の基準だと、110㎝ないといけないんだよね。
 欄干の近くまで寄ると、腰が抜けそうになります。
 で、大抵は柳都大橋を渡るんだけど、どうしても萬代橋を渡らなきゃならないときは、車道側ぎりぎりを摺り足みたいにして歩きます。

 ブルーベリーさん、BS付けましょう。
 昨日はテレ東系の「BSジャパン」で放送されてて、若林舞衣子、出ずっぱりでしたよ。
-----
☆ブルーベリー
10/13/2008 19:16:18
□逆にすげー!
 Mikikoさんも、土木関係者ですか?
普通の人が、110cmの防護柵が必要なんてこと、知らないでしょ?
なんか、同業者の様な気がしてきた・・・

確かに、萬代橋の高欄って低いよね。
私は、徒歩で渡ったことは数える程しかないけど、恐怖心はなかったな。結構暗いときに渡ってるからかな?
今度は、明るい時に渡って感想を入れますね。

 そっか、BSで見れたのね。
私は、スカパー派なのでBSなんて思いもしなかったです。
地上波見てて、何でテレ東系のチャンネルないんだって、文句言ってました(汗)
-----
★Mikiko
10/14/2008 07:45:24
□泰平橋も怖いぞ
 残念ながら土木関係者ではありません。
 萬代橋の欄干が怖いことを、例のリストラされた従兄弟に訴えたら教えてくれたんです。

 わたしは、水が真下に見えると怖いんです。
 でも、怖い思いをするのがわかってながら、止められないことがあります。
 それは、阿賀野川に掛かる泰平橋をチャリで渡ることです。
 といっても、年に1回ですけど。
 今年は、5月の連休に渡ってきました。
 今年は水が少なくて、あんまり怖くなかったな。
 雪解けの大水のころに渡ると、途中で脚が震えだし、顔は泣き顔、ほとんどチビりそうになります。
 あのあたりの川幅って1㎞近くあるから、相当怖い思いを楽しめますよ。

 スカパー!
 いいなぁ。
 わたしはビンボーなので、有料なのは見れないんです(NHK-BSは母がお金出してる)。

由美と美弥子 071
★Mikiko
10/15/2008 07:23:18
□黒羊ちゃん、ごめんなさい
 黒羊ちゃん、きのうからブログが消えちゃってるんだけど……。
 きっと、わたしのせいなんだよね。
 わたしが、ヘンなコメントいっぱい入れちゃったからだよね。
 あれじゃ、荒らしだよね。
 せっかく綺麗なお部屋つくったのに、わたしが土足で上がって散らかしちゃったんだもんね。
 ごめんね。
 わたしのコメント、みんな削除しちゃっていいからさ。
 調子に乗って、ヒドいことしちゃった。
 どうしてこうバカなんだろう。
 やってからじゃないと、気がつかないなんて。
 ほんとに、ごめんなさい。
-----
☆イネ
10/15/2008 15:46:40
□一気読み♪
はじめまして。
某所の更新告知板で、前から気になっていたのですが、今日やっとここに辿り着けました。URL、書いてなかったから。
とは言うものの、googleでは一発で出ましたけどね(気になってたの、ウソでしょ?ってツッコまないでね)。
それで、仕事サボって一気に読んでしまいました。疲れました~(←会社のPCで、周りにバレないようにしながら読んでたからです・・・一瞬、誤解させた?)。
スッゴク読み易い、分かりやすい表現です。途中でやめられませんでした。
少し前の方に「くどくありませんか」みたいなコト書かれてましたけど、このくらい丁寧な描写がちょうどいい、というよりその筆力に感服しております。
・・・じゃなくって、言いたかったのは、ストーリィの組み立てというのか、シチュエーションの展開というのか、要するにお話が面白いってコトなのです。
少しMっぽい女性のお話、大好きなもんですから。
これから先、主題の「由美と美弥子」の絡みも楽しみですし。
先行き、期待しておりますので、頑張ってくださいませ。
-----
★Mikiko
10/16/2008 07:31:57
□イネさん、はじめまして
 会社から読んでいただいたそうで、人ごとながら冷や汗が出ました。
 わたしと同じOLさんかな?
 わたしは、会社のPCに自腹でプライバシーフィルタ付けましたが、未だに自分のブログを開くときはドキドキします。
 しかも、コメントまで読んでくださって、とても嬉しいです。
 本文+コメント一気読みだと、2時間くらいかかるんじゃ……?
 さらに、こうしてコメントまで入れてくださって。
 こんな方に来てもらえて、こまめに更新告知を出してた甲斐があったというものです。
 うーむ、更新告知にはURLを入れるべきなのだな(良いことを教えていただきました)。
 お話が面白いって言っていただいたことが、いちばん嬉しいです。
 このお話が出来た経緯については、いずれ書きたいと思ってますが、本編の執筆で手一杯でなかなか……。
 70話を過ぎても主人公の「由美と美弥子」が未だ絡まないというのは、わたしもまずいなあと思っております。
 なにしろ、女教師が大活躍を始めてしまって、保健室から一向に抜けられないんです。
 2人が絡めるのは、果たしていつになることやら(シーンだけは、たくさん書いてあるんだけどね)。
 わたしは、こうしてコメントにご返事するのが生き甲斐です。
 コメントが入るから書き続けられる、って言っていいくらい。
 またぜひコメントくださいね。
-----
☆イネ
10/16/2008 11:48:13
□ハ・ズ・レ~(^^
> わたしと同じOLさんかな?
残念ながら[♂]ですヨン。

> 更新告知にはURLを・・・
えっとネ、板によるのです。入力欄にURLを書くエリアがある板では、そこに書けばOKですね。
ただ某所のように、URL入力欄がない板では、本文の末尾に書いておくのですヨ。

・・・アハ、間違えました!
今確認したら「某所」にもURL書く欄、ありますね。ただ名称が「参照先」となっているから、気がつかなかったんですな。

ところで、余計なお節介なのですが・・・
更新告知は、ここ(↓)の板も使ってみたら如何でしょ。
http://h-novel.com/
サイト自体は死んでる(更新されなくなってる)けど、告知板は、かなりのお客さんが見てるようです。
リサーチアルチザンのアクセス解析を利用しておられるようですから、「リンク元サイト」「リンク元ページ」で、その効果が分かりますヨン。

では、明日の更新、楽しみにしてます~♪
-----
★Mikiko
10/16/2008 15:58:29
□なんだ、男かよっ
 って、もちろん大歓迎です。
 しかし、イネさんの会社って、ヒマなの?
 今日はこれ、お昼前だよね。
 あのね、「Mikiko's Room」にコメントが入ると、わたしの携帯にメールが来るようになってます。
 このメールは、新らしく書きこまれたときだけじゃなくて、編集されたときも来るわけ。
 イネさん、何度も編集してくださるから、わたしの携帯は昨日からブルブル震えっぱなし。
 スカートのポケットに携帯入ってるから、イネさんにバイブ攻撃されてるみたいだったぞ。
 気持ち良かったけどな。
 仕事中にコメント入れてくれる、その心意気に答えて、今日はわたしも仕事中にコメント返しじゃ。

 更新告知についての貴重なアドバイス、ありがとうございます。
 今度から、そこにも入れてみます。
 リサーチアルチザンは、先日アカウントが消されちゃった。
 たぶん禁止事項の「未成年に有害と認められるコンテンツを配信するサイトでの利用」ってのに引っかかったんだと思います。
 こんな規約があること、登録するとき気づかなんだ。

 また、携帯ブルブルさせてね♪

由美と美弥子 072
★Mikiko
10/17/2008 07:36:04
□きのう、ちょっといいことがありました
 例の、わたしに災いをもたらす悪魔の社有チャリが、またやってくれました(034、047のコメントを見よ)。
 出先から帰ろうとしてスタンドを上げたら、ものの見事にスタンドが取れちゃったんです。
 そんなに強く蹴ったわけじゃないのにと、不思議だったんですが。
 落ちたスタンドを拾って付けようとしましたが、ネジが無くなってました。
 あたりにも見あたりません。
 どうやら、いつの間にかネジが抜け落ちてたみたい。
 どういう具合かそのままくっついてたのが、わたしの一蹴りで取れちゃったらしい。
 このままじゃ、止めるとき不便すぎます。
 スタンドをカゴに入れて走ってると、小さな自転車屋さんがありました。
 自転車屋さんなんか入ったことがなかったので、ちょっとドキドキしながら声を掛けたら、青いツナギを着たおじさんが出てきました。
 事情を説明すると、工具箱からネジを選び出して、あっという間にスタンドを取り付けてくれました。
 お礼を言って料金を聞いたところ、「いりません」とのお答え。
 うれしー。
 ひょっとして、わたしが可愛かったから?(ありえねー)
 なんか、こういう親切が、いちいち胸に響く歳になりました。
-----
☆うな丼
10/17/2008 13:40:04
□不覚にも
スタンドが蹴られて跳んでいった風景が頭に浮かんで不覚にも吹いてしまいましたwww
-----
★Mikiko
10/18/2008 06:39:38
□馬にあらず
 うな丼さん、ちゃんとコメントまで読んでくれてありがとう。
 どーも、本文だけ斜め読みして立ち去る者が多いのではないかと、嘆いております。
 わたしは、コメントで応答するのが生き甲斐です。
 だから、コメントも読んで、コメントを入れてちょうだいね。
 って、コメント読まないやつは、この文も読んでないわな。

 うな丼さん、スタンドは跳んでったんじゃありません。
 蹴った足元に落ちたんです。
 あたしゃ馬じゃないんですからね。
 想像たくましすぎです。
 でも、だからわたしの小説が合ってるのかな?
-----
☆イネ
10/18/2008 09:14:10
□小さな親切
人の心のちょっとした暖かさに触れると、身に沁みますよネ。

で、ワタシの場合は「大きなお世話」です。
更新告知のお奨め場所、その2ですね。

大人の為の読み物探し処:
http://www.yomisaga.net/
ここはサイト登録しないと告知板に書けませんけど、自動登録ですから、すぐに利用できるようになります。

も一つ、HIMEGURI-NET:
http://www.himeguri.net/
ここの告知板は、登録しなくても書けるのですが、ま、礼儀としてサイト登録してから利用すべきかと。
管理者による登録審査はありますけど、真面目な(?)アダルトサイトは大丈夫です。

どちらも効果がありますよ。

ほっといてくれってか?
失礼いたしました~ ・・・・・・┌( ^^)┘
-----
☆イネ
10/18/2008 11:15:15
□追伸
HIMEGURI-NETは、登録してたのね。
よく見たら、リンクしてるじゃないですか。
-----
★Mikiko
10/18/2008 11:24:45
□イネさん、失礼しました!
 イネさんには、前回(071)にもコメントをいただきました。
 そのときわたしは、やたらと更新告知に詳しいイネさんのことを、「仕事をサボってエロ小説ばかり読んでる助平サラリーマン」と誤解し、大変失礼なコメント返しをしてしまいました。
 イネさんは、実作者の方だったのです。
 たぶん、わたしなんかよりずーっと先輩の。
 つまり、駆け出し同業者のわたしに、更新告知の仕方を教えてくださっていたのです。
 大きなお世話どころか、なんという大きな親切でしょうか。
 こんなこと、なかなかできることじゃありません(少なくともわたしには無理)。
 イネさんには、サイトに載ってたアドレス宛に、今朝ほどあやまりのメールをお送りしたんですが、読んでいただけましたでしょうか?
 どうもわたしは、思いこみで失礼なことばっかり言ってしまうようで、ほんとうに反省しております……。
 でも更新告知って、いっぱいしなくちゃいけないのね……。
 HIMEGURI-NETは登録してますけど、更新告知ができることは知りませんでした……。
-----
☆イネ
10/18/2008 15:20:16
□気にしなくていいのに
> 大変失礼なコメント・・・
全然、失礼なことありませんでしたよ。
そもそも「仕事をサボってエロ小説ばかり読んでる助平サラリーマン」っての、大当たりですから(^^

> 更新告知って、いっぱいしなくちゃいけないのね
いや、いけないことはないのです。あんなん、するのもしないのも、サイトオーナの自由ですから。
ただ、少しでも多くの人に読んで欲しいってのが普通でしょうから、そんなら効果の大きいところがいいかなって。

> メール
には、お返事出しておきました。

であ~
-----
☆うな丼
10/18/2008 15:59:39
□あはw
想像力だけは無駄にあるんで(^ω^;)
小説と相性ぴったしですww
 
極力、コメントしていきます
連載頑張ってください(・∀・)
-----
★Mikiko
10/18/2008 17:13:43
□イネさん、メールありがとうございました
 あやまりついでにお願いした相互リンクの申し出、快く聞いてくださり、ありがとうございます。
 さっそく、リンクさせていただきました。
 「ひとみの内緒話」っていう、とってもかわいいサイト名です。
 でも、「ちょっと過激な小説がありますので、お気をつけ下さい」とのことでした。

 メールでは、仁義の切り方等この世界の掟をお教えいただき、ありがとうございました。
 なお、イネさんのメールには、下記のような追伸が付いてました。
 「Mikiko's Room」を見に来てくださるたくさんの男性読者のため、ここに掲示いたします。

『私のもう一つのサイト「妄想劇場」には、くれぐれもアクセスしないようにお願いしますネ。あちらは完全に「男性向け」でして、可愛い女の子たちが変態オヤジに、グチャグチャに苛められるお話ばかりです。』

妄想劇場:http://www.obsession.jp/
-----
★Mikiko
10/18/2008 17:21:24
□うな丼さん、相性ぴったりなのは小説だけ?
 ひょっとして、Mikikoとの相性がぴったりなのかもー、なんてね(冗談だぜっ!)。
 コメント、ほんとにお待ちしてま~す。
 「今日は、うな丼さんからのコメントがまだ入らない。どうしたのかしら。さびしいわぁん」なんて、毎日会社で身をもんでるかもー(お水か、この女は)。

 しかし、突然男性陣からのコメントが増えて、ひょっとしてMikikoは、もててるんでないかい?

由美と美弥子 073
★Mikiko
10/19/2008 07:31:39
□未体験ゾーン
 また下ネタですまんが、きのうから尻の穴が痒ゆーてならん。
 ギョーチューでもいるのではなかろーか。
 こんなときアナルセックスしたら、ひょっとしたら気持ちいいのではないか?
 してくれる相手いないがな。
 そもそも、アナルセックスの経験自体無い。
 アナルセックスどころか、男とのセックス経験自体、ほとんど無い。
 片手で数えられるほどじゃ(人数ではないぞ。回数)。
 そんときも、ずっとマグロ状態で、自分から何かをやってあげたということはない。
 何が言いたいかというと、わたしにはフェラの経験が無いのじゃ。
 笑ってくれ。
 ははははは。
 前回から今回にかけて、疑似フェラシーンを書いてみたが、ヘンな描写してるんじゃないかと怯えておる。
 「こんなこと書いてっけど、この女、ほんとは経験ねえな」って、見透かされてんじゃないかとゆー不安に耐えきれず、自分からバラしてしまった……。
-----
非公開コメント
-----
★Mikiko
10/19/2008 11:44:09
□おっしゃるとおりです
 また、考え無しなことをしてました。
 すみませんでした。
-----
☆ファン
10/20/2008 09:36:24
□痒み
ドン引きしたわけじゃありませんよ、ということで一言。
アナルセックスでなくて、ひとりアナルエッチに励んでは。
痔疾用の軟膏薬をたっぷりと、中まで奥まで塗り塗り。
痒みが去って、うっとり放心ではいけません。
妖しい薬を塗られたヒロインに成りきって、微妙な感覚を味わい尽くしましょう。
その姿は、必ずや、美弥子と女教師との細密描写に生かされるかと。
 
痒みって、痛みやダルさと違って、無限の焦燥感のようなところがありますね。
しかも、捉えようとしても、うまく客体化できないし。
ほら、お尻が、どんどん痒くなる、痒くなる。
もう、掻かずにはいられない。
-----
★Mikiko
10/21/2008 07:35:54
□わはは
 ひょっとしてファンさんって、医療関係の方?
 前に、わたしが風邪引いたときのコメントもそんな感じだったし。

 おかげさまで、痒みは収まりました。
 言われたとおりやったわけじゃないぞ。
 自然と消えたんじゃ。

 我が愛する読者たちは、下ネタ振るとシーンと静まってしまうので、正直めげておりました。
 コメントが帰ってきてうれしい。

 実はわたし、アナルセックスの経験はありませんが、アナルオナニーの経験はあります。
 常習者ではないぞ。
 好奇心から、2,3度やってみただけじゃ。
 指じゃなくて、なんかスティック状の物を入れたな。
 で、そんときの感想は……。
 「全然気持ちくない」。
 「由美美弥」にアナル攻めのシーンが出てこないのは、もろに作者の嗜好からですな。
 よく考えたら、アナル責めがないどころか、クリ責めばっかしじゃないか!
 作者がクリしか感じんということがモロバレじゃ。
-----
☆ファン
10/21/2008 13:41:21
□仕事中にバイブサイン
医療関係の、末端の、さらに末端の辺り・・・
医学知識も無いのに、病気は気になってしまいます。
 
「由美と美弥子」を読みに来て、下ネタには沈黙する、
その微妙な間合い・雰囲気は、想像すると楽しいですね。
私は、対面ではダメだけれど、ネットなら好きかな。
お尻は、積極的な刺激よりも、下着が挟まっているぐらいの感じが(ハッ)
-----
★Mikiko
10/21/2008 16:25:09
□ブルブル来ました
 ほーれ、やっぱり医療関係だった。
 医療関係者って、みんな助平だってのほんとですか?

 最近ファンさん、人格変わってきてません?
 しかし……。
 わたしは、ファンさんは男性だとずっと思ってきたんですが、「下着が挟まっているぐらいの感じが(ハッ)」ってのを読むと……、なんか揺らいじゃいますね。
-----
☆イネ
10/22/2008 12:09:54
□下ネタに乗って・・・
ワタシも仕事中にブルブル攻撃(笑

アナルは、女性より男性の方が感じるって、聞いたコトがあるようなないような・・・
女性は本来の「穴」があるので、そちらに感性が集中するのですネ。男性は、特に受動的な性格の方は、他に場所がないから、アナルで感じるんですって。
小中学生くらいまでは、浣腸すると、大抵は勃起状態になるそうで……ただその後、いわゆるジョーシキってやつが身について、そんなコトする場所じゃないってなるそうな。
ま、ホントかどうか知りませんけどね。

ところで「クリしか感じん」なら、面白いコトあるのです。
マニキュアの除光液、あれ塗ると、ちょっとヒリヒリして、気持ちいいそうです。多少、Mっけが必要みたいだけどネ。
一度、お試しあれ。。。
-----
★Mikiko
10/23/2008 07:59:50
□ミーティング中にブルブル
 すまぬ。
 きのうは終日忙しくて、仕事中にコメント返しができなんだ。

 わたしの本来の「穴」は、さっぱり感じんがのう……。
 まあ、クモの巣張っとるような状態だから、仕方ないけど。
 本来の「穴」が役立たずなのに、アナルも感じんとは悲しい……。
 やはり便秘症の人の方が、アナルに意識が向きやすいのだろうか?
 浣腸とかもするだろうし。
 前にも書いたが、わたしには便秘の経験がなく、したがって浣腸もしたことない。
 便器に座ったとたん、どばどば出る。
 こういう締まりのない穴には、神様も快感を与えてはくれなかったっていうことね。
 
 うーむ、除光液か……。
 これを初めてやった人って、勇気あるよな。
 あ、人んのに塗ったのか?
 いじめるつもりで塗ったら、よろこんじゃったってわけか?
 人んのなら塗ってみたい気もするけどな。
 自分のに塗ってヒリヒリ痛いだけだったら、あまりにも惨めじゃ。
 わたしのMっ気は、せーしん的なもので、フィジカルな痛みは苦手なのじゃ。
 やっぱり、ベビーオイルたらしてヌルヌルする方が、絶対気持ちいいと思う。

 ところでイネさま、「大人の為の読み物探し」って、どうやって更新告知やるの?
 どうしても入口が見つかんないんだけど……。
-----
☆イネ
10/25/2008 06:03:17
□急な出張で
暫らく遊びに来れなかった。

> あ、人んのに塗ったのか?
いんや。そんなコトさせてくれる人、いないよ。
小説上ではともかく、リアルワールドの実践派じゃないから。
試した人の報告を聞いたり、プロの調教師のお話聞かせてもらったり、M娘ちゃんに勧めてみたり……くらいだヨン。

> 読み物探し処の更新告知
メインメニューの「読物の登録」だよ。
フォームが開いたら「登録の種類」を「告知のみ」に設定すること(この設定を忘れると泣きを見るぜ)。
-----
★Mikiko
10/25/2008 08:15:46
□かたじけない
 急な出張とは、ちゃんと仕事もしてるんだなあ。
 「読み物探し処の更新告知」のご教授、ありがとうございました。
 やっと告知できたっ!

由美と美弥子 074
★Mikiko
10/20/2008 07:22:07
□萬代橋
 きのうのコメントがあまりにもヒドくて、ドン引きされたみたいなので……。
 今日は綺麗にいきたいと思います。
 070のコメントでブルーベリーさんと盛り上がった、萬代橋の写真を撮ってきました。
 撮影は先週の金曜日、例の悪魔のチャリに乗って、会社の用事のついでに撮りました。
 下の写真が萬代橋の全容です。
 下流の柳都大橋からの撮影。
 川は、もちろん信濃川。
 逆光だったので、あんまり上手く撮れてませんでした。
萬代橋

 さらに萬代橋まで足を伸ばし、橋の上から欄干を撮りました。
 どうです?
 低いでしょう?
 脚の長い人がよろめいたら、絶対落ちると思う。
 河口近い信濃川に落ちたら、助かりませんよぉ。
 撮りながらも怖くてならず、本来チャリの通り道である黒いゾーンしか歩けませんでした。
萬代橋欄干
-----
☆ミリ
10/20/2008 23:48:28
□こんばんは。
ドン引きされて注意されるのは愛されている証拠ですね。
モテてる、モテてる。さすがー!

博多の名島橋のHP見てみました。
私はその周辺には詳しくないけど、
JRと平行しているから車窓から見えそう。
今度、しっかり見てみようっと。

川と街の雰囲気は博多中洲の那珂川に似ているような。
夜は川の両端に屋台がズラリと並び、
博多随一の歓楽街になるの。
http://www.joyphoto.com/japanese/travel/010217/nakasu.html
夜の写真ばかりで昼の写真探したけどナイナー。
-----
★Mikiko
10/21/2008 07:38:07
□おはようございます
 モテてるのかなー?
 半分遊ばれてるような気もするが……。

 写真見ました。
 さすが博多、賑やかそうですねー。
 そういえば新潟は、川の近くに繁華街がありません。
 川にネオンが落ちる場所はないのです。
 なぜだろう。
 そもそも屋台なんか、見たこともないし。
 冬、営業できなくなるからかな?
 そうそう、新潟にはホームレスの人もいないんですよ。
 たぶん、冬を越せないからだと思う。

 ミリさんが言われた名島橋のHPは、たぶんここだと思います。
 http://www.qsr.mlit.go.jp/fukkoku/najima/(名島橋歴史ロマン)。
 『名島橋TOPICS』って中に、萬代橋の写真も載ってます。

由美と美弥子 075
★Mikiko
10/22/2008 07:27:31
□柳都大橋
柳都大橋
 前回、柳都大橋から萬代橋(上流方向)を撮った写真を載せましたが、今日は萬代橋から柳都大橋を撮った写真を掲載します。
 柳都大橋は、大河、信濃川の最下流に架かる橋です。
 後ろに見える高層ビルは、ホテル日航なんかが入ってる万代島ビルで、今んとこ、日本海側で一番高いそうです(高さ143メートル)。
 ご覧のように、まわりに高い建物はありません。
 先日、夜、柳都大橋からこのビルを見たら、ビルの高さの真ん中より下あたりに、大きな銅色の月がかかってて、とってもSFチックな景色でした。

新潟港
 その柳都大橋から新潟港方向を撮ったのがこの写真。
 信濃川が空とくっついてるところが河口です。
 その河口付近を、「新潟みなとトンネル」という4車線の水底道路が渡ってます。
 柳都大橋は信濃川最下流の橋ですけど、信濃川を渡る最下流の道路は「新潟みなとトンネル」ってわけ。
 でも、晴れた港の景色って、なんでこう寂しいんだろうね。
-----
☆ファン
10/23/2008 11:16:49
□鈍感な私も御救いあれ
人格、戻しまーす。

「鈍感な読者です」を書いてから、
自分の想像力の無さが気になってます。
 
私はMikikoさんの映像的細密描写が好きです。
こういう描き方をしてくれるので、
私にさえ、目に浮かべることが出来ます。
気になっていたのは、描いてくれていない部分が、
どうして想像できないのだろうという事。
いえ、想像できない部分は本当に描いてくれていないのか
どうかという事。
 
初めから読み返してみました。
髪型、顔の印象、体型について描いてくれていますね。
声については気がつきませんでした。
由美は理系が得意ではなく、第一志望の女子大に合格しているから、
二人が通うのは文系の学部ですね。
二人には、共通する関心の在り様があるのでしょうか。
美弥子の独特の雰囲気の由来は明かされていますね。
・・・
これだけ描いてくれているのに、私は何故、
描かれていない部分を想像できないのでしょう。
 
美弥子は、学校を休んでいる間、オナニーしたのでしょうか。
十歳以来ほとんど毎日ということは、その間も同じでしょうか。
欠席は、性衝動と禁欲との葛藤ではなく、驚きと動揺でしょうか。
登校して捕獲されるまでの間、陰核を意識に上らせたでしょうか。
5年の間に美弥子のオナネタは、どう成長していたのでしょう。
 
Mikikoさんは描写が細密なだけでなく、設定も周到ですから、
場面間の出来事についても、これからヒントを貰えるのかもしれませんね。
でも、それはやはり、私が自力で推測すべきことかな。
これは独り言の類で、書き送るような事柄ではないのかも。


「もう、この人から逃れることは出来ない・・・」からの情景、
とても好きです。
静謐なほどに美しい。
でも、後に「ごめんなさい、先生」と言う美弥子には、
まだ、辛いことが待ち受けているのでしょう。
-----
★Mikiko
10/24/2008 07:55:52
□お答えになっているかどうか……
 始めから読み返していただいたそうで、ほんとにありがとうございます。
 「由美美弥」もいつの間にか75話を数え、自分でも一気には読み通せないほどになってしまいました。

 描いてない部分が想像できないとのことですが、それは当然だと思います。
 逆に想像できたら、わたしがびっくりしちゃいます。
 なぜなら、描いてない部分はわたしも考えてないからです。
 これまでのコメントでもおわかりのとおり、わたしはそんなにメンミツな人間じゃありません。
 「由美美弥」を書くにあたって、いわゆる「創作ノート」のようなものはまったく作ってません。
 梗概も作ってないし、フローチャートのようなものもありません。
 どころか、メモ書きひとつない。
 小説を書く人のなかには、小説に書かないことまで事細かに設定する人もいらっしゃるようです。
 たとえば、主要人物についての誕生から死までの履歴を、それぞれの年齢におけるエピソードまで交えて詳細に作ってみたり、とか。
 ひょっとしたら、そういう小説では、描かないところまで想像できたりするのかも知れません……。
 でも、わたしにそういう書き方はムリ。
 だって、楽しそうじゃないじゃない。
 絶対苦痛だよ、そんなことするの。
 書かない部分まで考えるなんて、わたしにはできません。
 だから「由美美弥」では、書いてある部分がすべてです。
 わたしのなかに「由美美弥」が初めて浮かんできたとき、最初にできたのはいくつかのクライマックスシーン(イッちゃって、その場面が終わるシーン)でした。
 で、ストーリーや設定は、そのシーンを導くために、逆算して作ってったのです。
 つまり、最初に設定ができてたわけじゃない。
 「設定が周到」に見えるとしたらそれは、答えが先にわかってる状態で、そういう答えが導かれるように、式を後から作ったからじゃないかな?
 読む人は、そうやって出来た式を最初から読み進めてって、最後に答えに到達するわけで、それがひょっとしたら周到な設定のように見えるのかも?
 わたしが書きたいのはシーンであって、ストーリーじゃないんです。
 でも、ストーリーが唐突だったり不自然だったりするとシーンが死んじゃうから、もっともらしいストーリーや設定をつくったってわけです。
 描写が視覚的で細かいって思われるとしたら、それこそがわたしの書きたかったことだからじゃないでしょうか。

 うまくお伝えできたか、自信ありません。
 でも言いたいことは、わたしはお金を取ってやってるわけじゃないってこと。
 タダでやってるんだから、わたし自身まず楽しめなくちゃ、絶対続けられませんってこと。
 苦行のように書いてるわけじゃありません。
 楽しんで書いてます(書き始めは、毎日怖いけど)。
 もっともっと自分を楽しませようと思ってます。
 だからこれからも、創作ノートの類はいっさいつくらず、お気楽にやっていきます。
 でもいつか、ストーリーが大破綻しそうな予感も……。

 ご想像のとおり、美弥子ちゃんに降りかかる過酷な運命は、これからが本番です。
-----
☆ファン
10/24/2008 10:26:28
□反省
丁寧な御返事、ありがとうございます。
私自身の拘りのために、要らぬ負担をお掛けしてしまいました。

そう、私が読みたいのは、シーンです。
そのシーンを味わうのに、Mikikoさんの映像的描写が最適なんです。
説明的な作品にあたったりすると、私が読みたいのは説明じゃなくて、そのシーンの描写だよと思います。
 
余計な書き込みにまで御返事が貰えて嬉しいですが、
Mikikoさんの執筆に悪影響が無ければ良いけれどと、
反省です。
明後日の更新、楽しみにしています。
-----
★Mikiko
10/24/2008 16:49:28
□反省不要です
 だから、わたしはコメントにお返事書くのが大好きなんだって。
 あの程度のコメント返しで執筆に影響するほど、Mikikoはヤワではないぞ。
コメントログ02(026~050)目次コメントログ04(076~100)





コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ
↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
レズ画像・きれいな画像倉庫 未知の星 ひとみの内緒話 愛と官能の美学
ましゅまろくらぶ ちょっとHな小説 官能的なエロ小説 禁断の体験 エッチな告白集
官能文書わーるど 潤文学 新・SM小説書庫2 秘密のエッチ体験談まとめ
恥と屈辱の交差点 変態小説 萌木ケイの官能小説 羞恥の風
おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 緊縛新聞 赤星直也のエロ小説 人妻の浮気話 艶みるく

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
SM~猟奇の性書~変態 性転換・TS・女体化劇場 Playing Archives 淫鬼の棲む地下室
恥ずかしがりたがり。 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 快感小説 魔法の鍵
[官能小説] 熟女の園 被支配中毒 女性のための官能小説 18's Summer
空想の泉~The Fountain of Daydream~ 調教倶楽部 アダルト検索一発サーチ 黒い教室
ひめ魅、ゴコロ。 HAKASEの第二読み物ブログ ぺたの横書き 女性のH体験告白集
かめべや むね☆きゅんファンサイト エピソードセックス 漂浪の果てに

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
女の陰影 ライトHノベルの部屋 妄想ココット お姫様倶楽部.com
出羽健書蔵庫 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 最低のオリ 制服美少女快楽地獄
riccia オシッコオモラシオムツシーン収集所 Eros'Entertainment 性小説 潤文学ブログ
空想地帯 被虐のハイパーヒロインズ ちょっとHなおとなのための… アダルト官能小説快楽機姦研究所
被虐願望 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋

あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ プライド 黒塚工房
官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 女性作家専門官能小説
羊頭狗肉 おしっこ我慢NAVI ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記
黒イ都 ひよこの家 エロショッカー軍団 エッチな体験談・告白
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
厳選2chまとめ おかず動画アンテナ
エログちゃんねる 人気ブログランキング
正しいH小説の勧め 小説の匣
官能小説アンテナ にほんブログ村
Girls Love Search GL Search

ランキング/画像・動画(11~30)
ライブドアブログ アダルトブログランキング 萌駅 アダルト動画まとめ
ネット小説ランキング おたりんく セックス・ノベル・ネット 【携帯】GL狂愛Rank
少女禁忌区域 アダルト検索BBJapan Adult Novels Search Cyber あまてらす
GAY ART NAVIGATION ヌケルアダルト作品 クリエイターコレクションR18 ぱっくりんく





<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top