Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
東北に行こう!(78)
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
み「ここまで来たら、小腹も空くわな。
 よし、食べよう。
 “天玉蕎麦”」
“天玉蕎麦”。わたしの好物の一つ。ネギを食べるべきか悩みます。残念ながら、『酒田駅』の立ち食いそばも、2011年に滅びたそうです。
↑わたしの好物の一つ。ネギを食べるべきか悩みます。残念ながら、『酒田駅』の立ち食いそばも、2011年に滅びたそうです。

食「じゃボクは、“山菜うどん”かな?」
山菜うどん”。このお店の画像が、一番美味しそうでした。早稲田大学大隈講堂脇にある『はせ川』さん。
↑このお店の画像が、一番美味しそうでした。早稲田大学大隈講堂脇にある『はせ川』さん。

み「男が、うどんなんか食うな」
食「なんでですか」
み「男は蕎麦。
 『てやんでえ、べらぼうめ』とか言いながら、30秒で食う」
猫舌の江戸っ子は、どうしてたんでしょうか?
↑猫舌の江戸っ子は、どうしてたんでしょうか?

食「食べれませんよ。
 熱くて」
み「お冷を入れればいいだろ」
食「薄くなっちゃうじゃないですか」
み「東北の蕎麦は、味が濃いからちょうどいいの」
岩手県『北上駅』新幹線改札内。“かき揚天そば”、390円。スープが黒いですね。
↑岩手県『北上駅』新幹線改札内。“かき揚天そば”、390円。スープが黒いですね。

食「ほんとかな」
み「はい、続けて。
 『酒田』発は?」
食「『酒田』、14:29発。
 『新津』、18:29着です」
『ばんえつ物語号』には、C57とD51がいて、この写真のはD51ですね。“貴婦人”と呼ばれるC57に比べ、D51は男っぽく、迫力があるそうです。
↑『ばんえつ物語号』は、新津機関区で整備されてます。『ばんえつ物語号』には、C57とD51がいて、この写真のはD51ですね。“貴婦人”と呼ばれるC57に比べ、D51は男っぽく、迫力があるそうです。

み「でたー、『新津』!
 われらが鉄道の街。
 『新津鉄道資料館』まで、今年、自転車で行ってきた」
『新津鉄道資料館』まで、今年、自転車で行ってきた
↑役場の合同庁舎みたいな建物でした。

食「へー。
 近いんですか?」
み「1時間くらいかかったかな」
食「遠いじゃないですか」
み「行ったことある?
 『新津鉄道資料館』」
新津鉄道資料館

食「残念ながら、無いです」
み「それでも“鉄”か!
 “鉄”じゃないわたしが行ってるのに」
食「2回行けば、立派な“鉄”になれますよ」
み「2度と行かなくていい。
 ショボすぎ」
『新津鉄道資料館』。これは、除雪車だと思います。
↑以下3枚は、わたしが撮ってきた写真です。これは、除雪車だと思います。

 『鉄道記念館』は、2013年9月1日から2014年3月いっぱいまで、改修のため休館中です。
 改修前の施設を見ておこうと、8月の終わり、年休を取って行ってきました。
 わざわざ、このために休んだのではなく……。
 なんとなく、週の途中に休みたくなったので。
 ほかに用事が無いので、午前中いっぱい使ってチャリで往復してきたのです。
 展示物は……。
 はっきり言って、お金を取れるレベルでは無かったです(200円取られました)。
 30分くらいしか、時間を潰せないと思います。
『新津鉄道資料館』。左側の火事装束みたいな人は、何なんでしょう? 襟には“鉄道省”と入ってます。
↑左側の火事装束みたいな人は、何なんでしょう? 襟には“鉄道省”と入ってます。

 改修が終わったら、また見に行くかは、思案中。
 同じ建物の中での改修なので……。
 あまり、期待は出来ません。
 評判が良ければ、行ってみます。
『新津鉄道資料館』。この展示は、なかなか興味深かったです。ボタンを押すと説明が流れ、パネルのランプが点滅します。
↑この展示は、なかなか興味深かったです。ボタンを押すと説明が流れ、パネルのランプが点滅します。

み「『新津』着、何時って言った?」
食「18:29です」
み「『酒田』発は?」
食「14:29ですね」
み「なんで、4時間もかかるわけ?
 『酒田』って、隣の山形県だろ?」
食「『酒田 - 新津』間は、166.9キロあります」
み「そんなにあるの!」
羽越本線
↑羽越本線のまともな路線図は、ネット上にまったく存在しませんでした。何をやっとるのか、“鉄”!

食「でも、時速に換算すると、42キロ弱ですから……。
 途中で、待ち合わせとかもあるでしょうね」
み「ちょっと待て。
 『新津』で18:29分じゃ、この日のうちに徳島までは行けんだろ」
食「もちろんです」
み「断言すな!
 宿泊費がかかってしまうではないか」
食「宿泊なんか出来ませんよ。
 駅の外に出れないんですから。
 諦めます?」
み「ほんとの旅なら、間違いなく『新津』で挫折してる」
食「『新津』で降りたら、乗り越し料金取られますよ」
み「いくら?」
食「7,350円-140円で、7,210円です」
み「やっぱり、続ける」
食「『新津』では、42分の待ち合わせになります」
み「また、待つの~」
食「立ち食いそば、食べますか?」
み「よし。
 こうなったら、待ち合わせごとに食べちゃる。
 天麩羅は『酒田』で食べたから、こんどはキツネだ」
『福井駅』の“きつねそば”。350円。やっぱり、関西圏だけあって、出汁の色が薄いです。
↑こちらは、『福井駅』の“きつねそば”。350円。やっぱり、関西圏だけあって、出汁の色が薄いです。

食「ボクは、何にしようかな?」
み「ちょっと待て。
 何でお前が一緒なわけ?」
食「2人のほうが、気が紛れますよ」
み「ま、それは言えてるか。
 1人じゃ、辛すぎるわな。
 食ってよし」
新津駅には、立ち食いそばは無いようです。代わりに、名物『三色団子』をどうぞ。ごまあん、しろあん、くろあん、三色のハーモニーをご賞味あれ。
↑新津駅には、立ち食いそばは無いようです。代わりに、名物『三色団子』をどうぞ。ごまあん、しろあん、くろあん、三色のハーモニーをご賞味あれ。

食「じゃ、カレーライス」
有楽町『新角』のカレー。480円。さすがに、値段もそこそこですね。でも、美味しいそうです。
↑有楽町『新角』のカレー。480円。さすがに、値段もそこそこですね。でも、美味しいそうです。

み「そんなメニューは、無い」
食「『新津』ならあるんじゃないですか?
 確か近くに、カレーラーメンが名物ってとこがあったでしょ」
み「それは、『三条』だ」
まさか、歌まであるとは知らなんだ。残念ながら、まだ食べたことありません。
↑まさか、歌まであるとは知らなんだ。残念ながら、まだ食べたことありません。

み「『新津』とはだいぶ離れてるわい」
食「そうなんですか。
 カレーが無ければ、“たぬきうどん”かな」
み「鬱陶しいやつ。
 はい、『新津』発は?」
食「『新津』からは、信越本線ですね。
 快速『くびき野6号』」
新津駅の『くびき野』。これは、17:19発の4号のようです。
↑新津駅の『くびき野』。これは、17:19発の4号のようです。

み「名前が付いてるような快速じゃ、お金取られるんじゃないの?」
食「指定席だと指定席料金がかかりますが……。
 自由席なら、乗車券だけで大丈夫です。
 でも、検札はあるかも知れませんよ」
み「どのくらい乗るの?」
食「『新津』、20:11発。
 『直江津』、21:53着」
『直江津』、21:53着

み「まだ新潟県か。
 よし、1時間42分、トイレに籠もるぞ」
食「この時間だと、お酒飲んでる人もいるでしょうから……。
 トイレに立つ人もいるはずです。
 籠ってたりしたら、車掌さんに通報されますよ」
み「うーむ。
 運を天に任せるしか無いか」
『くびき野』。こちらは、グリーン席。これなら、金取るわな。
↑こちらは、グリーン席。これなら、金取るわな。

 検索をかけてみたところ……。
 検札は無いという情報がありました。
 定期券では、指定席に座れないんですが……。
定期券では、指定席に座れないんですが……。高校生が、平気で指定席に座ってるそうです。

 高校生が、平気で指定席に座ってるそうです。

み「『直江津』で、22時前か……。
 まだこの日、先があるわけ?」
食「もちろんです。
 『直江津』では、29分の待ち合わせになります。
 立ち食いそば、食べます?」
み「おぅっ」
律「ぜったい胸焼けするわ」
み「野菜ものが足りとらんよな」
食「『直江津』の立ち食いそばは、食べたことがあります。
 あそこのは独特なんですよ。
 “食い鉄”の間でも、知られた存在です。
 そば、うどんの汁で、黄色い中華麺を食べる『和風中華』が有名です」
ネギは冷凍モノではなく、店内で刻んでるそうです。味は……。絶賛する人と、首を傾げる人、二手に別れるようです。
↑ネギは冷凍モノではなく、店内で刻んでるそうです。味は……。絶賛する人と、首を傾げる人、二手に別れるようです。


↑動画レポートがありました。どうも、改札の外にあるみたいですね。

律「ますます胸焼けしそうね」
安さも魅力! 値段は、十数年変わってないそうです。高校生なら、ぜったいこれだね。
↑安さも魅力! 値段は、十数年変わってないそうです。高校生なら、ぜったいこれだね。

み「野菜ものはないの?」
食「かき揚げなら、野菜ですよ」
み「油を使ってない野菜!」
食「あ、海のそばだから、確か“もずく”はありました」
もずくそば。ウズラの卵と天かすが、最初から入ってます。400円。これも名物だそうです。
↑もずくそば。ウズラの卵と天かすが、最初から入ってます。400円。これも名物だそうです。

み「“もずく”は海藻だろ!」
律「海の“もずく”って云うものね」
み「それは、海の“藻屑”!」
食「じゃ、食べずに29分待ちますか?」
み「なんか、切なくなってきた」
律「そうまでして行かなきゃいいのに」
食「ですよね」
み「行く!
 次はどこ?」
食「『直江津』、22:22発。
 ここからは、北陸本線に入ります。
 『富山』、00:15着」
北陸新幹線の開業は、2015年春。『富山ー東京』間が、2時間7分で結ばれます。
↑北陸新幹線の開業は、2015年春。『富山ー東京』間が、2時間7分で結ばれます。

み「やっと、新潟県を抜けた……。
 日付も変わったけど」
食「さて、ここでの接続が、良くありませんね」
み「ぎく。
 何分待つんだ?」
食「5時間23分です」
み「どひゃー」
律「これだけあれば、寝れるじゃないの」
着る寝袋。ものすごく嵩張りそうな気も……。
↑着る寝袋。ものすごく嵩張りそうな気も……。

律「富山駅なら、待合室があるわよ」
食「目が覚めれば、立ち食いそば屋があります」
富山駅。目が覚めれば、立ち食いそば屋があります。
↑ホームにありました!

み「また、立ち食いそばなのきゃ!」
食「それじゃ、鱒寿司はどうです?
 富山名物です」
鱒寿司はどうです?
↑立ち食いそばと並んでます。

み「野菜は無いの?」
食「山菜そばですね」
370円。“立山”の文字入り蒲鉾が決め手です。ナメコも入ってますね。これはおススメかも知れません。
↑370円。“立山”の文字入り蒲鉾が決め手です。ナメコも入ってますね。これはおススメかも知れません。

み「便秘になりそうじゃ。
 そうだ。
 朝は、トイレに行かねば。
 ウォシュレットある?」
食「さー。
 新幹線の駅舎が出来れば、ありそうですが……。
 在来線はどうかな?」
み「便秘確定……」
律「携帯用のウォシュレットを持参すればいいじゃない」
携帯用のウォシュレットを持参すればいいじゃない

み「なんか、ますます切ない旅じゃ。
 ぜったい冬はダメだ。
 真っ暗なホームで待つことになる」
夜の『富山駅』。ヘタすれば凍死です。
↑夜の『富山駅』。ヘタすれば凍死です。

み「『富山』発は、何時だっけ?」
食「5:38です。
 4月でも、このくらいの時間だったら、明るくなってきますよ。
 夏なら、もう明けきってますね」
夜明け間近の『富山駅』(『富山地鉄ホテル』からの眺め)。新潟より都会かも。
↑夜明け間近の『富山駅』(『富山地鉄ホテル』からの眺め)。新潟より都会かも。

み「続けてちょ」
律「めげないわね」
み「夜が明ければ、元気も出るさ。
 胸焼けだけど」
食「『富山』、5:38発。
 『金沢』、6:33着」
金沢駅。かっちょえー。
↑金沢駅。かっちょえー。新潟駅なんか、比べ物にならんです。

み「へー。
 『富山-金沢』間は、鈍行でも1時間かからないんだね。
 『新潟-長岡』間は、1時間15分くらいかかるのに」
怒ってるのは新潟県知事。新潟県に停車しない新幹線があるということらしいです。
↑こうしてみると、確かに近いです。ちなみに、怒ってるのは新潟県知事。新潟県に停車しない新幹線があるということらしいです。別に、いいと思うけどね。

律「新潟は広いって言いたいわけ?」
み「どこへ行くにも、遠くて不便なのじゃ。
 『金沢』の待ち合わせは?」
金沢駅。なんか、SF映画に出てくるみたいな駅です。
↑なんか、SF映画に出てくるみたいな駅です。

食「23分です。
 立ち食いそば、食べますか?」
み「おぅっ。
 ホームにある?」
食「もちろんです」
み「じゃ、“月見そば”」
食「お蕎麦屋さんは、改札の外にしかありません」
こちらは、金沢駅の改札の外、待合室脇にあるお店の“月見そば”。370円。
↑こちらは、改札の外、待合室脇にあるお店の“月見そば”。370円。

食「ホームのは、ラーメン専門なんです」
金沢駅の6・7番線ホームにあります。
↑6・7番線ホームにあります。

み「そんな立ち食いそばがあるのか。
 食べたことある?」
食「もちろんです。
 ここも、和風ラーメンが名物です」
み「いくら?」
食「確か、400円でした」
み「高いではないか」
食「具沢山なんですよ」
金沢駅の6・7番線ホーム。メンマが美味しそうです。極細麺の茹で上がりに、2分くらいかかるそうです。3分停車とかでは無理ですね。
↑メンマが美味しそうです。極細麺の茹で上がりに、2分くらいかかるそうです。3分停車とかでは無理ですね。

食「チャーシューが何枚入ってたかな?
 あれで400円なら、絶対お値打ちですって」
み「朝飯は、ラーメンか」
律「身体に悪いんじゃないの?」
み「こうなったら、食いだおれじゃい」
律「でも、せっかく『金沢』なんだから……。
 何か名物も食べたいわね」
み「改札を出れないだろ」
金沢駅。なんと! 有人改札です。駅の外観とは真逆の印象。箱に入ってる駅員さん、久しぶりに見ました。
↑なんと! 有人改札です。駅の外観とは真逆の印象。箱に入ってる駅員さん、久しぶりに見ました。

み「そもそも、『金沢』の名物って何だっけ?」
律「笹かまぼこ?」
み「それは、仙台!」
笹かまぼこは、仙台!

み「古都金沢の名物が、KIOSKで売ってるとは思えんしな」
食「やっぱり、和風ラーメンにしましょうよ」
み「湯豆腐にする」
シンプルで美味しそうです。青いのは、“わけぎ”?
↑シンプルで美味しそうです。青いのは、“わけぎ”?

食「何でですか!
 あるわけないでしょ。
 ていうか、何で湯豆腐なんです?」
み「何となく、茶屋街で出てきそうじゃない」
ひがし茶屋街
↑ひがし茶屋街

食「ホームにはありませんよ」
み「案外流行ると思うけどな。
 立ち食い湯豆腐」
京都嵐山にある『嵯峨豆腐 三忠』。いちおうベンチがありますが、混んでれば立ち食いになるようです。
↑ありました! 京都嵐山にある『嵯峨豆腐 三忠』。いちおうベンチがありますが、混んでれば立ち食いになるようです。

食「流行るわけありません」
み「断言すな」
律「湯豆腐は、座って食べたいわ」
湯豆腐は、座って食べたいわ
↑フィギュアです。

み「贅沢な。
 金沢でいくら取られると思ってるんだ」
律「いくらよ?」
み「百万両」
律「何で、両なの?」
み「金沢と云えば、百万両でしょ」
食「それは、前田家百万石のことですか?」
こちらは、2007年のミス。きっともう、良縁に恵まれたんでしょうね。
↑こちらは、2007年のミス。きっともう、良縁に恵まれたんでしょうね。

み「そうとも言う」
食「言いませんって。
 両はお金で、石はお米です」
み「百万両と百万石、どっちが多いでしょう?」
食「ちょっとわかりません」
み「百万石に決まっておろうが。
 お米の方が、嵩が多いだろ」
お米の方が、嵩が多いだろ

食「その“多い”ですか!」

 基本的には、1石=1両でいいようです。
 1石は、150㎏のお米。
 スーパーで買う5㎏で2,000円くらいですから……。
スーパーで買う5㎏で2,000円くらいですから……

 150㎏では、60,000円になります。
 100万石だと……。
 600億になりますね。
 現在、石川県の年間予算は、5,500億円くらいです。

み「KIOSKに交渉してみれ。
 湯豆腐を、1人前用意出来ないかと」
食「出来ませんって」
み「諦めるな。
 まずは、トライ!」
食「トライしようとする方が異常です」
『金沢駅』のKIOSK。いくら古都でも、KIOSKは同じ。
↑『金沢駅』のKIOSK。いくら古都でも、KIOSKは同じ。

み「そうだ。
 一人用の鍋と、ガスコンロを背負っていけばいいんだ」
宇宙船みたいです。『ソト(SOTO) 』レギュレーターストーブ ST-310。
↑宇宙船みたいです。『ソト(SOTO) 』レギュレーターストーブ ST-310。

み「水は……。
 そう言えばさ。
 駅って、昔、水飲み台が無かった?」
食「古い写真では……。
 ホームに手洗い場みたいなのが、あった気がしますね」
こんな形ですが、残されてました。
↑こんな形ですが、残されてました。

み「最近は、ぜんぜん見かけないよね」
食「昔、蒸気機関車だったころは……。
 顔を洗う必要があったからだと思います」
み「なるほど。
 ススで真っ黒になったりするわけか」
越後『松之山』の奇祭“むこ投げ”後に行われる“墨塗り”。
↑越後『松之山』の奇祭“むこ投げ”後に行われる“墨塗り”。藁灰と雪を手のひらで混ぜた墨を、誰彼かまわず塗り合います。新婚夫婦もこのとおり。

食「トンネルで窓を締め忘れてたりすると、大変だったようです」
み「てことは……。
 蒸気機関車とともに、ホームの手洗い場も滅びたということか。
 じゃ、水はどうするかな?」
食「お水なら、自販機で売ってるでしょ。
 ミネラルウォーター」
み「もったいない!
 日本で水を買うなんて信じられん」
律「じゃ、どうするのよ?」
み「トイレがあるだろ」
律「汚なー」
み「何で!
 トイレの水だって、ちゃんとした水道だろ。
 ついでに、携帯用ウォシュレットにも補給せねば」
律「まったく食欲が湧かないわね」
み「ダシの昆布は、いくらでも背負ってこれるよな」
函館の海で昆布を背負う“ウミアイサ”
↑函館の海で昆布を背負う“ウミアイサ”。

み「問題は……」
食「豆腐ですよ。
 どうやって手に入れるんです?」
み「KIOSKで売ってない?」
食「日本中探しても、売ってないと思います」
み「諦めが早い!」
食「こういうのを、常識と言います」
み「じゃ、持参すればいい」
食「『陸奥森田』から、持って乗るんですか?」
み「豆腐なんぞ、軽いもんじゃ」
食「そういう問題じゃない気が……」
み「よし、これで湯豆腐の材料は揃った。
 食うぞ」
食「どこで食べるんですか?
 コンロに火なんか付けたら、すぐに見咎められて……。
 事務所に連れて行かれます」
み「組事務所か?」
寺島進さん。好きな俳優さんのひとりです。
↑寺島進さん。好きな俳優さんのひとりです。

食「なんでです。
 駅のですよ。
 テロリストかと疑われるに決まってます」
み「わたしは、湯豆腐が食べたいだけなのじゃ!」
食「それが異常です。
 とにかく、無賃乗車してるわけですからね。
 できるだけ大人しくしてなきゃダメですよ。
 事務所に連れて行かれたら、ぜったいに『切符を拝見』ということになります」
宮脇俊三さん『広尾→枕崎』の片道切符。1978年当時、65,000円。有効期間、68日。
↑宮脇俊三さん『広尾→枕崎』の片道切符。1978年当時、65,000円。有効期間、68日。

み「くそー。
 日陰者は辛いのぅ」
律「ちゃんとお金を払って乗ればいいのよ」
み「それなら、堂々と途中下車して、湯豆腐食べれるだろ」
食「金沢で途中下車するなら……。
 B級グルメはどうです?」
み「金沢にも、B級グルメがあるの?」
食「その名も、『ハントンライス』」
その名も、『ハントンライス』
↑正直、よほど体調が良いときでないと、食べれそうにありません。

み「なんじゃそりゃ?」
食「オムレツの一種です。
 ケチャップで味付けしたバターライスの上に、ふんわりした薄焼き卵を被せてます。
 その上に、白身魚のフライが載って、タルタルソースとケチャップがかかってるわけです」
み「それのどこが、『ハントン』なわけ?
 豚が半分入ってるのかと思った」
マイアミのショッピングモール『ベイサイド・マーケット・プレイス』にて
↑マイアミのショッピングモール『ベイサイド・マーケット・プレイス』にて(わたしが撮ったわけじゃありませんが)。

食「そんなの、ボクだって食べきれませんよ。
 ハンガリーの“ハン”と、マグロを意味する“トン”をあわせた造語みたいです」
ハントンライスの語源

み「なんでハンガリーが出てくるんだ?」
食「ハンガリーの家庭料理が元と言われてるんですが……。
 実際には、ハンガリーに、似た料理は無いそうです。
 でも、白身魚にタルタルソースをかけて、ご飯と一緒に食べる習慣はあるそうなので……。
 これが命名の由来でしょうかね。
 とにかく、ボリューム満点です。
 レストランの賄い料理が元ですから、美味しさも保証しますよ」
み「野菜は?」
食「付いてません」
み「聞いただけで胸焼けがする。
 やっぱ、立ち食いそばにするわ。
 『湯豆腐蕎麦』」
食「ありませんって」
湯豆腐蕎麦
↑ありました。でも、あんまり美味しそうじゃありませんね。お蕎麦はやっぱり、ピュアなスープでいただきたいものです。

み「じゃ、もう『金沢』は、いい。
 次、行って」
食「スネてどうするんです。
 それじゃ、出発しますよ。
 『金沢』、6:56発。
 『敦賀』、9:53着」
『敦賀』。良くも悪くも普通の駅です。
↑良くも悪くも普通の駅です。

み「おー、懐かしの『敦賀』」
律「行ったことあるの?」
み「おまへんがな」
律「じゃ、何で懐かしいのよ?」
み「『日本海航路殺人事件』に出てきたではないか」
日本海航路殺人事件

律「あ、フェリー乗り場があった所ね」
み「左様です」
古畑任三郎です

み「わたしはいつか、新日本海フェリーで北海道に行きたいのよ」
律「おとといの夜、『秋田』まで乗ったフェリーに、そのまま乗ってれば行けるんでしょ?」
み「そうです。
 でも、新潟からは乗りたくない」
律「どうして?」
み「出発が夜中だったでしょうが」
律「夜の11時半だったっけ?」
み「真っ暗な中の出航って、もったいないでしょ」
真っ暗な中の出航って、もったいないでしょ

み「やっぱり、岸壁を離れるところを、潮風に吹かれながら眺めたいわけよ」
新潟港を出港する佐渡汽船からの眺め
↑これは、新潟港を出港する佐渡汽船からの眺め。

律「ほかの時間の便は無いの?」
み「『苫小牧』行きは、この便だけ。
 『小樽』行きなら、午前10:30発だから、丁度いいんだけど」
『小樽』行きなら、午前10:30発だから、丁度いいんだけど

律「なんだ。
 それにすればいいじゃない」
み「ところが!
 『小樽』着が、朝の4:30なわけ」
『小樽』着が、朝の4:30なわけ

み「そんな時間に着いて、どうすんだ!
 夏じゃなければ、真っ暗だぞ」
日の出を待つ小樽港。夏なら、こんな景色の中での入港となります。
↑日の出を待つ小樽港。夏なら、こんな景色の中での入港となります。

律「『苫小牧』行きは、何時に着くの?」
み「確か、夕方の17:20ころだと思う。
 降りたら、真っ直ぐ宿に入って……。
 北海道の幸で、一杯やれるってわけ」
取りあえず、ホッケ!
↑取りあえず、ホッケ!

律「それは、魅力的ね」
み「だしょー。
 だから、ぜひその便で行きたい。
 でも、新潟から夜中には乗りたくない」
律「しょうがないじゃないの」
み「方法はある」
律「また、推理もの?」
み「そんなややこしい話じゃないの。
 始発の『敦賀』から乗ればいい」
『敦賀フェリーターミナル』。バイクの人たちの目的は、北海道でのツーリング。
↑『敦賀フェリーターミナル』。バイクの人たちの目的は、北海道でのツーリング。バイクで北海道まで行くのは、大変でしょうからね。

律「『新潟』から北海道に向かうのに……。
 わざわざ、『敦賀』まで行くってこと?」
み「左様です」
み「『敦賀』発は、10:00ジャスト。
 絶好の出航時間じゃあーりませんか」
『敦賀』発は、週1便になってますね。以前は、週3便あったのに。
↑『敦賀』発は、週1便になってますね。以前は、週3便あったのに。

み「しかし!」
律「何よ?」
み「『新潟』から『敦賀』までは、あまりにも遠いのです」
『新潟』から『敦賀』までは、あまりにも遠いのです

律「同じ北陸でしょ?」
み「同じ地域に分類されること自体、間違っておる。
 チミ、鉄道で検索してみて。
 『新潟』から『敦賀』まで。
 朝イチに出て、何時に『敦賀』に着けるか」
食「えーっと。
 あ、なるほど。
 これは不便ですね。
 北陸本線で真っ直ぐ向かうより……。
 東京まで、新幹線で出た方が早いや。
 それでも……。
 『新潟』を、6:05発の始発新幹線【Maxとき300号】で出発して……」
『新潟』を、6:05発の始発新幹線【Maxとき300号】で出発して……

食「『東京』着が、8:12か。
 8:33発の、新幹線【ひかり505号】に乗り換えて……」
8:33発の、新幹線【ひかり505号】に乗り換えて……

食「『米原』着が、10:45(8:20発の【のぞみ209号】は、『米原』に停まりません)。
 ここから、10:59発の特急【しらさぎ5号】に乗って……」
10:59発の特急【しらさぎ5号】に乗って……

食「『敦賀』着が、11:28。
 『敦賀』に10:00に着くのは、とうてい無理ですね。
 でも、飛行機を使ったらどうです?
 新潟空港からなら、伊丹行きがあるでしょ」
新潟空港からなら、伊丹行きがあるでしょ

み「やってみ」
食「えーっと。
 一番早い便で、『新潟空港』、8:00発か。
 『伊丹空港』に着くのが、9:10。
 そうか。
 これじゃ、『敦賀』に10:00は無理、ということですね」
み「だろ。
 『敦賀』から、10:00のフェリーに乗るためには……。
 前泊しなきゃならんってこと」
律「普通、しないでしょ」
食「前泊しなくても行けますよ」
み「どうやって?」
食「今回みたいに、夜中じゅう乗ってればいいんです」
み「この便じゃ無理だろ。
 『敦賀』、9:53着なんだから」
食「もちろん、鈍行だけじゃ無理ですよ。
 でも、新幹線を使えば行けます。
 えーっとですね。
 まず、『新潟』から、23:38の【ムーンライトえちご】に乗ります」
『新潟』から、23:38の【ムーンライトえちご】に乗ります

食「東京の『新宿』着が、翌朝の5:10。
 山手線で『品川』まで行き……。
 6:00ジャスト発の新幹線【のぞみ99号】に乗ります」
6:00ジャスト発の新幹線【のぞみ99号】に乗ります

食「でも、これは『米原』に止まらないので……。
 『名古屋』で降ります。
 7:29ですね。
 で、7:32発の【ひかり495号】に乗り換える」
7:32発の【ひかり495号】に乗り換える

み「3分で乗り換えられるのか?」
食「大丈夫です。
 向かい側のホームですし……。
 この2本は、接続を取りますから。
 もし、【のぞみ99号】が遅れて着いても、待っててくれます」
み「ちょっと待て。
 そんなことするなら、『品川』から【ひかり495号】に乗ればいいのではないか?」
食「【ひかり495号】は、『名古屋』始発なんですよ」
み「そんな【ひかり】もあるんだ」
食「で、『米原』着が、7:59。
 ここで、8:09の【しらさぎ51号】に乗り換えます」
8:09の【しらさぎ51号】に乗り換えます

食「『敦賀』着が、8:39」

↑『敦賀駅』に入る【特急しらさぎ(51号ではありません)】。昆虫系の顔ですね。

食「『敦賀駅』からフェリーターミナルまでは……。
 あ、バスで15分です。
 出航1時間前に着けますね」
み「いくらかかるの?」
食「16,100円です」
み「高すぎ!」
高すぎ!

み「新日本海フェリーだと、『新潟ー敦賀』間はいくら?」
食「一番安い【ツーリストJ】で、5,200円ですね」
『しらかば』の【ツーリストJ】。いわゆるひとつの、“2等”です。
↑『しらかば』の【ツーリストJ】。いわゆるひとつの、“2等”です。

み「3倍じゃん」
食「【デラックスA】でも、15,500円ですね」
『らいらっく』の【デラックスA】。いわゆるひとつの、“特等”です。
↑『らいらっく』の【デラックスA】。いわゆるひとつの、“特等”です。

み「高いぞ、JR。
 あ、そうだ。
 何でJRを使わにゃならんわけ?
 フェリーで『敦賀』に行って、折り返してくればいいんじゃん。
 ちょうどいい便、ある?」
食「ははは。
 ありました。
 これはいいですね。
 でも、曜日が限られますよ。
 『新潟』から『敦賀』に行く便は、日曜だけになります」
『新潟』から『敦賀』に行く便は、日曜だけになります

み「そのくらいの制約はしかたあるまい。
 何時?」
食「『新潟』出航が、16:30。
 『敦賀』着が、翌月曜日の朝、5:30です」
み「ちょっと早いが、致し方ない。
 この船が折り返すわけだろ」
食「ですね」
み「出航は10:00だけど、乗船手続きは、2時間くらい前から出来るんじゃないかな?
 乗れる?」
食「それはわかりませんが」
み「乗れなくても、レストランとかあるでしょ?」
食「えーっと。
 レストランは、11:30からしか開きませんね」
フェリーターミナルのレストラン『ポン・ドゥ・グラス』の“あんかけ焼そば(850円)”
↑フェリーターミナルのレストラン『ポン・ドゥ・グラス』の“あんかけ焼そば(850円)”。

食「あ、カフェがあります」
カフェの画像がありませんでした。こういうカフェじゃないと思いますが。
↑カフェの画像がありませんでした。こういうカフェじゃないと思いますが。

食「でも、開店が8:00からです」
み「なんじゃい!
 『沼津』食わずで待てと言うのか」
食「『沼津』じゃなくて『敦賀』でしょ」
み「そこらにコンビニとか無いの?」
食「地図を見ると……。
 敦賀フェリーターミナルは、港の先っぽに突き出たところですね」
敦賀フェリーターミナルは、港の先っぽに突き出たところですね

食「ターミナルのほかに、お店は無いでしょう」
み「不便ではないか!」
食「あのですね。
 5:30に着いて、その折り返しの10:00に乗る人なんか、誰もいませんよ」
古畑任三郎です

み「やっぱり」
食「でも、行きは『ツーリストJ』にすれば、5,250円で済みますから……。
 JR使って前泊するより、はるかに安いですね」
み「よし、それにする」
食「って……。
 何でフェリーに乗る話になってるんです?」
み「そうであった!
 徳島に行かねばならんのだ。
 『敦賀』に着いたところまでだったな」
食「『敦賀』、9:53着」
み「『金沢』発が何時だっけ?」
食「6:56です」
み「3時間もかかるの!」
食「130.7㎞ありますからね。
 途中、『福井』で30分くらい待ち合わせがありますが……。
 ほかの駅では、ほぼ待ち合わせなしです」
み「北陸は長いってことだな」
食「ですね。
 『敦賀』では、おあつらえ向きに、ジャスト30分の待ち時間があります」
み「何の、おあつらえじゃ?」
東北に行こう!(77)目次東北に行こう!(79)



コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ
    コメントする   【東北に行こう!(78)】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
レズ画像・きれいな画像倉庫 未知の星 ひとみの内緒話 愛と官能の美学
ましゅまろくらぶ ちょっとHな小説 官能的なエロ小説 禁断の体験 エッチな告白集
官能文書わーるど 潤文学 新・SM小説書庫2 秘密のエッチ体験談まとめ
恥と屈辱の交差点 変態小説 萌木ケイの官能小説 羞恥の風
おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 緊縛新聞 赤星直也のエロ小説 人妻の浮気話 艶みるく

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
SM~猟奇の性書~変態 性転換・TS・女体化劇場 Playing Archives 淫鬼の棲む地下室
恥ずかしがりたがり。 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 快感小説 魔法の鍵
[官能小説] 熟女の園 被支配中毒 女性のための官能小説 18's Summer
空想の泉~The Fountain of Daydream~ 調教倶楽部 アダルト検索一発サーチ 黒い教室
ひめ魅、ゴコロ。 HAKASEの第二読み物ブログ ぺたの横書き 女性のH体験告白集
かめべや むね☆きゅんファンサイト エピソードセックス 漂浪の果てに

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
女の陰影 ライトHノベルの部屋 妄想ココット お姫様倶楽部.com
出羽健書蔵庫 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 最低のオリ 制服美少女快楽地獄
riccia オシッコオモラシオムツシーン収集所 Eros'Entertainment 性小説 潤文学ブログ
空想地帯 被虐のハイパーヒロインズ ちょっとHなおとなのための… アダルト官能小説快楽機姦研究所
被虐願望 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋

あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ プライド 黒塚工房
官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 女性作家専門官能小説
羊頭狗肉 おしっこ我慢NAVI ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記
黒イ都 ひよこの家 エロショッカー軍団 エッチな体験談・告白
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
厳選2chまとめ おかず動画アンテナ
エログちゃんねる 人気ブログランキング
正しいH小説の勧め 小説の匣
官能小説アンテナ にほんブログ村
Girls Love Search GL Search

ランキング/画像・動画(11~30)
ライブドアブログ アダルトブログランキング 萌駅 アダルト動画まとめ
ネット小説ランキング おたりんく セックス・ノベル・ネット 【携帯】GL狂愛Rank
少女禁忌区域 アダルト検索BBJapan Adult Novels Search Cyber あまてらす
GAY ART NAVIGATION ヌケルアダルト作品 クリエイターコレクションR18 ぱっくりんく





<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top