Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
センセイのリュック/幕間 アイリスの匣 #70
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
戯曲『センセイのリュック』作:ハーレクイン



幕間(小説形式)アイリスの匣#70



 京都祇園の料亭「花よ志」は大騒ぎになっていた。
 裏庭で、誰とも知れぬ遺体が発見されたのだ。
 パトカーが駆け付け、警官が押し寄せる。
 野次馬が店の前を取り巻く。
 とうてい、店を開けられる状況ではなくなっていた。

「花よ志」の大広間にはすべての従業員が集められ、遺体を見せられたうえで、順に小部屋に呼ばれて事情聴取を受けていた。
 女将の志摩子は、事情聴取の後自室に戻り、仲居頭のお道に当たり散らした。

「もう、なんやのん! どういうことなん、一体!!」
「へえ」
「へえ、やないわ!」
「はあ」

 志摩子は、お道を一喝した。

「はあっ、て、おまんはうちを馬鹿にしとんのか!」
「いいえ、そないなこと、めっそうもおへん。ほんでも、うちにもどないなってんのか、さっぱり……」
「なんで、うちの庭に死体なんぞ……」
「へえ」
「自殺なん、他殺なん?!」
「さあ、それは……警察の調べ待ちどすなあ」

 志摩子はお道を睨め付ける。

「まさか……食中毒やないやろね」
「そんな、おかみさん。めっそうもない」
「なに言うてんねん。噂云うのんはこういうとっから広がるんや。いや、噂を流すやつがおるんや」
「へえ……」

 お道は俯いた。
 志摩子は大声でわめく。

「ええいもう。どっちゃにしても気色(きしょく)の悪い。
 お道!! 塩撒き、塩や!!
 店中の塩、撒き倒すんや!!
 ほんで、酒や、酒もっといで!」
「へえ」

 お道が、そそくさと座敷を出かかる。その鼻先に刑事が立ちふさがった。

「おおっと」
「あ、すんまへん」
「お道さんでしたなあ。女将さんにもう少し、お話をお伺いしたいんでっけど」
「へえ、あの……」
「あきまへんか」

 お道は、刑事の耳元に口を寄せ、囁いた。

「あの、女将はん、爆発寸前ですので、そのあたりよろしゅう」
「はあ、心得ました」

 座敷の中から、癇性な甲高い声が上がった。

「なんしてんねん、お道!」
「あ、へえ……あの、刑事はんが……」
「刑事ぃ。これ以上警察がうちに何の用や!
 塩撒け、塩撒いて追っ払い!
 警察なんぞに用はないわ!!」

 刑事は、悠然と座敷に入った。
 志摩子は、睨みつける。

「なんや、なんの用や!
 これ以上祇園『花よ志』に土足で踏み込むんやない!
 下劣な官憲なんぞに、これ以上用はないわ!!」
「まあまあ、女将さん。わたしらも仕事ですんで、もう少しご協力を」

 志摩子は、座敷に座り込んだ刑事を睨みつけた。

「なんやねん、一体! そもそも、裏庭に死体って、一体どういうことやねん!」
「はは、それは儂らもぜひ知りたいとこですんで。そのために是非ご協力を」
「御協力もなんも、さっき散々取り調べられましたわいな。ほんまに無礼な。うちが犯人や言うんかい! これ以上、何やっちゅうねん!」

 お道が、盆の上に銚子と盃を乗せて戻ってきた。

「女将はん……」
「ああ、お道、酒、酒や。もう辛抱たまらんわ」
「へえ、女将はん。どうぞ」

 お道は銚子を取り上げ、志摩子の前にかざす。
 志摩子は酌を受け、一気に飲み干した。

「お道、もう一杯や」
「へえ、女将はん」

 志摩子は、注がれた酒を再び一気に飲み干し、ついでに前の刑事を睨みつける。

「よろしおまっか、女将さん」
「なんやねん。こっちはいわば被害者や。死体の出た料理屋やなんて……今日は商売にならんし、明日っからも客くるかどうか。
 いや。ほやのうて(そうでは無くて)、なんでこんな取り調べみたいなことされんならんねん」
「いやあ、取り調べて、そういうことではのう(無)てですな。女将さんやないとわからん店の事情とか、そういうことをですな……」
「なんやねん! 店の事情て。この機会に『花よ志』の台所(だいどこ)を嗅ぎまわろうっちゅうんかい! おまんは税務署の回しもんか!」

 お道は、志摩子をなだめるように銚子を取り上げる。
 志摩子は、注がれた酒を再び一気に飲み干した。

「いやいや、そういうことではのう(無)てですな」
「なんやねん!!」
「すんまへんなあ、これも儂らの仕事でっさかいに」

 志摩子は、髪に差したかんざしを抜き、いらいらと頭を掻いた。

「ほんで? なんやのん、あの死体は、気色の悪い」
「ほれを今調べとるとこで。ほの為にもどうぞご協力を」
「ふん、で、何を聞きたいんや」

 志摩子は、煙管に刻みを詰め、いらいらと火を付ける。煙管の先は志摩子のいら立ちを表すように激しく上下した。付かない。
 お道がライターの火をかざし、器用に火を付けた。
 志摩子は大きく煙を吸い込み、盛大に吐き出す。室内に煙が広がった。

「で、女将さん。しつこいようでっけど、あの死体に見覚えは……」
「ない! 言うとるやろが。ほんまに気色悪い。なんでうちの庭にあんなもんが……」
「はは、お気持ちお察し致します」
「ふん」
「で、ですな。従業員全員のお方にお話を伺いたい、と、こういうことでんねんけど」
「勝手に聞いたらええやないか。さっきみんなを集めとったやろ」
「そこでんねんけど。あれで全員ですやろか」
「全員やろ。パートやアルバイトまでは知らんわ」
「今日、お休みのお方は……」
「そんなん、うちが知るかい! そこのお道に聞き!!」

 お道は、横から口を出した。

「今日は、仲居も板場も珍しゅう皆、揃とります」
「そうでっか……」
「あ……」

 お道は顔を上げ、声を上げた。
センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #69】目次センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #71】




コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. ハーレクイン
    • 2014/07/01 09:06
    • 「花よ志」の裏庭に死体!
      驚天動地(ちょっとオーバー)の展開です。
      始まる警察の取り調べ。
      久美はどうしているのでしょうか。そして、源蔵を始め板場の面々は……。
      >志摩子「まさか……食中毒やないやろね」
      料理屋で、死体とまではいかなくとも、病人が出ると真っ先に心配するのが食中毒です。そういう意味では志摩子女将、立派な経営者ですね。
      ガラは悪いけど。
      >志摩子「下劣な官憲なんぞに、これ以上用はない」
      >志摩子「おまんは税務署の回しもんか!」
      ほんまに、どんどんガラが悪くなっていきます、志摩子女将。
      というより、地が出て行ってる、ということかな。
      ということでございまして、突如始まりました「『花よ志』裏庭変死事件」。
      どう展開していくのでしょうか。そしてどう解決するのでしょうか。あやめはどう絡む?!
      待て! 次回。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2014/07/01 19:56
    •  いきなりな展開ですね。
       今『花よ志』に来てる刑事は、所轄の刑事なんでしょうね。
       殺人事件と断定されたら、京都府警が出張って来るんでしょうか?
       狩矢警部が来るといいんですけど。
       志摩子はん。
       現場に、塩なんか撒けないと思いますぞ。
       以前勤めてた会社に、空き巣が入ったことがありました。
       ケチな会社で、警備会社と契約もしてなかったので……。
       まんまと、裏口の窓を破られて侵入されました。
       被害は、机の引き出しに入れてた小銭程度でしたけど。
       翌日、鑑識みたいな人がたくさん来て……。
       従業員全員、指紋を採られました。
       両手の10本の指、全部だったんじゃないかな。
       なかなか面白い体験でした。

    • ––––––
      3. ハーレクイン
    • 2014/07/01 20:50
    • そう言えばかなり前だけど『ショカツ』という警察ドラマがありました。
      主人公を演じたのは松岡昌宏。
      原作は佐竹一彦『ショカツ』。佐竹は元警察官です。最終階級は警部補。
      狩矢警部って誰や、で調べてしまった。
      有名なドラマのようですね。
      >現場に塩なんか撒けない
      ああ、それはそうですね。
      ま、その場の勢いで言ったと思ってください。
      指紋採取。
      「花よ志」の従業員も全員取られたんだろうね。
      志摩子女将も。で、よけいにカッカしてるんや。
      学生時代の部活(例のバンド活動)で、部費の通帳が盗まれるという事件があり、部員全員指紋を取られました。
      数日して、一円も引き落とされないまま郵送で返却されてきましたが、今度はその封筒の筆跡を調べるということで、筆跡鑑定をやられました。
      あまり思い出したくない思い出です(ん?)。

    • ––––––
      4. Mikiko
    • 2014/07/02 07:43
    •  空き巣事件のときは、社員が疑われてたわけではなく……。
       現場で採取される指紋から、内部の者の指紋を除外するために必要だったわけです。
       通帳は盗んでみたものの……。
       印鑑が一緒に無かったんですね。
       そう言えば、昔の通帳には、印影が押してありました。
       三文判ではなく、ちゃんとした銀行印だったので、どうしようも無かったのでしょう。
       そうこうしてるうちに、警察まで来たので、驚いて返送した。
       でも、通帳に住所まで書いてありましたっけ?
       書いてなければ……。
       内部犯行ってことですよね。
       筆跡。
       パソコンが無かったころのお話ですねー。

    • ––––––
      5. ハーレクイン
    • 2014/07/02 08:45
    • 指紋は無かったそうです。拭き取ったんでしょうね。
      で、筆跡鑑定になったわけです。
      もちろん、犯人の住所・氏名が書いてあるわけないです。
      大学の事務局あてに返送されたので、その住所の文字を基の鑑定でした。
      最後どうなったのかといいますと、この筆跡鑑定を受けた最初の2,3人は無茶苦茶不愉快な思いをさせられました。ほとんど犯人扱いなんですね。そのうちの一人がわたしでした。
      で、皆で話し合って、「こんな嫌な思いを他のメンバーにさせるのはやめよう」ということで、犯人探しは断りました。
      警察も、学生のことだし……、ということでそれ以上の追及はしませんでした。つまり、犯人はわからずじまいでした。

    • ––––––
      6. Mikiko
    • 2014/07/02 19:49
    •  それが一番利口な幕引きでしょう。
       ところで、通帳には、いくら入ってたんだ?

    • ––––––
      7. ハーレクイン
    • 2014/07/02 20:28
    • まったく記憶にありませんが、当時の、しかも学生としては、けっこうな金額だったと思います。なんせ、楽器が買えるだけの金額だったからねえ。
      楽器といっても、ハモニカやカスタネットや、トライアングルではないぞ。

    • ––––––
      8. Mikiko
    • 2014/07/03 07:28
    •  ↓サックスなどの管楽器で、プラスチック製のものが紹介されてました。
      http://matome.naver.jp/odai/2137890208438387701
       ライブでも十分使える音質だそうです。
       値段は、サックスで3万円代。
       わたしからすれば、「高い!」ですが……。
       金属製のものと比べたら、破格に安いそうです。
       でも、これを買うのは、女性が多いとか(軽いという理由もあるようです)。
       男性は形から入りたがる人が多く、いきなり金属製を買うみたいです。

    • ––––––
      9. ハーレクイン
    • 2014/07/03 10:22
    • うーむ、信じられん。
      どんな音質なんだろう。
      サックスが3万!
      なんと……。
      絶句するしかありませんな。
      本来の金属製のものは安いもので数十万、高いものはキリがありませんが、プロは最低でも百万以上のものを用いるようです。
      プラ製管楽器。
      フルートもあるようですね。
      試奏を聞いてみました。
      ま音質は、奏者の技量もありますから何とも言えませんが、楽器自体の見栄えは……どうもなあ、という感じです。
      やはりフルートは……あの、銀色に光り輝く姿が持ち味です。
      サックスは金色だね。

    • ––––––
      10. Mikiko
    • 2014/07/03 19:43
    •  男性は、そういう感想を抱く方が多いようですね。
       プラ楽器は軽いから、練習してても疲れないんじゃないの?
       ま、腕が疲れるほど練習する人もいないか。

    • ––––––
      11. ハーレクイン
    • 2014/07/03 20:33
    • 楽器の重さというよりも、構え方・姿勢という要素の方が大きいんじゃないかなあ。つまり、金属製でもプラ製でもそんなに変わりはないのでは。フルートについての感想ですがね。
      女性の場合はわかりません。
      でも、凛々しいよね、女性のサックス奏者。
      女性のフルート奏者が美しいのは言うまでもありません。
    コメントする   【センセイのリュック/幕間 アイリスの匣 #70】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
ひとみの内緒話 レズ画像・きれいな画像倉庫 愛と官能の美学 未知の星
おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 新・SM小説書庫2 官能文書わーるど 潤文学
萌木ケイの官能小説 ましゅまろくらぶ 赤星直也のエロ小説 恥と屈辱の交差点
禁断の体験 エッチな告白集 羞恥の風 緊縛新聞/杉浦則夫写真事務所 官能的なエロ小説
ちょっとHな小説 HAKASEの第二読み物ブログ 快感小説 秘密のエッチ体験談まとめ

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
性転換・TS・女体化劇場 黒い教室 恥ずかしがりたがり。 性小説 潤文学ブログ
お姫様倶楽部.com 被支配中毒 制服美少女快楽地獄 女の陰影
出羽健書蔵庫 変態小説 かめべや 淫鬼の棲む地下室
Playing Archives 18's Summer [官能小説] 熟女の園 ぺたの横書き
人妻の浮気話 艶みるく むね☆きゅんファンサイト ひめ魅、ゴコロ。 アダルト検索一発サーチ
Eros'Entertainment 女性のための官能小説 最低のオリ 魔法の鍵

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
妄想ココット 女性のH体験告白集 ちょっとHなおとなのための… ライトHノベルの部屋
SM~猟奇の性書~変態 空想地帯 空想の泉~The Fountain of Daydream~ 渡硝子の性感快楽駆け込み寺
オシッコオモラシオムツシーン収集所 エピソードセックス 被虐のハイパーヒロインズ riccia
調教倶楽部 漂浪の果てに アダルト官能小説快楽機姦研究所 被虐願望
渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋 あおいつぼみ 葵蕾

エロ体験談で抜けるコピペ プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉
おしっこ我慢NAVI ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都
ひよこの家 エロショッカー軍団 エッチな体験談・告白 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
厳選2chまとめ 人気ブログランキング
エログちゃんねる アダルト動画まとめ
にほんブログ村 正しいH小説の勧め
Girls Love Search 小説の匣
ネット小説ランキング 官能小説アンテナ

ランキング/画像・動画(11~30)
ライブドアブログ GL Search アダルトブログランキング 絵描きさん.NET
おたりんく Adult Novels Search セックス・ノベル・ネット 少女禁忌区域
ぱっくりんく Cyber あまてらす 【携帯】GL狂愛Rank 萌駅
アダルト検索BBJapan 創作系サイト検索・KAGOME GAY ART NAVIGATION 十八禁恋愛私花集
【携帯】Lovely Venus 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!

ランキング/画像・動画(31~50)