Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
センセイのリュック/幕間 アイリスの匣 #130
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
戯曲『センセイのリュック』作:ハーレクイン



幕間(小説形式)アイリスの匣#130



「ぐぶ」

 志摩子の舌の侵入に、道代は狼狽(うろた)えた。まさか志摩子を突き飛ばしはしないが、それほどの勢いで体を引いた。
 二人の口が離れた。
 道代は、呆然と志摩子を見詰めた後、がくりと首を折った。その様は、壊れた文楽人形のようであった。
 志摩子は、悠然と道代に声を掛けた。

「おーや道代、ようやっと素直になった思た(の)に、また逆らうんか」

 道代は慌てふためいた。激しく首を左右に振る。それは、確かめるように左右に振られる壊れた文楽人形を思わせた。

「ちゃいます(違います)女将さん、逆ろ(ら)うてんのんちゃいます」
「逆ろうとるやないかい(逆らっているではないか)」

 志摩子は、楽しそうに、道代を嬲(なぶ)るように声を掛けた。

「ちゃいます、ちゃいます、女将さんに逆ろうたり、絶対しまへん、ただ、あの、その……ちょと(少し)、びっくりしてしもた(してしまった)もんやさかい(から)……」
「なんやのん、接吻くらい今さら、さっきあんた、源蔵はんと散々いろんな事やったやないか、見たわけやおへんけんど(ではないが)ちゃあんと聞いてましたで、うち(私)」
「へっ」

 道代の狼狽はさらに激しくなった。俯いたその頬は、小娘のように染まった。もう声も出ない。正座した膝の上に固めた両の拳(こぶし)を置く。道代の全身は塑像のように固まった。両の目を固く閉じた。

「難儀なお人やねえ。生娘ゆう(きむすめという)わけやあるまいし。あ、ついさっきまで生娘やったか」
「ひいっ」

(この歳で生娘やなんて……)

 道代は逃げ出したい思いで一杯になったが、逃げ出せるわけもない。出来るのは、ひたすらその場に凝固し続けることだけだった。
 道代の頬に、酒薫混じりの熱い息が掛かった。耳元だった。
 道代は、思わず目を開けた。志摩子の顔がすぐ脇にあった。道代の耳朶に、更に熱い吐息が吹き掛けられた。

「はああ」

 道代は両肩を抱きすくめられた。抱いたのはもちろん志摩子の両腕である。道代の耳朶に、ぬるりとした触感が触れた。

「あひい」

 舌だ。志摩子がその舌を道代の耳朶に這わせたのだ。そのまま、ぞろりと道代の耳全体を舐める。

「うふぅ」

 経験したことのない感触だった。道代の全身にぞわりとした感覚が走った。快感と言えば快感なのだが……。道代は、反射的に仰け反ろうとした。
 志摩子は許さなかった。左腕を道代の二の腕の上から背に回し、力を込め、道代の上体の動きを制した。右の掌(てのひら)を道代の後頭部に宛がって首の動きを封じる。体の動きを抑えられた道代の感覚は、更に自身の耳に集中した。

(き、きもち……ええ〔いい〕)

 道代は明確な快感を自覚した。
 志摩子の舌は道代の耳全体を隈無(くまな)く這い回った。

(耳がこないに〔こんなに〕ええやなんて……)
(知らなんだ)
(気持ち……ええ)

「おかみさあん、きもちよ、おす(気持ちいいです)」
「ええやろが、みち、耳、気持ちええやろが」
「へえ、へえ……うち、なんや……おかし(おかしく)なりそうどす」
「ほうか、ほな、これはどないえ(どうだ)」
「いいいっ」

 志摩子の舌先が、道代の耳孔に侵入した。いや、侵入しようとした。入るわけもないが、こじ入れようとした。

「ぎひいいいいいい」

 異様な感覚だった。いや、それはやはり快感だった。大きすぎる快感が、道代の体を反射的にそれから逃れようとさせた。道代の首が、志摩子の右手を跳ね除けて仰け反った。

「こら、いごきな(動くな)お道!」
「すっ、すんまへん」
「でや(どうだ)気持ちええやろが、道」
「へ、へえ、気持ちよ、おす(気持ちいいです)」
「ほな、じっとしとり(していなさい)」
「へ、へえ」

 道代の全身は、先ほど志摩子に処女を指摘された時と同様、凝固した。しかしそれは恥じらいではなく、期待であった。与えられようとする大きな快感への期待。道代は、待ち受けた。志摩子の舌を、未経験の快感を与えてくれる志摩子の舌先を耳で、いや全身で、身震いするような思いで待ち受けた。

(おかみさあん)
(はよ〔早く〕)
(はよ舐めて)
(気持ちよ〔よく〕して)
(みみ)
(舐めとくれやす)
(はよう)

「はよう」

 思わず道代は呟いていた。
 小さな声であったが、志摩子が聞き逃すはずもない。志摩子の口角が吊り上がった。その笑みは、菩薩にも、夜叉のそれにも見えた。

「おーや、道、耳の気持ちよさが分かってきたか。どないえ(どうだ)」
「へ、へえ、へえ、すんまへん、おかみさん」
「謝ることないがな、ほな、いくえ(いくよ)

 言うなり志摩子は、再び道代の頭を抱え込み、先ほどと同様、耳孔に舌先を突き入れた。
 遥か数千万年前、中生代白亜紀。北米大陸に君臨した暴君竜、ティラノサウルス レックス。ティラノサウルスは属名、レックスは種小名、合わせて暴君竜の種名である。種小名のレックスは「王」の意であるという。恐竜の王、ティラノサウルス。
 志摩子の舌先は、暴君竜のように狭い洞窟に侵入しようとした。獲物を求めて、道代の耳孔に押し入ろうとした。奥に潜む獲物は……道代そのものであろうか。

「かはああああああ」

 道代は呻いた。道代は喘いだ。未経験の異様な快感に、我を忘れて声を漏らした。

「いいいいいいいいっ、いいっ、いひいいいいい」

(なんちゅう〔なんという〕気持ちよさやろ)
(たまらん)
(も、たまらん)

「えへええええええっ」

 志摩子が舌を外した。

「でや(どうだ)みち、気持ちええやろが」
「へえ、へえっ、きもち、よ、おすっ(いいです)」
「あんた、初めてか、耳」
「へ、へえっ、へええっ、はっ、初めてどすうっ(です)女将さん、すんまへん、もっと……」
「もっと、なんやのん(なんなのだ)」
「もっと……舐めとくれやす(舐めて下さい)おたのんもうします(お願いします)」
「もう、あかん」
「へえっ」

 道代の声は悲鳴のようであった。半ば泣いていた。

(なんで、なんでやのん。なんで、舐めてくれはらへんのん〔くれないんですか〕)
(なんで、そない〔そんなに〕、いけず〔意地悪〕しはるのん)

「いや、いややあ、なめて、舐めとくれやすな、女将さん」
「ほほ、お道、耳の良さ、ようわかったようやの」
「へえ、へえ、しやから(だから)女将さん……」
「耳はあとでまたたっぷり舐めたる(舐めてあげる)」
「へえ……」
「今度は、別のとこ(ところを)舐めたる」

 志摩子は、道代を押し倒した。
センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #129】目次センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #131】

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. 耳舐めハーレクイン
    • 2016/01/03 17:17
    • >なんちゅう〔なんという〕気持ちよさやろ
      >たまらん
      >も、たまらん
       志摩子女将の耳舐めに対する、お道姐さんの感想です。。
       耳舐め。
       わたしは舐めたことはありますが、舐められた経験はありません。
       そんなに気持ちいいものですかね。
       たいがいの女性はくすぐったがるようですが。
       一度、誰か舐めてくれんかのう。
       志摩子、お道、花世、源蔵、四人の乱交。
       もう少し続きます。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2016/01/03 18:30
    • こうして……
       コメントのやり取りが出来るようになったことを、心から喜びたいと思います。
       ほんとに、あっという間の1ヶ月でした。
       平穏な日々の大切さを、改めて痛感しております。
       耳舐め。
       カタツムリを耳に這わせたら、似た感覚が味わえるんでないの?

    • ––––––
      3. ♪崩れしままの石垣に
    • 2016/01/03 20:27
    • ハーレクイン
      笨枢ス穏な日々笨踀
       ほんとに大変でしたなあ。
       ご苦労様でした。
       録画しておいた「路線バスの旅」大阪-金沢編。
       見ました。
       ついでに、ブラタモリの金沢編も見ました。
       いやあ、大学がそっくり引っ越したというのは承知していましたが、昔日の面影は全くありません。
      ♪松風騒ぐ丘の上
       古城よ独り何偲ぶ
       栄華の夢を胸に負い
       ああ仰げば侘し天守閣
       旧・金沢城の面影は、ただ楼門(石川門)と石垣のみ。天守などかけらも残っておりません。石川門は裏門になりますが、向かいの兼六園に繋がる門。金沢最大の売り物でしょうか。

    • ––––––
      4. Mikiko
    • 2016/01/04 07:55
    • 古城
       ほんとに、維新後の新政府は憎いですよね。
       お城がぜんぶ残ってたら、スゴい観光資源になってたのに。
    コメントする   【センセイのリュック/幕間 アイリスの匣 #130】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
愛と官能の美学 未知の星 禁断の体験 エッチな告白集 官能文書わーるど
Angel Pussy 週刊創作官能小説 ましゅまろくらぶ 電脳女学園 萌木ケイの官能小説
官能的なエロ小説 新・SM小説書庫2 羞恥の風 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき
変態小説 秘密のエッチ体験談まとめ 恥と屈辱の交差点 赤星直也のエロ小説
ちょっとHな小説 人妻の浮気話 艶みるく HAKASEの第二読み物ブログ 潤文学

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
[官能小説] 熟女の園 ぺたの横書き 空想地帯 Playing Archives
黒い教室 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 女性のための官能小説 アダルト検索一発サーチ
riccia 18's Summer 女性のH体験告白集 出羽健書蔵庫
調教倶楽部 濠門長恭の過激SM小説 妄想ココット かめべや
魔法の鍵 淫鬼の棲む地下室 ライトHノベルの部屋 むね☆きゅんファンサイト
制服美少女快楽地獄 ひめ魅、ゴコロ。 ちょっとHなおとなのための… 性小説 潤文学ブログ

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
女の陰影 最低のオリ 快感小説 お姫様倶楽部.com
レズ画像・きれいな画像倉庫 恥ずかしがりたがり。 Japanese-wifeblog Eros'Entertainment
SM~猟奇の性書~変態 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 緊縛新聞 性転換・TS・女体化劇場
エピソードセックス 被支配中毒 漂浪の果てに 被虐のハイパーヒロインズ
空想の泉~The Fountain of Daydream~ オシッコオモラシオムツシーン収集所 アダルト官能小説快楽機姦研究所 被虐願望

渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋 あおいつぼみ 葵蕾
エロ体験談で抜けるコピペ プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉
おしっこ我慢NAVI ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都
ひよこの家 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
厳選2chまとめ おかず動画アンテナ
エログちゃんねる 人気ブログランキング
にほんブログ村 ライブドアブログ
アダルトブログランキング 小説の匣
ネット小説ランキング 官能小説アンテナ

ランキング/画像・動画(11~30)
おたりんく 正しいH小説の勧め GL Search Girls Love Search
アダルト動画まとめ セックス・ノベル・ネット アダルト検索BBJapan GAY ART NAVIGATION
ヌケルアダルト作品 EPISODE SEX Adult Novels Search ぱっくりんく
萌駅 Cyber あまてらす アダルトなび2 少女禁忌区域





<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top