Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
センセイのリュック/幕間 アイリスの匣 #82
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
戯曲『センセイのリュック』作:ハーレクイン



幕間(小説形式)アイリスの匣#82



 小さな座卓を挟んで、あやめは口軽刑事と若い刑事に向かい合って座っていた。「花よ志」の1階、厨房の近くの小部屋である。裏庭からここまでは、厨房を突っ切ってきた。厨房は灯りが落され誰もいなかった。
 あやめは、明子のマンションからこの「花よ志」に戻った後、店の誰とも顔を合わせていなかった。

「ほならちょっと、お話をお聞かせ願いたいんでっけど」

 口軽刑事が、先ほど裏庭で掛けたものと同じような言葉をあやめに掛けた。
 あやめは顔を俯けたまま、呟くように返事した。

「へえ」

 あやめは、死体などというものを初めて見た。父や母が亡くなったときは、柩の中の遺体を見ているのだが、もちろん綺麗に死に化粧を施されていた。それ以外に、人の死に立ち会ったことはこれまでなかった。
 それに比べ、先ほど裏庭で見せられた死体は……病でも事故でもなく、おそらく人の手にかかってのものであろう。あやめにはまだ現実感がなく、自分自身が他人のような、そんな感覚にとらわれていた。

「とりあえず、ゆんべ(昨夜)から今まで、どこで何をしておいやしたんか、伺わせていただけますやろか」
「へえ」

 あやめは顔を上げ、口軽刑事に目をやった後、語り始めた。若い刑事は手帳を手に、書き取る体勢である。

「ゆんべは夕方からずっと調理場におりまして、なんやかんややっとりました。ゆんべは大文字どしたさかい、お客はんも多うて……」
「ああ、ほらほうですわなあ。板場は戦場どしたやろ。他の板場はんも皆さんごいっしょで……」
「へえ、皆きりきり舞いどした」
「ほな、あんさん、ゆんべ(昨夜)はずうっと板場においやした(居た、おいでになった)と……」
「へえ……あ、いえ、あの……」

 口軽刑事はあやめを見つめ直し、あらためて問いかけた。

「なんでっか」
「いっぺんだけ、板場を離れて座敷に上がりました」
「ほう、それはどういう……」
「へえ、お客はんに座敷に呼ばれまして」
「ほう、お客はんはどなたでしたかいな」

 あやめは口軽刑事を見返し、答えた。

「あの、刑事はん。先ほどうちを連れに来はりましたやろ、東山のマンションに。あこ(あそこ)にお住いの、宝田の明子はんどす」
「ははあ、あの威勢のよろしいお方でんな」
「へ、へえ。ゆんべは伯父さまの宝田の旦さんとご一緒に、『花よ志』にお越しいただきました」
「ほな、伯父・姪で『花よ志』はんに上がらはった(お上がりになった)と。ほんであんさんの料理が美味かったんで、あんさんを座敷に呼ばはったと、こういうことでんな」
「へえ、お褒め頂きました」
「はあ、ほれは大したもんどすなあ。座敷に呼ばれるっちゅうのは、料理人には名誉なことやと聞いとりまっけど。あんさん、ようあるんでっか」
「え、いえ、そんな……」
「まあ、よろしやないですか。ほんまにあんさん、大したお方でんなあ」

 口軽刑事は、心底感心したような声を上げた。

「と、とんでもおへん(とんでもない)」
「あ、ほれで今日、宝田はんとご一緒やったわけですかいな」
「へえ……ゆんべ(昨夜)の礼や言(ゆ)わはって」
「ははあ、なるほどねえ」

 口軽刑事は、あらためてしげしげとあやめを見つめた。

「ほんで、ゆんべはその後……」
「へえ、ほの後、またずっと板場で」
「ということは、お仲間の板場はんもご一緒でしたか」
「へえ。まあ、ずっと所在を確認しとったわけやおへんけど」
「はは、ほらほうどすやろなあ。で、板場上がらはったんは、ゆんべの何時ごろですやろ」
「さあ、片付けまでみんな終わったんは……10時か、11時になっとりましたか……すんまへん。よう覚えてまへん」

 口軽刑事は、自分の顔の前で手を左右に振った。

「いやいや。それはしょうおへん。で、あんさんが上がらはるとき、まだ板場に残っとったお方は、いてはりますやろか」
「いえ、うちは最後で……も一人の追い回し、幸介が一緒どした。二人で掃除して、火元の確認して、灯り消して……他の兄さん方は先に引き上げはってました」
「幸介……ああ、あの若い衆でんな。『も一人』て……追い回しはんは他にどなたでっかいな」
「へえ、うちどす」
「へ!? 追い回して、あんさん。そんだけの腕お持ちで、追い回しなんでっか」

 口軽刑事は、心底驚いたようである。

「へえ、まあ……板場では年功序列いうとこもおまっさかい」
「年功って……あんさん、こちらではどのくらいでんねん」
「へえ、まだ1年にもなりまへん」
「あ、はあはあ、さっき車ん中で言(ゆ)うてはりましたなあ」

 口軽刑事は、若い刑事にちら、と目をやった。
 近寄ってきた若い刑事の耳元に口を寄せ、何事か囁く。若い刑事はうなずき、そそくさと座敷を出ていった。
 口軽刑事は改めてあやめに声を掛けた。

「しやけどあんさん。1年足らずでその腕いうことは、以前にどこやら別の店にお勤めやったんちゃいまんのか。あ、『花よ志』はんの前は学生やった言うてはりましたなあ」
「そうどす。ほんで、学生の前は鞍馬の『かわふ路』云う店で働いとりました。うちの実家どす」

 口軽刑事は、慌てて手帳を開きボールペンを掴んだ。

「ちょ、ちょっと待っとくれやっしゃ。えーと、鞍馬の『かわふじ』はん……どないな字ぃでっしゃろ」
「ひらがなどす。最後の『じ』だけ漢字で……『みち』、『路ぉ地』の『ろ』、警察のお方どすさかい……『道路』の『路側帯』の『ろ』、言(ゆ)うたら、おわかりやすいどすやろか」
「ははあ、なるほど。ほしたら(それなら)こうでんな」

 口軽刑事は手帳に書きつけた後、あやめの前にかざした。「かわふ路」と間違いなく書いてある。

「へえ、そうどす」
「すんまへんなあ。どうも料亭や旅館さんの屋号云うのんは、耳で聞いただけでは……」
「そらそうどすなあ。うちらもそない思います」

 若い刑事が座敷に戻ってきた。口軽刑事に耳打ちをし、相手がうなずくのを確認したうえで元の席に座り、手帳を開いた。
 口軽刑事は座り直し、あらためてあやめに問いかけた。

「ほれで、ゆんべ(昨夜)はほれでお休みになった……」
「へえ、ざっと風呂を使いまして、休みました」
「で、今朝は」
「へえ、起きたんは7時ころ、いつも通りどす。着替えて、顏洗(あろ)て、板場に下りて、朝飯(あさはん)食べて……」
「朝のお食事は、どないしてはるんですか」
「へえ。昼と夜は賄いをいただきますけんど、朝はうちだけどすさかい、適当にそこらのもんで……」
「他のお方はどないしてはるんですか、朝飯(あさめし)」
「へえ、うち以外のお方は皆さん通いですのんで、ご自宅か、そこらで召し上がってはります」

 口軽刑事は、あやめを見つめ直した。

「ほんででんな、今朝、板場の皆さんが出勤しはったんは何時ごろでしたやろ」
「さあ……幸介が一番早かったんは確かで、えーっと8時過ぎ……半にはなってなかった思います」
「はあ」
「ほんでほの後、田辺の兄さんや、平野の兄さんがぽつぽつ来はって、関目の兄さんがいっちゃん後で……10時ころでしたやろか」
「ちょ、ちょっと待っとくんなはれ。出勤時間っちゅうのは決まってまへんのかいな」
「へえ、仲居さんらは決まっとるようですけんど、板場は特に。その日の昼の献立に合わせて、それぞれが段取り組みますんで。そのあたりは前の晩、上がる前にざっと打ち合わせします」
「はあー、なあるほど」

 口軽刑事は納得したようにうなずいた。
センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #81】目次センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #83】




コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. ハーレクイン
    • 2015/01/06 09:07
    • あやめへの事情聴取が始まりました。
       普通なら署の取調室で行うのでしょうが、場所は「花よ志」の一室です。何か意味があるのでしょうか。
       なあに、単に作者がめんどくさがりだからですね。
       で、お決まりの「どこで何をしていた」から質問が始まりました。作者にとってはゆんべ(昨夜)からの筋立てをなぞるだけですから、ラクチンです。
       それにしても、発見された遺体の死亡推定時刻はいつ頃なのでしょう。これがわかっていた方が取り調べはやりやすいと思いますが、残念ながら鑑識の検査待ちです。
       ま、長年の経験から、警察にはおよその見当はついているのでしょうが、残念ながら、作者はまだ決めとらんのですね。困ったものです。
       ひっそりと静まり返る「花よ志」の店内。今日はもちろん臨時休業です。従業員は全員、固唾を飲んで事件の行く立てを見守っているようです。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2015/01/06 19:53
    •  当然だと思います。
       署の取調室に連れて行かれるのは、『任意同行』ということになります。
       『任意同行』を要請されるのは、すなわち“被疑者”です。
       『花よ志』で話を聞いて怪しいと思われたら、『任意同行』ということになるのでしょうね。
       ただし、あくまで“任意”ですので、断ることも出来ます。
       カツ丼は、どの段階で食べられるのでしょう?
       自白してから?
       臨時休業。
       予約客には、どういう理由で断ったんでしょう。
       死体が出たとは言えませんわな。
       ガス台が故障したとかでしょうか?
       予約客に連絡が取れなかったら、どうするんでしょうね。

    • ––––––
      3. ハーレクイン
    • 2015/01/06 20:33
    •  京都では、噂というのはあっという間に広まります。
       「花よ志」の志摩子女将も↓言うとります。
      「なに言うてんねん。噂云うのんはこういうとっから広がるんや。いや、噂を流すやつがおるんや」(『アイリス』#70)
       ほれに、「花よ志」の玄関前には「KEEP OUT 立入禁止」の黄色いテープ。それを守るかのように立つ制服警官。居並ぶパトカー……。
       「なんぞあったみたいやで、『花よ志』はん」。あっちゅう間ですわ、噂。
       「殺しらしいで」。喋りまくるやつの二人や三人、どこにでもおりま。「花よ志」にも。
       予約客に連絡しますわな。
       「すんまへんが今日、臨時にお休みいただくことに……」
       帰ってくる返事は、
       「へえへえ、承知しとりま。えらいことでんなあ、『花よ志』はん」。
       「皆まで言うな、委細承知」。こうですわ、京都っちゅうとこは。
       ま、手間・面倒が不要という、ある意味こういう時は有難いとも云えま。
       任意同行はあくまで「任意」だから断ってもよい。
       ま、理屈はそうですが、断った瞬間からそれこそ被疑者確定です。「痛くもない腹を探られる」というやつですね。
       「わし、カツ丼あきまへんねん。親子にしとくれやす」

    • ––––––
      4. Mikiko
    • 2015/01/07 07:40
    •  黄色いテープが張られたとなれば、報道もされてるでしょうからね。
       「花よ志」の玄関前には、レポーターも集まってることでしょう。
       取調室のカツ丼。
       実際には、取調室で食事が供されることは無いようです。
       丼を投げつけたりして、逃走を図る輩もいるからですね。
       カツ丼の丼が割れれば、立派な凶器になりますし。
       食事は、留置場内で弁当が出されるそうです。
       つまり、任意同行では、食事は出ないということでしょう。
       カツ丼は、すぐに食べなくても、蕎麦のように伸びたりせず、冷めても食べられることから……。
       自白を促すシーンに、ドラマで使われるようになったのではないでしょうか。

    • ––––––
      5. ハーレクイン
    • 2015/01/07 10:42
    •  ということで、任意同行では食事は出ない、と。
       ふむ。
       ま、任意同行では、そんなに長時間の拘束もできないでしょうからね。出るのはお茶くらいかな。
       以前に書きましたが、わたしは任意同行されたことがあります。全くの濡れ衣だったんですがね。
       本庁ではなく所轄でした。確か、お茶すら出なかったように思います。それどころか、目撃者と称する人物の面通しまでありました。全く、人生何がおこるかわかりません。いい経験をしたともいえますが。
       ま、いずれにしても「取り調べにカツ丼」は決まりごとのようなものですが、テレビドラマなどでカツ丼を見たことはありません。
    コメントする   【センセイのリュック/幕間 アイリスの匣 #82】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
未知の星 愛と官能の美学 禁断の体験 エッチな告白集 レズ画像・きれいな画像倉庫
官能文書わーるど Angel Pussy 週刊創作官能小説 秘密のエッチ体験談まとめ 官能的なエロ小説
ましゅまろくらぶ 萌木ケイの官能小説 ちょっとHな小説 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき
電脳女学園 羞恥の風 赤星直也のエロ小説 新・SM小説書庫2
恥と屈辱の交差点 Japanese-wifeblog 潤文学 人妻の浮気話 艶みるく

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
[官能小説] 熟女の園 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 黒い教室 アダルト検索一発サーチ
Playing Archives 変態小説 性小説 潤文学ブログ 濠門長恭の過激SM小説
空想地帯 18's Summer 女の陰影 出羽健書蔵庫
HAKASEの第二読み物ブログ 制服美少女快楽地獄 淫鬼の棲む地下室 Eros'Entertainment
女性のH体験告白集 ぺたの横書き 妄想ココット ライトHノベルの部屋
ひめ魅、ゴコロ。 快感小説 恥ずかしがりたがり。 魔法の鍵

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
女性のための官能小説 最低のオリ かめべや SM~猟奇の性書~変態
むね☆きゅんファンサイト 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 ちょっとHなおとなのための… お姫様倶楽部.com
riccia 調教倶楽部 緊縛新聞 性転換・TS・女体化劇場
エピソードセックス 被支配中毒 漂浪の果てに 被虐のハイパーヒロインズ
空想の泉~The Fountain of Daydream~ オシッコオモラシオムツシーン収集所 アダルト官能小説快楽機姦研究所 被虐願望

渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋 あおいつぼみ 葵蕾
エロ体験談で抜けるコピペ プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉
おしっこ我慢NAVI ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都
ひよこの家 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
おかず動画アンテナ 厳選2chまとめ
エログちゃんねる にほんブログ村
人気ブログランキング 小説の匣
GL Search アダルトブログランキング
官能小説アンテナ ライブドアブログ

ランキング/画像・動画(11~30)
正しいH小説の勧め ネット小説ランキング アダルト動画まとめ Girls Love Search
おたりんく 萌駅 セックス・ノベル・ネット アダルト検索BBJapan
ぱっくりんく アダルトなび2 GAY ART NAVIGATION 【携帯】GL狂愛Rank
少女禁忌区域 Adult Novels Search ヌケルアダルト作品 相互リンク、募集してます!





<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top