Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
センセイのリュック/幕間 アイリスの匣 #88
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
戯曲『センセイのリュック』作:ハーレクイン



幕間(小説形式)アイリスの匣#88



 室内に沈黙が下りた。六人の刑事は誰も口を利かず、互いに見交わすこともなく、手帳を見たり、腕組みをして天井を見上げたりしている。
 蹴上もそれ以上語ろうとしない。
 ややあって六地蔵が蹴上に顔を向け、口を開いた。

「で、蹴上はん。凶器はどないなもんですやろ」
「凶器は刃物や」

 すかさず双子弟、伸之丞が突っこむ。

「凶器が刃物、はもうわかってまんがな、蹴上はん。まさかピストルのわけおまへんわな」
「やかましわ。順番に説明しとるんやないかい」

 わめく蹴上。

「ええか、凶器は刃物。薄うて細身で、やや長い刃物や」

 勢い込んで双子兄、波之進が問いかける。

「包丁でっか」
「そこまでの断定はでけんが、可能性は高い。もし包丁やとしたら刺身包丁ゆう感じやな」
「刺身包丁……」
「プロの料理人のもん(物)でんな」

 双子弟、伸之丞が勢い込んで言った。
 応じる蹴上。

「そないなことわかるかい。刺身包丁くらい、そこらのスーパーにも売っとるわ」
「ほらほうでっけど。ほんでもそこらのおばはんの使うのは菜っ切り包丁、せいぜいが出刃でっしゃろ。刺身とくるとやはりプロ……」
「おい。おまん(お前)どないしてもあの店の厨房のもん(者)の仕業にしたいようやが、この段階ではなん(何)も断定でけんわ」

 おおい被せるように蹴上がわめいた。
 六地蔵が続ける。

「せや。くどいようやが予断はあかんぞ、予断は」

 六地蔵は、続けて蹴上に問いかける。

「現場の状況はどないでっか、蹴上はん」
「おお、現場か」

 六人の刑事は、あらためて蹴上を見つめる。
 蹴上は、醍醐巡査が描いた黒板の図を示しながら語り始めた。
cdbdad7b.jpg

↑クリックで大きい画像が表示されます。

「まあ、現場はおまんらも一渡り見た思うけんど、半分密室みたいなもんやな。『花よ志』のたてもん(建物)全体の真(ま)あ裏手、鴨川の土手に面する裏庭や。
 けんど(だけど)、高い塀に阻まれて川は見えん。んで、庭からも土手側からも調べたけんど、この塀によじ登ったような形跡はないし、どっちゃ側にもゲソ痕はいっこも(一つも)無かった。
 まあ、庭の方は結構雑草が生えとるんでゲソは残りにくいがの。現に、塀の近くだけやのうて庭全体にもゲソ痕はほとんどなかった」
「ほとんど、ゆうことはちょっとはあったんでんな」

 山科巡査部長が問いかけた。答える蹴上。

「あるにはあったが、みいんな店のもん(者)のやった。あの、なんちゅうたかいな板場の若いの。ほれとやっぱり板場におなご(女子)が一人おるやろ。この二人のもんだけやった。要するに、あの裏庭はほとんど使われとらんゆうこっちゃな」

 山科に代わって柳辻巡査長が問いかける。

「通りから木戸潜って、路地伝いに庭に行けまっしゃろ。ほの路地のゲソはどないでしたんや」

 蹴上が応じる。

「ここにもいま言うた二人のもんだけやった」
「被害者のゲソはおませなんだんでっか」
「無い。そもそも被害者は、履きもん履いとらんかったやろ」
「裸足のゲソも無かったんでっか」

 柳辻が確認するように質問した。
 答える蹴上。

「なかった。路地にも庭にも無かった。まあ、残らんかったちゅうことかもしれんけんど、死体になった後で庭に担ぎ込まれた可能性が高い。
 となると路地伝いやのうて、たてもん(建物)の裏口から、ゆうことになる。路地には草ははえとらんからのう、歩いたらゲソは残る」

 畳みかけるように蹴上は語り継いだ。
 自分に言い聞かせるように柳辻が受ける。

「または、今の二人のどっちかの犯行……」

 双子の兄、北大路波之進巡査が続く。

「死体担ぐとなるとおなごには無理でっしゃろ。となるとその板場の若いの……」
「こら。犯人の推測はまだ早い。今はとりあえず現場の状況把握や」

 六地蔵が、たしなめるように双子兄に声を掛けた。
 山科巡査部長が唸る。

「死体担いで、やったらかなりの重さでっしゃろ。ゲソ残りそうに思えますがのう、庭に」

 蹴上が答える。

「ねろ(狙)たんか、たまたまかは分からんけど、上手いこと草の上だけ歩いた可能性が高い。その場合、庭の状況をよう知っとるもん(者)の仕業ゆうことになるのう」

「ちゅうことは、犯人は店のもん(者)……」

 伸之丞、双子弟が勢い込んで言った。
 再び六地蔵がたしなめる。

「こら。予断はあかんゆう(言う)とるやろ。捜査はまだ始まったばっかしや」

 室内の雰囲気を変えるように、柳辻巡査長が蹴上に問いかける。

「で、現場への出入りでっけど、路地の入口の木戸。これを使(つこ)た形跡はおましたんか(あったんですか)」
「形跡ゆうてものう。なんの傷も無かったわ、綺麗なもんや」

 蹴上が応じた。
 柳辻が続ける。

「鍵つぶしたとか、こじ開けたとか、何もおませなんだんでんな」
「潰すもなんも、もともとあの木戸には鍵なんぞついとらんわ」
「鍵が無い! ほな開けっ放しっちゅうこってすかいな」
「まあ、開き止めの横木は付いとるけんどな、この止めにかて異常なかった。ついでにゆ(言)うとくと、反対側の、ほれ勝手口につながる路地の入口。ここの木戸もおんなじ。綺麗なもんやが鍵はついとらん」
「なんと。ほれやとどこもかも開けっ放し。さあ、どうぞお入り、ゆうことでっか」

 山科巡査部長が半ばあきれたように言った。
 蹴上は、なんとなく言い訳するように答える。

「まあ、路地の先の、裏口や勝手口はさすがに鍵かけとるようやけんどな。
 しやけど、この二か所の出入り口、どっちも木製の引き戸や。ほれで鍵は、その、何ちゅうんや、ねじを回す式の……あれや。大の男がその気になりゃ、二か所とも簡単に戸ぉ外せるし押し破れるわの」
「なんと不用心でんなあ」

 柳辻はあきれ返って天井を見上げた。
 そんな義理も無いのに、宥めるように北大路兄が言う。

「まあ、さすがに玄関はちゃんとしとるようですし、なんせ店の場所は京のど真ん中ゆうてもええとこ(所)でっから、どないしても防犯意識はあも(甘)なるんですやろ」

 山科巡査部長が吠える。

「ほら、あかんど。防犯ゆうのんはやな、普段が大事なんや」
「へえ、すんまへん、って、何でわしが謝らな……」

 波之進、北大路兄が受けた。
 さらに吠える山科。

「まあ、その辺は女将にゆ(言)うとくんやな」
「あのおばはんにほないなことゆうても埒明きまへんで」
「ほなら、あの女番頭にでもゆうこっちゃ」

 室内を見回し、六地蔵が言う。

「よっしゃ、ほな次や」
センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #87】目次センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #89】




コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. ハーレクイン
    • 2015/02/17 09:19
    •  鑑識の蹴上を入れると七人です。
       その昔、「七人の刑事」というテレビドラマがありましたがご存知でしょうか。TBS系で1961年~1969年に放映された社会派ドラマで、その後も特別編が何本か放映されています。
       主演は、部長刑事役の芦田伸介。警視庁捜査一課の刑事七人が毎回捜査に当たり、時間内に必ず解決させました。当初はモノクロでね、今思い返せば、それがかえって迫力を生み出していたように思えます。
       京都・中京署の「七人の刑事」の活躍やいかに! 見事、祇園「花よ志」殺人事件のホシをあげることが出来るでしょうか。
       蹴上の鑑識報告、まだ続くようです。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2015/02/17 19:52
    •  ギャオスのような怪獣が、空から落としていったんじゃないですか?
       でもその場合、死体に何らかの痕跡が残るはずですよね。
       爪痕とか。
       同じく、竜巻で巻きあげられて落ちた場合も同様、無傷では済みますまい。
       よし、わかった。
       大凧を使ったのです。
       昔のテレビ番組で、忍者が凧に乗って移動するシーンがありました。
       犯人は、死体と共に大凧に乗り、音もなく『花よ志』の庭に舞い降りた。
       恐るべき犯人です。
       必ずや、第2の殺人を引き起こすでしょう。

    • ––––––
      3. ハーレクイン
    • 2015/02/17 20:57
    •  あのな、この話は怪獣ものではない、警察ものです。
       (あれ? 料理ものだったのでは)
      >忍者が蛸に、いや凧に乗って
       『仮面の忍者赤影』ですかね。
       白土三平『カムイ伝』にもありました。
      >必ずや、第2の殺人
       第2どころか……。
       前回、蹴上鑑識主任が言うとります。
       「この事件の犯人、おそらく以前にも何人か殺(や)っとる思うで」
       連続殺人ときますと……。
       横溝正史『夜歩く』ですかね。
       『夜歩く』はディクスン・カーにもあります。
       SFですと、なんといいましてもジョン・W・キャンベル『影が行く』。
       現実の連続殺人ときますと……。
       「切り裂きジャック」。
       日本にも「大久保清」がいますね。

    • ––––––
      4. Mikiko
    • 2015/02/18 07:55
    •  地下ルートもあり得ますね。
       ここらの家並みは、当然、戦前からあるわけでしょ。
       となれば、庭や床下に、防空壕が残ってるはずです。
       しかも、その防空壕は、地下でつながっている。
       地下を通って、安全な場所に逃げるためです。
       うむ。
       これは間違いなく、鴨川の土手っ腹へも抜けられますぜ。

    • ––––––
      5. ハーレクイン
    • 2015/02/18 11:07
    •  死体搬入法にこだわるではないか。
       空とか地下とか、いろいろご意見をいただきましたが、『アイリス』は忍者ものでも戦時ものでもおまへん。警察もの、ていうか料理ものどす、よろしゅうに。
       京都の防空壕。
       興味がわきましたので、ちょっと調べてみました。
       「京都は古い文化財の宝庫だから、さすがの米軍も京都は空襲しなかった」、つまり京都に防空壕などなかった、と聞いていたのですがとんでもない。1945年(昭和20年)、つまり終戦の年に5回、京都空襲・空爆が行われたそうです。
       1回目:1月16日、東山(あやめと明子が食事をした料亭「ひいらぎ」のある場所)。
       2回目:3月19日、右京区春日町(京都市の西部になります)。
       3回目:4月16日、右京区太秦(映画の撮影所で有名)。
       4回目:5月11日、京都御所(狙ったのだとしたら相当な悪意が感じられますなあ)。
       5回目:6月26日、上京区の西陣(ご存じ、西陣織の本場)。
       しかし『アイリス』の時代は、以前に書きましたが1970~80年代。いくら何でも防空壕はおまへんやろ。
       これもずいぶん以前に書きましたが、わたしの実家の近くには防空壕が残っていました。わたしが小学生の頃です。今は影も形ももちろんありまへん。

    • ––––––
      6. Mikiko
    • 2015/02/18 18:36
    •  テレポーテーションや、タイムスリップ。
       防空壕。
       九州の山の方では、まだ残ってるという話を聞きました。
       子供が入りこんだりするので、危険視されてるようです。
       実際に爆撃を受けたら、怖くてたまらないでしょうが……。
       そうでなければ、ちょっと住んでみたい気もします。
       巣穴みたいで、快適なんじゃないでしょうか。

    • ––––––
      7. ハーレクイン
    • 2015/02/18 21:36
    •  SFネタを持ち込んで、どうケリを付けろというのかね。
       諸星大二郎の作品に、防空壕跡に潜り込んで遊んでいた小学生の話がありました。内容は全く記憶にありません。最後にUFOが出現したようですが。
       狭い穴倉というのは落ち着くんだよね。リスやモモンガになって、ぬくぬくと冬眠しているような……(前之園陽子)。
    コメントする   【センセイのリュック/幕間 アイリスの匣 #88】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
未知の星 愛と官能の美学 禁断の体験 エッチな告白集 レズ画像・きれいな画像倉庫
官能文書わーるど Angel Pussy 週刊創作官能小説 秘密のエッチ体験談まとめ 官能的なエロ小説
ましゅまろくらぶ 萌木ケイの官能小説 ちょっとHな小説 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき
電脳女学園 羞恥の風 赤星直也のエロ小説 新・SM小説書庫2
恥と屈辱の交差点 Japanese-wifeblog 潤文学 人妻の浮気話 艶みるく

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
[官能小説] 熟女の園 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 黒い教室 アダルト検索一発サーチ
Playing Archives 変態小説 性小説 潤文学ブログ 濠門長恭の過激SM小説
空想地帯 18's Summer 女の陰影 出羽健書蔵庫
HAKASEの第二読み物ブログ 制服美少女快楽地獄 淫鬼の棲む地下室 Eros'Entertainment
女性のH体験告白集 ぺたの横書き 妄想ココット ライトHノベルの部屋
ひめ魅、ゴコロ。 快感小説 恥ずかしがりたがり。 魔法の鍵

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
女性のための官能小説 最低のオリ かめべや SM~猟奇の性書~変態
むね☆きゅんファンサイト 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 ちょっとHなおとなのための… お姫様倶楽部.com
riccia 調教倶楽部 緊縛新聞 性転換・TS・女体化劇場
エピソードセックス 被支配中毒 漂浪の果てに 被虐のハイパーヒロインズ
空想の泉~The Fountain of Daydream~ オシッコオモラシオムツシーン収集所 アダルト官能小説快楽機姦研究所 被虐願望

渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋 あおいつぼみ 葵蕾
エロ体験談で抜けるコピペ プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉
おしっこ我慢NAVI ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都
ひよこの家 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
おかず動画アンテナ 厳選2chまとめ
エログちゃんねる にほんブログ村
人気ブログランキング 小説の匣
GL Search アダルトブログランキング
官能小説アンテナ ライブドアブログ

ランキング/画像・動画(11~30)
正しいH小説の勧め ネット小説ランキング アダルト動画まとめ Girls Love Search
おたりんく 萌駅 セックス・ノベル・ネット アダルト検索BBJapan
ぱっくりんく アダルトなび2 GAY ART NAVIGATION 【携帯】GL狂愛Rank
少女禁忌区域 Adult Novels Search ヌケルアダルト作品 相互リンク、募集してます!





<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top