Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
センセイのリュック/幕間 アイリスの匣 #37
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
戯曲『センセイのリュック』作:ハーレクイン



幕間(小説形式) アイリスの匣 #37



 思いがけない潔子の追及に、健三は返答に窮した。

「おい、何を言いだすねん」
「ええから答え。どっちなん、うちかあやめか」
「アホか、ほんなもん、どっちゃとも言えるかい」
「なんで言えんのん!」
「ほんなもん、どっちゃも大事に決まっとるやないかい」

 潔子は身をよじり、健三に背を向けた。

「ふん、ほんな中途半端な答えなんぞ聞きとないわ。
 あんたなあ。あの子をおぼこい中学生か高校生みたいに思(おも)てるようやけんど。あの子、たいがいなあばずれやで」
「な、何、言いだすねん」
「あんたにはわからんやろけどな。あの子、あやめは、この道にかけてはベテランやで、うちにはわかる」
「この道て何やねん」
「この道はこの道やがな」

 潔子は振り向き、健三の股間に手を伸ばした。パジャマとパンツの前を掻き分け、陰茎を掴む。

「お、おい」
「ふん、好きなくせに」

 潔子は、健三の陰茎を掴み、ゆっくり上下に扱く。陰茎はあっという間に固く、大きくなった。

「おお……」
「あんた、脱ぎ。全部脱ぎよし(脱ぎなさい)」
「おおっ」

 衣服の全てを脱ぎ捨て、全裸になった健三は、布団の上に仁王立ちになった。その股間にしゃがみ込んだ潔子は、健三の陰茎を咥え、激しくしゃぶりたてる。

「ぐぶ。うぐ。うぐうううううぅ」
「おおっ。ええぞ潔子」
「どや、気持ちええやろ、あんた」
「おお、ええ、ええぞ。たまらんわ」
「ああ、あんたのチンポ。固いねえ、長いねえ、太いねえ、大きいねえ、熱いねえ」
「潔子、たま、玉も舐めてくれ」
「ほな、寝ころび、あんた」

 健三は、掛け布団を枕に寝ころんだ。
 潔子は、大量の唾液を零しながら、健三の陰茎をしゃぶる。裏筋を下から舐め上げ、舐め下ろし、二つの睾丸を交互に口に含む。

「じゅばっ、じゅっ、じゅっ、じゅばっ」
「うおおおっ」

 潔子は、一回り大きくなった亀頭を呑み込んだ。ほとんど潔子の口いっぱいの大きさである。その亀頭ごと、陰茎を喉の入り口あたりまで飲み込む。それでも、健三の陰茎は半分ほどが潔子の口の外だった。
 大量の唾液が潔子の口元から零れ、陰茎を伝わって睾丸を濡らし、健三の肛門にまで流れ落ちて行った。

「おおおお、ええ、ええぞ、潔子ぉ」

 健三は首を擡げ、潔子を見る。潔子は目を上げ健三の目を見返す。二人の視線が絡み合う。
 潔子は長大な健三の陰茎を咥えながら笑った。歪んだ嗤いだった。その嗤いは健三を狂わせた。

「あんた、足、上げ」

 健三は、両足を高々と宙に擡げ、両手で膝裏を抱えた。睾丸の下の肛門が剥き出しになる。
 潔子は、健三の肛門にむしゃぶりついた。舌を這わせ、突き入れ、激しく吸い立てる。

「ぐ、ぐぶ、うぶぶぶぶ」
「おおっ、ええ、ええぞ、潔子」
「ええやろ、気持ちええやろ、あんた」
「おお、ええ、気持ちええ。どや、儂の尻(けつ)の穴、美味いか」
「うん、美味い、尻(けつ)の穴、美味い」

「うおおっ」

 健三は潔子をはねのけ、仰向けに押し倒した。両脚を大きく広げさせ、その股間にむしゃぶりつく。

「ひいいいいいっ」
「でや、潔子。ええか、ええか。ええのんか」
「ええよう、あんた。吸って、吸って、クリ、吸って」
「おお、お前のクリはほんまにデカいのう。空豆くらいあるんやないか」
「ほんなに大きいわけないやろ。大豆くらいや、ひいっ」
「お前のおめこは、ほんにええ味やのう」
「あんた、お尻(おいど)、お尻の穴、舐めてっ」
「おう」

 健三は潔子の尻を抱え込み、上に持ち上げた。潔子の肛門が真っ直ぐに天を向く。健三は、その淫靡な穴にむしゃぶりついた。

「うおっ」
「ひいっ」
「でや、でや、潔子。気持ちええか」
「ええ、気持ちええよう、あんた。吸って、思い切り吸って、お尻(おいど)の穴」
「おおっ」
「うひい」

 健三は、さらに激しく潔子の肛門をむさぼる。手を伸ばし、指を陰門に這わせる。陰核を押し潰す。
 潔子の両脚が天を掻いた。

「うひいいいいい」
「でや、ええか、ええかあ、潔子ぉ」
「あんたぁ、もう、いく、いく、いくよう」
「おお、いけ、いけ、潔子ぉ」
「くああああああっ」

 潔子は両脚を長々と布団に横たえた。健三はその脇に横たわる。

「あんた、うちにも。うちにもしゃぶらせて、あんたの太いの」
「おう」

 潔子は、健三の上に覆い被さった。尻を健三の顔の上に、自らの顏は陰茎の上に。69の体勢である。少し萎えかけた陰茎を咥える。吸い立てる。陰茎は再び固く、太くなった。
 健三は、下から潔子の陰門に吸い付いた。肛門に中指を挿入する。潔子も陰茎を吸い立てながら、健三の肛門に指を挿入した。

「わひいいいいいい」
「うおおおおおおお」
「ええ、ええ、ええよぉ、あんたああ」
「おおっ、わしもう、いてまいそうやわ」
「あかん、あかんであんた、まだいったらあかん」
「おおっ、潔子、足開け」

 健三は、再び潔子を仰向けに押し倒した。陰茎を掴んで潔子の陰門に亀頭を押し当てる。

「あんたあ、早(は)よ、早よ入れて。入れてえ」
「おおっ。入れるで、入れるで潔子」
「早よぅ、あんたあ」

 健三の亀頭が、潔子の陰唇を掻き分け、ぬるりと膣内に潜り込んだ。

「わひい」
「おおぅ」
「あんた、奥に、もっと奥に突っ込んでぇ」
「おお」

 健三は腰を前に送った。
 亀頭が膣壁を擦りながら奥に向かう。
 長大な陰茎が潔子の膣内に埋もれて行く。
 健三の亀頭が、潔子の膣の奥壁に当たる。
 健三は激しく腰を使う。潔子の膣壁を突き破ろうとでも云うような勢いだった。潔子の膣は、その勢いを受け止め、かわし、包み込み、強く締めつけた。
 潔子の膣から流れ出た膣液が、健三の睾丸と潔子の肛門を濡らし、流れ落ちて布団を濡らして行った。

「おお、締まる、締まるぞ潔子。ほんまにお前のおめこは……」
「あんたあ、いくよ、いく、もういく」
「おおっ」
「いっくううう」
「潔子、いったか」
「いった」
「よし、儂もいくぞ」
「あんたあ、口に、口に出して」

 健三は潔子の膣から陰茎を引き抜き、膝でにじって潔子の顔の上に跨る。陰茎を掴んで、大きく開けた潔子の口に亀頭を押し込んだ。

「うおおおおおっ」

 白濁した大量の精液が、潔子の口内に注ぎこまれた。

「ぐぶ」
「おおっ」

 潔子は、精液を口に含んだまま、健三の陰茎に吸い付いた。手で陰茎を扱き、尿道内に残った精液を、一滴残らず吸い取ろうとする。

「うはあああっ」

 健三は、たまらず声を上げ仰け反った。潔子の口元から大量の白濁液が零れだし、布団に滴った。
センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #36】目次センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #38】




コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. ハーレクイン
    • 2013/11/12 09:14
    • 男なんぞ、金輪際、書きとなかったんですが、話の展開上しょうがないんですね。
      そもそも、Mikiko’s Roomはビアンルーム。ええんかいな、という思いはありますが、まあマッチロックさんがあんだけのこと書きはりましたしね。
      今回の潔子姐さんと健三はんのまぐわい。これは予行演習どす。
      いずれお話のクライマックスといいますか、何といいますか。どうしても男女の絡みを書かなあきまへんのでね。
      書きとうはないんですが、これは話の展開上、しょうおまへん。
      『アイリス』、今後もよろしゅうご愛読のほどを。
      しかし、いつ開くんでしょうね「匣」。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2013/11/12 20:35
    •  玉なんてしゃぶられて、気持ちいいもんなんすか?
       あんなとこに性感帯なぞ、あるとは思えんのですが。
       あと、肛門ね。
       あれも、わかりかねますね。
       わたしは、内視鏡検査しか経験がおませんが……。
       気持ちいいという感覚とは、真逆な感触でしたね。

    • ––––––
      3. ハーレクイン
    • 2013/11/12 20:57
    • むちゃくちゃ気持ちよおまっせ、玉。
      あと黄門、あ、いや、肛門もね。気持ちよかですばい。
      せいだい舐めとくんなはれ。
      指、突っ込んどくんなはれ。
      頼んますわ。

    • ––––––
      4. Mikiko
    • 2013/11/13 08:01
    •  大腸の内視鏡検査をお勧めします。
       下剤を2リットル飲むのが、かなり苦しいですが……。
       その後にお楽しみがあるんですから、我慢できますでしょ。

    • ––––––
      5. ハーレクイン
    • 2013/11/13 09:28
    • 大腸に異常はおまへんので、お楽しみは先のことにさせてもらいます。
      『お楽しみはこれからだ』は和田誠。面白おまっせ。

    • ––––––
      6. Mikiko
    • 2013/11/13 19:44
    •  その歳になったら、年に1回は診てもらうべきです。
       異常が出てから診てもらうのは……。
       怖いぞぉ。
    コメントする   【センセイのリュック/幕間 アイリスの匣 #37】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
レズ画像・きれいな画像倉庫 未知の星 ひとみの内緒話 愛と官能の美学
ましゅまろくらぶ 官能的なエロ小説 禁断の体験 エッチな告白集 官能文書わーるど
新・SM小説書庫2 秘密のエッチ体験談まとめ 潤文学 ちょっとHな小説
萌木ケイの官能小説 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 恥と屈辱の交差点 赤星直也のエロ小説
羞恥の風 人妻の浮気話 艶みるく 変態小説 淫鬼の棲む地下室

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
緊縛新聞 SM~猟奇の性書~変態 空想の泉~The Fountain of Daydream~ 性転換・TS・女体化劇場
快感小説 Playing Archives 恥ずかしがりたがり。 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~
HAKASEの第二読み物ブログ 18's Summer かめべや ぺたの横書き
黒い教室 女性のための官能小説 調教倶楽部 魔法の鍵
女の陰影 妄想ココット お姫様倶楽部.com エピソードセックス
女性のH体験告白集 被支配中毒 ひめ魅、ゴコロ。 [官能小説] 熟女の園

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
ちょっとHなおとなのための… 漂浪の果てに riccia Eros'Entertainment
渡硝子の性感快楽駆け込み寺 性小説 潤文学ブログ 最低のオリ アダルト検索一発サーチ
むね☆きゅんファンサイト 出羽健書蔵庫 ライトHノベルの部屋 制服美少女快楽地獄
オシッコオモラシオムツシーン収集所 空想地帯 被虐のハイパーヒロインズ アダルト官能小説快楽機姦研究所
被虐願望 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋

あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ プライド 黒塚工房
官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 女性作家専門官能小説
羊頭狗肉 おしっこ我慢NAVI ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記
黒イ都 ひよこの家 エロショッカー軍団 エッチな体験談・告白
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
厳選2chまとめ おかず動画アンテナ
エログちゃんねる 人気ブログランキング
正しいH小説の勧め 小説の匣
官能小説アンテナ にほんブログ村
Girls Love Search ライブドアブログ

ランキング/画像・動画(11~30)
GL Search 萌駅 アダルトブログランキング おたりんく
アダルト動画まとめ ネット小説ランキング セックス・ノベル・ネット 【携帯】GL狂愛Rank
Adult Novels Search 少女禁忌区域 Cyber あまてらす クリエイターコレクションR18
GAY ART NAVIGATION ヌケルアダルト作品 アダルト検索BBJapan ぱっくりんく





<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top