Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
センセイのリュック/幕間 アイリスの匣 #95
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
戯曲『センセイのリュック』作:ハーレクイン



幕間(小説形式)アイリスの匣#95



「帰りがけ、そこらへんに出したある(出してある)ポリバケツに突っ込んだ。今朝はゴミの日やったやろ。今頃は煙になっとるわ」

 志摩子に、凶器の包丁を拭った布について問われた源蔵は淡々と答えた。空になった枡を志摩子に突き出す。
 志摩子は再び酒瓶を抱え、源蔵の手元に傾けた。とろりとした質感の液体が枡を満たして行く。酒の香りが軽く立った。瓶のラベルの銘柄は「筐姫」。
 伏見の「はこひめ」だが、「きょうき」とも読める。“兇器”あるいは“狂気”と……。

「しやけど源ちゃん。なんでまた、おろく(死体)をうちの庭に……」
「しゃあないやんけ。なんぼ夜中やゆうても、まさかおろく担いで先斗町歩けんがな」
「ほらほやろけど、ほれもこれも、うちの厨房でや(殺)ったりするからやないの」
「や(殺)ってもうた(しまった)もん、しゃあないゆうとるやんけ、ひ(し)つこいのう」
「源ちゃあん」

 志摩子は、横座りの姿勢をさらに崩し、上体を源蔵に凭せ掛けた。大きく広げた両腕を源蔵の背に回し、片頬をねじ込むように、幅広い源蔵の胸に擦りつけた。
 浴衣の裾が大きく割れ、両脚の間(あわい)が付け根近くまで剥き出しになる。その内腿は年齢に不相応な張りを持ち、仄暗い室内の灯かりに、ぬれ濡れと白く浮かび上がった。

「源ちゃあん」

 詰るような、怨じるような、縋りつくような志摩子の声は、二十歳になるかならぬかの生娘か、と思わせるように瑞々しいものだった。

「源ちゃん、うちも……殺して」

 その言葉を聞いた源蔵は、いきなり志摩子を押し倒した。

「ひっ」

 短い悲鳴を上げ、志摩子は改めて源蔵にしがみついた。二人の口が激しく合わさる。初めて接吻を交わす中学生のように、互いの歯が音を立ててぶつかり合った。唾液が絡み合い、混ざり合い、互いの口辺から飛び散る。志摩子の口元からは滝のような勢いで泡混りの唾液が滴り落ちた。

「うおっ」
「ひいいいっ、源、ちゃあん」
「お志摩っ」
「こ、殺して、殺してえっ、源……」
「殺す、殺したる、志摩っ」

 源蔵と志摩子は、引きちぎるように浴衣を脱がせ合った。正面から体をぶつけ合い、互いの背に腕を回し、少しの隙間も恐れるように抱きしめ合った。
 だが、その二人の体は汗に塗れ、相手の手をむなしく滑らせる。それはまるで、鱗をもたず、粘液で体を保護する魚が、ぬめぬめと人の手をすり抜けようとする様に似ていた。

「お志摩、後ろ、向け」

 志摩子の両の乳房をかなり強い力で握りしめながら、源蔵は命じた。
 志摩子は跳ね起き、両膝をついたままうつ伏せになった。両腕は長く前に伸ばし、胸は畳に這わせる。豊かな乳房が押し潰された。獣の姿勢であった。
 源蔵は、滑る手を志摩子の腰の張り出しに掛け、がっしりと抱え込んだ。前戯も何もなく、陰茎をいきなり志摩子の膣にねじ込んだ。
 前戯は不要だった。志摩子の膣は既に満々と膣液を湛えていた。膣液は、膣口から溢れ出て外性器をしたたかに濡らしていた。
 源蔵の陰茎は深々と膣に喰い込み、膣壁を掻き分けて奥に向かった。志摩子の膣液は、誘うように陰茎を奥に導いた。雁高の亀頭冠が膣壁を擦過するごとに、志摩子は絶え入るような悲鳴を上げた。

「いっ、ひい、いひい、いひいいいっ、いいっ、いいっ、いいっ、いいいいっ」

 源蔵が物も言わず、志摩子の両の尻の横を両手で打った。それが合図ででもあるのか、志摩子が腰を落とした。
 源蔵は姿勢を変えない。陰茎が膣から抜けた。
 志摩子が半ば悲鳴のような声を上げた。

「ああ、いやや、あかん、抜いたらあかん」
「ほれ、上、向くんや」

 志摩子はそのまま横向けに回転し、仰向けに姿勢を変えた。
 源蔵は上から覆い被さった。正常位の体勢である。
 志摩子は両脚を大きく開いて上にあげ、源蔵の胴を絡め取るように挟み込んだ。
 源蔵は、改めて志摩子の膣に陰茎を挿入した。源蔵の下腹部が、志摩子の陰核を押し潰した。
 亀頭冠が子宮口を擦り上げ、亀頭が膣底に喰い込んだ。膣底は、押し返すように亀頭を受け止め、膣はその全体、膣口から膣壁、膣底までの全てを用い、慈しむように陰茎を包み込んだ。
 自らの膣に倣うように、志摩子の両腕、両脚は、この上なく愛しいものを掻き抱くように、源蔵の体を抱え込んだ。その様は、失われようとするものを「放してなるか」と繋ぎ止める、妄執の現れのようにも見えた。
 志摩子は、譫言の様に声を上げ続けた。

「死ぬ、死ぬよ、うち、死ぬよ、死ぬよ、源ちゃん、源、ちゃんっ、もう、死ぬっ、死ぬ、死ぬ、死ぬ」

 源蔵の挙睾筋が収縮した。陰茎全体が膨れ上がる。尿道を精液が走り抜ける。尿道口から激しい勢いで精液が射出され、志摩子の膣底を叩いた。溢れかえる精液は、志摩子の膣壁と源蔵の陰茎との間をすり抜け、膣口へ、外界へと向かった。

「うおおおおおおおっ」
「あ、あ、あ、あ、もう……もう、し、ぬうっ」

 膣液と精液を追うように、志摩子の尿道口から多量の尿が噴出した。志摩子の失禁は、いつ果てるともなく続いた。


「なあ、お志摩」
「なあに、源ちゃん」

 志摩子と源蔵は並んで横たわり、薄暗い天井を見詰めていた。いや、天井を通して、炎暑の京の夜空を見上げていた。
 身には何も着けていない。

「もう、ええやろ」
「ええ、て、何が?」
「あいつやがな、あの、女や」
「あの女て……」
「しやから、包丁もっとる奴や」

 志摩子は、顏を横向け、源蔵を見た。

「あやめのことかいな」
「ほや(そうだ)」
「あやめやったらあやめ、て言や(言えば)ええのに。変なお人やねえ」

 源蔵はそっぽを向いた。
 志摩子は、おかしそうに源蔵に問いかける。

「ほんで? あやめの何が、もうええのん」

 源蔵は、改めて志摩子の顔を見詰め、少し声を大きくした。

「とぼけるんやないわ。もともとおまん(お前)が言いだした話やろが、あいつを潰す、て」
「ああ、せやった(そうだった)ねえ」
「こんだけ、ええ思いさせたったんや。もう、たいがいにしようや」
「こんだけ、て。ええ思いて、どういうこと?」
「しやから、とっくに潰されてるはずが、包丁振いぃの、客に褒められぇの、そこら中の評判になりぃの……。ええ思いやないかい(ではないか)。それがかれこれ、もう二(ふ)た月や。妙な言い方やが、分不相応っちゅうもんやで」
「ふん」

 志摩子が視線を外し、天井を見上げた。源蔵は志摩子の横顔を睨み付ける。

「おまん(お前)も、たいがいあいつで儲けたやろ。しやからやな。ここらでそろそろ計画通りに、やな」
「儲けた、とかゆう話やったら、まだまだ儲かるやないの、あの子で」
「アホ、そんなん、きりないわい。ほれにやな、のんびり構えとったら、抜き差しならんようなるで」
「抜き差しならん、てどういうこと?」
「あいつがやな、この店で自分の立場を作り上げてまいよる(しまう)ゆうことや。潰そ、思ても潰せんようなって(し)まう、ゆうことやがな」
「ほないなもん(そういうもの)かねえ」
「ほないなもんや」
「なあ、源ちゃん」

 志摩子は再び源蔵を見た。源蔵の腹の底を見透かそうというような視線だった。

「あんた……なんぞあの子に含むとこ、あんのん?」

 源蔵は一瞬口ごもったが、続けた。志摩子に、というより、何か正体不明の者に宣言するような口調だった。

「儂なあ、なんや知らんけど、嫌いやねん、あいつのこと」

 志摩子は思わず微笑んだ。源蔵の全て許す、そんな笑みだった。

「なんや源ちゃん……なんや、小学生みたいやで。『わし、あいつ、きらいやねん』」

 源蔵の口調を少し真似て、志摩子は語り掛けた。源蔵は嬉々として返答する。

「ほんだら(それなら)、やるか? ええんか?」
「ええよ、ええ。あんたの好きにしよし(しなさい)」

 志摩子は片腕で源蔵の頭を抱え込んだ。愛しそうに引き寄せる。
 源蔵は志摩子の腰を引き寄せた。
 二人は再び絡み合った。
センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #94】目次センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #96】




コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. ハーレクイン
    • 2015/04/07 10:58
    •  これはむろん、殺人鬼・狂犬源蔵の事です。
       どうも……尋常の人間ではありません、関目源蔵。一店の立て板、実質的に板場を統括する立場にありながらの女漁り(珍しくもないか)。で、やった女はたいがい殺して「ほかす(捨てる)」という、とんでもない野郎です。まさに鬼畜。
       「ねじが一本抜けている」という可愛い言い回しでは、到底表現できる人物ではありません。
       相方の志摩子は志摩子で……、
      >失われようとするものを「放してなるか」と繋ぎ止める、妄執
      の虜。
       “うちら(私達)に明日はない”てな感じで、刹那の享楽に悶え狂っております。
       で今回、源蔵-志摩子の極悪コンビが、あやめを「潰す」という密議を始めました。この二人の間では、あやめを入店させる段階からの予定だったようですが、いよいよ実行に移される、と……。
       何故あやめを潰そうとするのか、これにはそれなりの「わけ」がある訳ですが、これは今後、徐々に明かされることになります。
       
       ともあれ、今回の源蔵のセリフ、
      >儂なあ、なんや知らんけど、嫌いやねん、あいつのこと
       ということは、「わけ」「企み」以前に、大げさに云いますと何やら「根源的に相容れないもの」が、あやめと源蔵の間にはあるようです。これは二人の初めての出会いシーン(#33、#34)からそうでした。
       なあんてことを書いているうちに、源蔵-志摩子コンビについて、思いついたアイディアを思いつきました(日本語、大層、変)。
       いやあ、これはぜひ書きたいものですが、書くとしたら物語の流れのどこにはめ込むかが問題だなあ。しばらくじっくり考えることにしましょう。
       なんだか、関目源蔵にのめり込みそうです。
       
       いやあ、書くって、楽しいなあ。
       ともあれ(さっきも書いたぞ)、今回の登場人物は源蔵-志摩子コンビのみ。かくてはならじ。
       『アイリスの匣』の主役は、あくまであやめ姐さん。匣を開けるのはあやめ、と当初から決まっております。
       次回はあやめ-久美コンビの活躍になります。
       乞う!ご期待。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2015/04/07 20:45
    •  “嫌よ嫌よも好きのうち”かと思ったら……。
       ほんとに嫌いなんですか。
       なんででしょうね。
       殴られても、へこたれないからでしょうか。
       しかし、どうやって潰すんでしょうね。
      『トンコ節』作詞/西条八十 作曲/古賀政男
      あなたのくれた おびどめの
      達磨の模様が チョイト気にかかる
      さんざ遊んで ころがして
      あとでアッサリ つぶす気か
      ネー トンコトンコ
       いっそ、あやめを芸子に転身させたらおもろいんでないの。
       包丁も握れる芸子。
       不埒な客は、隠し持った柳刃で、耳を削ぎ落とすとか。

    • ––––––
      3. ハーレクイン
    • 2015/04/07 22:18
    •  ふっふっふ♪
       これは、秘中の秘だよ。
       乞うご期待、とだけ書いておこう。とりあえずのう。
       
       ま、ご指摘通り、殴られても蹴られても、どれほど踏みつけにされてもへこたれるあやめではありません。目障りに感じている人間にとっては、これほど小憎らしい存在はないでしょう。
       ならば!……
      ♪こうしてこうすりゃこうなると
       知りつつこうしてこうなった二人
       ほれた私がわるいのか
       迷わすおまえがわるいのか
       ネエ トンコトンコ
       芸子は、京では「芸妓」と書きます。
       読みは「げいぎ、または、げいこ」です。
       一色まこと著『ハッスル』という、人情スポ根・女子プロレス漫画があります。
       プロレスが趣味という祇園の舞妓(舞子、まいこ。“まいぎ”とは云いません)が、すったもんだの末、女子プロレスラーに転身。苦闘の末、デビュー戦勝利を果たす、というものです。
       ちなみに「舞妓」は、簡単に言えば「芸妓見習い」というところですね。
       J:COMが地上デジタル放映している番組に『恋舞妓の京都慕情』というのがあります。祇園甲部の舞妓二人が、京都の有名スポットを案内するという、ま、たわいないと言えば他愛無い番組です。
       『アイリス』京都編の参考になるので(ていうか、舞妓Haaaan!!!が可愛いので)、録画して見ています。
       前回は、祇園の「八坂神社」でした。
       あやめは包丁一筋です。
       ♪包丁いっぽぉ~ん さらしにまぁいて~

    • ––––––
      4. Mikiko
    • 2015/04/08 07:50
    •  逸ノ城を連れてきて、あやめの布団の上に座らせるとか。
       舞妓と芸妓。
       ↓新潟では、『振袖さん』と『留袖さん』です。
      http://www.ryuto-shinko.co.jp/sode/
       わたしは残念ながら、実物を見たことがありません。

    • ––––––
      5. ハーレクイン
    • 2015/04/08 11:37
    •  すっかり取り口を覚えられたのか、先場所はさっぱりでした。その前は負け越すし。
       やはり、体重と腕力だけでは勝てないということだな(あたりまえ)。
       気持ちを入れ替え、技術を磨き、頭も使って……精進されよ。
       振袖さん・留袖さんとは懐かしい。
       ご健在なんですねえ、㈱柳都振興さん。
       「あやめ」さんが、いてはるやないですか。しかも留袖さん。
       よっ、あやめ姐さん!
    コメントする   【センセイのリュック/幕間 アイリスの匣 #95】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
レズ画像・きれいな画像倉庫 未知の星 禁断の体験 エッチな告白集 ひとみの内緒話
愛と官能の美学 Angel Pussy 週刊創作官能小説 ちょっとHな小説 恥と屈辱の交差点
官能文書わーるど 電脳女学園 萌木ケイの官能小説 羞恥の風
官能的なエロ小説 秘密のエッチ体験談まとめ 赤星直也のエロ小説 恥ずかしがりたがり。
おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 新・SM小説書庫2 潤文学 ひめ魅、ゴコロ。

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
淫鬼の棲む地下室 ましゅまろくらぶ 空想地帯 Playing Archives
変態小説 人妻の浮気話 艶みるく 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ HAKASEの第二読み物ブログ
ぺたの横書き 18's Summer アダルト検索一発サーチ 濠門長恭の過激SM小説
SM~猟奇の性書~変態 女性のH体験告白集 Eros'Entertainment むね☆きゅんファンサイト
出羽健書蔵庫 快感小説 [官能小説] 熟女の園 女性のための官能小説
調教倶楽部 魔法の鍵 性小説 潤文学ブログ 妄想ココット

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
緊縛新聞 お姫様倶楽部.com 性転換・TS・女体化劇場 riccia
制服美少女快楽地獄 黒い教室 エピソードセックス 被支配中毒
女の陰影 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 かめべや 最低のオリ
ライトHノベルの部屋 漂浪の果てに 被虐のハイパーヒロインズ 空想の泉~The Fountain of Daydream~
ちょっとHなおとなのための… オシッコオモラシオムツシーン収集所 アダルト官能小説快楽機姦研究所 被虐願望

渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋 あおいつぼみ 葵蕾
エロ体験談で抜けるコピペ プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉
おしっこ我慢NAVI ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都
ひよこの家 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
厳選2chまとめ おかず動画アンテナ
エログちゃんねる 人気ブログランキング
にほんブログ村 官能小説アンテナ
正しいH小説の勧め 小説の匣
ライブドアブログ アダルトブログランキング

ランキング/画像・動画(11~30)
GL Search 萌駅 おたりんく ネット小説ランキング
アダルト動画まとめ セックス・ノベル・ネット Adult Novels Search Girls Love Search
少女禁忌区域 アダルト検索BBJapan 絵描きさん.NET 創作系サイト検索・KAGOME
Cyber あまてらす ヌケルアダルト作品 GAY ART NAVIGATION クリエイターコレクションR18
ぱっくりんく 【携帯】GL狂愛Rank 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!




<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top