Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
センセイのリュック/幕間 アイリスの匣 #62
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
戯曲『センセイのリュック』作:ハーレクイン



幕間(小説形式) アイリスの匣 #62



 あやめは、年配の仲居に問いかけた。

「このグジ、どこのんですやろ」

 京都では、アカアマダイを「グジ」と呼ぶ。京料理にとって、ハモと並んで重要な食材であった。

「へえ、丹後どす」

 京都府北部、日本海に面する景勝の地である。

「丹後……京都のお魚どすねえ」

 あやめは続けて、甘鯛の横に添えてある蓴菜(ジュンサイ)を口に運んだ。
 ジュンサイは、スイレンやヒシと同様、浮葉植物である。浅い沼沢の底泥中に地下茎を張り、水面に向けて茎を伸ばし、水面に浮かべるように葉を広げるのでこの名がある。葉の中央から空中に突き出すように若芽を伸ばすが、この若芽を食用とする。
 北海道から、九州、沖縄まで広く自生し、また栽培されるが、各地で減少・絶滅している。原因は、水質の悪化である。

 京都でのジュンサイの産地は、京都御所の北方4㎞、もう京都盆地の北のはずれと云ってもいい位置にある「深泥池(みどろがいけ、みぞろがいけ)である。
 各種の貴重な動植物が生息する沼沢であるが、ここでも水質の悪化により、ジュンサイは一時絶滅が心配されるほどであった。しかし、近年、地元の人々の努力により水質が改善され、ジュンサイも復活しつつある。

 ジュンサイの食味は、なんといっても食材とする若芽や若葉を覆う寒天質にある。
 あやめは、ジュンサイを2、3切れ、口に入れた。寒天質のぬるりとした感触が口内の粘膜を刺激する。次いで歯で噛み締める。少し歯ごたえがある。この二通りの食感の落差が面白い。ジュンサイの最大の持ち味であろう。
 味は……ほとんどない。まるで水のような味わいである。あやめは、ジュンサイの故郷、浅い沼沢地を思い浮かべた。侍る仲居に問いかける。

「ジュンサイは、京もんですやろか」
「へえ、深泥池どす。いっときは無くなるんやないかと気がもめたもんどすが、このごろようやく増えてきたようどして」
「それは、よかったですねえ」

 深泥池のジュンサイは、寒天質が非常に厚くぽってりとしている。他県のものにない大きな特徴であった。


 明子があやめに声を掛けた。

「あやめさん。なんや、すっかり無口にならはりましたなあ。お料理に夢中どすか」

 侍る仲居も声を掛ける。

「ほんまに、なんや怖ろしいほど集中してはりますなあ。ほんに怖(こお)うおす」

 あやめは顔を上げた。碗を下ろす。

「あ、す、すんまへん。つい……」

 明子が再び華やかに笑った。

「ほんまに、根っからのお料理人さんどすなあ、あやめさん。ほんでも、もうちょっと気楽に構えはることも大事や思いますえ」
「すんまへん、すんまへん。失礼しました」
「もう、そないに謝ることやおへんがな。さ、お酒いきまひょ」

 明子は銚子を取り上げ、あやめの杯に注いだ。

「おおきに、明子はんも」

 あやめは碗中のアカアマダイの身、ジュンサイ、散らした三つ葉まですべて口に入れ、味わい尽くした。碗出汁を一滴残らず飲み干す。
 あやめは陶然となった。
 甘露……そんな言葉が頭をよぎった。
 それは、鞍馬の「かわふ路」にいた頃の幸介が、あやめの椀物を味わって思い浮かべた言葉だ。が、そんなことがあやめにわかるわけもない。
 若い仲居が、盆を捧げて座敷に戻ってきた。

「あやめさん、次のお料理、来ましたえ」


 刺身である。
 明子が声を上げた。

「うわあ、お造り。すみません、お酒もう二本、いただけます?」

 碗物を味わううちに、先ほどの二本の銚子は空になっていた。

「酒。へえ、かしこまりました」

 若い仲居は返事し、座敷を出ていった。

 明子やあやめのような若い女性としては、尋常の酒のペースではないのだが、料亭「ひいらぎ」の仲居達は慣れているのか、平然と酒を運んでくる。
 運んできた仲居は、座卓に銚子を置きながら、明子よりもあやめに目を遣った。あやめはその視線を意識した。

(えらい勢いで飲む女子〔おなご〕やなあ、て思われてるんやろなあ)
(そういや、こんだけ飲むのは久しぶりやなあ)

 あやめは職場に住み込みの身である。そんなに飲むわけにはいかない。

(そういえば、久美ともほとんど飲んだことないなあ)
(あの子、どれくらい飲めるんやろ)

 明子は、新しく来た銚子をすかさず取り上げた。

「さあ。いきまひょ、あやめさん」
「す、すんまへん。頂戴します」
「もう、そないに畏まることおへんがな。気楽に行きまひょ。あやめさん」

 そう言われても、宝田一族はおろそかに対せる相手ではない。それでも、料理が進むにつれ、しだいに酒がまわるにつれ、あやめの緊張感は徐々にほぐれていった。
 刺身皿に目を遣る。二皿。
 まず、ヒラメの薄造り。皿の表面の模様が透けて見える。
 もう一皿は、マグロの中トロと伊勢海老。砕いた氷を鉢に盛り、その上に載せてある。涼感たっぷりの一品であった。
 いずれの刺身も、見ただけでその新鮮さがわかる。
 あやめは箸を伸ばし、ヒラメの一切れを取った。醤油は付けない。そのまま口に含んだ。

(美味しい……)

 刺身の命は一にかかって新鮮さである。そして切り方。特にヒラメの身は弾力に富むので、かなり薄く切らねばならない。中トロは厚く、イセエビは飾り切りにしてある。いずれも見事な刺身であった。
 あやめは、刺身の一切れずつを口に運び、時折、添えられたケンも口にしながら、刺身皿を味わっていった。ケンはダイコンとニンジン。菊の花が添えてある。

 あやめが明子に声を掛けた。
センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #61】目次センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #63】




コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. ハーレクイン
    • 2014/05/06 11:15
    • どうも一般的な名称ではないようです。
      グヂ(京都・舞鶴・大阪)、クズナ(大阪・福岡・壱岐)、とWikiにはありました。
      グヂはともかく、クズナは知らんなあ。
      蓴菜(ジュンサイ)はどうなんでしょう。
      こちらではスーパーにも売っていますから、絶滅の危機は乗り越えたと思いますが、ま、わたしはパスですね。何が美味いのか全く分からん。
      京料理にとっては重要な食材のようですが。
      で、次の料理は定番といえば定番ですが、刺身。
      まずはヒラメの薄造り。
      わたしが、初めてヒラメを食べたのは20代前半。
      務めていた進学塾の塾頭のおごりでした。
      なんや、味もしゃしゃりも無いなあ、というのが感想でした。
      すまぬ、ヒラメくん。
      マグロの中トロ。
      これは、誰にでもわかる美味さですね。
      イセエビもね。
      刺身皿。
      ケンを召し上がらないお方も多いようですが、料理人さんの苦労も思いやり、是非お召し上がりください。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2014/05/06 12:44
    •  知り申さんかった。
       ↓日本海側では青森まで生息しており、もちろん新潟でも捕れてました。
      http://www.van-rai.net/nigyoren/sakana/amadai/amadai.htm
       塩焼きで食べてみたいですね。
       じゅんさいは食べたことがあります。
       新潟市には、その名も『じゅんさい池』という池があり、じゅんさいが繁茂してるそうです。
       典型的な食感を味わう食品じゃないでしょうか。
       でも、家庭料理として食べる習慣は、新潟には無いようです。
       刺し身。
       新潟の名物では、寒ブリでしょうかね。
       とにかく、脂の乗りがスゴいです。
       醤油皿にちょっと漬けただけで、醤油に脂が浮くほど。
       舌くらいの厚さに切った刺し身は、至福の味だそうです。
       新潟では、白身の刺し身は、あまり話題にならないようです。
       新潟で、“ケン”などと言ったら……。
       雉の鳴き真似をしてるとしか思われません。
       間違った使い方らしいですが、“ツマ”と呼んでるようです。
       新潟でこれを食べるのは、ホームレスだけじゃないですか。
       カラスも食いません。

    • ––––––
      3. ハーレクイン
    • 2014/05/06 14:22
    • 独特の体形をしていますよね。
      誰でも一目見れば覚えるでしょう。
      で、もちろん食べても美味しい。
      いい魚です。
      ほう、新潟の「じゅんさい池」。
      見てみたいですね。
      京都の深泥池といい勝負かな。
      じゅんさい。たしかに、そんなに食べて美味しいものではありません。
      趣味的な一品でしょうね。
      日本海の寒ブリ。
      たしかに、脂の乗りは凄いですよね。
      ただ、脂の味が勝ちすぎて、肝心の肉の味わいはどうなのかなあ。
      「ケン」は剣、“細長いもの”という意味です。
      もちろん、「ツマ」ともいいます。
      妻、褄、端。
      刺身の「はしっこ」に添えるものという意味ですね。
      作った料理人さんに思いを馳せ、また栄養的にも、ケンは食べましょう。

    • ––––––
      4. Mikiko
    • 2014/05/06 18:52
    •  ↓佐渡近海には、コブダイという奇怪な魚が棲んでます。
      http://blog-imgs-69.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20140506184910f27.jpg
       あれは、食えるんですかね?
       ↓新潟市にある中央卸売市場『中央食堂』の寒ブリ。
      http://blog-imgs-69.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20140506184148566.jpg
      ↑右側の白いところ、脂が載ってますね。

    • ––––––
      5. ハーレクイン
    • 2014/05/06 23:26
    • もっとずっと小さくて、これと似た魚は見たことあります。下顎が突き出ているんですね。名前は記憶にありません。
      いやあ、美味しそうですねえ、寒ブリ。
      でも、もう旬は終わりです。冬を待ちましょう。
      ヒラマサ、カンパチ、ハマチはこれから。夏の魚ですね。

    • ––––––
      6. Mikiko
    • 2014/05/07 07:40
    •  今ごろなんでしょうか?
       きのう見た『おんな酒場放浪記』で、初鰹の刺身が出てました。
       色は臙脂色で、脂身は少ないみたいですね。
       ほんとに、美味しいのかね?

    • ––––––
      7. ハーレクイン
    • 2014/05/07 10:32
    • 初鰹。
      「目には青葉 山時鳥(ほととぎす)初松魚(かつお)」という、ご存知の句がありますが、ま、江戸っ子の勢いだけの句でしょうね。
      初鰹の旬は4・5月、戻り鰹は8・9月だそうです。

    • ––––––
      8. Mikiko
    • 2014/05/07 20:19
    •  “薬食い”の一種だったんでしょうね。
       初物は、寿命が伸びると云われてたそうですから。

    • ––––––
      9. ハーレクイン
    • 2014/05/07 22:02
    • 寒中の保温・滋養のために獣肉を食べること。
      滋養となる物を食べること。
      広辞苑第六版
    コメントする   【センセイのリュック/幕間 アイリスの匣 #62】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
愛と官能の美学 禁断の体験 エッチな告白集 未知の星 レズ画像・きれいな画像倉庫
官能文書わーるど ちょっとHな小説 官能的なエロ小説 Angel Pussy 週刊創作官能小説
萌木ケイの官能小説 ましゅまろくらぶ おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 羞恥の風
新・SM小説書庫2 電脳女学園 赤星直也のエロ小説 HAKASEの第二読み物ブログ
恥と屈辱の交差点 潤文学 変態小説 秘密のエッチ体験談まとめ

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
Playing Archives 人妻の浮気話 艶みるく 空想地帯 18's Summer
恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ Japanese-wifeblog 性小説 潤文学ブログ 黒い教室
女の陰影 淫鬼の棲む地下室 制服美少女快楽地獄 濠門長恭の過激SM小説
ひめ魅、ゴコロ。 快感小説 女性のH体験告白集 女性のための官能小説
SM~猟奇の性書~変態 アダルト検索一発サーチ 出羽健書蔵庫 かめべや
[官能小説] 熟女の園 ぺたの横書き 最低のオリ Eros'Entertainment

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
むね☆きゅんファンサイト 妄想ココット 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 ちょっとHなおとなのための…
恥ずかしがりたがり。 お姫様倶楽部.com riccia 魔法の鍵
調教倶楽部 緊縛新聞 性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス
被支配中毒 ライトHノベルの部屋 漂浪の果てに 被虐のハイパーヒロインズ
空想の泉~The Fountain of Daydream~ オシッコオモラシオムツシーン収集所 アダルト官能小説快楽機姦研究所 被虐願望

渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋 あおいつぼみ 葵蕾
エロ体験談で抜けるコピペ プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉
おしっこ我慢NAVI ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都
ひよこの家 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
おかず動画アンテナ 厳選2chまとめ
エログちゃんねる 官能小説アンテナ
小説の匣 にほんブログ村
人気ブログランキング アダルトブログランキング
GL Search ライブドアブログ

ランキング/画像・動画(11~30)
正しいH小説の勧め Girls Love Search ネット小説ランキング アダルト動画まとめ
おたりんく セックス・ノベル・ネット アダルト検索BBJapan Cyber あまてらす
少女禁忌区域 萌駅 GAY ART NAVIGATION 創作系サイト検索・KAGOME
クリエイターコレクションR18 アダルトなび2 Adult Novels Search ぱっくりんく
【携帯】GL狂愛Rank 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!




<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top