Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
センセイのリュック/幕間 アイリスの匣 #72
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
戯曲『センセイのリュック』作:ハーレクイン



幕間(小説形式)アイリスの匣#72



 あやめは、タクシーから明子を引きずり出した。

「明子はん。しっかりしとくんなはれ、明子はん。
 このマンションでよろしいんでっか」
「ロイヤルマンションや。御大層な名前や。ほんまに、アホか言いたなるなあ」
「何階ですか」
「もお、何階でもええやないの」
「そんな。部屋番号を教えてください」
「ほんまにあやめさんって、しっかりしてんねやねえ。ちょっとイラッとする」
「明子はん!」

 あやめは、肩にもたれ掛かる明子の耳元で怒鳴った。

「おわっ。何ちゅう声だすん、あやめさん」
「部屋番号を教えてください!!」
「311や、311。ちっとは静かにしよし(しなさい)!」

 あやめは、明子を抱え込み、エレベーターの開閉ボタンを押した。
 ドアが開く。
 あやめは、引きずりこむように明子をエレベーターに乗せ、階数ボタン「3」を押した。ドアが閉まる。
 明子があやめにもたれ掛かる。明子の乳房があやめの二の腕に押し潰される。豊かな感触だった。あやめの鼓動が速くなった。

 エレベーターのドアが開く。目の前のドア番号は303であった。
 あやめは廊下の左右に目を遣る。左には2軒しかない。明子を抱え込み、廊下を右に向かった。明子を抱きかかえ、転ばせないように注意しながらであるので、なかなかはかどらない。しかも、時折明子がしなだれかかって来る。
 ようやく311号室の前に着いた時には、あやめは汗まみれになっていた。

「明子はん、鍵、出してください」
「鍵ぃ? 何の鍵なん」
「もちろん、明子はんちの入り口の鍵ですがね」
「なんやのん、うっとこ(わたしの家)の鍵出せて。ひょっとして空き巣に入る気? あやめさん」

 あやめは明子の両肩を両手で掴み、真正面から明子を見詰めた。

「明子はん。知って(わざと)やってはるやろ」

 明子はしゃきっと立ち上がった。真正面からあやめを見返す。二人の目の位置は、ほぼ同じ高さだった。視線がからみあう。明子は微笑んだ。

「やっぱりわかる? あやめさん」
「わかりますよ。あの程度のお酒で、明子はんがそんなにべろべろになるわけおへんやろ。ご自分で『うわばみ明子』て言うてはったやないですか」
「ああ、そやったねえ。ごめんね、あやめさん。ちょっと構(かも)てみたかったんや」
「もう」
「ちょっと待ってね」

 明子はバッグの中を探り、すぐに鍵を取り出した。入り口のドアを開錠する。

「入って、あやめさん」
「え、いえ、うちはここで……」
「なにいうのん、あやめさん。こんなとこでさいなら(さよなら)はないやろ。はいって、入って」
「え、ほんでも……」
「こんな中途半端にさいならされたら、うち、どないしたらええかわからん。寂しゅうて死んでまう。お願い、入って」

 あからさまな言葉だった。あやめの頭に血が上った。久美の顔が脳裏に浮かんだ。

(やはり……)
(引き返すなら今だ)
(しかし……)

 明子への心情。
 宝田一族との関係。
 「花よ志」への影響。

 さまざまなことが頭をよぎる。
 足が動かない。
 明子が一歩部屋に入り、あやめの腕を引いた。
 あやめはふらりと室内に踏み込んだ。


 広い室内だった。
 いわゆるワンルームなのだが、10畳や12畳ではきかない。とにかく広い。
 あやめには、“遥か彼方”と思える窓際にベッドがあった。

「どうぞおはいり、あやめさん」
「へえ……」

 明子は、すたすたと奥に歩み入る。
 あやめは、引きこまれるように歩み入った。

「そこらに適当に座って、あやめさん」
「あ、へえ」

 明子は、エアコンのリモコンを操作しながら、あやめに声を掛けた。
 あやめは、ガラステーブルの前に据えられたソファに掛けた。どうにも落ち着かない。浅く、ほとんど尻が落ちそうになるほど浅く腰掛けた。

「ちょっと待ってね」

 明子は冷蔵庫の扉を開けた。

「あ、おかまいなく」
「別に、大したお構いはしませんよ」

 明子は、冷蔵庫のドアポケットから、ペットボトルを2本取り出した。ミネラルウォターとお茶である。
 さらにウィスキーと焼酎の瓶。

「あやめさん、どっちがよろし? ウィスキーと焼酎? お酒もおますえ」
「あ、いえ、うちはもう……」
「なに言うてはりますのん。まだまだ飲み足らんて顔してはりますえ」
「そんな……」

 明子は、ウィスキーと焼酎の両方をガラステーブルに置いた。ミネラルウォターとお茶も置く。
 サイドカウンターから、腰高のグラスを2つ取り出し、テーブルに置く。

「自由にやってね」

 明子は言い置いて再び冷蔵庫を開けた。
 角氷を取出し、アイスペールに開ける。角氷に満たされたアイスペールをテーブルに運ぶ。
 再びあやめに声を掛ける。

「好きにやってね」
「明子はん、ほんまにお構いなく」
「お構いなんかしてまへんよ。えーっと、なんかツマミになるようなもんは……」
「明子はん、ほんまに……」
「あ、こんなんあった」

 明子は、オイルサーディンの缶詰を見つけ、嬉々としてテーブルに載せた。フォークを2本、同様にテーブルに載せる。

「ほんまにお構いなしやけど、こんなんで堪忍してね。あやめさんが来はるてわかってたら、いろんなもん用意しといたんやけどねえ」
「そんな、明子はん……」

 明子は、缶詰のプルトップを引き上げた。

「どうぞ」
「おおきに」
センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #71】目次センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #73】




コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. ハーレクイン
    • 2014/07/15 10:26
    • >明子はん。知って(わざと)やってはるやろ
      あやめに指摘された明子は芝居をやめます。
      >寂しゅうて死んでまう。お願い、入って
      もう、愛の告白と言っていい明子のセリフです。
      さあどうする、あやめさん。
      どうする、といっても入っちゃいましたけど、あやめさん。
      >ほんまにお構いなしやけど、こんなんで堪忍してね
      ま、お構いなしといえばお構いなしなんでしょうが、もてなしで大事なのは、物ではなく心ですからねえ、明子はん。
      あやめはそのあたり、十分感じてると思いまっせ。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2014/07/15 20:58
    •  ぜったいに、膀胱が満タンなはずです。
       トイレにも行かずに飲み始めるなんて、考えられん。
       オイルサーディン。
       昔、一度、買ったことがあります。
       やたらと塩っぱかった記憶があります。
       あれ、違ったかな?
       わたしが食べたのは、アンチョビかも知れません。

    • ––––––
      3. ハーレクイン
    • 2014/07/15 21:53
    • いやあ。
      東山の「ひいらぎ」はんと、明子のマンションはすぐそこだよ。
      間違いなくワンメーター。大丈夫だろ。
      オイルサーディン。
      まあ……イワシ類かな。
      アンチョビ。
      カタクチイワシだそうです。
      どう違うのかね、イワシとカタクチイワシ。
      缶詰はどちらも塩っぱいよ。
      酒の肴にはいいんだけど、あまり体にはよくないかも。

    • ––––––
      4. Mikiko
    • 2014/07/16 07:51
    •  明子は、あやめを『花よ志』の近くまで迎えに行っておいて……。
       わざわざ、自分のマンション近くの『ひいらぎ』に案内したと。
       ということは、ここまでの成り行きは全部策略というわけですね。
       最近、久しぶりに桃屋のイカの塩辛を買ってみました。
       最初は、塩っぱくて驚きましたが……。
       慣れると、ご飯のオカズに最高。
       2,3切れで、お茶碗1杯食べられます。
       カタクチイワシと云うのは……。
       口の堅いイワシです。
       普通のイワシは、口が軽いですから。

    • ––––––
      5. ハーレクイン
    • 2014/07/16 16:57
    • お、さすが鋭い。
      よく見た。
      そうです。明子は大酒飲みの上に策略家で、裏で手を回すのが得意のすれっからしなんですね。このあたり、晋伯父に鍛えられたのかもしれません。
      あやめでは太刀打ちできんやろなあ。
      桃屋の瓶詰は、実に多種多様なものが出ているようです。
      わたしらの頃は、♪おかずは桃屋の花らっきょ、くらいだったのにね。
      「カタクチイワシは口が堅い」
      お、まあおもろい。
      椅子用の小座布団、一枚。
      実際には……、
      Wiki
      「カタクチイワシは目が頭部の前方に寄っていて、口が頭部の下面にあり、目の後ろまで大きく開くことが特徴である。和名も『口が頭の片側に寄っている』ことに由来する」
      だそうです。
      “片口イワシ”なんでしょうかね。

    • ––––––
      6. Mikiko
    • 2014/07/16 19:39
    •  桃屋と云えば、『江戸むらさき』でした。
       大阪では、“江戸”の付く商品は、ポピュラーじゃなかったのかねか?
       たまに、『メンマ』が食べたくなります。
       『花らっきょう』は、食べられないことはないですが……。
       自分から手を伸ばすことはありません。
       ↓確かに、実に多様な商品があります。
      http://www.momoya.co.jp/products/
       今度は、『酒盗』を買ってみよう。
       ↓片口は、これのこと?
      http://blog-imgs-69.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2014071617385612d.jpg

    • ––––––
      7. ハーレクイン
    • 2014/07/16 21:06
    • 江戸むらさきといえば“ユカ”むらさき。
      メンマは、ラーメンの添え物、としか思えぬ。
      らっきょ。
      わたしも全くダメです。
      今まで二度口にし、二度とも吐き出しました。
      今後生涯、食べることはありません。
      「酒盗」
      やはり高知の名物ですかね。
      「片口」、これで注がれたら“カ・イ・カ・ン”
      注ぐ方としては、取っ手が欲しいとこだな。

    • ––––––
      8. Mikiko
    • 2014/07/17 07:26
    •  小皿で出せば、立派なツマミの一品になります。
       らっきょう。
       吐き出すのはいけませんね。
       一度口に入れたものは、観念して呑みなはれ。
       片口。
       これは、何に使う食器なのでしょう。
       熱いもの入れたら、持てないよね。
       思いつくのは、天つゆくらいでしょうか。
       注ぎ口に、スプーンを預けられるから……。
       デザートなんかには、いいかもですね。

    • ––––––
      9. ハーレクイン
    • 2014/07/17 12:24
    • らっきょだけはだめです。人間の食べるものではありません。臭いを嗅いだだけでも吐き気をもよおします。
      今はさすがに見なくなりましたが、昔のカレー屋ではご飯の上に直接らっきょを乗せて供する店がありました。コノヤロ、と思いながららっきょをご飯で埋めつくし、見なかったことにしてカレーを食べたものです。
      片口。
      持ち方によっては、ガサツな感じにもなりそうな……。
      やはり冷や酒、ないしぬる燗が最適じゃないですかね。
      それにしても、誰がこんなの考え付いたんだろうね。
      注ぎ口にスプーンって、無粋な真似はやめましょう。

    • ––––––
      10. Mikiko
    • 2014/07/17 20:39
    •  ご飯とカレーが、別々に供されるか……。
       あるいは、ご飯とカレーが、皿の両側に分かれて出されるお店ですね。
       埋めたらっきょは、最後にはどうしたんです?
       ご飯にくるんで食べたわけ?
       冷や酒を飲むのに、なんで片口なんか使うんでしょう?
       壜から、直接注げばいいだけではないか。
       居酒屋とかなら、コップに盛り切りですよね。

    • ––––––
      11. ハーレクイン
    • 2014/07/17 22:54
    • 食べまっかいな、ほんなもん。
      くたばれコノヤロ、てな感じでほったらかしでした。
      片口の酒。
      え、なんで?
      そらあ、ただ注ぐだけならそれでいいだろうが、やはり気分が違うんでないの。

    • ––––––
      12. Mikiko
    • 2014/07/18 07:36
    •  ぜったいにひっくり返します。
       徳利なら、すぐに起こせば、大半は残りますが……。
       片口は、一瞬でおじゃんですね。
       酔っぱらいの使える酒器ではありません。

    • ––––––
      13. ハーレクイン
    • 2014/07/18 16:16
    • >片口は一瞬でおじゃん
      たしかにそのとおりですね。
      だから、お道さんとか久美ちゃんとか、しっかりしたお方に侍っていただきたいものです。

    • ––––––
      14. Mikiko
    • 2014/07/18 19:51
    •  片口を使わなきゃいいだけじゃん。
       ていうか、使う必然性、ナッシングでしょ。

    • ––––––
      15. ハーレクイン
    • 2014/07/19 03:30
    • ま、確かにその通りですな。
      なんで片口なんて話になったのか、遡ってコメを読んじまったよ。
      オイルサーディン。アンチョビ。カタクチイワシからだな。
      そういや『アイリス』早よ次、書かんとなあ。
    コメントする   【センセイのリュック/幕間 アイリスの匣 #72】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
未知の星 レズ画像・きれいな画像倉庫 ひとみの内緒話 禁断の体験 エッチな告白集
愛と官能の美学 秘密のエッチ体験談まとめ 潤文学 ちょっとHな小説
ましゅまろくらぶ 官能文書わーるど 電脳女学園 羞恥の風
恥と屈辱の交差点 官能的なエロ小説 新・SM小説書庫2 Angel Pussy 週刊創作官能小説
おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 赤星直也のエロ小説 人妻の浮気話 艶みるく 調教倶楽部

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
萌木ケイの官能小説 SM~猟奇の性書~変態 Playing Archives ひめ魅、ゴコロ。
変態小説 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 空想地帯 恥ずかしがりたがり。
緊縛新聞 HAKASEの第二読み物ブログ 性転換・TS・女体化劇場 女の陰影
淫鬼の棲む地下室 18's Summer アダルト検索一発サーチ ぺたの横書き
快感小説 女性のための官能小説 [官能小説] 熟女の園 性小説 潤文学ブログ
妄想ココット Eros'Entertainment 最低のオリ 制服美少女快楽地獄

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
黒い教室 エピソードセックス 魔法の鍵 女性のH体験告白集
被支配中毒 かめべや 被虐のハイパーヒロインズ 空想の泉~The Fountain of Daydream~
お姫様倶楽部.com ちょっとHなおとなのための… ライトHノベルの部屋 むね☆きゅんファンサイト
riccia 漂浪の果てに 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 出羽健書蔵庫
オシッコオモラシオムツシーン収集所 アダルト官能小説快楽機姦研究所 被虐願望 渋谷子宮 RE:BIRTH

羞恥集 マルガリテの部屋 あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ
プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻!
wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉 おしっこ我慢NAVI
ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都 ひよこの家
エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
おかず動画アンテナ 厳選2chまとめ
エログちゃんねる 人気ブログランキング
小説の匣 正しいH小説の勧め
官能小説アンテナ ライブドアブログ
にほんブログ村 Girls Love Search

ランキング/画像・動画(11~30)
Adult Novels Search アダルト動画まとめ アダルトブログランキング GL Search
おたりんく ネット小説ランキング GAY ART NAVIGATION 十八禁恋愛私花集
アダルト検索BBJapan セックス・ノベル・ネット Cyber あまてらす クリエイターコレクションR18
少女禁忌区域 萌駅 アダルトなび2 創作系サイト検索・KAGOME
【携帯】GL狂愛Rank 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!




<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top