Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
センセイのリュック/幕間 アイリスの匣 #93
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
戯曲『センセイのリュック』作:ハーレクイン



幕間(小説形式)アイリスの匣#93



 柳辻巡査長は、板場の仕組みについて長々と薀蓄を傾けた。室内の誰も口を挟もうとしない。
 双子弟、北大路伸之丞巡査は、心底、感心したように声を上げる。

「へえー、そんなんぜんぜん知りまへんでしたわ。知ってはりました? 山科はん」
「あたり前や、知っとるわい。ほないなもん、常識やないけ」
「ほんまでっかあ。料亭なんぞ入ったことないんちゃいまんのん。赤ちょうちんばっかしで」
「やかましわ。おう、保。次や、次いかんかい」

 形勢悪しと考えたか、山科源太巡査部長は醍醐保巡査にはっぱをかけた。
 醍醐は報告を続ける。

「えーと、碗方の田辺銀二。焼方の平野良雄。この二人も狂犬と似たり寄ったりで。10時過ぎに店上がって、さっさと引き上げたそうです。まあ、仲居連中もそうでしたけんど、このあたりの裏付けはこれからですなあ」
「板場のもんはこれで、えーと、蛸薬師の野田も入れて……四人やな」

 柳辻和也巡査長が確認した。自分に言い聞かせているようであった。
 醍醐が応じる。

「そうです。あとは……追い回しの若いの。ほれと、さっきから話出てるおなご、ですな。これで六人。
 この二人は、他のもんが引き上げた後、掃除やら片付けやらやってから上がったそうです。時間は、も一つはっきりしませんが、もう夜中近かったんちゃいまっかなあ」
「ほの二人が上がったんは、狂犬、碗方、焼方のあと、には違いないんやな」

 山科が念押しをした。
 醍醐が答える。

「ほうです。で、追い回し、えーと竹田幸介は、ほのあと勝手口から店出たそうで。おなごの、東中あやめは自室に戻ったそうです。ああ、店出たもんは、みいんな勝手口からですわ」

 醍醐の報告を聞き、気付いた双子兄、北大路波之進巡査が声を上げる。

「ちゅうことはやな。裏庭で事が起こったんは、ほの、さらにあと、っちゅうこっちゃな」
「そうなるなあ」

 醍醐が慎重に返答した。
 山科が口を挟む。

「お、そないいうたら言い忘れてましたけんど、仲居も通いの連中はやっぱり勝手口から出たそうですわ」
「蹴上はんによると、左の路ぉ地にゲソは無かったそやからな。その……追い回しと、おなごのん(の物)以外は」

 六地蔵警部補が応じた。
 柳辻が念押しをする。

「ちゅうことは……おなごはともかく、その追い回し、竹田かいな、そいつが出たんが勝手口からや、いうのんもしっかり裏取らなあかん、いうこっちゃな」
「そういうこっちゃな」

 六地蔵が言った。さらに続ける。

「よっしゃ。えらいなご(長)なってもうた(長くなってしまった)。とりあえず、今はこん(この)くらいにしとこか。
 このあとはやな、山科はんと波は仲居連中にもっぺん(もう一度)当たってもらう、と。ほれと、特に女将から目ぇ離さんようにしとくんなはれや」

 六地蔵は、山科を見詰め念を押した。
 山科が確認する。

「女将でっか」
「せや」
「ほな、女将がなんぞ……」
「いや、ホシやとまでは言わんけど、あの女将、今度の件に関わっとる、なんぞ知っとるような気がしますんでな」
「ほう……へい、承知」
「はい」

 打てば響く、という感じに山科と波之進が返事した。
 六地蔵は続ける。

「ほんで、ヤナさんと伸は、引き続きモク(目撃者)当たっとくんなはれ。ほれと、近所の聞き込み」
「承知しました」
「まかしてくだはい(下さい)」

 柳辻と伸之丞も、すかさず返事した。
 六地蔵が、自分に言い聞かせるように締めくくる。

「ワシと保は板場連中に張り付きますわ」
「へい、おや(親爺)っさん」

 醍醐もきびきびと応じた。
 六地蔵が、少し声を張り上げ会議の終了を宣言する。

「今日あたった相手の話の裏付け、ほれと念押し。これ、よろしゅうにな。ほな、明日っから、と言いたいけんど、ゆっくりはしとれん。ご苦労やけんど、今からまた頼んます」

 六地蔵警部補と五人の刑事は一斉に立ち上がった。
 山科巡査部長が吠える。

「よっしゃみんな。気合入れていくでぇ」

 思い思いの掛け声をかけ合い、京都中京(なかぎょう)署、六地蔵班の六人の刑事は部屋を出て行った。




 その夜……。
 京都・東山のロイヤルマンション、311号室の室内では、宝田明子が酔い潰れて寝ていた。着るものは昼間のまま、ベッドにも入らず、ソファの上であった。
 明子は時折、咽び泣くようにしゃくりあげる。その顔には、幾筋もの涙の痕が乾いて残っていた。
 明子が、呟くような寝言を漏らした。

「あやめ、さあん」

 311号室の鍵は外れたまま、ドアチェーンもかかっていない。


 同じ時刻、先斗町の料亭「花よ志」。
 女将の志摩子の部屋では、花世と志摩子がいつものように狂態を晒していた。激しく噴き出す花世の尿を顔に受け、志摩子は恍惚の表情を浮かべる。
 しかしその眼は、どこか冷めた視線を部屋の襖に送っている。襖を見通し、遠くを見詰めるようであった。


 「花よ志」の厨房では、遅い時間にもかかわらず、立板の源蔵が一人で作業をしていた。
 作業台に砥石を据え、柳葉包丁を研いでいる。その手元は確かで、熟練の刃物師も思わせるものであった。
 しかし、源蔵の、死んだ魚のような眼は包丁を見ていない。砥石も見ていない。砥石も包丁も、作業台すら見通し、深い地の底を覗き込んでいるようであった。


 「花よ志」の勝手口に近い仲居部屋の一室では、あやめと久美が一つの布団の中で抱き合っていた。二人ともショーツ一枚すら身に着けていない。全裸であった。
 あれから、あやめが外出から戻り、警察の事情聴取を終えてから幾度抱き合ったのだろう。二人ともわからなくなっていた。それぞれ一度ずつ用足しに行った以外、一度も部屋を出ていない。食事もとっていなかったが、二人とも空腹は感じていなかった。

 あやめは左腕を横に伸ばし、久美に腕枕をしていた。天井をぼんやり眺めている。
 久美も同様に、仰向いていたが、時折横を向き、あやめの左脇のあたりに顔を埋める。そのたびに、あやめは右腕を伸ばして久美の体を抱き寄せ、撫で擦る。
 二人は軽く唇を合わせあう。言葉を交わすことはほとんどなかった。

 あやめが左肘を突いて上体を起こした。久美の顔を見下ろす。声を掛ける。

「なあ、久美」
「ん、なに、あやめ」
「お店、明日まだお休みやなあ」
「うん、せや。なんや明日また警察来るらしいで。ほんで、鑑識いうのん? 指紋とか調べたりする人ら。その鑑識がまた調べはるらしいわ。今日、たいがいやってたのになあ」

 久美は、うんざりしたというよりも、興味津々という風情で言葉を継いだ。

「女将さんも何や引きこもってはるし。しばらくお休みやろなあ、店」
「ほなら……客室の準備とか、板場の仕込みとかでけへんやろし……明後日もお休み、いうことになるなあ」
「ほやねえ。ま、客室はうちらがちゃっちゃっとやったら、その日のうちでも間に合うけんど、板場はそうはいかんわねえ」
「ほしたら……みじこう(短い)ても、あと二日はお休み、いうことやね」
「せやねえ」

 あやめは、しばらく口ごもっていたが、思い切ったように言った。

「なあ久美、うち(私)なあ。うち、明日また出かけよ思て」

 久美が、激しい勢いであやめを見上げた。

「なにそれ!? またあいつと会う気? たいがいにしいや、あやめ。第一、あんまし外に出るな、て警察に言われてるやん。忘れたんか」
「わかってる。ほれは分かってるんやけんど、こんな機会めったにないやん。今まで行きとうても会いに行けんかった人んとこ、行こ思て。もちろん、明子はんやないよ」
「ほな……誰なん、会いたい人て」
「あんなあ(あのね)……」
センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #92】目次センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #94】




コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. ハーレクイン
    • 2015/03/24 10:05
    •  明子、志摩子女将、立板源蔵、それに久美とあやめ……。
       それぞれがそれぞれの思いを抱え、京都先斗町の夜は更けていきます。
       実はこのあたりで、事件解決のヒントをちびっと小出しにしようと思ったのですが、まだまだ。中京署の六人の刑事の捜査活動も描かねばなりません。あまり真相をばらしてしまうと、せいがない(甲斐が無い)やおまへんか。
       ま『アイリス京都編』。現在、警察ものに突入ですが、以前も申し述べましたように本格推理ではありません。倒叙ものです。
       いずれぼちぼちと“噂の真相”を明かしていく予定なのですが、これからこれから。
       次回を乞うご期待!

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2015/03/24 19:56
    •  ↓感心した描写がありました。
      -------------------------------------------------------------
       「花よ志」の厨房では、遅い時間にもかかわらず、立板の源蔵が一人で作業をしていた。
       作業台に砥石を据え、柳葉包丁を研いでいる。その手元は確かで、熟練の刃物師も思わせるものであった。
       しかし、源蔵の、死んだ魚のような眼は包丁を見ていない。砥石も見ていない。砥石も包丁も、作業台すら見通し、深い地の底を覗き込んでいるようであった。
      -------------------------------------------------------------
       上手いですね。
       映像が、くっきりと浮かんできました。
       ドラマで見てみたいシーンです。
       しかし……。
       犯人が明かされない“倒叙もの”なんてあるんかい。
       『日本海フェリー殺人事件(Mikiko巨匠作)』を参照のこと。

    • ––––––
      3. ハーレクイン
    • 2015/03/24 21:12
    •  巨匠Mikikoにお褒めいただきました。
       自分でも書いていてね、ちょっとステロだけど、なんか鬼気迫る情景やなあ、と。
       何者なんですかね、「花よ志」立板、関目源蔵。
       犯人が明かされない“倒叙もの”。
       もちろん、んなのおまっかいな。
       小出しに明かしていくんだよ~ん。
       とはいえ、もうわかるだろ。捜査会議も一応終わったことだし、いまさら“犯人は全くの新登場人物”、はなかろうもん。
       捜査会議といいますと『アイリス』#85から始まったわけでして、なんと9回も費やしてしまいました(ほんまに、いつまいでもだらだらと)。
       いやあ、しんどかった。シナリオ形式で書いていればどんだけ楽やったか。
       ま、会議というのは、現実世界でも退屈なものと相場が決まっています。もうやるつもりはありません捜査会議。“六人の刑事”にはテンポよく捜査を進めてもらいましょう。

    • ––––––
      4. Mikiko
    • 2015/03/25 07:42
    •  セキメ菌。
       あんまし面白くないか。
       “倒叙もの”ってのは、小出しに明かしていくもん?
       最初に、犯行状況が描写されるんじゃないですか。
       もちろん、犯人の顔を出してです。
       『刑事コロンボ』『古畑任三郎』参照。
       犯人は、久美じゃろ。

    • ––––––
      5. ハーレクイン
    • 2015/03/25 11:05
    •  論評は、控えたいと思います。
       倒叙ものの傑作、F.W.クロフツ『クロイドン発12時30分』では、警察の捜査がひと段落した段階で、真犯人の登場になりますぞ。
       それに『アイリス』殺人事件の主人公東中あやめは、警察関係者ではありませんし、もちろん犯人でもありません(あ、あやめが犯人だった、というのも面白いよな)。だからこその“真相小出し”なんだよ(説得力、無し)。
      >犯人は、久美じゃろ
       答えは、差し控えたいと思います。

    • ––––––
      6. Mikiko
    • 2015/03/25 19:50
    •  聞いたことがある作家ですが、『クロイドン発12時30分』という小説は、まったくの初耳です。
       そんなに有名なんですか?
       ドラマ化する場合、倒叙ものには大きな利点があります。
       それは、犯人役に大物俳優を起用できることです。
       通常の推理ものでは、配役で犯人がバレてしまいますから。
       『古畑任三郎』シリーズでは、必ず大物俳優が犯人役で登場してました。

    • ––––––
      7. ハーレクイン
    • 2015/03/25 20:59
    •  世界三大倒叙ものの一つとされます。超有名。読んだことない人でも題名は知っている、というくらいのもんだ。
      ちなみに「クロイドン」はロンドン郊外の地方空港の名称、「発」するのはパリ行きの飛行機なんですね。で、この機内で死体が発見されるのが事件の発端……。
       クロフツの代表作は、ご存知(でないか)『樽』。これは読んでいないと恥ずかしい、というくらいのもんだ。わたしは高校生のころ読みました。内容はきれいさっぱり忘れてしまったが(わはは)。
       『任三郎』の大物俳優。
       たしかイチローも出演したのでは。超大物ですが俳優じゃないけど。今年はどうかなあ、イチロー。
       わたしはイチローと生年月日が同じです。あ「年」は違うか。
       話は変わりまして甲子園。
       昨日の試合で、滋賀代表の近江高校が2-0の完封で勝ちあがりました。いやあ、ピッチャーがええわ。
       で、次の対戦相手はあの強豪、県立岐阜商業。ここもピッチャーがいいです。味方の緩慢なプレーが原因で1点取られたけど。
       で、次の対戦、この両校なんですが、投手戦は必至(やってみなわからんけど)。楽しみやなあ。

    • ––––––
      8. Mikiko
    • 2015/03/26 07:25
    •  中学生のときでした。
       シャーロック・ホームズは、全部読んだと思います。
       ほかは、何を読んだか覚えてません。
       『樽』という小説があることは知ってましたが、読んでないですね。
       題名に魅力を感じなかったからかも。
       高校以降は、翻訳調の文章にアレルギーが出て、外国物が読めなくなりました。
       もちろん、原語では読めっこありませんし。

    • ––––––
      9. ハーレクイン
    • 2015/03/26 08:35
    •  わたしも歳と共に、気になるようになりました。翻訳者の力量もあるんでしょうがね。
       気にしてたら翻訳物が読めないので、気にしないようにしていますが、それでも少なくなりましたね、外国作品の読書量。
       根気が無くなったのか、ひょっとしたら「もう、今後読める量は限られてるんやから、性に合うのんだけ読もう」、と無意識に思っているのかもしれません。

    • ––––––
      10. Mikiko
    • 2015/03/26 19:47
    •  『不思議の国のアリス』を読もうとしたことがあったのですが……。
       とうてい読めるものではありませんでした。
       わたしは今、読書はほとんどできない状態ですね。
       電車の中で、宮脇俊三の鉄道ものを読み返すくらいです。

    • ––––––
      11. ハーレクイン
    • 2015/03/26 21:46
    • 面白いのになあ。
       わたしは『不思議の国』も『鏡の国』も読みました。
       あれが“読めない”のは翻訳者のせいではありません、ルイス・キャロルのせいです。
       わたしは読んだ当初、作者が女性だと思っていましたが、ペンネームなんですね。本名のアナグラムだとか。
    コメントする   【センセイのリュック/幕間 アイリスの匣 #93】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
レズ画像・きれいな画像倉庫 未知の星 禁断の体験 エッチな告白集 ひとみの内緒話
愛と官能の美学 Angel Pussy 週刊創作官能小説 ちょっとHな小説 恥と屈辱の交差点
官能文書わーるど 電脳女学園 萌木ケイの官能小説 羞恥の風
官能的なエロ小説 秘密のエッチ体験談まとめ 赤星直也のエロ小説 恥ずかしがりたがり。
おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 新・SM小説書庫2 潤文学 ひめ魅、ゴコロ。

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
淫鬼の棲む地下室 ましゅまろくらぶ 空想地帯 Playing Archives
変態小説 人妻の浮気話 艶みるく 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ HAKASEの第二読み物ブログ
ぺたの横書き 18's Summer アダルト検索一発サーチ 濠門長恭の過激SM小説
SM~猟奇の性書~変態 女性のH体験告白集 Eros'Entertainment むね☆きゅんファンサイト
出羽健書蔵庫 快感小説 [官能小説] 熟女の園 女性のための官能小説
調教倶楽部 魔法の鍵 性小説 潤文学ブログ 妄想ココット

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
緊縛新聞 お姫様倶楽部.com 性転換・TS・女体化劇場 riccia
制服美少女快楽地獄 黒い教室 エピソードセックス 被支配中毒
女の陰影 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 かめべや 最低のオリ
ライトHノベルの部屋 漂浪の果てに 被虐のハイパーヒロインズ 空想の泉~The Fountain of Daydream~
ちょっとHなおとなのための… オシッコオモラシオムツシーン収集所 アダルト官能小説快楽機姦研究所 被虐願望

渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋 あおいつぼみ 葵蕾
エロ体験談で抜けるコピペ プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉
おしっこ我慢NAVI ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都
ひよこの家 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
厳選2chまとめ おかず動画アンテナ
エログちゃんねる 人気ブログランキング
にほんブログ村 官能小説アンテナ
正しいH小説の勧め 小説の匣
ライブドアブログ アダルトブログランキング

ランキング/画像・動画(11~30)
GL Search 萌駅 おたりんく ネット小説ランキング
アダルト動画まとめ セックス・ノベル・ネット Adult Novels Search Girls Love Search
少女禁忌区域 アダルト検索BBJapan 絵描きさん.NET 創作系サイト検索・KAGOME
Cyber あまてらす ヌケルアダルト作品 GAY ART NAVIGATION クリエイターコレクションR18
ぱっくりんく 【携帯】GL狂愛Rank 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!




<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top