Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
センセイのリュック/幕間 アイリスの匣 #49
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
戯曲『センセイのリュック』作:ハーレクイン



幕間(小説形式) アイリスの匣 #49



「おう、女将。聞いたで」

 祇園きっての呉服商「宝月」の主、宝田晋(すすむ)は盃を片手に、座敷に侍る「花よ志」の女将、志摩子に声を掛けた。

「なんでっか、旦さん」
「とぼけるんやないわ。あの、鞍馬の、女子高生料理人。今この店におるそやないか。なんで披露せんのや」
「はあ、確かにおりまっけど、まだ追い回しでんがな旦さん。披露もなんも……」
「追い回しぃ!? アホなこと言いな。あんだけの腕の料理人、なんちゅうもったいない事すんねん」
「旦さん。何年前の話しておいやすな。鞍馬におった頃はいざ知らず、その後何年も板場を離れてた子ぉでっせ。一からやり直しでんがな」
「板場離れてたて、何しとったんや」
「学生やと聞いとりま」
「学生? 大学生かい!?」
「へえ」
「ほれで卒業して、今また板場かい!?」
「へえ」
「おもろい! ほら、おもろい! 女将! なんで使わんのや、もったいないやないか、追い回しなんぞ」
「ほない言わはっても、旦さん」
「ええい。ほれやったら、儂が見たる。腕、見たるわ。作らせ。なんぞ作らせ。なんでもええわ」

 宝田晋(すすむ)は、駄々っ子のように志摩子に命じた。
 志摩子は、腹を決めた。手を叩いて、仲居頭のお道を呼ぶ。

「お道」
「へえ」
「板場へ行(い)てな。あやめになんぞ一品作らせ。刺身でも碗物でも、何でもええわ」
「へ!? あやめにでっか。おかみはん」
「そない言うとるやろが。さっさとせえ!」
「へ! へえ!!」

 お道は、あたふたと座敷を出て行った。
 志摩子は、宝田に酌をしながら問いかける。

「ほれにしても旦さん。どっからあやめのこと、聞かはりましたん?」
「どっからもこっからも、今、祇園界隈の旦那衆の間では評判やがな。伝説の女子高生料理人、今、祇園にあり、てな」
「はあーぁ、ほないでっかいな」

 志摩子は思案した。
 先のことはともかく、こうなれば、今が今あやめを押えるのは難しかろう。
 なら……。とりあえずこれで一儲けさせてもらおか。


「板はん! 源蔵はん!」

 お道は、板場の端に立って、立板の源蔵を呼んだ。

「なんや、お道はん」
「あやめ、あやめになんぞ一品作らせとくんなはれ」
「なんじゃ、それ?」
「いやあ、うちもようわからんねやけど、お客はんの要望らしいわ。ほんで、女将さんがそないせえ、言わはって」
「ふん。わかった」
「頼んます。急がせとくんなはれ。ここで待ってますよって」

 京都祇園の料亭「花よ志」。立板の関目源蔵は、板場内に声を張り上げた。

「おう、ど新入り! どこじゃい」

 あやめは洗い物の手を止め、即座に返答した。

「へえ、兄さん。ここどす」

 源蔵は、あやめに一瞥を与えた後、命じた。

「なんでもええ、今すぐなんぞ一品つくれ。材料は、今あるもん、何、使(つこ)てもええ。急げよ」
「へ、へえ!」

 板場に緊張感が走った。
 碗方の銀二の目があやめを捉える。が、何も言わない。
 焼方の良雄は、あやめに声を掛けた。

「ひええええ。いよいよ出番でんなあ、あやめちゃん。でや、何作んねん。手伝(てった)うで」

 源蔵が一喝した。

「かまうな! 良雄!!」
「へっ」

 あやめは、いきなりの事態に戸惑いながらも、身体と心は、料理人としての臨戦態勢に入った。何を躊躇うこともない。これまでの待機時間が長すぎたのだ。
 板場に今あるすべての食材は頭に入っている。時間は掛けられない。瞬時にあやめは判断した。
 冷蔵庫を開ける。中段の隅に、使い残しの蛸の足がある。取り出す。
 良雄が思わず声を上げた。

「えー、タコって、あやめちゃん。もっとええもん、なんぼでもあるやん」

 焼方・平野良雄は、悲鳴のような声を上げた。
 源蔵が一喝する。

「かまうな言うとるやろ! 良雄!!」
「へえっ」

 タコの足を取り上げたあやめは、愛用の刺身包丁を手にした。ここ半年、砥石に触れるほか、なんの食材に接することもなかった包丁は、まるで自ら意思を持つかのように光を照り返した。
 あやめは、左手に持ったタコの足を、右手の包丁で捌いていく。単に切るのではない。剥き、回し、削り、開き、刻み……。ほんの数分後には、タコは蛸には見えなくなっていた。

「お道さん、ほなこれ、お願いします」

 仲居頭のお道は、もちろん自ら調理することはない。だが、長年料理を運んできた経験から、その一品の見事さに打たれた。体が動かない。

(これは……刺身のようやけど、いったい……)

 お道には、その食材の見当がつかなかった。まじまじと盆の上の料理に見入る。

(これ……何やろ)

「何してまんねん、お道はん。急いでんのんちゃいまんのか」

 叱咤する源蔵の言葉に、お道は弾かれたように動いた。

「あ、ほ、ほな。持(も)て行きますわ」

 盆の上にあやめの一品を乗せ、あたふたとお道は板場を遠ざかっていった。
センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #48】目次センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #50】




コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. ハーレクイン
    • 2014/02/04 10:39
    •  小ネズミ、平野良雄でなくても、思わず声を掛けたくなります。
      「待ってました、あやめ姐さん!」というところでしょうか。
       それにしても、あやめさんの高校生の頃の料理は、祇園の食通旦那を唸らせるほどのものだったんですねえ。つくづく凄いお方です、あやめさん。
       しかし心配なのは、志摩子女将の言うように、長年板場を離れていたあやめさんの現在の腕。鞍馬の「かわふ路」の新米、幸介君はえらく感心してくれましたがさあ、なんかうるさそうな食通旦那、宝田のおっさんを感心させることができるでしょうか。気の揉めるところではあります。
       今回のあやめさんの料理「タコの足の刺身」です。これだけ聞けば“なんやしょうもない”、というところですが、とんでもない。ただ切っただけではないのですね。御説明しづらいのですがまあ“タコの足の桂剥き”とでも申しましょうか。いやいや、そんなものでもありません。なんせあやめさんの柳葉(刺身)包丁は、タコの足を「剥き、回し、削り、開き、刻」んでいくわけですから……。で、タコはついにタコとはわからなくなる、と。
       ま、これは少しおおげさですがね。
       白状しちゃいましょう。この料理、もちろんわたしの創作ではありません。テレビの料理番組で見たんです。
       で、今回分を書くに当たり、もう一度見ておこうと思って探しました。わたしは録画した映像は「料理」とか「鉄道」とか「映画」とか、内容別のファイルに分けて整理してあります。ですから、間違ってゴミ箱に放り込んだということは、まあありえない。ところが、いくら探しても件の番組が見つからない。
       ええい、またかい。
       よくあるんですよ、近ごろ。いつの間にか保存しておいた映像が消えている。どないなってんねん、です。
       ま、タコ料理は印象が強かったので、何とか記憶を基に書くことが出来ましたが……。もう少し丁寧に書きたかったなあ。
       それはともかく、次回は、妙な言い方ですが「あやめvs.宝田の料理対決」。軍配はどちらに。
       乞う、ご期待!

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2014/02/04 19:41
    •  俄然、面白くなりましたね。
       『包丁人味平』の絵が浮かぶようです。
       いっそ、エロシーンなんて無しにしたら?
       この調子で書いてけば、原稿の買い手が現れるかも知れませんよ。
       『女包丁人あやめ』。
       いいじゃないですか。
       京都取材、楽しみですね。
       お酒ばっかり飲んでないで、ちゃんと料理も研究して来てください。
       ↓生ダコの皮の剥き方がありました。
      http://temaeitamae.2-d.jp/top/t5/f/handled.octopus-3.html
       わたしには、ぜったいに出来ません。

    • ––––––
      3. ハーレクイン
    • 2014/02/04 21:28
    • いやー、お褒め頂きありがとうございます。
      めったに褒めてもらえんもんなー。
      わたしも書いていて、あやめさんの包丁に同調するように筆が進みました。料理って、楽しいですね。
      でもこれは、これまで虐げられてきたあやめさんの苦闘の、反動なのかもしれません。揺り戻しが来ないことを祈るばかりです。
      エロシーン無し。
      んなら、金沢編を含め、これまでの多くのシーンを切り捨てることになります。それはでけんよ。
      物語には必ず影と光、陰と陽、裏と表があります。楽しいばかりの物語なんて、退屈なだけだろ。
      それに、『匣』を開けにゃならんのだし。
      タコの皮の剥き方画像。
      わたしは、イボは使いたくないなあ。

    • ––––––
      4. Mikiko
    • 2014/02/05 07:56
    •  退屈なわけおへん。
       あやめさんの活躍、楽しみにしてます。
       ↓イボが楽しい、こんなお寿司がありました。
      http://blog-imgs-62.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201402050636032bc.jpg
       ↓蛸で有名な明石にあるお店です。
      http://www.kobekko-gohan.jp/2008/09/89.html

    • ––––––
      5. ハーレクイン
    • 2014/02/05 10:32
    • これはパスですが、突き出しに出てきた一品。
      これは見事ですね。
      『アイリス』にパクらせてもらうか。
      他の握りも美味そう。
      明石のKIRINさん、でいいのかな。
      お見事でした。

    • ––––––
      6. Mikiko
    • 2014/02/05 20:05
    •  『鱧の湯引きと赤ウニ』でっか?
       わたしは、ウニがイマイチですねー。
       ウニだけ摘んで除けたら、怒られるかね?
       高槻から明石なら、快速で1時間かからないじゃないですか。
       行ってみなはれ。
       ↓お店の情報は、こちら。
      http://tuer.jp/kilin/

    • ––––––
      7. ハーレクイン
    • 2014/02/05 21:30
    • よくわかるねえ「鱧の湯引きと赤ウニ」。
      実はわたしもウニはパス、なんですよ。
      どこが美味いのかさっぱりわからん。
      『アイリス』でウニを出す羽目になったら、あやめさんにどう調理させるかなあ。
      「不味いウニというのはまがい物で、ほんとに不味い。本物はとろけるように美味いのだ」、なあんて仰る向きもありますが。
      ま、自分の舌に合わないものを、無理に食べることもありませんわな。
      ははあ、希凛さんはやはり「きりん」か。
      明石の寿司激戦区「魚の棚商店街」の一店だそうです。
      「明石海峡の荒波に揉まれた……新鮮な魚介類」を楽しんでいただく、と。
      ♪明石海峡冬景色ぃ~

    • ––––––
      8. Mikiko
    • 2014/02/06 07:41
    •  昔々、ある武将が、馬に乗って明石にさしかかりました。
       海沿いの街道です。
       突然、馬が棹立ちになったそうです。
       ようやく宥めて、前方を見ると……。
       街道を、何かが横切ってます。
       蛸でした。
       這ってたのではありません。
       脚で起ちあがり、大手を振って歩いてたそうです。
       明石海峡の激流に揉まれて育つ蛸は、脚が太短く、足腰が異常に強いのだとか。
       「明石の蛸は立って歩く」。
       有名な俚諺です。

    • ––––––
      9. ハーレクイン
    • 2014/02/06 11:35
    • また、よけいなウンチクを述べさせていただきますと、いわゆるタコの「脚」は、実はわれわれ脊椎動物や、また昆虫類でいう足(肢・脚)とは異なるんですね。
      タコやイカなど軟体動物のいわゆる足は「触手」、または「腕」といいます。彼らは、逆立ちして腕で歩いているんですね。

    • ––––––
      10. Mikiko
    • 2014/02/06 20:19
    •  お腹なんですよね。
       そう言えば、ワールドカップを予想した蛸がいましたが……。
       蛸は短命で、ワールドカップは、1度しか見れないそうです。

    • ––––––
      11. ハーレクイン
    • 2014/02/06 22:00
    • ははあ、この表現はなかなかよろしなあ。
      “寿命は2~3年”なんて当たり前の言い方より、ずっと心に染みます。
      謹んで、座布団1枚!

    • ––––––
      12. Mikiko
    • 2014/02/07 07:55
    •  あの巨大なダイオウイカも、寿命は3年程度だそうです。
       たった3年で、15メートルになるってことですよね。

    • ––––––
      13. ハーレクイン
    • 2014/02/07 11:03
    • 人間は18年で1.8メートル。
      こないだ、日本海で全長8メートルのダイオウイカが捕獲されましたね。残念ながら死んでいたそうですが。
      鳥取県だったかな。
    コメントする   【センセイのリュック/幕間 アイリスの匣 #49】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
レズ画像・きれいな画像倉庫 未知の星 ひとみの内緒話 愛と官能の美学
ましゅまろくらぶ 官能的なエロ小説 禁断の体験 エッチな告白集 官能文書わーるど
新・SM小説書庫2 秘密のエッチ体験談まとめ 潤文学 ちょっとHな小説
萌木ケイの官能小説 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 恥と屈辱の交差点 赤星直也のエロ小説
羞恥の風 人妻の浮気話 艶みるく 変態小説 淫鬼の棲む地下室

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
緊縛新聞 SM~猟奇の性書~変態 空想の泉~The Fountain of Daydream~ 性転換・TS・女体化劇場
快感小説 Playing Archives 恥ずかしがりたがり。 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~
HAKASEの第二読み物ブログ 18's Summer かめべや ぺたの横書き
黒い教室 女性のための官能小説 調教倶楽部 魔法の鍵
女の陰影 妄想ココット お姫様倶楽部.com エピソードセックス
女性のH体験告白集 被支配中毒 ひめ魅、ゴコロ。 [官能小説] 熟女の園

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
ちょっとHなおとなのための… 漂浪の果てに riccia Eros'Entertainment
渡硝子の性感快楽駆け込み寺 性小説 潤文学ブログ 最低のオリ アダルト検索一発サーチ
むね☆きゅんファンサイト 出羽健書蔵庫 ライトHノベルの部屋 制服美少女快楽地獄
オシッコオモラシオムツシーン収集所 空想地帯 被虐のハイパーヒロインズ アダルト官能小説快楽機姦研究所
被虐願望 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋

あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ プライド 黒塚工房
官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 女性作家専門官能小説
羊頭狗肉 おしっこ我慢NAVI ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記
黒イ都 ひよこの家 エロショッカー軍団 エッチな体験談・告白
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
厳選2chまとめ おかず動画アンテナ
エログちゃんねる 人気ブログランキング
正しいH小説の勧め 小説の匣
官能小説アンテナ にほんブログ村
Girls Love Search ライブドアブログ

ランキング/画像・動画(11~30)
GL Search 萌駅 アダルトブログランキング おたりんく
アダルト動画まとめ ネット小説ランキング セックス・ノベル・ネット 【携帯】GL狂愛Rank
Adult Novels Search 少女禁忌区域 Cyber あまてらす クリエイターコレクションR18
GAY ART NAVIGATION ヌケルアダルト作品 アダルト検索BBJapan ぱっくりんく





<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top