Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
センセイのリュック/幕間 アイリスの匣 #94
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
戯曲『センセイのリュック』作:ハーレクイン



幕間(小説形式)アイリスの匣#94



 あやめは、一瞬の間をおいて返事した。

「親爺(おやっ)さんとこ」
「おやっさんって……花板の、野田さん?」
「せや。もう長いこと、出てきてはれへん(出勤されていない)やろ」
「せやなあ。なんや、身体、悪しはった(悪くされた)て聞いてるけど、詳しいことはなあ……」

 久美は、野田の顔を思い浮かべてでもいるのか、目を泳がせた。
 あやめは、少し勢い込んで返事する。

「せやろ。うちら板場のもんかて、何にも聞かされてへんねん。関目の兄さんやったら、なんぞ知ってはるかもしれんけど、何にもおせ(教)えてくれはらへんし……こっちからは聞きにくいし」
「まあ、あの狂犬とは、そないな個人的な話はでけんわねえ」
「せやねん」
「よっしゃわかった。いといで(行ってきなさい)あやめ」
「おおきに、久美」
「ほの(その)かわり、一人はあかんで、うちも行く」

 久美はあやめを見詰め、決め付けるように宣言した。
 あやめは抗議する。

「えー、なんでぇ。あんた親爺(おやっ)さんのこと、あんまし(あまり)知らんのんちゃうのん(知らないのじゃないの)。
 ほれに、あんたも言うたやん。あんまし外、出るな言うてるて、警察。二人いっぺんて、よけ(よけいに)ようないんちゃう?(良くないのじゃないの)」
「ほらほやけど……あかん。あんた一人て、あぶのうてかんわ(危なくっていけない)」
「危ないて、久美……」
「あんた、自分ではそない思てへんやろけど、ほんまに危なっかしいで。周りが見えてへん、云うのんか……」

 久美は一旦言葉を切った。あやめを見詰め直し、改めて問いかける。

「あやめ、あんた……どない思てんのん、狂犬の事」
「どないて、狂犬て……関目の兄さんの事?」
「この店の狂犬て、あいつしかおらんわ。うちなあ……」

 久美は少し声を落とした。あらためてあやめを見上げ囁く。

「うち……今度の事件の犯人、あいつやないか思てんねん」

 あやめは目を見開いた。

「なに言うのん、そないなこと。証拠もなしに、めったなこと言うたらあかん」
「証拠てかいな。うちらは警察やないんやで、あやめ。犯人を逮捕しよ、ゆう訳やなし、ほないなもんいるかい。心証で十分や」
「ほやかて、久美……」
「うちに言わせたらなあ、あいつは真っ黒けのけや。うちの推理、聞かしたるわ。ええか。
 ゆんべ、店閉めた後やな、どこぞで引っかけた女を連れ込みよったんや。ほんで、女将はんの目ぇもあるし、まさかそこらの部屋で、ゆうわけにいかんやろ。しやから(だから)厨房でごしょごしょやりよったんやな。厨房はまあ、ゆう(云う)たら、あいつの巣ぅみたいなもんやろ。ほんで、事が終わってからか、途中でかはわからんけど、なんや、めんど(面倒)くさなりよったんやな」
「めんどくさいて……そんなもんなん」
「そんなもんや、あいつはな。あやめ。自分の、ゆう(云う)か、普通の人間の感覚であいつを考えたらあかんで。
 あいつを狂犬ゆうのはな、手ぇ早い、ゆうだけやないんや。あいつは人やない、人間やない、ゆう意味もあるんやで。あいつは犬や、獣や。けだもんなんや。
 しやから(だから)何しでかすかわからん。ひとの形してるけど人やない。いぎょうのもん、なんやで」

“いぎょう”という耳慣れない言葉の意味が、しばらくの間あやめには分からなかった。“いぎょう、いぎょう”と、頭の中で転がすように呟くうち、「異形」という文字に思い当たった。
 あやめの背筋を、言葉にできない気味の悪いものが、ゆっくりと通り過ぎて行った。

「まあ、相手の女がぐじゃぐじゃごねたんかもしれんけど、めんど(面倒)なったあいつは、あっさり刺し殺しよったんや。凶器は、自分の包丁やな」
「凶器までわかんのん? 久美」
「ただの想像や。しやけどあやめ、あんたも見たやろ、死体。あの傷口、たぶん刺し傷やで。
 ほんで現場が厨房やときたら、凶器は包丁に決まってるやんか。たぶん、刺身包丁やな」
「柳葉てかいな……。しやけど久美。仮にも料理人が、大事な包丁、そないなことに使うやろか」
「くどいようやけどあやめ。あいつを常人の尺度で考えたらあかん。何でもありや、あいつはな。ほんでや、ほの後、死体を裏庭にほかしよったんや」

 あやめは、もう言葉が出ない。
 久美は、さらに声を落とした。しかし出た言葉はあやめに、そして自分に宣言するような強いものだった。

「あいつはな。ほっといたら、絶対あやめのためにならん、うちにはわかる。しやから、うち、いずれ証拠掴んで警察に垂れ込んだんねん(垂れ込んでやる)」
「久美……」


 源蔵は、志摩子女将の部屋で大胡坐をかき、冷や酒を呷っていた。浴衣掛けだが諸肌脱ぎ、浴衣は胡坐の腰の周りに蟠っている。源蔵の剥き出しの上半身にはうっすらと汗が浮き、薄暗い室内の照明を照り返していた。
 志摩子はこれも浴衣掛けで、横座りに源蔵の脇に侍っている。花世は自室に引き上げたのか姿が見えない。
 室内には強い尿臭が充満していたが、源蔵も志摩子も気にする風はなかった。

 源蔵は手にした木製の一合枡を口に運び、中身の半分ほどを流し込んだ。短く、深く息を吐く。酒の香りを含む吐息と、室内の空気が混ざり合った。
 志摩子が源蔵の手から木枡を取り上げ、口に運んだ。酒を含む。微醺を帯びた志摩子の口からも、酒の香りが零れ出た。二人の吐息は、媾合するように中空で混ざり合った。
 志摩子は、源蔵に枡を返した。源蔵は残りの酒を放り込むように口にし、空になった枡を志摩子に突き出した。志摩子は、傍らに置いた一升瓶を取り上げ、酌をする。瓶のラベルには「筺姫」、京都伏見の酒であった。
 なみなみと酒が満たされた。
 源蔵は、木枡を口に持って行く。顔からも迎えに行った。志摩子が声を掛ける。

「なあ、源ちゃん……あんたの仕業やろ」

 枡を運ぶ源蔵の手が止まった。枡に向けて半ば傾げた顔も止まる。枡と源蔵の口は、互いに睨みあうように静止した。

「何のことや」
「何て、源ちゃん。今度の事件、殺しの事に決まってますがね」
「ふん」

 源蔵はそれ以上何も言わず、枡に口を付けた。
 志摩子は、何かを追い立てるように言葉を継ぐ。

「あんた……たいがいにしときよし。これでもう、何人目やのん。二人か、三人か」

 口から離した枡の中を覗き込みながら、源蔵は口元を軽く歪めた。志摩子をあざ笑うように首肯する。

「よう知ってるやないか。三人目や」
「あんた、源ちゃん……」

 あっさり認めた源蔵に、さすがに志摩子は言葉を失った。

「はじめは、宮川町の舞子やったが、それだけにわこうて(若くて)後先考えん奴でのう。めんど(面倒)なったんで、威しのつもりで首絞めたったらあっさりいてもうて(死んでしまって)のう。おろく(死体)は、鴨川にほりこんだった(放り込んでやった)わ」
「………」
「その次は嶋原の太夫や」

 源蔵の嗤いが少し大きくなった。
 志摩子が口を挟む。

「嶋原て、太夫て、たいがい歳ちゃうのん」
「振袖太夫ておるやろ。ほれ、太夫見習、あれや。それでも、そこらの舞子なんぞに比べりゃよっぽど歳、喰うとったが」
「源ちゃん、あんた……。二人も殺して、ばれへんかったん」
「ばれんかったようやのう。ま、ばれりゃばれたで、そのときゃその時」

 源蔵は平然と嘯いた。

「源ちゃあん」

 すがるような風情の志摩子を尻目に、源蔵はなんとなく楽しそうに話を続ける。

「ほんで今回の、やな。かみひちけん(上七軒;かみしちけん)で囃子方なんかの師匠やっとるゆうとったわ。得意は笛やそやが、死んでしもたら笛も鼓も無いわな」
「上七軒て、ほないな遠くの……。どないして知りお(合)うたん」
「なんや祇園に知り合いおるらしいで。ほんでゆんべ(夕べ)の大文字見物に、連れもって鴨川の床に来たらしいわ」
「連れ、て……。ほなそのお連れ、あんたとも知りおうたんちゃうのん。ほ(そ)れ、ヤバいやろ」
「いやあ、それがな。その連れ、途中でなんや気分悪なった言うて、先に一人で帰ったらしいわ。
 ほんでその師匠の女、まだ飲み足らん、て一人で飲んで……遅がけに前の通り、ふらふら歩いとった。ほんで儂、帰りがけに出くわして……」
「うちに連れ込んだんかいな」
「そういうこっちゃな。厨房、見せたろか、ゆ(言)うたら珍しがってな、ほいほいついてきよったわ。で、厨房で……」
「やったんかいな」
「そのつもりやったんやが、手ぇ出しかけたら嫌がりよんねん。『そないな女やない』とかなんとか吐かしよってな。もうめんど(面倒)なって……」
「殺(や)ったんかいな」

 源蔵は一息ついた。手にした枡の酒を一気に飲み干す。興が乗ってきたのか、話し口も滑らかになっていった。

「おう、手近の柳葉でな、後ろから一突きや。声も出さんといてまいよったわ(死んでしまった)」
「ほんで、そのまんま庭にほかした(捨てた)んかいな、おろく(死体)」
「せや。けっこう重たかったで。肉付き、ようて(良くて)のう」
「包丁はどないしたん」
「めんどいんで、ざっと拭って塀越しに、土手の方にほかした」
「拭いた布はどないしたん。どうせ手拭いかなんかやろ」
センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #93】目次センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #95】




コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. ハーレクイン
    • 2015/03/31 10:37
    •  標準語「わたしの推理を、聞かせてあげる」との宣言で始まりました“名探偵久美”による「花よ志」殺人事件の推理。
       後ほど開陳されます、狂犬・関目源蔵の告白!に照らし合わせても、さほど的外れではないようです。「花よ志」の仲居、田所久美。さすが、自ら“名探偵”と名乗るだけあります。が、まあ、作者が喋らせてるんですけどね。
       (久美「喧しわ。うちがおまんに乗り移って書かせてるんやないかい」)
       
       さらに、久美の源蔵評は「真っ黒けのけ」。
      これもピンポン大当たり。さすが鋭い女の感、と云いたいところですがまあ、このあたりは誰でもわかりますわな。
       (久美「ええかげんにせえよ、おっさん」)
       一方、志摩子女将の部屋では、毎度おおきに、やのうて毎度おなじみ、源蔵-志摩子深夜の酒宴です。けっこう美しい情景でないかい(自分で言うな!)。
       酒の銘柄は、京都伏見の銘酒「筐姫」。「はこひめ」とお読みください。もちろん、架空の銘柄です。筐は匣。要するに箱ですね。
       箱の中の姫といいますと、京極夏彦・百鬼夜行シリーズの『魍魎の匣』を思わせます。面白いよ。
       それはともかく、源蔵の告白、というより自慢話のように聞こえますが、それによりますと、これまでに三人殺しているとか。なんちゅうやっちゃ(なんという奴だ)。
       一人目の被害者は「宮川町」の舞子やそうです。
       京都には、祇園甲部をはじめ六つの花街があり、京の「六花街」と称します。六歌仙にひっかけたのかどうかは……まあ、違うでしょう。
       で、「宮川町」は「花よ志」から見ると鴨川の川向う。京都・東山の、祇園の北側に位置する、六花街の一つです。出雲阿国ゆかりの地で、かつては遊郭でしたが、今は技芸一筋。♪月は朧に東山~、で頑張っております。
       源蔵の二人目の被害者は「嶋原」の太夫(たゆう)。嶋原では、芸妓さんを太夫と呼ぶんですね。
       「嶋原」は、かつては六花街の一つとして殷賑を極めていたのですが、京の中心部から少し離れているということもあり、衰退の一途をたどっているようです。姐さん方の平均年齢も、失礼ですが少々お高い。
       ということで「たいがい歳ちゃうのん」と、志摩子女将が洩らしたわけです。
       「嶋原」。いろいろありまして、六花街から脱退しちゃいました。ですから、現在の京の花街は「五花街」なんですね。
       源蔵の被害者三人目。今回の被害者ですが、舞子・芸妓ではなく音曲の師匠。
       これは大したものです。一つの花街の元締め、とまではいきませんが、若手の頭の上がる相手ではありません。盆・暮れには、その花街の舞子・芸妓が打ち揃って、挨拶に伺います。
       芸道を極めた、といいますかね。それほどのお方です。それにしては今回の被害者、少し若くて貫禄に欠けるような気もします。源蔵あたりの誘いに“ほいほいついて”くるようではねえ。
       ま、それだけ、女の目から見ますと源蔵に魅力、といいますか“魔力”があるのかもしれません。なんせ「蛇の目の男」ですからねえ。
       あ、書き忘れるとこでした。「上七軒(かみひちけん)」は京都市の東北方、北野天満宮のすぐ近くです。あやめと久美が登った大文字山のふもとに位置する、由緒ある花街です。
       少しバラしちゃいますかね。この源蔵の悪事が、実は『アイリス』のラストシーンにつながる、という作者のもくろみなんですね。
       さあ、この後、どのように展開するのでしょうか『アイリスの匣』。久美の活躍は、源蔵の動きは、そして、あやめの運命は!
       次回を、乞うご期待!

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2015/03/31 20:20
    •  普通、倒叙物の犯人は、優れた知能の持ち主にするものでしょうが。
       そういう犯人だからこそ、その些細なミスを逃さない探偵役が、さらに引き立つという仕掛けです。
       まさか、無計画な粗暴犯が犯人とはね。
       ざっと拭ったくらいでは、指紋は残ってますよ。
       包丁が見つかれば終わりです。
       しかし、人を刺すとき、柳刃を選ぶものでしょうかね。
       ちょっと角度が狂えば、まっすぐ入らないんじゃないですか?
       出刃のほうが、よっぽど扱いやすく、威力もあるように思えます。

    • ––––––
      3. ハーレクイン
    • 2015/04/01 00:46
    •  まあ……世に推理小説・警察小説は山ほど、それこそ日本アルプスかヒマラヤか、というほどおまっさかい、いっこ(一個)くらい、こういうのがあってもよろしおまっしゃろ。「枯れ木も山の賑わい」て、云いまんがな(ちょっと違うぞ)。
       凶器の包丁はもう見つかってまっせ。#89です。鑑識の若い衆、東野英二が捜査会議の場に持ち込みました。現在、鑑識で詳しく検査中。
       とりあえずモン(指紋)は残っとりまへんでした。さすが料理人、「ざっと拭った」だけで綺麗にしよりましたんですなあ。
       “彼は如何にして柳葉包丁をえらびし乎”
       まあ……たまたま手近におましたから、でんなあ。なんでもよかったんですわ、刃物やったら。
       確かに刺すのは難しおまっしゃろけんど、そこは包丁を扱いなれたプロの手際、と考えとくんなはれ。
       で、殺伐な殺しの話はとりあえず置いときまして、甲子園です。
       もう「耳たこ」とは思いますが、書かないわけにはいきません。
       選抜準決勝第1試合、敦賀気比vs.大阪桐蔭は、11-0で敦賀気比の圧勝でした。いやあ、まさか桐蔭がこんな負け方をするとは誰が予想したでしょう。
       初回、2回に飛び出た敦賀の6番バッター松本君の、2打席連続の満塁ホームラン。これで、序盤で早々と勝負がついてしまいました。あとは何もありません。
       「敦賀気比(つるがけひ)」。全国の野球ファンの脳裏に、この校名は焼き付いたことでしょう。「福井県」の高校だ、というのはどうだかわかりませんがね。
       まあ、心配なのは、打った松本君と、打たれた大阪桐蔭の投手田中君の将来ですが、これはわたしが気を揉んでもしょうの無いところです。
       とりあえず、敦賀気比には明日の、あ、もう今日か、の決勝戦を、大阪桐蔭には夏の甲子園をめざし、頑張ってほしいものです。
       敦賀気比の相手は、北海道代表の東海大四。新鮮な組み合わせです。

    • ––––––
      4. Mikiko
    • 2015/04/01 07:47
    •  見つかってましたか。
       でも、板前の包丁って、店の備品じゃなくて……。
       自分の持ち物でないの?
      ♪包丁一本 さらしに巻いて 旅へ出るのも 板場の修業♪
       ご存知、『月の法善寺横丁』の歌詞です。
       立板の包丁が板場に無いことは、誰でもわかるんじゃ?
       それに、包丁には、鍛冶職人の銘が彫ってあります。
       注文品でしょうから、鍛冶屋に見せれば、誰に作ったものかわかるはず。
       あ、誰かの包丁を使ったのか?
       でも、店にあった包丁だと云うことは……。
       誰に聞いてもわかるでしょう。
       これで捜査は、内部犯行に絞られることになりますね。
       高校野球、決勝戦。
       北信越代表の敦賀気比には、ぜひ頑張ってもらいたいです。

    • ––––––
      5. ハーレクイン
    • 2015/04/01 11:23
    •  「板前」と呼ばれるほどの料理人なら、もちろん自前です。
      ♪意地と恋とを包丁にかけて
      両手あわせる水掛不動……
       『月の法善寺横丁』3番の出だしです。
       法善寺境内の水掛不動像にはびっしりと苔が張り付き、顔つきも判然としません。あれね、柄杓を使わず、バケツで水を掛ける近所のおばちゃん、とかいるんだよ。
       『月の法善寺横丁』主人公の若い包丁人の勤め先は「藤よ志」いいます。「花よ志」と似ていますが、パクった訳ではありません。まったくの偶然です。いや、無意識のうちにパクっていたかも……。
       あのね、包丁人の持ってる包丁が1本ということはありません。柳葉ひとつにしたって複数本、それに薄刃や出刃やを合わせれば、さあ全部で何本持っているのか。もちろん、下っ端は少ないですがね。
       ですから、よっぽど注意しない限り、1本くらい無くなってたってわかりゃしません。それに、無くなりゃすぐに新しいのを補充するし(ほんとは、だいじに大事に使うんですがね)。
       源蔵が夜中に庖丁を研いでたろ。あれは、新しいのを下ろしていたんですよ。
       犯人は京の料理人でしょうからねえ(源蔵だというのはもうバラしちゃいましたが)。包丁はもちろん「堺」に注文したものです。だから、堺の包丁屋を虱潰しに当たれば、「花よ志」の裏手で発見された包丁(おそらく凶器)の由来は簡単に判明します。
       現場の状況もあるし、犯人は「花よ志」の者、という当たりは簡単につくでしょう。あとは証拠固めですね。「動かぬ証拠は……だ!」

    • ––––––
      6. Mikiko
    • 2015/04/01 20:52
    •  包丁に何かあったときのために、予備の包丁を誂えておくということですか。
       ほんまかいな。
       そういうことは、コメントでなく、本文で書くべきでないの?
       発見された包丁は、源蔵のものなんですか?
       人を刺すんなら、他人のを使いそうですけど。

    • ––––––
      7. ハーレクイン
    • 2015/04/01 22:09
    • ということもありますが、食材によって使い分けるんですよ。だからひと口に刺身包丁といっても、長いの、短いの、幅広の、肉厚の……とさまざま。「鱧包丁」なんてのも出て来ただろ。
       だからこそ、ベテランは多種多様な包丁を、しかも自前で所有していますし、下っ端はせいぜい1,2本しか持っていないわけです。
       「本文に書け」
       気ぃ付きまへんでした。そんなん、当たり前の知識やと思うとりました。今後は気ぃ付けまひょ。
       発見された凶器の包丁は、源蔵のものです。犯人は、狂犬源蔵で決まり。
       これは今回、本人が得々と喋った通りです。いずれ近いうちに、警察の手が身辺に伸びてきます、立板源蔵。
       発作的、突発的犯行ですからね。とっさに手近にあった包丁を使ったわけです。自分のもんか他人のもんかまで、気にする暇はなかったんですね、鬼畜源蔵。

    • ––––––
      8. Mikiko
    • 2015/04/02 07:29
    •  柄を差し込むところに(↓中子と云うようです)、銘が彫ってあるんでないの?
      http://blog-imgs-74.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20150402072043e4b.jpg
       源蔵。
       そういう男は、警察が疑う前にトンズラこくと思います。
       腕のある料理人なら、どこへ行っても食べられますからね。

    • ––––––
      9. ハーレクイン
    • 2015/04/02 08:42
    •  これには、狂犬・関目源蔵という人物の人格、習性、来歴などが深く関わっているんですよ。このあたり、今後徐々に明かされていくことになります。
       ともあれ、「包丁の構造」画像のup、おおきに、ありがとさんで御座います。
       銘はもちろん、彫ってありますね。
       いつの間にやら料理小説に変貌した『センセイのリュック(このタイトル、もう忘れ去られてたりして。もとは学園ものだったんだよ)』。更に警察小説に変貌しようとしておりますがさあ、今後どう展開していくのでしょうか。
       繰り返しますが……、
       乞う!ご期待。
    コメントする   【センセイのリュック/幕間 アイリスの匣 #94】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
レズ画像・きれいな画像倉庫 未知の星 愛と官能の美学 禁断の体験 エッチな告白集
官能文書わーるど 官能的なエロ小説 ちょっとHな小説 Angel Pussy 週刊創作官能小説
電脳女学園 萌木ケイの官能小説 ましゅまろくらぶ 新・SM小説書庫2
おとなの淫文ファイル エッチのあとさき ひめ魅、ゴコロ。 変態小説 潤文学
羞恥の風 性小説 潤文学ブログ 恥と屈辱の交差点 赤星直也のエロ小説

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
秘密のエッチ体験談まとめ HAKASEの第二読み物ブログ 18's Summer 人妻の浮気話 艶みるく
Playing Archives 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 快感小説 女の陰影
淫鬼の棲む地下室 空想地帯 アダルト検索一発サーチ SM~猟奇の性書~変態
恥ずかしがりたがり。 [官能小説] 熟女の園 黒い教室 濠門長恭の過激SM小説
魔法の鍵 女性のための官能小説 Eros'Entertainment 女性のH体験告白集
出羽健書蔵庫 ちょっとHなおとなのための… ぺたの横書き お姫様倶楽部.com

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
かめべや 妄想ココット 最低のオリ riccia
制服美少女快楽地獄 むね☆きゅんファンサイト 調教倶楽部 緊縛新聞
性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス 被支配中毒 渡硝子の性感快楽駆け込み寺
ライトHノベルの部屋 漂浪の果てに 被虐のハイパーヒロインズ 空想の泉~The Fountain of Daydream~
オシッコオモラシオムツシーン収集所 アダルト官能小説快楽機姦研究所 被虐願望 渋谷子宮 RE:BIRTH

羞恥集 マルガリテの部屋 あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ
プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻!
wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉 おしっこ我慢NAVI
ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都 ひよこの家
エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
厳選2chまとめ おかず動画アンテナ
エログちゃんねる アダルトブログランキング
小説の匣 官能小説アンテナ
にほんブログ村 人気ブログランキング
正しいH小説の勧め ライブドアブログ

ランキング/画像・動画(11~30)
GL Search アダルト動画まとめ Girls Love Search おたりんく
ネット小説ランキング セックス・ノベル・ネット アダルトなび2 Cyber あまてらす
アダルト検索BBJapan 創作系サイト検索・KAGOME GAY ART NAVIGATION 萌駅
ぱっくりんく 【携帯】GL狂愛Rank Adult Novels Search 絵描きさん.NET
少女禁忌区域 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!




<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top