Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
東北に行こう!(43)
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
み「地学、習ったんだろ?」
地学、習ったんだろ?

食「忘れましたよ、もう。
 受験科目じゃ無かったし」
受験科目じゃ無かったし

み「受験科目じゃなきゃ、勉強しないのか。
 嘆かわしいのぅ」
食「あなた、したんですか?」
み「受験科目でさえ、しなかったわい」
受験科目でさえ、しなかったわい

み「参ったか」
ふんぞりカエル
↑ふんぞりカエル

食「はい」
み「恐れ入谷の……」
恐れ入谷の……

食「鬼子母神」
鬼子母神

律「やっぱり、夫婦漫才出来るわよ」
やっぱり、夫婦漫才出来るわよ

み「積極的にお断り」
食「それは、こっちのセリフです」
積極的にお断り

律「仲がよろしいわね」
仲がよろしいわね

み「良くないの!」
良くないの!

律「2人に免じて、質問は取り下げましょう」
み「免じなくていい」
律「でも、結局何が言いたかったの?」
み「忘れちゃったよ、ヘンな茶々入れるから」
忘れちゃったよ、ヘンな茶々入れるから

食「太平洋と日本海は違うって話じゃなかったですか?」
太平洋と日本海は違うって話じゃなかったですか?

み「おー、それそれ。
 太平洋ってのは、海洋プレートに載ってるから……」
太平洋ってのは、海洋プレートに載ってるから……

み「本物の海なわけ。
 それに対し、日本海が載ってるのは……。
 大陸プレート」
それに対し、日本海が載ってるのは、大陸プレート

み「つまり!
 日本海ってのは、内陸の湖みたいなもんだね。
 実際、日本が大陸と地続きだったころは……。
 正真正銘の湖だったわけでしょ」
日本海ってのは、内陸の湖みたいなもんだね

食「あ、そろそろ、東能代に着きますよ。
 席に戻りましょう」
席に戻りましょう

み「なんで?」
食「この列車が走りだしたとき……。
 お2人が感じた疑問があったでしょ?」
み「何だっけ?」
食「……。
 忘れたんですか?」
忘れたんですか?

み「何か感じた?」
律「さぁ」
食「ずっと楽しみにしてたのに……」
み「何を?」
食「答えをご披露できる時をです」
み「構わぬから、ここでご披露したまえ」
構わぬから、ここでご披露したまえ

み「でも、答えの前に……。
 疑問の方を先に披露してもらわねばならんな」
食「張り合いがないなぁ。
 もちろん、ここで披露してもいいんですが……。
 ボクたち、ちょっと占有しすぎでしょ」
ボクたち、ちょっと占有しすぎでしょ

律「そろそろ、譲らなきゃ」
み「ま、それもそうだね。
 じゃ、席に戻ろうか」

 特等席を起つと……。
 さっきの小学生が、恨めしそうな顔で立ってました。
 ずっと、席の空くのを待ってたようです。
ずっと、席の空くのを待ってたようです

 ごめんね。

 さて、席に戻ると間もなく……。
 列車は、ホームに滑りこみました。
 東能代です。
東能代です

食「ちょっと、ホームに出て見ませんか?」
ちょっと、ホームに出て見ませんか?

み「何でよ?
 置いてかれたらタイヘンでしょ」
食「大丈夫です。
 ここでは、11分停車しますから」
み「なんでそんなに停車するんだ?」
食「『リゾートしらかみ』は、特急でも急行でもありませんからね。
 急いでる人は、乗らないんです」
急いでる人は、乗らないんです

み「でも、快速なんでしょ」
でも、快速なんでしょ

食「快速と云うのは、各駅停車じゃないってだけですよ。
 とにかく、降りましょう」
み「何も無さそうな駅だけどな」
何も無さそうな駅だけどな

食「秋田駅では、駆け込み乗車みたいでしたよね」
秋田駅では、駆け込み乗車みたいでしたよね

律「そう!
 この人が、ホテルでもたもたしてて。
 危うく乗り遅れるところだったんですよ」
危うく乗り遅れるところだったんですよ

み「わたしのせいなの?」
律「100%そうでしょ。
 8時回るまで、浴衣でのうのうとしてて」
8時回るまで、浴衣でのうのうとしてて

み「ふん」
食「それは、危なかったですね。
 それじゃ……。
 この車両の全貌は、まだご覧になってないですね」
み「さっき、ご覧になったぞ。
 端っこまで探検してきたからな」
端っこまで探検してきたからな

食「それは、車両の中ですよね。
 外からは、まだ見てないでしょ」
み「そんなもん、見てどうする」
食「列車に乗る際の基本ですから。
 車両の頭から尻尾まで、じっくり検分するってのは」
車両の頭から尻尾まで、じっくり検分するってのは

み「なんでよ?」
食「自分の乗る列車の全貌を、しっかり把握しておかないと……。
 落ち着かないでしょ」
落ち着かないでしょ

み「別に」
食「内田百閒だって、そう言ってます」
み「『阿房列車』?」
『阿房列車』?

食「そうです。
 知ってるじゃないですか」
み「百閒のユーモア、面白いよね」
百閒のユーモア、面白いよね

食「ですね」
み「弟子だかアシスタントだかの人がいたでしょ」
左:内田百閒/右:平山三郎
↑左:内田百閒/右:平山三郎

食「ヒマラヤ山系氏ですね」
ヒマラヤ山系氏ですね

み「山男なのか?」


食「単に、本名の平山のもじりですよ」
み「その人のキタナーいボストンバッグを例えて……。
 『死んだ猫に手をつけたような』って書いてあったな」
これは、生きた猫鞄
↑これは、生きた猫鞄

み「非常に印象に残っておる」
食「で、とにかく!
 本来であれば、乗車時間には余裕を持って駅に着き……。
 発車前に全貌を把握するのが基本です」

↑東京駅の1日駅長を務めたときの百閒

食「しかし、お2人はそれが出来なかったわけですから……。
 ここで、列車の全貌を、ホームから見てみましょうよ」
み「それじゃ、付き合ってやるか」

 ホームに出ると、けっこう降りてる人がいました。
ホームに出ると、けっこう降りてる人がいました

 そこここで、車両をバックに記念撮影をしてます。
そこここで、車両をバックに記念撮影をしてます

み「4両しか無いから……。
 こっからでも、全部見えちゃうよな」
こっからでも、全部見えちゃうよな

食「じゃ、もうちょっと離れて見ましょう」
じゃ、もうちょっと離れて見ましょう

み「ホームから落ちちゃうだろ」
ホームから落ちちゃうだろ

食「そうじゃなくて。
 反対側のホームに渡って見るんです」
反対側のホームに渡って見るんです

み「そこまでする?」
食「もちろん」
律「いいじゃないの。
 これからも、ずっと座ってるんだから。
 少し運動しましょうよ」
少し運動しましょうよ

食「ですよね」
み「そんなら、わたしをおぶって」
そんなら、わたしをおぶって

律「行きましょ」
行きましょ

食「はいはい」
み「無視、するなー」
無視、するなー

 古びた跨線橋を渡り、隣のホームへ。
古びた跨線橋を渡り、隣のホームへ

み「予想したとおり……。
 何の変哲も無いが」
食「あるじゃないですか。
 ここからなら、車両の全貌がファインダーに収まりますよ」
車両の全貌がファインダーに収まりますよ

食「ほら、カメラ、カメラ」
ほら、カメラ、カメラ

み「座席に忘れて来た」
座席に忘れて来た

食「何で忘れるんです!」
み「チミだって、持ってないじゃないか」
食「ボクは、脳内に記憶するから大丈夫です」
ボクは、脳内に記憶するから大丈夫です

食「なまじカメラなんか持ってると……。
 目で見るということを、忘れてしまいますよ」
目で見るということを、忘れてしまいますよ

み「じゃ、何で人にカメラを勧めるわけ?」
食「あなたの記憶は頼りなさそうなので……」
あなたの記憶は頼りなさそうなので……

食「写真に撮った方がいいかなと」
み「失敬なヤツ」
食「携帯ならあるでしょ」
携帯ならあるでしょ

み「あ、そうか。
 それじゃ、1枚撮ろうか」
食「ボクが撮ってあげますよ。
 2人、並んで下さい」
2人、並んで下さい

み「おー、すまんの。
 ほれ、携帯」
食「それじゃ、撮りますよ……。
 って、この携帯、ロックが掛かってますけど」
この携帯、ロックが掛かってますけど

み「あ、そうか。
 ちょっと貸して。
 暗証番号、入れるから」
暗証番号、入れるから

律「案外、慎重派なのね」
み「『Mikiko's Room』が、お気に入りに入ってたりするからね」
『Mikiko's Room』が、お気に入りに入ってたりするからね

み「落っことしたら、ヤバいもの」
落っことしたら、ヤバいもの

食「何です、みきこずなんとかって?」
み「知らなくていい話。
 ほれ、外したよ」
食「それじゃ、並んで下さい。
 はい……、チーズ」
はい……、チーズ

『カシャ!』
カシャ!

 2人の晴れ姿、お見せできないのが残念です。

み「チミも撮ってやろうか」
食「ボクは、いいですよ」
み「あ、フレームに収まらないか」
あ、フレームに収まらないか

食「失礼だなぁ。
 まぁ、先は長いですから……。
 ここはいいですよ。
 それより、面白いもの、お見せします」
これは、面白い顔
↑これは、面白い顔

み「なに!
 いよいよ、ストリップか?」
これは、スプリット
↑これは、スプリット

食「ありませんって。
 ほら、こっちです」
み「また歩くのきゃ?」
また歩くのきゃ?

食「もう、見えて来たでしょ」
み「あー。
 クマゲラくんが、もう一人」
クマゲラくんが、もう一人

食「ご対面ですね」
律「何ですの、これ?」
食「待合室です」
待合室です

み「こんなそっくりなデザインにしたら……。
 間違えて、こっちに乗っちゃう人がいないか?」
間違えて、こっちに乗っちゃう人がいないか?

食「開設以来、ひとりもいません」
み「あっ、そう」
食「そしてほら、これ」
そしてほら、これ

み「おー。
 五能線って、ここから始まるの?」
食「そうです」
み「五能線の“能”は、能代の“能”だったのか」
五能線の“能”は、能代の“能”だったのか

食「知らなかったんですか?」
み「世間の人は、フツー、知らんよ。
 “五”は、どこ?」
食「さて、どこでしょう?」
み「さては、知らんな」
食「これを知らない“鉄”なんて、いませんよ」
み「“五”が付く地名なんて……。
 日本にあったか?」
広島の居酒屋
↑広島の居酒屋

食「あります」
み「新潟県に、護摩堂山があるが」
護摩堂山(274メートル)/紫陽花で有名
↑護摩堂山(274メートル)/紫陽花で有名

食「字が違うでしょ。
 数字の“五”ですよ」
み「わかった。
 ♪京の五条の橋の上♪」
大正時代の五条大橋
↑大正時代の五条大橋

食「♪だーいの男の弁慶が♪」
♪だーいの男の弁慶が♪

食「違います!
 京都に行ってどうするんですか」
み「いちいち乗らんでもよろしい」
食「サービスです。
 列車に乗り遅れるとタイヘンなので、答えを言います。
 五所川原です」
五所川原です

み「あー。
 青森の」
食「そうです。
 青森側からは、五所川原線。
 秋田側からは、能代線。
 これが、両側から伸びて繋がったのが……。
 五能線です」
五所川原線と能代線が両側から伸びて繋がったのが、五能線です

み「五所川原って……。
 相撲の漫画にあったよね」
食「妙な知識がありますね。
 『うっちゃれ五所瓦』でしょ」
『うっちゃれ五所瓦』でしょ

食「“かわら”の字が違いますけど」
下関名物“瓦そば”
↑下関名物“瓦そば”

み「あの人の漫画、好きだったんだ。
 野球漫画もあったよね」
食「『わたるがぴゅん!』」
『わたるがぴゅん!』

み「それそれ」
食「ちょっと、中に入ってみましょう」
ちょっと、中に入ってみましょう

み「おー、椅子がある」
食「当たり前でしょ。
 待合室なんだから。
 もっと別のものに驚いてくださいよ。
 ほら、特産品が飾ってある」
ほら、特産品が飾ってある

み「曲げわっぱがあるな」
曲げわっぱがあるな

食「♪はいなー」
み「何それ」
食「♪秋田音頭です♪」
♪秋田音頭です♪

食「♪大館曲げわっぱ♪
 ♪キタカサッサー」
み「ふーん」
食「乗ってくださいよ」
乗ってくださいよ

み「何が悲しゅうて……。
 駅の待合室で秋田音頭を踊らにゃならんのだ」
駅の待合室で秋田音頭を踊らにゃならんのだ

食「それじゃ……。
 もっと、面白いものをお見せしましょう」
み「まさか……。
 チミが脱ぐんじゃあるまいな?」
チミが脱ぐんじゃあるまいな?

食「わけないでしょ!
 その発想から離れてくださいよ。
 ほら、こっちです。
 じゃーん」
じゃーん

み「何これ」
食「運転席ですが」
運転席ですが

み「今日び……。
 小学生でも喜ばんぞ」
小学生でも喜ばんぞ

食「えー。
 この運転席で、待合室が動かせるんですけど」
み「なに!」
食「ウソですよー」
ウソですよー

み「くそー」
食「そろそろ帰りましょう。
 乗り遅れたらタイヘンです」

 再び跨線橋を渡ります。
再び跨線橋を渡ります

食「あ、そうそう。
 さっきの秋田音頭で思い出しました。
 この東能代ですが……。
 もとの駅名を、機織(はたおり)と云ったんです」
もとの駅名を、機織(はたおり)と云ったんです
↑昭和14年2月3日午後2時製造の駅弁(「機織驛前」の表示があります)

み「新潟にも、帯織(おびおり)って駅があるよ」
新潟にも、帯織(おびおり)って駅があるよ

み「このあたり、織物が盛んだったのか?」
食「近くに、檜山城があって……」
近くに、檜山城があって……

食「城主の姫君が、機織りにいそしんでたことに由来するそうです」
城主の姫君が、機織りにいそしんでたことに由来するそうです

み「秋田音頭で思い出したって云うけど……。
 織物なんて、秋田音頭の歌詞に出てくるか?」
織物なんて、秋田音頭の歌詞に出てくるか?

食「檜山城の“ヒヤマ”ですよ」
み「あ。
 桧山納豆!」
桧山納豆!

食「♪キタカサッサー♪
 檜山城の跡は、公園として整備されてます」
檜山城の跡は、公園として整備されてます

み「ほー」
食「♪ヨイサッサー♪
 小高い丘で、見晴らしがいいですよ」
小高い丘で、見晴らしがいいですよ

み「納豆は、今でも名産なの?」
食「♪ヨイナー♪」
み「いちいち、合いの手入れるな!」
食「昔ながらの“わらつと”に入って売られてます」
昔ながらの“わらつと”に入って売られてます

食「今のご主人は、確か十四代目くらいじゃないかな?」
み「十四代?
 一代30年としても……。
 電卓電卓」
電卓電卓

食「“14×30=”……。
 420年ですね」
み「江戸以前じゃないの。
 水戸から伝わったのか?」
水戸から伝わったのか?

食「その可能性は、おおいに大です。
 なにしろ、初代久保田藩主・佐竹義宣は……」
初代久保田藩主・佐竹義宣
↑肖像画だそうですが……、顔がわからんだろ!

食「水戸から来たんですから」
水戸から来たんですから

み「そうなの?」
食「元々は、常陸の国54万石の城主でした」
元々は、常陸の国54万石の城主でした

食「でも、関ヶ原の戦いで、徳川方に加担しなかった祟りで……」
でも、関ヶ原の戦いで、徳川方に加担しなかった祟りで……

食「1602年、21万石の秋田に転封されたんです」
1602年、21万石の秋田に転封されたんです

み「左遷ってこと?」
左遷ってこと?

食「そうです」
み「それで、水戸納豆が伝わった?」
それで、水戸納豆が伝わった?

食「自然に考えれば、そうですが……。
 逆の面白い説もあるんですよ」
み「どんな?」
食「秋田に転封されるとき……。
 義宣は、水戸の美人を、みんな秋田に連れて来たんだそうです。
 それで、秋田には美人が多くなり……」
それで、秋田には美人が多くなり……
↑1953年、木村伊兵衛撮影(モデルさんではありません。大曲の田んぼで農作業をしてた人だそうです)

食「逆に、水戸には少なくなった」
水戸には、美人が少なくなった

み「ほんまきゃー?」
食「で、美人をごっそり連れてきた見返りに……。
 水戸には、桧山納豆を伝えた」
水戸には、桧山納豆を伝えた

み「美人と納豆じゃ、割に合わんじゃないの。
 水戸って、そんなに美人が少ないの?」
水戸って、そんなに美人が少ないの?

食「さぁ。
 行ったのは、1,2度ですけど……。
 そんな感じはありませんでしたけどね。
 あ、納豆の伝播には、もう一説あるんです」
み「言ったんさい」
食「八幡太郎義家って、ご存知ですか?」
八幡太郎義家って、ご存知ですか?

み「聞いたこと、あるような……」
律「日本史の女王じゃなかったの?」
日本史の女王じゃなかったの?

み「かつての栄光じゃ」
食「何です、それ?」
み「いいから、続けて」
食「八幡太郎義家、すなわち源義家ですが……」
八幡太郎義家、すなわち源義家ですが

食「どういう人か、ご存知ですか?」
み「いいから、続けて!」
食「清和天皇の血を引く名門の出です。
 いわゆる、清和源氏ですね」
清和源氏ですね

食「ちなみに、鎌倉幕府を開いた源頼朝は……」
鎌倉幕府を開いた源頼朝は……

食「義家のひ孫にあたります。
 室町幕府を開いた足利尊氏も子孫のひとりです」
室町幕府を開いた足利尊氏も子孫のひとりです

み「ほー」
食「いつごろの人だったか、知ってます?」
み「いいから、続けて!」
食「平安時代後期ですよ」
平安時代後期ですよ

食「1039年の生まれとする説が有力です」
み「惜しい人を亡くしたね」
惜しい人を亡くしたね

み「生きてれば、970歳か」
食「生きてるわけないでしょ」
み「どこの人よ?」
食「生誕地も、諸説あるようです。
 鎌倉とも……。
 大阪の羽曳野とも云われてます」
大阪の羽曳野とも云われてます

み「けっこう有名な人?」
食「昔から有名ですね。
 徳川家康の“家”は、義家から取ったって説もあります」
徳川家康の“家”は、義家から取ったって説もあります

み「ほー。
 で、何した人よ」
食「ま、新興武士勢力の旗頭ですね」
新興武士勢力の旗頭ですね

食「戦に明け暮れた人です。
 『前九年の役』や『後三年の役』で、東北に遠征してます」
奥羽本線・後三年駅(秋田県仙北郡美郷町)
↑奥羽本線・後三年駅(秋田県仙北郡美郷町)。『後三年の役』の古戦場だそうです。

食「で……。
 なぜか、その遠征ルート上に、秋田や水戸など……。
 納豆の発祥伝説のある地が、連なってるんです」
横手市にある納豆発祥碑
↑横手市にある碑

み「どゆこと?」
食「つまり、納豆は……。
 義家の遠征途中で、偶然出来たものじゃないか、と云われてるんです」
み「どうやれば、納豆なんかが偶然できるんだ?」
食「軍馬の餌に、大豆が使われてたようです」
馬の餌に、大豆が使われてたようです
↑今でも、飼料として使われてます

食「煮た大豆を乾燥させて、俵に入れて運んでたんです」
煮た大豆を乾燥させて、俵に入れて運んでたんです

食「で、『後三年の役』でのこと。
 戦いが長引いて、馬の飼料が不足してしまいました。
 そこで、近隣の農民に、馬の飼料として、煮た大豆を差し出すように命じた」
近隣の農民に、馬の飼料として、煮た大豆を差し出すように命じた

食「急かされた農民は、大豆を冷まず……。
 熱いまま、俵に詰めて差し出した」
熱いまま、俵に詰めて差し出した

食「数日後……。
 その大豆は、匂いを発し始めた。
 俵を開いてみると、糸を引いてたわけです」
俵を開いてみると、糸を引いてたわけです

み「それが納豆?」
それが納豆?

食「ですね」
み「てことは、食べたわけね。
 人が」
食「当然でしょ」
み「誰が食べたんだ?」
食「知りませんよ。
 兵士のひとりじゃないですか?」
兵士のひとりじゃないですか?

み「おかしいだろ。
 もともとは、馬の餌でしょ。
 それが、ニオイを放って、糸まで引いてるんでしょ」
それが、ニオイを放って、糸まで引いてるんでしょ

み「誰だって、腐ったと思うよ」
誰だって、腐ったと思うよ

食「ま、そうかも知れませんね」
み「腐った馬の餌を、兵士が食うか?」
腐った馬の餌を、兵士が食うか?

食「食いませんか?」
み「食わんだろ。
 あ、そうか。
 誰が食べたか、わかった!」
誰が食べたか、わかった!

食「誰です?」
み「農民だよ」
農民だよ

食「どうして農民が食べるんです?
 煮豆は、軍に差し出しちゃってるんですよ」
煮豆は、軍に差し出しちゃってるんですよ

み「腐ってる豆を差し出したということで……。
 農民は、軍に呼び出されたわけよ。
 で、罰として……。
 その腐った馬の餌を食わされた」
罰として、その腐った馬の餌を食わされた

食「つまり、納豆を?」
つまり、納豆を?

み「そう。
 頬張った瞬間は、気持ち悪かっただろうね。
 でも、我慢して噛み締めてみると……。
 案に相違して、食べられることがわかった」
猫も食うなる納豆
↑猫も食うなり。

み「それどころか……。
 タダの煮豆より、数段美味しい」
タダの煮豆より、数段美味しい

み「こりゃイケるでねえか、と思ったものの……。
 もちろん、顔には出さない」
もちろん、顔には出さない

み「罰のつもりが、そうじゃなかったってことがわかったら……。
 別の罰を受けるかも知れないからね」
別の罰を受けるかも知れないからね

み「で、苦しそうな顔しながら、納豆をたらふく食べたわけ」
で、苦しそうな顔しながら、納豆をたらふく食べたわけ

み「村に帰った農民たちは、『ウマかっただなや』と囁き交わした」
ウマかっただなや

み「後で腹をこわすんじゃないかと心配したけど……」
後で腹をこわすんじゃないかと心配したけど……

み「何ともない」
何ともない
東北に行こう!(42)目次東北に行こう!(44)



コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ
    コメントする   【東北に行こう!(43)】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
未知の星 レズ画像・きれいな画像倉庫 ひとみの内緒話 禁断の体験 エッチな告白集
愛と官能の美学 秘密のエッチ体験談まとめ 潤文学 ちょっとHな小説
ましゅまろくらぶ 官能文書わーるど 電脳女学園 羞恥の風
恥と屈辱の交差点 官能的なエロ小説 新・SM小説書庫2 Angel Pussy 週刊創作官能小説
おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 赤星直也のエロ小説 人妻の浮気話 艶みるく 調教倶楽部

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
萌木ケイの官能小説 SM~猟奇の性書~変態 Playing Archives ひめ魅、ゴコロ。
変態小説 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 空想地帯 恥ずかしがりたがり。
緊縛新聞 HAKASEの第二読み物ブログ 性転換・TS・女体化劇場 女の陰影
淫鬼の棲む地下室 18's Summer アダルト検索一発サーチ ぺたの横書き
快感小説 女性のための官能小説 [官能小説] 熟女の園 性小説 潤文学ブログ
妄想ココット Eros'Entertainment 最低のオリ 制服美少女快楽地獄

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
黒い教室 エピソードセックス 魔法の鍵 女性のH体験告白集
被支配中毒 かめべや 被虐のハイパーヒロインズ 空想の泉~The Fountain of Daydream~
お姫様倶楽部.com ちょっとHなおとなのための… ライトHノベルの部屋 むね☆きゅんファンサイト
riccia 漂浪の果てに 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 出羽健書蔵庫
オシッコオモラシオムツシーン収集所 アダルト官能小説快楽機姦研究所 被虐願望 渋谷子宮 RE:BIRTH

羞恥集 マルガリテの部屋 あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ
プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻!
wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉 おしっこ我慢NAVI
ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都 ひよこの家
エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
おかず動画アンテナ 厳選2chまとめ
エログちゃんねる 人気ブログランキング
小説の匣 正しいH小説の勧め
官能小説アンテナ ライブドアブログ
にほんブログ村 Girls Love Search

ランキング/画像・動画(11~30)
Adult Novels Search アダルト動画まとめ アダルトブログランキング GL Search
おたりんく ネット小説ランキング GAY ART NAVIGATION 十八禁恋愛私花集
アダルト検索BBJapan セックス・ノベル・ネット Cyber あまてらす クリエイターコレクションR18
少女禁忌区域 萌駅 アダルトなび2 創作系サイト検索・KAGOME
【携帯】GL狂愛Rank 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!




<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top