Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
センセイのリュック/幕間 アイリスの匣 #115
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
戯曲『センセイのリュック』作:ハーレクイン



幕間(小説形式)アイリスの匣#115



「相良はん、相良はん!」

 大きな声がして襖が開いた。小柄で少し小太りの初老の女性が入ってきた。野田や相良と同年配であろうか。薄手の生地の、簡素なワンピースを着ている。

(これ……アッパッパ、ゆうたかなあ)
(生地は……綿?)

 あやめはぼんやりとそんなことを考えた。あやめが服装に注意を払うのは珍しいことである。
 もちろん初対面だったが、この人がお福であろう。
 お福は、すぐにあやめに気付いた。

「あれ? こちらは? 相良はん」

 相良はゆっくりと顔をあげ、お福を見上げた。いかにも大儀そうに返事を返す。

「ああ、お福はん。こいつが太郎んとこの……『花よ志』で包丁持っとるあやめや。太郎もよう話してたやろ」
「へえへえ(はいはい)。あんたがあやめちゃんかいな。野田はんからしょっちゅう聞かされてましたわ。いやあ、ほんまにかいらし(可愛らしい)ねえ」

(聞かされて、た……か)
(過去形やなあ)

 あやめには返す言葉がなかった。黙って頭を下げるだけだった。
 お福は、あやめと相良の前に座り込んだ。せかせかと声を掛ける。

「ほんでな、相良はん」
「ほんでお福はん」

 お福と相良は、互いに同時に相手に呼びかけた。

「いや、それがな」
「お医者はんは……」

 二人の次の言葉もぶつかり合った。お福がすかさず声を大きくして言葉を継いだ。

「ほな、先ぃ(先に)言いよし(言いなさい)相良はん」

 今度は少し間をおいて、相良はゆっくりお福に問いかけた。

「お医者はんは、来てくれはったんだすか」
「いや、それがな。なかなか簡単にいかんみたいでな」

 相良は、再び間をあけて問いかける。

「簡単に、いかんて、そらどういう……」
「あんな、うちも知らへんかってんけど(知らなかったのだけど)、初めて聞いたんやけど、加藤せんせの言わはる(仰る)には……」

 お福の言葉のつなぎ目に間を合わせ、相良が口を挟んだ。

「加藤せんせて……そこの、かど(角)の、加藤クリニックかいな」
「せやがな。うちかて(私も)しょっちゅう、みてもうてる(診てもらっている)加藤はんやがな。そない、むちゃくちゃ(立派な、優れた)名医、ゆう(と云う)わけやないけんど(無いが)、ひとあたり(人当たり)はええわな。こないだかて(先日も)……」
「ちょちょ(ちょっとちょっと)、お福はん。で、加藤はんがなんやて?」

 脱線しそうになるお福の話を、相良は引き戻した。
 お福は、勢い込んで説明にかかる。

「それがやな、加藤はんのいわはる(仰る)にはやな、えーとやな……」
「まあ、落ち着きなはれ、お福はん。茶ぁでも一口、飲みなはれ」

 あやめは、さっと立ち上がり、入り口の四畳半に向かった。流しの脇には、ちんまりとした冷蔵庫が据えてある。就職したての、先日まで学生だった若者が持つような、小さな冷蔵庫であった。引き開けると、庫内にはほとんど何も入っていないが、扉のポケットに縦長の、プラスチック製の透明容器が収まっていた。透かして見る色合いからして、麦茶に間違いない。

(さっきは冷蔵庫は見んかったけど……)
(野田のおや〔親爺〕っさんが作らはったんやろか)
(相良の大将やろか)
(ほれとも……お福さんの差し入れやろか)

 そんなことを考えながら、あやめは茶碗を三つ用意し、盆の上に並べて麦茶を注いだ。よく冷えているのに、かすかだが香りが立った。

(ええ匂いやなあ)
(これは……ティバッグやないな)
(麦をしっかり煮出して作らんと、こないな〔このような〕香りは出えへん〔出ない〕)

 近頃は、麦茶もティバッグが主流になった。水出し用、などというものもある。炒った大麦の種子を、大きな薬缶で、汗をかきながら煮出して作る、そんな麦茶は過去のものになった。

(やっぱし、お福さんがもてきて(持って来て)くれはったんやろなあ)

 そんなことを考えながら、あやめは盆を捧げて六畳間に戻った。相良とお福は元の位置にそのまま座っていた。
 お福は一通り語り終えたか、やれやれ、という様子であったが、相良は難しい顔で天井を見上げていた。両腕を深く組んでいる。
 あやめは、やはり元の位置に膝を突き、二人に麦茶を勧めた。

「どうぞ」
「おおきに(有難う)」

 お福が真っ先に手を伸ばした。左手のそろえた指の腹に椀を載せ、右手の指先を椀の側面に軽く添えている。無造作であるが、きちんと作法に適っていた。
 相良は難しい顔を崩さず、麦茶に手を出そうとしない。その様子は、先ほどまでの潮垂れたものから少し変化しているように、あやめには思えた。

「あやめ」
「へえ(はい)」
「今夜の通夜、野田がおらんかもしれん」
「はい?」
「明日の本葬もでける(出来る)かどうか……」
「あの、大将、それは……」

 戸惑うあやめに、お福が声を掛けてきた。

「いやな(それがな)あやめちゃん。今、相良はんに話したんやけど、うちら(私は)そないな(そんな)こと全然知らんかったんやけど、加藤せんせのいわはる(仰る)にはな、なんや、病院やないとこで死なはった(亡くなられた)ときは、なんでもかんでもけーさつ(警察)が調べる決まりになっとるらしいわ」
「調べるて……検死、とかゆう(云う)、あれですやろか」
「ああ、せやなあ、けんし(検死)……」
「ご自宅で亡くなられても、ですか」
「そうゆうことやなあ」
「解剖とか……するんですやろか」
「うーん、わからんけど、野田はんの場合、別に事件ゆうわけやなし、そこまではせんのんちゃう(しないのではないか)」
「死因をはっきりさせる、ゆうことですやろか」
「せやせや(そうだ)、そうゆうことやろなあ」

(そういうことか)
(それで……)

「ほな、警察がご遺体をその、どこやら調べる場所へ移す、ゆう……」
「せや(そうだ)。いつもんて(戻って)くるかは警察次第や」

 相良が話を引き取った。

「それで……」

 主(あるじ)のいない通夜、ということか、とあやめは腑に落ちた。腑には落ちたが「なんでや(何故だ)」という、承服できない思いは拭えなかった。

 入口の引き戸が、再び騒々しく開いた。何人かが声も掛けずに上がり込む気配がする。境の襖が引き開けられた。三人の男が立っていた。中央に白衣の男が一人、その背後に制服警官が二人であった。
 白衣の男が、室内に声を掛けてきた。

「野田……太郎はんのお宅ですなあ」

 室内の三人は、誰も声が出なかった。
 ややあって、あやめが返答をする。その声は、何かが喉に絡んだように嗄れていた。

「へえ(はい)……そうどす」
「中京署のもん(者)です。ご遺体、お移ししますんで。おい」

 白衣の男は、前を向いたまま、背後の二人に短く声を掛けた。制服警官たちは、携えてきた担架に手早く野田を乗せ、あれよ、という間に運び出して行った。

「ちょっと事情をお伺いしたいんでっけど……」

 相良が、ゆっくりと白衣の男に向き直った。その様子は、再び、いや、前にも増して潮垂れていた。

「はあ……」

 あやめは立ち上がった。野田の後を追うように外に出る。警官たちの姿はもう見えなかった。
 あやめは小走りに路地を駆け抜け、蛸薬師通に出た。狭い通りに停められた救急車に、担架が運び込まれるところであった。
センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #114】目次センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #116】




コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. ハーレクイン
    • 2015/08/25 13:50
    •  どうもキャラクターがはっきりしません。
       相良とのやり取りを聞いていますと「大阪のおばはん」です。
       それに着ているものが『アッパッパ』ですからねえ、わたしが子供の頃は普通だったように思いますが、今時、ねえ。「簡易服」なんて言い方もあるようですが。
       まあ、京都の夏の暑さはジモティでさえ「たいがいにしとくなはれ」ですから、アッパッパは京都向き、と云えるかもしれません。
       それにしても、さりげなくきちっと麦茶を飲む姿などは、育ちの良さを表わしているようですが、これはこの年代の方では普通のことなのかもしれません。
      >病院やないとこで死なはった(亡くなられた)ときは、なんでもかんでもけーさつ(警察)が調べる決まりになっとるらしい
       お福のセリフです。
       わたし、一度この経験をしまして、その時に聞いた話です。近所の方が自宅で亡くなられたんですね。寝付いていた、というわけではなく、それこそあっけなく逝ってしまわれたんですが、警察が来ました。
       その時に聞いたんですが、警察関係者から直接、というわけではなくまた聞きですので怪しいかもしれません。
       いずれにしましても、野田の遺体は連れていかれてしまいました。まさに“主のいない通夜”になりそうです。『花よ志』の事件がらみ、ということでもないと思いますが……。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2015/08/25 19:50
    •  売られてないと思います。
       サマーワンピースとかホームワンピースとかじゃないすか。
       買えるのは、スーパーの衣料品コーナーか、安売り専門の衣料品店でしょう。
       わたしの父は、自宅で亡くなりました。
       母が異変に気づいたときには、すでに息をしてなかったそうです。
       夜でしたが、かかりつけのお医者さんを呼んだら来てくれました。
       そのお医者さんが死亡診断書を書いてくれましたので、警察が来ることはありませんでした。
       葬儀ってのは、遺体が帰ってきてからやるんでないの?
       葬儀では、空の棺桶を置いておくんですか?
       その棺桶は、遺体が帰ってくるまで、野田の家で保管するんでしょうか?
       帰ってきたら、遺体を入れて、焼き場に送る?
       そのためだけに霊柩車をチャーターするんだろうか?
       トラックをレンタルってのもね。
       かと言って、ルーフレールに縛って走ったら……。
       通報されますわな。

    • ––––––
      3. ハーレクイン
    • 2015/08/25 21:32
    •  加藤センセより融通の利くお方だったんですね。
       野田もお福のように、普段から昵懇にしとけばよかったのかなあ。
       遺体なしの葬儀はないでしょうが、今の場合、とりあえず通夜ですからねえ。故人を偲んでしみじみと悼む、ということでやればいいんじゃないですかね。いったん解散、明日また改めて通夜、もおかしいかと思われます。
       本葬は遺体待ちですが、あやめも相良も、具体的な段取りを考える余裕はないでしょう。そうなると、お福の存在はありがたいよね。これも野田の徳、なのかもしれません。

    • ––––––
      4. Mikiko
    • 2015/08/26 07:35
    •  かかりつけのお医者さんがいない場合、救急車を呼んで病院に搬送してもらいましょう。
       すでに死亡してるとわかっても、救急隊員が死亡判断はできませんから、病院に運ばれます(状況が明らかに異常なら、警察が呼ばれると思いますが)。
       病院で医師により死亡が確認されることになりますから、警察が来ることも無いです。
       通夜というのは……
       文字通り、枕元で一晩過ごす通夜のことなんですね。
       こちらでは、通夜式というのがあり、セレモニーホールで行われます。
       本葬より規模が大きく、会葬者も多いです。
       翌日の本葬は、親族中心のひっそりとしたものになります。

    • ––––––
      5. ハーレクイン
    • 2015/08/26 11:44
    •  こちらも同じように葬儀場で行われます。
       通夜は夜、本葬はその翌日の昼、が普通ですから、どちらかというと本葬のほうがにぎやか?です。連絡が行き渡りますから、会葬者も本葬のほうが多いです。このあたり、そちらとは逆ですね。
       式次第?はどちらも似たようなものですが、本葬のほうが少し丁寧ですね。弔電披露なんかもあるし。

    • ––––––
      6. Mikiko
    • 2015/08/26 19:46
    •  平日だと、少なくとも半日休暇を取らなければ出れません。
       通夜なら、定時退社してから出れます。
       こちらでは、亡くなった当日に通夜ということはありません。
       なので、会社に喪服を持って行けば会場に直行できます。
       だからかも知れませんが……。
       香典に包むお金も、ピン札が多いようです。

    • ––––––
      7. ハーレクイン
    • 2015/08/26 22:15
    •  「通夜には喪服でなくても失礼に当たらない」という説もよく聞きます。
       つまり、通夜はたいがい緊急だから、喪服が間に合わない場合もある(会社から直行するなど、ですね)。だからって欠席するより、平服でもいいから顔を出すほうが良い」ということですね。
       本葬には、もちろん喪服で出席しないと失礼です。

    • ––––––
      8. Mikiko
    • 2015/08/27 07:22
    •  喪章をすれば、大丈夫だと思ってましたが……。
       ↓そうではないようです。
      http://you-know-m.com/totuzentuya7-2702
       こちらでは、喪服を着ないで行くと、ものすごく目立っちゃいますね。

    • ––––––
      9. ハーレクイン
    • 2015/08/27 16:00
    •  なるほど、いちいちごもっともですね。
       男の場合、普通のサラリーマンなら黒ネクタイ一本で何とか格好がつく、ということですね。女性は大変だなあ。
       まあ、女性のメイク・服装というのは、葬儀に限らず普段から大変そうだよね。男でよかったー。
       それにしても、喪章がNGというのは目から鱗でした。

    • ––––––
      10. Mikiko
    • 2015/08/27 19:50
    •  これは、知らない人がほとんどでしょうから……。
       失礼だとは思われないんでないの?

    • ––––––
      11. ハーレクイン
    • 2015/08/27 23:07
    •  まさに、「知らぬが仏」というやつですな。
       喪章の人、見たことあります。おそらく会社関係の団体さん?だったんでしょう。一人の人が仲間に「おーい、これ付けぇ」てなことを言いながら配ってました。黒い腕章でした。
       上着なし、白いワイシャツでしたから、夏だったんでしょうね。

    • ––––––
      12. Mikiko
    • 2015/08/28 07:38
    •  不思議ですね。
       平服ということは、遺族側じゃないということですよね。
       会葬者側が集団で来るってのは、どういう場合なんでしょう?
       故人の会社の取引先とか?
       でも、たいがい代表者が1人で行きますよね。
       そもそも、香典はどうしたんでしょう?
       1人分か?
       やっぱり、故人の会社の社員たちですかね。
       おそらく故人は現役の社長ではなく、代替わりしてるんでしょうね。
       社葬ではないということですよね。

    • ––––––
      13. ハーレクイン
    • 2015/08/28 09:27
    •  故人の会社の取引先?
       何故代表1人じゃない?
       香典は?
       故人は元社長?
       社葬ではない?
       世に疑問の種は尽きまじ、不思議のあふれる世の中ですが、今となっては確かめることはかないません。
    コメントする   【センセイのリュック/幕間 アイリスの匣 #115】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
ひとみの内緒話 レズ画像・きれいな画像倉庫 未知の星 愛と官能の美学
潤文学 新・SM小説書庫2 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 官能文書わーるど
萌木ケイの官能小説 ましゅまろくらぶ 羞恥の風 ちょっとHな小説
恥と屈辱の交差点 官能的なエロ小説 赤星直也のエロ小説 禁断の体験 エッチな告白集
HAKASEの第二読み物ブログ 快感小説 緊縛新聞/杉浦則夫写真事務所 秘密のエッチ体験談まとめ

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
変態小説 黒い教室 性転換・TS・女体化劇場 出羽健書蔵庫
女の陰影 被支配中毒 制服美少女快楽地獄 かめべや
性小説 潤文学ブログ 人妻の浮気話 艶みるく むね☆きゅんファンサイト 淫鬼の棲む地下室
恥ずかしがりたがり。 ぺたの横書き Playing Archives 18's Summer
女性のための官能小説 Eros'Entertainment ひめ魅、ゴコロ。 魔法の鍵
お姫様倶楽部.com 最低のオリ 妄想ココット 女性のH体験告白集

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
[官能小説] 熟女の園 アダルト検索一発サーチ riccia 空想地帯
ちょっとHなおとなのための… 空想の泉~The Fountain of Daydream~ ライトHノベルの部屋 SM~猟奇の性書~変態
渡硝子の性感快楽駆け込み寺 オシッコオモラシオムツシーン収集所 エピソードセックス 被虐のハイパーヒロインズ
調教倶楽部 漂浪の果てに アダルト官能小説快楽機姦研究所 被虐願望
渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋 あおいつぼみ 葵蕾

エロ体験談で抜けるコピペ プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉
おしっこ我慢NAVI ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都
ひよこの家 エロショッカー軍団 エッチな体験談・告白 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
厳選2chまとめ 人気ブログランキング
エログちゃんねる にほんブログ村
アダルト動画まとめ 正しいH小説の勧め
小説の匣 Girls Love Search
ライブドアブログ 官能小説アンテナ

ランキング/画像・動画(11~30)
ネット小説ランキング アダルトブログランキング 絵描きさん.NET GL Search
おたりんく セックス・ノベル・ネット Adult Novels Search 少女禁忌区域
【携帯】GL狂愛Rank ぱっくりんく 萌駅 十八禁恋愛私花集
ヌケルアダルト作品 創作系サイト検索・KAGOME アダルト検索BBJapan アナル動画まとめ
Cyber あまてらす 【携帯】Lovely Venus GAY ART NAVIGATION 相互リンク、募集してます!

ランキング/画像・動画(31~50)