Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
東北に行こう!(52)
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
律「メールすれば?」
メールすれば?

み「するか!
 刑事なんて、パソコン使えないの!」
刑事なんて、パソコン使えないの!

律「それは、差別発言じゃないの?」
み「“長さん”や“山さん”が、パソコン打ってるシーンなんて、出てこないでしょ」
『太陽にほえろ』の“長さん”こと、野崎太郎刑事(“長さん”は、巡査部長の愛称です)
↑『太陽にほえろ』の“長さん”こと、野崎太郎刑事(“長さん”は、巡査部長の愛称です)。

み「刑事は、足!
 足で捜査するの」
足で捜査するの

律「そんなの、今どき流行らないわよ」
み「捜査に、流行り廃れがあるか!
 王道あるのみ」
王道あるのみ

律「ほら、捜査会議のとき、偉そうにしてるのがいるじゃない?」
捜査会議のとき、偉そうにしてるのがいるじゃない

み「誰よ?」
律「何とか官」
み「ぜんぜんわからないんですけど。
 宦官?」
宦官?

律「なんで宦官が、警察にいるのよ」
なんで宦官が、警察にいるのよ

み「じゃぁ……。
 ロクタル管」
律「ぜんぜん違うけど……。
 何それ?」
み「昔読んだ小説の題名に出てきた。
 内容は忘れたけど、題名だけ覚えてる。
 そうそう。
 柴田翔の、『ロクタル管の話』だ」
柴田翔の、『ロクタル管の話』

 ここで余談。
 柴田翔と云えば、なんといっても『されどわれらが日々-』ですね。
柴田翔と云えば、なんといっても『されどわれらが日々-』ですね

 若かりしころ、わたしも読みました。
 はい、お話続けます。

律「それと捜査と、関係あるの」
み「あるわけないでしょ」
律「もう。
 要らないこと言わないでちょうだい。
 何だったかな?
 何とか官なのよ」
何とか官なのよ

食「あの、ボクわかったかもです」
み「げ。
 チミ、まだいたの?」
まだいたの?

食「いたに決まってるでしょ!
 青森までいますよ」
青森までいますよ

み「じゃ、言ってみたまえ。
 この先生の言わんとすること」
“お椀とすること”
↑これは、“お椀とすること”(最近、苦しい……)

食「管理官じゃないですか?」
律「それ!
 それよ!」
それよ!

み「確かに、最近の刑事ドラマとかで、けっこう出てくるね」
最近の刑事ドラマとかで、けっこう出てくるね

律「『相棒』にも出てくるわよ」
『相棒』にも出てくるわよ

み「へー。
 ああいうの、見てるんだ」
律「香純が好きなのよ。
 だから、お付き合い」
だから、お付き合い

み「香純ちゃんに聞けばよかったじゃない」
律「あの子が知ってるもんですか。
 それに、口挟まないでって言われてるから」
口挟まないでって言われてるから

み「その気持はわかる」
律「何よ、それ」
み「でも確かに……。
 昔のドラマじゃ、“管理官”なんて出てこなかったんじゃないの?」
昔のドラマじゃ、“管理官”なんて出てこなかったんじゃないの?

み「どういう人なんだろ?」
食「管理官ってのは……。
 県警では、課長の下のポストです」
県警では、課長の下のポストです

み「なんだ。
 そしたら、係長じゃないの」
そしたら、係長じゃないの

律「課長補佐でもいいんじゃない?」
食「警視庁だと、課長、理事官に次ぐナンバースリーですね」
視庁だと、課長、理事官に次ぐナンバースリーですね

み「ほらみ。
 やっぱ、係長だ。
 課長、課長補佐、係長。
 さえねー。
 何人いるのよ?」
食「刑事部捜査一課では、管理官は13人います」
刑事部捜査一課では、管理官は13人います

み「そんなにいるの。
 ますます偉くないじゃん」
食「でも、警視ですよ」
でも、警視ですよ

み「キャリアなんでしょ?」
食「キャリアの管理官は、ごく希ですね」
み「そうなの?
 警察庁から派遣されてるエリートかと思った」
警察庁から派遣されてるエリートかと思った

食「ノンキャリア組の中では、エリートでしょ」
み「あ!
 あれが、管理官だったじゃない」
律「あれって、誰よ?」
み「秋田の人。
 バスガイドさんが好きだって言ってた」
バスガイドさんが好きだって言ってた

律「誰よ?」
み「忘れたの?」
律「あんただって、忘れてるじゃない」
み「顔は覚えてるのよ。
 昔、踊ってた人」
律「お立ち台で?」
お立ち台で?

み「違う!
 男だけのグループ!」
律「ドリフターズ?」
ドリフターズ?

み「舐めとんのか!」
舐めとんのか!

食「ボク、わかったかも知れません」
み「頼むから、言ってくれ」
食「ギバちゃんでしょ?
 柳葉敏郎」
柳葉敏郎

み「それだー!」
律「柳葉敏郎って、踊ってたの?
 何踊り?」
み「ソレソレとか言って踊るやつよ」
律「盆踊り?」
盆踊り?

み「違う!
 チミ、解説して」
食「『一世風靡セピア』というグループでしたね」
『一世風靡セピア』というグループ

み「それだー」
律「でも、柳葉敏郎が、何で管理官なのよ」
み「出てたでしょ、そういう役で。
 ほら、これも踊るやつよ」
ほら、これも踊るやつよ

み「えーっと……。」
律「『フラガール』?」
『フラガール』?

み「違う!
 はい、解説!」
食「『踊る大捜査線』ですね」
『踊る大捜査線』ですね

み「それ!
 役名が、ほら……。
 なんだっけ。
 室田日出男?」
室田日出男?

食「ぜんぜん違います。
 室(むろ)で始まりますけど」
律「わかった。
 室井滋」
室井滋

み「そりゃ、女だろ!
 クイズにするから、話が進まないじゃない。
 真っ直ぐ答えよ!」
食「室井慎次ですよ」
室井慎次

み「それだー」
律「室井まで合ってたわ」
み「根本的に違ってたでしょ。
 ともかく、やっとたどり着いた。
 あれが確か、管理官だった」
あれが確か、管理官だった

律「まどろっこしい人ね」
み「先生が、ものを知らなすぎなの!」
律「あんたもでしょ」
食「そう言えば……。
 渋い俳優さんで、小木茂光という人がいます」
渋い俳優さんで、小木茂光という人がいます

食「この人の演じる管理官も、らしさがありますね」
み「知ってる?」
律「知らない」
み「何が言いたいんだ?」
食「小木茂光さんは、『一世風靡セピア』のリーダーだったんですよ」
後列右が、小木茂光。その手前が柳葉敏郎。最前列左は哀川翔
↑最後列右が、小木茂光。その手前が柳葉敏郎。最前列左は哀川翔。

み「それで?」
食「それだけですけど」
み「話を進める!
 そもそも、管理官って……。
 どういう人がなるのよ?」
食「生え抜きの刑事がなる場合と、刑事経験のない行政官タイプがなる場合の、2通りがあるようです。
 テレビで描かれる管理官は、後者が多いみたいですね」
み「何する係なのよ?」
何する係なのよ?

食「捜査本部の陣頭指揮ですよ」
捜査本部の陣頭指揮ですよ

み「あぁ。
 それなら、よくテレビで見るね。
 すっげー感じの悪いやつ」
左が、管理官役の三浦浩一さん
↑左が、管理官役の三浦浩一さん(『多摩南署たたき上げ刑事・近松丙吉』)。

律「で、その管理官が結局どうしたって話?」
み「先生が言い出したんでしょ!」
律「そうだっけ?」
み「管理官がどうしたのよ?」
律「忘れちゃったわよ」
み「はい、チミ、解説」
食「たぶん……。
 足で捜査するなんて、昔ながらの古いタイプの刑事だから……」
足で捜査するなんて、昔ながらの古いタイプの刑事だから……

食「きっと、管理官の云うことを聞かないタイプじゃないかって趣旨じゃありませんか?」
律「そうだったかも」
み「いい加減な女」
律「Mikiちゃんが、話を逸らすからよ」
み「まぁ、いいわい。
 そう言えば、刑事の靴って自前なのかね?」
刑事の靴って自前なのかね?

律「そうじゃないの?」
み「スゴい減るだろうね」
スゴい減るだろうね

み「刑事ドラマだと……。
 そういうタイプの刑事に、スニーカー履かせたりしてるよね」
そういうタイプの刑事に、スニーカー履かせたりしてるよね

律「それは、若い刑事じゃないの?」
それは、若い刑事じゃないの?

み「違うよ。
 ベテラン刑事。
 背広来て、白いスニーカー履いてるわけ。
 伊東四朗がやってた」
事件が起きると、自分の茶碗を割ります。犯人が割れるようにとのおまじない。
↑事件が起きると、自分の茶碗を割ります。犯人が割れるようにとのおまじない。

律「なるほど。
 雰囲気はわかるけど、ちょっと作りすぎじゃない?」
み「確かに」
食「刑事って、みんな同じ靴、履いてたんじゃなかったかな?」
刑事って、みんな同じ靴、履いてたんじゃなかったかな?

み「なんでよ?
 支給ってこと?」
食「いや。
 それは知りませんが」
み「何で同じ靴なのよ?」
何で同じ靴なのよ?

食「現場で、犯人の足跡と区別するためです。
 いろんな靴履いた刑事が歩き回ったら、わけわからなくなりますから(こちらからの情報です)」

み「ほー。
 それは知らなかった。
 それじゃ……。
 ジーパン履いてても、靴だけ革靴?」
ジーパン履いてても、靴だけ革靴?

食「さー」
み「無責任なヤツ」
律「靴底だけ一緒なんじゃないの?」
靴底だけ一緒なんじゃないの?

み「それじゃ、特注じゃん。
 そんな靴、自腹で何足も買えないでしょ」
律「あ、わかった。
 靴底だけ、同じの貼り付ければいいのよ」
靴底だけ、同じの貼り付ければいいのよ

み「そんな靴、履きたくない」
そんな靴、履きたくない

律「Mikiちゃんが履くわけじゃないでしょ」
み「それで、最近の刑事ドラマって、みんな背広なのかな?」
この人は、背広を着てないようです。
↑この人は、背広を着てないようです。

み「同じ靴ですむように」
律「警察官だけじゃなくて、公務員は、普通背広じゃないの?」
公務員は、普通背広じゃないの?

み「沖縄の役所は、アロハ着てるじゃない」
沖縄の役所は、アロハ着てるじゃない

律「警察もアロハなんじゃないの?」
み「そんなわけねーだろ!」
ほんとにありました(和歌山県の白浜署)。
↑ほんとにありました(和歌山県の白浜署)。

律「刑事が背広で、何か不都合?」
み「昔の刑事ドラマは違ってたでしょ。
 さっき言ったけど、ジーパンとかさ」
ジーパンとかさ

律「セーラー服もいたじゃない」
セーラー服もいたじゃない

み「あれは特殊でしょうが」
律「そうなの?」
み「現役高校生は、公務員になれないでしょ」
現役高校生は、公務員になれないでしょ

律「じゃ、何でなれたのよ?」
み「そういう設定なの!
 はい、チミ。
 間髪入れず、解説」
食「お2人が話題にされてるのは……。
 『スケバン刑事』ですよね?」
『スケバン刑事』ですよね?

み「こんな話、ほかにあるかい」
食「『ケータイ刑事』というのもあります」
『ケータイ刑事』というのもあります

み「ほー。
 それは、初耳じゃぞ」
食「じゃ、まず『スケバン刑事』から解説します。
 元々は、和田慎二という人の漫画作品です」
元々は、和田慎二という人の漫画作品です

食「主人公は、麻宮サキ。
 札付きのスケバンでした」
なんで新品なのに汚れがあるんだ? 店長が着てたんじゃないのか?
↑なんで新品なのに汚れがあるんだ? 店長が着てたんじゃないのか?

食「ところが、サキの母親が……。
 夫、つまり、サキの実父を殺してしまい、死刑判決を受けてしまったんです」
夫、つまり、サキの実父を殺してしまい、死刑判決を受けてしまったんです

食「これに目をつけたのが、警視庁の暗闇警視です」
警視庁の暗闇警視
↑この年で警視なら、ノンキャリアですね。

食「死刑執行の停止と引き換えに、サキを学生刑事にスカウトしたんですね」
死刑執行の停止と引き換えに、サキを学生刑事にスカウトしたんですね

み「待てい!」
待てい!

食「ま、この時点で異論があることは想定してました」
この時点で異論があることは想定してました

み「警視に、人事権なんかあるかい!」
警視に、人事権なんかあるかい!

み「管理官レベルじゃないか」
管理官レベルじゃないか

み「それ以前に、名前が怪しすぎる」
それ以前に、名前が怪しすぎる

み「それに、死刑執行の停止なんて、警察の権限で出来っこないでしょ。
 だいたい、1人殺したくらいじゃ、死刑判決なんて出ないだろ」
だいたい、1人殺したくらいじゃ、死刑判決なんて出ないだろ

食「漫画ですから」
こんなパロディもありました
↑こんなパロディもありました

み「ひと言で片付けるな!」
食「子供には、この理屈で十分なんです」
み「子供だましってことじゃない」
子供だましってことじゃない

食「方便です。
 このへんはスルーしてもらわないと、話が進みませんよ」
このへんはスルーしてもらわないと、話が進みませんよ

み「まぁ、今回だけは大目に見てやる」
まぁ、今回だけは大目に見てやる

み「続けたまえ」
食「何でそんなに偉そうなんです?」
何でそんなに偉そうなんです?

み「気にするな」
気にするな

食「スゴく抵抗あるんですけど」
み「そもそも、高校生を刑事にするメリットって何よ?」
そもそも、高校生を刑事にするメリットって何よ?

食「潜入捜査ですよ」
潜入捜査ですよ

食「学校には、警察組織が介入しにくいでしょ」
学校には、警察組織が介入しにくいでしょ

み「なるほど。
 そのヘンは、理屈にあってるな」
食「最初は、そういう学園探偵物だったんですけどね」
最初は、そういう学園探偵物だったんですけどね

食「だんだん話が大きくなって……。
 日本の政治を影で操る『信楽老(しがらきろう)』との戦いにまで行き着きます」
『信楽老(しがらきろう)』との戦い

み「その成り行きには、大いに納得できる」
その成り行きには、大いに納得できる

食「なんでです?」
み「その場しのぎで書いてると、だんだんそうなっていくものなの」
食「はー」
み「でも、『スケバン刑事』って、実写のイメージがあるんだけど」
『スケバン刑事』って、実写のイメージがあるんだけど

食「そうですね。
 テレビドラマ化されて……。
 麻宮サキを、そのときどきのアイドルが演じてヒットしました。
 初代は、斉藤由貴」
初代は、斉藤由貴

食「2代目が、南野陽子」
2代目が、南野陽子

み「2代目って、ヤクザみたいだな」
2代目って、ヤクザみたいだな

食「実際、南野陽子の役名は早乙女志織で……。
 2代目“麻宮サキ”を襲名したんです。
 高知弁がトレードマークですね」
高知弁がトレードマークですね

み「おー、高知弁。
 決めゼリフがあったよね」
ご存知、『美少女仮面ポワトリン』の決め台詞
↑ご存知、『美少女仮面ポワトリン』の決め台詞

律「どんな?」
み「おどまぼんぎりぼんぎり!」
律「そんなわけないでしょ」
食「そもそも、それは熊本弁です」
そもそも、それは熊本弁です

み「はい、解説」
食「決めゼリフは、“おまんら、許さんぜよ!”、でした」
往年の決めゼリフを披露した南野さん(綺麗ですね~)
↑2009年、『メイド刑事』にゲスト出演し、往年の決めゼリフを披露した南野さん(綺麗ですね~)。

み「おー。
 龍馬伝まで続く、高知弁パターンだね」
龍馬伝まで続く、高知弁パターンだね

み「高知の人って、今でもそんなしゃべり方してんの?」
高知の人って、今でもそんなしゃべり方してんの?

食「してないと思います」
み「してたら、ほかの県の人としゃべれんよね」
食「3代目、いきます」
3代目、いきます

み「誰だっけ?」
食「浅香唯です」
浅香唯です

食「九州出身」
九州出身

み「決めゼリフは?」
食「“せからしか! ”」
“せからしか! ”

み「なんだー。
 “とっとっとー”にしてほしかったな」
“とっとっとー”にしてほしかったな
↑人相悪すぎ(シャモです)。

食「いつ、そんなセリフが言えるんですか」
み「列車の座席を確保するときに決まっとろうが」
列車の座席を確保するときに決まっとろうが

食「毎回、そんなシーンばかり撮れないでしょ」
律「でも、ほんとよくご存じですわ」
み「まーね。
 さすが、オタクだけのことはある」
さすが、オタクだけのことはある

食「あくまで、鉄道オタクです」
あくまで、鉄道オタクです

食「アイドル系は、守備範囲外です」
アイドル系は、守備範囲外です

み「これだけ知ってて?
 体型は、打球真正面だけどね」
体型は、打球真正面だけどね

食「これは、“食い鉄”の宿命ですよ」
これは、“食い鉄”の宿命ですよ

み「でもさ、オタクの人って、どうして太ってるのかな?」
オタクの人って、どうして太ってるのかな?

律「痩せた人もいるんじゃないの?
 ほら、昔、いたじゃん。
 気味の悪い男」
み「誰よ?」
律「たこ八郎?」
たこ八郎?

み「確かに、気味は悪いけど……。
 あの人、オタクだったの?」
あの人、オタクだったの?

食「あの、わかったんで、口挟ませてもらいます。
 先生のおっしゃりたいのは、宅八郎だと思います」
先生のおっしゃりたいのは、宅八郎だと思います

律「それそれ!」
み「知らんな。
 解説せよ」
食「なんか、金払ってもらいたい気分なんですけど」
なんか、金払ってもらいたい気分なんですけど

み「セコイこと言うでないわい。
 知識ってものは……。
 ひけらかすときが、一番気持ちいいんじゃないの」
ひけらかすときが、一番気持ちいいんじゃないの

み「その機会を作ってやってるんだから……。
 むしろ、お金もらいたいのはこっちよ」
むしろ、お金もらいたいのはこっちよ

食「わかりました。
 タダで解説します」
タダで解説します
↑これは、ダダ

食「あの人は元々……。
 オタク評論家、つまりライターです」
オタク評論家、つまりライターです

食「ま、実際オタクじゃなければ、評論も出来ないでしょうけど。
 テレビに出るようになってからは……。
 いろいろと奇矯な行動で、問題を起こしましたね」
いろいろと奇矯な行動で、問題を起こしましたね

み「勉強になるなぁ。
 で、その宅八郎がどうしたのよ?」
律「だから、オタクは、太った人ばかりじゃないってこと」
香港のオタクは、痩せてるそうです。
↑香港のオタクは、痩せてるそうです。

み「でも、比率からすると、多いでしょ。
 実際、オタクをイラスト化したばあい……。
 太った人物で表現されることが多いじゃないの」
56人のオタクだそうです。
↑56人のオタクだそうです。

律「ま、言われてみればだけど。
 なんで太ってるのかしら?」
なんで太ってるのかしら?

み「はい、解説」
食「知りませんよ」
み「なんで知らんの?
 片手落ちなやつ」
片手落ちなやつ

律「今、そういう表現も、差別用語ってことになってるのよ」
み「めんどいのぅ。
 そう言えば子供のころの記憶だけど……。
 大叔父さんが、法事で酔っ払ってさ」
大叔父さんが、法事で酔っ払ってさ

み「もう、ぐでんぐでん」
もう、ぐでんぐでん

み「相手が何て言ったかは忘れたけど……。
 “スルスルって、イザリのキンタマじゃあるめいし”って管巻いててね」
イザリのキンタマじゃあるめいし

み「そばにいた母親に意味を聞いたけど、教えてくれなかった」
律「差別用語+シモネタだったわけね」
差別用語+シモネタだったわけね

み「意味がわかったのは、だいぶ後になってからだけど……。
 上手いこと言うなって、感心したものよ」
上手いこと言うなって、感心したものよ

律「今では、そんな冗談、誰もわからないでしょうね」
今では、そんな冗談、誰もわからないでしょうね

み「だよね。
 何の話だっけ?」
律「オタクに太った人が多い理由よ」
オタクに太った人が多い理由よ

み「あ、そうか。
 オデンのせいかな?」
オデンのせいかな?

律「は?」
み「ほら、秋葉原名物にあるじゃないの。
 オデンの缶詰」
オデンの缶詰

み「あれの食べ過ぎとか」
あれの食べ過ぎとか

律「オデンの具なんて、太るもの入ってないでしょ。
 むしろ、健康的なものが多いんじゃない」
オデンの具なんて、太るもの入ってないでしょ

み「はい、チミ。
 好物だろ。
 具の解説」
食「何でボクが知ってるんですか?」
み「秋葉原はホームタウンじゃないか」
秋葉原はホームタウンじゃないか

食「鉄道マニアには関係ないですよ」
さいたま市の『鉄道博物館』。大混雑!
↑さいたま市の『鉄道博物館』。大混雑!

み「そうなの?」
食「ま、一応、知ってはいますけどね」
み「やっぱり、知ってるんじゃないか」
食「珍しいものは入ってませんよ。
 ごく一般的な具です」
み「言ったんさい」
食「つみれ」
つみれ

食「牛すじ」
牛すじ

食「こんにゃく」
こんにゃく

食「ちくわ」
ちくわ

食「卵」
卵

食「昆布」
昆布

食「薩摩揚げ」
薩摩揚げ

食「ダイコン」
ダイコン

食「ニンジン」
ニンジン

律「↑これって、明らかに行稼ぎよね」
み「気にするでない」
み「先生は、何から食べる?」
律「そうね……。
 やっぱり、卵かしら」
やっぱり、卵かしら

み「おー、バクダンか」
おー、バクダンか

律「バクダンって、全国的に云うのかしら?」
食「今はほぼ、死語に近いんじゃないですか?」
今はほぼ、死語に近いんじゃないですか?

み「そうなの?」
食「何か、古き良き昭和のニオイがしますね」
何か、古き良き昭和のニオイがしますね

み「オデンの屋台自体、そうだよね」
オデンの屋台自体、そうだよね

み「捜査に煮詰まった刑事が……。
 オデン肴に、屋台で飲んでるってシーン、よくあるじゃん」
オデン肴に、屋台で飲んでるってシーン、よくあるじゃん

律「あれ、妙に美味しそうよね」
み「でしょ。
 あれ見ると、オデンを食べたくなるんだ。
 じゃ、先生は、バクダンね」
じゃ、先生は、バクダンね
東北に行こう!(51)目次東北に行こう!(53)



コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ
    コメントする   【東北に行こう!(52)】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
愛と官能の美学 禁断の体験 エッチな告白集 未知の星 レズ画像・きれいな画像倉庫
官能文書わーるど ちょっとHな小説 官能的なエロ小説 Angel Pussy 週刊創作官能小説
萌木ケイの官能小説 ましゅまろくらぶ おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 羞恥の風
新・SM小説書庫2 電脳女学園 赤星直也のエロ小説 HAKASEの第二読み物ブログ
恥と屈辱の交差点 潤文学 変態小説 秘密のエッチ体験談まとめ

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
Playing Archives 人妻の浮気話 艶みるく 空想地帯 18's Summer
恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ Japanese-wifeblog 性小説 潤文学ブログ 黒い教室
女の陰影 淫鬼の棲む地下室 制服美少女快楽地獄 濠門長恭の過激SM小説
ひめ魅、ゴコロ。 快感小説 女性のH体験告白集 女性のための官能小説
SM~猟奇の性書~変態 アダルト検索一発サーチ 出羽健書蔵庫 かめべや
[官能小説] 熟女の園 ぺたの横書き 最低のオリ Eros'Entertainment

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
むね☆きゅんファンサイト 妄想ココット 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 ちょっとHなおとなのための…
恥ずかしがりたがり。 お姫様倶楽部.com riccia 魔法の鍵
調教倶楽部 緊縛新聞 性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス
被支配中毒 ライトHノベルの部屋 漂浪の果てに 被虐のハイパーヒロインズ
空想の泉~The Fountain of Daydream~ オシッコオモラシオムツシーン収集所 アダルト官能小説快楽機姦研究所 被虐願望

渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋 あおいつぼみ 葵蕾
エロ体験談で抜けるコピペ プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉
おしっこ我慢NAVI ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都
ひよこの家 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
おかず動画アンテナ 厳選2chまとめ
エログちゃんねる 官能小説アンテナ
小説の匣 にほんブログ村
人気ブログランキング アダルトブログランキング
GL Search ライブドアブログ

ランキング/画像・動画(11~30)
正しいH小説の勧め Girls Love Search ネット小説ランキング アダルト動画まとめ
おたりんく セックス・ノベル・ネット アダルト検索BBJapan Cyber あまてらす
少女禁忌区域 萌駅 GAY ART NAVIGATION 創作系サイト検索・KAGOME
クリエイターコレクションR18 アダルトなび2 Adult Novels Search ぱっくりんく
【携帯】GL狂愛Rank 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!




<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top