Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
センセイのリュック/幕間 アイリスの匣 #43
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
戯曲『センセイのリュック』作:ハーレクイン



幕間(小説形式) アイリスの匣 #43



 花世の視線は、挑むように志摩子に向かっていた。
 志摩子は、自らの視線でその花世の視線を手繰り寄せるように、また押し戻すように見詰めた。いや、睨みつけた。
 花世の視線も同様に、志摩子のそれを睨んでいる。互いに相手を屈服させようとでもいうように、二人の視線は絡み合った。

 花世の体は白かった。
 白人の血を引いていることを考えても尚、その白さは際立っていた。まるでアルビノ(白子;しろこ)かと思わせるような体色だがしかし、その豊かな髪はどこまでも黒く、志摩子を見据える瞳の色は深いマリンブルー。アルビノを思わせる特徴はどこにもなかった。
 先に視線を外したのは花世だった。捩じっていた首を元に戻し、志摩子から顔を背ける。

「花」
「はい……」

 顔を志摩子から背けたまま答える花世の声は、少しくぐもっていた。

「そのままそこに座り」
「はい」

 花世は、両手と尻の頂点で長襦袢を支えたまま、ゆっくりと腰を沈めて行った。両脚に絡みつこうとする長襦袢を巧みにさばき、尻の頂点から下の下半身全体を襦袢で覆ったまま、畳の上に座り込んだ。正座である。

「花、こっち向き(こちらを向きなさい)」
「はい……」
「体はそのままやで。さっきとおんなじように、首だけこっち向けるんや」

 花世は顔を反時計回りに捻って志摩子の方を向いた。その視線が再び志摩子を捉える。
 顔の動きにつられ、左肩から腕、胸から上の上半身も志摩子を向く。左の乳房が覗け、頂点の乳首が志摩子から見えるようになった。
 乳房は形よく盛り上がっていた。釣鐘型とでもいうのだろうか、軽く垂れ気味だが、乳首から下は綺麗な半球形を保っている。そして、乳首自体は小さく、半分押し潰されたように乳房のふくらみの中に埋もれていた。
 背から尻にかけての曲線は、その内部の脊椎のS字型がそのまま表に現れたようにダイナミックにカーブし、尻は、乳房の球形をそのまま拡大したように大きく張り出していた。
 そして……どこまでも抜けるように白い肌。

「ひい……」

 白い体を凝視する志摩子は、引かれるように花世に寄って行った。四つん這いである。両手と両膝で這いながら、獲物を嗅ぎ分ける獣のように、その背後から花世に近づいた。鼻先を尾骨のあたりに押し当てる。揉み込む。舌先を伸ばす……。

 花世は仰け反った、白い喉が天を向く。高く結い上げられ、簪で留められている花世の髪が一房、後ろ襟から肩に垂れ下がった。

「ひいいいい」
「はんっ、おかみ……さんっ」
「ぶ、ぐぶぅ、はなぁ」

 志摩子は、花世を俯せに押し倒した。花世の肩が落ち両の乳房が畳に押し付けられて拉げる、尻が高く上がる。志摩子と同じ獣の姿勢だった。
 志摩子は、花世の双臀のあわいに吸い付いた。顔全体をそのあわいに埋めるように押し込む。尻が拉げる。

「あはああああああ」
「ぶぶぅ、ぶぶっ、ぐぶっ」

 志摩子の鼻先が花世の肛門に喰い込んだ。舌先は会陰からさらに下がり、大陰唇を掻き分けて左右の小陰唇を丹念に舐める、ねぶる、しゃぶる。吸う、吸う、吸い立てる。

「ごぶ、ぶぶぶぶぶぶ」
「やはあああああ、あん」

 志摩子は、両の手で花世の双臀をしっかり抱え込み、更に強く顔全体を尻のあわいに押し込んだ。
 舌先が陰核を捉える。志摩子は、舌先で陰核を押し潰しながら、鼻先を肛門から陰唇のあわいへ、陰唇から肛門へ、幾度も往復させた。鼻先は肛門に埋もれ、陰部に喰い込み、会陰を擦りながら再び肛門へ……。
 花世はもう声が出なかった。両膝をしっかり踏ん張り、両の手で畳を掻き毟り、乳首を畳に擦りつけながら多量の涎を零した。花世の片頬も畳に強く押し付けられ、零した涎が頬と畳をどろどろに濡らしていく。

「いくっ」

 花世は一声高く叫んだ。踏ん張っていた両膝が崩れ落ち、体全体が長々と畳に俯せになった。


「お花、いつまで寝てんのん。起きんかいな」
「あ、ああ、おかみさん」
「おかみさん、やないわ。も一遍、そこに座り」

 花世は、命じられるままに正座した。すでに素裸である。長襦袢は、花世の膣液でしとどに濡れ、布団の足もとでくしゃくしゃになっていた。
 正座した花世に、再び背後から志摩子が近づく。

「花、ちょっと両腕、上にあげぇ」
「はい」

 志摩子は、開いた花世の両腋の下から前に両手を伸ばし、両の乳房を鷲掴みにした。

「ひゃい」

 文字通り跳び上がった花世だが、志摩子はしっかり花世の上体を抱え込んで離さない。それぞれ二本の指で両の乳首を摘まみ上げる。花世の上げる嬌声が再び激しくなった。

「ひい、いひい、ひいいいいい」

 志摩子は、花世の正面に回り込んだ。

「花、しっかり腕、上げるんや」
「いや、女将さん、それはいやや。かんにん、堪忍して」
「なに言うてんのん、しっかり上げんかいな」

 志摩子は、無理やり持ち上げた花世の両腕を頭上で掴んで固定した。剥き出しになった花世の脇にむしゃぶりつく。

「ひいいいいいいいいい、いやあいやあ、いやあああ」

 花世は再び倒れ伏した。
センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #42】目次センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #44】




コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. ハーレクイン
    • 2013/12/24 08:14
    • この物語を書きはじめたときには、念頭にカケラもなかった花世姐さん。
      エロいですねえ、やらしいですねえ。
      このお人でいくらでも書けそうですが、どうしますかねえ。
      物語の主役はあくまであやめさんですからねえ。
      ま、回数が制限されているわけでも梨、あ、無し。
      もう少し花世姐さんにお付き合い願いますかね。
      女将の志摩子はんも書き込まなならんし。
      あやめさん、どっかに行っちゃいそうですわ。
      『アイリスの匣』。
      いつ開くんでしょうねえ。
      今年中に開くことは絶対にありまへん。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2013/12/24 20:00
    •  小説を書き悩む事柄のひとつに、直喩があります。
       いわゆる「ように」という表現ですね。
       会話文だと、「みたい」を混ぜることができます。
       地の文なら、「めいた」とか「ごとく」でしょうか。
       わたしの使うエディタは、キーワードを、さまざまな色でハイライト表示できます。
       わたしは、同じ直喩が続かないよう、「ように」「みたい」「めいた」「ごとく」を、それぞれの色でハイライトさせています。
       ま、自分が気になるかどうかだけなんですけどね。
       今回の描写は、前半部分、「ように(ような)」が少し多いように感じました。
       よっぽど言おうかと思ったんですが……。
       気づいたのが投稿準備をした日曜日で、投稿日まで間がなかったので、やめておきました。
       ま、このあたりは、まさしく、自分で気になるかどうかの話ですので……。
       これでいいということであれば、いっこうにかまいません。

    • ––––––
      3. ハーレクイン
    • 2013/12/24 20:55
    • 直喩と隠喩があるそうですね、
      今日はたいがい酔っておりますので、自作の見直しも含めとうてい出来る状況ではありません。
      明日、素面なったときに返答させていただきましょう。
      とりあえず、ご指摘ありがとうございます。

    • ––––––
      4. ハーレクイン
    • 2013/12/25 05:45
    • とりあえず↓これですね。確かにしつこく「ように」しています。ご指摘ありがとうございます。
      「花世の視線は、挑む『ように』志摩子に向かっていた。
       志摩子は、自らの視線でその花世の視線を手繰り寄せる『ように』、また押し戻す『ように』見詰めた。いや、睨みつけた。
       花世の視線も同様に、志摩子のそれを睨んでいる。互いに相手を屈服させようとでもいう『ように』、二人の視線は絡み合った。
      実は、花世さんと志摩子女将との絡みは次回も続く予定でして、そうなるとお解りになると思いますが、その関係はただ事ではないのですよ。この段階でばらすのは躊躇われますので、次回を乞うご期待なんですが。
      で、その力関係の微妙さがここに図らずもあらわれてしまった、と。その『ように』お考え下さい。
      なんか、後追いの言い訳の『よう』なんですが。
      いずれにしましても、一度お目にかけてしまった作品。こういう点を修正するというのはヒキョーという気がします。以前の「ニセアカシアの花群れ」とは意味が異なりますからね。
      「なんか変」「読みづらい」「不細工」というご批評はもちろん作者が引き受けさせていただきます。管理人さんにはお目障りかもしれませんが、このままにしておいて下さい。
      しかし、よく読んではりますねえ。嬉しいです。

    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2013/12/25 07:39
    • ●彼女の肌は餅のようだった。
       これが、直喩です。
       対して……。
      ●彼女の肌は餅だった。
       これが、暗喩。
       なんか、こっちの表現のほうが、“直”みたいに感じますけどね。
       なので、直喩と暗喩が、ときどきごっちゃになったりします。
       ちなみに、わたしのエディタで『アイリスの匣 #43』を表示させると……。
       ↓のように見えます。
      http://blog-imgs-47.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20131225063237e25.jpg

    • ––––––
      6. ハーレクイン
    • 2013/12/25 10:30
    • ほんとに、直喩と隠喩が逆のような……。
      ①君は薔薇のように美しい。
      ②君は薔薇のようだ。
      ③君は薔薇だ。
      ①→③の順に、隠喩→直喩だと思っていました。
      「ように」問題はともかく、なんか……
      別の表示で見させていただくと、無茶苦茶気恥ずかしいですね、『アイリス』。
      新鮮です。

    • ––––––
      7. Mikiko
    • 2013/12/25 20:03
    •  比喩であることが“直”にわかるのが、直喩ということらしいです。
       隠喩は、比喩であることを明示しない(隠してある)表現ということですね。
       Wordって、白い背景で書いてるんですか?
       目が疲れません?
       わたしは、黒板をイメージした色合いにしてます。
       文字は白で……。
       あと、ラインなどに使うのは、黄色、桃色、青。
       みんな、チョークにある色です。

    • ––––––
      8. ハーレクイン
    • 2013/12/25 21:52
    • なるほど。
      「直」にわかるから直喩ですか。
      一つ賢くなりました。ご教示、誠に有難うございます。当たり前のことですが、知識というのは書物ばかりではなく、人と語り合うことで増えていくんですねえ。嬉しいです。
      比喩といいますと……。
      高校の文化祭でプラネタリウムを作った話はしましたよね。
      教室いっぱいに巨大なドームを作って上演したのですが、その時のドームの設計と製作現場監督が私の役目でした。ほんとは、プラネタ本体、つまり撮影装置の方を作りたかったのですが、同僚に奪われてしまいました。
      くそ、カッコいい作業ばかりやりおって。無念。
      ま、それはともかく、文化祭直前はまさに突貫工事。同僚や後輩どもはもちろん、女子までも動員し、声を嗄らして指揮をする建設工事はホントに修羅場でした。朝から夜中まで土木工事!の作業の連続。よく完成できたものだと思います。
      前日、と言うよりもう日付が変わって文化祭当日になっていたでしょう。おそらく私は目尻が釣りあがり、血相変わっていたのではないでしょうか。結果的には工事は無事に完了。めでたく上演にこぎつけました。
      やれやれ。
      照明を落とした瞬間の「おー」という観客の感嘆の声は忘れられません。
      で、その工事現場に先輩連中が「陣中見舞い」と称して顔を出すわけですね。大した手土産も持たず。
      気楽なもんだよ、先輩なんて。ちっとは手伝え!
      で、そこで、とある先輩が放ちやがったギャグが、
      「近藤さんドームを作るとコンドーム」。
      不覚にも笑ってしもうた。くそ。
      あれ。
      これ直喩どころか、比喩にもなっていないなあ。私は「近藤」ではありませんし、当時の部員に近藤はいませんでした。
      あ、本名はばれていましたね。
      仰せのとおり、Wordの背景は白、文字は黒ですね。Mikiko’s Roomとは逆になります。両者を並べるとまさに真逆。
      黒板の色はもう少し濃いですね。よく使うチョークの色は白と黄色です。たまに赤。青はめったに使わないですね。
      「青は肌に悪い」というのは講師仲間に伝わる都市伝説です。

    • ––––––
      9. Mikiko
    • 2013/12/26 07:23
    •  チョークは、基本的に身体に悪いようです。
       ↓換気の悪い教室で、1日8時間、1年間授業をすると、20Kgのセメントを吸ってることになるとか。
      http://kokuban.yu-han.jp/?pid=45576687

    • ––––––
      10. ハーレクイン
    • 2013/12/26 08:41
    • そんなこと言われたら「げげげのげ」ですが……。
      どういう計算なんだろう。売り込む前にデータを開示せよ、GREEN BOARD SYSTEMさん。
    コメントする   【センセイのリュック/幕間 アイリスの匣 #43】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
ひとみの内緒話 レズ画像・きれいな画像倉庫 未知の星 愛と官能の美学
潤文学 新・SM小説書庫2 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 官能文書わーるど
萌木ケイの官能小説 ましゅまろくらぶ 羞恥の風 ちょっとHな小説
恥と屈辱の交差点 官能的なエロ小説 赤星直也のエロ小説 禁断の体験 エッチな告白集
HAKASEの第二読み物ブログ 快感小説 緊縛新聞/杉浦則夫写真事務所 秘密のエッチ体験談まとめ

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
変態小説 黒い教室 性転換・TS・女体化劇場 出羽健書蔵庫
女の陰影 被支配中毒 制服美少女快楽地獄 かめべや
性小説 潤文学ブログ 人妻の浮気話 艶みるく むね☆きゅんファンサイト 淫鬼の棲む地下室
恥ずかしがりたがり。 ぺたの横書き Playing Archives 18's Summer
女性のための官能小説 Eros'Entertainment ひめ魅、ゴコロ。 魔法の鍵
お姫様倶楽部.com 最低のオリ 妄想ココット 女性のH体験告白集

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
[官能小説] 熟女の園 アダルト検索一発サーチ riccia 空想地帯
ちょっとHなおとなのための… 空想の泉~The Fountain of Daydream~ ライトHノベルの部屋 SM~猟奇の性書~変態
渡硝子の性感快楽駆け込み寺 オシッコオモラシオムツシーン収集所 エピソードセックス 被虐のハイパーヒロインズ
調教倶楽部 漂浪の果てに アダルト官能小説快楽機姦研究所 被虐願望
渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋 あおいつぼみ 葵蕾

エロ体験談で抜けるコピペ プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉
おしっこ我慢NAVI ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都
ひよこの家 エロショッカー軍団 エッチな体験談・告白 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
厳選2chまとめ 人気ブログランキング
エログちゃんねる にほんブログ村
アダルト動画まとめ 正しいH小説の勧め
小説の匣 Girls Love Search
ライブドアブログ 官能小説アンテナ

ランキング/画像・動画(11~30)
ネット小説ランキング アダルトブログランキング 絵描きさん.NET GL Search
おたりんく セックス・ノベル・ネット Adult Novels Search 少女禁忌区域
【携帯】GL狂愛Rank ぱっくりんく 萌駅 十八禁恋愛私花集
ヌケルアダルト作品 創作系サイト検索・KAGOME アダルト検索BBJapan アナル動画まとめ
Cyber あまてらす 【携帯】Lovely Venus GAY ART NAVIGATION 相互リンク、募集してます!

ランキング/画像・動画(31~50)