Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
センセイのリュック/幕間 アイリスの匣 #60
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
戯曲『センセイのリュック』作:ハーレクイン



幕間(小説形式) アイリスの匣 #60



 仲居はすぐに出て行った。

 あやめと明子は向かい合わせに座椅子に掛けた。あやめの正面に庭が見える。明子は庭に背を向ける位置である。
 仲居が、湯飲みを二つ乗せた盆を手に戻ってきた。二人の前にそれぞれ湯飲みを置く。湯飲みはもちろん茶卓に乗っていた。

「どうぞ」
「おおきに」

 座卓の脇に座った仲居は、盆を抱えたまま明子に問いかける。

「何にさせてもらいまひょ」
「えーっと、そうですなあ。八坂(やさか)……白川(しらかわ)……、あ、いえ花山(かざん)はでけますやろか」
「へえ、でけます、大丈夫どす」
「ほなら、花山を二つと……あやめさん、ビールにします? お酒がよろしい?」
「いえ、そんな……」
「よろしいやん。たまあのお休みやおへんか」
「へえ……」
「ほならビールを二本、とりあえずお願いします」
「あ、明子はん、うちビール一本も飲めまへん」
「だいじょうぶ大丈夫。ここのビールは小瓶や。普通の瓶ビールの半分しかおへん」
「へえ……」
「ほな、花山(かざん)をお二人分。ほれとビール二本どすな」
「へえ、お願いします」
「かしこまりました。ビールは、先にお持ちしまひょか」
「そうどすなあ。そないしてください」
「かしこまりました。すぐに持(も)て参じます」

 あやめは、なんとなく落ち着かない気持ちで庭に目を遣った。苔だろうか、地面の大半が緑に覆われている。あやめの正面に樹木が一本。

(あれは……桜かなあ)

 その樹の脇には、石造りの灯篭が据えられている。

(琴柱〔ことじ〕灯篭そっくりやなあ)

 琴柱(ことじ)灯篭は、金沢・兼六園内にある石造りの灯篭である。十三弦、いわゆる琴の、弦を支える琴柱(ことじ)と形が似ているのでこの名がある。兼六園随一の名物であった。
琴柱灯篭

 兼六園の名から、あやめの脳裏に、懐かしい女性の顔が鮮やかに甦った。今は遠い人なのだが。いや、自分から遠ざかった女性なのだが。
 どうしているのだろう……あやめは、考えても仕方のないことを考えた。

「あやめさん、なに考えてはるのん」
「え、いえ、何も……」
「そうかなあ、今、遠い目しはったえ」
「いえ、ほんまに何も」
「昔の恋人でも思い出さはった?」

 ずばりと言い当てられ、思わずあやめの目が泳いだ。

「うふ。正直なお人やねえ、あやめさん」
「いえ、あの、そんな……」
「まあ、よろしいやないの。誰かて一人や二人の恋愛経験はおますがな。お相手が男はんか、ほれとも女子(おなご)はんかは違いますやろけんど」
「あ、あの……」

 ますますうろたえ、口ごもるあやめを、楽しそうに明子は見つめた。
 仲居がビールを運んできた。

「さあ、一杯いきまひょ。あやめさん」
「あ、いえ、明子はんから」
「まあ、よろしやないの」

 あやめに無理やりコップを持たせた明子は、ビール瓶を取り上げ、注ぐ。瓶の腹は露に濡れていた。
 あやめがビール瓶を取り上げた。明子に酌をする。

「どうぞ、明子はん」
「おおきに」

 二人のコップがビールで満たされた。

「ほな、乾杯しまひょ」
「何に乾杯しましょう」
「せやねえ、『初めての出会いに』はどないですやろ。実際に会(お)うたんは昨夜(ゆんべ)やけんど」

 その言葉を聞いた途端、あやめは眩暈の様なものを感じた。再び、懐かしい女性の顔が甦る。この明子は、どうしてあの女性を思い出させるのだろう。

「だいじょうぶ? あやめさん」
「あ、へえ、何ともおへん」
「そお? なんや、目が眩みはったように見えましたけんど」
「だいじょうぶどす。すんまへん」

 あやめは、手にしたコップを口に持って行き、一気にビールを流し込んだ。懐かしい女性の面影を同時に飲みこむように……。

「いやあ、ええ飲みっぷりどすなあ、あやめさん」

 明子は再びビール瓶を取り上げ、あやめのコップに注ぐ。八分目くらいで瓶は空になった。

「いやあ、やっぱり小瓶やねえ。もう無(の)うなった」
「明子はん、どうぞ」

 あやめはもう一本の瓶を取り上げ、飲みほした明子のコップに注ぐ。こちらも空になった。

「やっぱり小瓶やねえ、あっちゅう間や。お酒にしよっか、あやめさん」
「へえ……」
「暑い時に熱いもん飲むのも、ええもんでっせ」

(どっかで聞いたセリフやなあ)

 考えた途端に思い出した。先日大文字山に登った時、他でもない、自分が久美に言った言葉だった。
 仲居が二人、盆を手に入って来た。それに年配の女性。女将の芳江である。

「いやあ、宝田のお嬢はん。いっつもご贔屓いただき、おおきに、ありがとさんでございます」
「もう、女将さん、お嬢さんは堪忍して下さいて、何べんもお願いしてるやおへんか」
「ほほ、ほうでしたなあ。ほんでも、うちらにとっては、こんなお小さい頃からご贔屓いただいてますからなあ。お嬢さんとしか……」
「今度言わはったら、もうこのお店には来まへんえ」
「な、何をおっしゃる、宝田のお嬢……おおっとっとっと」

 明子と芳江は、顔を見合わせ、ころころと笑いころげた。

「お嬢はん、こちらは……」

 あやめにちらと目を遣った後、芳江は明子に問いかけた。

「へえ、祇園の『花よ志』はんの料理人さんどす」
「はあ、『花よ志』はんの……」
「東中あやめと申します。今日はお料理を頂かせていただきます」
「いやあ、なんか怖いでんなあ」
「怖いでっせえ、女将はん。このお人、こんな若い女性でっけど、『花よ志』はんのホープ、切り札らしいどっせ」
「そんな、明子はん……」
「ほほほ、ほれはほんまに怖(こお)うおすなあ」
「とんでもございません、女将はん。今日はお料理、頂かせていただきます。宜しくお願い申し上げます」
「んまあ、ご丁寧なご挨拶。かえって痛み入ります。精一杯気張るよう、板場にはっぱ掛けてきますわ。どうぞごゆっくり」

 芳江は、明子とあやめに等分に頭を下げ、座敷を出て行った。
センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #59】目次センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #61】




コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. ハーレクイン
    • 2014/04/22 10:21
    • 画像UP有難うございます。
      徽軫(ことじ)灯籠とも書きます。
      背後の池は、霞ヶ池といいます。
      ご存知でしょうか、向かって右側の足、上手く隠してありますが実は折れていて、左の足の半分ほどしかありません。で、土台に石を置いて、その上に載せてあるんですね。
      なぜ折れたのか、いつ折れたのか、不明です。おそらくいたずらによるものでしょうが、たちの悪いやつがいるものです。
      あやめ。
      「あ、明子はん、うちビール一本も飲めまへん」などととぼけておりますが、何を言うか、あの酒豪が。
      明子は明子で、ビールの小瓶などあっという間に空け、酒に切り換える。こちらもなかなかいける口と見ました。
      この二人に飲み比べをやらせたらすごいことになりそうな……。
      どうするかなあ、やらせてみるかなあ。
      でも、まだ昼間だしなあ。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2014/04/22 20:13
    •  足の傷を上手く隠すのが、庭師の技というわけですな。
       こういう庭園の専属庭師ってのも、うらやましい人生ではあります。
       昼酒は、思いのほか回るのでご注意。
       昼間は身体が活動モードにあるので、血の巡りがいいからだそうです。
       回りがいいので、また美味しいんですけどね。
       結婚式や法事で、ぐでんぐでんになるおっさんがいるのも、このためのようです。

    • ––––––
      3. ハーレクイン
    • 2014/04/22 21:19
    • 優れた六つの景観、六勝。「宏大(こうだい)」「幽邃(ゆうすい)」「人力(じんりょく)」「蒼古(そうこ)」「水泉(すいせん)」「眺望(ちょうぼう)」を兼ね備えるから「兼六」だそうです。わかったようでよくわかりませんね。
      兼六園。
      文化財指定庭園にして特別名勝。国の最上級の庭園だそうです。水戸の偕楽園、岡山の後楽園と共に、日本三名園に数えられるのはよくご存じのとおり。
      と、ここまで持ち上げておいていまさらですが、実は私、あまり好きではありません。あまりに整い過ぎていますのでね。

    • ––––––
      4. Mikiko
    • 2014/04/23 07:41
    •  わたしも魅力を感じません。
       西欧の整形庭園もそうですね。
       わたしが好きなのは、雑木林。
       里山の風景ですね。

    • ––––––
      5. ハーレクイン
    • 2014/04/23 09:27
    • もっともワイルドなのが水戸の偕楽園ですね。
      なんせひたすら梅、梅、梅、梅……。
      ほかには何にもありません。
      ♪雑木林に月が出た
       月が出たならそっと来な
       抜き足差し足そっと来な
       耳をすませば歌ってる
       おけらに みのむし もぐらの子
       いもむし ねっきり やもりの子……
    コメントする   【センセイのリュック/幕間 アイリスの匣 #60】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
ひとみの内緒話 レズ画像・きれいな画像倉庫 愛と官能の美学 未知の星
おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 新・SM小説書庫2 官能文書わーるど 潤文学
萌木ケイの官能小説 ましゅまろくらぶ 赤星直也のエロ小説 恥と屈辱の交差点
禁断の体験 エッチな告白集 羞恥の風 緊縛新聞/杉浦則夫写真事務所 官能的なエロ小説
ちょっとHな小説 HAKASEの第二読み物ブログ 快感小説 秘密のエッチ体験談まとめ

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
性転換・TS・女体化劇場 黒い教室 恥ずかしがりたがり。 性小説 潤文学ブログ
お姫様倶楽部.com 被支配中毒 制服美少女快楽地獄 女の陰影
出羽健書蔵庫 変態小説 かめべや 淫鬼の棲む地下室
Playing Archives 18's Summer [官能小説] 熟女の園 ぺたの横書き
人妻の浮気話 艶みるく むね☆きゅんファンサイト ひめ魅、ゴコロ。 アダルト検索一発サーチ
Eros'Entertainment 女性のための官能小説 最低のオリ 魔法の鍵

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
妄想ココット 女性のH体験告白集 ちょっとHなおとなのための… ライトHノベルの部屋
SM~猟奇の性書~変態 空想地帯 空想の泉~The Fountain of Daydream~ 渡硝子の性感快楽駆け込み寺
オシッコオモラシオムツシーン収集所 エピソードセックス 被虐のハイパーヒロインズ riccia
調教倶楽部 漂浪の果てに アダルト官能小説快楽機姦研究所 被虐願望
渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋 あおいつぼみ 葵蕾

エロ体験談で抜けるコピペ プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉
おしっこ我慢NAVI ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都
ひよこの家 エロショッカー軍団 エッチな体験談・告白 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
厳選2chまとめ 人気ブログランキング
エログちゃんねる アダルト動画まとめ
にほんブログ村 正しいH小説の勧め
Girls Love Search 小説の匣
ネット小説ランキング 官能小説アンテナ

ランキング/画像・動画(11~30)
ライブドアブログ GL Search アダルトブログランキング 絵描きさん.NET
おたりんく Adult Novels Search セックス・ノベル・ネット 少女禁忌区域
ぱっくりんく Cyber あまてらす 【携帯】GL狂愛Rank 萌駅
アダルト検索BBJapan 創作系サイト検索・KAGOME GAY ART NAVIGATION 十八禁恋愛私花集
【携帯】Lovely Venus 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!

ランキング/画像・動画(31~50)