Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
センセイのリュック/幕間 アイリスの匣 #90
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
戯曲『センセイのリュック』作:ハーレクイン



幕間(小説形式)アイリスの匣#90



「ほれで蹴上はん、モノは何ですやろ、その凶器」

 六地蔵が蹴上に問いかけた。

「包丁やな、細身の、柳葉や」

 打てば響くように蹴上は答えた。
 躍り上がるような勢いで、双子弟、伸之丞巡査が叫ぶ。

「包丁でっか、やっぱし(やはり)。え、柳葉て……一世風靡が何で……」

 たちまち伸之丞は口ごもった。
 柳辻巡査長が笑い混りに諭す。

「アホ、柳葉敏郎やないわ。刺身包丁の別名を柳葉包丁いうんや。刃渡りが長うて、細身。柳の葉に似とる、ゆうとっから(という所から)付いた名前らしいの。
 蹴上はん、それ、刃渡り30センチはおまっしゃろ」
「おう、31センチや」
「はあー、刃ぁだけで31センチ! ほら長い。そこらのおばはんのんやったら、せいぜい15,6センチゆうとこちゃいまっか(という所でしょう)。何でそないアホみたいに長いんでっしゃろなあ」

 呆れたように伸之丞が言った。
 兄、波之進が答える。

「おまん(お前)は、ほんまにもの知らずやのう、伸。
 刺身っちゅうのはやな、包丁の刃の根元から先っぽまで、長ぁい刃をいっぱいに使(つこ)うて引き切りにするもんや。ほれできれえて(綺麗で)美味い切り身になる。しやから、素人のもんはともかく、プロ用は刃渡りが長い」
「へえぇ、ほら知らなんだわ、波師匠。ここは素直に座布団一枚」
「お前は圓楽かい。『笑点』やないんやぞ」

 双子刑事は掛け合い漫才を始めた。

「よっしゃ、そこまでや」

 会議に一息入れようというのか、しばらく放っておいた六地蔵警部補がようやく止めた。
 醍醐巡査が話を戻す。

「ほれにしても、刺身引くんならともかく、殺しに刃渡り一尺の刃物は使いにくいんやおませんかなあ」
「せやのう、使いにくいやろのう。相手は魚やのうて人間やからのう」

 漫才の続きのように受けた柳辻巡査長に、六地蔵が慎重に、言葉を選ぶように声を掛ける。

「まあ、確かに殺しには不向きかもしれん。
 ちゅうことは(ということは)や、ホシにとっては使い慣れてるもん使(つこ)たか……。ほの(その)場合、ホシはプロの料理人ゆうことになるかのう。
 ほんでも、いま波が言うたように、刺身包丁はプロの料理人に使わしたら引くもんや、突くゆうことはないわのう」

 考え込む六地蔵の話を、相方の醍醐巡査が引き取る。同じように慎重な口調である。

「せやなかったら(そうでなければ)……。ホシが料理のプロかアマかはわかりまへんけど、とっさに手近にあるもん使(つこ)た……」

 山科巡査部長が続ける。相変わらず、唸るような口調である。

「ふん。せやとすると、どこで刺したかが問題になるのう。プロ用の刺身包丁てなもん、そこらに転がっとるもんやないやろ」
「ほの場合、計画性はなかった。それこそとっさの、はずみの犯行やった、ゆうことになるのう」

 柳辻巡査長が慎重に受けた。双子弟、伸之丞巡査がまとめるように発言する。

「ちゅうことは(ということは)プロの料理人やったら確信犯、せやなかったらはずみの犯行、ゆうことでっか。これぁ、だいぶ罪がちご(違)てきますなあ」
「アホ、裁判の心配までしてやる義理は儂らにはないやろが」

 双子兄、波之進巡査がツッコんだ。
 蹴上が声を上げる。

「もいっこ(もう一つ)言(ゆ)うとくとやな。さっきの、刺した後に刃物を捻るゆう話やけんど、凶器からもおんなし(同じ)こと言える。ほれ、被害者の肋骨が削れられとったやろ。ほれに該当する位置で、凶器の刃(は)ぁがちびっと欠けとるわ」

 蹴上が息を継いだ。
 六地蔵が、逆に息を吐き出しながら応じる。

「ほうでっか……」

 六地蔵にも、他の五人の刑事にも、頭の中に少しずつ犯人像が出来上がっていくようであった。

 蹴上が改めて声を張り上げる。

「で、や(それで)、厨房以外の建物(たてもの)内やけんど……」

 蹴上は「花よ志」の各部屋。客用の座敷、仲居や板場の人間の休憩部屋、住込みの従業員の部屋……廊下や厠に至るまでの検査結果を刑事たちに伝えた。徹底した懇切丁寧な仕事ぶりであった。
 鑑識主任、蹴上大(ひろし)の眼をすり抜ける事件情報があろうとは思えなかった。

「なあんもない(無い)わ、なん(何)も出んかった。ほんまに綺麗なもんや。もしほんまになんもないとすると、あのガイシャ、『花よ志』の外から運び込まれた、ゆう(と、いう)ことになるがのう……」
「そうでんなあ。せやけど、そうなるとどこ通って裏庭まで行ったか……」

 六地蔵のつぶやきを最後に、室内にはしばらく沈黙が下りた。誰も発言しようとしない。しわぶき一つない。たまに手帳をめくる微かな音がするだけだが、その音がいやに大きく響いた。
 六人の刑事と二人の鑑識官は、思い思いの姿勢で考え込んだ。ややあって蹴上が声を上げる。

「ま、今日のとこはあんまし(あまり)時間も無かったし、全体をざっと見ただけや。もうたてもん(建物)のうちそと(内外)の状況もわかったことやし、明日も一回調べる。徹底的にの」

 天井裏や床下までも調べてやる、と言いたげな蹴上の勢いだった。六地蔵に念を押す。

「地蔵はん。あの店、まだ客、入れさせいでも(入れさせなくても)かめへん(支障ない)やろ」
「そうでんなあ。ま、客商売のことやし、いつまいでもゆう訳にも行きまへんやろけど、あと2,3日は」
「よっしゃ、明日一日でけりつける。おう英二、行くで」

 若手の鑑識、東野英二の胸を漫才のツッコミのように手の甲で叩き、蹴上はそれこそ蹴り破るような勢いで部屋のドアを開け、出て行った。東野が続く。室内は六人の刑事だけになった。
 仕切り直しをするように口調を改め、六地蔵は山科巡査部長に呼びかける。

「待たせましたな、山科はん」
「お、何でしたかいな」

 不意を突かれたように、それでも変わらず野太い声を山科巡査部長は上げた。相方の波之進巡査がささやく。

「店のもんの事情聴取でんがな」
「じゃっし(喧しい)、だっとれ(黙っていろ)、わあっとるわい(わかっている)」

 山科は波之進に吠えた。六地蔵に向き直り、話し始める。

「儂らは女将と、ほれと主に仲居連中を担当したんでっけどな……」

 先ほどと同じ語り出しだったが、誰も何も言わなかった。

「まず、女将ですけんど。えーと、名前なんちゅうたかいな、波」

 山科は、隣に座る波之進に向き直り、問いかけた。波之進巡査は小声で答える。

「志摩子。竹田志摩子ですわ」
「ああ。客なんかからは、お志摩、て呼ばれとるようですわ。
 まあ、そないなこと(そんなこと)はどうでもよろしいんでっけど、とんでもない女ですわ、あの女将。自分とこの都合、喚き散らすばっかしで、話にも何にもなりまへん。実のあることは、なあんにも聞けまへんでしたわ」

 山科巡査部長は、事情聴取の際の志摩子の様子を思い出したのか、文字通り吐き捨てるように喚いた。
センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #89】目次センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #91】




コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. ハーレクイン
    • 2015/03/03 09:13
    •  『アイリス』京都編。
       時は1988年8月17日です。
       携帯電話くんをムショ送りにしてまでこの時点に設定したのは、ついこないだのことです。
       で、今回話題に少し上がった柳葉敏郎。ギバちゃんは現在、押しも押されもせぬ俳優さんですが、当時は「一世風靡セピア」のメンバーとして活躍する歌手さんでした。人気あったよー。
       俳優業で注目を集めるようになるのは、この1988年ころなんですね。ですから、当時の人は「柳葉」とくると反射的に「一世風靡」だったわけです。
       それから、超長寿お笑い番組「笑点」。
       司会者も大喜利メンバーも幾度も交替になりました。
       現在の司会者は桂歌丸ですが、1988年当時は5代目三遊亭圓楽でした。現在の大喜利メンバーの一人、“腹黒”圓楽は6代目ですね。
       ちなみに、タイトルの『笑点』ですが、三浦綾子のヒット作『氷点』(1966年)をもじったものだそうです。
       さて中京(なかぎょう)署の捜査会議ですが、長くなりました。刑事さんらそろそろお疲れやろ、いうことで少し端折りましょう。
       蹴上主任の鑑識結果といいますか現場検証。「花よ志」内部については「なあんもない(無い)わ、なん(何)も出んかった」でおしまいです。
       蹴上はん、何も出んということで、かえっていきり立っているようです。明日またやるということですが、これは鑑識の若い衆、腹きめとかなあかんようです。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2015/03/03 19:51
    •  携帯の一件で、そうとう懲りたようですね。
       ツッコミどころだと思い、『一世風靡』と『笑点』については、年代を調べました。
       結果、間違いなかったので、逆にわざと出したなと思いました。
       でもこれでもう、時代は動かせなくなりましたね。
       現場検証。
       そんなに早く終わるとは……。
       『花よ志』のトイレは、水洗だったんでしょうね。
       昔の捜査は、さぞ大変だったろうと思いやられます。
       便壷の中まで、みんな調べにゃならなかったでしょうから。

    • ––––––
      3. ハーレクイン
    • 2015/03/03 21:37
    •  じゃなくて猪俣公章が、「一世風靡」と「笑点」に関係あるのかと、少し焦ったぜ。ただの駄洒落か。
       代表作は……う~むむむむ、むうううう、えーい『女のブルース』。累計売上110万枚の大ヒット曲。歌うはもちろん演歌の星、藤圭子。これでどや!
      >わざと出したな
       そおだよ、悪いか(なにイキっとんねん、おっさん)。
       息詰まる(?!)捜査会議の最中(“もなか”ではない、「さいちゅう」)、ちょっとした息抜きじゃ。
      >現場検証。そんなに早く終わるとは……
       終わらんでしょうな。
       「花よ志」の部屋数が幾つあるのか、わたしも把握しておりませんが四つ、五つということはありませんでしょう(当たり前や、そこらの飲み屋やないんやから)。しかも出入りする人間の数が半端じゃない。とうてい一日二日で終わるわけありません。
       が、しかし。そこはベテラン鑑識官、蹴上大の腕とお考え下さい。
      >よっしゃ、明日一日でけりつける(蹴上)
       気になるのは、志摩子女将の部屋。
       いくら畳替えをしょっちゅうしているとはいえ、ゲロやおしっこの痕跡は当然残っていると思いますが……。
       それよりも、早く終わらせたいのは捜査会議だよ。シナリオ形式の方がどれだけ楽か。
       なつかしいなあ『リュック』。『アイリス』もその一部なんだけどね。
       しかし、まだまだ終わりそうにありません、会議。これから店の人間の人間模様(ん?)を描写せなならんのです。あーしんど(読者、もう飽きとるで)。

    • ––––––
      4. Mikiko
    • 2015/03/04 07:39
    •  ↓終わってるでないの。
      ---------------------------------------------------------
       蹴上は「花よ志」の各部屋。客用の座敷、仲居や板場の人間の休憩部屋、住込みの従業員の部屋……廊下や厠に至るまでの検査結果を刑事たちに伝えた。徹底した懇切丁寧な仕事ぶりであった。
       鑑識主任、蹴上大(ひろし)の眼をすり抜ける事件情報があろうとは思えなかった。
      「なあんもない(無い)わ、なん(何)も出んかった。ほんまに綺麗なもんや。もしほんまになんもないとすると、あのガイシャ、『花よ志』の外から運び込まれた、ゆう(と、いう)ことになるがのう……」
      ---------------------------------------------------------
       あとは、鴨川の川ざらいでしょうか。
       でも、凶器は見つかってるんだから……。
       そこまでの必要は無いか。
       やっぱり笑点、否、焦点は、凶器の出所でしょうね。
       捜査会議より、現場での捜査場面の方が、書き甲斐があるんでないの?

    • ––––––
      5. ハーレクイン
    • 2015/03/04 12:23
    •  ↓蹴上のセリフです。
      ……………………………………………………
      「ま、今日のとこはあんまし(あまり)時間も無かったし、全体をざっと見ただけや。もうたてもん(建物)のうちそと(内外)の状況もわかったことやし、明日も一回調べる。徹底的にの」
      ……………………………………………………
       要するに、引用された「徹底した懇切丁寧な仕事ぶり」というのは、今日行った検証レベルでの話ということですね。明日はさらに精度を上げて検証するわけです。
      >凶器の出所
       もちろん書きます。
       話のポイントの一つになるでしょうね。
      >現場での捜査場面の方が、書き甲斐があるんでないの
       そおなんですよ。やはり刑事は「歩いてなんぼ」。使い古された言い方ですが「履き潰した靴の数が刑事の勲章」です。
       早く現場に出たいなあ。
       「張り込み」。いいですねえ、わくわくしますねえ。
       『張り込み』は松本清張(1955年)。映画化1回、テレビドラマ化はなんと12回。短編ですが日本推理小説史上、屈指の名作です。

    • ––––––
      6. Mikiko
    • 2015/03/04 19:44
    •  1ぺんで調べればいいのに。
       ま、現場百回ですかね。
       ところで、「犯人は現場に舞い戻る」という格言がありますが……。
       実際のところ、犯行現場にはまず近づかないそうです。
       また、テレビドラマなどで、変質的な犯罪者は、同じ犯罪を繰り返すように描かれますが……。
       実際には、1度犯罪を行った後は、そのまま鳴りを潜める場合が多いとか。
       その後、一生、何の犯罪も起こさない確率の方が高いそうです。
       捜査場面。
       そんなら、何で書かないわけ?
       次回は、蹴上鑑識官の、“徹底的”な検証場面ですね。

    • ––––––
      7. ハーレクイン
    • 2015/03/04 21:10
    •  小説では多いようですがさて、実際にはどうなんでしょうね。
      捜査がひと段落し、とりあえず落ち着いた事件現場なんて、関係ない者が見ても面白くもなんともないよね。
      犯人が見ると、まったく違う景色に見えるんでしょうか。
      >1度犯罪を行った後は、そのまま鳴りを潜める場合が多い
       えーそうなん。じゃ、連続殺人鬼なんて超珍しいということですか。「前科〇犯」なんてよく聞くけどなあ。
      性犯罪者は再犯率が高いと聞いたことあります。あと、放火も繰り返す輩が多いとか。あれは愉快犯が多いからねえ。
       次回シーンを勝手に決めるんじゃねえよ、捜査会議はまだ終わっとらんのだ。
       途中で別シーンをはめ込むという手もあるのだが、融通のきかん性格でなあ。困ったもんだ。

    • ––––––
      8. Mikiko
    • 2015/03/05 07:43
    •  珍しいから、歴史に残るんでしょうね。
       事件は、会議室で起きてるんじゃない!
       と、青島刑事なら言うでしょう。
       青島刑事が着ていたモッズコートはカッコ良かったね。
       でも、あれを真似てそこらのやつが着てると……。
       すごく、みすぼらしいです。
       会社の同僚男性に、そんな一人がいました。
       彼、曰く……。
       防水性も無いし、ポケットも少ない上に、浅い。
       ポケットに入れてた手袋を、2回も失くしてしまった。
       こんなコート、2度と買わない、だとか。

    • ––––––
      9. ハーレクイン
    • 2015/03/05 15:07
    •  あんな刑事が実際にいたら、捜査にならんと思います。女性には騒がれて事情聴取どころじゃないだろうし、男性には反感を買うだけですね。もちろん、張り込みや尾行なんてできるわけがない。無茶苦茶目立ちます。
       「事件は、会議室で起きてるんじゃない!」。これには、何ら異論はありません。わたしも早く捜査に出たいのだよ。
       京都中京署の刑事連中は、おっさんとチンピラ揃い。いかにも、の集団です。ましなのは醍醐保巡査くらいかなあ(というイメージに、わたしの脳内ではなってきました)。
    コメントする   【センセイのリュック/幕間 アイリスの匣 #90】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
ひとみの内緒話 レズ画像・きれいな画像倉庫 愛と官能の美学 未知の星
おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 新・SM小説書庫2 官能文書わーるど 潤文学
萌木ケイの官能小説 ましゅまろくらぶ 赤星直也のエロ小説 恥と屈辱の交差点
禁断の体験 エッチな告白集 羞恥の風 緊縛新聞/杉浦則夫写真事務所 官能的なエロ小説
ちょっとHな小説 HAKASEの第二読み物ブログ 快感小説 秘密のエッチ体験談まとめ

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
性転換・TS・女体化劇場 黒い教室 恥ずかしがりたがり。 性小説 潤文学ブログ
お姫様倶楽部.com 被支配中毒 制服美少女快楽地獄 女の陰影
出羽健書蔵庫 変態小説 かめべや 淫鬼の棲む地下室
Playing Archives 18's Summer [官能小説] 熟女の園 ぺたの横書き
人妻の浮気話 艶みるく むね☆きゅんファンサイト ひめ魅、ゴコロ。 アダルト検索一発サーチ
Eros'Entertainment 女性のための官能小説 最低のオリ 魔法の鍵

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
妄想ココット 女性のH体験告白集 ちょっとHなおとなのための… ライトHノベルの部屋
SM~猟奇の性書~変態 空想地帯 空想の泉~The Fountain of Daydream~ 渡硝子の性感快楽駆け込み寺
オシッコオモラシオムツシーン収集所 エピソードセックス 被虐のハイパーヒロインズ riccia
調教倶楽部 漂浪の果てに アダルト官能小説快楽機姦研究所 被虐願望
渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋 あおいつぼみ 葵蕾

エロ体験談で抜けるコピペ プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉
おしっこ我慢NAVI ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都
ひよこの家 エロショッカー軍団 エッチな体験談・告白 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
厳選2chまとめ 人気ブログランキング
エログちゃんねる アダルト動画まとめ
にほんブログ村 正しいH小説の勧め
Girls Love Search 小説の匣
ネット小説ランキング 官能小説アンテナ

ランキング/画像・動画(11~30)
ライブドアブログ GL Search アダルトブログランキング 絵描きさん.NET
おたりんく Adult Novels Search セックス・ノベル・ネット 少女禁忌区域
ぱっくりんく Cyber あまてらす 【携帯】GL狂愛Rank 萌駅
アダルト検索BBJapan 創作系サイト検索・KAGOME GAY ART NAVIGATION 十八禁恋愛私花集
【携帯】Lovely Venus 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!

ランキング/画像・動画(31~50)