Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
東北に行こう!(35)
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
み「そんな人……、わたし知らない」
律「頭に来たから……。
 その格好のまま、廊下に突き出してやったわ」
廊下に突き出してやった

み「ヒドいぃぃ」
律「バカね。
 そんなことするわけないでしょ。
 同伴者にも、恥のとばっちりが来ちゃうじゃない」
同伴者にも、恥のとばっちりが来ちゃう

み「うぅ。
 良かったぁ。
 あの……。
 そのあと、どうしました?」
律「わたしが相手にしなかったら……。
 独り相撲取り始めた。
 どことかの神事にあるんだって?」
み「ありますね。
 見えない神様と相撲を取る行事」
一人角力
↑大山祇神社(愛媛県今治市大三島町)の『一人角力』

律「そんなこと解説しながら、一人で騒いでたわよ。
 そのうち……。
 神様に、上手出し投げを食らって突っ伏したと思ったら……」
上手出し投げを食らって突っ伏した

律「イビキかきだした」
イビキかきだした

み「すんませんのぅ。
 また介抱してくれたの?」
介抱してくれたの?

律「するかい。
 ほっといて、お風呂入ったわよ」
み「えー、またSPAに行ったの?」
またSPAに行ったの?

律「部屋のお風呂」
部屋のお風呂

律「出てみたら、なぜかベッドに這いあがってた」
なぜかベッドに這いあがってた

律「スゴい生命力よね」
わが家のガジュマルくん
↑わが家のガジュマルくん

み「殺さんでくれ」
律「しかもさ。
 浴衣は掛けてやったけど……。
 袖なんて通してないのよ。
 それが、今朝起きたら……。
 袖だけ通ってるじゃない。
 どんな寝相してるわけ?」
どんな寝相してるわけ

み「やっぱ、たしなみがあるんでしょうね」
律「たしなみがあったら……。
 帯を股に締めるか!」
帯を股に締めるか

律「とにかく!
 朝ごはん食べに行くわよ。
 お腹空いてしょうがないわ。
 考えてみれば……。
 夕べは、大したもの食べて無いんだから」
み「何食べたっけ?」
律「それも覚えてないの?」
み「きりたんぽ鍋、食べたね」
きりたんぽ鍋、食べたね

律「弥助蕎麦は?」
弥助蕎麦は?

み「あ……。
 おぼろげに」
律「最後は、お猪口に蕎麦を浸して食べたのよ」
お猪口に蕎麦を浸して食べた

み「そんな食べ方があるの?」
律「あるもんですか。
 蕎麦猪口と区別が付かなくなったんでしょ」
猫の蕎麦猪口

律「あ、そうそう、夕べの割り勘分のお金は、財布から頂きましたからね」
夕べの割り勘分

み「ウソ!
 ひとの財布探ったの!
 ヒドい!
 どこ?
 財布、どこ?」
律「ほら、そこにあるわよ。
 テーブルの上」
財布、どこ?

み「心なしか……。
 スゴく薄くなってる」
律「わけないでしょ」
み「1枚、2枚……。
 ひょえぇぇぇえぇえぇ。
 さ、三十万円も減ってるぅぅ」
三十万円も減ってるぅぅ

律「ウソこきなさい!
 あまりにも入ってないから、呆れちゃったわよ」
み「財布に大金入れてたら、危ないでしょ」
財布に大金入れてたら、危ない

律「いいから、早く着替えなさいって」
み「先生、もうお化粧してるの?」
律「当然でしょ。
 朝の光は、容赦ありませんからね」
朝の光は、容赦ありません

み「わたし、してないんだけど」
律「あんたはいいの。
 大して変わらないから」
大して変わらないから

み「ヒドい!」
律「とにかく、何か着なさい。
 顔はどうでもいいけど、その格好じゃ出られないでしょ」
み「えー。
 髪もボサボサだし……」
髪もボサボサだし……

律「そんなら、また浴衣着なおせばいいじゃん。
 まだ、身支度前ですってことになるわよ」
み「一人だけ化粧しといて……。
 よくそういうことが言えるわ」

 結局、浴衣に丹前で、食事に出ることに。
浴衣に丹前で、食事に出る

 律子先生は、上から下までバッチリ決めてます。
 髪には、一本の乱れもありません。
髪には、一本の乱れもありません

 ブーツカットのジーンズで、颯爽と風を切って歩いて行きます。
ブーツカットのジーンズで、颯爽と風を切って歩いて行きます

み「待ってよ。
 そんなに早く歩かないで」
律「もたもたしない。
 早足!」
み「浴衣の前が割れちゃうでしょ」
律「いっそ、尻端折りしたら?」
尻端折りしたら?

み「鬼」

 朝食は、レストラン。
 もちろん、バイキングです。
もちろん、バイキング

律「あー、お腹空いた」
み「納豆、あるかな?」
律「ほら、あそこにあるわよ」
納豆、あるかな?

み「おー。
 味のりもあった」
律「納豆だの味のりなんか食べないで……。
 もっと高そうなもの取ればいいのに」
もっと高そうなもの取ればいいのに

み「せこ~」

 テーブルに隣り合って食べ始めましたが……。
 律子先生の健啖ぶりには、呆れました。
律子先生の健啖ぶりには、呆れました

 食べる機械のようです。

み「……、すごい食欲ですね」
律「だって、美味しいもの。
 このご飯、きっと“あきたこまち”の新米よ」
このご飯、きっと“あきたこまち”の新米

み「味がわかるの?」
律「わかりません。
 あっという間に、一杯食べちゃった。
 このお茶碗、小さいんじゃないの?
 お代りもらってこよーっと」

 身を翻す律子先生から……。
 石鹸の香りがしました。
石鹸の香りがしました

 旅先にいるんだなぁって、しみじみ感じます。
 幸せだなぁ。

律「あんた、何ニヤニヤしながら食べてんの?
 気持ち悪い人ね」
み「もうよそってきたの?」
律「大盛りにしてもらっちゃった」
大盛りにしてもらっちゃった

み「スゴ……」
律「病院にいるとね……。
 ゆっくり食事なんか摂れないでしょ」
ゆっくり食事なんか摂れない

律「だから……。
 こういう食事は、ほんとに幸せ」
み「休みの日に、ゆっくり食べればいいじゃん」
律「誰も作ってくれないもん」
み「香純ちゃんは?」
律「なかなかシフトが合わなくてね」
シフトが合わなくてね

み「自分で作ればいいじゃない」
律「さてと。
 お茶をもらって来ようかな」
み「逃げた……」
逃げた……

 さてさて。
 漁屋酒場の場面では、引っ張ってばっかりいましたので……。
引っ張ってばっかり

 ちょっと、クセが付いてしまったみたいです。
 バイキングの朝食までこまごま書いてたら、一向に進みません。
 ちょっと、場面を端折りましょう。
 と言っても、朝食を終えて部屋に戻ってから。
朝食を終えて部屋に戻ってから

 窓の外から、秋田市街を眺めます。
窓の外から、秋田市街を眺めます

 十分都会ですね。
 でも、どこか城下町らしい落ち着きも感じられます。
どこか城下町らしい落ち着きも感じられます

 松江の町でも感じたことですが……。
 城下町って、やっぱり住んでみたいなぁ。

律「はに、見てんの?」

 妙な発音に振り向くと……。
 歯ブラシを咥えた律子先生でした。
歯ブラシを咥えた律子先生でした

み「器用ね」
律「何が?」
み「歯を磨きながら、洗面台の前を離れられる人って……。
 ほんと羨ましい」
律「妙なこと言うわね」
み「わたしは、ぜったいムリなのよ」
律「なんで?」
み「口の端から……。
 歯磨き粉がだらだら零れて来る」
律「なんで?」
み「知らないわよ」
律「口までブッキーってこと?」
口までブッキーってこと?

み「やかましい」
律「ところで……。
 今日の予定は?」
み「今日は、鉄道の旅」
宮脇俊三さんの「最長片道切符」
↑宮脇俊三さんの「最長片道切符」

律「ほー。
 そう言えばさ……。
 この旅行、まだ電車に乗って無かったわよね」
み「ですね。
 フェリーで着いて……」
フェリーで着いて

み「昨日は1日、バスだったもの」
昨日は1日、バスだった

律「秋田駅から乗るの?」
秋田駅から乗るの?

み「はいな。
 ばっちり、指定席を取ってありますよ」
律「何時に出るの?」
み「えーっと。
 確か、8時24分」
律「ふーん。
 けっこう早いのね……。
 って!
 もう、8時回ってるじゃない!」
もう、8時回ってるじゃない!

み「うそ!」
律「何のんびりしてんのよ!」
み「時計してないもの」
律「そういう問題じゃないでしょ!
 指定席がフイになっちゃう!
 ちょっと、あんた!
 何でまだ浴衣なのよ!」
何でまだ浴衣なのよ!
↑ベルギーの『猫祭り』より

律「さっさと着替えんかい!」

 律子先生に怒鳴られまくりながら……。
 懸命に着替えます。

 確かに、今朝の列車に乗り遅れたら……。
今朝の列車に乗り遅れたら……

 以後の行程が、メチャクチャになっちゃうんです。
 でも、それよりなにより……。
 この列車に乗ることが、この旅行のキモだったんですから。
 乗り遅れるわけにはイカンのです。
乗り遅れるわけにはイカンのです

律「支度できた?
 早く!
 出るよ」
み「わたし、うんこ出る」
わたし、うんこ出る
↑18世紀フランスの版画

律「我慢しなさい!」
み「途中で漏る」
途中で漏る

律「お尻の穴なんて、無いと思いなさい」
お尻の穴なんて、無いと思いなさい

み「そんな乱暴な!」
律「わたしだって、してないわよ」
み「早くから起きてて、何でしないの?」
律「出ないの。
 便秘症」
出ないの

み「あ……。
 由美に渡した下剤は……。
 自分用だったのか」
自分用だったのか

律「ゴチャゴチャ言ってないで……。
 早くせい!」

 律子先生に襟上を掴まれ……。
 部屋から、引き摺り出されてしまいました。

み「オニー!」
オニー!

 あんなに急いでたくせに……。
 フロントの精算では、しっかり割前を取られました。
フロントの精算では、しっかり割前を取られました

 ホテルから飛び出します。
ホテルから飛び出します

律「こっから秋田駅って、どう行くの?」
み「大通りに出れば、バスがあると思う」
大通りに出れば、バスがあると思う

み「バス停までは、ちょっと歩くと思うけど」
律「そんな悠長なこと、言ってられないでしょ。
 あ、ラッキー!
 あのタクシー、人降ろしてる」
あのタクシー、人降ろしてる

律「あれに乗るよ」
み「さすが架空旅行記、都合がいいね」
律「早く乗れ!」
早く乗れ!

 律子先生に突き飛ばされ、タクシーに転げこみます。

み「乱暴なんだから!」
律「わたしはね……。
 遅れるとか、間に合わないとかいう事態が、大っキライなの」
遅れるとか、間に合わないとかいう事態が、大っキライなの

運「あのー。
 どごまで行かさっしゃりますか?(←秋田弁・デタラメです)」
どごまで行かさっしゃりますか?

み「前のクルマを追って下さい」
前のクルマを追って下さい

み「痛いっ」
痛いっ

律「秋田駅まで。
 ものすごく急いでます。
 出来るだけ速くお願いします」
み「マッハ3まで、出していいです」
マッハ3まで、出していいです

運「新車だけんど、さすがにそこまでは……。
 出んごつある」
み「あなた、九州?」
あなた、九州?

運「わしも、どこだかわがんね。
 そんじゃ、行かせてもらいます」
み「どひゃー」
どひゃー

 いきなりのGで、座席に押しつけられました。
 さすが東北人、律儀ですね。
 景色を眺める間もなく、バスは秋田駅に到着しました。
景色を眺める間もなく、バスは秋田駅に到着しました

み「このまま、ホームまで行って」
このまま、ホームまで行って

運「そればっかしは……。
 ムリじゃ~ん」
み「あんた、何人?」
律「バカ言ってないで、速く!」

 タクシーを飛び出し……。
 エスカレーターを駆け上がります。
エスカレーターを駆け上がります

み「し、死ぬ……」
律「乗ってから死んで!
 何番線?」
み「わからぬ」
律「ほんとにもう!
 あ、あそこに出てる。
 8:24発。
 3番線よ」
3番線よ

 ホームへのエスカレーターを駆け下ります。
 発車ベルが鳴ってます。
発車ベルが鳴ってます

律「この列車よね?」
この列車よね?

み「はひ。
 はひ」

 ベルが鳴り終わりました。

律「出ないで!
 乗ります!」

 今にもホイッスルを吹こうとしてた駅員さんが……。
今にもホイッスルを吹こうとしてた駅員さんが……

 ほっぺたを膨らませたまま、つんのめりました。
 さすが、お医者さま。
 こういう押しの強さは、流石としか言いようがありません。
 わたしひとりなら、黙って乗り遅れてたでしょうね。
 ドアから転げ込むと、背中でホイッスルが鳴りました。
ドアから転げ込むと、背中でホイッスルが鳴りました

律「よし!
 突破!!
 アドレナリン出まくりだわ」
アドレナリン出まくりだわ

み「はぁ、はぁ」
律「何へたり込んでんのよ。
 情けないわね」
み「どうして……、そんなに元気なの?」
律「このくらいの体力が無けりゃ……。
 医者なんか務まらないのよ」
医者なんか務まらないのよ

律「席、何号車?」
み「1号車」
律「なんだ、ここじゃん。
 ラッキー」

 律子先生に引きずられ、ようやく席にたどり着きました。
ようやく席にたどり着きました

律「すっごい、豪華なシートね」
すっごい、豪華なシートね

律「ここって、グリーン車?」
み「違う」
律「へー。
 普通車でこの豪華さは、大したもんだわ。
 てことは……。
 グリーン車は、このくらい?」
グリーン車は、このくらい?

み「グリーン車なんて、付いてません」
律「あら、残念。
 でも、普通車でこれなら、グリーン車なんていらないわね。
 足元も、広々」
足元も、広々

律「さて、どこまで行くのかしら?
 この車両の豪華さだと……。
 遠距離の特急よね?」
遠距離の特急よね?

み「ブー。
 これは、快速列車です?」
律「はぁ?
 快速がこんな車両のわけないでしょ。
 毎日、通勤快速乗ってるけど」
毎日、通勤快速乗ってるけど

み「あ、発車だ」


律「さっきから、ちょっと気になってたけど……。
 けっこう音がうるさいわね、この列車」
み「だよね」
律「あ、わかった。
 古い車両の、内装だけ綺麗にしたのかも。
 それで、快速なのか」
み「違うと思うけどなぁ。
 これは、『リゾートしらかみ』っていう、1日3往復の特別列車なんだよ」
『リゾートしらかみ』っていう、1日3往復の特別列車なんだよ

律「“リゾート”って、あの“リゾート”?」
“リゾート”って、あの“リゾート”?

み「はいなー」
律「東北で?」
東北でリゾート?

み「東北にも、“リゾート”はあるの!」
舞台は福島県、「常磐ハワイアンセンター」
↑映画『フラガール』(舞台は福島県、「常磐ハワイアンセンター」)

み「あのさ、五能線って知ってる?」
五能線って知ってる?

律「聞いたことあるかも」
み「東北の日本海沿いを走るローカル線で……。
 今、すっごい人気なんだよ」
律「なんで?」
み「ほとんどずーっと海岸線を走るから……。
 眺望が抜群」
眺望が抜群

律「なるほど。
 でも、なんで特急や急行にしないわけ?」
み「わざと遠回りするから」
律「へ?」
み「この列車、青森まで行くんだけど……。
 秋田から青森なら、普通、内陸を通る奥羽本線を使うわけ。
 そっちの方が近いから」
秋田から青森なら、普通、内陸を通る奥羽本線を使うわけ

み「ところがこの列車は、わざわざ海沿いの五能線経由で行く」
ところがこの列車は、わざわざ海沿いの五能線経由で行く

律「どのくらいの遠回り?」
み「60キロくらいかな。
 だから、特急や急行には成り得ないの。
 でも、小さい駅は飛ばすから、“快速”ってわけよ」
律「ってことは……。
 特急料金は?」
み「もちろん、ナシです。
 指定席料金の510円だけ」
指定席料金の510円だけ
↑これは、青森発の券

律「それでこの豪華さだったら、人気あるわよね」
それでこの豪華さだったら、人気あるわよね

み「夏場なんか、まず予約出来ないみたいだね。
 旅行会社が、大量に押さえちゃうらしいから」
律「ふーん。
 まさしく“リゾート”列車ってことか」
み「わざわざ遠回りして行くんだから……。
 ビジネス客は、乗ってないだろうしね」
律「ところでさ。
 今、座席の前の方に向けて、走ってるわよね」
今、座席の前の方に向けて、走ってるわよね

み「当り前でしょ」

 窓の外は、秋田市街。


 列車は、ウィンウィン唸りながら走って行きます。

律「秋田から青森に向かうってことは……。
 北の方に走ってるってことよね」
み「当然です」
律「てことは……。
 海は、座席の左側に見えるってことでしょ」
海は、座席の左側に見えるってこと

み「そうなるよね」
律「ちょっと。
 この座席、進行方向の右側じゃない」
この座席、進行方向の右側じゃない

み「あ」
律「あ、じゃないわよ。
 なんで、左側の席、取らなかったのよ?
 あんなに空いてるのに」
なんで、左側の席、取らなかったのよ
↑こんなに空いてることは、実際には無いと思います。

み「おかしいな。
 ネットで、A席側が海になるって書いてあったんだけど」
律「D席と見間違えたんじゃないの?」
み「うーん。
 でも……。
 右側のほうが、ずっと混んでるよね」
律「そう言えばそうね。
 なんでだろ?
 海側だと、波しぶきがかかるから?」
海側だと、波しぶきがかかるから?

み「川下りじゃあるまいし……」
川下りじゃあるまいし……
↑鬼怒川温泉「鬼怒川ライン下り」

み「第一、窓閉まってるでしょ」
律「とにかく!
 せっかくの“リゾート”なんだからさ。
 最大の売り物を楽しまない手はないでしょ。
 車掌さんが来たら、席、変えてもらいましょう」
車掌さんが来たら、席、変えてもらいましょう

み「えー。
 そんなこと、できるかな?」
律「できるでしょ。
 あんなに空いてるんだから。
 あんたじゃ頼りないから……。
 わたしが断固、交渉します」
み「お願いだから……。
 凄んだりするのは、止めてね」
凄んだりするのは、止めてね

 乗った早々、トラブルの予感……。
乗った早々、トラブルの予感……

 やだなぁ。
 わたしは、不穏な空気が大の苦手なのだ。
 どうか、車掌さんが来ませんように……。

謎「あの~」

 突然、後ろから声がかかりました。

み・律「どひゃ」

 振り返って、思わず飛び退りました。
 律子先生共々、前の座席に張り付きます。
前の座席に張り付きます

 わたしたちの座席の背もたれから……。
 巨大な朝日が昇ってました。
巨大な朝日が昇ってました

み「デカい……」
律「……顔」
謎「すみませ~ん。
 驚かせちゃいました?」

 よく見れば、人間です。
 しかし……。
 顔面の面積は、人間離れしてます。
 皮を剥いで伸ばしたら……。
 八畳敷?
八畳敷?

み「な、何か?」
謎「お2人の会話が、ついつい耳に入っちゃいまして。
 で、どーしても黙ってられなくなりました」
み「はぁ」
謎「こちらがわの座席で、ぜんぜん大丈夫ですよ。
 ばっちり、日本海が波かぶりで見れます」
かぶりすぎだろ
↑かぶりすぎだろ

み「えー。
 どうしてです?」
律「あの。
 口の中のもの、飲みこんでからにしてくれません?
 さっきから、ご飯粒が飛んでくるんですけど」
さっきから、ご飯粒が飛んでくるんですけど

謎「すみません。
 食後食を食べてまして」
み「食後食?」
謎「ほら、これです。
 ご存知でした?
 『白神鶏わっぱ』」
『白神鶏わっぱ』

謎「けっこう、有名です」
み「お、美味しそうですね」
お、美味しそうですね

謎「でしょー。
 ちょーっと、彩りは地味ですが……。
 中身は、比内地鶏のガラスープで炊き込んだ“あきたこまち”に……。
 比内地鶏の肉煮とそぼろ、ハタハタのうま煮、舞茸煮、白神あわび茸煮、じゅんさい酢の物、とんぶり、蜆佃煮、みずの実醤油漬け、人参漬物、いぶりがっこ、という豪華さです」
中身は、比内地鶏のガラスープで炊き込んだ“あきたこまち”に……

み「ほー」
謎「ボクは秋田駅で買いましたけど……。
 もちろん『しらかみ』の車内でも売ってます。
 いかがです?
 美味しいですよ」
み「あいにく……。
 ホテルで朝食は済ませましたんで」
ホテルで朝食は済ませましたんで

謎「もちろん済ませましたよー、ボクだって。
 こんな時間まで、何も食べないでなんかいられませんからね」
み「てことは……。
 ホテルで朝食を済ませ……。
 今また、駅弁を食べてる?」
今また、駅弁を食べてる?

謎「そうです。
 だから、食後食って言ったじゃないですか。
 駅弁の分量って、おやつにちょうどいいんです」
み「お、おやつって。
 まだ、8時半ですけど」
謎「大丈夫。
 10時には、また食べますから。
 炊き込みご飯に乗った鶏肉が、ほんとにいい味出してます。
 まいうー」

 よく見ると、ホンジャマカの石塚に似てます。
ホンジャマカの石塚に似てます

 体型が。
体型が

 顔の方は、実にシンプルな作り。
 バレーボールのてっぺんに……。
バレーボールのてっぺんに……

 ちょっとだけ、毛を載せて……。
 簡単な目鼻を書いて……。
簡単な目鼻を書いて……

 メガネを掛ければ出来あがり。
 メタルフレームが、ちょっと傾いでます。
メタルフレームが、ちょっと傾いでます
東北に行こう!(34)目次東北に行こう!(36)



コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ
    コメントする   【東北に行こう!(35)】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
レズ画像・きれいな画像倉庫 未知の星 禁断の体験 エッチな告白集 ひとみの内緒話
愛と官能の美学 Angel Pussy 週刊創作官能小説 ちょっとHな小説 恥と屈辱の交差点
官能文書わーるど 電脳女学園 萌木ケイの官能小説 羞恥の風
官能的なエロ小説 秘密のエッチ体験談まとめ 赤星直也のエロ小説 恥ずかしがりたがり。
おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 新・SM小説書庫2 潤文学 ひめ魅、ゴコロ。

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
淫鬼の棲む地下室 ましゅまろくらぶ 空想地帯 Playing Archives
変態小説 人妻の浮気話 艶みるく 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ HAKASEの第二読み物ブログ
ぺたの横書き 18's Summer アダルト検索一発サーチ 濠門長恭の過激SM小説
SM~猟奇の性書~変態 女性のH体験告白集 Eros'Entertainment むね☆きゅんファンサイト
出羽健書蔵庫 快感小説 [官能小説] 熟女の園 女性のための官能小説
調教倶楽部 魔法の鍵 性小説 潤文学ブログ 妄想ココット

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
緊縛新聞 お姫様倶楽部.com 性転換・TS・女体化劇場 riccia
制服美少女快楽地獄 黒い教室 エピソードセックス 被支配中毒
女の陰影 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 かめべや 最低のオリ
ライトHノベルの部屋 漂浪の果てに 被虐のハイパーヒロインズ 空想の泉~The Fountain of Daydream~
ちょっとHなおとなのための… オシッコオモラシオムツシーン収集所 アダルト官能小説快楽機姦研究所 被虐願望

渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋 あおいつぼみ 葵蕾
エロ体験談で抜けるコピペ プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉
おしっこ我慢NAVI ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都
ひよこの家 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
厳選2chまとめ おかず動画アンテナ
エログちゃんねる 人気ブログランキング
にほんブログ村 官能小説アンテナ
正しいH小説の勧め 小説の匣
ライブドアブログ アダルトブログランキング

ランキング/画像・動画(11~30)
GL Search 萌駅 おたりんく ネット小説ランキング
アダルト動画まとめ セックス・ノベル・ネット Adult Novels Search Girls Love Search
少女禁忌区域 アダルト検索BBJapan 絵描きさん.NET 創作系サイト検索・KAGOME
Cyber あまてらす ヌケルアダルト作品 GAY ART NAVIGATION クリエイターコレクションR18
ぱっくりんく 【携帯】GL狂愛Rank 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!




<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top